オーディオ

低価格で防水機能IPX8等級、かつ音が良いQ35+(soundPEATS)

soundPEATSから、IPX8等級という最強の防滴機能を持ったヘッドセットが低価格で出たので保護してみました。

 

R0060978

本体の見た目は従来の各社Bluetoothヘッドセット(イヤフォン)と一緒です。若干ハウジングが大きい感じです。

R0060979

リモコン+バッテリー部もほぼ一緒です。右側にリモコンが来ますのでわかりやすいです。また、ボリュームアップが上に、再生や停止、通話、終話、電源ボタンオンオフとペアリングが真ん中の三角マーク、ボリュームダウンは下側にあります。立体化されているので、見なくても触った感じでわかります。

R0060980

従来品は、横にあったmicroUSBやUSBCコネクタがなくなり、裏側に充電用の端子があります。

これにより、ヘッドセット(イヤフォン)史上最高のIPX8等級という水没してもある程度大丈夫の性能を持つ事ができました。

R0060981

防滴機能と引き換えになりますが、専用のUSBケーブル(同梱)が必要になりました。こちらを無くすと充電等ができなくなりますので、紛失の注意が必要です。専用ケースも小さくなったので、一緒に入れておけば安心です。

R0060982

充電中は、赤く表示され、満充電になると青くなります。その横にあるのは通話用マイク。

R0060983

充電の様子。磁石で自然に吸着されるのと、固定用の突起があるのであんしんして使えると思います。

R0060987

こちらはXperia1と同期した状態。バッテリーの残量表示も確認できます。また、説明書によると連続12時間使用が可能と言うことですので、通勤時に2~3時間かかるとして、往復で聞いたままでも、十分バッテリーは持つと思います。

R0060989

再生中のようす。

R0060974

取扱説明書は日本語もあるので、初めて使う方でも安心して使えると思います。

肝心の音ですが、まず起動から同期事の「パワーオン」「ユア ヘッドセット イズ コネクティッド」の音声が非常にクリアになっています。音質も3000円未満のヘッドセットとは思えないハイクオリティです。

(ハイレゾ音源には非対応らしいですが、ハイレゾ音源も再生して聞くことは可能です)

 

 

低価格で高音質のケーブルレスヘッドセットMove (MUSON)

低価格高性能のアクションカメラを出しているMUSONさんが、TRUEオーディオ(ケーブルレスヘッドセット)を出したので、紹介します。


R0060260


左から、取扱説明書、バッテリー兼用イヤホンケース(本体組み込み)、microUSBケーブル、予備のイヤピース(XS,S,M,L:Mは最初から装着)となります。


R0060262


取扱説明書は、日本語で丁寧に書かれているので、初めての方でもわかりやすいと思います。


 


R0060267


こちらが本体。形状並びに、デザインを見るとsoundPEATSとほぼ同じだと思います。(系列会社)


 


R0060268


充電コネクタは、背面にあります。


こちら、microUSBですので、汎用のものが使えます。同梱されているケーブルが短いと思う方は、ふだんつかているケーブルでも充電できます。


 


R0060273


充電中は、このようにバッテリーゲージの残量によって、点滅します。(インジケーターは二つです)


 


R0060271


満充電になると二つとも点灯します。


 


R0060280


充電中は赤くなり、満充電になると白くなりすぐ消えます。


ケースから出すと、「パワーオン」と言い、初回に限りペアリングモードになります。


 


R0060281


写真は、iPhone8でイヤホン(ヘッドセット)を探した所。クリックすることで、認証します。


 


R0060285


認証されたところ。


Rとなっているのは右チャンネルが認証されたという意味です。


このマシンの優れているのは、右チャンネルのみ、左チャンネルのみ(その時はモノラルになります)の登録ができること。


従って、通勤通学などで外部の音がちゃんと聴けて、バッテリーが倍持つという使い方も可能です。


また、ステレオで聴きたい場合は、Rchがマシン側(iPhone等)でペアリングされた後で、左Lchをケースから出すと自動でステレオにペアリングされます。


R0060282


音楽を聴いている所。


上のアイコンを見てもらえるとわかりますが、イヤフォンのバッテリー残量が表示されますので、安心です。


肝心の音ですが、クラシック、Jazz、オーケストラ、サウンドトラックなどを聴いても、クリアな音で非常に聴きやすいです。


バッテリーも長時間持つため、通勤通学で長時間かかっても安心してほぼ一日中かけていられると思います。(そう言う人も少ないと思いますが)


遅延があるように感じた事はありません。


特に、低価格で高性能なのでコストパフォーマンスは非常に高いイヤフォンだと思います。


最近商品リンクが上手く行かなくなっちゃったので、興味がある方は下のどちらかをコピペしてください。


https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07RN4KXR9/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=niftycom073-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B07RN4KXR9&linkId=e8e15cb4b210dad30f461fc80ea820d8


 


<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=niftycom073-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B07RN4KXR9&linkId=df63193107eb5bc0f6398eca3ce09277&bc1=000000&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>


 

クリアな音でバッテリーが長時間持つ首掛け式イヤフォンQ31(soundPEATS)

首掛け式のイヤフォンですが、従来のものだと、右側にリモコンとマイク(含むバッテリー)があって、右側のみが重くなるという傾向にあります。
20190321-093602_1
外箱を見てもらうとわかると思いますが、通常片側だけにあるリモコン部分と同じような大きさのもの(たぶんバッテリー)があるので、左右のバランスが取れていて、肩こりしにくい形状になっていると思います。
soundPEATSの製品の多くは、ケースに入っているのでそのまま即使う事ができます。また、カバンに入れておいてもすぐに探すことができます。
このほか、カラビナが付いているので、カバンの外に引っかけておくこともできます。
20190321-093740_1
ケースの中身。
写真左が周辺パーツ類。右が本体になります。
20190321-093752_1
本体は初期ではフィルムでケーブルが収納されていますので、出しやすいです。
20190321-093805_1
同梱品(充電ケーブル、サイズの違うイヤピース(L、M、S、XS)うちMは標準装着されています。それとカラビナ。)
20190321-093732_1
取扱説明書は、日本語もありますので、安心して使えると思います。
20190321-093845_1
下側にあるのがリモコン部分、soundPEATSと書いてある方が左側に来ます(たぶんバッテリー)。リモコンボタンは大きく、エンボス加工っぽくなっているので、手探りでもわかります。
プラスマーク:ボリュームアップ、長押し次の曲へ
三角マーク:マルチファンクションボタン、長押しで電源オン、オフ、チョイ押しで再生、停止、着信時の受話、終話
マイナスマーク:ボリュームダウン、長押しで曲頭に戻る
20190321-093943_1
リモコン部分の横側に充電用コネクタがあります。
充電しているところ。
充電中は赤いLED、満充電になると青いLEDが点きます。
20190321-201326_1


最初に電源を入れると、自動的にペアリングモードになります。(写真はiPhoneとペアリングしたところ、Q31表記があります。)

音は全体的にクリアで、聞いていて疲れません。また遅延もなくイヤフォンも小さめなので取り回しや、長時間装着していても楽です。
使い勝手が良く、バッテリーも長時間持つのでオススメです。

注文してから半年で入荷(^^;)防災ラジオICF-B09(SONY)

昨年秋に、東芝の防災ラジオを紹介しましたが、それよりも遙か前の7月末に注文したのがICF-B09(これも古いラジオですが)
何度も出荷延期というお知らせが来て、半年後にやっと入手。

R0059716

こちらがパッケージ。
わかりやすい。
非常用の笛と、USBケーブル、ガラケー用充電アタッチメントが入っています。

R0059725

こちらが本体。
目立つ所にハンドルがあります。
しかもおじさんの好きなオレンジ(^^;)

R0059726

上はLEDライト。

R0059728

正面からは、普通のスポットLEDライト。(中程にスポットとソフトと切り換えるスイッチがあります)
下段は、USBとイヤフォンコネクタ。

R0059729

こちらが蓋をあけたとこ。
おそらく緊急用としても、1分位しか通話できないと思いますので、普段からモバイルバッテリーを複数台確保していくことをオススメします。

R0059730

背面。背面部は、電池と内蔵充電池の切り替えレバーと電池ケース、FMアンテナがあります。

R0059731

蓋の部分はパッキンがあって、防滴機能もあります。

R0059732

ハンドルレバーは、かなり大きいので、東芝のポケット風防災ラジオに比べると手回ししやすいと思います。
但し、色々な方が書かれているように、SONYのICF-B09は、ニッカド電池なので、一度試しに回して蓄電したまま長時間放置すると、充電不能になってしまいますので、定期的に回すか、購入時に回さないで保存しておくかになります。
電池にしても、エネループなどの二次電池も利用可能なので、防災セットの中に電池を多数入れておいて定期定期に充電すると良いと思います。

R0059719

裏面に簡易な説明があります。
本体内部に取説があります。

R0059722

一式を保管できる収納袋(巾着)とストラップがあります。
できれば、目立つようにオレンジの袋にして欲しかった(^^;)

R0059723

microUSBケーブルと、ガラケー用アタッチメントがあります。
iPhoneの人や、USB-Cの人は別途用意する必要があります。
でも本当に気休めなので、以前紹介したソーラー充電パネルなど、別途充電専用キットがあったほうがよいと思います。

R0059724

仮に、瓦礫に埋もれてしまった場合の所在地を知らせる笛。

ということは、常日頃、枕元などに置いておかないと意味が無いと言うことになります(^^;)

SONYのは購入しにくいあるいは入荷(生産)未定となっていますが、ソーラー充電ラジオや手回し充電ラジオは、中華製がたくさんありますので、検討下さい。
その際、ワイドFMラジオというのを探すと良いです。

私はヨドバシカメラで注文したのですが、既に品切れ、Amazonでは入荷しなくなってから1.5倍以上の値段で取引されています。同様にオクでもこのくらい。
注文時のお値段は、6,500円位だったので良心価格で購入できました。

こちらが以前紹介した東芝のポケット風防災ラジオ
まだ良心的な価格だと思います。もっと安く買えましたが。

  

こちらが汎用だと思います。

こちらは2000mAhと大容量の(怪しいけど)バッテリーも持っているラジオ。

iPhoneでもクリアな音Zeus Air (DUDIOS)

DUDIOSさんから、Zeus Air が出たので、導入しました。

R0059671

こちらが箱。
表の特徴は、耳にジャストフィット、防滴IPX4(運動による汗や多少の水滴には可)380mAhのバッテリーとなっています。

R0059672

裏面の特徴は、ケーブルレス、高音質サウンド、クリアな通話、長時間使用可能(本体のみで、3.5時間、バッテリーケースと併用することで最長15時間)となっています。
下段には技適マークもありますので、安心して使えます。

R0059681

この状態で、右側Rch、左側がLchとなります。
Amazonの見本写真ではロゴがありませんが、背面にDudiosのロゴがあります。
今まで蓋付きのTRUE WIRELESSマシンが多かったですが、最近は蓋なしのものも増えてきています。
しっかり磁石で吸着され、充電できるので、これはこれでありだと思います。
たまに蓋が固くて爪が痛くなる機器もあるので。

R0059675

同梱品、充電用microUSBケーブル、種類の違うイヤピースがあります。(本体装着がM、それ以外にXS、S、L)
また、持ち運びに不安な方は、巾着も付いていますので、ご使用ください。

R0059679

取扱説明書ですが、表紙には日本語で「取扱説明書」とありますが、従来ある他国言語の説明はなく、英字のみとなっています。(購入したモノ、もしかしたら日本語も含めたモノも混在しているかも)
ということで、多少丁寧に説明します。

R0059680

充電ケースはロゴ等もなく、至ってシンプルな形状をしています。写真はたぶん背面のUSBコネクタ。左右の点が充電時に点灯します。

R0059687

こちらが普段使っている高速充電ケーブル(赤)で充電しているところ。
緑色のランプが点きます。(左右)

R0059682

ケースから出すと自動的に電源が入り、初回については、ペアリングモードになります。
右側のみ、左側のみでも使用可能ですが、ステレオで使う方が多いと思いますので最初に右チャンネルを外す方が良いと思います。
光っているのが右チャンネル。

R0059683

イヤチップを外した所。

R0059684

こちらの端子が充電する接点になります。

R0059686

ペアリング待機が、赤白交互にLEDが点滅します。

R0059689

写真は右左が逆になっていますが、赤くなっている方が右。
右側のiPhoneとペアリングしている所。

R0059690

チョイ拡大。
サーチされると、下段にDudios Zeus Air Rと表記されます。
Rというのは右チャンネル。
その後左側のイヤフォンをケースから出すとすぐに、ステレオ同期してくれます。
ダメな場合は、もう一度最初からやってみてください。
私的には失敗したことはないですが、良くAmazonなどでは質問が多いので、わかりにくい人もいるようです。
でも、この機種は、昔のモノに比べると凄く自然に接続や、左右同期しやすくなっていると思います。

R0059699

ケースにもRL表記があるので間違えないと思います。
本体の接点付近にも表記があります。
見るのが面倒な人は、くぼみが上にある方の右から外すという癖を付けておけば安心です。

R0059692

こちらが接続されたところ。
一度ペアリングすれば、イヤフォンをケースから出した時点で、自動的にペアリングします。
(耳に入れておくと、「コネクティッド」と言います)

R0059693

再生している楽曲は、シューマンのピアノソナタ。(再生アプリは純正ではなく、カイザートーンという、有料音楽再生アプリです。これだとiPhoneでもハイレゾ音源が再生可能、かつ、純正アプリよりも音が良いです。

写真右上にあるアイコンですが、イヤフォンのバッテリーゲージがあります。

R0059695

拡大したところ。
以前は、アンドロイドでは表記出来ませんでしたが、アップデートにより表記出来るようになっています。

肝心の音ですが、かなりクリアな音が出ます。
クラシック、ジャズ、ロックと再生してみましたが、遅延はおろか音の破綻もなく、低音から高音までしっかり再生できます。
また、音の解像度もしっかり再現でき、コンサートホールの音場、空気感、場合によっては弦を滑らせる指の音、観客の咳払いまではっきり聞こえます。
低価格のイヤフォンの割に、音の再現性はかなり良いと思います。

SIRIの音も、SIRIへの質問や回答などもイヤフォン搭載マイクでちゃんと拾って、ちゃんと再生してくれるので良いです。
日本で購入したiPhoneだと撮影時のシャッター音はそのままスピーカーからバシャっとう品のない音は出るので消せません。
一方、音楽再生中に入って来るメール音、メッセンジャー等SNS系の通知などは、イヤフォン経由で聞こえるので、受信音を周りに聞こえないので良いかも。

soundPEATSさんのものと同じだと思いますが、iPhone対応を唱ってある上に、200円安いのでこちらはかなりオススメです。

小型で低価格でも大出力Focus Bluetooth スピーカー ミニ(Dudios)

最近は、すっかりデジタル音楽に移行してそもそも昔で言うところのステレオコンポがなくなり、パソコンを使ったデジタルMusicの世界になっちゃっています。
音もBOSEのスピーカーなどを使えばかなり良い音がしますので。
音楽母艦として、あるいはiPhoneやAndroidマシンから音を流すなど色々使い勝手が良いです。

そんな中、小型でも5Wの出力が出るDudios Focus Bluetooth スピーカー ミニが年末に出ましたので紹介してみます。

R0059444

裏面です。技適マークがあるので安心して使えます。

R0059446

本体です。金属ボディですが凄く小さいです。
どのくらい小さいかというと。

R0059447

iPhone8とくらべるとこのくらい小さいです。

R0059450

三方はのっぺりしていますが、1ヶ所だけ、ストラップホールが付いています。

R0059449

こちらが裏面。
ロゴの上にあるのが電源+マルチファンクションボタン。
電源オンオフ、長押しでペアリングモード
再生中チョイ押しで、ポーズ、チョイ押しで再生。
電話等が来るとチョイ押しで、受話(マイク内蔵なので、アレクサと話しているみたいな感じ)チョイ押しで終話。
などができます。

ロゴ下にある、カミナリマークみたいなのが。

R0059451

充電コネクタ。
一応ゴムっぽい素材なので防滴風?

R0059456

充電中は、赤いLEDが点灯します。満充電になると消灯。
再生中は、青いLEDが点灯します。
ペアリングモード時は、青いLEDが点滅します。

R0059452

同梱品、本体、USB、ストラップになります。

R0059454

日本語もあるので安心です。

R0059455

ストラップをつけたとこ。

R0059457

ストラップ込みの重量は97.5g
小さいのに、昔のケータイくらいの重さがあるのは、アルミ風ボディだからかも知れません。

R0059458

ペアリングした所。Dudios Focusという表記になります。

R0059459

伊福部昭のシンフォニア・タプカーラより、Lent Molto Allegro

R0059460

年末なので、映画敬愛なるベートーベンサウンドトラックより、第九合唱。

この小ささで、モノラルですが5Wも出るので、かなり大きな音を鳴らすことができます。
また、音質はクリアで、中音主体ですが、低音から高音まで良い音が出ます。
バッテリーが長時間持つのも良いし、上のiPhoneとのリンクにも出ているように、バッテリーゲージがアイコンで出るのでわかりやすいです。
大出力が可能な割に、6時間(60%程度出力)も持つと言う優れもの。

これで、下記のお値段ですから、アウトドアなどをやる方にはぜひオススメです。
もちろん、インドアでもiPhoneやAndroid単体で鳴らすよりも遙かに音が良いので、ぜひどうぞ。


TRUE WIRELESS単体3.5時間のTrueFree(soundPEATS)

soundPEATSさんから、低遅延、クリアボイスコール、ロングプレイのケーブルレスイヤフォン(TRUE WIRELESS)が出たので導入しました。

R0059377

表面(ちょっとピンボケ)

R0059378

箱裏に特徴が書いてあります。最初の行に書いた通りです。
しかも単体で連続3.5時間(従来2時間弱)、未使用時収納バッテリーケースを使うと最長15時間使えます。

R0059384

soundPEATSさんのTRUE WIRELESSにしては珍しく、蓋が付いていません。
逆にある意味斬新です。

R0059382

同梱品は、充電ケーブルmicroUSB_Bタイプ。とイヤピースが4種類。本体装備がMサイズで、予備がXS、S、Lとなります。

R0059381

取扱説明書は、日本語もあるので安心です。

R0059385

こちがバッテリーケースの背面になります。

R0059388

本体を引き出した所。
磁石が内蔵されているため、近づけると定位置に上手い具合に吸い付けられて、充電が開始されます。

R0059390

従来のsoundPEATS製品とほぼ同様ですが。デザインが一回り小さくなっていると思います。
耳への収まりは良いですし、耳に装着すると密閉性も高まります。

R0059392

背面はマット調で、soundPEATSロゴがあります。
周囲と境目があるのは、電源オンオフ、受話、終話、音楽再生停止などに対応しているためです。
また、この機能はLR各チャンネルで相互に機能します。

R0059393

横から。

R0059397

右が満充電になったところ。左は充電中。

R0059399

バッテリーケースを充電しているところ。
緑色のLEDが光ります。満充電になると電気が消えます。

ペアリングの仕方ですが、最初にR(右)チャンネルを外して、使いたい本体とペアリングします。
その後L(左)チャンネルを外すと自動的にRチャンネルとペアリングになります。
右チャンネルだけ、左チャンネルだけでも使うことができるので、運転中の待ち受けなどにも最適です。
音は、クリアですが、ドンシャリとか高音のみ、低音のみではなくて中音域なのでオールラウンダーっぽいでしょうか?


最新のAptX LL(低遅延)に対応したQ12Plus(soundPEATS)

低遅延apt-X Low Latencyに対応したので、保護して見ました。
但し、マシンiPhoneやAndroidでも、対応している機器は少ないので、アップデートによる対応を待つ必要があるものが多いと思います。

R0059171

箱です。
特徴としては、Bluetooth5.0とバッテリーの持ち時間が9時間となっています。

R0059173

裏面にも特徴があり、防滴機構、それと今回Q12Plusとなった特徴AptX LLへの対応となります。

R0059176

内容物、本体、ケース、アクセサリー、取扱説明書。

R0059178

アクセサリー類は、イヤフック、イヤピース、ケーブルの取りまとめ用、カラビナは、ケースをカバンなどにひっかけるものです。

R0059180

こちらがケースに入っていたものです。
左が充電用microUSB。右が本体。

R0059181

ヘッドセット部の背面が磁石になっていて、使わない時には首の間で落ちないように結合しておくことができます。

R0059182

背面には、珍しくsoundPEATSロゴがありません。

R0059183

リモコン部は、従来とは若干デザインが違いますが、基本的に操作内容は同じです。
+:ボリューム増、長押しでスキップ。
ー:ボリューム減、長押しでリバース(曲頭に戻す)
中央のいわゆる再生ボタンに当たるところは、マルチファンクション機能があって、
長押しで電源オン、オフ、ワンタッチで、再生、停止・電話時には受話、終話となります。
真ん中の小さい丸は、マイクになります。

R0059184

技適マークもちゃんとあるので安心して使えます。

R0059186

充電は、リモコンの横で行い、充電中は赤。

R0059189

満充電になると青くなります。

R0059188

取扱説明書は2歩ので書いてあって、ちゃんとコーデックの所にはAptX LLの表記があります。
AptX LLがちゃんと動作しているかですが。

R0059193_2

トランスミッター経由で確認してみると、ちゃんと受信側がLLにランプが点いていますので、確認できます。
私はゲームをやらない人なのであれですが、低遅延型のAptX LLは、1万円以上の高級ヘッドフォンには搭載されていますが、普及クラスでは、本機を含めまだ少ないのが現状なので、深夜ゲームをやる人などにはおすすめです。

本末転倒の使い方ですが、AptX LLが動いているか確認するために、こんな使い方をしてみました。
ちゃんと機能していました。

ただ、iPhoneだから使えないとか、Androidの古いマシンだから使えないということはなく、
その場合、SBCやAAC、AptX、AptX HDなど、音を出す側の機能でちゃんと聞こえますから安心して下さい。

この価格で、AptX LLが付いているのは貴重です。


マルチコーデック対応、光入力端子がある トランスミッター レシーバーSPDIF Wireless(CASAFE)

夜中に音が出せずに天井映画館を見るとか、布団の横に置いたモニターで映画を見ることが良くありますが、そんなときに、遅延が発生すると違和感があるというか、見ていて疲れるので、可能な限り低遅延に対応したトランスミッターが欲しくなります。(そこまで神経質にならなくても良いと思いますが。

R0059163

大きさ的には、6.5cm角、47gなので、気にするほどの大きさや重さではありません。
普通の送受信可能なトランスミッター(TX,RXモードあり)と比べると一回り大きいのは仕方ありませんが、モード表示ランプが付いているのと、バッテリーで20時間以上持つというのが特徴になります。

R0059164

トップ写真の左手にあたる部分。
電源スイッチオンオフとトランスミッターモード(TX)とレシーバーモード(RX)の切り替えボタンがあります。

R0059165

トップ写真の右手にあたる部分。
リモコン的に使える場合は、左からリバース、スキップ、再生:停止、右端はペアリングとなります。

R0059166

トップ写真の上側部分
左から一般的なAUX端子(3.5φのステレオミニジャック対応)
中央左、光出力端子、光入力端子となります。
オーディオ機器やAV機器で光の対応ができれば、光経由の音声をそのまま飛ばしたり、受信したりすることができます。
右端は充電用microUSBコネクタ。

R0059160

同梱品
左から、取扱説明書(日本語あり)、トランスミッター本体、オーディオケーブル、AUXケーブル、充電用microUSB、光ケーブル。
と、最初から使いやすいように(追加が必要にならないように)なっています。

R0059162

使いやすいように、日本語マニュアルが入っていますので、安心して使えます。

R0059167

ちょっとシャッタースピードによる手ぶれがありますが。充電中のようす。
充電中は左上のカミナリマークが、赤くなります。充電が完了すると、消えます。

R0059168

標準で、電源を入れたところ。
RXモード、光コネクタ、ペアリングが点灯します。

SBCやAAC、APTX AptX LL AptX HDとそれぞれのコーデックに対応しているので、今接続している機器がどのモードで転送しているか(送受信リンクしているか)というのがわかります。

R0059193

こちらで言うと、トランスミッターモード(TX)、接続ケーブル(AUX:イヤフォン端子)
ペアリングした先の受信モードはAptX LL(apt-X Low Latency遅延防止用モード付き)となります。

R0059195

試しように使った怪しい組み方。
Blu-rayだとわかりにくいので、ストレートに。
左から、トランスミッター、BlackBerry keyone(Android)、リモートはHUAWEI Watch。
普通に聴いている分には特に問題があるかはわかりません。
音は普通にクリアに聞こえます。

似たようなものは多いので、2000円位の安いものからお高いものまで多数あるので、予算と使い道などから考えて探しましょう。

  

Bluetooth5.0に対応して更に使いやすくなったケーブルレスイヤフォンQ32(soundPEATS)

以前、こちらでも紹介したsoundPEATSのQ32ですが、デザインそのままで新たにBluetooth5.0に対応し、全体的なマイナーチェンジを行ったものが出たので保護してみました。

R0058186

パッケージは基本、前のとおなじデザインものです。

R0058192

交ざってしまうとわからなくなるので(;゚ロ゚)
上が前のもの、下が今回紹介するものです。(早く分けないと)

R0058191

こちらが単独のもの。

R0058193

内容物一式。
左から、イヤフォンQ32とバッテリー搭載充電ケース、キャリングポーチと取説。充電用USBケーブル。
イヤピースと耳掛け式イヤピース。(どちらもSMLがあります。)

R0058194

イヤフォンはこのような感じで収まっています。
収納ケース+充電器となります。
使わない時はこちらに入れておけば、自動的に充電が行われます。
注:但し、長時間使わない時は、事前にケースを充電した上で、イヤフォンを一度外して充電してから使った方がよいと思います。

R0058195

イヤフォンに当たる部分は、このような形で窓があるため、蓋をしていても充電すると電源が点灯するのでわかりやすいです。

R0058196

ケース横から。顔みたいになっていますが、口に当たる部分がmicroUSBのコネクタになります。(汎用)
鼻に当たる黒い部分は、バッテリー残量確認ボタン。
左右の目に当たる部分がバッテリーインジケーター(残量表示ランプ)になります。

R0058200

充電中は、バッテリーの残容量によって、2つとか3つとかランプが点きます。
満充電になると消灯します。

R0058202

イヤフォンQ32本体にもチャージしているところ。
蓋をしても見やすくなっています。

R0058203

開けて撮影したところ、丁度左側が充電完了したところ。

R0058206

本体は非常に小さいです。

R0058207

上から見たところ。

R0058208

下側にはマイクが搭載されています。

R0058209

外側に見える部分。
この部分がボタンになっており、普段はあまり気にする必要はないのですが、ケースから出すと自動で電源が入り、一度ペアリングさえしておけば自動的に使えるようになります。
電話の時などに、押すと通話、長押しで終話になります。電話がない時には、押すと再生、また押すと一時停止などになります。

R0058210

左右の向きが違うし、LRと書いてあるので間違えないと思います。

もちろん、片チャンネルだけで聞くことや、電話待ち受けように使う事もできます。

R0058197

取説は非常に小さいので、ハ*キルーペや、老眼鏡がないと辛い方が居るかも知れませんが、ステレオのペアリング方法、片チャンネルのペアリング方法などわかりやすく書いてあるので安心です。

R0058198

ステレオの接続方法や失敗した時の方法などもあるので、気にせずに使えると思います。

基本はステレオで使う事が前提の人が多いと思いますので、その場合は両側のイヤフォンQ32をケースから出すことで自動的にステレオモードになります。

R0058204

初めて使う場合は、(写真はiPhoneの場合)下部にQ32Rと出ますのでそれをタップすれば・・・・

R0058205

自動的に接続され、音楽を聴くことができます。

iPhoneからイヤフォンコネクタが無くなり、低価格のBluetooth搭載イヤフォン(ヘッドセット)が普及し、AptXやAACオーディオ対応してきている今日、音はかなり進化してきている上に、防滴能力も向上しちょっとくらいの汗や雨粒などでは壊れることが無くなっているのと、ケーブルが煩わしいと思っている方、この機会にこのようなケーブルレスイヤフォンを導入されてもよろしいかと思います。

参考までに、この系統のシリーズを結構紹介していますが、一度も無くした事が無いです。
安心して使えると思います。

ケーブルがあると、再生ボタンが邪魔だったり片方が重く感じる事があると思いますが、こちらのケーブルレスならそこまで気にせずに使えます。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ