その他の小物

進化した強風対策用折り畳み傘【改良版210T耐風撥水] (SNAKOL:スナコル)

スペインに行く前に、紹介した強風対策用折り畳み傘ですが、観光見学している間は、雨には降られませんでしたが、スペインは気象が不安定で、晴れていたのに突然真っ暗になり、雷雨という事がありました。
と言う訳で、ドライブインのトイレ休憩の時のみ使用しましたが、強風には耐えられましたが、どうも傘の布地の部分がイマイチだったらしく、たぶん1日挿していたら、内側に染みてきたのではという感じがしました。

改訂されたバージョンが安く出ましたので保護してみました。

R0057080

こちらが最新鋭(改良版)の強風対策用折り畳み傘です。

R0057081

ケースはチャック(ジッパー)が付いて開け閉めしやすくなっています。

R0057082

メーカーロゴが止めベルトについています。

R0057084

グリップが長くなっています。
金色の部分は、ワンタッチ開閉ボタン。
一度押すと全部開いて、もう一度押すと畳む(畳むのみ:こちらはどこも基本共通)になります。

R0057085

個人的にはこちらが一番好評価。
テフロン加工(どこまで持つかわかりませんが)されている点。
たぶん、前モデルはテフロン加工のロゴマークはなかったと思います。

R0057091

開いたとこ。

R0057092

右側は前のモデル。
左側が、新モデル。

R0057086

上が、新モデル。下が前のモデル。
袋の素材の質感、グリップの長さが違います。

R0057088

上が、新モデル。
下が、前モデル。

R0057089

ちょい拡大。

R0057090

左が新モデル。右が前モデル。
四角と丸が違うので、下駄箱に入っていても間違えることはないと思います。

R0057094

ベルクロ(マジックテープ)が、前モデル。

R0057096

ボタンになっているのが新モデル。

こちらが改良版。

エコノミークラス症候群対策にフットレスト(COOWOO)

今回もう一つ持っていったのが。

R0056607

持ち運び式のフットレスト
流石に、機内に14時間近く居ると、脚がぱんぱんに張ってしまいます。
時々運動(^_^)屈伸などに行くのが良いのですが。

R0056608

開いたとこ。
どうするかというと、飛行機の前部にあるテーブルにひっかけて使う物です。

R0056609

こんな感じに、足を乗せて見たり。

R0056610

ふくらはぎを乗せてみるなど、することで、血の巡りを多少和らげるように使う物です。

R0056611

巻いて収納ができます。
今回買ったのは両足が1つになっている物ですが、別々のものもあるので好きなのをお選びください。

20180602_012250

こちらが実際の機内(^^;)

20180602_012302

使ってみましたが、疲労度が全然違います。

時々ふくらはぎに引っかけて寝るようにすれば、楽です。

新幹線などでも使えるようですが、明るいので間抜けかも知れません(^^;)

こちらが紹介した物。

こちらが別々の物。

海外旅行に最適ネックピロー(首枕ですな)

スペインに行って来ましたが、その関係で旅行グッズ(安い物)を保護して見ました。
前に紹介したサングラスはあれですが(^^;)

時々FB(Facebook)に広告が出てくる(海外サイトのは嘘みたいに高い)ので、Amazonで検索してみたら沢山出てきましたので、買ってみました。
以前は100円ショップの浮き輪みたいな首枕を持っていきましたが。

R0056595

これ。
イラストのように、樹脂の骨が入っていて、首を傾けて寝るための物。
もちろん、後ろに回しても問題なく使えます。

R0056596

本体撮らなかった(゚゚ )☆\ぽか
使い方は、寝る向きに合わせて、まず芯となる骨の部分の位置を決めて、首に巻くものです。

素材はフリースなのですが、機内やバスなどの車内は意外と寒いので、フリースで首を巻いても暑くないです。

買ったのは黒。

空港などで売っていたり、外国のお客さんがよく使っているのが、低反発系の枕みたいな奴。
たいがい、ショルダーバッグやデイパックなどにぶら下げて飛行機に乗ってます。
まあこれは好みなので。


メガネの上からかけるサングラス その2(XD'S)

こちらは運転用に併せて保護した物。

20180509_204259

こんな感じで来ます(^^;

20180509_204304

しかも爆ぜていたらしく(^^;)
ごめんしてね。というメッセ。

20180509_204358

上撥式偏光なんちゃらと書いてありますが。

R0056599

箱でけぇ~
昨日紹介した物より1.5倍大きいです。

R0056602

こちらが内容物一式。
左がサングラス。偏光確認用。巾着。ストラップ(ストラップは壊れていたので、「ごるぁ、返品すっぞ。」と優しく言ったら、紐だけ送るから返品しないでというので信じて返品は取り消し。

R0056603

なんで箱が大きかったかというと。
サイドからの光の映り込みを無くす用に大きめに作ってあるからです。

R0056604

こちらもお魚見えた。

R0056634

なんでこれを買ったかというと、メガネの部分が跳ね上げ式になっているから(^0^)

車用ですね。
秋から冬にかけて、静岡県(特に東名や、国道1号バイパス下り線)は西日がまともに正面に入ってきて、車のバイザーだけでは不可避の部分があること。
跳ね上げ式にしたのは、トンネル入ると暗闇に慣れるまでなんも見えなくなってしまうことなどからです。

R0056631

昨日紹介した物と。

R0056633

横の様子。レンズ上向き。
この大きさの違いがあるため、ケースが大きいです。
残念ながら、車のサングラス収納ボックスが閉まりませんでした(^^;)

R0056636

重ねても今回紹介している黒い方が一回り大きいです。

中国から発送ですので10~14日位かかります。

メガネの上からかけるサングラス(^^;(Br'Guras)

私は目が悪いので、普段からメガネをかけています。
最近は目が高齢化したので(^^;)
逆に若い頃作ったメガネの方が遠くも近くもよく見えるという状況になっていますが。
今回旅行に際して、日差しが強い可能性があるという表記がありましたので、保護して見ました。

R0056625

ケースもしっかりしています。

R0056626

開けたとこ。
左からストラップ。青い紙は偏光グラスを確認できるような絵があります。ブルーミラーコーティングのサングラス。
ソフトケース。メガネ拭き
が入っています。

R0056628

普通では何も見えませんが・・・
でもこの絵、釣り人が帰ろうとしているところ(^^;)

R0056627

サングラスを通してみると、魚がいるように見えます。
中国製のサングラスで共通に使われています。

あまり家族には評判が良くありませんでした(^^;
謎の中国人みたいになっちゃうてゆわれて(^_^)

実際サングラスをしているのは、目が青い白人系の方。(こちらは日差しで目がやられてしまうらしい)
中国人や韓国人のサングラスの似合わないこと(^_^)たぶんそういう目で見られているんだろうな(汗



安かったのですが、中国からの発送ですので14日くらい係る可能性があります。
ということで、急を要する場合は、高くても近所の眼鏡屋さんなどで買うと良いです。

コードレス掃除機 Dyson比較編

比較編です(^^;)

20180407_081222

上がDC45、下がV6
似ているようで似ていない(^^;)モーター類がV6は一回り小さくなっていて、サイクロン部分が大きくなっている感じ。

R0016512

横に並べたとこ。左がDC45、右がV6

R0016513

ヘッド部分。左がDC45、右がV6
V6の方が幅広になっています。

R0016515

左がDC45、右がV6
左は純正、右はタカネットジャパタのオリジナルヘッド(だと思う)

R0016519

DC45の重さは、1.3kg

R0016526

V6も1.3kgでした。

R0016523

ホース部。DC45が0.3kg

R0016521

V6も0.3kgでした。

R0016524

ヘッド部 DC45は0.7kg

R0016522

V6は0.6kg
こうやってみるとあまり重さは変わりません。

1台は義母のところに設置してきました。

こちらが最初に紹介したDC45の方

こちらがV6ですが、紹介している物とは吸い込み口の形状が違います。
これがベースにはなっていると思います。

最新型のV10はまだ10万円近いから、ま良いでしょう。(^^;)

 

紹介したのと違うけど充電スタンド

こちらがフトンツール

こちらがソフトブラシツール。

延長ホース

なんか色々オプションが付いていれば、結構安いかも。

コードレス掃除機 Dyson V6(Dyson)

先日、DysonのDC45を紹介しましたが・・・・・(^^;)
今度はV6です。ヾ(^ )コレコレ

R0016495

DC45は結構派手なパッケージでしたが、V6は至ってシンプル。多分箱にもよります。
そうです、こちらタカネットジャパタのオリジナル発注品。
タカネットジャパタでは新製品として売り出していますが、4世代ほど前の(^^;)

R0016496

昨日の箱と比べてみましょう(^_^)

R0016497

横から。

R0016498

短い方。

R0016499

反対側。
個人的にはDC45の方が開ける楽しみがあります(^_^)

R0016475

タカネットジャパタは、いろんなパーツがオマケで付いてきます。
オマケというか料金に含まれていると思いますが。
こちらが充電スタンド。

20180407_074304

意外と便利。
でも、倒れないように作ってあるので結構重いです。

R0016480

おまけ2
布団クリーナー(フトンツール)

R0016481

横から

R0016482

赤い部分がエチケットブラシみたいになっています。

R0016484

ソフトブラシツールと延長ホース

R0016487

くっつけたとこ。

R0016505

開けたとこ。

R0016506

こちらがV6の方ね。
上から、ACアダプター、細かな所用ブラシと、細いノズル、充電アタッチメント。
壁に止めるか、上で示した、充電スタンドを使うかと言うところ。
純正ホース
吸い込み口(このローラーの形状が純正と違うのね)とV6本体。

R0016507

こんな感じで充電ユニットのはめます。

R0016508

充電中は青いLEDランプが点きます。
充電は空の状態からだと5時間くらい、継ぎ足し充電も可能。
通常使用で16分らしい。DC45の方が20分(^^;)

R0016510

充電スタンドに固定したとこ。
写真は横になっちゃってますが。

R0016511

横から見たとこ。

比較編に続きます。


こちらがV6ですが、紹介している物とは吸い込み口の形状が違います。
これがベースにはなっていると思います。

最新型のV10はまだ10万円近いから、ま良いでしょう。(^^;)

 

紹介したのと違うけど充電スタンド

こちらがフトンツール

こちらがソフトブラシツール。

延長ホース

なんか色々オプションが付いていれば、結構安いかも。

コードレス掃除機 digital slim DC45MH (Dyson)

家には、ルンバと大昔の巨大なDysonがありますが、1階と2階をDyson持って移動させるのが面倒なので、かみさんが持っていた期間限定ポイントが1万Pあったのでまず最初にこちらをほご。

20180405_192958

もうね、型番が沢山ありすぎて良くわからないっす(^^;)最近のはDC10というのはわかります。

20180405_193012

この時期のは特徴が箱に書かれていてわかりやすいです。

20180405_193026

裏面。

20180405_193102

開けたとこ。

続きます(゚゚ )☆\ぽか


ある程度の強風でも強い10本骨の傘(SNAKOL)

基本車通勤なので、傘は大きな普通の傘を使っていますが、旅行用、出張用にはやはり折り畳み傘を用意します。
しかし、普通の折り畳み傘(最近は、ワンタッチ開閉が普及)ですと、最近のゲリラ豪雨や強風(突風)だとあっという間に傘の骨が折れてしまいます。
超絶薄い、超絶軽い傘だとカバンに収まりますが、傘幅が小さいし、あくまでも緊急用というのも持っています。

と言う訳で(^^;)

R0056652

こちらがその製品です。

R0056653

ケースから出したとこ。

R0056655

石突き部分を見る。
昔の傘みたいに出っ張っているわけではありません。

R0056656

10本骨の傘なので、それなりの重さがあります。428g

R0056657

こちらがセブンイレブンで買える傘、7本骨。
277g

R0056658

一般的な傘、313g

こう考えると100gほど重いです。

R0056660

開いてみたとこ。
骨がカーボンでできているために、強度の確保と軽量化もされていると思います。
広げてみると、かなりでかいです。
普通の長尺の傘に負けていません。
折り畳み傘って、小さくて、体の一部やカバンがびしょ濡れになるイメージがありますが、こちらはかなり大きいので安心感があります。

R0056661

開閉など負荷がかかる主要部分の骨は金属でできていますので、安心です。
軸は黒になっています。

R0056665

左が普及クラスの8本骨の折り畳み傘、右が紹介している10本骨傘。
ぱっと見で、一回り大きいことがわかると思います。

寸法(実測)

      開いた直径   主軸長さ
10本骨:  104cm    45cm
8本骨:   94cm    40cm

これだけ大きいと安心です。

こちらも、多少重いですが、海外に持っていきたいと思います。
これなら二人入っても多少の雨ならなんとかなるかな的な。

こちらが紹介した物。

原付用L型空気入れ延長ユニット(バイク用エアーバルブ 90°エクステンション )

以前、HPゲージ(加圧量計)が付いた自転車用空気入れを紹介しましたが、バイクでも対応可能という事でしたが、ご覧のように原付だとケーブルというかジョイント部がはまりません。

20180303_130411_hdr

こんな感じで手も入れられないし(^^;)
因みに、ガソリンスタンドでも原付に空気を入れてくれる部品があるところが少ないです。
結局、バイク屋さんか、バイクを扱っている自転車屋さんでもないとやってくれません。

20180303_130515_hdr

とゆう訳で、バイク用エアーバルブ 90°エクステンション

20180303_130529_hdr

こんなL型の部品をはめるだけで、自転車用空気入れからも空気を入れることができます。

 

どちらも同じだと思います。

バイクに空気を入れるのは、チャリに空気を入れるよりも大変なので(^_^)
フットポンプの方が良いかもです。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ