映画・テレビ

怪獣大戦争(東宝特撮Blu-rayセレクション)

DVDでは海外版も含め何個も持っている怪獣大戦争ですが(^^;
Blu-rayセレクションです。

R0051916

スリーブケースは飛ばして。
箱です。

R0051917

裏面。

R0051918

古い商品ですので、今もシールが入っているかはわかりません。

R0051919

あと、何故かわかりませんが、これだけは外パッケージがキラキラしたラメが入っていません。
ま、どうでも良いけど。

P2100001

チャプター画面です。

P2100022

肝心の画質ですが、こちらはかなり良いと思います。
(モアレは撮影時の画面とカメラの向きです)

P2110088

X星人の兵器ですが、大怪獣モスラの原子熱戦砲、
こちらも綺麗です。

P2110102

合成も良い感じです。

P2110140

前にもアップしましたが、こちらは富士宮市の浅間大社の横、湧玉池から神田川に流れる部分から撮影したもの。
実写はあまり綺麗ではありません。

これからいくつかは、ライブフィルムの流用。

P2110145

空の大怪獣ラドンが、博多を襲うシーン。上下をカットしてワイド画面に対応させている。
画質は単純にリマスターした、ラドンには劣ります。

P2110147

こちらも同様。
電車を走らせるモーターのリード線がかろうじて見えるレベル。
こちらも、リマスターのラドンには劣ります。

P2110148

いろんな怪獣映画や特撮映画などでの最多出演率を誇る。
瓦が舞うシーン。
これもちょっと薄い感じです。

P2110161

こちらはキングギドラが富士宮の町を襲うシーン。
新規撮影。
なのでライブフィルムの流用に比べると、うろこや爪が綺麗に映っています。

P2110167

切り替わって、ラドンの博多襲撃シーンのフィルム。
なので、戦車がたぶんチャーフィーです。
上下カットして流用。でも絵がぼけた感じ。

P2110176

これもラドンで使われた1シーン。
ビルの中を逃げ惑う人が映っていますが、やはりぼけた感じ。

P2110183

こちらはモスラで使用されたもの。
こちらもぼけています。

P2110222

ところが、Aサイクル光線車(後のサンダ対ガイラのメーサーに転用される物)になるとやはりフィルムがきれいなのか、はっきりくっきり見えるので良い感じです。

P2110249

怪獣大戦争(良く右翼の街宣車でも使われる元気が出るマーチ)と共に、この光線が良い感じで見えてて、・・・

P2110262

こういうシーンになると、Blu-rayはやはり良いなと思います。
と言う訳で、このBlu-rayは東宝特撮Blu-rayセレクションでもまともな方だ思います。


 

左が紹介したBlu-ray、良心的価格です。(希少のものだと、元値を上回っていますから)
右は、再販された名作セレクションのDVD

こちらは、ポスターやパンフレットを復刻している、本ブログでも紹介したDVDがオマケに付いてきている書籍。
画質はそれなりです。

ヒンデンブルグDVD

ヒンデンブルグの爆発までの過程をサスペンス風にしてヒットした映画ですが。
残念ながらBlu-rayではなくて、DVDでだいぶ前に発売された物です。
映画館で見て以来です。

R0052078

こちらが表面。

R0052079

こちらが裏面。
なんと、テレビ放映版の吹き替えが入っています。
まあ、その辺は字幕でいつも見ているのであれですが。

R0052080

盤面も渋いです。

20170504_074514

物語は、予言者の投稿から始まります。

20170504_074535

それを受けたドイツ側が、パットン大戦車軍団で有名な、ジョージCスコット空軍将校を艦内(飛行船内というか)で疑わしい人を探して爆破を阻止しようというお話です。

20170504_082214

いろんな怪しい人物を探るのですが、何故か第二次世界大戦以前の飛行船内の怪しい人物の鞄に、伊藤博文の1000円札が(^^;
この時代には発行されていないので、時空を飛び越えてきた未来人かも(゚゚ )☆\ぽか

まあ物語の後半まではサスペンス風の展開になっているので、けっこう楽しめます。
それ以外に、当時の飛行船内の描写があって、空飛ぶ豪華客船とも言われたヒンデンブルグ号の中が描かれているのが興味深いです。

20170504_090714

後半アメリカに到着する頃から、白黒とカラーの切り替えをしながら、物語は実写シーンに行くのですが、

20170504_091928

CGもまだあまり進化していない時代にミニチュアと合成しながらゆったり動くヒンデンブルグ号の大きさが伝わってきます。

爆発は既に皆さんご存じのことなのであれですが、当時着陸を歓迎するため、記者が大勢詰めかけていたので、ライブの映像があり、映画用の撮影と実写がうまく合成されていて、良い感じの映画になっています。

レンタルではあまりないのですが、興味がある方は探して見て下さい。

本当はBlu-rayで見たい所ですが、現時点ではDVDしか出ていないのが残念です。


US版キングコングの逆襲KINGKONG ESCAPES Blu-ray(日本未発売)

日本ではいまだにBlu-rayが出ていない、キングコングの逆襲ですが。
USAmazonに前からあるのは知っていましたが、たぶん日本では出ないと思い保護しました。

R0052594

こちらが表面。
何で逆襲なのに、キングコングの脱走なのでしょうかその辺がおかしな英語タイトルです。

R0052595

こちらが裏面。
外フィルムに、メキシコ製と書いてあります(^^;

R0052596

開けたとこ。

注:残念ながら日本語は入っていません。全編英語。
  ほとんど日本語の台詞は覚えているし、簡単な英語なので特に問題はありません。

20170420_195140

ユニバーサル映画だったのね。

20170420_195150

日米合作映画なので、オープニングから英語がカッコイイです。

20170420_195209

これでちょっとずりっとなりますが(^^;

20170420_195229

ちゃんと東宝メンバーも英語で書いてありますので。

20170420_195307

この辺が日本にはないシーン。

20170420_195315

外人が沢山出てくるので、英語で話した方が違和感がないです。

20170420_195635

ドクター・フー(イギリス版ドラマぢゃないよ)天本英世さんも英語を話しています(当然
また流ちょうな英語を話すのよ。浜美枝さんも。

写真なのであれですが、Blu-rayなので、髪の毛一本一本もクリアです。

20170420_195749

広大なミニチュアも解像度が上がっている分綺麗です。

20170420_195834

DVDでは気にならなかったのに気になるのが、実写とミニチュアの合成部分。
色が違っちゃうのと、ミニチュアが妙に綺麗に撮れているのに、手前の人物の合成部分がちょっとぼけた感じがします。
これは当時の合成技術の問題なのでそこまではクリアにはなりません。
洋画の合成、例えば、大津波に襲われる人々とか、十戒の海が閉じる部分とかの合成も同じです。

20170420_200657

エクスプローラー号も大スケールで製作してあるので、リアルに見えます。
撮影の関係でモアレが出ていますが実際の画面はかなり綺麗です。

20170420_200734

実写サイズのホバークラフト(実際は車)もかなり細かく良く見えます。
また、葉っぱの一つ一つも解像度が高い分綺麗に見えます。

20170420_200758

ジャングルの絵が、奥の実写と手前の絵画は、今回のBlu-rayを見て初めて知りました(汗)

20170420_201309

ゴロザウルスも綺麗に映ってます。
東宝怪獣の中で唯一、リアルな恐竜っぽい怪獣です。

20170420_201900

キングコング(着ぐるみ)に対して、この大きさの模型なので、かなりリアルです。

20170420_202900

敵のジェットヘリコプターですが、ピアノ線はかろうじて見えるので、デジタル化する際には、そこまで消さなかったのかそれともマスターをそのままデータ化したのかわかりませんが、良い感じです。

20170420_210430

動いている人(甲板)とメカニコングの横にいる、ミニチュアの人もちゃんと動いていて、合成がうまいのがよくわかります。

20170420_211056

ミニチュアと、自衛隊員の合成もBlu-rayならよくわかります。

20170420_211259

1/20スケールだと思いますあ、ミニチュアと実写の合成が違和感ないのが良いです。

20170420_211522

左右の模型と、奥の模型、その間に本物のエキストラというか自衛隊員の合成が素晴らしい。
というくらい、Blu-ray化の恩恵があります。

残念ながら全部英語ですが(笑)

でも、良い感じです。

こちらが日本語のDVD

日本のAmazonでも買えます。
但し、アメリカやイギリスなどから送ってくる場合もありますのでその時は2~3週間かかります。
在庫が日本にある場合は翌日などすぐ着く場合がありますが、たいがいアメリカなどから普通郵便で送るので結構時間がかかるのをご承知下さい。

但し、アメリカから直で買うよりも送料は安いと思いますのでどっちが良いかは好みで。
アメリカだとレートにもよりますが$7.88、自分が買った時には$8.3くらいでしたのでまた安くなっています。
アメリカは、日本のようにそれほどふっかけて売らないので、日本語が入ったものでも安く買えるというメリットがあります。

その際は、ある意味掛けの部分もあったりします。

「オルカ」デジタルリマスター版Blu-ray

少し前に買ったのであれですが、少ししか作られなかったらしく今逆に高騰しているという映画。

20170504_124427

ジョーズが大ヒットしたので、類似の映画が沢山作られました。
その中でも異色の作品です。

20170504_124432

こちらが裏面。

20170504_124504

開けたとこ。

なかなかレンタル屋さんにもないしということで発売されてすぐに保護。
何故か今はめっちゃ高い。

20170504_205508

こちらがメニュー画面。
映画の海外版ポスターがベースになっています。
イメージポスターを見ると白鯨みたいな感じですが、全然違います。

20170504_205104

こちらはショートカットメニュー。
流しながら音声とか替えられます。

20170504_205045

リマスターだけあってめっちゃ解像度が高いです。
クリアだし。

20170504_205346

お約束のサメも出てきます。

20170504_205417

ジョーズに出てきたような漁船。

20170504_205553

ダンブルドア先生(違
当時の映画に多数出演していたイギリスの俳優リチャード・ハリス

20170504_205818

隣の人は、シャーロット・ランプリング

別に彼女ではなくて、大学の先生です。

主な話は割愛しますが、単に動物パニックものではなくて、どちらかというと人間がシャチの奥さん(子どもも含め)を間違って殺してしまうことから始まる、旦那さんのシャチの復讐の物語となります。
合成部分もありますが、撮影の仕方が上手いのでそれほど違和感はないし、シャチの頭の良さなども現れているし、漁師役のリチャード・ハリスの苦悩、行きがかり上の繋がりとは言え大学の先生のシャーロット・ランプリングなど、出演者は少ないですが、結構良く作られている映画だと思います。

元値5,000円位なのにいま6,600円前後となっています。
自分は安く買えましたが、中古か未開封新品で安いものが出ていましたら速攻保護した方が良いです。

あ、それ以前に、レンタルビデオなどで見かけたらDVDでも良いので見てもらえると良いと思います。


もう一つのSTARWARS ROGUE ONE Blu-ray

噂によると、毎年STARWARSが公開されると言うことで楽しみなのですが。
一昨年はepisode7 フォースの覚醒で、昨年末から1月にかけて公開されたのがローグ・ワン。
アナザーストーリーです。

R0052626

劇場公開を見た人は揃って、これ、episode3.5で良いんぢゃね的な。発言が多かったです。

R0052627

私的には、本編が見られれば良い人なので。
とゆうのと、全部Blu-ray持っている関係で買っちゃっていますが。
コレクターではないので、オマケは要らない。(そういう意味でシン・ゴジラもノーマル版)
因みに、ディズニー傘下に入ってからは、Blu-rayもDVDも他のグループと違って、値段がほとんど下がらない。
(もしかしたら、価格統制しているかもという噂も(^^;)
他のは、発売時から徐々に下がって、本体のみだと970円位にまで落ちますが。

R0052627_2

こちらが裏面。

R0052628

それでもDVDとBlu-rayと特典映像も含めると3枚入ってますが(^^;
別にDVD要らないぢゃん。安くしてよというのがユーザーの希望ですが(笑)

それにしても、ヒーローの映画も良いですが、こういう方が個人的には好きな映画かもです。

R0052628_2

3枚もあって重いです(^^;

 

どっちも同じ値段(^^;

こういうのもありますし、取扱店。家電量販店やコンビニなどでもオマケが違うのであれです。

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOXVol.フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ(講談社)

リマスターの評判の高いBlu-rayもその前のDVDも、サウンドトラックも持っていますが(^^;
つい反応してしまいました(^^;

これと、フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン、キングコングの逆襲は、円谷英二晩年というか、もうある程度確立された特撮の全てが入っているし、1/20~1/25という大スケール。
他のは怪獣に併せてたいがい1/35以上の小さいミニチュアが使われていますが、この3作品は模型も大きくよりリアルな建物が作られていて、迫力があります。
特に、光学合成の描写も素晴らしく、作品としても見応えのあるものになっています。

R0052639

表面です。
12大コレクションとか書いてありますが・・・
前も書いたように、徐々に特典というかおまけがしょぼくなってきます。

R0052640

開けたとこ。

R0052641

興味があるのは、こちらも復刻版パンフレット。

それと・・・

R0052646

ポスター以下復刻版おまけ。
最近余分な宣伝とか入ってきて、内容的には今一なんですが。

当初出ていたスピードポスターもなくなっちゃったし。
東宝の宣材類や○○ニュースなんてのもなくなってしまったし。

あと欲しいのは来年くらいまでないので、まあ良いですが。


追記。
以前紹介した、フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴンのパンフレットに色ミスがあったそうで、交換するか、定期購読している人は、ゴジラ対ビオランテの号にオマケを付けるそうです。

今回紹介した、フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ

以前も紹介しましたが、雑誌の付録やポスターが不要という方は、こちらが最高にオススメ。
というのも、フルリマスターっぽく、リアルな描写力が際立っています。
DVDのようにぼやけた感じの印象ではありません。
特に特撮描写部分は、メカ類が綺麗に見えるし、自衛隊員との合成がその分輪郭がぼやけて見えますが、何をしているのかが良くわかるようになっているので、オススメ。
もしかしたらそろそろ廃番になる恐れもあります。


ゴジラ全映画DVDコレクターズBOXVol.20フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン(講談社)

だんだんしょぼくなってくる(^^;ゴジラ全映画DVDコレクターズBOXです。

R0052429

豪華9大コレクションと言いつつ、何なんでしょうこのむなしさ(^^;

R0052430

開けたとこ。
右側にオマケというか本題。
中央に復刻パンフレット
奥におまけのDVDがあります。

R0052431

小さい頃なので、パンフレットには特に興味がなくとゆうか、そもそも、おばが東宝系劇場に勤めていたので、顔パスで入っていたので無料だった。

R0052432

パンフレットもこんな感じで安っぽいし、メーカーの宣伝が多数入っているので、それほどの値段ではないと思います。
パンフレットを買った(買ってもらった)記憶は、洋画では、小学校か幼稚園入園の頃に見た海底二万哩と、物心付いた時にたまたま目に入ったというか、弟用に「ゴジラ対ガイガン」のものが一番最初だったか?
それ以降は、中学に入るかどうかの頃に洋画に目覚め。
大脱走や荒野の七人、栄光のル・マン、レッド・サンなどから入り、リバイバルの太陽がいっぱいや冒険者たちなどのフランス映画と言うところから延々買った記憶が。
既にどっか行っちゃいましたけどね。

R0052434

なんと、ポスター1枚に、当時の復刻マンガ。あとパンフレットに閉じ込められた、少年マンガの特集と。
発刊始め頃のすごい付録の時期とは断然違う情けない状態。

R0052436

唯一良かったのは、海外用に出したエンディングバージョンが搭載されていること。
下から二つ目の特典

R0052438

子どもの時に劇場で見たのは、元祖日本版で、地底怪獣バラゴンを倒した後に、突然地割れが起きて一緒に沈んでしまうシーン。(こちらが本編)
地底怪獣バラゴンを倒したので、地底で復活することはないと思う(笑)
この直後地割れが発生(何故地割れが発生したのかは不明)

R0052440

何故か、富士山麓に大ダコ出現のシーンが搭載されている。

R0052444

なんで、タコが出てくるかは理解できないけど(^^;

動画が綺麗に見えるのは、SONYほかアップスケーリング対応のプレイヤー。
これがあれば、Blu-rayが出ていないフランケンシュタイン対地底怪獣バラゴンも当面我慢できる範囲。

そのほかの付録は特に興味がないので見たことないです。

単品だと値上がりしているものしかないのであれですが。

紹介しているものの方が数段安いです。
あと、さっき書いたように、エンディングが2つあるので、海外版を別途買わなくても良いですから。
私的には、海外版も持っていますが(^^;


シン・ゴジラBlu-ray

あまりのすごさに、劇場で3回も見てしまったという映画がBlu-ray化されました。
劇場版ガールズ&パンツァーとシン・ゴジラは複数回見た(^^;
映画って、一度劇場で見て、その後はBlu-rayがでてからじっくり何度も見るというパターンでしたが。

そう言えば日本でも各種賞を総なめにするという。
あ、君の名は。と、この世界の片隅にも観客動員数や色んな賞を取っているという、日本映画がここ2~3年面白い作品が多い。
と言う訳で、買っちゃいました。
とは言え、一番安いヤツね。

家には4K対応のプレーヤーもテレビもないですから。
あと、オマケは要らないし。

R0052310

という割に・・・

R0052311

初回特典とか入っているけど。
「おっ」て思ったら。フィギュア購入の予約特典。
まあ、そこまで濃くないし。映画を楽しめれば良いので。

R0052313

それにしても、各通販大手やリアル店舗凄いですよね。
前からだと思うけど、いろんなオマケで吊ろうとしているというか。
セブンなんかメカゴジラのオリジナルカラー版つけて1万超えとか。
もうおじさんにはついて行けません。

それよりもアメリカみたいに2つのBlu-ray搭載して15ドルくらいで出して欲しいと思うのは私だけ?
なので、たいがい、アニメやテレビドラマなんかのボックスはアメリカや欧州で買ってます。
そもそも、日本ではアニメ30分もの2話で7000~10000円位で売っていて、それが1クールだと12話。なので、6枚か伸びると7枚くらい。
それが1クール分で2000円~2980円位で買えちゃうし。

閑話休題

R0052314

こちらが裏面。


R0052315

なんとこれにも特典映像が入っています。
お高いのだと3枚とかスペシャルとかまあ何が何やら。

年度末で忙しいので、子ども達は見るかも知れないけど。
4月上旬はいないので。帰ってきてからゆっくり見ようかなっと。

こちらの方がお買い得かも。開田先生が仕事にならんと言ってましたし。
そこまで要らないから安いのにしました。

紹介した方。

Blu-rayぢゃなくてDVDの方ね。
画質的には絶対Blu-rayをオススメしますが、これだと車の中とか、パソコンとかでも見られるというメリットがありますね。

こちらが4K。
将来を見越すと、これでもいいかも。

三大怪獣地球最大の決戦 Blu-ray (東宝特撮Blu-rayセレクション)

めぼしいものを安い時に保護したものです。
全部を買った訳ではないです。円谷英二+本多猪四郎コンビが中心です。

R0051986

パッケージ

R0051987

こちらが裏面。

R0051988

Blu-rayの盤面のキングギドラが秀逸。

P2090042

こちらがメニュー画面。

P2090045

某密林で酷評されるほど酷いものではないと個人的には思います。
うろこもはっきりくっきりでているし。

まあ、第一弾のサンダ対ガイラとラドンのできがよすぎたんでしょうね。

P2090058

オープニング直後の空飛ぶ円盤クラブの会長の横に置いてあった、何故かミステリアン(後にナタール星人)の宇宙船とナタールの月面基地(^^;
絵はもっと綺麗です。

かなり飛ばして(^^;

P2090061

ゴジラにやられる貨客船。

P2090066

この頃は未だ、火炎放射を吐く時に背びれがリンクしています。

P2090089

地球に落下した隕石が火の玉になって、キングギドラになる所(アニメとの合成ですが)インパクトがありました。

P2090094

たぶん当時の松本市かと。
色のトーンは渋いですが、Blu-rayのおかげでくっきり映っています。

P2090096

こちらも同商店街。
昔はどこも事業所や店舗が混在していて、人が多く生活していて活気がありましたねぇ。

というのが垣間見える。

P2090112

キングギドラの飛行通過により壊される松本城

P2090128

壊される西武遊園地

P2090143

東京タワーもキングギドラの一撃で。
これもはっきりくっきりしていると思いますけどね。

Blu-ray化にムラがあるような気がします。

P2090144

こちらが有名なシーン。
逃げる人もはっきりくっきり映っていますが、合成の輪郭もBlu-rayだと明確になります(^^;

だけど、どこがベースなのかな?
キングギドラの移動経路は黒部-長野-埼玉-東京ときて、最後の方は富士山麓ですからねぇ。

P2090152

光線が当たって、倒れる直前の鳥居。
人は逃げ去っています(笑)

P2090162

モスラや壊れた家屋、植え込みなども綺麗にでています。

これがDVDだと全体的にぼわっとした感じなので、やはりBlu-rayの恩恵はあると思います。

こちらが紹介したBlu-ray

こちらが復刻版DVD

こちらが当時のポスターを復刻したDVD付き雑誌。
DVDはオマケ扱い。


モスラ(東宝特撮Blu-rayセレクション)

ずいぶん前に出たシリーズ。売っていると思いますが。

R0051894

こちらが表面。

R0051895

こちらが裏面。
ゴジラ等が男性客中心だったところから、女性客も楽しめるようにと(本当か?)作られた映画。
一応アメリカからも依頼があって作ったという話もあったりなかったり。

R0051896

Blu-rayがちょっとキモイ(笑)

P2070001

こちらがトップページ
ぼけちゃった(^^;

台風で遭難した貨物船の乗組員を探しに行って、原爆の実験場で人が住んでいるハズがないと言う設定のインファント島に乗組員数名が助かって救助を求めていたという所から始まる。
けど、ラドンやキングコング対ゴジラ、ウルトラQの佐原健二は、スケジュールの都合で巡視艇のヘリパイロットだけの出演という。
ということで島を探検に。
明らかにアメリカとわかるけど、ロリシカ共和国から船を出すと言うことに。

P2070033

すんげぇ、時代がかった探検服というか放射能防護服。
ザ・ピーナッツが小人訳で。

ざっくり飛ばします。
小人(小美人)が捕まって、興業にされるという中、彼女たちが歌う歌が、島のモスラを復活させる歌という設定・・・

P2070058

DVDの時にはあまり気にならなかったのですが、この多重合成がすごい。
奥のモスラ(こちらははっきりくっきり)に、廻りのホリゾント(絵)とそれと下でモスラをあがめ踊る島民。
複雑な合成だけど、ここまで絵がはっきりしているとは思いませんでした。

確かに、全体的には当時のフィルムなので、ぼんやりした感じだと思いますが、こちらもBlu-rayの恩恵を受けています。

といきなり東京(^^;

P2070139

得意のバヤリースの看板とモスラ。
これを見ても、色のトーンは大人しいものの、ダットサンの看板とかちゃんと見えますしね。

P2070165

渋谷界隈のモスラ。
時もしっかりしているし、当時の街並みの様子が分かって良いです。

P2070184

東宝自衛隊の兵器、ミサイル戦闘車?
ミサイルがまっすぐ飛ぶようにピアノ線で吊ってありますがそれがところどころ見えます。

P2070193

ちょいと制度が今一なシャーマン戦車。でも車長が顔を出しています。
その横には白バイの警官。

P2070206

シャッタースピードの関係でぶれていますが、戦車の速度と、ジープ(手前)の速度に差があって、ジープが追い越していくというのが芸が細かい(笑)

P2070240

当時の街並みと奥の東京タワーの合成。
これが、Blu-rayだとわざとらしく見えちゃうんだけど、また渋いっす。

P2070249

モスラが東京タワーをへし折るとこ。

P2070253

実車と模型の合成。色が違うのと切り貼りみたいな感じが明確に見えてしまうけど。良いわ~

P2070282

アメリカもとい、ロリシカ共和国から供与された原子熱戦砲(後のAサイクル光線車、メーサー砲殺獣光線車)と
、兵隊さんの合成。

P2070289

かっちょええっすよ。
あと、牽引車のトラックが渋い(笑)

P2070297

放射のようす。

P2070306

三丁目の夕日でもあったけど、当時の東京タワー周辺て、平屋ばっかりなのね。
Blu-rayだと、ちゃんと原子熱戦砲が見えます。

P2070330

モスラが大きくなって飛び立った所のシーンは、空の大怪獣ラドンのライブフィルムを流用。
これ、作るのに手間暇かかったからねぇ、でも良い感じで、その後の東宝怪獣映画で使われています。

東宝映画の楽しみというか面白い所は、ところどころに過去作品のライブフィルムが流用されているところ。
円谷英二監督は面白ければ良いということで、積極的に使ったそうですが、その辺が、低予算で作成することになった、昭和40年代中頃以降は顕著になって、当時子ども(小学生)だった我々でも、「あ、このシーン、◯◯で使われていた所だ」ってバレバレやん(笑)

でも、Blu-rayになったことで、余計よくわかるというか。
あと、ウルトラQやウルトラマン、ウルトラセブンでもたまに使われていたりします。

興味がある方は見て下さいね。

意外と高い。
自分が買った時は3000円しなかったっす。2980円か2680円位だった。

こちらは復刻版DVDの方

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ