電脳小物

進化したワイヤレスイヤフォンQ32(soundPEATS)

低価格で音に定評がある(個人的に)soundPEATSさんが、新型のワイヤレスイヤフォンQ32を出したので使ってみました。

R0056706

おしゃれな箱に入ってきました。
箱の説明はノイズキャンセリング、DSP(デジタルシグナルプロセッサ)付きとなっています。

R0056703

こちらは愛嬌。

R0056705

特徴。ケース付き、片耳4.7g(実測4.9gでしたが)、人間光学設計。

となっています。

R0056708

箱引き出したとこ。(本当はこの上に、使う前に充電してくださいという名刺状のカードがあります。

R0056709

箱から出したとこ。
左が母艦(充電バッテリー)と収納ケース。右の箱が周辺機器。

R0056710

充電ケース、下に見えるのがケースのバッテリーを充電するmicroUSBコネクタ。
ゲージはボタンの左右に2つずつ計4つあって、バッテリーインジケーター機能も持っています。

R0056711

蓋を開けたとこ。上蓋には、充電インジケーターが見えるように半透明になっています。(写真上の二箇所グレーの所)
本体があります。
たぶん箱が大きくなったのはバッテリー容量が若干増えたからだと思います。
こちらの写真ではバッテリーインジケーターが4つ点灯しています。

R0056716

Q29がストレートタイプのデザインだったのに対し、Q32は音の出るところが多少内側に寄った形になっています。
これ、装着時に楽です。
手塚治虫のひょうたんつぎみたいなデザインですが、金色の目の部分が充電端子になります。

R0056717

充電中は、赤いインジケーターが点灯します。
これはQ29と一緒です。充電が完了すると白いインジケーターが点き、たぶん完全充電されるとLEDが消灯すると思います。

R0056720

箱に入っていた物。巾着、取説、充電ケーブル、イヤピース(他サイズ等)

R0056721

細めのUSBケーブルなので持ち運びは苦にならないと思います。

R0056722

イヤピース予備並びに耳ひだ掛け用。各SMLがあります。デフォルトではノーマルイヤピースのMが装着されています。
私的にはMで丁度良いです。
人によっては、耳から外れちゃうひととか、ジョギングなどで使う人もいると思いますが、外れやすい人はフック付きのを使うと良いかもです。

但し、DSP(デジタルシグナルプロセッサ)搭載のノイズキャンセリング機能が付いているので、周りの音が聞こえにくくなりますのでご注意ください。(いやまじ)

R0056723

私的には基本読んだことがない取扱説明書ですが、手のひらサイズです。

R0056724

ちゃんと日本語も丁寧に書かれていますので、初めての方でもわかりやすいと思います。

R0056725

こちらがスペック(仕様)になります。
Bluetoothは最新型の5.0に対応しています。
因みにノイズリダクション(こちらは主に通話)がCVC8.0(最新規格)になっています。
またここには書いていませんが、パッケージには上にも書いたようにDSPノイズキャンセリングが搭載されているので、普通聞こえやすい余分な音が聞こえなくなっている機能が付いています。
連続再生時間は3時間。充電は1時間。充電ケースは9回充電可能なバッテリーが搭載されています。(2600mAh)
たぶん、前のQ29は2000mAhだったと思います。

R0056729

こちらが音声による通知の一覧です。
Q29とは若干違いますので、その辺も含めて記載してみます。
まず、電源を入れるとトーンと書いてありますが、ポーという音がします。(オフの時も音)
iPhoneなど母艦とペアリングモードでは、「ペアリング」と言います。
ペアリングが完了すると、「コネクティッド」と言います。
ステレオモードになると、左右同時に「コネクティッド」とハモります(^_^)

以前のQ29は、ペアリングができて「ペアリング」と言い、その後「ピロロロ~」みたいな音がして、「コネクティッドサクセスフル」その後、「レフトチャンネル」「ライトチャンネル」と言ってくれるので、わかりやすかったです。
その辺がカットされ、ハモって「コネクティッド」と言います。

ちょっと物足りないというか何というか。

R0056731

Q29(写真下)の充電ケースと。
因みに、Q32の充電ケース+本体で97.8g、Q29の充電ケース+本体で42.1gなので倍以上あります。

R0056732

横から見たとこ。

R0056733

蓋開けたとこ。

携帯性は、Q29の方が楽かもです。

R0056734

左がQ29、右がQ32
一回りQ29の方が大きいです。

R0056735

左がQ29、右がQ32
耳に入れやすいのがQ32、外の音も聞こえやすくて安心して外でも使えるのがQ29(^^;)
ノイズキャンセリングが強いと背後から自転車や電気自動車が来てもわかりませんから。

肝心の音ですが、全体的な透明感があって綺麗な音がしますが、ノイズキャンセリング機能が強すぎる感じがするので、映画などを見ていて、台詞部分が静かになって、背景音楽が流れているときは綺麗に来来れるというか(^^;)
それに対し、Q29は台詞でも音楽でも全体的にクリアに聞こえるのが面白いです。
ところが、Q32は音楽になると途端に高音質になるのが不思議。

あと、耳への装着感ですが、Q29の時は本体に対し耳に出る部分がストレートだったので、若干耳に装着しづらい感じがしていましたが、Q32は装着していて疲れないのが良いです。

 

因みにQ29は製造中止になっているようです。(類似メーカーのものも7000~10,000位するので、低価格かつ、長時間持つQ32はコスパ最高で、オススメです。

【詐欺被害(^_^)】15,000mAhあって超薄型のモバイルバッテリー(Kyoka)

この前無骨なアウトドア用バッテリーを紹介したばかりだというのに(^^;)

R0056531

タイムセールで、かみさん用に買ってみました。
というのも、以前かみさんがポールマッカートニーのライブを1人で見に行った時に、別に使わないから良いということで、3,000mAhのウスウスモバイルバッテリーを渡したら、開催までに一日中FBしまくって、結局予備バッテリーも使い果たして、帰りのバスの予約ができなかったという経験から保護した物です。

R0056536

開けたとこ、取説や保証書がちゃんと日本語になっています。たぶん中華製だと思いますが。

R0056537

何が良いかと言うと、薄い。軽い。
CheeroやAnkerのモバイルバッテリーが大きくてそれなりの容積を持っているのに対し、非常に薄い。
まあ、爆発するかどうかは、コメントからはわかりません。
CheeroやAnkerのように日本製セルを使っていないと思います。

R0056538

ちょいアップ。
こちらも、左どちらかが1.0A、どちらかが2.1A出力があるので、タブレットとスマホとか、USB充電式カメラなどと同時に充電できると思います。

R0056539

青色LEDのインジケーターですが、コネクタまで光が漏れています。

R0056540

裏面。

R0056541

中華製でした。ちゃんと定格書いてあるし。あと2018年製っぽいです。

R0056542

充電したら、4つめのゲージが点滅していたので、フル充電ではなかったようです。

R0056545

重さは、266gとスマホの倍くらいですが、見た目の薄さから、それほどの重さは感じません。

R0056543

大きさは、iPhone6sより少し大きい位。BlackBerrykeyoneよりは一回り小さいという感じです。

R0056544

横から。
こうやってみると、薄いでしょ(^0^)

こんど、あるところに行くのでどんな感じか試して見たいと思います。

 

違いがよくわからん。
タイムセールとポイント使って1500円だったからまいっかと。

Q35Pro その3比較編2(soundPEATS)

機能は、Q34と比較をしましたが、今度は、同社の別ブランドDudiosのZeusと形状が似てるなぁと思い、比較して見ます。
以前書いた記事は、低価格で高音質Zeus Bluetooth イヤフォン(Dudios)
こちらに詳しく載っていますが、箱からデザインからそっくりでした(^_^)

R0056571

左がZeus、右がQ35 Pro
同社の別ブランドだけあって、素材は同じ物を使っています。

R0056572

ケースのデザイン並びに開け方は違っています。

R0056573

左がZeus、右がQ35 Pro
比較しなければ同じものだと思ってしまいます。
少しお待ちください(^_^)

R0056574

左がZeus、右がQ35 Pro
リモコンは同じ物を使っています。

R0056575

当然、ブランドロゴは違います。

R0056576

左がZeus、右がQ35 Pro
ぱっと見、似てますが、外側のデザイン並びにハウジング(筒)の径がQ35 Proの方が少し大きいです。

R0056577

左がZeus、右がQ35 Pro
dudiosの方が凹んでいます。

R0056578

左がZeus、右がQ35 Pro
フックやイヤーキャップを外してみると、形状が違うのがわかります。
上から見ると、ハウジングの大きさが違うのが良くわかります。

R0056580

左がZeus、右がQ35 Pro
横から。

音の作りは、後発のQ35 Proの方が全体的にバランスが取れていて、良い感じだと思います。


 

左がZeus、右がQ35 Pro


Q35Pro その2比較編(soundPEATS)

比較編です。
とは言え、現行のQ34との比較です。

R0016555

左が今回紹介しているQ35 Pro、右が以前紹介したQ34
個人的にはパッケージングは、Q34の方が好きです(^^;)

R0016557

左がQ35 Pro、右がQ34
こうやって見ると一回り大きいです。
両方とも背面に磁石があります。

R0016558

Q34は、LR表記が本体に刻印されています。

R0016559

反対側から。上がQ35 Pro、下がQ34

R0016560

上から。
イヤフックの形状がちょっと違います。

R0016562

イヤフックを外してみたところ。
左がQ34、右がQ35 Pro
ハウジングの大きさがQ35 Proの方が大きいです。
その分音の広がりが良くなっているように感じます。

R0016563

左がQ34、右がQ35 Pro

R0016565

上がQ35 Pro、下がQ34

R0016561

イヤフォン背面。左がQ34、右がQ35 Pro右の方が加工が美しい。

音質は、一回り良くなっているように感じます。


 

左が今回紹介した物。右が以前紹介した物。


進化するBluetoothヘッドセットQ35Pro(soundPEATS)

低価格で、音質の良さに定評があり、こちらでも難度もいろんな機種を紹介しているsoundPEATSさんから、Q35Proが出ましたので紹介します。

R0016532

箱です。前のQ34とはまた比較しますが、パッケージが従来のようにシンプルになりました。
今まで表記がなかったProの文字が加わっています。

R0016534

裏面。
防滴とAACオーディオ(音の遅延がない、音が良い)を唱っています。
技適マークもあります。

R0016535

開けたとこ。英語と日本語表記で、簡単なシートが入っています。
こういうのは、特にブルートゥース初めての人には良いと思います。

R0016536

蓋を開けたら、カーボン調のケースが入っています。
個人的にはちょっと大きいような(^^;

R0016537

内容物一式。
取説、ケース(本体・充電ケーブル含む)、サイズ違いのアタッチメントとイヤピースになります。
私的にはデフォルト(標準)装備されているMで丁度良いです。

R0016538

てんこ盛り

R0016548

左から、襟などにケーブルを止めるクリップ。
隣の二つは、ケーブルの長さ調整のフック。
イヤピースは、上からXL、L、S、XS(Mは本体装着)と、サイズが多いのが良いです。
耳のひだにかけるフック(走っても落ちにくいようになっている)のLとS(Mは本体装着)
とカラビナ(ケースをカバンなどに引っかける用。
とまあ、至れり尽くせり

R0016539

本体と充電用USBケーブル。

R0016540

最近soundPEATSさんのマシンて、背面が磁石になっていてくっつくようになっている仕様が多いです。
聴かないときには、ネックレスのように引っかけておけば紛失しないという優れもの。

R0016541

リモコン+マイク。
左側が上にあたります。
+(ボリューム増、スキップ=長押し)
▼(マルチファンクションボタン、再生、停止、ペアリング)
-(ボリューム減、リバース=長押し、曲の頭に戻る)

R0016542

裏側は、soundPEATSさんのロゴと技適マーク

R0016543

横に充電用コネクタがあります。
防滴なので、しっかりパッキンされています。

R0016544

背面、soundPEATSロゴがエンボス加工されています。またRL表記も見えます。
まあ、リモコンがある方が右側なのでわかりやすいです。

R0016545

ハウジング。ハウジングは、φ10なのでそれなりの大きさ。

R0016546

イヤーフックを外したところ。

R0016547

ハウジングユニットが入っているのはメタルケースの中です。先端は樹脂。

R0016552

取説は多国語のページがありますが、ちゃんと日本語ページもありますので安心です。

R0016553

充電中のようす。充電中は赤く光っています。
すぐ隣がマイク。

R0016556

満充電は青くなります。

R0016567

初回に限り、電源を入れると自動ペアリングモードになりますので、soundPEATS Q35 Proを選んで接続。
別途マシンに接続する場合は、長押しでペアリングモードになります。
英語ですが、ちゃんとペアリング、成功(サクセスフル)、パワーオン、パワーオフと言いますのでわかりやすいです。安心して下さい。

R0016568

iOS(iPhone/iPad/iPod touch)に限り、ヘッドセットのバッテリー残量表示が出ます。

R0016569

クラシックのサントラ「愛と狂気のヴァイオリニスト パガニーニ」より。

肝心の音ですが、Proと唱っているだけあって、音が凄く良いです。
エイジングすればもっと良くなりますが、全体のバランスが良いです。
重低音から高音域までそつなくカバーしています。
中音とか高音(ドンシャリ)とかどちらかに片寄るのではなく、全体的に音を出してくれます。
かといって、物足りなさやパンチのなさなどはありません。
また、イヤホンはNC(ノイズキャンセラ)的な機能(擬似的だと思います、SONYのようにマイクで拾って完全に聞こえなくする訳ではないと思います)もあって、仕事に集中するためにかけて、音楽をかけるなんて事もできます。
全く聞こえない訳ではないのですが、例えば誰かがテレビをそれなりの音量で見ていて、Q35 Proで音楽を聴いていると、テレビの音は気になりません。
と言うくらいの遮音性は良いです。
が、全く聞こえなくなると外でのジョギングやウオーキングに支障を来すのでそれなりに聞こえます。
但し、大音量で鳴らしていると聞こえない可能性もありますので、その辺は自己責任でお願いします。

私はいつもボリュームは2~3位で十分なので(^^;)

比較編に続きます。

 

左が今回紹介した物。右が以前紹介した物。

低価格でヘビーデューティなモバイルチャージャー(CitaCita&Son)

たまたま、某所で表示価格の75%引きとか書いてあったので、騙されたと思って保護したのが・・・・

R0056390

素っ気ない箱です。Toughチャージャーとか書いてあります。

R0056391

裏は一応、日本語が書いてあります。
定格は12,000mAh
2台同時充電可能。LEDライト付き、何故かシガーライターも搭載
ソーラーチャージャー付き(あくまでも非常用)防水。
と書いてあります。

R0056393

開けるとすげ~重いものが出てきます。
右にあるのは充電用ケーブルと、持ち運び用のカラビナ。
でも、この重量に耐えられるリングかどうかは不明。

R0056394

横から。
横に定格が書いてあります。入力5V-2A、出力5V-2A
ソーラー入力が200mAh(なので、満充電よりも補助充電てところか)
容量は上に書いた様に12,000mAh

左側に何か蓋されたものがあります。

R0056395

上かしたかわからんけど、USBユニットが入っている方。
ゴムで蓋がされています。

R0056396

反対側はLEDライト。

R0056397

満充電ぽかったけど、ゲージは4つ、左の端のは別の表示っぽい。
ボタンは左が電源、右がLEDライト用

R0056398

LEDライトは、強弱、点滅、SOS点滅とあるようです。

R0056399

こちらが強。
結構まぶしいです。

枕元などに置いておけば、仮に家が崩れた時でもフラッシュライトで点滅させれば良いかなと。
停電の時でもライトがあると安心できますし。

R0056401

開けて見たら、シガーライター用の電熱器のようです。
喫煙は随分前にやめたので用がないですが、災害時などにティッシュや紙などを当てれば、ライターがなくても火が付けられるかも知れません。
すぐ横にあるのが、カラビナ用のフックなのですが、これは華奢すぎるのでたぶん無理だと思います。

R0056403

USBのゴムカバーを開けると左右に出力用左右とも2.0Aのものがあります。なので、タブレットやUSB対応のパソコンなどがあれば充電する事ができます。

真ん中のは、給電用のmicroUSBです。

R0056404

問題は重さで(^^;)
ヘビーデューティな分、329gと重いです。

この記事を書くに当たって、リンクをみたら5,980円になっていました。
少し前まで、キャンペーンなのか、2,980円で出ていました。あの安さは、キャンペーンだったからなのか?
そこから更にネットでの割り引きコードがあったので、私的には750円でこれが買えました。

取りあえず半月ほど置いていますが、発火するようすはないようです。
但し、チーロとかアンカーなどのそれなりのメーカーではないので、海外旅行には怖くて持って行けないので、非常用として使う予定です。

アンカーやチーロは、いつも色々な旅行に連れ歩いていますが、今の所発火や膨張、加熱などはしてないのでまた今度も持っていきたいと思います。

Amazon Echo dot その3比較編(Amazon)

恒例の比較編です。

R0056333

と言っても、Amazon Echo dot(左)と元祖Amazon Echoとの大きさ比較のみですが。
直径は一緒。
表面上の違いは、外周にできた溝(^_^)

R0056332

横から。
こんな小さいです。

R0056334

Echo dotが161gに対し・・・

R0056335

Echoは、821gもあります。
音質の違いは、360度全方位立体音響拡大スピーカーの有無。
これだけでそれなりの音が出ます。
また、なんかありましたら紹介します。

 

私が買ったのは4480円(^^;)
壁掛けホルダーなるユニットもあるようです。

Amazon Echo dot その2接続編(Amazon)

まず電源に繋ぎます。

R0056337

見にくいですが、回りのリングが青く光って、初期設定をします。

最初、Amazon Echoと繋げてあるBlackBerry keyoneと繋げようとしたら、既にAmazonEchoが繋がっているので探してくれないという(^^;)

因みに、アプリとの接続を促す時のリングカラーは、黄色というかオレンジ色のラインが回転します。

R0056339

仕方ないので、iPhoneにAmazon Echoのアプリを入れて、セットアップを。
最初にWi-Fiを開いて、AmazonEchoと紐付けします。
これはAndroidも一緒。

R0056340

マシンと紐付けできると、今度は、iPhone(Android)をまた、普段使っている無線LAN(Wi-Fi)に接続します。
つまり、家や使う場所でWi-Fiの接続環境がないと使えないという(^^;)

R0056342

このあと、AmazonのIDやパスワード、二段階認証などが必要になり、ようやく使えるようになります。

因みに、家に持って帰ったら、またWi-Fiが見つかりませんとなるので、同じように設定が必要になりました。(^_^)


 

私が買ったのは4480円(^^;)
壁掛けホルダーなるユニットもあるようです。


一般販売開始でecho dotを寝室用に保護 その1本体編 (Amazon)

会社で音楽を聴く用に、AmazonEchoノーマル版を置いてあって、リビングには、Google Home miniを使っているのですが(^_^)
キャンペーンで安かったので保護。定価なら買わないけど。

R0056320

前のAmazonEchoノーマルが巨大で重かったので、箱を受け取ってめっちゃ小さくてびっくり(゚Д゚)

R0056321

横。

R0056322

R0056323

横。
え?

R0056324

第2世代って?(^^;)
進化したのか?

R0056325

封印されています。

R0056328

内容物一式。
上左から
コンセント(アダプター)、microUSBケーブル
取説、Echo dot本体。

R0056329

本当に小さいです(^^;
こちらコネクタ部。外付けバッテリーでも行けそうだと思っていますが、上の箱に9Wと書いてあるので厳しいかな。
Echoノーマル版にはAUX端子はカバーがされていましたが、こちらは剥き出し。

Echo dotは、Bluetoothもしくは有線で外付けスピーカーと組んでステレオサウンドを拡張するのが前提のようです。
確かに、これ単体では音声は良くても、音楽としての機能は弱いと思います。

R0056330

ボタン類は初代と一緒。
マイクは前のは7箇所に穴があったのでわかりましたが、溝になったので、真ん中以外のマイクが何処にあるかはわかりません。

R0056331

横から。

 

私が買ったのは4480円(^^;)
壁掛けホルダーなるユニットもあるようです。

最初に導入したもの。こちらもどうも第2世代になったらしい。
こちらも初期のキャンペーンで買ったから7980円位だったと思います。

因みに、日経の記事を読んだら、AmazonEchoの一人勝ちだそうです。
シェアの8~9割とか。なんでかな?

接続編に続きます。


SONY SW3(SWR50)を予備に持ち歩く

別になくても良いのですが。
一応、予備用に持ち歩くために、あるものを導入。

R0056261

革のキーホルダーです。
あ、鍵入れは余分なので、会社のFitの鍵にはめて(^_^)

R0056304

こんな感じでぶら下げて使っています。

落とすともったいないので、普段はポケットに入れています。

 

買ったのはもしかしたらもうないかもしれません。
似たようなのをアップしておきました。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ