映画・テレビ

HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー

BenQプロジェクターのモニターで、色々試してみています。
今回は映画を早朝から朝日が昇るまでの見え方についてどんな感じになるかやってみました。

R0051897_2

試したのは、東宝特撮Blu-rayで数少ない高評価を得ている、空の大怪獣ラドンのBlu-rayです。

R0051898_2

こちらが裏面。
ラドンとフランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラは、Blu-ray化で綺麗になったので評価が高いです。
他の作品は今一ですが、それは追って紹介します。

Dsc_0035

こちらが設定画面。
フルサイズ表記ですが、私が産まれる遙か前の今から61年前の1956(昭和31)年の作品なので、テレビサイズというか4:3風の画面です。

Dsc_0038

四隅が切れているので中央のみの映画です。
61年前の作品とは思えない綺麗な映像。

Dsc_0041

うん、これだけ綺麗に投影できれば満足です。

Dsc_0055

前半はサスペンス調の映画で、誰が殺人犯かというのが主題で、全体的に暗い画面の中で連続殺人が続きます。
犯人は、こやつ「メガヌロン」と呼ばれる怪獣。

この辺くらいから外がピーカンになってきて、画面が薄くなってしまいました。

Dsc_0085

中盤から、ラドン出現。ここからは明るい映画になります。
ちと薄いですが、そもそも、プロジェクターに光が入っているように。
カーテン越しに結構光が入っています。
リビングなので、完全遮光カーテンではないので。

Dsc_0090

60年前の主力戦闘機はセイバーF86F、米軍が朝鮮戦争で大活躍した戦闘機。

Dsc_0309

同じような絵をモニターで再生して撮影。
これだけ明るくて綺麗です。

Dsc_0094

佐世保の街並み。
結構賑やかです。

Dsc_0303

同じ絵をモニターで撮ってみました。
別の日に、暗い中再生したのですが、それだとこのくらい鮮やかに映りました。

夜試聴編に続きます。

こちらが紹介したもの。


復刻版DVD名作セレクション。

短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー

BenQさんからお借りしているプロジェクターを設定したので紹介します。

Dsc_0019

設置を始めようとしたら、電源入れちゃったので(汗)

Dsc_0020

ちょっと見にくいですが、まず最初にどういう形で設置するか設定します。
天井に吊すのか、背面から投影するのかなどです。

Dsc_0021

初回のみ言語設定を聞いてきます。
さすがワールドワイドのメーカーBenQさんです。
かなりな言語設定ができます。

Dsc_0022

初回は、枠がちゃんと出てくれるのでキーストーン(台形補正)が楽にできます。
画面幅は2.2m位。概ね99インチ相当(汗)惜しい。

Dsc_0023

自動ソース探知。デフォルトではオンになっています。
基本的には自動で良いと思いますが、スタンバイからの復帰など結構切り替えられたり、ディスク読み込みなどでオンオフが頻繁になったりするので、邪魔と思う方は手動で設定した方がよいと思います。

Dsc_0026

ぼけてますが、色々な設定ができます。

Dsc_0028

システム設定ほか全部で5つのメニューがあります。
一度設定してしまえば特に見るものではありませんし、設置時のデフォルト設定でほぼ満足がいく投影ができるので、あまり見ることはないと思います。てゆうか見なくても良いし。
会社などで、頻繁に持ち歩くのと、投影する場所がホールや会議室などを行き来する人は設定を変える必要があります。

Dsc_0031

基本的にはHDMIだけで使えます。
右側は外付けスピーカー端子ですが、昔に比べて、音を小さくすることができるようになったので外付けスピーカーは不要です。
左右のドット部分がスピーカーになります。
左右とも製品購入時にはフィルムで保護されていますので、使用時にははがしてご使用ください。

試聴編に続きます。

短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー

BenQさんの新型プロジェクター、ホームシアタープロジェクター(短い距離で大画面を実現できる短焦点タイプ)HT2150STのモニターに選ばれたので、暫く使ってみましたので紹介します。
本記事はBenQアンバサダーモニターに参加して紹介しています。
選択肢はいくつかあったのですが、あまり遠くにプロジェクターを設置できないために短焦点タイプのHT2150Sを選びました。

R0051938

箱はでかいです。

MHL:アンドロイド用の高品位出力対応
Cinema MasterAudio:DTSなどの映画館などで使われている高品位音声出力対応。

R0051940

10w×10wスピーカー搭載
1.5mで100インチ相当
とまあ、凄いマシンです。

R0051944

お高い版なので、鞄が付いてきています。

R0051945

前面ポケットの内容物。
左から、肩掛けベルト、電源、リモコン、取説とCD類
となります。

R0051946

こちらがリモコン。
汎用かな?最近のBenQプロジェクターに付いてくるものとほぼ一緒だと思います。

R0051947

リモコン拡大1
電源、ライトというのは後述
各種設定。

R0051948

本体と同じ機能が使えます。
キーストーン(画面補正)やボリュームなど。

R0051949

リモコン機能。
下段は明るさやモード変更、コントラストなど各種調整ができますが、ほとんどデフォルトで良い感じで写るので特に設定するとしたら、明るい場所などでの輝度アップなどでしょう。

R0051950

こちらが、ライトを点灯させた状態。
暗闇でもどのボタンかわかるバックライトなので、わかりやすいです。

R0051951

上からみたとこ。
全体的に丸みを帯びたデザインになっています。

DLP方式(デジタル・ライト・プロセッシング)で、映画館の投影にも採用されているとのこと。

R0051953

リモコンとほぼ同じで、特に操作体系にはコマラナです。
以前は9つボタン方式でしたが、使い勝手が良くなっています。

R0051954

背面コネクタ。

R0051955

右側にはAUX端子があり外付けスピーカーが使えます。
但し、以前に比べてスピーカーの音を小さくすることもできるようになったので、使わなくても良いと思います。

R0051956

パソコンのアナログ端子、ミニB、USBもあります。
3Dにも対応しているようですが、家に3Dを出力できるマシンがないのでわかりません。

R0051957

HDMIが2つあり、うち1つはAndroidの出力ができるMHL対応となっています。

R0051960

正面から。
シンプルな構成になっています。
写真左側は放熱ファン用のスリット。

R0051961

会社の廉価版マシンと比較。
大きさが全然違います。

R0051963

ぼけてますが、少し前のBenQプロジェクターのボタン類はこんな感じでした。

 

こちらが今回紹介しているもの。

こちらが会社で持っている物の後継機。

海外版ダーティハリーコレクションその2閲覧編

さて、昨日紹介したインポート版ダーティハリーコレクションですが、再生してみます。

P2090001

リージョンALLなので、入れた途端に日本語の注意書きが出て来ます。
そうでないもの、ジュラシック・パークなどは、入れると言語の設定が出て来てそれを日本語にすると、注意からメニューから全部日本語対応になります。

P2090003

こちらはお約束の画面。

P2090004

いきなり始まります。
昔懐かしい1970年代のワーナーのロゴ。

P2090005

デフォルトでは、日本語字幕になっています。
ちゃんとこの時点で字幕が出るのが良いです。

P2090006

めっちゃ綺麗だ。
でもって、ポップアップメニューも日本語になっています。

P2090007

この状態で、音声を日本語にして字幕はオフにしても大丈夫。

P2090008

当時の映画にしてはめっちゃ解像度高いです。
流石Blu-ray

P2090010

このあとお姉さんが狙撃されて・・・

P2090013

サンフランシスコ市警のキャラハン刑事の登場\(^o^)/

P2090015

最初のタイトルがダーティハリー

P2090020

オープニングは一切しゃべりはありません(^^;
狙撃されたと踏んで、プールが見える高層ビルを一人で探るのが良いです。
普通は二人一組なんすけどね。
ああれは、巡査か。

P2090021

音楽はラロ・シフリン。燃えよドラゴンなど、ジャズ風の軽快なサウンドトラックを提供しています。

P2090025

殺人予告を発見。

P2090026

サンフランシスコ市長への脅迫ということで、重鎮の会議の後に呼ばれるハリー。
ここで山田康雄さんの初音声。
クリント・イーストウッドよりもハリーっぽい(笑)

P2090032

いつものハンバーガーショップ(店名はハンバーガー)で、いつものヤツとホットドッグを頼むハリー。
ついでに銀行強盗が起きているから警察に電話してねと頼む(笑)
この辺の感が鋭い。
食べようとしている時に、銀行から非常ベルが鳴って・・・

P2090033

ハリーの登場。
44マグナムは、車も止められる(^^;
あ、運転手一撃ね。

P2090036

この辺がカッコイイ(笑)

P2090039

最初にぶっ飛ばした犯人のところに向かう。

P2090041

で、得意の台詞。
慌てていたので何発撃ったか忘れちゃったけど、抵抗するか?的な。
カッコイイ(笑)

と言うわけで、出だしから最期まで見させてくれます。
美味しいところだけでおしまい。


興味がある方はレンタルするか、Amazonビデオで見るか。

高品位なら、インポートのが低価格で5枚組が買えます。


 

こちらは日本版でお高いです。

こちらが紹介したもの。が日本のAmazonでも買えます。
金額はアメリカから買うのとそんなに変わらないのでは?

因みに、バック・トゥ・ザ・フューチャーもジュラシック・パーク3本パックも海外から買いましたが、
いずれも日本語吹き替えと日本語字幕入ってました。
数倍安く買えるので、海外版もオススメです。

海外版ダーティハリーコレクション日本語字幕と山田康雄さん吹き替入

日本版のダーティハリーBOXって、日本語字幕しか入っていなくて、それなりのお値段なんですけど、インポート版というか、USAmazonから買ったものには、テレビで放映した当時のルパンの声で有名な、山田康雄さんのハリーの吹き替えが入っていました。
これはラッキー。

R0052035

アメリカらしい、ちゃっちぃ作りのボール紙に入っています。

R0052036

こちらが裏面。
5枚組なので、結構な厚みがあります。
もちろん、海外版なので全部英語。
でもこのくらいはわかると思います。

R0052037

ハリー・キャラハンといえば44マグナムということで。

R0052038

良い感じでタイトルが付いてます。

R0052040

箱から出すと2つケースが付いています。
左が4と5、右が1~3
だんだんハリーの額ががはげ上がって(゚゚ )☆\ぽか

これがまたちゃっちぃ(笑)・・・粗末というかぼろいというか。
CDもそうですが、日本みたいにしっかりした素材で作ってないんです。

R0052041

こちらが盤面なのですが。

R0052043

JPNという文字が見えます。
それって日本?o(^-^)oワクワク

R0052044

どれにもJPNと書いてあります。

R0052047

しょぼいはずです。
爪が全部折れてます(^^;

R0052050

こんな爪の残骸も出てくるし。

まあ、盤面に傷が付いていないのが幸いです。

と言うわけで、試聴編に続きます。

 

こちらは日本版でお高いです。

こちらが紹介したもの。が日本のAmazonでも買えます。
金額はアメリカから買うのとそんなに変わらないのでは?

因みに、バック・トゥ・ザ・フューチャーもジュラシック・パーク3本パックも海外から買いましたが、
いずれも日本語吹き替えと日本語字幕入ってました。
数倍安く買えるので、海外版もオススメです。


オルカ(ORCA)オリジナルサウンドトラック

エンニオモリコーネと言えば、西部劇やニューシネマパラダイスなど、美しい名曲を沢山提供してくれた偉大な作曲家です。
最近、当時は出ていなかった映画のCDが、アメリカ等ですが(^^;
出てくれて、保護したものです。

R0051566

USAmazonから保護。
海外のってどうしてパッケージが開けにくいんでしょう(^^;

DVDも持っていますが、数年前にBlu-rayも出ていたのですね。
でも、今は凄く高くなっちゃって買えません。

R0051567

ダンブルドア先生違う。
1970~1980年代に大活躍した名優リチャード・ハリス
渋い役が多くて、好きな俳優さんです。

R0051568

内側の女性は、シャーロット・ランプリング、海棲ほ乳類の研究をしている大学の先生役。

ジョーズとほぼ同じ時期に作られた動物パニックものの映画ですが、こちらはシャチ(オルカ)の奥さんを謝って捕獲しおなかにいた赤ちゃんも一緒に死んでしまったことに対し、漁師(リチャード・ハリス)を付け狙ってやっつけるという、とても重くて暗い話です。

R0051569

一度聞いたら忘れられない、オルカのテーマが寒い時期に合ってます。

未見の方はリマスター版が出ているのでレンタルで見ると良いです。

 

DVDも高くなっていますね~。


日本でも買えるみたい。

暴走機関車DVD (サブウエイ・パニック+暴走機関車2枚パック)

サブウエイ・パニック(昔の方ね)は何度も見ているのですが、Blu-rayで出ていないか海外含めて検索しても出て来ません。
まあDVDでも良いかと思って探したら2作品で970円という破格のDVDを発見したので保護。

R0051868

そのうちの1作品、暴走機関車はノーチェックの作品でした。

R0051869

タグ外したとこ。
どうも列車ベースの作品2枚組としてだしたのだと思います。
他ので見てもそれぞれ1作品でそれなりのお値段がしたのでお買い得でした。

R0051870

こちらが裏面。
でもっって、びっくりしたのが、「黒澤明原案。」

R0051872

マジすか!知らなかった~。
どうも調べてみると、海外から黒澤明にオファーがあって、プロットからストーリーから日本勢で起案して、撮影しようとなった時に、色々事情が出て来て結局ダメだったらしいです。

R0051873

ご覧のように2枚入っています。

20170121_102530

画質はDVDにしては綺麗です。
が、たまに左右が切られて見える(パソコンで見るとちゃんと見えるんですけど)のがDVDの玉に瑕なところ。

20170121_103429

主役は、渋い作品で演技が光るジョン・ボイト。
アラスカの極寒の刑務所に入れられて、何度も脱獄して、その都度独房に入れられて色々恨みつらみがあるマニー。
結構この刑務所荒れています(笑)まあ1980年代だから。

20170121_110057

若いボクサーに脱獄の手助けをしてもらって、一緒についてきちゃったバック(笑)
外は零下30度の極寒。

機関区に入り、スタッフの服を拝借して、移動し始めた空の4連機関車に飛び乗ったのは良かったのですが、運転手が心臓発作を起こし、ブレーキを掛けたまま機関車から落ちてしまいブレーキが焼き切れて暴走を始めるというのがそのストーリー。

20170121_112114

徐々に加速し150km/hになって、貨物列車が待避線に移動するも結局最期の車輌にぶつかり無人の運転席が破壊され、制御できなくなってしまうという、手に汗を握るノンストップアクション。

20170121_112853

なんとか制御しに行こうとするも高速なので無理。

そうこうしているうちに、バックが囚人服を脱ぎ捨てて来たので、囚人が乗ってるのを知り追いかける所長。
とまあ、壮絶なアクションが待っています。

という、以外と面白い映画でした。
黒澤明が撮ってたらまた別の名作になった可能性も高いです。

  

単独だと結構高いですが、在庫のみになりますが初回限定盤が残っています。
興味がある方はぜひどうぞ。

因みに、サブウエイ・パニックももう出ていないようで。
海外だと英語のみで字幕もないし。
こちらのセットものだと吹き替え版(当時のテレビ放映版だと思います)もついてこのお値段なのでオススメ。


サイレントランニング サウンドトラック日本未発売を海外からお取り寄せ

以前本ブログで、サイレントランニングのBlu-rayを紹介しました。
劇場公開当時に輸入版のサウンドトラックのLP版を買って、たぶん屋根裏の物置に収められていると思いますが、たまたまUS AMAZONで検索したら、発売されていたので保護しました。
サウンドトラック大好き人間なので(^^;

R0051853

ポスターと同じです。

R0051844

はるばるアメリカから(^^;
今回は何故か佐川さんでした。いつもだいたい日本郵便なのですが。

R0051854

こちらが裏面。

R0051852

因みに、日本とは開け方が違うのがなんとも(^^;
しかも、海外のCDやBlu-ray・DVDってなんであんなに開けにくいんでしょうね。
あと、爪がもろい(^^;下手すると全部割れて、中身ががたがたして傷付いていることも。
一度だけ、海外から限定生産のTORA!TORA!TORA!のサウンドトラックを買ったのですが、それも爪が全部折れてて盤面が傷だらけになっていたので、クレーム付けて交換して貰ったことがあります。

R0051856

開けたとこ。
裏面もサイレントランニングのイメージポスターになっています。
残念ながらCD盤面は透明緑ではなかったです(^^;
レコードの時は緑色の透明なヤツで、植物を守ろうとする映画なので、凝った作りでした。
まあ、CDは光で音を読み取るから仕方ないですが。

R0051858

海外版のCDにしては読み応えがあるブックレットが入っています。

R0051859

前半はストーリーの説明。

R0051861

中盤は、ダグラストランブルの特撮について。

R0051864

後半は音楽について記載されています。

日本未発売なので、リンクはありません。

 

Blu-rayとDVDがありますが、DVDは画面四隅が切られて小さな表示になるので、映画を見たい方は、Blu-rayをオススメします。

US AMAZONでは$22.99でした。

バルジ大作戦 アメリカ版Blu-ray 字幕非搭載

映画バルジ大作戦は好きな作品の1つですが、残念ながら日本ではBlu-rayが出ていません。
とゆうわけで、US AMAZONから購入。7.99$という破格。他のと併せて購入して送料無料だったし。

R0051845

パッケージは日本のDVD版と同じ(^^;

R0051846

裏面も英字ですが、日本のレイアウトと一緒。

R0051847

盤面も一緒ですが、外ケースは日本のBlu-rayと比べて相変わらず安っぽいというか薄いです。
まあそれは置いといて。

20170114_132850

肝心の画質ですが、古い映画なので全体的にどうかと思いますが色合いは落ち着いていて自然です。

20170114_132904

同じシーンを小さいモニターで流しながら比較してみても、DVD版は全体的に濃いです。

20170114_135329

完全に英語耳ではないので(汗)
DVDとシンクロさせて、下の字幕を時々拾っていますヾ(^ )コレコレ

20170114_135841

Blu-rayによる弊害は、合成が良くわかってしまうこと(^^;
DVDではそれほど気にならなかったシーンでも、合成とか、戦車が着弾して破壊されるシーンなどは精巧にできている模型でも、たまにわかっちゃう点。
まあこれは、どの映画も似たような物ですけど。
タイガー(ティーガー)戦車を演じているのは、米軍のM47パットン戦車。
主役は、この当時色々な作品で良い味を出しているロバート・ショウ。

20170114_140107

色をジャーマングレーに塗り替えただけでも雰囲気が変わります。

20170114_140012

一方米軍というか連合軍は、M24チャーフィー軽戦車(設定ではM4シャーマン)
初期のゴジラ映画でもけっこう出て来ます。
ちと残念。
まあ、タイガー戦車が重量級という扱いなので、軽戦車でなければ釣り合いがとれなかったんでしょうね。

20170114_140454

チャールズ・ブロンソンとか・・・

20170114_140634

テリー・サバラスも良い味を出しています。

20170114_144003

シーンごとに季節感や景色が変わるのはご愛敬ですが。

20170114_144038

こんだけ戦車が揃うと大迫力です。

20170114_153653

最期の戦車戦なんか雪ないですからね(^^;

残念ながら、Blu-rayは出ていません。
少し前にあったようですが、やはり輸入して販売しているので高いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新品北米版Blu-ray!【バルジ大作戦】 Battle of the Bulge [Blu-ray]!
価格:2490円(税込、送料別) (2017/1/18時点)


扱っている店は楽天でありますが送料がかかります。
なのでアメリカから買ったというのもあります(汗)

地球の危機 Blu-ray その2 やる気あんのかメーカー(笑)編

さて、話が長くなったのと、ネタ的には違うので(笑)

R0051838

昨日のBlu-rayを紹介した時点で、まずシービュー号のシーズンが違うと言いましたね。
見なかった方は昨日の記事を参照ください。

上の絵は、昔買ったDVDとの比較、あタコでなくイカだった(゚゚ )☆\ぽか

R0051839

こちらはわかりやすいように、表とDVDの裏を並べました。

R0051840

二層式の窓がわかると思います。

ここで、大きな間違い発見。

R0051841

え?何これ?www
あ、昔の映画を知らない方はあれですが。

R0051842

もういっちょう拡大。
これ、邦題、ミクロの決死圏のプロテウス号やん!(笑)

M_image

最近新金型で出された模型の方です。

 

確かに、ほぼ同じ時期に映画作られたし。
ミクロの決死圏は、Fantastic VOYAGE
地球の危機は、Voyage Of The Bottom Of The Sea
だけど、似て非なる作品すよ。
ミクロの決死圏は、アカデミー賞沢山貰いましたので・・・

 

こちらが紹介したBlu-ray

 

こちらがDVDこっちは既に廃番か?

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ