その他の小物

ペットの抜け毛が部屋に散らばるのを減らすグローブ(笑)

うちのわんこは結構抜け毛が凄くて、ルンバもダイソンもあっという間に毛だらけになってしまい、ダイソンが回転しなくなるくらい凄いです。

と言う訳で、導入してみました。

R0053815

一個しか頼んでいないのに何故か2コ来たというくらいちょっと管理が大丈夫か?という感じ。
まあ、中華だからあれですが。注文と請求は1コだけですが。

R0053816

説明がないですが、イボイボが付いた手袋という感じ。

R0053817

こちらが反対側。

20170729_153129

こちらが二つ来た方の一つ目。
単純にこれだけなのに・・・

20170729_161946

ちょっとわんこの体をなでた(ブラッシングみたいな感じ)だけでこんなに付いてきます。

20170729_161951

数回やっただけ。

20170729_162112

体に付いている毛が舞うので、なるべく屋外でグルーミングというかブラッシングすれば良いと思います。

このグローブの優れものは。

20170729_162124

瞬時に取れること。これがすごい。
あとはゴミ袋に入れておしまい。

同じものか類似のものかわからないのであれですが。
Amazonでぽちっても発送は中国からなので、10日くらいかかります。
評価は低いですが、このお値段なら騙されたと思っても大丈夫な価格。

保険のポイントでハンディアイロン&スチーマーもらった

家族で入っている保険屋さんで、何故かポイントが切れちゃうのでということで、以前紹介した電波時計とハンディアイロン&スチーマーをもらいました。

20170715_103325

例のツインバード工業謹製のものです。

20170715_103338

色々合体ユニットが入っています。

20170715_103439

本体。
あ、鼻はニーナさん(うちのわんこ)
なんか興味があるらしくちょっかい出してきます。
素材によって温度が変えられます。

20170715_103443

上から。

20170715_103447

ニーナさんの足下にあるのが、チョイ置き。

20170715_103457

給水タンク
75mlなので少ししか入りません。
これ以上入れると故障したり、湯が噴き出す恐れがあるので注意して下さい。

20170715_103502

ニーナさんじゃまです(^^;
ブラッシング用。

20170715_103508

汚れ取り用。

20170715_103604

こんな感じで合体させます。
写真右手のボタンで着脱。

毎朝ちょっとしわなどを伸ばす用に使っていますが便利です。

  

3000円前後なので、便利に使えます。


ルンバ560の電池を替える

ルンバのバッテリーがへたってきて、少し前までは15分位(前は30~60分位)使えていたのですが、最近3~5分位しかつかえなくなってしまい、そろそろバッテリー交換をと思っていました。
そもそも、560自体も輸入モデルなので、正規ショップでは修理も出せないので、自己責任で汎用バッテリーを導入してみました。

20170725_191202

2000円位とめっちゃ安いものもありますが、取りあえず保証期間が長いものをということで、こちらにしました。

20170725_191223

こっちもちと怪しいですが(^^;

20170725_191236

反対側。

20170725_191314

説明書もしっかりとした日本語で(怪しい中国系日本語ではない)、裏面は保証書になっており。
領収書も付けて来てくれたので、まあ安心かな。
評価もそこそこだったし。

20170725_191338

交換します。
とその前に、蓋をあけなければなりません。
蓋は、写真で見える左右の4ヶ所と、エッジのごみを掻き出す黄色いブラシの部分のネジの計5ヶ所を外すだけです。

20170725_191828

暗いのでちょいピンボケ(^^;
中央の黄色い、iRobot Roombaと書いてあるものが電池です。
触ってみると結構温かいので、バッテリーがへたっているのだけど、充電しようとしている感じかな?

20170725_191830

ちょい拡大。
上の方に移動用のローラーがあるのですが、そこにもニーナさん(わんこ)の毛が目一杯入っていたので、この際だから綺麗にしました。

20170725_191904

バッテリーは置いてあるだけなので、簡単に抜けます。
写真は端子部分。

20170725_191927

規格は一緒(純正ではないので、壊れても保証されませんので自己責任で)

20170725_191938

端子部は一緒に見えます(^^;

20170725_194215

簡単に交換出来ます。
あとは、リセットされるので、言語設定と、時間設定をすればおしまい。
て、日本語にするやり方を忘れてしまった(^^;
英語でも特に問題がないのでしばらくそのままにしておこう。

こちらが純正バッテリー

こちらが導入したバッテリー
保証期間が長いのと評価が多かった。

 

どれも評価は高いので大丈夫だと思いますが。
あくまでも自己責任でお願いします。
外部電池を使って、発火、バッテリーの持ちなどで不具合が生じる恐れもあります。


模型づくりや電脳小物調整に精密ピンセット

良く、模型の細かいパーツの張り込みにピンセットを使いますが(模型用)、でも非常に小さいパーツを接着する時とか、カットするときに飛ばしてしまって、出てくれば良いのですが(^^;
なかなか見つからないというか、もう諦めざるを得ない場合もあります。
そんなときに必須と思い、タイムセールで見かけたので保護しました。

R0053722

こちら。

R0053723

横から。
写真を見る限り模型だけでなく、パソコンやデジカメ、腕時計など細かな部品を扱うときに使えそう(^^;

R0053726

こんな感じ。

R0053727

これぢゃわからんか(^^;

R0053729

かなり細かいものも挟めそうです。

 


拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその4動画編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた

Braavaの動画編です。

20170717_092534

1枚目はサムネイル用の写真。

こちらは、ドライシートを使った動画。
ドライシートの場合は、直進して、障害物があると折り返して戻ってきます。
音は、起動音以外ほとんどありません。タイヤが回る音がする位です。

こちらも、ドライシートの場合です。

ウエット素材編です。
起動時から録画していたので、起動音が鳴ります。
ウエットモードの場合は、扇形に往復しながら移動します。

こちらは、壁やタンスなどの角をどのように拭くのかやってみたものです。

意外とこまめにかつ丁寧に拭いてくれます。

拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその3掃除編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた

掃除をしてみました。
とその前に布等パーツを

20170712_201657

こちらが水拭き用。
タオルみたいになっています。
この面が拭く方。

20170712_201704

こちらが本体に当てる方

20170712_201732

こちらはから拭き用。
この面が拭く方。

20170712_201738

こちらが本体に向く方。

20170715_092805

ウエット素材は内側に水を入れてあげる必要があります。

20170715_092810

この部分ね。水がたまると。

20170715_092815

こちらの方から、少しずつ水をしみ出させてウエット素材の方に水を誘導させます。

20170715_093149

こんな感じ。
上手く出来ていて、びしょ濡れにはならずにほどよい湿り気で拭き掃除をしてくれるのがすごいです。
って、使っていくと、布全体が微妙に湿ってくるんですけどね。

20170715_091505

最初に、ルンバで掃除したあとに、この子を使うと良いっぽい。

20170715_134632

ウエットモードにしたBraava。
モード切替は自動ではなく、ボタンを押します。

20170717_092531

ルンバと接近遭遇するBraava

20170717_092532

びよ~ん(^^;

20170717_092534

通過~
写真を見てもらえるとわかると思いますが、Braavaが通過した後濡れてます。

20170717_092547

濡れている床。

最初に、ルンバかダイソンで大きめのほこりを取ります。てゆうか、ルンバでもダイソンでもかなり吸引力が高いので、それだけで良い感じになるのですが。
続けて、Braavaのから拭きモードで拭きます。
仕上げに、ウエットモードで床掃除をすれば、そのまま寝転がっても大丈夫なくらい気持ちよくなります。

20170717_092426

ニーナさん(保護犬:犬種不明の雑種)対Braava。
ルンバと違って、Braavaは音が静かなので、近づいてきて始めてわかるみたいな感じ(^^;

動画編に続きます。

拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその2パーツ周辺機器編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた

Braavaですが、昨日は本体を紹介したので、パーツ並びに周辺機器を紹介します。

20170712_194708

充電ステーション。
380Jには、ドックが搭載されています。その下のモデルはACアダプタを本体に直刺します。
充電中のようす。

20170712_194722

Braava本体の状況。
充電中は赤表示になっています。

20170712_202048

満充電になると青くなります。

R0053678

下がドック。
上がウエット用の給水タンク付き本体。

R0053677

こちらが裏面。

R0053679

ACアダプタはルンバに比べるとちょっと小さいというか、スマホ用のみたいな感じ。

R0053680

こちらが掃除用の布。
青はウエット用。

R0053681

白はドライ用。

R0053676

上がBraava本体。
下がドライ用の土台。
ここに布を挟んで使います。
どっかのクイックルワイパー(R)と同じです。

R0053682

交換用の導水キャップも付いてます。

20170715_124210

こちらが、司令塔のNORTHSTARキューブになります。
ルンバの場合、こっから来ないで~みたいなバリアでしたが、こちらは案内誘導用の送信機になります。
写真は上から。

R0053685

単2電池2本用。

20170715_124218

こちらが可動用ランプ

20170715_124223

こちらが反対側にある電源ボタン。
敢えてこれをオンオフしなくても、Braavaを起動させると、シンクロすると思います。

20170715_124321

監視中は青くなります。

R0053687

Braava本体横から。正規品はちゃんとシールが貼ってあります。

R0053686

チョイアップ。

というのは、Amazonほか通販では輸入品(にせ物ではないです)を併売しているので、正規品と断りのフォログラムシールを貼ってあります。

お掃除編に続きます。

 

拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその1開封編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた

iRobotのアンバサダーに当選して、Braava(ブラーバ)をお借りすることが出来たので、何回かに分けて紹介します。
昨年はリモコン(iPhoneで遠隔操作ができる)が使える最上級のiRobotを体験したので、今度は拭き掃除のブラーバ(1世代前の)をお借りしました。
最新鋭のは、水や洗剤を噴射しながら拭き掃除をするタイプなのですが、こちらは拭き掃除版です。

R0053653

二種類あって、こちらは上位機種です。違いは充電スタンドの有無。

R0053655

こちらが裏面。
特徴としては、ドライモードとウエットモードの二種類の拭き掃除ができます。(切り替えは手動)

我が家は、ニーナさんというわんこが、赤ちゃんの頃に畳を破壊してしまったので(^Д^)
オールオブフローリングなので安心して全部屋使えます。

R0053669

開けたとこ。
左に監視用のリモコン司令塔(NORTHSTARキューブ)と電池、拭き掃除用布(ドライ&ウエット)にACアダプタ(手前)があります。

R0053671

こちらが本体。
四角いロボットです。
これと似たようなのが、WALL・E/ウォーリーにも出てきました。(汚染された部分を見つけると拭く奴)
ボタン類も四角です。
手前中央が主電源、写真左が拭き掃除、右がウエット拭き掃除となります。

R0053672

正面から。使用前(新製品)は、↑の紙があります。

R0053673

横から。
ちょっと前の方に傾斜しています。

R0053674

裏面。
手前のローラー部分が本体。
奥の方に見える部分に布を当てます。

R0053675

初回は電源部分にシールドがしてあるので、使用する時にはこのゴムというかガムテープ状のものを剥がして使用します。

続きます。

 

380Jと371Jがあります。正規品の方が修理などに対応してもらえるので良いと思います。

こちらがウエット用の交換クロス。

色々あるので、探して見て下さい。

おっさん用クリップ式偏光サングラス(^Д^)

夏至も過ぎ、西日がそろそろまぶしくなる時期、皆様方におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。(違 あ、熱中症に気をつけてくださいね

特に西に向かう時に、まぶしいっすよ。
おじさんは中学生の頃から眼鏡をしている筋金入りの目が不自由な人なので、コンタクトはしていないから好きなサングラスをかけることができません。
てゆうか太めのサングラスを眼鏡の上からかけることはあります(^Д^)
さりげにメルマガで見たらめっちゃ高かったけど、眼鏡にはめる偏光サングラスがあるということを知り、そこは7000円位したので、流石にその金額を投資する気にはならず(^^;
密林で似たようなものを見つけたら680円送料無料という、お試しには丁度良いものがあったのでぽちってしまいました(^^;

R0053625

昨年くらいに流行った、車のバイザーに付けるみたいな二色セット(笑)
でも、それぞれにケースが付いているし、値段の割に良い仕事をしていそう。

R0053628

軽そうですが、軽いです(゚゚ )☆\ぽか
黄色のは夜間用ということですが、なんでかな?明るさが増殖するのかな?
そう言えば、レイバンのサングラスにも黄色いのあったな。
ぱっと見、オッサン用(^^;
まあ、おっさんだからいいか。

R0053629

ケースから出してみました。
680円にしてはしっかりしています。

R0053632

鼻あて部分にはめ込む形になっているようです。

R0053634

特に取説はないのであれですが。
上の部分を押したら挟み込む感じのようにクリップが開きました。

R0053635

なんと、上に跳ね上がる事もできます。
余計おっさんですが(^^;

眼鏡は15年位前に作ったもの(@@;
おじさん、目が退化してきたのか進化してきたのかわかりませんが。
数年間に作ったものよりも、大昔の方がピントが合って疲れないというか。
少し前に視力検査したら、眼鏡で左右とも1.5の視力がありました(^^;

これで、西日がまぶしいときにも安心して運転できます。

 

一番左のが紹介したもの。

   

こういうカッコイイのもあります。

保険のポイントでもらった電波時計DQD-805J-8JF(カシオ)

保険のポイントが切れちゃうとかいうことで、怪しげなものをもらうよりもまあ聞いたことがあるメーカーなら良いべ。ということで(^^;

R0053617

箱です。

R0053618

内容物一式。
本体、取説、電池。ちゃんとパナソニックというのが良い(^^;
怪しげな奴だと、聞いたことがない大陸ブランドの電池だから。

R0053619

電池入れたとこ。
12時間24時間表示は切り替え可能。

全部日本語が今一ですが、無料だから(^^;

   

ほぼ2000円前後というんでしょうね。
たぶん価格は2700~3000円位で売られているのかと思います。
1,300円は安すぎ(^^;

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ