電脳小物

Android用CDプレーヤーその3外付けDVD編(ロジテック)*minpos #Logitec

昨日紹介したミニBーUSBケーブルを使って外付けDVD(リーダーライター)として使ってみました。

With PORTABOOK

R0052029

まずは話題の?ポータブックと。
見た感じ強そうですが。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

R0052030

ご覧のとおり。

R0052032

起動時には、普通に点いたのですが。
ポータブックの場合、非力な電力なので、外付けバッテリーで増設するか、電源を繋げないと使えませんでした。

他のマシンだと、パソコン用のUSBでも、たいがいバスパワー対応しているので、単独使用でも使い勝手が良いようです。

常時AndroidマシンでCDを読み込んだりすることがない分、寝かせておくだけではもったいないので、最近の外付けDVDとして機能するのは大変良いことだと思います。


Android用CDプレーヤーその2Android使用編(ロジテック)*minpos #Logitec

さて、使用編です。
今回はできたかできないかも含めて紹介してみたいと思います。

AndroidのGoogleストアから、Logitec CD Pipperをインストールします。

R0051992

パソコンのように見えますが(^^;
Xperia Z4Tabletです。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

R0051999

できるか試すために。モバイルバッテリー2.1A対応を使ってみました。

R0052000

こんな布陣(^^;
パソコンみたいね。

R0052001

インストールされたアイコン。
右は以前お試ししたDVDビュワー

すんません。なんかこのアプリは縦対応です(^^;

R0052002

まず最初に、電源の最適化をしないみたいな設定をしなければ先に進まないようになっています。

R0052003

瞬時にPDFに切り替わるのは好感が持てます。

バッテリーの設定でアプリをオフにしろっていう切り替えって初めて見たかも。

R0052004

最初、これで見ても、あXperia だから違うんだと思ってなんどかやってみたら。

R0052005

設定を変えるところが出て来たので、これをチェックしたら警告は出なくなりました。

R0052006

相変わらず横向きですが、
警告出ずに、アプリがちゃんと起動しました。

ここから、動かない地獄が(^^;

R0052007

対応したUSBデバイス、またはWi-Fiデバイスを接続して下さい。
と出て、無限ループ。

R0052008

電源切って接続しなおしたり、何度もやってみましたが、ダメです。

R0052009

3回目のエラー
(^^;
もしかして壊れてるんぢゃね的なことが頭をよぎりましたが、パソコンとは繋がるので、壊れている訳ではない。
と思って、Xperia Z4を諦めて。

Xperia Z3TabletCompact にスイッチ。

R0052012

警告(^^;

R0052010

お!これは期待できる。

R0052016

お~、やっと動き出した。

R0052018

一応、アクセスを許可しますかと聞いてくるので、OKに。

楽曲を探しに行く、Gracenote。

R0052020

偉い。
先日紹介した、日本未発売のサイレントランニングのサウンドトラックを見事読み込み始めました。
因みに、CDプレーヤーとしても使えるし、Ripperとあるようにリッピングして母艦に録音してくれることもあります。

※Xperia シリーズの場合、ミュージックアプリ(以前はWALKMANという名称だった)が搭載されていますが、どうも本機とは互換性がないらしく。
録音したマシンを別のアプリフォルダには入れられない、外付けSDのミュージックファイルとは別の本体に記録されるなど、使い勝手はいまいちです。

但し、Xperiaシリーズ以外を使っている人は普通に使える可能性はあります。

R0052021

Xperia Z3もZ4も横にしてステレオ音声になるので(Xperia Z3Compactのスマホも)、画面が横を向かないのがちょっとあれですが。
ステレオとして聞くならこうしないと音の広がりがおかしくなるので。・・・

再生モードだとこんな感じ。

もしロジテックの関係者の方がご覧になっていただければ、アプリの横向きに対応してくれると嬉しいです。

R0052022

読み込みが完了した音楽。

R0052023

録音開始ボタンを押せば録音してくれます。

R0052024

デフォルト(標準設定)でエンコードしてる。

R0052025

読み込みの状況でバーが右に進んでいきます。

R0052026

リッピングするのにもそれほど時間が係りませんでした。

R0052027

マシン内に保存された音楽。
これを再生することもできます。

日本のCDで比較的普通のヤツだとジャケットも探して読み込んでくれると思います。
すんません、私は変態なので、クラシックかジャズ、サウンドトラックくらいしか持ってないので。
しかも海外版(゚゚ )☆\ぽか

別の体験に続きます。


Android用CDプレーヤーその1開封編(ロジテック)*minpos #Logitec

パソコンがなくてもAndroidスマホに音楽が入れられるスマホCDプレーヤーです。
型番は、LDRW-CDPLABKになります。

みんぽす/WillViiさまの応募に当たって、いただきました。(いつもはお借りするものですが)

最近の若者のみならず、普通世代の人たちから高齢者まで、スマホ全盛時代になりました。
そもそも、ガラケー(フューチャーフォン)が各メーカー3機種あるかないかの時代ですから。

また、スマートフォンの普及に伴い、パソコン持たない世帯も増加。
こちらが行っている仕事での市民アンケートも、以前は結構パソコンを持っていた人が多かったのですが、最近はほとんど持たない人が増加しています。
とゆうわけで、昨年末くらいに、iPhone(iOS)を本体でアップデートさせようとしたら、多くの人がエラーになって、復活させるにはパソコンのiTunesに接続して下さいといわれて、パニックになったのがパソコンを持っていない家が増加したことを如実(にょじつ)に表しています。
そもそも、Androidケータイは、昔からスタンドアロン(本体そのまま)で使えていたのですが、iPhoneやiPadは、母艦のiTunesに接続しなければ使えなかったのが、時代の流れで、アップデートくらいは本体でもできるようになったのが、つい数年前の話。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

閑話休題。
今回紹介するCDプレーヤー、iPhoneは非対応ですが、Androidマシン(含む一部のタブレット)に対応した物です。
なんでiPhone非対応かは後述。

R0051964

至ってシンプルなパッケージ。
ちゃんとgracenoteのライセンス済みとなっています。
gracenoteって、CDの情報から、楽曲などを探してきて曲名、やアルバムタイトル、収録年、歌手・演奏者名をダイレクトに曲ファイルに記録してくれる優れたサービス。
iTunesよりも、WALKMANのMediaGoのアプリの方が、アルバムジャケットを探してくれる率が高い。というのもgracenoteさんのおかげ。

箱だけでまた余談になってしまった。ヾ(^ )コレコレ

R0051968

こちらが同梱品。
マニュアルとACアダプタ、ケーブル類。

R0051969

家ではこちらを使った方が確実。

R0051970

上が電源、下がCDプレーヤーとAndroidマシンと接続するケーブル。

R0051971

こちらが、マシン本体。

R0051972

ちょっとびびっと来る点があって、みたらウルトラスリムオプチカルドライブとあります。

R0051973

トレイを見ても「おお~」てなる。

R0051974

DVDマルチレコーダー\(^o^)/ワーイ

R0051981

しかもCompact Discリライタブル。
最近使わないけど、CDの書込もできるよってヤツ。

R0051978

DVDRWも対応。

て、普通の外付けDVDや。

R0051982

取説に対応メディアって書いてあった。
うん、まんま外付けDVDですね。
これは別の意味でも嬉しい。

MBAもDELLのXPSも、スリムで光学ドライブ非搭載だったから。

R0051983

とゆう訳で、最初にパソコンに繋げてみたら、普通に使えました。

R0051977

ここで、iPhone非対応というのが、こちら。
USBミニコネクタ搭載。先端はmicroUSBですから。
これで、UniversalドックコネクタがあればiPhoneでも音楽送れそう。

続きます。

こちらが今回紹介している物。

こちらはiPhoneやiPadにも対応できる無線LAN搭載モデル。(以前紹介しました)

iPhone6sの初期不良交換で・・・(^^;

昨年の秋にiPhone6sの初期ロットで、バッテリーというか突然切れて再起動するという挙動不審な動きがたくさん伝えられて、初期ロットのみ診断サイトというのがあって、先週末2月3日の朝一に集荷されて、待てど暮らせど反応がなかったのですが、問い合わせしてみようと思ったら7日に受取という表示が(^^;
おいおい。
普通は郵便でも東京までなら普通郵便でも翌日着くのにどういうわけだと思っていたけど。
まあ、仕方ない。8日に修理して発送。9日に届きました。
でも、復元データとSIMを会社においてあったので、会社でやったのは良いのですが・・・

R0052051

こちらが戻ってきた物。

R0052052

開けたらマトリョーシカっぽい(笑)
たぶん、iPhonePlusにも対応した箱かと。

R0052054

出してみました。

R0052055

封印されています。
番号は送ったときと同じ。

R0052057

修理の受付番号も同じ。

以前のように他人の物が間違ってくるというのは今回なかったのでまあ、今回は許してやるわ。(゚゚ )☆\ぽか

R0052058

綺麗です。

R0052059

裏に貼ってあった、保護シールはなくなっていました。
残念。
まあ開けるときに面倒だったので剥がしちゃったんでしょうね。
出荷用のフィルムは貼ってありました。

R0052060

バックアップからの復元は特に問題もなく粛々と(笑)
まあ128GBモデルで50GBは残ってるのですが。
それなりに復元に時間がかかります。

R0052061

50分になったり1時間になったり、1時間が2時間になったり、不安定です。

R0052062

その間に、以前キャンペーンで当たった保護ガラス貼ります。
前は0.5mmでしたが、今回は0.21mmの方。

R0052063

こんな感じ。

上手く貼れましたが、悲劇はここから(^^;

以前は、機種変でバックアップから復元したので、特に問題なかったのですが、今回は何故か初期状態からという感じで、オールリセット(^^;
アプリや色んなものは元に戻りましたが、なぜか設定がなんも戻らず。

一部のSNSは認証ができずに復活できなかった(T-T)

皆さん、色んな設定は事前に送る前に他のマシンで認証させて使うようにするか、マシンから削除して登録しないと登録できなくなる可能性があります。
ご注意ください。

あと、電子書籍アプリも一旦認証解除しないと1カウント減ります。orz

メーカー送りにするときに、iPhoneを探すは設定を殺したんで良かったというか殺さないと予約できない(笑)
ので良かったのですが、他のに気づきませんでした。

T2+ Turbine 2 その2比較編(Bluedio)

以前紹介したT2sと比較してみます。

R0051049

外見は一緒です。

R0051050

ボタン類の違いがある以外は一緒です。

R0051053

T2sはボリュームボタン。

R0051054

モード選択ボタンとスキャンボタン(チューニング)
ヘッドフォンとして使うのでしたら最初に買ったT2sの方が良いかもです。

R0051056

左がスキップ、一時停止、再生スライドボタンとなります。

R0051055

T2+タービンの方は、microSDカードスロットがあります。

R0051057

充電時は赤くインジケータが光るのでわかります。

音的には両方とも遜色ない音がしますが、純粋に音楽だけ聞きたいということであれば、こちらより値段が安くなったT2sの方がコスパ(コストパフォーマンス)が断然高いです。
1980円で重低音から高音域までカバーできるヘッドフォンは国内にはないと思います。

  

左が今回紹介した物。中央が以前紹介した物。右が新しく出たもの。になります。
中華系メーカーですが、冗談抜きで良い音がするので軽いし、無線でこれだけ良い音が聞ければすぐ壊れたとしても元は取れると思います。

バルク32GBmicroSDカード(サムスン)

好きなメーカーではないけど安かったので(^^;

R0050256

それにしても安くなったわ。

R0050257

ほとんど本体のみで使っていたスマートフォンですが。
かみさんが、自分で操作してスマホを初期化してデータが飛んでしまったので、以後はバックアップや写真データをこちらに移すように導入。

もう一個はドライブレコーダー用に。

  

  

この中では群を抜いて安いです。
過去に使って問題がなかったので。


バックアップにUSBフラッシュドライブ8GBバルク品(TOSHIBA)

最近何かと話題のTOSHIBAさんですが。

R0051202

バルク品のUSBフラッシュドライブを昨年秋に保護しました。

R0051203

1つ裏面(^^;

R0051204

ちゃんと逃げを打っています(笑)
その辺は承知。
安かったから。

R0051205

樹脂と不織布でパッケージングされています。

R0051206

既に本ブログを長年読まれている方はわかると思いますが、何個か東芝のヤツは買っています。
作業をミスして読めなくなったもの以外はちゃんと動いています。

でもって、なんで8GBかと言うと・・・

R0051208

秋に紹介したポータブックのバックアップデータUSBを作るためです。

R0051209

とゆうのも、既に多くの方が、ポータブックでWindows10のアップデートをやって、文鎮化(ぶんちんか:アップデートに失敗して、動かなくなってしまい、ただの文鎮にしか使えなくなってしまったことを言う)したという情報があったからです。
その方達が一同にいうことは、メーカーはアップデートは非推奨(非対応)で、そのまま使って下さいとのこと。
サポートもしないし、そもそもイメージディスクすら搭載していない。
てゆうわけで、自己責任で回復メディアを作成しなければならないということからです。

R0051210

回復ドライブの作成、下のシステムファイルを回復ドライブにバックアップします。にチェックを入れ、次へ。

R0051211

USBフラッシュドライブの選択で、TOSHIBA(名前はトランセンドとか色々出て来ます)
を選択して次へ。

R0051212

注意が出て来ますが、気にせず次へ。

R0051213

暫くすると回復ドライブの準備ができましたとなるので、あとはUSBフラッシュドライブにポータブック用と書いて保存しておけば、万が一文鎮化した時に復活できる可能性は高まります。

  


pomera DM200 アップデート(KING JIM)

KING JIMさんて、良い(隙間)商品を出しているのですが、サポートが弱い感じがします。
そもそも登録するページがないし、登録できるようです。お詫びして訂正します。
その後のサポートがわからないものが多いです。
たまたま、KING JIMさんのメールを受け取る設定を登録してあったので、今回のアップデートも気がつきました。

20170127_121958

現在のソフトウェアバージョンは1.0

ネットからパソコンにデータをダウンロードします。
詳細は本家に詳しく載っていますのでよろしくお願いします。

20170127_124004

SDカードにアップデータのデータを入れます。何故か891.4MBもあります(^^;
どおりで本体には入れられないはずだ。

面倒でも母艦とUSBで繋がなければアップデートが始まりません。

20170127_124101

アップデートを確認中。

20170127_124144

アップデートしますかと聞いてきますので「はい」にします。

20170127_124151

再起動して、アップデートが始まります。

20170127_124604

それほど時間が係らずにアップデートできます。
ケーブルを抜く必要があります。

20170127_124645

バージョン1.1になりました。

できれば、KING JIMさんも、pomeraやポータブックを始めとする電脳小物系はユーザー登録ができるようにして、登録した人にはアップデートをメールするなどした方が良いと思います。

もしご覧の関係者の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

 

まだ高いですね。


soundPEATS期間限定セール開催情報(soundPEATS)

いつもお世話になっているsoundPEATSさんが、ブログ読者限定のバーゲンを開催します。
セール品は、以下のとおり。
興味があるヘッドフォン・イヤフォン(ヘッドセット)を確認の上、本ブログで書いてあるクーポンコードをコピーします。
カートに入れます。
決済に進む所まで行くとポイントを利用と、クーポンコードを入れるところが、右側に出て来ますのでそこにコピーしたクーポンコードを入れると割引になります。

いずれもクーポンの割引期間に差がありますので、ご注意下さい。


1 SoundPEATS Q20ワイヤレスイヤホンの価格が 2550円 、特価クーポン J6ZO3WDX
 1000円 割引、1550円 で購入できます。

セール期間は1月 20日08:00から1月21日 23:59 まで。

2 SoundPEATS Q11ワイヤレスイヤホンの価格が3280円、特価クーポン 3O6DT64L
  1200円 割引、 2080円 で購入できます。

セール期間は1月 22日08:00から1月25日 23:59 まで。

3 SoundPEATS Q15ワイヤレスイヤホンの価格が 2980円 、特価クーポン JLJMGWMH
  980円割引、2000円 で購入できます。

セール期間は1月 25日08:00から1月30日 23:59 まで。

4 SoundPEATS Q9Aワイヤレスイヤホンの価格が 2380円、特価クーポン J8JG28JX
  900円 割引、1480円 で購入できます。

セール期間は1月 31日08:00から2月5日 23:59 まで。

ご注意ください。

トランセンド64GB microSDカード

何個目かな?(^^;
カメラでは無いので大きめの容量を保護。

20160718_171022

簡易版なのかバルク品なのかわかりませんが。
壊れても保証が利くので、永久保証で当社的には定評があるトランセンドのです。
以前、読み込みエラーが起きて相談したら、保証書と本体、購入記録を送って、新品交換で送ってくれましたから。
助かりました。

20160718_171111

色々説明が(^^;

20160718_171203

WALKMAN用に。
元は16GBですが、そっちにはハイレゾ音源だけ入れといて、こちらには汎用の曲を。
母艦の音源は180GB位あるのですが、気分で入れ替えれば良いかなと。
たいがい聞く曲は限られているし。

それにしても安くなりましたね~。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ