映画・テレビ

パピヨン Blu-ray

パピヨンと言っても、わんこでもチョウチョでもありません。
スティーブ・マックイーンが渾身の演技をしている作品。

R0054592

こちらもリマスター版ですが、ぼったくりではありません。

R0054597

でも、日本語吹き替えが2種類のテレビ版から入っているのでかなりお得。
日曜洋画劇場とゴールデン洋画劇場版。
それ以外に1時間くらいのスティーブ・マックイーンのドキュメンタリーが入っているなどかなりお得。

20171117_183116

性格が全然違うスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの二大スターの作品。
中学くらいに見たのかな、結構ショックでした。

20171117_183143

フランス本土から、囚人をフランス領ギアナの離れ小島に島送りにされるシーンから始まります。
フィルムゲイン(粒子)を残した感じで、再現されているので、当時の映画館の雰囲気が出ています。

20171117_183423

凄く大勢。

20171117_183713

ハンモックで寝るのですが、内部で殺人事件も起こるし。

20171117_184842

マックイーンは、殺人のぬれぎぬを着せられて有罪。
ダスティン・ホフマンは、偽造で社会を大混乱に陥れた関係で有罪。
ダスティン・ホフマンは、マックイーンに命を守ってくれるよう依頼して、こんな感じで独房に。

20171117_184853

Blu-rayだけあって、画質は良いです。
但しちょっと派手目に映る傾向があります。

20171117_184916

どこに送られるか不安に思っている囚人達。

結局楽な仕事をお願いし用として賄賂を渡しても、所長がダスティン・ホフマンの偽造した国債で大被害を被ったと言うことで、最悪の島送りにされてしまいます。
ここからがもうすごい。というところで、気になる方は、ぜひご覧下さい。

 

Blu-rayもDVDもお値段があまり変わらないので、Blu-rayの方をオススメします
まあ、なんども廃盤、再発となっていますのでお早めに。

今見ても良い作品DUNE 砂の惑星Blu-ray

1984年なので、古ぼけたというイメージがありますが、若い頃のスティングも出ているという。
原作が好きで小説は石ノ森章太郎さんがイラストを描いていたので、それが頭にこびりついていて、当時映画館で見た時には違和感がありましたが。
あの時間で良くあそこまでまとめたなという感想でした。

R0054867

2年前にリマスター版が出たのですが、なかなか値段が下がらずに(^^;
でも、某所でポイント+期間限定ポイントがなくなっちゃうので破格の値段で保護。
更に、日本でもリマスタリングして、高画質になっています。

R0054872

劇場公開版とテレビ放映当時の音声入り。
自分は映画館でも、LDでも英語版で見たのでそっちの方が印象に残っていて。

20171118_193446

オープニングは、お姉さんのモノローグで歴史的な経緯が話されます。

20171118_193635

四つの惑星が近くにあって、そのうちのDUNEにだけ、特別な香辛料があってそれの利権を争う話です。

20171118_195132

宰相たちと、王子
いろんな有名人が出ています。

20171118_195339

こちらが、良い方の王様(^0^)

予言の凄い人が目覚めるという話で、魔女が査察に来た。

20171118_200059

耐性テスト(^^;)

20171118_200716

いかにも敵っぽい。右が若い頃のスティング。

20171118_201146

クラシック風の宇宙船。
ワープはします。

20171118_201604

統治先のDUNEに行きます。

20171118_202715

香辛料を採種するのですが、それを守る巨大なミミズがいるので絶えず戦い。
まあ、腐海を守る王蟲のような感じと言えばわかりやすいかも。

20171118_204002

首脳部の裏切りでシールドが破壊されて、敵に攻められて、王が殺されて、脱出した王子がDUNEに住んでいる人たちと協力して逆襲をするという話。

20171118_211559

これがポスターにあるシーン。
ナウシカみたいな役ね(^^;
500mくらいあるミミズを言うとおりに操り、敵を撃破するというお話。

興味がある方はレンタルでも良いので、ご覧下さい。

R0054873

本編ディスクと、

R0054874

テレビ公開版(ロングバージョン)が付いています。
これはまだ見ていないのであれですが(汗)

けっこう高くなっています。
DVDも廃盤なので、同じくらいします。

英語版(日本語字幕なし)で良ければ、破格の値段で買えます。
但し劇場公開版のみです。


日本版マクベス 蜘蛛巣城(黒澤明フランス版Blu-rayBOX)

少し前に紹介したリージョンB(日本では普通では見られない)黒澤明SAMURAIBlu-rayBOXの映像です。

20171028_193429

こちらが多少リマスターしたものだと思います。

20171028_193435

選択メニュー

20171028_193525

まず出だしは綺麗です。

20171028_193825

蜘蛛巣城跡という史跡表示から始まります。

20171028_193935

相変わらずセットがすごい。

20171028_195244

三船敏郎と千秋実の二人が、殿の一大事ということで馳せ参じる所、山でもののけの老婆に出会い、予言を受けるところ。
まあこれもちょっと違和感ありまくりですが。
その話を信じて、とんとん拍子に出世します。

20171028_200012

殿様から、褒美の太刀を拝領する三船敏郎
出世して、側近の一員となる三船敏郎と千秋実

20171028_201721_2

殿様が少しの家来を連れて、訪問した際に、千載一遇のチャンスとして、奥さんの山田五十鈴(昔から老けてたのね)が三船敏郎を今なら殿を殺せるとそそのかして・・・

ここからが、例の最後のシーンに向けて動き出すというか。
疑心暗鬼というか。
まあ未見の方は、ぜひご覧下さい。

 

Blu-rayもDVDもそれほど金額に違いはありません。

最後のシーンは、大学生の弓道部が本物の弓を射って撮影したので、三船敏郎が、俺を殺す気か!という逸話もある真に迫った作品です。

羅生門デジタル完全版Blu-ray(KADOKAWA)

最近、何故か黒澤明や三船敏郎の特集が組まれたりしていますが。

R0054821

羅生門デジタル完全版Blu-ray命名が凄い(^^;)

R0054822

こちらが裏面。

例によって、天井映画館です(^^;)

20171112_192624

オープニングの大映マーク。
めっちゃ綺麗になっていました。

20171112_192633

映画のタイトルと言うよりも。門の看板から始まります。

20171112_192641

雨のクロサワという訳では無いですが、雨のシーンが良い感じで使われています。

小さい頃は、なんか全然意味がわからない映画で、こんなのが日本初のヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞したというのが、よくわかりませんでしたが。大人になって見てなるほどという感じの映画です。

20171112_192807

セットにしても、良い感じの寂れようの羅生門。
この辺も作品へのこだわりのある黒澤明です。

20171112_193053

そもそも、有名な映画なのであれですが。
雨宿りする志村喬と千秋実の二人に、後から来た上田吉二郎が、二人の会話に入って来るシーンから始まります。

20171112_193844

それぞれの視点である事件を思い出して語るだけの話なのですが。

20171112_194020

リマスターだけあって、フィルムの傷による雨は降っていないし、DVDでは眠かった映像が凄く綺麗になっています。

20171112_194253

三船敏郎の言い分。

20171112_195812

京マチ子が、シーンシーンで、めっちゃかわいく見えるときと、

20171112_202305

妖艶に見えるときの変化が面白いです。

個人的には年を取ってからよく知っているのであまり好きな人ではないのですが。
この頃はキュートです。

20171112_203614

三船敏郎は、粗暴で、ぶっきらぼうで、少し前のオーディションに応募したのですが。
本来は、親が写真館をやっていて、戦時中も軍のカメラ指導を行っていた関係で、キャメラマン志望だったのですが、復員後仕事がないということで、オーディションに応募。
しかし、役というよりも、野生児という表現が当てはまるほど、ギラギラした人だったので、オーディションでも真っ先に外されそうになっていたのですが、それを黒澤明が説得して、この粗暴な人を見事に世界のミフネにまで育て上げたのが黒澤明だそうです。

20171112_205652

リマスター前と後の比較が特典映像として同梱されています。

20171112_205814

写真ではわかりにくいですが、再生すると一目瞭然です。

20171112_205856

三船敏郎。左が修復後

20171112_210328

汗の感じと顔の表情、眠そうな映像がはっきりくっきりしています。

機会がありましたら、一度ご覧下さい。

 

左がBlu-ray、右がDVD

クライテリオンでも独自に修復しているので、比べてみても良いかもしれません。

一粒で二度美味しいミッドウェイ海戦75周年記念Blu-ray

映画ミッドウェイは、昔から好きで(まあ賛否ありますが)日本版が出る前はアメリカでしか売ってなかったので、アメリカから買って見ていました。

20171102_073756

左がアメリカ版、右が日本版

20171102_073809

なんと、特典ディスクは、劇場公開版よりも遙かに長い、テレビ公開版DVDが付いています。

20171102_073820

ネタバレのシーンリストもあります(^0^)

20171102_194552

オープニングからいきなり、昔の映画の東京上空12分をまんま使って(^^;

20171102_194927

日本語音声はテレビ放送の2種類あります。
残念なのは、三船敏郎以外がみんな日系人だということ。もしかしたら中国や韓国の人も居そう。
でも、太平洋の嵐を使っているので、何故か夏木陽介などが出てきたり(^0^)

20171102_200107

強引なのが、トラ・トラ・トラ!のオープニングで使われた戦艦長門が大和に(^^;

20171102_200103

時々出てくるのは太平洋の嵐のフィルム。

20171102_201408

一方、アメリカチームは、豪華な布陣。
主役のチャールトン・ヘストンとヘンリー・フォンダ以外に、ロバート・ワグナー、ジェームズ・コバーン、ロバート・ミッチャム他多数。
しかも、日本語吹き替え版は、それぞれ当時声を当てている人たちなので、声優が豪華(゚Д゚)

20171102_201707

まんま太平洋の嵐

20171104_085715

テレビ版は、4:3で左右をカットしてありますが、謎の中国人が操縦している謎の言葉が書いてある一式陸攻風の偵察機。

20171104_090317

これ何?(^^;

因みに、テレビ版は、珊瑚海海戦のシーンを、実写フィルムなどを加えて放映しています。
それ以外には、チャールトン・ヘストンの新しい彼女との逢瀬みたいなシーンが入っていて、映画本編では、奥さんと別れてという設定だけなのに、余分なシーンがあるだけなので、なんか疲れるだけです。

20171104_110923

これが有名な訳のわからん艦攻(^^;)
トラ・トラ・トラ!ではこんなシーンなかったし。
しかも、空母攻撃に向かっているにも拘わらず、魚雷搭載してないしという突っ込み所満載の映画ですが。

有名な映画のライブフィルムを多用しているので、歴史的な価値があるというのも手です。

R0054636

本編132分に、TV編集版は175分という。

 

価格差は大きいですが、綺麗な映像と豪華日本声優陣の吹き替えがあるので、もうこれは日本語で聞くべきと言う映画です。(^0^)


サスペンスてんこ盛りの新幹線大爆破Blu-ray(東映)

ちょうど1か月ほど前に、昔から好きだった作品、新幹線大爆破がBlu-ray化されたので保護しました。

R0054518

左がBlu-ray、右が前から持っていたDVD
キャプションが違う以外は構図も写真もほぼ一緒です。

R0054519

裏面。
未見の方もいらっしゃいますので、ネタバレはしませんが、3時間近くあるのと、日本版というとおかしいですが、ドラマ部分(犯人達がなんでこの事件を起こさなければならなかったのかという部分)を大幅カットして、爆弾犯と公安というか警察とのやりとりを主にした海外公開版では大きく違います。できれば両方入れて欲しかった。
私的には、日本版の方が感情移入しやすいので好きです。

何が凄いのかというと、よくまあ3時間近くの話の中に、これだけのものを入れ込んだというのが凄いです。
しかも国鉄(今で言うところのJR)からは、世界一安全な新幹線を爆破するなんて何事だと拒否され(^^;
部分的にしか、ロケさせてもらっていないという中で、どんでん返しに次ぐどんでん返し。
まあ見せる見せるという作品です。

今回は、冒頭部分をDVDとの画像を比較しながら紹介してみたいと思います。
条件は天井にプロジェクターを投影して撮影しています。

20171027_205223

冒頭部分
犯人が嘘ではないということを証明する爆弾をしかけるのに使用。
こちらがBlu-ray

20171027_210555

こちらがDVD
もう比べるもなく、Blu-rayがはっきりくっきり映っています。

20171027_205327

こちらが東京の俯瞰。
Blu-ray

20171027_210700

DVD
色合いが違いますが、メリハリが付いている方はBlu-ray
明るさはDVD

20171027_205331

犯人の拠点。
Blu-ray

20171027_210703

DVD
文字がはっきり見え、青空が見えるのがBlu-ray
明るさはDVD

20171027_205335

電話と灰皿、牛乳瓶
Blu-ray

20171027_210711

DVD
ここは完全にBlu-rayが綺麗です。

20171027_205412

高倉健さん
Blu-ray

20171027_210743

DVD
全然違います。

20171027_205509

新幹線の模型
Blu-ray

20171027_210841

DVD
色がBlu-rayは白、DVDは走り込んだ新幹線の色(^^;

20171027_205516

昔の東京駅。
Blu-ray

20171027_210848

DVD
解像度が全然違います。

20171027_205517

0系新幹線
Blu-ray

20171027_210849

DVD
DVDは構内が完全に潰れています。

20171027_205826

集中司令室の制御装置。
Blu-ray

20171027_211158

DVD
メリハリが全然違います。

20171027_205854

時刻表示板
この頃ってパラパラ時計みたいです。
Blu-ray

20171027_2112271

DVD
きもちDVDがぼやっとしています。

20171027_205917

新幹線俯瞰
Blu-ray
ライトがはっきり見えます。

20171027_211249

DVD
ちょっとぼけた感じ。

20171027_205919

新幹線アップ。
鼻の上の蓋がはっきり見えます。
Blu-ray

20171027_211251

DVDは蓋が白飛びしています。

20171027_205928

公衆電話から。
Blu-ray

20171027_211300

DVD
この辺知らない人がリマスターしたのか、Blu-rayは公衆電話が青いです。
公衆電話は、DVDの方が本当の色に近いです。

20171027_210130

北海道のタクシー
Blu-ray

20171027_211502

こちらはDVD
色のトーンがBlu-rayは全体的に青いです。

20171027_210222

新幹線のスピードメーター
Blu-ray

20171027_211556

DVD
明るさが違います。
でもBlu-rayは青っぽいのが気になります。

20171027_210227

千葉ちゃん
Blu-ray

20171027_211600

DVD
Blu-rayの方がメリハリが付いて綺麗なのですが、スクリーンプロセス(合成手法)での撮影が、ある意味丸わかりになっちゃいます。
この辺、少し前に紹介したマタンゴでも冒頭のヨットのシーンがそうでした。

20171027_210321

新幹線大爆破のロゴ。オープニングが結構長い(^0^)
Blu-ray

20171027_211655

DVD
目に優しいのは、DVD。
映倫とか富士フイルムとか見えているのはBlu-ray

お好きな方を選ばれれば良いかと思います。

 

左がBlu-ray、右がDVD
それほど価格差がないので、好きな方というか画質が良い方が良いかと思います。


新型DELL XPS13をつかってみた その6XPS13でガルパン編(DELL) #DELLアンバサダー #デルアンバサダー

そろそろ、ってゆうか、来月ですが、ガルパン(ガールズ&パンツァー)最終章が始まります。関係無いけど(^0^)
画像の高詳細さに加えて、音質にも定評があるXPS13なので、DVDを再生してみました。

R0054910

使用したアプリは、VLCメディアプレーヤー
注:公の体験マシンなのでぼかしてます。

R0054911

出だしから、2CHですが音が良いです。

R0054913

戦車砲の音なども良い感じで分配されています。
本当は5.1chや7.1chで再生すれば、センシャラウンド(戦車の射撃などに合った音声)が再現できますが、まあこれはこれで、音の解像度が高いし、重低音から高音までカバーできているので素晴らしいと思います。

R0054914

オープニングのテーマ曲も良い感じで再生してくれます。

なので、音が関係するプレゼンなどでも小さな部屋程度でしたらこのスピーカーで十分再生できると思います。

R0054915

続けて、ハリーハウゼン版元祖タイタンの戦い
特に意図して居る訳では無く、たまたま持っていくのに手元近くにあったので(^^;

R0054916

ライオンさんの声も良いです。

R0054920

このアプリですが(^^;)
字幕設定の選択画面がずれているので(汗)

R0054922

日本語を選ぶのが大変でした(^^;

使ってみて。

全体的な満足度は高いです。
バッテリーの持ち。
起動(はちょっと元祖の方が早かったけど)もそれなり。
動作、音、キー入力、画面の質。モニターの色合い、トータルバランスに優れたマシンであると思います。


1枚で2度美味しい、フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)Blu-ray(東宝)

マタンゴと同時発売されたのが、フランケンシュタイン対地底怪獣です。

20171103_141914

小さい頃映画館でみた記憶では、このまま地滑りで地底に没したと記憶していましたが、違いました(^^;

20171103_142245

好きな作品なので、海外版も持ってたりします。

20171103_201828

フランケンシュタイン対地底怪獣とかいてありますが、バラゴンとルビがふってあります。
ところが、怪獣の呼称がないまま、ストーリーが展開していくのですが、終わりの方になるとドクターのニックアダムスが「バラゴンがすぐに迫ってくる」(と納谷悟朗の声で)言うのですが、いつ名前がわかったのか?(^^;
これ、子どもの時からの疑問です。まあ、それは置いといて。

画質は全体的に向上しています。

20171103_202330

敗戦色濃いドイツで完成したフランケンシュタインの心臓を日本に受け渡すというところから始まります。

20171103_202455

昭和40年代になると、急に特撮の制度が上がります。

20171103_202515

原爆投下前の広島
もしかしたら、すずさんがいたかも。(違

20171103_202637

志村喬と土屋嘉男、こういう人達がちょい役で出てくるので、映画の重みが出て来ます。
安心して見られます。

20171103_202753

原爆投下から、15年でここまで復興しているのが凄いです。
まあ当時は、放射性物質の怖さが認知されていなかったという意味もあると思いますが。
そういう時代背景を考えると、この作品は丁度良い時代だから作られたと思います。

今作ってもおかしいですから。

20171103_203139

20171103_204023

Blu-rayの効果でしょう。新聞の文字がはっきり見えます。

20171103_204306

テレビがステレオ風。

20171103_205717

閉じ込められていた檻から逃げ出したが、育ててくれた水野久美の家は覚えていて、会いに来たフランケンシュタイン。
スケール感が丁度良い。

20171103_205735

なんか言いたそうなフランケンシュタイン。

ストーリーなどもしっかり作ってあるのが良いです。

20171103_211156

イノシシを捕まえようと落とし穴を掘ったのは良いけど、戦車が落ちてしまうと言う。
自衛隊(防衛隊)が出たのはこれと、エンディングの撤収せよ、だけで今回出番が全くなかった防衛隊。
次のサンダ対ガイラは、自衛隊(防衛隊)中心の映画でしたが。

20171103_211910

一方、家畜や人を襲って食べる地底怪獣。
何故バラゴンという名前になったのかは不明(^^;)

着ぐるみの怪獣対生身の人間という設定は当時としては斬新でした。
因みに、これが放映されたのが昭和40年、これがヒントになり、ウルトラQの変身(モルフォチョウの鱗粉を浴びて、人間が巨大化する設定)や、後のウルトラマンに繋がっていく事を思えば、興味深い作品だと思います。

20171103_141924

裏も良い感じです。

20171103_141942

中のディスクは、現行市販のDVDジャケット版で使われている写真です。

20171103_142308

海外版DVDは、日本公開版と海外版の2種類入っています。
安心して下さい、今度のBlu-rayは、どちらも入っていますから。


 

こちらは価格差の違いが、画質の違いにはっきり出ています。

マタンゴBlu-ray(東宝)

最近のスプラッターホラーや、テレビから髪の毛の長い女性がもぞもぞ出てくるものに比べたら、なんてかわいいという映画です。
さすがに小さなお子さまには厳しいかも知れませんが。実際、FB等で見るとあれで、きのこが嫌いになったとか、トラウマとかいう意見もありますので、確かに小さい頃に見たらショック倍増かも知れません。

20171103_141707

アニメ版ゴジラのシールが貼ってありました(^^;)

20171103_141819

ジャケットは、清純なX星人とは打って変わって、妖艶な水野久美さま。

20171103_141827

裏のまとめ方も良いと思います。

20171103_141855

中のディスクも良い感じで、みんな映ってます。

20171103_184054

映画は、東京風のネオン街の所で、久保明のモノローグから始まります。

20171103_184142

原案は、ウイリアム・ホープ・ホジスンの闇の声ですが、その辺はヒントで星新一さんが大きく変えて作ってあります。
高精細のBlu-rayになったので、はっきりくっきりしてしまい。このような絵とか

20171103_184254

セットでの撮影がバレバレです(^^;
まあ昔の映画ですし。

天井にプロジェクターで投影しているので、時々カーテンや照明などが見えますがご容赦下さい。

20171103_184554

いわゆる、お金持ち仲間が遠洋航海も可能なクルーザー(豪華ヨット)で航海に出ていたら嵐に遭って無人島に流れ着くというお話。
写真は呆けていますが、スポンサーのバヤリースとかアサヒビールなどの懐かしい缶が出てきます。

20171103_185931

所々、青空などが見えるときがありますが、それ以外はほとんど霧だったり雨だったりしているので、Blu-rayの恩恵はあまり無いかも知れません。

20171103_190500

先に漂流した調査船(難破船)を取りあえずの居住地としますが、難破船に残されていた食料を勝手に盗むわ、掘り起こしたウミガメの卵を金持ちに売るわ。
まあ、色々人間の欲というかが出てきて、仲間意識も分かれてという、怖い面は心の奥底にあるものがむき出しになるのが怖いと言えば怖いです。

20171103_200823

特典映像もけっこう入っていますが、DVD版の特典を流用した物も多いので既にお持ちの方は面白くないと思います。

確かに、画質が良くなっていますが、良くなった分逆に粗が見えてしまう面もあるので、その辺を差し引いて買われるのが良いかなと思います。

 

東宝Blu-rayにありがちなのは、長く販売されていても洋画のように値崩れしないで価格がほとんど下がらないことです。
興味がある方は逆に早めにお求めされるのが良いかなと思ったりします。

DVDでも良いと思いますが。
マタンゴだけ、値段の下がり方が遅いというか、少し安く買ったのですが200円位上がっているので、本数が少ない場合は、逆に値上がりする場合があるかもしれません。


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選その4恐怖の報酬映像比較

こちらは、紹介するまでもない、超有名な作品です。
ロイ・シャイダー主演で80年代にも作られました。
私的には、どちらも好きな作品です。

イブ・モンタン版(アンリ=ジョルジュ・クルーゾー版)は、最初の部分が凄く長く感じてそこで飽きてしまう方がいると思いますが、どちらも名作です。
今回は、岩波版のHDマスターと、こちらの4Kリマスターとの比較をしてみたいと思います。
いずれも出だし部分なので、肝心な部分はネタバレしていません。
再生機の設定で、本来は4:3版で作られていますが、DVDの方は拡大表示されていますのでその辺はご容赦下さい。
いずれも、天井映画館で撮影した物なのでランプなどが映り込んでいる場合があります。

R0054110

こちらが恐怖の報酬の表面。

20170904_202026

オープニング、子どもがGに紐を付けて遊んでいるシーンから始まります。
DVD版

20170904_203007

Blu-ray版
この時点で解像度が全然違います。

20170904_202034

カメラが引いていくと、子どもがGに紐を付けて遊んでいるのがわかります。
DVD

20170904_203016

Blu-ray。
麦わら帽子の編み目がはっきりくっきり映っている。
肌の色が詳細に映っている。周りの砂利が綺麗に見える。

20170904_202055

物乞いの風景
DVD

20170904_203036

Blu-ray
壁のひび割れの精細さ。
テントで売っている商品がよく見えます。

20170904_202114

川で洗濯をする主婦。
DVD

20170904_203054

DVD
お母さん達の服の柄が良く見えます。

20170904_202208

イブ・モンタンが店の椅子に座って新聞を読んでいます。
仕事待ちの人達がたむろしている風景
DVD

20170904_203150

Blu-ray
隣の先生と呼ばれている人の服の柄
新聞の記事などの詳細さがわかります。

20170904_203234

こちらはBlu-rayのみですが、店内の売り物の麦わら帽子や、外で散水している馬車などがはっきり見えます。

この後もかなり日常の記述が長く描かれていて、その後、油田で火災がありそれを消火するのにニトログリセリンを爆発させその勢いで消火しようという話になって、運転ができる人を募集。

20170904_203607

20170904_203718

大勢の応募の中から、運転が上手い人、車中の水をこぼさずに運転できた人を選んで、運ぶという。
書けばめっちゃ簡単な話なのですが、鬼の洗濯板みたいな道や、崩れている道、最後の方では油を送るパイプが破裂していて原油の池になっているなどまあ、次から次に障害が出てくる凄い話です。

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0716HYY73/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=zeak-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0716HYY73&linkId=86fd004e901721208f5d7698a2e9d68d

左がボックス、右が単品

こちらが比較で使ったDVDですが、Blu-rayの方が断然高精細です。

てゆうか、これもう廃盤で、高騰しています。
自分は2000円位の時に買いましたが。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ