電脳小物

iPhone6sリターンズ その2 フィルム交換+BACKUPからの復元編

昨日戻ってきたと紹介しましたが、今度は、フィルム貼りとBACKUPからの復元編です。

R0059591

安いフィルムですが、ちゃんとケースもしっかり付いていますので安心です。

R0059593

色々ツール(埃とりシールや洗浄アルコール)も付いていますが。
私は、昔からセロハンテープ(R)。
これが最強。

R0059594

貼付側に貼ってあるフィルムを剥がします。

R0059595

気泡も埃もなく、綺麗に貼れました。
てゆうか、ガラスフィルムの良いところは、位置さえ間違えなければ落とし込むだけで綺麗に貼れること。
これが樹脂フィルムタイプだと、なかなか大変。(でも失敗したことはないですが)

R0059596

こんな感じ。

R0059597

上から。
因みに、貼った直後なのでエッヂがまだなじんでいませんが、その後なじんでちゃんと張り付いています。

復元編

ここからはBACKUPからの復元ですが、iPhone6sも最新iOSにアップデートしてあったためか、昔に比べて凄く簡単になりました。

R0059598

ちょっと奥さん、知ってましたぁ~?
iPhoneを併用していると、もう一台の方で認証できちゃうの。
今回初めて知りました。
従来だと、同じIDでアクセスがありましたとか言って、静岡なのに、千葉とか名古屋とかからアクセスがありましたが大丈夫ですか?とか聞いてくる奴。
それが最新iOSだと、(写真撮ってない)別のマシンの画面に青いドットが渦巻いていて、もう一方の普通に使えているマシン側では円(サークル)がでで、それをカメラで重ねると、もう自動的に新しいiPhoneとして認証してくれるという優れた認証方法になりました。

R0059599

認証されると、自動的に続きになって、データとプライバシー以下普通のセットアップ(もしくはバックアップからの復元)モードに入ります。

R0059600

こちらが現行のiPhone8の画面。
これで、新しいiPhone用にAPPLE IDが使えるようになりました。

R0059601

私の場合は、MacのiTunesにバックアップしているので、バックアップからの復元(選択肢は、iCloud、iTunes、新しいiPhoneとしてなど)を選んでいます。
iTunesに繋げることで、BACKUPからの復元編が可能になります。

R0059602

集荷依頼をした時にバックアップしたので、それから復元をしています。

R0059603

相変わらず、BACKUPからの復元は、長時間かかります。
まあ、手放す時は、これをせずに、そのまま売ってしまえば良いのですが。

このお値段ですから。

iPhone6sリターンズ

年末(12月13日)に、かけ込みで依頼したiPhone6sのバッテリー交換。
その時のサポートのお話では、年内にはという事でしたが、結局届いたのは1か月後の1/12日。
ほぼ1か月経ちました。

まあ、予備マシンだから良いけど。

R0059581

こんな感じの箱で来ました。
たぶん、Plus用と兼用の箱でしょう。

R0059585

動作確認並びに診断後に交換。
というのも、動かないマシンだとバッテリーを交換しても意味がないから。

R0059586

ここから90日の保証。
過去にもマシン不具合により何回か無償で交換(本体並びにバッテリー)してもらった事はありますが、トラブルが頻発して購入後2回新品交換してもらったのは、iPhone4Sの時だけでした。

R0059587

BACKUPましんだけど、なんか懐かしい(^_^)

R0059588

購入時と同じフィルムで覆われています。

R0059589

APPLEへ返送した時に外した、SIM(So-netの0Sim)とケース、外した時にメッキメキに割れちゃったので買った安いフィルム。

フィルム交換とBACKUPからの復元に続きます。

データ等大容量化につき、128GBmicroSD

写真以外に、ハイレゾ音源などを扱い始めると、それだけで容量が64GBではきつい世界になってきています。
と言う訳で、昨年暮れのサイバーマンデーのタイムセールで1,000~1,500円位通常価格より安かったので保護。

R0059352

バルクケースで来ました。

R0059353

こちらが裏面。

R0059354

寒村だった(^^;)
まあ、流石にこの中には追跡用のチップは入ってないだろうと言うことで。

3000円位だった。

サンディスクも、この値段なので、こちらをオススメ。
でも、ちょっと前まで9,800円くらいだったのが安くなりましたねぇ。

とはいえ、これがクラッシュしたらバックアップも大変なので、適材適所で使うのが一番です。
必要な容量で対応しましょう。

36か月保証で、ガイド枠付きの液晶保護ガラスフィルム(NIMASO)

春に紹介した、iPhone8用の液晶保護ガラスフィルムですが、使っているうちに、右端が浮いて来たのと、ひび割れしたので、タイムセールで安かったものを保護。

R0059127

何度押さえても、浮いてくる(^Д^)

R0059126

こちらがヒビ入ったもの。
やはり2枚で600円(こちらもタイムセール)ではだめだな。うち1枚は子どもにあげた。どうなってるか?(^^;)

R0059128

こちらが樹脂剥いて撮影した所。

R0059130

36か月保証という素晴らしい。

R0059131

内容物。フィルム2枚、なんとフィルムガイドまで付いています。すげ~。
黒いのは周辺パーツ。別参照。

R0059132

黒い封筒の中身。
取説(日本語)、拭き取りクロス、ごみや汚れを取るアルコール類、毛羽立ちや埃を取るリムーバー(シール)
真ん中の小さいのは、貼ったガラスに気泡が入っていたら追い出す押さえ。

R0059133

読まなかったけど、日本語でわかりやすく丁寧に書かれています。

R0059134

まず、前に貼ってあったガラスフィルムを剥がします。
ヒビが入っているので、外すときに割れてしまいますので手を切らないように。

その後、セロハンテープ(これが当社的に最強 笑)でガラスが貼ってあったエッジの汚れや剥がしたときに静電気で付いた綿埃などを取ります。

R0059135

ウエットシートで念のため画面を拭きます。
その後、セム革で拭いて、アルコール類の染みなどを拭き取ります。

R0059136

綺麗になったら、貼付ガイドをiPhone8にはめ込みます。
そもそも、iPhon8や他のスマホもエッジがラウンドシェイプ(湾曲)しているため、そこまで保護ガラスやフィルムが貼れなくなっていますので、このガイドがあると安心して、誰でも綺麗に曲がらすに貼ることができます。

R0059137

かぱっとはめたとこ。

R0059139

剥がしますと書いてあります。
剥がした方を、液晶面に貼ります。

R0059140

わかりにくいですが、ガイドに沿って置くだけです。

R0059143

自己吸着式なので、敢えて押さえなくても自然に張り付きます。気泡もできませんでした。
かりに気泡ができた場合でも、指かリムーバーでエッジに押しやることで気泡を除去できます。

R0059144

めっちゃ綺麗に貼れました。

このメーカーですが、落としたりしてひび割れたり、あるいは、貼るときに失敗してもちゃんと補償してくれるらしいです。

安心して使えます。

まじ、これ良いです(^Д^)

小型で低価格でも大出力Focus Bluetooth スピーカー ミニ(Dudios)

最近は、すっかりデジタル音楽に移行してそもそも昔で言うところのステレオコンポがなくなり、パソコンを使ったデジタルMusicの世界になっちゃっています。
音もBOSEのスピーカーなどを使えばかなり良い音がしますので。
音楽母艦として、あるいはiPhoneやAndroidマシンから音を流すなど色々使い勝手が良いです。

そんな中、小型でも5Wの出力が出るDudios Focus Bluetooth スピーカー ミニが年末に出ましたので紹介してみます。

R0059444

裏面です。技適マークがあるので安心して使えます。

R0059446

本体です。金属ボディですが凄く小さいです。
どのくらい小さいかというと。

R0059447

iPhone8とくらべるとこのくらい小さいです。

R0059450

三方はのっぺりしていますが、1ヶ所だけ、ストラップホールが付いています。

R0059449

こちらが裏面。
ロゴの上にあるのが電源+マルチファンクションボタン。
電源オンオフ、長押しでペアリングモード
再生中チョイ押しで、ポーズ、チョイ押しで再生。
電話等が来るとチョイ押しで、受話(マイク内蔵なので、アレクサと話しているみたいな感じ)チョイ押しで終話。
などができます。

ロゴ下にある、カミナリマークみたいなのが。

R0059451

充電コネクタ。
一応ゴムっぽい素材なので防滴風?

R0059456

充電中は、赤いLEDが点灯します。満充電になると消灯。
再生中は、青いLEDが点灯します。
ペアリングモード時は、青いLEDが点滅します。

R0059452

同梱品、本体、USB、ストラップになります。

R0059454

日本語もあるので安心です。

R0059455

ストラップをつけたとこ。

R0059457

ストラップ込みの重量は97.5g
小さいのに、昔のケータイくらいの重さがあるのは、アルミ風ボディだからかも知れません。

R0059458

ペアリングした所。Dudios Focusという表記になります。

R0059459

伊福部昭のシンフォニア・タプカーラより、Lent Molto Allegro

R0059460

年末なので、映画敬愛なるベートーベンサウンドトラックより、第九合唱。

この小ささで、モノラルですが5Wも出るので、かなり大きな音を鳴らすことができます。
また、音質はクリアで、中音主体ですが、低音から高音まで良い音が出ます。
バッテリーが長時間持つのも良いし、上のiPhoneとのリンクにも出ているように、バッテリーゲージがアイコンで出るのでわかりやすいです。
大出力が可能な割に、6時間(60%程度出力)も持つと言う優れもの。

これで、下記のお値段ですから、アウトドアなどをやる方にはぜひオススメです。
もちろん、インドアでもiPhoneやAndroid単体で鳴らすよりも遙かに音が良いので、ぜひどうぞ。


Nokia Steel HR 時計面のフィルムを替える

以前紹介時にも書いたと思いますが、Nokia Steel HRは文字盤(時計)面が、サファイアガラス等ではなく、しかも湾曲しているために、傷が付きやすい(あちこちぶつけそう)ので、フィルムを貼っています。

ところが、ほぼ三ヶ月ほど使ってみて、気になってきたのが、表面の小傷。

R0059145

上から見たとこ。
気にしなければ、特になんということはないですが。

R0059146

横から。

R0059375

張り直したところ。
ぴっかぴか~

R0059374

ベゼルの方が傷だらけだわ(^^;)

ちなみにこのフィルムタイプの奴ですが、貼った直後はエッヂ部分が波打っていますが、半日~1日位すると、自然吸着して、フィルムが貼ってないように見えます。
その間に使うと、埃などが入ってエッジ部がみすぼらしくなるので、半日~1日置いてから使うのが良いと思います。

TRUE WIRELESS単体3.5時間のTrueFree(soundPEATS)

soundPEATSさんから、低遅延、クリアボイスコール、ロングプレイのケーブルレスイヤフォン(TRUE WIRELESS)が出たので導入しました。

R0059377

表面(ちょっとピンボケ)

R0059378

箱裏に特徴が書いてあります。最初の行に書いた通りです。
しかも単体で連続3.5時間(従来2時間弱)、未使用時収納バッテリーケースを使うと最長15時間使えます。

R0059384

soundPEATSさんのTRUE WIRELESSにしては珍しく、蓋が付いていません。
逆にある意味斬新です。

R0059382

同梱品は、充電ケーブルmicroUSB_Bタイプ。とイヤピースが4種類。本体装備がMサイズで、予備がXS、S、Lとなります。

R0059381

取扱説明書は、日本語もあるので安心です。

R0059385

こちがバッテリーケースの背面になります。

R0059388

本体を引き出した所。
磁石が内蔵されているため、近づけると定位置に上手い具合に吸い付けられて、充電が開始されます。

R0059390

従来のsoundPEATS製品とほぼ同様ですが。デザインが一回り小さくなっていると思います。
耳への収まりは良いですし、耳に装着すると密閉性も高まります。

R0059392

背面はマット調で、soundPEATSロゴがあります。
周囲と境目があるのは、電源オンオフ、受話、終話、音楽再生停止などに対応しているためです。
また、この機能はLR各チャンネルで相互に機能します。

R0059393

横から。

R0059397

右が満充電になったところ。左は充電中。

R0059399

バッテリーケースを充電しているところ。
緑色のLEDが光ります。満充電になると電気が消えます。

ペアリングの仕方ですが、最初にR(右)チャンネルを外して、使いたい本体とペアリングします。
その後L(左)チャンネルを外すと自動的にRチャンネルとペアリングになります。
右チャンネルだけ、左チャンネルだけでも使うことができるので、運転中の待ち受けなどにも最適です。
音は、クリアですが、ドンシャリとか高音のみ、低音のみではなくて中音域なのでオールラウンダーっぽいでしょうか?


アルミのタブレットスタンド(LOMICOOL)

スマホスタンドが意外と良かったのと、タイムセールで安かったので保護。

R0059046

同じメーカーです。
なんで、こちらもほごしたのかというと、先日紹介したのはあくまでもスマホスタンド。
タブレットを置くと不安定です。
ということで。

R0059047

けっこうな肉厚です。

R0059048

角度も自由に替えられます。

R0059049

背面から。
この穴を通して、ケーブルを這わせれば充電スタンドにもなります。
エッジ部は面取りしてあるので、手が切らないように配慮されています。

R0059050

スマホスタンドと。

R0059051

全然作りが違います。

R0059053

横から。

縦にしても横にしても、安定しています。


アルミのスマホスタンド(LOMICOOL)

たまたまタイムセールだったので充電用に保護しました。

R0059024

ケースがユニーク。
中国製ですが。

R0059028

置くと、なんちゃてiMac風になります。

R0059030

iPhone本体が当たる部分には、ゴムのシールが貼ってあるので、傷が付きにくくなっています。

R0059031

こんな感じで角度も自由に替えられます。

R0059032

iPhone置いたとこ。

R0059033

見やすいように角度を変えたとこ。

R0059034

予備のゴムシールも付いているので、劣化したり、剥がれ安くなったときに安心して使えます。

iPhoneの母艦でのバックアップは暗号化モードで。

先日、iPhone8をMac Miniに接続し、購入したCDから楽曲を移そうと思ったときに、たまたま、アップデートがあります。
アップデートしますか?と聴いてきたので、「はい」を押してしまった(^^;)
ここ数回は基本的にスタンドアロン(本体でアップデート)していたので久々の母艦でのアップデートだった。
そのうち、上手くインストールできません、再試行します。という表示が出て、こちらも「はい」と回答して、アップしたが、同じように2~3回エラーを繰り返して、挙げ句の果てに、「エラーの原因が特定できません、工場出荷状態にします。」と、いきなり予告無しに、初期化されてしまった。
その時の注意が「安心して下さい、書記化後にインストールされるのは最新のアップデートされたものです」と釣れない返事。
おいらが聴きたいのは、そんな事ぢゃない。
失敗したから勝手に初期化するんぢゃねぇ。
そんなことしたら今まで延々記録していた各種健康データが「ぱあ」になるし、それ以外にGoogleやAmazon、マイクロソフトなどの認証アプリほか、SNSのデータ、キンドルほか書籍のIDが全部無くなってしまうぢゃん。
と言うこと。

たまたま、以前iPhone8のカメラ部が壊れた時に、新品交換するとなって、バックアップを暗号化していたので、データがクラッシュしても、大きな問題はなく復活しました。

R0059169

その時に設定していたのが、そのまま生きていました。

R0059170

履歴を見ても、前回不具合交換のために、バックアップしたのが10月24日。
それ以降のものが、全て鍵がかかっています。
これが、暗号化バックアップ。

どうも、前の設定を引き継ぐらしいです。

なので、Facebook、Twitter、LINEなどのIDやパスワードはそのまま移行してくれます。(たぶん)
このほか、IDを不正使用されないように二段階認証コードを生成するアプリ(Google、Amazon、マイクロソフトなど)もそのまま生きています。
あとは、電子書籍の認証、これも生きていました。

設定が必要になるのは、外部のIME(昔で言うところのFEP)、例えばATOKなど。
こちらは、新たにアプリから設定しなければ使えるようにはなりません。
あと、設定が必要なのは、SNSなどでの写真のアップロード(投稿)など。こちらも、設定が生き残らないので、いちいちリンクを許可するとか通信を許可するをしなければなりません。

但し、機種変の場合は、アプリケーションによって同時使用ができないシステムになっているので(LINEなど)、アプリケーションの設定を見て、一時解除とか、トーク履歴のなんとかなど(この辺LINEは詳しくないので、別途調べて下さい)を新機種で動くように、条件を外にやらないといけなくなります。
そこまで五月蠅いのはLINE位で(たぶん)、FacebookやTwitter、Instagramなどは、複数台のマシンでも同時に使用できるので、LINE以外は大丈夫かと思います。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ