音楽

超絶コスパの高いハイレゾ対応イヤフォンCP-IE300H(campino audio)

ネットで噂になっているのかわかりませんが、Amazonでは3600円前後、某所で2200円で買えたので試しに買ってみました。

R0054618

シンプルな箱。
右下にはハイレゾ対応のロゴ

R0054620

一応、日本オーディオ教会のハイレゾ定義に準拠している云々と書いてあります。

R0054622

同梱物一色。
イヤフォン本体、イヤピース、日本語取説、収納袋。

R0054621

前後しますが、こんな感じでパッケージングされていました。
これは黒ですが、シルバーモデルがあります。

R0054623

イヤピースは、本来SMLで、Mが標準搭載されているのが一般的ですが、なんとXSまで入っていました。
親切丁寧です。
全員がSML規格に準拠した耳を持っていないのでこういう配慮は助かります。
特に耳穴が小さかったり入り口で曲がっている人などは良いかも。

R0054624

メーカーロゴ。
どうみてもCDのロゴにしか見えないヾ(^ )コレコレ

R0054630

ハウジングは左右同デザインなのでぱっと見わかりにくいですが。

R0054625

内側にLRの刻印があります。
紐がわかりにくいですが、断線しにくいしっかりした素材で作られています。
また絡みにくくなっています。

R0054626

ハウジングはそれなりに大きく、かつアルミ削り出しなので、音が良いと想像されます。

R0054628

イヤピース外したとこ。
それなりに口径は大きいです。

R0054631

暗い中で左右がわからないと困るので、Lch(左側)に突起があり、手で触るだけでわかるようになっています。

肝心な音ですが、全体のバランスが良い満足度が高いイヤフォンです。
高音も低音も良い感じで鳴ってくれます。
これならハイレゾと唱っても安心して聴けます。

エイジングもそれほどしないのに、いきなりJazzのベースが耳元で唸るわ。ピアノが追っかけてくるわ、臨場感が凄すぎ。

あるラーメンの宣伝みたいで、嘘だと思ったら使ってみて下さいですな(^^;
マジパネェっす。
耳が合わない場合は低反発ウレタンイヤピースをすればもっと良いと思います。

評価が190件位あって4.5って凄くね?

  

この辺は好みで。


DA変換器(ヘッドホンアダプター)を導入(BLUPOW)

昨日紹介した光ケーブルですが、そのままでは使えないので、DA(デジタル アナログ)変換器を導入しました。
とは言え、このマシンで、デジタル=アナログだけでなく、デジタル=デジタルも行けるので。

R0054470

こんなの。インプット側から見た写真。

R0054465

正面から。
左が電源+ボリューム、光ケーブル(Toslink形式とCoaxial形式)の切り替え可能。電源コネクタ。

R0054469

アウトプット側から見た写真。

R0054466

正面から。
左から、3.5φイヤフォンコネクタ、オーディオアナログコネクタ、Coaxial光コネクタ、Toslink光ケーブルコネクタ。
になります。
左3つはアナログ。

R0054467

必要なのは、こちら側。

R0054468

こんな感じで、かちっと填まります。

R0054471

電源が安っぽいですが、音がちゃんと転送できれば無問題です。

さて、お楽しみです。
続きます。

欲しいと思うマシンというか、パーツがすぐに見つかるのが良いです(^^;

ハイレゾから4KまでPCで再生できるマルチな ZEUS PLYER

簡易的にPCで動画を閲覧するとか、普段からハイレゾ音源をPCにため込んでいる関係で、安いときに保護しました。

R0053918

ゼウスプレーヤーです。
PC自体が4Kに対応していないのであれですが。
Windows10になって、対応する動画プレーヤーが減ってしまったこと、またMACでもBlu-ray再生したい時に重宝するかなと思って導入。
注:アプリ自体は、WinとMacは別々。
キャンペーン安かった当時は3割引だったので、双方保護です。

R0054045

起動時の画面はこんな感じ。
左の緑のは、PC内のファイルを開く奴。
ハイレゾ音源も開きます。(最も、ハイレゾ音源はWALKMANのMedia Goでも再生できますが)

右側に見えるのは、Blu-rayプレーヤーにディスクを入れたもの。

ちょっと光彩が派手ですが、まあPCでBlu-rayも見られるということで。

通販限定のようです。
リンク先には、体験版もあります。
2000円ちょっとでハイレゾとBlu-ray、4K(対応があれば)がつかえるという大変お得なアプリです。

サブウェイパニックインポート版サウンドトラック

サウンドトラック繋がりで(^^;
めっちゃ高騰していたサブウェイパニックのサウンドトラックですが、たまたまアメリカの中古屋さんで安く出ていたので保護。

R0053701

これこれ、探していたの(^^;

R0053702

こちらが裏面。

R0053703

中。
映画のポスターがこちら(左側)

R0053705

CD裏面のジャケットもいいです。
映画を知っている人はにやりとする。

R0053707

冊子もちゃんと丁寧に作ってあります。

やはりリンクには出て来ませんでした。


パリは燃えているか?Ost: Is Paris Burning CD, Import 2016版

モノクロ映画なのですが、ドイツ軍末期、パリ解放前から開放に向けての映画のサウンドトラックです。
以前DVDは紹介しましたが、最近海外版ですが復刻されたらしく保護しました。
とは言え少し前のお話ですが。

R0053641

こちらがジャケット。

R0053642

こちらが裏面。
国内盤ではなくて、海外版です。
しかも、豪華2枚組
二枚目には、「将軍たちの夜」「大列車作戦」 「ダンケルク」「地獄に落ちた勇者ども」が入っているという。

R0053643

一枚目

R0053644

二枚目

R0053647

解説も手厚いです。

こちらはDVD版

残念ながら、パリは燃えているか?やサウンドトラックなどでは出てきません。

Ost: Is Paris Burning CD, Import

こちらをコピペして探して下さい。


1ランク上でも低価格聴きやすい有線イヤフォンB50(soundPEATS)

先日、花梨を使用したウッドハウジングのB20を紹介しましたが、今度は1ランク上のB50を紹介します。

R0053451

こちらのイヤフォンも、木製ハウジングを採用しています。木の素材は何かは表記されていませんが。
高級感あふれるデザインです。

R0053430

パッケージ
シンプルだけど、重厚そうなデザインです。

R0053457

蓋開けたとこ。
なんかどこかの今は亡きiPodみたいなデザインです。

これだけで使い方がわかるというか。
まず、いくつかのBluetoothイヤフォン(ヘッドセット)で採用されているマグネット式の収納。
耳のヒダ(しわ?)にはめ込むスポーツタイプ。(この手のデザインは、BOSEでもイヤピースで採用)
と言う訳で、Bluetoothがいやな人向けです。

R0053431

横にもアイコンが描かれているので、わかりやすいです。

R0053435

興味がある人は、スペックです。

R0053437

収納状態。

R0053438

同梱品。
装着されているのはMで、SとLが袋に入っています。
ちゃんと耳装着用ユニットにサイズが書いてあるのでわかりやすいと思います。

R0053440

ケースから出したとこ。

R0053441

イヤフォンジャックはφ3.5mmの標準ミニジャックです。(まあ言わずもがなですな)
金メッキだし。

R0053443

LR分岐部分も金属部品が使われていて、しっかりしています。
ケーブルも今流行の半透明樹脂(B20よりはスモークがかかっています)です。

R0053444

背面部、この部分は金属です。磁石が入っています。

R0053446

こんな感じで収納できます。

R0053448

全容。

R0053450

塗装でわかりにくいのですが。
どうもハウジングは木製ハウジングのようです。

R0053451_2

色の薄い方を撮ってみた。

R0053452

結構口径が大きいです。

R0053453

LR表記もあります。

肝心の音ですが、先日紹介したB20で若干物足りないと表記した重低音がこちらではしっかりと鳴ります。
良い感じです。
高音域も広がりがあり、全体のバランスが良い感じです。
エイジングが完全に済んでいない状態でこれだけの音が出るのは流石soundPEATSです。

 

重低音重視ならB50、高音重視ならB20という選択肢はありです。
ただし、耳のひだ?しわ?が特殊な形状の人などはB50は使いにくいかも知れません。
その場合は、フック部を外して装着というのもありだと思います。

とにかくどちらもコストパフォーマンスの高いイヤフォンになります。
オススメです。
二つ持っていて、鞄を換えても大丈夫にするとか、その日の気分や天気で変更するとか、運動時はB50、室内で聴くにはB20などでも十分ありです。
因みに、当初1,980円で売ってたのが、今は1,620円なのでかなりオススメ。

重低音も入った三次元に広がるアウトドア対応スピーカーP5その2比較・感想編(soundPEATS)

P5の続きです。

R0053407

充電中の様子。充電中はsoundPEATSロゴが赤く光ります。

R0053411

満充電(充電が完了)になると、緑になります。

R0053414

電源をオンにすると、青に光ります。
上のランプもインドアに光っています。
モードボタンを押せば、インドア、アウトドアの切り替えができます。

起動音は、今までの「電源をオンにします」という声ではなく、和音が鳴ります。
ちょっと大きめの音ですが、不快になるような音ではないので良いと思います。
電源オフも同様です。

初回のみかわかりませんが、電源オンにすると、ペアリングモードになりました。
もしかしたら、別のマシンと設定するときには長押ししないといけないかも知れません。

R0053415

アウトドアランプが点いたとこ。

R0053417

Classic(ハイレゾ音源)を聞いたトコ。
すげ~重低音が響いて音の広がりが良いです。
因みに、アウトドアモードになると、重低音は低めになり、音全体が高めに設定されるようです。
たぶん、自然界ではいろんな音があるので高音が強調されるのだと思います。

R0053420

横にして効いてみます。
音楽はこちらもクラシック(ハイレゾ音源)

R0053422

ボーカル(こちらもハイレゾ音源)もそつなくこなします。

音がクリアであると共に、全体のバランスが良いです。

R0053427

大きさのイメージとしては、500mlのペットボトルを一回り太くした感じです。

R0053403

説明は日本語なので、戸惑うことはないと思います。
これで初めて知りましたが、スピーカーカバー(布部分)が外れるようです。

R0053404

こちらがスペック。
4000mAhバッテリーなので、再生時間は7~8時間が可能ということで、外のイベントやキャンプなどでも重宝すると思います。

P4との比較

R0053393

以前提供頂いた、P4との比較です。
箱から一回り大きくなっています。

R0053394

丁度ボリュームダイヤル分が大きい感じになります。
P4も音が良いのですが、P5はそれ以上に重低音が強調されていますので、結構音にうるさい人にも喜ばれると思います。

R0053395

ボトム部。
P4はボトム部に電源ボタンがあります。
P5はウーハーというかX-BASSスピーカーになります。

R0053397

トップ部
基本同じですが、P4のダイヤルはエッジの溝が入っている部分をぐるぐる回す形になります。
インドアモード、アウトドアモードの切り替えはP5のみです。

R0053398

P5は582g

R0053399

P4は473g
で、100g重くなっています。
持ち運びに軽い物を選ぶか、音が1ランク良い物を選ぶかだと思います。

メッシュカバーを開けてみました

R0053428

正面から向かって左側には、2スピーカーあります。
下にツィータ、上に楕円スピーカーがありました。

R0053429

右側にはツィータが1つです。
下のX-BASSスピーカーと合わせると4つのスピーカーが搭載されていて、360度のバランスが良い音づくりができるようになっています。


重低音も入った三次元に広がるアウトドア対応スピーカーP5(soundPEATS)

以前P4を試しましたが、進化形のP5です。
soundPEATSさまより提供頂きました商品を体験して紹介しています。

R0053372

パッケージが目を惹く良い感じのデザインです。

R0053375

基調はシルバーベースなので写真に写りにくい(^^;
特徴がかいてあるので、取説をみなくてもだいたい雰囲気はわかります。
Bluetooth接続
ハンズフリー通話可能
4000mAhバッテリー搭載で連続7時間再生
重低音
雨などでも対応可能な防滴仕様IPX4(水が若干かかるくらいなら大丈夫的な。
インドア、アウトドアモード搭載です。

って全部書いちゃったら後が(^0^)

R0053377

開けたとこ。取説があります。日本語です。

R0053379

スポンジを外すと本体と右箱(ケーブル類)

R0053380

持つとずしりと重いです。

R0053381

デザインはアメリカ、製造は中国となっています。

R0053382

技適もあります。

R0053383

コネクタ部分。

R0053384

充電とAUX(有線入力)があります。
この部分は防滴にはなっていないので、水がかからないようにして下さい。

R0053386

縦にしたときにボトム部に当たる部分。
ここになんとX-BASSスピーカーが搭載されていました。(いわゆる重低音担当スピーカー)
最初さりげに触ってヌルって奥に動いたのでびっくりしてみたらスピーカーだった件
強く押すと壊れますので気をつけて。

R0053387

こちらが正規で言うところの、メイン部。
後ろから紹介しちゃった(^^;

R0053388

主要電源とマイク(ハンズフリー通話時)、アウトドア、インドア仕様モード。
電源長押しでペアリングモードになります。

R0053388_2

左右に見えるのが布製(メッシュ)製のスピーカーカバー。
初めて知りましたが、これ外れるらしいです。

R0053389

上の部分。
なんか、コーヒーポットの蓋みたいですが、この部分がダイヤル式のボリューム上げ下げ部分。

R0053392

上の部分は、タッチパネルになっていて、soundPEATSロゴの左右で、スキップ、リバースができるようになっています。

あと、モード確認用のインジケーターも上で確認できます。

R0053391

この部分のダイヤルをぐりぐり回します。

長くなったので続きます。

 

左が紹介している高音質三次元スピーカー
右がなんと、3Rdパーティによる専用スピーカーケース。びっくりです。
但し表記以外に送料がかかります。なんか靴下や100円ショップの袋とかに入れて持ち運べば良いような気もしますし、そのまま運んでも落としたりぶつけなければ問題ないと思いますが。

こちらが以前紹介したP4
改良型とあるのは、「電源をオンにします」という様々なコマンドが、ボリュームを下げているにもかかわらずマックスに言ってしまうので、使うのが少し恥ずかしかったP4が静かになった版です。

流行の木製ハウジングを活かしたまろやかな音作りのB20(soundPEATS)

低価格で、かつ上質な音作りの製品を沢山提供しているsoundPEATSから、木製ハウジングの有線イヤフォンが出ています。
soundPEATSさまより、商品提供を頂いてレポートしています。

R0053342

木のハウジングが見えるパッケージです。

R0053351

ハウジング部の拡大

R0053354

裏面。
英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のみの解説です。

R0053356

主な仕様

R0053358

1年保証です。

R0053359

底面にAPPLEの認証を受けた表記があります。
これ、Bluetooth系のヘッドフォン(イヤフォン・ヘッドセット)には記載がありません。

R0053360

正面の左肩にもiPhone、iPod、MP3、CD対応が書いてあります。

R0053362

同梱品は、イヤピースのみ。
他のBluetoothのイヤフォンのようにケースは付いていません。
その分お値段が遙かに安いので良いですが。

R0053363

LR表記はハウジングの付け根部分にありますが、ぱっと見わかりにくいので、装着時には確認が必要です。
あと、花梨(かりん)の木を使ったハウジングなので、一つ一つ木目というか、柄が違います。(当然ですが)

参考までに、花梨(かりん)の木は、硬くて家具や仏壇、フローリングなどに使われている良い木です。
と言うことで、花梨を使ったハウジングは良いと思います。
万年筆にもあります。

R0053365

ケーブルも、従来の黒のビニールではなく、半透明のケーブルを使っており高級感が出ています。
流石に、廉価版なので、ハウジングとケーブルを交換することはできません。

R0053366

分岐部にB20表記があります。

R0053368

弾力もあり、絡みにくい素材のような感じがします。

R0053369

接続端子もこの価格で金メッキを使っているので、価格の割に全体的な高級感があります。

R0053367

結構しっかり作ってあるので、全体のバランスは良くできています。

R0053371

ケーブルも全体的には軟らかいので、カナル式ですがケーブルのタッチノイズは少ない方です。

エイジングが少ない期間ですが、価格の割に全体的に満足度が高いので今時点でのメリットデメリットを書いておきます。

【使用環境】
聴いている環境、静かな室内。屋外ではない。

【使用楽曲】
クラシック、ジャズ、サウンドトラック、若干ロック(アコースティック系)

【メリット】
価格が安い。
価格の割に木のハウジングを採用している。
音の広がりが良い。
特に細かな音の再現性は高い。管弦楽の弦の響きまで聞こえる。
静かな曲、アコースティックギターなどでの弦のつま弾きや指をスライドさせて移動する感じも伝わってくる。
高音域の音の再現性が高い。
トータル的な音のバランスは良い。

【デメリット】
重低音が弱い。気持ち物足りない感じ。
もう少しパンチがほしいかも。

【総合評価】
この価格で、この音は素晴らしいと思います。

 


クリアな音質のスポーツヘッドホンQ1000 その2比較・感想編(soundPEATS)

比較編というか・・・

R0053134

左がQ800、右がQ1000
見た目の大きさも違います。
Q800はシャツの外側にひっかけて使う感じ。Q1000は首に直接ひっかける感じ。
バイブレーション機能も良いです。
因みにQ800も磁石なのですが、左右の本体付け根部分が磁石になっていて、そこに収納する感じです。

R0053135

こちらが、Q800。左右に機能が分かれていて、ボタン部分が光る感じになっているので、外からは丸見え。
あと、盲パイならぬ、タッチでだいたいわかるようになっているのも良い点です。

R0053136

イヤフォン部は磁石でちゃんとくっつきます。

感想編です。

メリット
小さい上に、音が良い。
音は低音から高音まで幅広くカバーしています。
ほかのsoundPEATSイヤフォン(ヘッドセット)に比べ色々しゃべらないのが良い。(パワーオンとパワーオフ、ペアリングくらい)
首掛け式なので、片耳だけにしてもおなかにイヤホンがぶら下がらずに良い。
首から上にケーブルがあるので、タッチノイズがない。
連続時間が長い。
マイクが口元にあり、通話する場合は声を拾いやすい。
首筋に密着するので、Yシャツの場合目立たない。(U字のフックが小さいので服の外には付けられない)
イヤフォン部が小さいので、耳に負担がかからない。

デメリット
首掛け部分が小さいので、ラガーマン(ラグビーやる人)や柔道家など首が太い人には合わないかも(きついと思う)
直接素肌に当たるのがいやな人には合わない。(シャツの外側で使いたいならQ800をオススメ)
日本語の説明がない。(英語が苦手な人には厳しいかも)
soundPEATSイヤフォンシリーズでイヤフォンがしゃべるのに慣れている人には違和感がある。
ペアリングモードなどは、光を見ないとわかりにくい。
Q800に比べ操作ボタンが区分されていない(マルチファンクションボタンのみ)ので、慣れるまでに時間がかかる。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ