その他の小物

海上自衛隊カレンダー

海自は良いなぁ~と言われるわけです(^^;
お友達のお友達(蝶野教官(仮称)が言うわけだ。

Dsc_0667

2016年12月時点でこんなわくわくするカレンダー作ってますからね。
って、よく水平舵に立ってられるな。すごいわ。
たぶん観艦式の絵でしょうね。

Dsc_0668

1月ヘリコプター護衛艦かが

Dsc_0669

2月護衛艦くらま。

Dsc_0670

3月P-3C

Dsc_0671

4月桜越しの護衛艦あたごとみょうこう

Dsc_0672

5月練習艦かしま

Dsc_0673

6月SH-60K哨戒ヘリコプター

Dsc_0674

7月潜水艦こくりゅう

Dsc_0675

8月護衛艦ちょうかい(個人的にはイージス艦とヾ(^ )コレコレ)

Dsc_0676

9月フレア(欺瞞弾)を射出するP-1哨戒機

Dsc_0677

10月護衛艦ふゆづき

Dsc_0679

11月砕氷艦しらせ(個人的には南極観測船)
そういえば、南極観測船ふじ5001の模型作ったなぁ。(゚゚ )トオイメ

Dsc_0680

12月ヘリコプター護衛艦ひゅうが

JSDFカレンダー

昨日紹介した自衛隊エコバッグをくれたお友達のお友達(蝶野教官仮称)から年末に頂いたカレンダー。
極秘だと思っていたら、紹介しても問題ない(むしろ広報?o(^-^)oワクワク)とのことでしたので、併せて紹介します。
そのままスキャンできるわけでないので、抜粋で。

JSDFカレンダー

Dsc_0654

まずは、陸海空を紹介する全体のカレンダー。
たぶん本部で扱ってるんでしょうね。

Dsc_0653

こちらが、1月2月のカレンダー。
六曜はなしですが、めもできるようになっています。
また、1月が終わると、月の部分だけカット(切るミシン目がある)できて、ブルーインパルスを見ながら、3月の予定も見られるという考えたカレンダーです。
もったいないので切れませんが(汗)

Dsc_0655

3月と4月は、陸上自衛隊担当。
良い感じです。
蝶野教官(仮称)曰く(友達弁)、海自(海上自衛隊)の方が良い物たくさん作ってるんだよね~とのこと。
どうも絵になるようなものが多いらしいとのことですが。
おじさん的には、陸海空どれもみんな素晴らしく良いものをお持ちなので、できれば、陸自のがっつりしたカレンダーを出して欲しいというのが本音。

確かに検索して民間ベースで出しているカレンダーも海自と空自が多いですけど。個人的にはどれもみんな好きなのであれですが(^^;

陸上自衛隊のカレンダーを出して欲しいという方は、コメント下さい(違うか

Dsc_0656

5~6月は空自。
哨戒機P-1など。

Dsc_0657

7~8月は機動戦闘車試作車輌と装甲車や自走砲類。

Dsc_0658

9~10月は、海自。
空母ではありません、護衛艦いずも型。ヘリコプター搭載艦です。
災害時にも洋上拠点として機能します。

Dsc_0659

11~12月は、空自F-2。
うまいことバランス取れてますね。

Dsc_0661

面白いのが各地方の自衛隊の宣伝。
艦これやアニメ風の募集ポスターが多数。

Dsc_0662

どこかで見たことがあると思ったら静岡のヤツ。みかんだった。

Dsc_0664

他県のは萌えキャラ風や。

Dsc_0665

どこかで見たことがあると思ったら。
さのまるくんやみとちゃん、みしまるくん(三島市)、さくやちゃんなどを作ったイラストレーターの方のでした。

続きます。


ブラウン時計比較編

比較するほどのものではないですが(^^;

R0049624

こちらも昔から使っているブラウンの3855/ABという一番シンプルなもの。
これも一丁前に小さい割に時計が正確なので良いです。
目覚まし付いてるし。

R0049625

紹介したものを並べてみましょう。

R0049626

電波時計搭載モデルはこの3855/ABより数ミリ小さいです。

R0049631

こんな感じ。

どれもほぼ正確で、まあ秒がずれているのは電池を入れた時の起動で(^^;
残念なのは、電波時計が秒表示ができないことくらいでしょうか?

復刻版ですが、まだありました。
一旦製造中止になったらしいですが。

 

こちらが昨日紹介した、電波時計の方ね。

  

似たようなもののブラウン製

  

ブラウンの電波時計目覚まし BNC008BK_RC

普通に買うと4000円くらいするらしいのですが、オクで980円だったので保護してみました。

R0049588

かなり小さい時計です。
一丁前に電波時計なので、旅行でも良いかも。

R0049589

普通に見ると、ちと、文字が薄いのがあれですな。

R0049590

アラームと、スヌーズボタンが二重になっています。

R0049591

時刻は電波時計なので問題ないですが、目覚ましのセットは、。画面左側にあるレバーで設定します。
アラーム設定は下のアラームにして、+-ボタンで設定します。

R0049592

裏側。

R0049593

小さいので単4電池1本で駆動。

R0049594

主な国の設定で、電波が受信できます。
日本なのでJP良いですね~。
これがCNだとやだな。
DEってどこだろう?

R0049595

電池交換したときにはリセットボタンを押します。

R0049596

普段はこんな感じですが。

R0049599

バックライトを点灯すると、こんな感じに見やすくなります。

R0049600

バックライトを点灯させるには、ボタン一押しです。

 

店によっては送料がかかるものもありますので、ご注意ください。

昔懐かしい時計その2 BRAUN3864AB314vsl

さて、タイトルどこが違うでしょ~か(゚゚ )☆\ぽか

R0049601

昨日と同じ写真・・・ではない(^^;
下に、VOICE CONTROLって書いてあります。

R0049602

ここがマイク。

R0049603

横から見ても・・・

R0049604

後ろから見ても同じ(^^;

R0049605

型番にVがあるかないか。

R0049606

従って、ボタン類も同じ。

R0049607

トラベルクロックなので、フタを開ければ不通の時計。

R0049608

フタの内側は世界の時差表があり、なにげに便利。

まあ、最近はスマートフォンで世界時計は標準装備なのですけど。

R0049609

しかし、ブラウンのデザインはシンプルで美しいです。

復刻版ですが、まだありました。
一旦製造中止になったらしいですが。

  

似たようなもののブラウン製

  


昔懐かしい時計 BRAUN3864AB314sl

トラベルウオッチと言えばブラウン。
ブラウンと言えばトラベルウオッチ。
と言われるほど美しいドイツ製のブラウン時計です。

最近見かけなくなったので、もうないかも。

R0049610

まあ、そもそも最近ではiPhoneやスマホで事足りますからね。

R0049611

赤がライト、青が目覚ましとスヌーズ。
右がロック。

R0049613

ライトをつけるダイヤルと下はライト。

R0049614

裏側は時刻合わせ用の時計の針を回すヤツ。
意外と精度が高いのでそれほど時間がずれないのが偉い。

あ、電波時計などは非搭載ですよ。

R0049616

針を併せるには一度ボタンを押して回しやすいようにダイヤルを外に出します。

R0049615

昔のなので、メイドインGermanyとなっています。
但し大昔ではないのでW.(西ドイツではありません)

R0049617

針を止めるボタン。

R0049618

ライトは4時と5時の間にあります。

R0049620

外にも光るけど。

R0049621

中も光るので、真っ暗闇だとなんとなく時間がわかるようになっています。

復刻版ですが、まだありました。
一旦製造中止になったらしいですが。

  

似たようなもののブラウン製

  


ダイバーウォッチ電池交換

定期的に電池交換が必要なのであれですが、電池の予備を用意しておくのを忘れちゃうので、困ります(笑)
まあ、電池の種類が複数あるのも問題ですが(^^;
特に腕時計の電池は種類によって多用なので。

とゆうわけで。

R0051702

送料込みだったので、まとめ買いを

R0051703

固定します。

R0051704

今までは2つの爪で開けていましたが、開けにくいので(^^;
3連の爪にしました。
これもずいぶん前にブログアップしています。

R0051705

開けたとこ。

保護材を外します。

R0051706

ネジを緩めて、電池交換すれば完成。
厳密に言えば、タイバーウォッチなので、周辺の耐圧用ゴムパッキン交換と耐水試験をしなければいけないのですが、最近は海にもしかも5m以上は潜らなくなったのでま、自己責任で。

R0051707

あとは曜日と時刻合わせで完了。
そもそも、これは遙か昔のクオーツなので、曜日も日付も自分で設定するヤツ。


パワフルシャワーヘッドZAAVA その2比較・使用編(KVK) #KVK #ZAAVA

比較・使用編です。
あ、因みに、うちのシャワーヘッドです。

Dsc00463

家作ってから、変更してない(^^;
阪神淡路大震災の年に完成したので今から21年前のものです。

Dsc00462

正面から。
随分汚れてる(汗)

Dsc00464

裏側

Dsc00465

並べてみました

Dsc00466

てゆうか、このシャワーヘッドもKVKぢゃね?的な。٩( ᐛ )و
これなら、アタッチメント噛まさずにダイレクトに繋げます。

浴室に持っていって、お試しです。
あ、ヌードはなしよヾ(^ )コレコレ

Dsc00468

出します。
あ、その前に

Dsc00470

こちらの真ん中に黒い穴がありますが、そこを塞ぐと通常のシャワーになります(汗)
この穴から空気をとりいれて、空気と共に噴出すればじゃばじゃば~ってなって、チョー気持ちいい~ってなるわけ。

動画を見て下さい。
ちとダサいけど。

従来家を買ったときに使っていたシャワーヘッド(KVKさんのです)

こちらが今回紹介しているZAAVAのようす。
慣れてしまえば音は気になりません(^^;
上の普通タイプのシャワーヘッドと同じ位のお湯を出していますが、結構来ます。
しかも、お湯が当たる面積が大きくて、お湯の量は従来の半分か2/3で済むという。

家族からも非常に好評です。


低価格で明るいソーラーセンサーライト SOLAR Motion light (MUSON)

MUSON(soundPEATS)さまより、新しい商品が出たとのことで、お試し紹介します。

R0051414

こちらが本体。

説明書(英語版)、固定用ネジ、本体になります。

R0051413

ソーラーパネルで充電して、LEDライトを照らすエコセンサーライトです。

R0051416

横から。

R0051417

ちとぼけてますが(^^;
左の小さい黒いのが電源ボタン。
白い丸の部分が人感センサーになります。

ご覧のようにLEDは16コ付いてます。

R0051419

最初というかスタンバイ時は、LEDが薄く点いていて。

R0051420

人などが来るとフル点灯します。

20161211_084653

壁に止めたとこ。

20161211_0847021

ちゃんと点灯するか試すには、電源を入れたあとに、手のひらでソーラーパネルを塞いでみると点くかどうかわかります。
固定する前に試してみた方が良いです。

20161211_084706_hdr

薄暗い状態で確認。
淡くライトが点いてます。

20161211_0847061

手を振るとフルで光ります。

20161211_084724

上にセンサーライトは付けてありますが、ご覧のようにツバメの巣というか、ツバメの居場所になっているため、コンセントは常時外しています。

20161211_104040

残念ながら、冬なので光が届きませんが(^^;
たぶん反射光が届くと思いたい。ダメなら一段下げて固定するか。
あまり低く設置するとセンサーが反応しないようなので。

20161207_183832

他のセンサーライトと違って、一晩中微光モードで点いているので、良い感じです。

20161211_175537

フルで点くとまぶしくて直視できない位なので、夜バイクや自転車で帰ってくる人には良いかもです。


お値段はこのくらいなので、防犯上を考えると家のあちこちに付けておくのも良いかもです。

省エネだけどパワフルシャワーヘッドZAAVA その1開封編(KVK)

シャワーや水回りの商品を作っているKVKさんのモニターキャンペーンに応募したら、当選したので紹介します。
注:本記事は商品提供を頂いておりますが、報酬等はなく、自分の感想を自由に書いております。

まず、パッケージングがかっこええ。

Dsc00439

最初なんかのオーディオ機器(Bluetoothスピーカーとか)の箱かと思いました。
そんくらい、カッコイイ。
隙間から見える銀色とか。
開ける瞬間からo(^-^)oワクワクさせるマシンです。

Dsc00443

ZAAVA(ザーヴァと読みます)。
端っこにはTM(トレードマーク)ならぬ、KVKさんのメーカーロゴ。
この辺もシャレオツです。

Dsc00444

開けてびっくり(^^;
こういうパッケージング良いですね~、家電メーカーにも見習って欲しいわ。
いきなりご本尊が拝めるんですよ。
天下のSONYも頑張っていますが、これ日本のルールかわかりませんが、始めにお読み下さいを始め、多数の注意書きからマニュアル、ユーザー登録カードまでがフタ開けた時に出てくると、またこれかぁ。
ってなる。
それが、iPhoneとかiPad、MacBookProやAirなど、開封の儀まであるくらい、開けるときにo(^-^)oワクワクする。
こういうのを考えなければメーカーダメぼ。

つい熱くなってしまったヾ(^ )コレコレ

そんくらい、開けた時にカッコイイ。おお~ってなります。

Dsc00445

上の黒い箱を外すと全体が出てきます。
オプションパーツは両側に。

取説なんかも端にあって、自己主張していないんですよぉ~ちょっとぉ~
他のメーカーさんヾ(^ )コレコレ

Dsc00446

箱から出したとこ。
油漉しです(゚゚ )☆\ぽか(違
シャワーが出る部分は黒くなっていて経年変化でも持ちそう。
グリップ部分は銀メッキされています。

手前がオプションパーツのO(オー)リングと他社用アタッチメント。

Dsc00447

横から。
こんな感じで前傾姿勢になっていますが、これはほぼどこのメーカーも同じ感じ。
持って使いやすく、かつ壁のフックに引っかけても良い感じでシャワーが降ってくるというもの。

Dsc00448

裏側。

Dsc00450

注意書き。
空気が云々書いてありますが、このシャワーヘッドのパワー増強の秘密がこれ。

Dsc00454

シャワー用ホースとのコネクタ部分。

Dsc00455

正面から。

Dsc00456

こちらが他社のシャワーヘッドとの互換性を持たせてあるジョイント部
結構重量があって凄いです(^^;

Dsc00457

こちらが紹介しているシャワーに繋がる方。

Dsc00458

こちらが既存のシャワーホースに接続する部分になります。

Dsc00459

アタッチメントを付けたとこ。

Dsc00460

大きな方。

接続・使用編に続きます。
あ、ヌードはなしよ(゚゚ )☆\ぽか

KVKさんのシャワーヘッド、残念ながらAmazonさんにはなかったっす。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ