音楽

高音から重低音までそつなくこなすBluetoothヘッドフォンA1 Pro(soundPEATS)

低価格で高音質のイヤフォンを基本としているsoundPEATSさんですが、ヘッドフォンが出たので買ってみました。

R0016426

渋いパッケージです。
右下に表示されている25時間バッテリーが持ちますという表記が目を惹きます。

R0016430

開けたとこ。
取説類と本体。

R0016433

袋と、USB充電ケーブル、AUX用ケーブル、本体になります。

R0016434

残念なのがノーマル用のケーブル(金メッキではない)なので、もし有線でいい音を聴きたい場合は、音質に特化した金メッキのケーブルを別途用意すると良いと思います。

R0016425

使用前に充電しようとしたら、満充電でした。
充電中は赤、満充電で青になります。

R0016435

こちらが本体、A1 Proです。
なかなか洗練されたデザインです。

R0016436

ボタン類。
電源ボタンはなく、▲=マーク(再生、一時停止)ボタンを長押しすることで電源が入ります。
電源を入れると、パワーオンと言います。
初めて使用する場合は、Bluetoothサーチモードになります。
上がボリュームアップ(長押しでスキップ=一曲飛ばし)
下がボリュームダウン(長押しでリバース=曲の始めに戻る)
となります。

R0016437

外側は、soundPEATSのロゴになります。前の♬音符マークよりもこっちの方が良いと思います。

R0016438

左側が充電用USBコネクタ、右がAUX用のコネクタになります。

R0016439

ヘッドフォンの長さはここまで伸ばすことが出来ます。

R0016440

ドライブユニットは、40mmと大きいので、音が良いです。
しかも耳当てがぷにぷにしていてフィット感が良いです。
特に今は寒いので耳当て代わりにもなって暖かいです(^0^)

R0016442

バンドの付け根にLR表記がありますが、ボタンユニットが右側ですので、見なくてもわかります。

R0016443

ヘッドバンドはクッションはありませんが、軟らかな素材なので痛くないです。

電池の持ち。
バッテリーは、マジで持ちます。
てゆうか、往復6時間18切符で東京まで行って来ましたが、その間ずっと音楽をかけっぱなしでしたが、全然バッテリーの減りは感じられません。
それ以降も使っていますが、まだバッテリーロー、プリーズチャージという言葉は出て来ません。

流石に25時間起きっぱなしで、音楽を聴く事は無いので、1週間に一度くらい充電すればほぼ持つという感じです。

小さいヘッドセット類は、3~4日で1回充電する必要がありましたが、こちらは気がついたら充電するか、警告が出てから充電しても良いと思います。

肝心の音ですが、
ドライブユニットが大きいので、重低音が出ます。また高音域もちゃんと出ているので、全体的にバランスが取れた音がすると思います。
日本語以外のクラシック、ジャズ。サウンドトラック、ロックなどを主に聞いていますが、問題はありません。
また、ハイレゾ音源を再生してもちゃんと音が出ていると思います。

この値段で10日近く充電しなくてもいい音がするので、コスパ高いです。


もう一つのAIスピーカー、Google Home Mini その2設定起動編(Google)

昨日は、本体と箱の説明をしたので、今日は起動するまでを紹介します。

Img_20171217_1145204

昨日書いたように、電源のオンオフはありません。
USBコネクタに挿して、電源に繋げると自動に起動します。待機状態ね。
最初4色で点灯したのですが、すぐに白くなっちゃったので(^^;

まず、GoogleアプリをAndroidスマホまたはiPhoneにあるGoogle Home用のアプリをインストールします。

Img_20171217_1145276

はじめに、Homeへようこそという画面が出てきます。
写真はiPhoneでの設定。(基本的にAndroidでの設定も同じだと思います。

Img_20171217_1145459

基本、書いてある通りに進めて行けば、簡単にセットアップは完了します。
Bluetoothをオンにして、Google Home MiniとiPhoneを紐付けさせます。

Img_20171217_1146508

デバイスを検出しています。

Img_20171217_1146594

少しするとGoogle Home が見つかりました。このデバイスをセットアップしますか?と出ますので、iPhone画面下部の次へを押します。

Img_20171217_1147151

Google Home Miniに接続しますとなります。

Img_20171217_1147170

音が鳴るので、聞こえたらはいをクリック。だめなら左端の再試行をクリック。

Img_20171217_1147332

どこで使うか聴いてきます。
たぶんこれはマイクの感度などを調整するんだと思います。

Img_20171217_1147435

初期設定が終わると、今度は無線LAN(Wi-Fi)の設定になります。
あ、そうだ(^^;)、AmazonEchoもGoogle Home Miniも無線LAN環境がなければ使えません。

Img_20171217_1149540

ご自分の家又はオフィスの無線LANのAP(アクセスポイント)のパスワードなどを入力します。

Img_20171217_1149575

接続されると使えるようになります。

Img_20171217_1150002

説明がさらっと出てきます。

Img_20171217_1150088

次にアクセス情報の許可を行う設定になります。

Img_20171217_1150176

どういうことかと言うと、住所の設定。
これは、天気や電車バスなど公共交通機関の遅延情報などを正確に探って、案内するためのものです。

Img_20171217_1150277

音楽は、いくつかのアンリミテッド系で登録ができます(有料)

Img_20171217_1150372

ここまで来たら、アップデートの確認とダウンロードが始まりました(^0^)

Img_20171217_1151031

これには若干時間がかかりますが。

Img_20171217_1152218

アップデートが完了すると、これで晴れて使えるようになります。

Img_20171217_1152278

チュートリアルです。

Img_20171217_1152361

調べるとか。

Img_20171217_1152394

Googleカレンダーを使っていれば、スケジュールの確認、予定の変更。今日の予定など一通りできます。
朝起きたら、おーけーぐーぐる。今日の予定は。とか言えば、いちいちアプリを起動してみたなことをしなくても服着替えながら今日の予定を確認できます。

Img_20171217_1152426

何時に起こして、とかタイマーをセットしてとかもできます。

Img_20171217_1152555

一通り設定し、チュートリアルが終えると即使えます。

Img_20171217_1153529

AmazonEchoのアンリミテッドと同様、Google Musicも、ほぼ同じ曲が使えます。
Amazonプライムだと最新のアルバムは聴けませんが、AmazonMusicアンリミテッドやGoogle Musicだと、発売されたばかりのアルバムも聴くことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 

紹介しているのは左のチョークという色。チャコールだと黒そうだったので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home グーグル スピーカー
価格:12500円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


店によって値段が違いますので色々調べて見て下さい。

残念ながらライバルのAmazonでは(^0^)取り扱っていないというか、あっても出入り業者で高いです。

ネットラジオレコーダーver7

常時使っている訳では無いのですが、随分前からスマートフォンなどでもラジオが聴けるようになっています。
でも、必ずしもその時間に聴ける環境にあるわけでもないので。
結局タイマー録音をしてしまいます。

また、某NHKFMでは、時々今日は一日〇〇三昧という、これがアニソンであったり、映画音楽であったり、Jazzであったりします。
流石に一日中、たいがい午後から深夜までというのが多いのですが、それもずーっと張り付いているわけにもいかず。
取りあえず録ってみて、必要ならHDDや音楽プレーヤーに保存すればいつでも聴けるし、用があるときには止めておけるので。
と言うことで、数世代前から使っています。

R0054598

アップグレード版が、めっちゃ安く買えたので。保護。

R0054599

こちらが裏面。

R0054601

海外のラジオも聴けるオマケCDが付いてきました。

Radico6_1

こちら前のVer6。
でもアップデートして7相当になったので、本当は要らないのですが。
うちにパソコンが複数台あるので、というのと、WindowsとMACどちらでも3台入れられるので。

上は6
 
 

こちらが7、右は既に何かしらのネットラジオレコーダー古いバージョンを持っている人向け。

Amazon ECHO その2設定・使用編

AmazonEchoですが、セットアップにはスマートフォンが必要になります。
スマートフォンからアプリをダウンロードします。
最初iPhoneで設定しようとしましたが、iPhoneの評価が★★と殊の外低く、iPhoneで設定が上手く行かなかったので、BlackBerry(Android)から登録しました。こちらはすんなり(^^;

R0055274

まず、アプリを立ち上げて、先にAmazonEchoのWi-Fiと接続します。
写真は撮っていませんが、時々接続が切れてしまうことがありますので、その場合は。

20171203_115248

写真右側の〇を長押し(5秒位)して、セットアップ(もしくは再セットアップ)をする必要があります。
たぶん接続が切れちゃったのは、会社に置いてあって、家でAmazonEchoアプリを開いたからだと思います。

R0055272

AmazonEchoに接続しましたと出ます。
その後、今まで使っていた無線LANと繋ぐ必要があります。

R0055273

こちらね。

R0055275

するとセットアップが完了します。

オッケーGoogleみたいに、聴き取り準備をする言葉として「アレクサ」と呼びかけて、「〇〇して」と続けます。

「アレクサ」と呼びかけると。

20171203_115248_2

青水色にリングが光ります。
この状態で、聴き取り準備ができます。(写真は再掲)

「アレクサ、今日の天気は?」と言うと、さっと調べて。
音声で答えてくれます。

R0055269

アプリでも表示されます。

「アレクサ、フラッシュニュースは?」と言うと、
直近のNHKニュース(たぶんラジコから)を拾ってきて、NHKアナウンサーがしゃべってくれます。

R0055276

「ビートルズかけて」「ボン・ジョビかけて」とか色々好きな曲を再生してもらえます。
アバウトに言うと、適当にオススメの音楽を再生してくれるので、仕事し流れでもBGM的にながすことができます。

R0055271

取りあえず1か月は無料でアマゾン、ミュージックアンリミテッドが聴き放題。
でもって、こちらのメリットがAmazonEchoバージョンだと月額380円?だっけ?で利用できます。
ミュージックアンリミテッド個人用だと980円なので、これはオススメかも。

現時点では一部の電子機器しか対応していませんが、そのうち「電源を点ける」「エアコンをつける」などができるようになるので、可能性は高まります。

今時点では、クックパッドのレシピや料理の作り方を教えてもらう。渋滞情報、交通情報など、ラジオだと決まった時間で聴くしかないですが、パソコンやスマホを見ながら調べることなく、こえをかければ音声で案内してくれるのは良いと思います。

マジすか!この低価格でハイクオリティサウンドB30(soundPEATS)

低価格で、高品位な音を提供してくれるsoundPEATSさんがまた、新しい商品を出しましたので、紹介します。
今度もマジすか!というくらい音の切れが良いものです。

R0055005

このカッコイイパッケージ。
ちなみ、soundPEATSさんは、工場は中国にありますが、設計やデザインはアメリカなどでも行っているため、昔のようにダサい、安っぽいというものではなく、洗練されたデザインでの提供も行っています。

R0055008

蓋を開けた時の見せ方も、おお~っ、やるな~ってなります。
これで、いくらだと思います?(^^;
お値段なんと1610円(当社調べ)
って、どっかのタカネット・ジャパタみたいになってる(^0^)

R0055009

イヤピース郡。こちらに出ているのはSとL、標準装着がM。

R0055010

ケースを出したらまた更に周辺パーツが。

R0055011

こちらが出したとこ。
左から、シャツクリップ。
上、XSのイヤピース。最近増えていますね。耳穴が小さい人向け。
下の4つは、耳のくぼみにひっかける奴。

R0055013

取説も(基本イヤフォンには要らないのですが)、日本語対応しています。

R0055014

電話を受けるときのリモコン操作

R0055015

耳くぼみ用フックの装着の仕方。

R0055016

こちらが耳くぼみ用フック。

R0055017

背面。soundPEATSロゴ。

R0055018

比較的に大きめの音の出口。

R0055019

LR表記は内側なので、大きめのしかも刻印になっていて見やすいです。
まあ、そうでなくても、傾斜しているのでわかりやすいですが。

R0055020

耳のくぼみフックを外した所。
内向きになっているので、装着感は良いです。
しかもハウジングが大きいので、重低音から高音まで、凄く良いバランスで鳴らしてくれます。

このクラスとしては、たぶんお世辞抜きで5000~10,000円クラスと言っても過言では無いと思います。
それが1,610円(^^;

電車とか見ていても、普通にというか未だに同梱品のイヤフォンを使っている人が多いのですが、もっと良い音がするイヤフォンを使うべきです。

R0055021

別アングルから。

R0055022

イヤフォンジャック部の背面にもsoundPEATSロゴがあります。

R0055023

リモコンマイクも付いているので、三層式になっているジャック。

R0055024

こちらが、イヤフォンマイクと受話(通話)部分のボタン。
残念ながらというか、マイクに関係の無いWALKMANはオンオフ等のボタンは効きませんでした。
安心してください。iPhoneとBlackBerry keyoneではオンオフもできたし、音がすごく良く聞こえます

R0055025

裏面。

R0055026

普通、この価格帯には袋が付いてきませんが、イヤフォン収納袋も付いているという、至れり尽くせりの高パフォーマンスマシンです。

音の感想
ハイレゾ音源もクオリティが高くなります。ハイレゾの認証がなくても、十分音は出せます。
文中にも、端々に書きましたが、まずびっくりするほど音が良い。エイジングしたらどんだけ伸びるんだろうという位音が良い。
1,500円クラスだと、音がこもっていたり、高音だけとか中音だけとか偏りがあるのですが、ボリュームを上げても音割れすることもなく、しっかり楽器を分解してくれて再生するので、高価格帯のイヤフォンと比べても負けません。
てゆうか、たぶんこれ、黙って音がうるさそうな人に聴かせてみて、値段聞いたらきっと高めに言うと思う。
てゆう位音の分解能力が優れています。

これは気になる点
個人的に、マイクは要らない。マイク部がエリに当たって、タッチノイズが稀にするのが気になります。
このデザインで、マイク無しバージョンを作ってもらって、ハイレゾのロゴが使えるようになれば大ヒット間違いなし、という位すごい。

べた褒めしてますが、マジ凄いっす。

超絶コスパの高いハイレゾ対応イヤフォンCP-IE300H(campino audio)

ネットで噂になっているのかわかりませんが、Amazonでは3600円前後、某所で2200円で買えたので試しに買ってみました。

R0054618

シンプルな箱。
右下にはハイレゾ対応のロゴ

R0054620

一応、日本オーディオ教会のハイレゾ定義に準拠している云々と書いてあります。

R0054622

同梱物一色。
イヤフォン本体、イヤピース、日本語取説、収納袋。

R0054621

前後しますが、こんな感じでパッケージングされていました。
これは黒ですが、シルバーモデルがあります。

R0054623

イヤピースは、本来SMLで、Mが標準搭載されているのが一般的ですが、なんとXSまで入っていました。
親切丁寧です。
全員がSML規格に準拠した耳を持っていないのでこういう配慮は助かります。
特に耳穴が小さかったり入り口で曲がっている人などは良いかも。

R0054624

メーカーロゴ。
どうみてもCDのロゴにしか見えないヾ(^ )コレコレ

R0054630

ハウジングは左右同デザインなのでぱっと見わかりにくいですが。

R0054625

内側にLRの刻印があります。
紐がわかりにくいですが、断線しにくいしっかりした素材で作られています。
また絡みにくくなっています。

R0054626

ハウジングはそれなりに大きく、かつアルミ削り出しなので、音が良いと想像されます。

R0054628

イヤピース外したとこ。
それなりに口径は大きいです。

R0054631

暗い中で左右がわからないと困るので、Lch(左側)に突起があり、手で触るだけでわかるようになっています。

肝心な音ですが、全体のバランスが良い満足度が高いイヤフォンです。
高音も低音も良い感じで鳴ってくれます。
これならハイレゾと唱っても安心して聴けます。

エイジングもそれほどしないのに、いきなりJazzのベースが耳元で唸るわ。ピアノが追っかけてくるわ、臨場感が凄すぎ。

あるラーメンの宣伝みたいで、嘘だと思ったら使ってみて下さいですな(^^;
マジパネェっす。
耳が合わない場合は低反発ウレタンイヤピースをすればもっと良いと思います。

評価が190件位あって4.5って凄くね?

  

この辺は好みで。


DA変換器(ヘッドホンアダプター)を導入(BLUPOW)

昨日紹介した光ケーブルですが、そのままでは使えないので、DA(デジタル アナログ)変換器を導入しました。
とは言え、このマシンで、デジタル=アナログだけでなく、デジタル=デジタルも行けるので。

R0054470

こんなの。インプット側から見た写真。

R0054465

正面から。
左が電源+ボリューム、光ケーブル(Toslink形式とCoaxial形式)の切り替え可能。電源コネクタ。

R0054469

アウトプット側から見た写真。

R0054466

正面から。
左から、3.5φイヤフォンコネクタ、オーディオアナログコネクタ、Coaxial光コネクタ、Toslink光ケーブルコネクタ。
になります。
左3つはアナログ。

R0054467

必要なのは、こちら側。

R0054468

こんな感じで、かちっと填まります。

R0054471

電源が安っぽいですが、音がちゃんと転送できれば無問題です。

さて、お楽しみです。
続きます。

欲しいと思うマシンというか、パーツがすぐに見つかるのが良いです(^^;

ハイレゾから4KまでPCで再生できるマルチな ZEUS PLYER

簡易的にPCで動画を閲覧するとか、普段からハイレゾ音源をPCにため込んでいる関係で、安いときに保護しました。

R0053918

ゼウスプレーヤーです。
PC自体が4Kに対応していないのであれですが。
Windows10になって、対応する動画プレーヤーが減ってしまったこと、またMACでもBlu-ray再生したい時に重宝するかなと思って導入。
注:アプリ自体は、WinとMacは別々。
キャンペーン安かった当時は3割引だったので、双方保護です。

R0054045

起動時の画面はこんな感じ。
左の緑のは、PC内のファイルを開く奴。
ハイレゾ音源も開きます。(最も、ハイレゾ音源はWALKMANのMedia Goでも再生できますが)

右側に見えるのは、Blu-rayプレーヤーにディスクを入れたもの。

ちょっと光彩が派手ですが、まあPCでBlu-rayも見られるということで。

通販限定のようです。
リンク先には、体験版もあります。
2000円ちょっとでハイレゾとBlu-ray、4K(対応があれば)がつかえるという大変お得なアプリです。

サブウェイパニックインポート版サウンドトラック

サウンドトラック繋がりで(^^;
めっちゃ高騰していたサブウェイパニックのサウンドトラックですが、たまたまアメリカの中古屋さんで安く出ていたので保護。

R0053701

これこれ、探していたの(^^;

R0053702

こちらが裏面。

R0053703

中。
映画のポスターがこちら(左側)

R0053705

CD裏面のジャケットもいいです。
映画を知っている人はにやりとする。

R0053707

冊子もちゃんと丁寧に作ってあります。

やはりリンクには出て来ませんでした。


パリは燃えているか?Ost: Is Paris Burning CD, Import 2016版

モノクロ映画なのですが、ドイツ軍末期、パリ解放前から開放に向けての映画のサウンドトラックです。
以前DVDは紹介しましたが、最近海外版ですが復刻されたらしく保護しました。
とは言え少し前のお話ですが。

R0053641

こちらがジャケット。

R0053642

こちらが裏面。
国内盤ではなくて、海外版です。
しかも、豪華2枚組
二枚目には、「将軍たちの夜」「大列車作戦」 「ダンケルク」「地獄に落ちた勇者ども」が入っているという。

R0053643

一枚目

R0053644

二枚目

R0053647

解説も手厚いです。

こちらはDVD版

残念ながら、パリは燃えているか?やサウンドトラックなどでは出てきません。

Ost: Is Paris Burning CD, Import

こちらをコピペして探して下さい。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ