携帯・デジカメ

小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ その2比較編(K&F CONCERT)

スリングバッグと言えば、昔から使っているAmazonBASICのカバンがあります。
比較してみます。

R0055110

投影面積的には似た感じがします。

R0055114

背面から見るとAmazonBASICが一回り大きいです。

R0055115

厚みもこんなに違います。

R0055116

ボトム部
右がAmazonBASIC。ちゃんと床に置く部分にゴムがあります。
K&F CONCERTの方は、ナイロンになっているので、床が塗れているときには置くことができないと思います。

R0055118

上から見た所。
厚みが全然違います。

R0055111

AmazonBASICの方が大きめのデジ一を入れられます。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。

ミラーレス等小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ(K&F CONCERT)

カメラ周辺機器メーカーのK&F CONCERTさんの、お手軽お散歩カメラバッグです。
ワンショルダーのタイプで、英名はSling Shoulder Backpackという名称です。

R0055082

こんな感じ。
背面には三脚用のベルトがありますが、そこまで本格的に要るものかどうかは、何を被写体として撮影するかという感じがします。

R0055084

上から見た所。
かなり薄いです。
本当に気軽に使える感じのワンショルダーになります。
メーカータグによると、。223cm×14cm×37cmとあるので、本格的な撮影用ではなくて、やはり自転車やウオーキングなどをしながらちょっとした軽い機材だけで撮影するという感じに使うバッグだと思います。

R0055086

右側はペットボトルや折り畳み傘などを入れられるポケットがあります。

R0055088

左側のボトム部には、ジッパーがあり、ここからカメラを出すことができるようになっています。

R0055089

こんな感じ。
オレンジは、あとで(^^;)
蓋部分にはSDカードやバッテリーなどを入れられるミニポケットがあります。

R0055091

ポケットを開けたときに見えたもの。
以前大きめのバックパックにもありましたが、メンテナンスツールがあります。

R0055092

出したとこ。
左から、クロス、クリーニング液等を入れる霧吹き、レンズクリーニングペーパー、レンズクリーニングペン、ブロワーとなります。

R0055093

カメラが出しやすいようになっています。

R0055095

背中に当たる部分にもポケットがあり、・・・

R0055109

レンズなどを入れる仕分けがあります。
重量バランスから考えると腰部分に重いカメラを入れるのは理にかなっていると思います。

R0055098

トップ部をあけたとこ。
中に袋が入っています(レインカバー)

R0055099

レインカバーを出したとこ。
それなりのポケットになります。手前には2つのポケットがあります。

R0055101

ボトム部は、ベルクロ(ビービー(^0^))になっていて、外して全体を1気室(一体)として使う事ができます。

R0055106

前面の右側にもポケットがあります。
が、あまり大きくないので、Xperia Tablet4(10インチ)は入りません。

R0055108

Xperia Tablet3 Compact(7~8インチ)だと余裕で入ります。

R0016355

肝心のカメラですが、タイトルに小型レンズ交換カメラ用と書きました、上の写真は古いカメラですが、NikonのD7000ですが、これ入れるといっぱい一杯です(^^;
交換レンズは入りません。
なので、D750などフルサイズカメラだとソニーのα7シリーズ以外は厳しいと思います。

R0016354

FUJIのX-T1ですらこの状態なので(^^;

R0016356

SONYのNEX6ですら、交換レンズを入れるといっぱいいっぱいです(^^;

R0016357

こちらがX-T1とNEX6を無理矢理入れて見ました(^0^)

R0055102

シャワーキャップヾ(^ )コレコレ

R0055104

こんな感じで、背面を覆うことができるので、突然の雨でもカメラや周辺機器を守ることができるのは良いです。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。


フラッシュKF-882その3比較編(K&F CONCERT)

比較編です。
外付けストロボ(フラッシュ)って、NikonのF3用とNikonのSB-700しか持ってないのですが。

R0054953

収納思想の違いですね。
左が、SB-700、Nikonは昔からストロボとかフラッシュとか言わずに、スピードライトと呼称しています。

R0054956

さっきの小型バッグの中に、こんだけ入っています。

R0054958

正面から。ガイドナンバー(GN)は28と小ぶりです。

R0054963

一回り、ちっちゃいのがSB-700
液晶画面も小さい。

R0054964

横に向けたとこ。
これだけ見ると、そんなに小さい感じはしませんが。

R0054965

発光部分がNikonの方が一回り小さいです(SB-700:GN28)(KF-882-N:GN56)

R0054967

立てても短いのがSB-700

R0054983

ちなみに、こちらが、SB-700の液晶画面。
TTL自動調光ほかMやGNなどはスライドボタンで設定できます。
また、調光(照射状態も右のスライドボタンでできます)

R0054984

フラッシュ照射ボタンはオレンジ(赤?)
この設定だと24mmのレンズになっています。

R0054985

レンズの焦点距離によって発光を変えられるのはこちらも同じ。

R0054987

R0054987_2

フィルターの設定や

R0054988

リモートシンクロなどの設定もアイコンでわかりやすくなっています。

銀塩フィルムカメラの時には、後半ではTTLが搭載されましたが、絞りとシャッタースピードと発行量などをダイヤル式の調光計算尺みたいなやつで調整しなければならなかった時代を考えると、楽ですねぇ。

 

比較したのは右側
ってまだ売ってるんだ(^^;)

純正品を考えると、嘘みたいに安いですね~。

フラッシュKF-882その2発光設定編(K&F CONCERT)

設定紹介編です。

R0054968

電池を入れて、始めに電源を入れると、標準でi-TTLの設定になっています。
要は、Nikon製品だったら設定をいじらなくてもTTL自動調光(プログラムで調整して適正量に発光してくれる)になっています。
但し、右端には35mm(広角)用になっていますので、この部分をオートにするか、自分でレンズの角度に合わせて調整する必要があります。

R0054969

マニュアルモードにしたとこ。
こうすれば、Nikon以外のカメラでも発光機能としては使えます。

R0054970

発光テストでも使えるストロボ(発光開始充電可能ボタン)この部分を電気が付いているときに押せば、発光するかどうか確認することができます。

ボタンはこんな感じですが、特に説明書(中国語と英語)を見なくても、カメラをやっている人ならだいたいわかると思います。
初心者の場合は、i-TTLモードでとりあえず撮ってみて、暗ければ発光量を調整するなどすれば良いと思います。

R0054971

マルチパターン測光による発光調整。

R0054973

Nikonと違って、必要な時にバックライトを点けることができます。かなりまぶしいです(^^;)

R0054975

露出補正による発光量を変更することもできます。

R0054978

ズームボタンを押して左右のボタンを押すことで、レンズのサイズ28mmなど調整することもできます。

R0054979

見にくいですが50mmに設定したとこ。(点滅したタイミングで撮っちゃった)

比較編に続きます。


低価格だけどGNが56もあるフラッシュKF-882(K&F CONCERT)

昔からストロボと呼んでいますが(^^;海外ではフラッシュの方が通じるのね。

R0054934

意外とシンプルな箱に入ってました。

R0054935

横から。

R0054939

こちらが箱から出したとこ。
縦に長い。というのも・・・

R0054941

天井照射向け状態で収納するタイプ。
この辺がNikon純正とは違います。
因みに品番のKF-882に枝番の-Nが付いているわけですが、それがNikon用。
たぶんキヤノンの場合は、-Cかと。

R0054942

裏面。
液晶画面で、色々設定ができます。

R0054943

こちらが正統派の設定状態。

R0054951

こちらの部分には、多灯用のレリーズやシンクロ発光コードなどの端子が入っています。

R0054944

正面から。
フラッシュ部がでかい。

R0054945

右側から。

R0054952

こちらには単3電池4本が入るようになっています。

R0054946

ワイド照射用のカバーと、バウンス用の白い板も付いています。(この辺は、Nikon純正にもあります)

R0054947

ワイド照射用のフィルタを出したとこ。

R0054948

センサーで、他のフラッシュと同調させて照射する用のスタンドもあります。

R0054949

正面に向けたとこ。

R0054950

写真ではよくわかりにくいですが、かなり大きめの発光体が入っています。

長くなったので設定編に続きます。

 

普通純正だとガイドナンバーが小さめでもけっこうお高いので、そう考えると良いかもです。

おしゃれでかつ大容量のカメラバックリュックKF13.081(K&F Concept)

鞄スキーのZEAKさんです(^^;
中国のカメラ周辺機器メーカーさんのK&F Conceptさんのおしゃれカメラバックリュックです。
英名で言うとカメラバックパックサイズはXL

R0054472

大きいです。
但しリッター数(容量)記載はありませんが、キヤノンでいうと5D、7D本体とレンズ2本それにパソコン、Tablet周辺機器が入ると書いてあります。

R0054473

横から。

R0054474

反対から
本来はLサイズ(表記が逆だけど)の方が、大容量で、数泊の旅行にも耐えられそうなのですが、こちらの方がポケットが多いのと見た目の小洒落た感じが良かったので(^^;
金額的には1000円位の差なので後は収納と使い勝手と見た目の好みでしょうか?

R0054475

普通のデイパックのようなデザインだけどかなり大きいです。
あと、上に持ち手が付いているのもGOOD
電車待ちなどで床に置いておいても背負う時に引っ張れるから。
写真のように、上下に2つポケットがあります。

R0054477

上のポケット。
それほど沢山入る感じではありませんが、少々の小物は入ります。

R0054478

下のポケット、こちらはそれなりに入るので、手帳やスマホ、バッテリー、周辺機器、ケーブルなども入れられそう。因みに、オレンジに見えるジッパーですが。

R0054479

ブロワーなどのユーティリティが入っていました。
すげー

R0054498

こちらが同梱されていたメンテナンスキットです。
左からレンズブロワー、レンズクリーニングペーパー、上はたぶん液晶やレンズを吹くためのクリーニング液を入れるケース(空)
レンズクリーニングブラシ
クリーニングクロス。
これだけでも500円以上します。


R0054480

メインコンパートメント
かなり容量がありそうです。
下には、カメラの仕分け用ケースが付いています。
これ、多少上下にできそうなので、旅行用の着替えなど普段使わないものでを下に入れることもできそう。

R0054481

カメラレンズ用のケースは取り出せます。特にベルクロ(R)マジックテープ(R)(通称ビービー(^0^))では固定されていないので、撮影以外にこのバックパックを使う事もできます。

R0054482

たぶん、これで、レンズ2本とフルサイズカメラ1台という表記だったと思われます。
宿泊を伴わない旅行だと更にカメラやレンズなども入れられるので、もっと入ると思います。
(後日別途試して見ます)

R0054484

本体の手前側にポケット。
こちらはジッパー付きなので、パスポートなどの貴重品を入れることも可能。

R0054486

反対側にもポケットがあります。

R0054487

これではわかりませんが、背面(背負う側)と本体との間に、ノートパソコン(外国表記だとラップトップ)を入れるスーペースがあります。
前後をウレタン風のクッションがあるもので覆われているので、多少の衝撃には耐えられると思います。
カメラユーザーの場合、MAC Book Proを使う人が多いと思いますが、15インチくらいの物まで入りそうです。
但し、重くなるのは必至で、MBP13インチくらいまでが良いところかなと思います。

R0054488

あとは、左右にポケットがあり、予備バッテリーや・・・

R0054489

スマホやカメラの充電用の外付けバッテリーなどを入れられると思います。

R0054490

背中に当たる部分にもポケットがあった~っと思いましたが、こちらは、キャリーケースの取っ手に挟むようのスリットですた(^^;)
でも落とさないような大きめの物ならこちらにも入れられると思います。

R0054491

背当て部。
メッシュ地のクッション入りなので、背中には優しいと思います。
腰に係りそうな場所は余分にクッションが入っています。中間部分に見えるのが一つ上で紹介したスリットになります。
安定用の腰固定ベルトもあります。

R0054497

因みに、こちらがボトム部。
特に脚が四つ出ていると言う訳では無いので直に地面に置くタイプですが、ざらざらした防水系の素材を使ってあるので、長時間塗れた所に置かなければ大丈夫だと思います。

素材がスエード風ですが、防滴ナイロン風なので、ちょっとした雨には大丈夫だと思いますが、不安な用でしたらアウトドアショップなどで、バックパック用のカバーを買って付けると良いと思います。

収納編に続く予定(^^;

 

紹介した物。同リンク先にLサイズの大容量のものがあります。デザインは好みで。

 

同メーカーのデイパック風のカメラバック

こんな感じのものもあります。

プロジェクターGS1 その11増殖?分裂編(BenqQ) #BenQアンバサダー

そろそろ、GS1を返却する時期になりました。

R0053271

あれ?

R0053272

なんか増えてる(゚゚ )☆\ぽか

R0053273

えへへ。

とゆうわけで、返すのが惜しくなったので増えちゃいましたヾ(^ )コレコレ
BenQ事務局さま、色々ありがとうございました。

DSC-RX100V その5美しい動画編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

紹介から時間が空いてしまいましたが。
DSC-RX100Vの動画を紹介します。

品川駅スローモーション動画

17920-862-296869

噴水のスローモーション動画

アクアパーク品川のイルカショー導入部
これようつべ(youtube)だと画質が落ちるかも知れないけど、本物は凄い描写力です。
3分位あるので適当に終わって下さい。


動画も凄い。
画像編集を前提にすれば、解像度が低いビデオよりも高品位カメラ、最近のデジタル一眼レフカメラでもステレオ動画可能なものが増えているので、カメラで細切れに撮って編集しても良いですね。
確かにビデオと違って録画時間の制限があるので、野球やサッカー1試合とか録りっぱなしにするのは無理だけど、高画質だしフルハイビジョンや4K対応だし。
これもありだと思います。

17920-862-296869

DSC-RX100V その4撮影編2(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

天気が悪かったのですが、東京に行く機会がありましたので撮ってみました。

Dsc00099

品川駅

17920-862-296855

Dsc00107

11月下旬なので、紅葉がそろそろ終わりの頃。

Dsc00122

駅の反対側、SONYを撮る。

Dsc00142

Dsc00146

SONY手前はコクヨ。
どっちもまた入ってみたい。

Dsc00192

東京タワー

Dsc00200

NTTのビル

Dsc00416

紅葉


17920-862-296855


DSC-RX100V その3撮影編1(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

お借りしているDSC-RX100Vで、いつもの撮影をしてみました。

Dsc00034

由比の薩た峠付近からの富士山
子ども2号撮影

Dsc00040

同東名由比PA付近
場所は国道1号側です。

17920-862-296850

Dsc00048

富士川河川敷、ワイド端

Dsc00050

テレ端(銀塩フィルム相当70mm)

Dsc00051

旧国道1号富士川橋新トラス
昔台風で橋が流されちゃった後付け替え。

Dsc00063

こちらが大正末期に作られたトラス。
渋いっす。

Dsc00065_1

富士山テレ端

Dsc00068

富士市岩本山公園より。
紅葉(遅いけど)と富士山ワイド端

Dsc00074

テレ端

Dsc00077

梅園からの富士山テレ端

Dsc00076_1

JPG等倍切りだし

Dsc00081

紅葉

Dsc00085

紅葉

Dsc00093

市街地

Dsc00095

パノラマ撮影

Dsc00096

テレ端

Dsc00096_1

等倍切りだし

さくっと撮っても、失敗がない(あー厳密に言えば手ぶれとかあると思いますが)カメラです。
良いですね~

普通に撮影する以外に色々な機能がありますので、それはまた機会を設けて公開します。
するのか?しなければ(^^;

17920-862-296850

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ