電脳小物

いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その2GS1概要編 #BenQアンバサダー

さて、いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1の紹介です。
今まで、大小のメーカーから、手のひらサイズとかバッテリー駆動のとかいうプロジェクターが沢山出てきましたが、全体的に暗いとか解像度がという話を良く聞きます。
今回のGS1もあまり明るくないのではないかという風に思っていましたが、まずはどんなものか、どういう所で使うのかなどをスライドで紹介します。

Dscf6169

まず持ち運びしやすいようにということで、非常に小さいです。
本体重量は表示にあるように570g(本体のみね)なので、大きめのシステム手帳1冊分です。

Dscf6170

シガーバッテリーからも充電できるので、出かける前に充電忘れたっとなっても、仮にキャンプ場に行くまで3時間くらいかかるのでしたら十分充電できます。

Dscf6171

バッテリーを合体させて、約3~3.5時間連続再生が可能です。
なので、普通の映画などでは1本十分に閲覧可能になります。

尚、BenQさんはバッテリーユニットの別売を考えているとのこと。

Dscf6172

もう一つの特徴として、Bluetoothや無線LAN機能を搭載しているため、外付けスピーカーや、キーボード、マウスなどをリンクさせて使う事もできるとのことでした。

Dscf6174

三脚穴(カメラと同じ)も搭載しており、屋外のみならず自宅などでも設置場所を考えずに自由に配置できるというのが便利です。

Dscf6175

UBSメモリに入れた写真や、撮影した動画などもその場で投影できるため、昼間旅行で撮った写真や動画などを旅先で壁に投影してみんなで確認するなどもできます。

もう一つのメリットは、プロジェクターのバッテリーを使って、スマートフォンの充電が可能と言うこと。

Dscf6179

当日も直接落下テストをしましたが(滝汗)
同梱のシリコンラバーケースに入れておけば60cmの高さから落下させても、壊れることはなく投影できます。
但し、落下の衝撃を感じると、電気が遮断されて、また再起動させる必要はあります。
あとラバーケースで小雨程度でしたら本体を守ることもできます。

この商品の発売の経緯は・・・

Dscf6189

1位 欧州のキャンプ場30,000 3.5億人
2位 アメリカキャンプ場19,600 4.1千万人
3位 オーストラリア   2,600 2.3千万人
4位 日本         1,500 7.5M(単位わかんね~)
という潜在需要があるんだそうです。

まあ、それ以外に欧州やアメリカ、オーストラリアなどは、キャンピングカーなども普通に持っていますからねぇ。

Dscf6192

想定される顧客層だそうです。
そう考えると、未婚率が増えているにほんではどうかなと思いますが。
私の知り合いの家族連れはたいがい年中キャンプに行っているので、需用はあるかも。

※せっかくアウトドアするからそこでもネットや映画ってどうかな~的な思いもありますが。
(注:個人的な感想です。)

でも、バッテリー駆動で映画見えちゃうのなら、小さな飽きやすいお子さんに動画見せておいて、親御さんは料理を作るというのもありかも。

Dscf6193

こちらが仕様というか特徴。
1280×720(HD)が良いです。このクラスだと800×600(480)当たりが中心なので。
HD画質ならそこそこ解像度も良いわけで。
まあ、この手のひらサイズにハイビジョンはちとバッテリー的に厳しいと思います。

お試しもあるということで、できれば色々体験してみたいとおもいますので、お待ちください。

Dscf6195

大きさと重さ。
バッテリーを加えると、1kg弱。ということは、概ねノートパソコン1台分なので軽いかな。
モバイルバッテリーでも給電できるらしいですが、これも試してみたいと思います。

Dscf6197

なんと1mで60インチ。
テントの壁に投影するのもよしです。
2m離れると120インチ、にゃはは~
寝ながら映画を見られる(^^;

見学編に続きます。


Fire HD2016モデルに足した物 液晶保護フィルム(ミヤビックス)

プレーンの状態で使おうと思っていましたが、ネット情報を見ると液晶画面に傷が付きやすいという書込が散見されたので、急いで保護しました。

R0052753

私的に昔から定評がある、ミヤビックスさんのオーバーレイブルリアントです。

R0052754

パッケージが同じなのと、Fire HDは年により規格が微妙に異なるので買うときには気をつけてください。

R0052755

因みに、ミヤビックスさんはいろんな物は付いてきません。
フィルムのみです。
それが嫌ならほかのをオススメします。

最近はゴリラガラスとか超耐久ガラスなど、液晶の上にガラスフィルムを貼るのが流行っているようですが、私的には、何度か懲りているので、こちらのフィルムイチオシです。

R0052756

インカメラの横に穴がありますが、こちら明るさセンサーです。

R0052757

たまに書込に何故か間違って穴が二つ開いているとか、いうものを見かけますが、センサー用なのでこれが正しいです。

R0052758

こんな感じで置きます。
まがらないように綺麗に貼ります。

って貼ったとこ撮るの忘れた~ぽか
綺麗に貼れました。

液晶保護フィルムは100発100中です。

因みに、なんでフィルム形式のものをオススメするかと言うと、まず、画面の大きさ。
これで、フィルムがガラスだと割れやすいです。
上からの強度は強いですが、横からや曲がりなどでパキっと逝ってしまいます。

前に懸賞でもらったiPhoneのガラスフィルムも割れています(^^;
Xperia Z3Compactの小さい画面ですら割れます。
落とさなくても割れることがあります。

その辺のリスクを覚悟で使われるのが良いです。

 

こちらが強化ガラス用

紹介したもの。

但し、発売時期のモデルによって色々サイズが変わってきますので注文時にはご注意ください。


いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その1BenQ紹介編 #BenQアンバサダー

5月20日新木場の貸しスタジオでBenQアンバサダーセミナーが開催され、参加することができましたので紹介します。
販路を限定しているため、皆さんにはあまり知られていないのですが、大変ユニークなプロジェクターの開発などを含めて体験してきましたので紹介します。

Dscf6125

会場は、こんな素晴らしい貸しスタジオ。
東京ってこういうものがたくさんあって良いです。

Dscf6127

いつもは、会議室っぽいところでのセミナーですが、今回はこんな良い感じの場所で和やかに行われました。

Dscf6132

こちらが、今回メイン(最近ではメーンと言うらしいけど、昔の方の言い方が好き)で紹介する持ち運び自在のバッテリー搭載プロジェクターのGS1です。
ちとぼけてますが。

ここで、BenQさんのおさらい。
本ブログでは既に5個以上だったと思いますが、プロジェクターを紹介しています。
会社に買わせた(^^;モニターやプロジェクターもBenQだし。
と言う訳で、BenQ製品は大量に当社でも使っているのであれですが。

Dscf6147

プロジェクターは、民生品から業務用まで多種のラインナップです。

Dscf6148

前回体験した、プロ用のモニター類。

Dscf6149

最近流行のディスプレイモニター。
駅や構内、地下街、デパートなどの壁掛けモニターなどもBenQさんのだったりします。

Dscf6150

私的にはあまり縁が無いのですが、ゲーム用のモニターやキーボード、マウスなども有名だそうです。

Dscf6151

日本では多展開はされていないようですが、LEDの照明器具も扱っているとのこと。
もしかしたら、身近な場所でもBenQ製品があるかもです。

ところで、なんでブロガーセミナーをするのかというと、毎回書いていますが、

Dscf6161

BenQさんの製品は、主にAmazonをはじめとする通販会社を中心としており、店舗展開も若干あるらしいのですが、なかなか現物を見て買うと言うことができる機会が少ないんだそうです。
そのことから、私を始め私よりもっとアクセス数が多いブロガーさんが大量に居ますので、その方達を通して紹介して、口コミやネット経由で認知度を上げていこうということから始まっているようです。

Dscf6162

こうやって見ると確かに通販が中心の店舗ですね。
でも、自分も使ってみてその良さや、値段以上の満足度が高い製品なので、ほれほれして会社に買わせちゃっているのも事実なので、こうやって広がっていけばもっと認知度が上がっていくと思います。

すんません、商品説明する前にながくなっちゃったので、続きます。

新しいのが発表になっちゃったFire HD8 その3本体+比較編(AMAZON)

話が前後しますが、本体並びに比較編です。

R0052701

上になります。
電源ボタンとUSB充電コネクタ。上に見えているのはカメラ。
個人的には使わないと思います。

R0052702

反対側、ボリュームボタンと、イヤフォンコネクタ。

R0052704

こちらの楕円の部分がmicroSDコネクタになります。

R0052705

長手方向の左右にスピーカーがあります。
ドルビーステレオなので、めっちゃクリアで良い音がします。

R0052707

Fireと。
左がFire7インチ、右がFire HD8インチです。
待ち受け画面というかこの部分は広告が入ります。

R0052708

メイン画面。
表示のアイコン数は同じです。
解像度が違います。

R0052709

キンドルペーパーホワイトを加えた所。

R0052710

裏面。
ペーパーホワイトのAmazonロゴは目立ちませんね。

R0052711

積み重ねたところ。

R0052713

厚さの違い。
左の薄い方がFire HD、右の厚い方が無印Fire

R0052717

ぼけてますが積み重ねてみました。

R0052718

Xperia Z3TabletCompactと
大きさはほぼ一緒です。

R0052719

厚さは・・・(^0^)
全然違います。
流石SONY

R0052722

Xperia Z3TabletCompactは圧巻の276g

R0052723

キンドルペーパーホワイトは203g
これに近い重さのXperia Z3TabletCompactって

R0052724

無印Fireはなんと318g

R0052725

Fire HDはそれより少し重い340g
頑張った。
こんどのはどのくらいかな?

R0052726

友情出演のXperia Z4Tabletですが、別クラスの10インチでも392gという軽さ(^^;

R0052730

重さ量らなかったけど、iPad mini2と。
iPad mini2の方が一回り小さいです。

でも、お値段は全然別物なので、Fire HD恐るべし。


新しいのが発表になっちゃったFire HD8 その2設定編続(AMAZON)

アップデートが終わると、続きが始まります。

20170506_113055_2

いきなり自分の名前が出て来ます。

自分で買う場合、開くと何故か自分用になっているので、特に難しい設定は要りません。
プレゼントでもらう場合は、設定を入れてない場合がありますので、自分でAmazonのIDやパスワードなどを設定する必要があります。

20170506_113101

名前が合っていればはい。別人ならいいえを選んでまた設定し直します。

合っていたので次へとします。

20170506_113114

既にFireまたはFire HDを使っている方は、復元で、色々設定したものと同じ形になります。

20170506_113123

復元をチョイスすると、パスワード入力が求められてきます。

20170506_113222

復元が始まり。

20170506_113303

その後、再起動します。

20170506_113310

いきなりアップデートが始まっちゃった(^0^)

20170506_114034

そのあと、復元が始まります。
なので、初めて電源を入れた時に出た10分は、人によって時間が変わりますのでご容赦ください。

20170506_114412

最初に設定したはずなのに、アップデートされたらWi-Fi設定がクリアされて、設定してくれと聞いてきます。
無線LANを選択して続きが始まります。

20170506_114735

バックアップからの復元が始まります。

20170506_114746

ここでまた、時間が延びます(^^;
今度は52分だって。(時間は徐々に短くなります。3~4分)
無線速度が遅いところや公衆無線LANサービスを使っている方は速度が安定しませんのでご注意ください。
あと、セットアップをする場合、電源に繋いで充電しながらやることをオススメします。

20170506_115353

オプションの設定を行います。
位置情報サービスなどは個人的にはしたくないのでチェックを外しました。
この辺は好き嫌いがあるのでお任せです。
あと、AmazonではGoogle同様に写真をクラウドに保存できるので、チェックはお任せします。

20170506_115416

ちょっとぼけちゃってますが、どういうのかというとソーシャルネットワーク(SNS)とリンクさせるかどうかを聞いてきます。
一長一短あって、例えば「●●さんは、これを買いました」とか、「●●さんは、●●という本を読了しました」というのを勝手にTwitterやFacebookにアップしてくれる機能です。
自動的に投稿して欲しい人は設定を、したくない人はチェックを外しましょう。

無不不の書籍を買った~とか、H系漫画を読み終わった~って言われてほしくない人は、チェックしない方が良いです。

20170506_115429

SNSの後は、新サービスのキンドルアンリミテッド(ようは定額で読み放題のサービス:但し限界はあります)の無料体験があります。
これ、登録した日付を覚えていないと、知らない間に有料コースになっちゃうので、購入日というか、登録日を覚えておいてくださいね。

20170506_115447

私は、こちらを選びました(^0^)

20170506_115459

すご~い、上から画面が流れてくる瞬間が撮れたヾ(^ )コレコレ

R0052699

こちらが。基本画面になります。
ぼかしを入れてあるのは、購入した本が出ています。
あ、H系ぢゃないから良いのですが(^^;

以上で基本設定は終わりです。
あとは、Fire HDの基本OSは、Androidですので、普段からスマホを使っている人はそれほど違和感なく使えると思います。
iPadやiPhoneを使っている人はちょっと戸惑うかも知れませんが、機能劣化版のiPadだと思ってくれれば、すぐに慣れます。

濃い方だと、脱獄して、素のAndroidとして使う人もいますが、普通の方は変にいじらない方がよいと思います。

キンドルを購入された方は、たぶんプライム会員だと思いますので、音楽聴き放題、映画やテレビ見放題(指定したもののみね、それ以外は有料のレンタルになります)となります。

Fire HDの良いところは、ステレオかつドルビーサラウンド対応ですので、小さいタブレット画面ですが、高精細画面と、高音質なので、意外と感動すると思います。
3000円コースの無印Fireは、モノラル音源で、かつ画面解像度が低いのでストレスが溜まります。

比較編に続きます。

 

表示は32GBモデルですが、16GBモデルも表示されるので、めっちゃ使いこなす人以外は16GBで十分です。
そもそも、昔はなかったのですが、外付けのマイクロSDスロットが付いていますから、書籍やビデオ、音楽などもそちらに入れればメモリ不足にはならないと思います。

新しいのが発表になっちゃったFire HD8 その1(AMAZON)

低価格販売があったので、少し前に保護してありました。
ネタがあって放置していたら、新モデル募集(^0^)
例年なら、秋口に発売されるのですが・・・
どこが変わるのかよくわかりませんが(^^;

因みに、新しいマシンでも設定は同じだと思うので、初めてアマゾンのキンドル(Kindle)を買ったけど、よくわからない、これからキンドルを買おうと思っている人向けにわかりやすく書いてみます。

20170506_110759

恒例の紙パック入り。

20170506_110808

こちらが裏面。

20170506_110813

横から

20170506_110929

因みにこちらが、2年くらい前のノーマルHD7インチ
箱の大きさは1cm位しか変わりません。
但し解像度が違います。
そもそもこのHDは3480円位で保護した物。
今のは6,980円で保護した物なので、倍。

20170506_1110231

こんな感じで収まっているので、薄い紙パックで送られるんですね。

20170506_111037_hdr

下側には。USBケーブルとACアダプター、簡単な紙が入っています。

いつも思うのですが、これだけで素人の方(特に年配の方)にわかれというのはどうかと思います。
まあわかる人だけが使えば良いというのもどうかな?
あ、そもそも無線LANが家にないとただのモノリス。

20170506_1111431

この辺の包み方は、iPadの方が美しく収まっています。
と思ってフィルム剥がそうとしたら・・・

20170506_112804

電源が入っちゃって(^^;

20170506_112809

設定に10分位かかりますよって書いてある。

面倒くさいから、そのまま続けます。

20170506_112828

この辺、いろんな言語が流れてくるので、焦らずに日本語になった所で触ると設定が全部日本語になります。

下の言語を選択の右端に▼(機種依存文字なので、三角マークを触ると。

20170506_112846

こんな感じで画面が出てきて、面白いのは、イギリス英語とアメリカ英語が分かれていること。
すげ~微妙に仕分けしているんだと思ったけど、ぢゃあオーストラリア英語はと突っ込みながら、日本語ボタンを押します。

日本語を設定すると以降日本語メニューになります。

20170506_112906

続けて無線LAN(Wi-Fi)に接続しますと出ます。
ということで、家または、職場或いは移動先に無線LAN環境(別名Wi-Fi環境)がない方は使えませんので、ご了承下さい。

自分が普段使っているネットワークを選択します。

20170506_112956

無線LANの名前を選択すると、信号の強さとか出てきます。
パスワードを入力します。
たいがい、無線の端末(マシン)の横か、裏側に書いてある数字と英字の混在したものを見ながら入力します。
下側にキーボードが出てきます。

五十音配列ではなく、qwerty配列なので慣れない人は気をつけてください。
私的には、昔からqwertyに慣れちゃっているので、銀行とか書店、レンタルショップ、さらにはカーナビなどで、五十音配列が出てくると、字を探すので、逆に早く打てません(T-T)

20170506_113051

アップデートが始まっちゃったので続きます(^^;

 

表示は32GBモデルですが、16GBモデルも表示されるので、めっちゃ使いこなす人以外は16GBで十分です。
そもそも、昔はなかったのですが、外付けのマイクロSDスロットが付いていますから、書籍やビデオ、音楽などもそちらに入れればメモリ不足にはならないと思います。

セキュリティ対応型HDD LHD-PBM10U3BSその3比較+他のPCで見てみた編(Logitec) #minpos #みんぽす #Logitec

手持ちの外付けハードディスクを比較してみました。

R0052623

左から、
WesternDigitalの外付けハードディスク My Passport 500GB USB2.0
トランセンド対衝撃対応版外付けハードディスク 1TB USB3.0
紹介しているHD-PBM10U3BS 1TB USB3.0

===ここから=======================
この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

===ここまで=======================


R0052624

横から。
順番は上と同じ。

R0052625

正面から

他のPCで見てみましたが、ロックされている場合は、開きませんでした。
まず先に、ユーティリティのみ反応し、ハードディスク自体が認識しないという感じかな?

別のパソコンで見る場合は、ユーティリティからセットアップに進み、同じアプリを入れて、パスワードを入れることで中身が見られるようになります。

気をつけなければいけないのは、最近データのやりとりがクラウドなどで気軽にできるようになったので、どうしてもそっちでやりがちですが、外部流出させたくない、してはいけない重要データの場合、本機を使うのが一番良いかも知れません。

最近でもまれに、学校の先生が成績や進路、クラスの情報など、役所や企業の人が家で仕事をするためにUSBで持ち帰り、途中でパチンコをやったり外食中に車に置いてあったバッグごと盗まれるなど大変なことが普通に発生し、セキュリティの有無以前に個人モラルの問題になっていることも多いです。
そういうことを考えると、どうしても持ち運ばなければならない貴重なデータを使う仕事をしている人こそ本機を使って持ち運びをするべきだと思います。
その場合、簡単にはセキュリティが解除できないと思います。
但し、相手がその人の情報を知っている場合、生年月日や車のナンバー、家の電話番号など類推しやすいパスワードの使用はしないことをオススメします。

なんかやろうと思えば、いくらでも解除できますから。

いずれにしても、安易に重要な情報の持ち運びは気をつけるようにしましょう。

私的には、特に隠すものはないのですが、昔は、デジカメのデータは一々DVD-Rなどに書き込んでいましたが、最近撮影した写真データは、3~4つの外付けHDDに保護する用にしています。
というのもDVDと違って大容量に対応していること。さらにバックアップが安心してできることなどを考えると、そういう保存方法が一番良いと思っています。

最近、SNSで「iPhone水没させたり、不具合で交換して、今までの写真が全部ぱあになってしまった」という話をよく聞きますが、普通の人って、スマホの写真のバックアップってしないのでしょうかね?
自分はデジカメ黎明期の頃から、撮影データは上に書いたように、二重三重でバックアップを取って、更にiPhoneなどの写真はほぼ毎日DropboxやOneDriveなどのクラウドに自動的にアップしています。そこから控えのHDDに入れる用にしています。
確かに、スマホやタブレットの普及でパソコンを持っていない人が増えていると聞きましたし、仕事柄住民アンケートでパソコンの所有やSNSなどの情報入手手段を聞いたりしていますが、パソコンの所有率は年々減ってきます。それでも、大切な家族との写真、お子さまやペットの写真などはバックアップしておくほうが安心だと思います。
本外付けハードディスクだけではそのままバックアップはできませんが、親戚や家族の誰かがパソコンを持っていたら、このハードディスクを繋がせてもらって、暗証番号を入れた上で、データ転送して控えておいた方がよいと思います。

これらの記事を読んで、一人でも多くの人が、情報流出防止に対する関心の高さを持って貰えれば幸いです。

17925-862-296955

セキュリティ対応型HDD LHD-PBM10U3BSその2セットアップ編(Logitec) #minpos #みんぽす #Logitec

セットアップ編です。
特に意識せず、セキュリティを使わない場合は、そのまま認識されたハードディスクを見たり、そこにデータをコピペできます。

最初にパソコンに繋げると、新しい接続がされて使えるようにしていますというのがあって、それはすぐに認識されます。

Lg01

それと同時にLHDPWTOOLというフォルダがあって、セットアップするアプリケーション用のファイルがあります。
(上写真)

===ここから=======================
この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

===ここまで=======================


Lg02

最初に開いた(1枚上)の一番下のLHDPWTOOLをクリックするとこのような管理アプリが開きます。

これを見るとパスワード未設定、自動アンロック無効となっています。
Lg03_2

一番上の絵のセットアップフォルダをクリックしてパスワードマネージメントツールをインストールします。

Lg04_3


ダウンロード後、次へをクリックします。

Lg05_2


暫くすると完了になります。

Lg07

ハードディスクにパスワードを設定します。
簡単に類推されないように英字と数字を混ぜた方が良いです。
一般的なアクセスと違って、こちらの場合は大文字小文字が判別されるので、ちゃんと覚えておきましょう。

Lg08

んふふふふ・・・てゆうパスワードを、再確認用も含めて2回押すと登録完了になります。

Lg09

普通に空き容量も見る事はできます。

R0052619

こちらがセットアップまでの手順。
因みに、・・・

R0052620

パスワードを忘れてしまうと、二度と読み出せなくなりますという、恐ろしい文言が書いてあります。gkbl
あと、安全上8文字以上で登録とか、
パスワードを5回間違えると入力できない状態になるという、こちらもドキドキな状況がありますが、こちらはPCから外して入れ直せば大丈夫です。

それ以上の問題は、Windows10の場合、「安全に取り外しを行う」をしないと、中身がクラッシュするので、Windows7や8のように適当に抜かないで下さい。
こっちの方が怖いです。

R0052621

あと抜き差しすると自動的にロックされると言うことなので、気をつけましょう。

こちらでロックしたものが、他のマシンでどうなるかは、追って紹介します。

Kenri

因みに、仕事柄人様の土地の所有権とかを扱っているので、データ的には流出してはとんでもないことになります。
普通はこちらにパスワードを入れて改変できないようにしているのですが、紹介している外付けハードディスクがあれば、二重に安心となります。

17925-862-296953

続きます。


セキュリティ対応型の外付けハードディスクLHD-PBM10U3BSその1本体編(Logitec) #minpos #みんぽす #Logitec

ネット社会になり、パソコンからiPhoneやAndroidスマホにTabletなどが普及し、情報セキュリティ対策が問題になっています。
また、外部からの会社のネットへの不正アクセスなども多様な手段で侵入されようとしています。

そんな中、LogitechさんからLHD-PBM103BS(同シリーズにはMAC用Windows用が出ています)が発売されました。
みんぽす/WillViiさま、Logitechさまより機材提供を頂いてどのような仕組みでセキュリティが強化されているか試して見る機会がありましたので、紹介します。

R0052607

いつも小洒落たデザインでカッコイイ、箱。
これ以外は下に品番と製造番号シールのみというかなりカッコイイデザインです。

R0052608

===ここから=======================
この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

===ここまで=======================


外付けハードディスクというだけあって、構成は至ってシンプルです。
ケーブル、本体、下に見える取説。

R0052609

USB3.0対応のハードディスクです。
以前お借りしたものと箱(外側)自体は似ています。

R0052610

こちらのロゴにあるように、ショッププルーフボディとなっています。
持ち運び時に多少ぶつかる程度でしたら何ら問題が無いと思います。

R0052611

本体横側、ディンプル加工がされています。
個人的に気になったのは、全体を通してつや消し風塗装というか、ゴム風塗装になっていますが、これって、経年変化に弱い、長期間使っていると、経年劣化して、表面の塗装が溶けて、ベタベタになりそうな気がします。
大丈夫かな?

R0052612

唯一文字があるプレート。
しっかり日本製となっています。
これは安心できます。

R0052613

USB3.0のコネクタになります。

R0052614

USB3.0のケーブル。

R0052615

青いのがUSB3.0の証(あかし)

R0052617

本体に挿して見ましたが、ちと金属部分が出ているのが気になりました。

R0052618

反対から。
できればちゃんとがしっと覆われる位の方が安心感や精神的な安全性が得られるのでは無いかなと感じました。
気になる方は、他社製のUSB3.0対応ケーブルに替えた方が安心かもです。

続きます。

17512-862-296951

こちらが紹介した、暗号化対応版外付けハードディスク。

 

こちら類似のモデルで耐衝撃対応版。(セキュリティなし)


イタリア顛末記 Vol.23【番外】その他小物グッズ編(買ってねぇよw

イタリアで見かけたもの達。買ってないから(^^;

電脳小物編

Dsc_0448

ネットで調べたら、いずれもイタリア製で地元でしか使えないっぽいのでスルー
そもそも日本語非対応だし。

Dsc_1195

スーパーというかコストコみたいな店で見つけた電脳小物達。
鍵掛かっているし、イタリア語で折衝するパワーもないので、撮影のみ(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_1193

電卓もあった。関数電卓よ。
シャープ強ぇ~と思ったら。

Dsc_1194

反対側にカシオの関数電卓があって、一種類だけどこっちの方が売れてた(^^;


文具編

文房具屋さんには数件入りましたが、どうもこれだという万年筆との出会いも無く。
欲しいものもなく、日本とお値段がそれほど変わらなかったのと、時間が無いためというか買物ツアーではなく、あくまでも世界遺産ツアーなので、まじせわしない(笑)
という訳で、

Dsc_0861

ペリカンのお店は見ました。
あとフィレンツェの文具屋さんも見た、結構日本の文具が多かったけど、同じくらいの値段か1.5倍くらいだった。
あ、そう言えば、今年のファイロファクスとかは半額で良いよと言ってた。
流石に重そうなのでやめました。


Dsc_1203

こちらはコストコみたいな店で見かけた文具。
こうやって見るとパイロットとBICが多い。

Dsc_1204

ぺんてるとか三菱鉛筆んもポスか、プロッキーもありました。
ちと高いですね(^^;

Dsc_1207

ユニボールとかも

Dsc_1206

鉛筆は、スタビロ、リラ、ステッドラー、コヒノール、ペリカンのもあった。

Dsc_1209

フリクションが意外と高い(^^;
非r区ションはフリクションなのね。
アクロボールもあるし。


日本のもの編(笑)

Dsc_1201

ヤクルト発見(笑)ヤクルトはイタリアでもヤクルトなのね。
このほか、カップヌードルもすげー中華系というか檄辛系の売ってた。けど、流石にスーツケースに入らなさそうなのでやめた。
グアムに行ったときには袋麺沢山買ってきたのですが。

オマケ編(笑)

まさかミラノでバイクのヘルメット買うと思わなかったなぁ(笑)

20170405_155444

箱に入れると空港で税金取られるぞと脅かされて袋のママ買ってきた。
安かったから良いけど。
ミラノグッズ公式ストアで

科学特捜隊みたいなヘルメット(笑)ちょっとというかかなり派手。
何が良いかと言うと。

20170405_155510

反射がまぶしい時に下げるバイザーが付いています。

20170405_155456

後ろから。
どう見ても科学特捜隊みたいですね。

因みに、首の部分が夏と冬で変えられるようになっています。

唯一買った大物がこれ。
あとは野球帽とか、Tシャツとか、袋なんかを買ったくらい。

P4071778

P4071777

Tシャツ2つ買うと、今ならフルーツケーキが付いてくるのであげるよと言ってもらったのがこれ(笑)

以上でイタリア顛末記はおしまい。
長い間ありがとうございました。(汗)

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ