映画・テレビ

リマスター版空の大怪獣ラドン 私的比較その2

ラドンの続きです。ここからが見せ場(^_^)
博多破壊シーンになります。

Bd022

新天地のようす。

Bd023

慌てて店じまいをする人達ですが、逃げろよと言いたい。ヾ(^ )コレコレ
時代の違いなのか、日本映画専門チャンネルの方が解像度が高くなっているようで、諸車通行止の赤い字の横の文字のよこの小さな字も見えます。

Bd024

ラドンが通過するシーン。

Bd025

飛ばされるバス。

Bd027

飛ばされる看板群。

Bd029

ここの合成がいつ見ても感心しますが、崩れ落ちる瓦礫の奥の通路を逃げ惑う人達(の合成)

Bd030

岩田屋ビルに降り立とうとするラドン。
写真は圧縮してしまったので見にくいですが、右のBlu-ray版だと消されて見えないピアノ線が、日本映画専門チャンネルの方ではうっすら見えるはずです。
縦に天井までピアノ線が吊されています。
そもそも、飛行中のラドンが舞い降りるには、ピアノ線を吊って下ろさなければならないので、左は見えるようになっています。
それが、東宝のBlu-rayでは消えちゃっています。
特撮としてまた、歴史的な価値を考えるとピアノ線は出しておいて欲しいです。

Bd032

こちらでも、日本映画専門チャンネルにはピアノ線があります。

Bd033

有名な電車のシーン。

Bd034

ゴジラ映画やウルトラシリーズでも使い回されている、有名な家屋(^_^)
パートのおばちゃんが、1枚1枚手作りで貼った瓦屋根が一瞬にして吹き飛ぶシーン。

Bd037

西鉄電車がひっくり返ったときに見える、モーターを動かすための銅線。
電柱の文字も、日本映画専門チャンネルの方が読めます。

Bd039

精巧に作られた岩田屋ビル周辺の街並み。
電信柱のトランスがショートして発火するのも細かい。

Bd040

ラドンが歩き回るシーンでもピアノ線が吊されています。
着ぐるみと、操演の一体的な美しさ。

Bd041

こちらでも、ラドンが移動する度に電柱のトランスがショートして火花が散ってます。

Bd043

この時代の戦車は、リアルよりもしっかりした作りになっています。
たぶんM24チャーフィーをベースにしているものと思われます。

Bd044

カラー初登場、東宝自衛隊オリジナル特殊兵器、ポンポン砲

Bd045

ご覧のように手戦車も丁寧に作ってあります。

参考
上の比較では見えにくかったので、別途撮影してみました。
日本映画専門チャンネルの方です。

20180409_161718

こちらでも見にくいと思いますが、背中に多数のピアノ線が吊ってあるのがわかります。

20180409_161727

こちら。
両腕というか羽の部分にも斜めに引っ張るピアノ線が見えます。

20180409_161737

こちらになるともっとわかりやすいと思いますが、ラドンの羽の部分にピアノ線を固定する丸い金属が見えると思います。

最近の映画の多くはCGで、実写との区別が付かなくなっているものになっていますが、この時代のミニチュアワーク、含めて怪獣の操演なども技術的に素晴らしいものがありますので、こういうのも捨てがたいです。

20180409_161953

方の付け根からピンと貼られている操演用のピアノ線

20180409_162316

飛び立とうとするラドン。ピアノ線が目立つように明暗を加工しています。

20180409_161808

参考。
映画ではあっという間なのでなかなか気がつく人はいませんが。HDリマスターになって、はっきり見えちゃった例。悪くないです。逆に、こうやってちゃんと走らせていたんだと確認できる貴重な一枚。

これからも、宇宙大怪獣ドゴラ、フランケンシュタイン対地底怪獣、フランケンシュタインの怪物サンダ対ガイラ、キングコングの逆襲、妖星ゴラス、美女と液体人間、ガス人間第1号、海底軍艦、緯度0大作戦、宇宙大戦争【ロングバージョン】、地球防衛軍
ボールドは、Blu-ray未発売、あるいは日本版Blu-ray未発売のものなので、楽しみです。


HDリマスター版空の大怪獣ラドン 私的比較その1

先に書きましたが、日本映画専門チャンネルで月2本、東宝特撮映画のリマスター版を放映することになったのが、スカパー!加入のきっかけになりました。
というのも、東宝特撮映画のリマスター版は、Blu-rayでもごく一部販売されていますが、評判があまり良くありません。
またBlu-ray化してほしい映画が未だにされていないと言うことを考えると、今回のラインナップを見る限り欲しいものばかりと言う(^_^)
同様のイベントは数年前にもあったようですが、その時はたいがいのものがBlu-rayになっていたのでま、いっかみたいな。
一つ、発見されたキングコング対ゴジラの4Kリマスター(2Kダウンコンバート)放映のみ、ネット仲間の方にお願いをして録画してもらったくらいです。

と言う訳で、手持ちのBlu-rayとどれだけ違うのか比較してみました。

 

因みに、こちらが初期の頃(2009)に東宝がデジタルリマスター販売したものです。
てゆうか、今見てみたら、結構値上がりしているものも増えてますね。
店によって値段が違いますが、東宝のBlu-rayってあまり値下がりしないどころか高くなる傾向にあるように思います。
紹介した二つの作品は、丁寧にリマスターしすぎる面があり、賛否両論あったものです。
一つは、特撮の時に使われた、吊り用のピアノ線を傷処理に合わせて、一緒に消してしまった。
彩度や明度を極端に上げて見やすくした。
など、この二つの作品はびっくりするくらい綺麗になっています。
DVDでは見られなかったものもはっきり見えちゃってるとか(^^;)

と結うわけで、画像比較をしてみたいと思います。

本当はパソコンなどで直接キャプチャすれば良いのですが、面倒くさいのもあるので。
条件としては、プロジェクターを天井に向けて、100インチ相当の大画面にして、それをiPhoneで撮影しているという単純な主砲です。
このため、写真が斜めになっている場合があったりすることをご了承下さい。
また、撮影したデータは大きいので、リサイズ、ブログ用に圧縮してあるので、かなり劣化しているものと思って下さい。普通は1データ3MB位あり、サイズとしては4000×3000位ですが、1280×845、80kbに落としてあります。
更に今回は並べているので、余計リサイズ、圧縮されているので原盤に比べると、コメントをみて、本当にそうなの?と思うものもあるかも知れません。ご了承下さい。

最初に書いておきますが、左が「日本映画専門チャンネル」右が「Blu-ray」です。

Bd001

Blu-rayの方が派手め(明るめ)に出ています。
この辺はほぼ一貫して同じだと思います。

右下の映倫マークは、どちらも見やすくなっています。
前段の事件は置いといて。
後半のラドンが出てくる辺りから。

Bd002

日本映画専門チャンネルの自衛隊(防衛隊)基地のレーダーサイトの壁ですが、黒潰れっぽくなっていますが、Blu-rayの砲ははっきりドアが見えています。
また、移動車輌も明るく見えます。
空全体も曇天ですが、明るくなっています。
これが一貫して明るめになっていると言われるゆえんです。

Bd003

基地のようす。
どちらの絵も四隅が光量落ちしています。この辺は当時の技術的というかフィルム特性であると思います。
色味や雰囲気に大きな差はありません。

Bd004

未確認飛行物体(国籍不明機)が、急カーブしうて追尾する当時の自衛隊の最新鋭機F86Fセイバーに向かってくる瞬間のパイロットのようす。
Blu-rayの方が明るめです。

Bd005

ラドンがいるらしいき場所を阿蘇方面に探索に行っているメンバー。
ポーズは違いますが(^^;)(タイムラグがあるため)
Blu-rayの方が明るめに。日本映画専門チャンネルの方がメリハリが効いた絵になっています。

Bd007

ラドンが出現するシーンと、探索隊のメンバーの合成。
こちらではそれほどの差はありません。

Bd009

ラドン発見を知らせに行くジープ(無線で言えよという突っ込みはなしで)
Blu-rayの方が派手めになっています。日本映画専門チャンネルの方が自然の感じがします。

Bd010

ラドンが飛翔するシーン、因みに走るジープの下の土煙は、空気を出して撮っていると聞いたことがあります。
明るめなのはBlu-ray。

Bd011

所々で実機の空撮シーンが出てきますが、こちらは、F86Fセイバーではなくて、F86Dセイバードッグと言われているもの。おまけに、米軍マークが(^_^)
所々で、日本機と米軍機が混在しています。
当時はここまでリマスタリング、デジタル化されるとは思っていなかったので、米軍機が混ざっていても瞬間的なものなので、気にせずに使っていたんでしょうね。

Bd012

こちらはミニチュア。
偶然同じタイミングで撮れました(^_^)
特に差は見られません。

Bd013

1950年代の佐世保駅のようす。

Bd014

こっちになると長崎っぽいですが、街並み。
道路が広い!
スモッグがすごい。

Bd016

ラドンを見上げる観光客?
文字やバスのリベットは、日本映画専門チャンネルの方がはっきりしているように見えます。

Bd017

教会とラドン。
でも、なんか絵っぽい。

Bd018

観光バス乗り場。

Bd019

店の中から。

Bd020

商店街。
解像度は、日本映画専門チャンネルの方がはっきりしていそう。

Bd021

長崎の西海橋、まだありますよ(゚゚ )☆\ぽか

長くなったので続きます。


4K再生可能 スカパー!受信用の録画機 BDZ-ZW1500(SONY)

うちの子が持っているSONYの録画機は古い物なので、外付けHDDを増設する端子がなく、拡張が不可能、しかも古いマシンなので500GBしか搭載されていないということで、新しく買ってもらいました(^^;)スカパー!を払う条件で(^_^)
もう一人が持ってるマシンもあるのですが、全部アニメばかり録っていて空き容量がないこと、Blu-rayに焼くのが面倒なことなどから、2号に依頼。

20180401_103110

下が昔の奴。
それにしても小さい、右上に4Kって書いてあります。
大きさ的には、1/3は小さくなっています。

20180401_103115

唯一うちの子が残念と言ったのは、表面がピアノ塗装風の樹脂。
それにしても薄い(^^;)

20180401_103123

時代の変化か、コネクタ類がほとんどありません。(上ね)
しかも、大きなファンが無くなってる。
あと無線LAN搭載になっているので、設定も、アップデートも簡単にできるというのが良いです。
USB 3.0付いてるし。

20180401_103818

電源を入れるとセットアップがイラスト入りで、特に取説読まなくても簡単に接続、設定ができるのが良いです。
時代は進んでいますね(^^;)

20180401_103917

放送の受信設定、スタンバイモードの設定、モニターの設定、番組表の取得、時刻の設定
が簡単にできます。

20180401_103922

こちらは昔からあったと思いますが、住まいの地域を特定する郵便番号入力。
これで、チャンネルのプレセットアップができます。

20180401_104014

放送不毛地帯なので、地デジ自体のチャンネルが少ないです。
まあ、私的には基本家で地デジのテレビはニュース以外見ないので良いのですが。

20180401_104020

BS/CSの設定。

20180401_104030

瞬時起動するかどうかの設定。これ、起動してからのタイムラグがあるのが一般的なレコーダー(昔に比べたら早くなりましたが)それを更に起動して、あ録画したいと思ったらボタン一発で録画できるというもの。

20180401_104051

どちらのマシンに出力ルルカの設定。
液晶テレビか、プロジェクターか。選択できる(^^;)時代は進んでいるのね。

20180401_104055

テレビのメーカーが沢山ある(^^;
でも、LGはあっても、Samsunやフナイなどがない(^^;)
あとモニターメーカーもないな。

因みに、この設定って、例えば、レコーダーの電源を入れるとすぐにHDMIに接続されている番号のモニターに切り替わるという優れもの。

20180401_104233

ネットワーク設定ですが、これをすることで、ネットワーク経由で予約ができます。

20180401_104043

ネットワークの設定で色々設定できるのが良いです。

20180401_104254

無線LANの設定です、WPSやAOSS、直接入力でも設定できます。

20180401_104435

SONYのスマホアプリ、Video & TV SideViewを持っているとネット経由で予約ができます。

20180401_104505

プレステみたいな設定から、見た感じで使える設定に変わりました。
個人的にはこっちの方が直感的にわかりやすいので良いです。
前のはマジでゲーム機と同じ構造でアイコンだけだったので良くわからなかったです。
子どもはそっちの方が操作体系が統一されているので簡単と言ってましたが。

20180401_104515

番組表の取得や・・・・

20180401_104608

検索絞り込みなどを登録しておくこともできます。


諸処の事情があって初めて有料チャンネルに加入(^^;)

4月に入り、東宝特撮映画のリマスター版が放映されるということで、今まではメディア「Blu-ray等」で保護していた映像作品ですが、これを機会にスカパー!に加入してみました。
因みに、うちが加入している光TVは地デジとBSしかサービスがないため、スカパー!が提供しているCS放送が受信できない状況と知ったのは、CSが映らないのだけどという相談をして初めて知りました(^^;

今なら、新規加入キャンペーンで、アンテナ+工事費無料(あ、1年以上継続して使う場合)で設置してくれるという事だったので、渡りに船とばかり、依頼。

個人的には、日本映画専門チャンネルだけ映れば良いと思っていましたが、単独で頼むのとセレクト5で頼むのと料金的には倍違わないのと、うちの子2号が特に映画好きなので、まいっかということで依頼。
とゆうわけで、4月1日に加入したのですが、取りあえず「日本映画専門チャンネル」さえ映ればいいやということで(^_^)
工事は週末に依頼をして先週末に来て貰いました。

20180407_134404

こちらが、工事前のアンテナ。

20180407_134358

ちょいアップ。
因みに、こちらのアンテナ、地デジ、BS、CSと高品位版(別料金:回線)があるらしい。(知らんけど)

工事の兄さん(と言っても私とそんなに変わらない方)が、最初は、別ケーブルで設置という工事コースを考えていました。
というのも、BSアンテナと普通のテレビアンテナのケーブルが二つ壁の中を這っているのですが、別途外から光TVの回線を入れてあるので、そこから直で挿すかという事になりましたが、アンテナの接続口をみてみたところ、既存のケーブルを使った方が見栄えと収まりが良いということで、急遽変更。

20180408_071758

翌日撮影。

アンテナ調整は、昔BSアンテナを設置した時には、おじさん一人でアンテナ設置して、階下に行ってテレビの受信レベルモニターを見ては、また上に行って微調整をして設置したのですが、今は、マスプロのモニターみたいなのを見て、ちょいちょいってやっちゃうのね。

20180408_071804_hdr

どっちがどっちか良くわからないけど、BSとCSと地デジが全部盛り盛り。
昔は、BSとCS二つとか3つ付けてた家がありましたけどね。

因みに、秋まで家庭内で3回線まで同時に見られるキャンペーンをやっているらしいのですが、工事の方に、どう?って聞いたら、ここだけの話。スカパー!さんの作戦で、設置したことを忘れてくれれば、3回線分お金が入るのでやっているとのこと(^^;)
からくりとしては、スカパーほか、有料チャンネルの多くは、Bキャスカード1コードにつき1回線契約という条件があるので、3回線繋げば、サービス期間終了後には3回線分の視聴料が発生すること。また、多チャンネル契約も各3回線に適用されるということなので、やめました(^_^)

20180408_071812

昔は、沖縄辺りに台風が来ると、画面が乱れるというか、霧がかかったようになったり、ゴーストが出る、映らなくなるとかいう経験をしたことがあります。それについて聞いたら。
最近のアンテナは受信精度が上がったので、うちは静岡市なのですが、浜松くらいに豪雨(台風など)の厚い雲があると影響するが、それ以外はあまり気にすることはない。との事でした。

また、アンテナの寿命は、場所や気象条件よるが、概ね6~10年だそうです。
映りが悪く感じたら、強風などによってアンテナがずれてしまっている可能性、また、アンテナの寿命の可能性が高いそうです。
一番ずれやすいのが、屋上があるような平らな屋根の家は、台風や春一番などの風速25m以上の風が吹くとずれやすいと言うことでした。

うちは、今回初めて設置(因みにBSアンテナは25年位、うち10年位は使っていなかったけど)したので、4K8K対応のアンテナを付けてくれましたので、10年は大丈夫でしょうということでした。

気になる方は、電気店でチェックしてもらうか、スカパー!経由で設置してもらった場合は、スカパー!に相談してみれば、場合によっては交換してくれる可能性もあるとのことでした。

キングコングの逆襲 その2

キングコングの逆襲の続きです。

R0056142

とりあえず手持ちの。
昔はVHSもLDもありましたが、そもそも再生マシンがなくなっちゃったので。
左から、デアゴ版、ゴジラ全映画版、日本未発売US公開版Blu-ray(日本語無し)

R0056143

こちらが裏面。

R0056144

ディスク面。
デアゴ以外は至ってシンプル。

なんでこんなに沢山持っているのかというと、まあ、円谷英二さんと本多猪四郎さんが好きというのもありますが、特に、フランケンシュタイン対地底怪獣、フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ、キングコングの逆襲は、円谷英二さん晩年の円熟期の作品で、しかもゴジラシリーズとは違って、スケールが1/25という大スケールの作品のため、ミニチュア建造物(東京タワー、増上寺他)や、船舶、ヘリ、飛行機、戦車などが大きめかつ精巧に作られている作品だからという理由もあります。

これ以降は、テレビに押され予算も削減され、作品的にも子ども向け怪獣映画となっていくし、円谷英二さんが亡くなったのも大きいですね。DNAは受け継がれていきましたが。
というわけで、このくらいまでが私の許容範囲の末期。

実際円谷さんは、この作品1967年の2年後、1969年日本海大海戦を撮影が遺作となっています。
それ以降、東宝も特殊技術課を廃止して行きますので、残念なのですが。
まあ円谷英二さんのDNAを受け継いできた方たちが今のゴジラ映画を色々な面で継続して作っているのが素晴らしいと思います。
でも、個人的には、CG全盛期の作品よりも手がかかる、ミニチュアによる作品が愛着があって好きです。

US版Blu-rayに興味がある方は、一年ほど前に書いた
US版キングコングの逆襲KINGKONG ESCAPES Blu-ray(日本未発売)
をご覧下さい。

DVDのぼんやりした画像とは違って、メリハリのあるきっちりした絵となっています。
音楽も他の一部の作品に比べてちゃんと伊福部昭さんの東宝版がそのままつかわれていますし。
一部、映像が違う部分がありますが、そこはUSの事情というか。
個人的には日本版の編集の方が好きです。

キングコングの逆襲 ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL45

めっちゃ久々に保護。1年ぶり?

R0056116

DVDはどうでも良いけど、復刻ポスターやパンフレットが目当て(^^;)

R0056118

こちらがパンフレット。

R0056120

併映は、ウルトラマン(編集合体版)

R0056121

こちらがおまけのDVD

R0056123

こちらが当時のポスター復刻版。
次回のスピードポスターと映画の紹介アニメゴジラ。

なんで全部買わないかというと、お金が無い(^^;
あと、デアゴのCompleteしているということ、それに加え、円谷英二の特撮系が好きなだけなので。
更に、最近のは海外版Blu-ray2作品組をほぼ持ってるので。
それ以外には日本版でもBlu-rayを持っているという理由もあります。

  

こっちの方が有名なジョン・ヴォイトの「チャンプ」 (DVD)

昨日紹介したものよりも、こっちの方が有名ですね。

R0053718

安かったので(^^;)レンタル落ちの(^^;)

R0053719

落ちぶれた元ボクサーのチャンピオンが、子どものためにまた復活して勝負に挑む。
という、元祖ロッキーみたいなお話。

1931年に公開された作品のリメイク版(おじさん的には元の作品を知りません)
奥さん役が当時有名なフェイ・ダナウェイそれこそ大物女優、スティーブマックイーンを始め多くの大スターと共演している言わずもがなの名女優。
彼女と離婚して、男手一つで8歳の子育てをしているチャンプ。
フェイ・ダナウェイは、ファッションデザイナーとして成功して名声を得ている中、惨めなチャンプ。事件を起こしたりまあ荒れますよね。
子どもを母親の方に行かそうとするけど、父さんの方が良いと戻ってきてしまうし、父ちゃん、子どものために過去のチャンピオンだった時の名声を再びと、戦う訳ですよ。

まあ、ストーリーは単純で、ロッキーに通じるものがある、男の復帰のための映画みたいな感じですが、エンディングが涙無しでは見られない作品として好きな映画の一つです。


 

ジョン・ヴォイトの名演が光る コンラック先生(DVD)

特に大スターとしてのオーラというかインパクトがないので、認知度が少ないかも知れませんが、好きな俳優に地味だけど良い作品に色々出ているジョン・ヴォイトがいます。
黒澤明原作の暴走機関車、オデッサ・ファイル、チャンプ、真夜中のカーボーイなどに出ている俳優さんです。

R0053694

学生時代に、ジョン・ヴォイド祭り(^_^)で見た一つが、コンラック先生。
目当ては、何度目かの「オデッサ・ファイル」でしたが。

R0053695

アメリカの黒人が中心の小島に赴任となった先生の物語。
実話を元に作られているらしいですが、字も書けない子どもたちに、触れあっていくうちに心が通い合うという作品。
感銘を受けたのが、音楽の時間にある曲を流すのですが、それを説明するのが、子どもたちに伝わる所。

破天荒な先生の指導を受けながら、子どもたちは徐々に先生に心を開いていくのですが、今と違って昔は黒人差別の時代だったので、コンラック先生がやがて邪魔になるというか、ある事件をきっかけに島から去らなければならなくなるのですが、このエンディングがまた良いです。

画質の良いブルーレイで見たいのですが、残念ながら今のところDVDでしか出ていません。
また、レンタルもマイナーな作品なので扱っていないところが多くて(^^;


サウンド・オブ・ミュージック Blu-ray

言わずもがなのミュージカルの名作

R0055360

こちらが面面。

R0055361

こちらが裏面。

20180303_221039

オープニングは、美しいアルプスの山々からはじまります。

20180303_221149

解像度が高いので奥まで綺麗に見えます。

20180303_221252

超有名なシーン。

20180303_221346

画質はかなり良いです。

20180303_221521

ロゴは昔っぽいですが。
そもそも1965年すから。

20180303_221735

設定は、1930年代後半、これからナチスが台頭して第二次大戦に突入しようとする頃のお話。

20180303_222953

本能のままに生きている修道女マリア(ジュリーアンドリュース)だが、修道院ではこの子は向いていないと判断し、リクエストがあったオーストリア軍退役大佐?大尉?の家の家庭教師に向かいます。

20180303_223048

オーストリアの街並みですが、ドイツもスイスも今も似たようなものです。
なので、渋い感じが良いです。

20180303_223641

礼儀や起立を軍隊式に厳しく子育てしている大佐?大尉?の元に勤め始めるのですが。

20180303_223804

こんな具合。
子どもたちはいたずらが大好きというか、父子家庭なので母親の愛情に飢えているというか。
イタズラばかりして家庭教師を数時間で何十人も追い出してしまっていて。

20180303_225952

嵐が怖くてマリアの元に来る子どもたち。
この時の歌が、JR東海の「そうだ京都に行こう」の曲(^_^)

20180303_230528

親父がいないうちに、持ち前の明るさで子どもたちを教育するマリア。

20180303_230627

また行きたい広大なアルプス。

20180303_230742

こちらが有名なドレミの歌。
但し、ご存じのように日本の歌詞とは全く違います。

20180303_230809

英語で聞くとよくわかります。

あとは、徐々にドイツの台頭が厳しくなって・・・・
ということで、この先は見てのお楽しみ(^_^)

  

なんやら一杯あって(^^;どれがどれやら。

王様と私製作60周年記念版Blu-ray

小さい頃に見て以来のものです。

R0055324

こちらが表面。

R0055325

こちらが裏面。

因みに、最近の若い人は、日本映画の「シャル・ウィ・ダンス」が本物だと思っている人も居るかも知れませんが、こちらが元祖です。

20180303_193410

この作品がシネマスコープ55として初期の頃に作られた作品だそうです。
当時、テレビが出始めた頃で、テレビに押されて映画館から人が減ってしまったことに危機感を抱き。
ダリル・F・ザナックらが関係して考案した、ワイド画面。
テレビなんかよりも大迫力の映画が見られるという触れ込み。

20180303_193417

Blu-rayだけあって、画質が良いです。

20180303_193426

ユル・ブリンナーの当たり役。
相手は、美しい女優さんのデボラ・カー

20180303_193600

1800年代のタイ(当時の呼称はシャム)のバンコクを舞台にした話。

20180303_193657

全体的にクリアに見えてます。

20180303_194356

ロケというか、屋外セットは、英語教師として赴任するデボラ・カー(母子)が港から王室に移動するまで。
あとはほとんどセット。

20180303_194435

その代わり、セットは豪華です。

20180303_194706

国王は早く国際社会に馴染むために英語の勉強を子どもたちに教えると言うことで、教師をイギリスから受け入れたという設定。

デボラ・カーがまたしっかりした役なので、馴染んできた頃に補佐官的なアドバイスもするという(^^;)

20180303_201043

一夫多妻で(^^;)
100人くらい子どもが居るという設定。

20180303_211440

名曲、シャル・ウィ・ダンスは映画の後半に。

20180303_211624

因みに、ユル・ブリンナーは晩年まで舞台の王様と私のミュージカルを世界中で公演していたというから、文字通りライフワークとなったんでしょうね。

若い人達にも見て貰いたい素晴らしい作品です。

 

DVDの方が高いという逆転現象(^^;)
Blu-rayの方が断然画質が良いのでオススメです。安いし。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ