映画・テレビ

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編

重量とありますが(^^;)

大きさを比較してみました。

R0056885

スペインで買ってきたホールズ(^_^)風邪引きそうになったので。
ほぼ同じ大きさです。
日本のものともたぶん同じかも

R0056886

クラウドファンディング発売当初のガジェットサイトでコメントされていたと記憶していますが、少し大きめのUSBメモリくらいと言ってましたが。
かなり違います(^^;)

R0056887

単3電池と。

R0056889

万年筆大好きッ子系では、カヴェコスポーツに近い大きさです。

とまあ、こんな感じですが。

R0056884

重さは、正味29.6gと非常に軽いです。

R0056888

さっき出てきた、eneloopが26.0gなので、電池よりちょっと重いくらい。

R0056890

カヴェコacスポーツは23.2gなので、やはり電池をイメージしてもらえると一番わかりやすいかもです。

その他ですが、本製品は、アーキサイトというキーボードや電脳小物周辺機器を扱っているメーカーが代理店になっているようです。
と言う訳で、買ったらオマケで頂いたものが・・・・

R0056851

こんな感じで送られてきました。

R0056852

2.5インチポータブルハードディスクケースです。

R0056853

こちらが裏面。
あー海外に行くときにこの箱があれば(^^;

R0056854

箱はソフトケースですが、たぶんウレタン樹脂で成形されているらしいので、強いです。

R0056855

開けたとこ。
外付けハードディスク用と言いながら、スリットが二つ付いて、ポケットが二つあるので、モバイルWi-FiルーターとXROUND本体ケーブル、小型モバイルバッテリーを入れればお出かけセットが完成です。

視聴編に続きます。(たぶん)

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

その他で紹介したケース(^^;)

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その2本体編

R0056869

スイッチ類。
左はボリューム(増減)
右は、スピーカー出力をするか(左)、ヘッドフォン(含むイヤフォン)(右)か選択するスライドスイッチがあります。
中立でオフになります。

こちら側を向けた時には自立しないため手で持って撮影しています。

R0056870

反対派、充電用microUSBコネクタ、その横は、充電用インジケーター
下(右)に向けて湾曲しています。

R0056871

片方はイン。(音源から差し込む奴)
普通のミニジャック(3.5φ)になります。

R0056872

反対側は出力側になります。スピーカー等です。

R0056874

内容物。
左から取説、USB充電ケーブル。入力用ケーブル。XROUND本体。収納袋となっています。
本体以外は、紙の箱の方に入っています。

R0056875

イン用のオーディオケーブル。
金メッキでよさげです。
気に入らない方は、専用のオーディオケーブルを用意しましょう。

R0056876

こちらは本体充電用microUSB
microUSB側がL型アングルになっているので、支障を来さないと思います。

R0056877

装着したとこ。

R0056882

充電中のようす。
ケーブルの向きが違うのは、SONY用のが付いてるから(^^;)

R0056883

別アングルから。
充電中は赤いインジケーターがが点きます。

R0056878

多国語の取説があります。
同梱されていたのは、英語、中国語、日本語バージョン。

R0056879

こんな感じで、2色刷されているので、不安な方は一読されると良いかと思います。

R0056880

バッテリー使用は約7時間となっていますので、(実測は不明:使い方やボリュームによりますし)アウトドアでも利用ができます。
また、充電しながら使用することもできるようです。

R0056881

こちらね。
因みに、電源がない場合は、外付けバッテリーを使うと言う手もあります。
まあ、プロジェクター等を使う場合は、電源がどこかにあると思いますので、USB用ACアダプターがあると安心かもです。

重量その他編に続きます。

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その1開封編

昨年夏頃に、クラウドファンディングで、紹介されたらあっという間に目標金額の数百倍の支援を受けたXROUND。
今年の春に発売されましたが、入手する機会がありましたので紹介します。

普通サラウンドシステムとなると、システムアンプ、巨大なウーハー、それに4~6個のツイーター(背後チャンネル用小型スピーカーが必要になります。
そうなると、5万以上しますし、持ち運びは難しいですね。
あとは、棒状のサラウンドシステムもありますが。それも結構重いです。
というわけで、流石に天井映画館には向いていません。なので、このようなものを保護してみたのですが。
果たして使えるかどうか。

R0056856

箱がカッコイイです。
細い線が入っていて、音楽の波みたいなのが見えるしくみになっています。

R0056857

ちょいとずらしたところ。

R0056858

こちらが英語版のイメージ解説。

R0056891

日本の正規代理店さんが張ってあるシール。
注意書きが、新ロットより本体にプレミアムロゴが入りますが、製品に変更はございません。とありますが、その下に書いてあるように、海外の旧製品と区別するために追加されましたとあります。

R0056860

横から。
どうも二つに分かれるようになっているようです。
封印もされています。
破れやすい素材なので、勝手に開けられたかどうかわかるようになっているかも。

R0056863

引き出すと、やはり音の波みたいな絵が出てきます。

R0056864

箱開けたとこ。
ちょっと上下が逆になっていますが。
何も説明なくても、あるいは日本語がなくても良くわかるパッケージデザインです。
下の紙ベースの所には周辺機器等。
上の樹脂ベースの所には本体が入っています。

R0056866

逆さにしてみました。
写真のように本体が収まっています。
取説を読まなくても、このイラストだけでわかっちゃうのが偉い。
上の〇は、後述しますが、なんにも点いてない状態ではノーマル音源がそのまま行きます。(バイパスと書いてあります)白丸(白いランプ)は、スタジオ(音源で言うところの、音楽)、赤い丸は、シネマとあるように、映画用モードになっています。

R0056867

上の樹脂を開けたとこ。
本体ちっちゃ(^^;)
なくしそうですね。
上にあったようにXROUNDのプリントロゴの上に、プレミアムロゴが浮き出しになっています。

R0056868

本体出したとこ。
単純に平らなデザインではなくて、斜めにカットされたデザインになっています。

本体編に続きます。

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

海底軍艦の画像比較 日本映画専門チャンネルvs東宝Blu-ray

海底軍艦も日本映画専門チャンネルにてHDリマスター化されて8月に放映されたので、手持ちの東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションと比較をしてみたいと思います。
例によって、天井映画館です。日本映画専門チャンネルはBlu-rayに焼いたものをプロジェクターで天井に投影し、iPhoneで撮影し、ホームページ用にリサイズ圧縮(部分的には傾き補正)したものです。

最初に、日本映画専門チャンネル、後ろに東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションです。

20180803_190916

日本映画専門チャンネル、東宝スコープという表記が懐かしいです。

20180810_214652

いきなりの違い(^_^)
東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションは、ノーマルの東宝ロゴです。

20180803_191130

日本映画専門チャンネル

20180810_214826

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
特に色の差は見られません。

20180803_191510

日本映画専門チャンネル
真琴(藤山陽子さん)

20180810_215056

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
こちらの方が、服の様子、肌のメリハリ、髪の毛の具合など、詳細に映っているような気がします。

20180803_191810

突如発生した地震で倒れたポット
日本映画専門チャンネル

20180803_191810_2

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
メリハリの具合はこちらの方がはっきりしています。

20180803_191813

楠見のおじさま(元少将)が経営している光国海運
日本映画専門チャンネル

20180810_215305

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
明るさは、日本映画専門チャンネル、メリハリは東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_193246

日本映画専門チャンネル
他のリマスターに比べて、こちらの新聞はラフにつくられているらしく、あまりメリハリがはっきりしていません。

20180810_220134

それは東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションも同様。

20180810_220307

なぜか地球防衛軍に登場するミステリアンの宇宙ステーション(^^;)
比較するまでもないので、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180810_220310

宇宙大戦争に登場するJSS3(日本の監視宇宙ステーション
こちらも東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_193547

MU人の潜航艇。
日本映画専門チャンネル

20180810_220337

こうやって見て行くと、そんなに大きな差が見られません。

20180803_193603

字幕が、日本映画専門チャンネルでは右側。

20180810_220352

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションでは下側。
個人的には右側の方が好きだな(^^;)
東宝特撮怪獣映画や、ガメラシリーズなどでは普通フィルム焼込型の字幕が多いのに、別インサート型のは珍しいです。

20180803_195745

海底軍艦の初登場シーン。
日本映画専門チャンネル

20180810_221501

若干、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションの方がはっきり映っている感じがしますが、どちらも良好に映っています。

20180803_195820

合成も上手くできているし。
日本映画専門チャンネル

20180810_221535

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_200214

有名な浮上シーン。
日本映画専門チャンネル

20180810_221929

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_200230

飛行シーン。
日本映画専門チャンネルでは見えにくいですが、ピアノ線がちゃんと見えます。

20180810_221945

色合いも雰囲気もほぼ似ています。
微妙に、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションではピアノ線が見えない位でしょうか?

過去にいくつか日本映画専門チャンネルと東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションの比較をしてきましたが、今回のはオープニングの東宝ロゴ以外はかなり似ているフィルムの状態だと思います。


終戦に向けて「HDリマスター 日本のいちばん長い日」岡本喜八版Blu-ray

DVDも持っていますが、中古で安かったのでBlu-rayリマスター版保護しました。
好きな作品の一つです。毎年終戦近くなるとつい見てしまいます。12月にはトラ・トラ・トラ!、年末は大脱走か七人の侍。恒例行事になっています。

R0057545_2

こちらが表。

R0057546

こちらが裏面。

20180723_200303

東宝創立35年記念作品ということで、かなり力入ってます。

20180723_200444

7月26日海外からポツダム宣言を受諾するように勧告が受信されます。
そこから8月15日までのお話です。

20180723_200520

翌日閣議が開かれます。

20180723_200558

阿南陸相は、世界の三船。三船敏郎。もう、この人が出てくるだけで締まります。

20180723_200645

時の総理は、鈴木貫太郎(笠智衆)似ています。

20180723_200701

昔の新聞ですが、リマスターなので字が読めるくらい綺麗に見えます。

20180723_200656

但し、当時の新聞を使っていますので、フォントが潰れているものもあります。

20180723_200703

市ヶ谷陸軍省

20180723_200734

阿南陸相に問い詰める若手将校。
中丸忠雄と黒沢年雄がまた鬼気迫る名演技をしています。

20180723_200901

日本からの返事がない、黙殺されたということで・・・

20180723_200930

原爆が落とされます。(一部の節によると、別に落とさなくても日本は疲弊していたので遅かれ早かれ降伏するだろうという意見があり、せっかく原爆ができたんだから、脅しの意味と実用的かどうかと言うことで落としたという意見もあります。また広島と長崎は種類が違う、プルトニウムとウラニウムの原爆なので、相次いで落としたという話もあります。)

20180723_200944

と同時に、日露不可侵条約が結ばれていたにも関わらず、どさくさに紛れて満州へロシア軍の侵攻。
併せて、樺太、北方四島を実効支配しちゃったし。

20180723_200959

8月9日地下防空壕で、天皇への意見を仰ぐ会議を開いているときに、

20180723_202306

2発目の原発が長崎に落とされます。
これで、日本は息の根を停められます。

20180723_202942

と、ここまでがプロローグ。約30分(@@;

20180723_203107

たぶん、日本の映画では一番タイトルが遅く出ている作品では?

20180723_204014

本田組と黒澤組の常連、土屋嘉男

20180723_204205

平田昭彦

20180723_205604

ここからはないしょ。
玉音放送、天皇陛下の終戦の詔(みことのり)を放送するのを察知した、徹底抗戦組が8月14日にクーデターを起こそうとし、様々な妨害工作を行おうとする1日の話。

20180723_213852

玉音版の録音。

20180724_204536

予告編に出てきたオールスター。
本当にそうそうたるメンバーです。

 

製品版は、Blu-rayとDVDで、今時点ではそれほど価格差がないので、見られる環境があればオススメです。

また、私が中古で安く買ったのは初期ロット版なので、ポツダム宣言の文言が消えています。
多くの方のクレームによち重版版(改訂版)を出したんだそうです。
本当は、初期ロット購入者については、今年の1月~5月まで無償交換してくれたらしいのですが、入手したのが最近なので仕方ない。本当は期間を定めるのはおかしいと思いますが。

皇帝のいない八月Blu-ray (松竹)

某*天ポイントが切れそうだったのと、密林で高くなっていたので保護しました。

R0057009

皇帝のいない八月Blu-rayです。
昔から小林久三さんのファンで、まず小説から行って、映画化されたので劇場で見て。
つまらないという意見もありますが、この尺の中で上手く収めたなというイメージと、当時はまだあったブルートレインを使った、テロ(クーデター)の話です。
個人的には、東映の新幹線大爆破と共に好きな映画です。

R0057010

表紙は、当時のポスターです。

R0057011

こちらが裏面。
そうそうたる出演者です。

R0057012

なぜか復刻版ロビーカード(映画館に貼るすちーるみたいなの)も入ってました。

R0057014

どんだけ好きかというと、DVDも持っています(^^;)

20180624_201203

まず、自衛隊の各方面隊から、決起したグループが東京を目指すという所から始まります。

20180624_201208

岩手県。

20180624_201349

画質はDVDに比べるとかなり良いです。

20180624_201420

文字はフィルムに焼かれていますが、Blu-rayになったぶん解像度が上がっているので見やすくなっています。

20180624_201443

興味がある方はレンタルまたは、・・・・
ぢつは、サントラも持っています(^^;)


イヤフォンと首元スピーカーで楽しめる新感覚音響体験SeoBiog(seo best)

SeoBiogという、首元スピーカーを搭載したマシンを使ってみました。

R0057751

ケースはロハス仕様ですが、見出しが、ホームシアターを貴方の耳にと書いてあります。

R0057752

箱は全部英語ですが、・・・

R0057755

取説は日本語になっているので安心して下さい。
まあ、この手のBluetoothイヤフォンやヘッドセット、ヘッドフォンは仕組みがほぼ一緒なので使い方も問題ないと思います。
同梱品は、本体に、SとLのイヤピース、ビニールに入っているのがmicroUSB充電ケーブル。それと取説になります。

R0057756

こちらが日本語の取説とパーツ名称、仕様になります。
イヤフォンで30時間、スピーカーで3時間とやはり外に音を出すのと大音量になるので違うんでしょうね。
因みに900mAhのバッテリーを搭載しています。

R0057757

こちらが本体。

R0057765

イヤフォン部は収納されています。(磁石でくっつきますのでぶらぶらしません)

R0057766

引っ張るとカチカチとテンションがかかって、引き出すことができます。
ちょっとケーブルが華奢なのが気になりましたが、私的にはネックスピーカーとして使いたいので(^^;)

R0057758

スピーカー部。
音の解像度は高いです。またクリア系の音がします。

R0057759

首にかけて左側にマイクがあります。
音楽を聴いていて不意に電話(やLINE電話、メッセンジャー電話)がなっても対応できます。

R0057760

首から見て左側には、ボリュームボタン+-と充電コネクタがあります。
充電はmicroUSBです。

R0057761

スピーカー部は首に当たる部分もあります。

R0057762

首から見て左側の内側には、電源ボタン、ホチキスの針みたいなアイコンは、受話ボタンになります。

R0057763

首から見て、右側の外には、スキップ(曲飛ばし)、リバース(曲頭出し)ボタンが独立しています。

R0057764

首から見て、右側の内側には、再生、一時停止ボタンと、写真の右側には、イヤフォンとビルトインスピーカーの切り替えボタンがあります。

本体重量は実測100gですが、首にかけていて音楽を聴いてもそれほど負担になる重さではないと感じました。
また音ですが、スピーカーとして聞きましたが、イヤフォンと違って開放的なので、疲れずに聞くことができるという点。小さいスピーカーですが、イヤフォンに比べるとかなり音が良いので、低音から高音までそつなくこなせるのが良いと思います。
但し、クラシックなどバイオリンなどの細かな音を聞くのにはちょっと適さないかも知れません。

ボックス(箱の)タイトルにあるように、夜などで映画を見るのには最適だと思います。
そういう使い方をする分には最高のマシンかも知れません。

興味がある方でほしいなと思った方、(いつまでやっているか分かりませんが)本文中の下段に500円のクーポンがあるので、購入時に押せば割引になります。
購入後に押しても、効きませんので事前にポチって下さい。

天井映画館 激突!DUEL 想い出の復刻版Blu-ray(UNIVERSAL)

楽天の期限切れのポイントがあったので保護。

R0057211

テレビ版の穂積隆信さんの音声が入っている方の奴です。

R0057212

裏面。

R0057213

中身。
昔の復刻スクリーンの解説が入っています。

20180624_201812

懐かしいロゴ。
プロジェクターを天井に投影して、iPhoneで撮影しているので、切れているものもあります。
スピルバーグを一躍有名にした作品なので。言わずもがなですが、

20180624_201838

主人公が自宅を出るところから始まります。

20180624_201853

町を通り抜け。

20180624_201908

ラジオ(たぶnアメリカのAM)を流しながら、・・・・

20180624_201937

トンネルを通り抜けるところから始まります。

20180624_202146

主人公の乗った車。

20180624_202240

スピルバーグ・・

20180624_202332

目の前をとろとろ走るタンクローリー。

20180624_202352

Blu-rayなのでめっちゃ画質は良いです。

20180624_202404

悪夢はこのトレーラーを抜かしたところから始まります。
日常の通勤風景が一転して恐怖の連続になるという、最近煽り運転などで死者やけが人逮捕者が出ていますが、今も昔も似たような話があったと思います。

20180624_202417

このサビとか汚れ具合もDVDに比べると凄く精細に見えます。

20180624_202442

これが怖い。

20180624_202532

二回ほど抜いた後からもう映画が終わるまで延々と・・・・

と言う訳で興味がある方は、レンタルまたはこちらで。


 

原語で良ければ安いものがあります。

宇宙大怪獣ドゴラ ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL53

以前、本ブログでも紹介した、HDデジタルリマスター版の宇宙大怪獣ドゴラがメディアとしてあるので、あれですが(^^;)
地味だけど凄く好きな作品なので、ポスター他グッズ集として、ポイントを使って保護しました。

以下のリンクは、日本映画専門チャンネルを録画して天井映画館として、撮影した写真を紹介しているものです。
特に、最初は、DVDでしかない作品でしたので、HDリマスター(Blu-ray)と比較する意味で載せてありますので、興味がある方は、併せて閲覧確認ください。

宇宙大怪獣ドゴラ 映像比較(東宝・日本映画専門チャンネル)

宇宙大怪獣ドゴラ その2 気がついた点(東宝・日本映画専門チャンネル)

R0057471

こちらが表紙。
このシリーズの特徴として、表紙(あるいはDVDのジャケット)が、今まで使われていないスチルをベースに構成されていること。
これだけでもある意味価値があります。

宣材というか、イメージで良く言われる奴ですが、9大コレクションと言いながら、混ざっちゃっているのでそんなに多い点数のようには感じない(^^;)

R0057472

こちらが裏面。

R0057473

開けたとこ。
左がパンフレットと下におまけのDVD(^_^)
右側がメインの色々な当時もの復刻版印刷物。印刷復刻されたものなので、希少性はあれですが、見たこと無いものとかポスターとかおじさんにとっては貴重。

R0057474

パンフレットに何故か隼号と鳳号が(^^;
ドゴラのこのポスターや雑誌の口絵などでは凄くイメージが良かったのですが、残念ながらメインは、ダイヤ強盗団と、Gメン、警視庁、宇宙開発研究所などが複雑に絡まったサスペンス風の話が中心。
なので、当時としては酷評されましたが。
私的には、上手く特撮が絡まった面白い映画というのが好きな理由。

R0057475

9大付録のごにょごにょは。
こういう所にも使われている宣伝材料

R0057477

パンフレットの裏面とか。

R0057479

おまけのDVDに姉御(若林映子)のスチル。

R0057480

今回も、下2つが、クリアファイル。これだけでも以下略
上から、半裁ポスター、東宝ニュース×2、次回のマタンゴのスピードポスター。
これだけだと6大付録なので、やはりさっき出した宣材類もおまけに入っているんでしょうね。

 


4KホームプロジェクターHT2550を試す その3 4K写真閲覧編(BenQ) #BenQアンバサダー #BenQ使ってみた #BenQ #HT2550

4Kというか、高解像度で撮影した写真をプレビューしてみます。

手持ちのノートパソコンのHDMI出力に繋げて、外部モニター出力にしたら・・・・

R0016723

アイコンちっちゃ(^^;)
近くでも見えないこりゃ8Kか?ってゆう位アイコン小さすぎ。

R0016724

右端の表示方法選択(ミラー画面、出力のみ、サブ画面)も見えません(^^;)

R0016725

これが離れて全体を見たようす。これでは、そもそもマウス(タッチパッド)を動かして、目標のアイコンを選択するのが大変(^_^)

R0016726

スタートメニューを出してもこの小ささ(^Д^)

とゆうことで、4Kモニター状態になっていることから、4Kで撮影した写真を表示してみます。

R0016727

ノイシュヴァンシュタイン城

R0016728

ホーエンシュバンガウ城

R0016729

ローテンブルクの街並み
いずれも高精細で、プロジェクターがここまで進化しているのかというのを感じさせてくれる体験でした。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ