心と体

調子に乗ってSWR12を落札してみたら(^^;

昨日まで紹介したSWR10は、初期型のものなので、随分値崩れしていますが、それ以外のものは、生産されていないので強気の価格で売っています。
ということで、オクで安かったので落としてみたのが。

R0055452

似たようなデザインのものですが、違いは、心拍数センサーが搭載されているもの。
これ元も高かったですが今でも1万円位で売られているもの。

R0055455

ベルトが普通の時計のようなベルトになって、本体の下に心拍数を計測するようなセンサーが付いています。

R0055456

こちらね。

R0055457

横から見たとこ。
まあ出っ張りがある以外は、前のSWR10とほぼ似ています。

R0055459

前のSWR10と

R0055458

センサーの配線の関係か、充電コネクタは中央ではなくて右側のシフトしています。

R0055460

形状はほぼいっしょ。

R0055461

こちらが同梱品。

R0055462

こちらが裏面。

とまあ、動作確認も含めてよかったのですが、なんせバッテリーが持たない。
出品の話によると、スタミナモードで2日は大丈夫ですと書かれていましたが、1日半しか持たなかったので早々に返品しました。

この値段なので、ちとお高いです。
とは言え、たぶん爪くらいの小さなバッテリーが搭載されているだけだと思いますので、この手の中古はオクやネットではあまり買わない方が良いと思います。

それよりも、中華製ですが3000円前後でもっとよい活動量計が売られていますから。

輸入版SWR10レザーベルト仕様(SONY)

ベルトを買ったつもりが本体が付いてきたという、びっくりした話(^^;)
昨日紹介した活動量計のSWR10ですが、使っていくうちに外れやすくなるという書込を多く見て、紛失したという話も良くあったので、ネットで調べてみたら、別の革ベルト版があることを発見して、保護してみたのがこちら。

R0055451

え~(^^;)
本体付いてるぢゃん(笑)

R0055453

こちらが昨日紹介した方。
あ、購入時期は全然違いますが。
因みに、大きな違いは、アイコンにあるように、レザー仕様は防滴(防水)機能が付いていません。
それもそのはず、革のベルトなので。

R0055463

箱から出してみました。

R0055464

こんだけしっかりしていれば、安心です。
(防滴がないのは残念ですが)

R0055465

この金属部分に本体を収めます。

R0055467

同梱品はこれだけ、
ベルトのSとかLの予備はありません。
普通の時計のように穴で調節するから。

R0055470

絵も違います(^Д^)

R0055472

裏面は、ブラジルのロゴがあるかないかと、イラストが若干違う位です。

ブラジルモデルよりも1000円お高いですが。
一つをかみさんようにして、こちらをつかうようにしてみました。

今更ながらに活動量計SWR10を導入(SONY)

もうずいぶん前に流行って、SONYでも撤退しちゃったのですが(^Д^)
昨年暮れに紹介した綾しい、中華の活動量計が意外と使えたので。
もっとちゃんとしたものを導入してみようと言うことで。

R0055372

安くなっていた、輸入版のSWR10を買ってみました。
そもそも、ブラジルワールドカップ記念モデルなので2014年モデル(笑)
色もケバい緑。

R0055373

箱の横には内容物のイラスト。

R0055374

裏面は全部英語。

R0055377

こちらが内容物。
バンド(ベルト)が二つあるのは、M~Lサイズと、S~Mサイズだから。
あとは取説は全部英語に生産が中国なので中国語。
充電用USBが短いけど付いてきます。

R0055378

こちらが本体。

R0055379

正面というのか?
電源部とLEDロゴ部。

R0055380

反対側にはUSBコネクタがあります。

R0055381

NFC(非接触型センサー)で母艦となるスマートフォン(ここでは、Androidスマホ)対応。
以前はSONYだけでしたがバージョンアップでその他のAndroidスマホでも対応するようになっています。
まあ、もう日本では売っていないか、嘘みたいに高いかのどちらかですけどね。
でもって、このサッカーブラジルワールドカップ記念モデルだけは安かったので飼いましたが。

R0055382

ベルト固定イボは、銀メッキ風です。
長く使っていくと外れやすいというコメントもあります。

R0055383

こちらの溝に本体を入れる感じ。

R0055384

ボタンの部分のみ出っ張っています。

R0055364

充電中は、この部分が点滅して、充電完了時には点灯する感じです。
日本語マニュアルをDLしたら、初回に使用する際は30分以上充電して下さいとありました。

R0055388

電源長押しすると、ブルって震えるのでそれで電源が入ったことがわかります。
後はスマホのNFCとBluetoothをオンにしてNFCセンサーに近づければ認証します。

R0055390

古い機械なので、リンクしたら何回かアップデートが始まりました(^^;)

R0055392

SONYのライフログアプリを入れることで、どのような活動があったか記録をしてくれます。
そもそも、マシンがBlackBerry KeyOneだし(^Д^)

Screenshot_20171221195314

歩数と、歩行時間、睡眠時間、自動車の乗車時間(運転時間)なども記録してくれます。
あ~、これ母艦を持っていかないと正しく記録してくれません。
というのは、基本移動速度とかGPSの位置情報などは、母艦で記録しているから(^^;)
でも、自転車は上手く拾ってくれません。(拾うときと拾わないときがあります)
あと、犬の散歩の時の猛ダッシュはランニング(ジョギング)としてカウントされます(^^;)

Screenshot_20171221195332

こんな感じで、移動中のイラストも表示(^^;まあ、はっきり言って、この絵はいらんけど。
あとは、スマホをいじった時間とか、音楽聞いた時間とかも記録されます(;゚ロ゚)いらんけど。
因みに、2~3時間電車移動中に音楽かけっぱなしにしていても、所々でしか音楽を聞いたことにはなっていないのが不思議です。
あと電車での移動はカウントされません。知らんけど。

紹介したのはこちら。2980円。

 

普通で売っているのは、こちら、少々お高いかぼったくり価格になっています。
逆輸入品は安いです。


気休めだけど、思ったより正確なFITTNESS TRACKER その2機能・計測編

まず、取説に書かれているQRコードからアプリをダウンロードしてきます。

000kihon

デフォルト画面は、中央の各種データが出ているもの。

画面を左からスライドさせると(左画面)個人情報や各種設定ができる画面になります。
LINE、Facebook、Instagramのレスなども受信設定したければこちらでできます。

お高い林檎時計などのように、スマートウォッチだけで電話の受話はできません。
マシンによっては、リモートカメラのシャッター(レリーズ)になったり、音楽の再生スキップ、ボリューム上げ下げなどもできる物もあるらしいですが、こちらはそういう所までは付いていません。
シンプルに体調管理(ライフログ)だけ。そこも良い。

右側から左に画面をスライドさせると計測画面が出てきます。
これ、正時ごとに測定ってしておけば、10:00などに自動で計測をしてくれます。
その時に計測したかったら、白い丸の部分をタップすると計測してくれます。

001hokou

歩行モード。
何もしなくても歩行することで歩数がカウントされます。
歩数計と一緒に利用してみましたら、だいたい合っていましたので、目安にはなると思います。
別の麻疹もとい、マシンだと、ランニングモードとか、サイクリングモードなども設定する物があるので、運動中心の方はそちらを選ぶのも良いと思います。
因みに、字が間違っていますが(中国メーカーだし)、一日の歩数状況、週(下の表示は周ですが)、月と行動パターンがグラフ化されたりします。
因みに、二つグラフの伸びが多いのは、現地調査で、初日が8~9KM歩いたとき、2週目が16KM歩いたとき。
この時は3万歩超えました(^^;

注意文がありますが、これも日本語としておかしな表記がありますが、たいがいわかると思いますので大目に見ましょう(^0^)

そもそも、本格スマートウォッチは2~5万円位するので。

002suimin

睡眠データ。
どうやってカウントしているのかわかりませんが(^^;
睡眠時間は概ね合っていると思います。
熟睡したかどうかは別。
iPhoneで睡眠アプリを入れて枕元に置いてありますが、熟睡できたーとか、あまり寝られなかった~とか思う感覚は睡眠アプリの方が正しいかも。
そもそも、深い睡眠が2分とか12分ではあり得ないし(^^;)

003shinpaku

心拍数。
私的には、何故か心拍数が高い(多い)方なので、なるほど的な感じ。
日の心拍数で5時30頃高いのは、わんこと猛ダッシュ散歩をしたから(^0^)

003shinpaku_2

週では概ね平均的。

004ketsuatsu

血圧
どうやってカウントしているのかわかりませんが(^^;
そもそも腕に巻いて測るわけでもなく。
でも、近い時間に血圧計で測った値と比べても大きく変わらないので、そんなに大きな差はないと思いますので、こちらもなんとなくあってる感じ。
ピーク値などは、激しい運動をしていたり、歩いているときにタイマーでカウントされちゃっている時だと思います。

005sanso

血中酸素
こTらわよくわからん(^^;
そもそも、これがどうなるのか、何を元に計測しているのかもよくわからないです(^^;

006hiro

疲労状態
これはなんで疲労しているのかカウントしているかわかりませんが、
月間表示の2つを見て貰うと二つグラフの伸びがあるのがわかると思います。
上に書いたように、10~16km位現地調査で歩いたとき。
この時の表示を見たら、疲労していますという表示が出たのでこちらも、おお~よくわかってるぢゃんみたいな。

2000円ちょっとで、このようなマシンで健康管理ができるとすごいと思います。

意外と良いものでした。


  

まあ色々見て、自分に合った物があれば買ってねというレベル。
半分まじない(呪い)みたいなもんだし(^^;)

自分が買ったのは、左端のいっちゃん安い奴。


気休めだけど、思ったより正確なFITTNESS TRACKER その1本体編

そもそも、時計重いし(ダイバーだし)面倒だし。と言う訳で、普段会議以外に腕時計をしないZEAKさんです(^^;
スマートウォッチが出始めた2014年頃から、ライフログマシンとか、SONYのなんちゃらバンドSWR10~12などを始め、各社から類似の体調管理マシンが多数出て来ましたが、いずれも2万前後というものでしたので、なかなか手が出ませんでした。(出さなかったとも(^^;))
某所でタイムセール2200円だったので、騙されたと思って買って見たのが・・・・

R0055054

今色々なメーカーから出ている健康管理器具、箱見ると、スマートウォッチとか書いてあるけど。
名前はFITTNESS TRACKERと言うらしい。
でも、これ類字の物がいろんな会社(主には中国の各社)から同じ物が名前を変えて出されているらしい。

R0055057

内容物一式、スマートウォッチらしきもの(本体1)、ぐるぐる巻きなのがUSB充電器。
それと日本語(誤植多いけど)取説。

R0055062

リンクしないとこの状態で時間が出ます。デフォルト。

R0055061

横から。

R0055063

時計のデザインはほかに、これと

R0055064

これと

R0055065

これがあります。

あと、ネット(アップルストアかGoogleプレイストアのみ対応)から、アプリを落としてきて、Bluetoothでシンクロさせれば、時間も合うという仕組み。

R0055070

試しに上の白い丸をタップすれば、計測が始まります。
心拍77、血圧121/80,血中酸素98%、疲労度状態が良好と出ました。

R0055058

充電は、この特殊なUSBなので、長期旅行や出張に行かれる方はこれも持っていかないと困ります(^^;)

R0055081

充電中のようす。

R0055205

どうやって計測するかと言うと、時計の反対側にセンサーがあって計測時には光が出て計測する(らしい)


  

まあ色々見て、自分に合った物があれば買ってねというレベル。
半分まじない(呪い)みたいなもんだし(^^;)

自分が買ったのは、左端のいっちゃん安い奴。

続きます。
機能・計測編に続く

廉価版でもしっかり使える電動歯ブラシ オーラルドクターSP

初回限定?で、昨日紹介した除菌?殺菌ケースに同梱されていたのが、普通で買うと別売の電動歯ブラシオーラルドクターSPです。

R0053992

家では、フィリップスの超音波歯ブラシを使っていますが。
会社ではブラウンの安い電動歯ブラシを使っています(^^;)

R0053996

こちらのマシンは、歯ブラシヘッドが3つ同梱されています。

R0053997

電源ボタン。

R0053998

見にくいのですが、デフォルト(標準)ではまっているのが、山切りカットのものです。

R0053999

細めのが隙間ブラシ。

もう一つが標準ブラシになります。

電池は搭載されていませんので、別途単4電池が必要です。

この子の優れたところは、今も使っているソニッケアー(フィリップス)でもそうですが、30秒毎に振動と小さい音で知らせてくれて、2分は確実に磨ける事です。
上右、上左、下左、下右みたいな感じで普通の歯ブラシ以外に、歯肉をマッサージすると良いです。


こちらが今回紹介した物(^^;)
1000円ならいいでしょ。

こちらが昨日紹介した、歯ブラシ殺菌ケース。

おまじない代わりに(^^;) 歯ブラシ除菌用ケース?

マニアではありませんが、会社でも昼休みの食事後に歯を磨きます。

でも歯ブラシ大丈夫か?的な感じがするので、騙されたと思ってポイントで買いました(^^;

R0053977

正面から箱です

R0053978

横から

R0053982

ペンケース(筆箱)みたいな形状です。

R0053983

横から。
別名眼鏡ケース?

R0053985

銀色の部分が歯ブラシ部分。そのほかの白いくぼみがグリップ部。

大きめになっているのは、こちらのメーカーが別に売っている電動歯ブラシも収納除菌できるようになっているからのようです。

R0053986

この部分が除菌光線(^_^)が出るところ。

R0053987

単3電池二本対応。

R0053989

別途、USB電源でも殺菌できます。

20170830_203405

除菌?殺菌?は歯ブラシを入れて、自動に7分照射後電源が切れます。
因みに、歯ブラシが入っていないとこの光が出ません。

また、蓋を閉めないと光らないようになっています。

まあ、おまじない程度でしょう(^^;)


低周波治療器Elepuls HV-F900-JE4その2比較編(オムロン+エディオン)

比較編というわけではないですが(^^;

R0053937

左が20年位前に買ったもの。でもここ5年位接触が悪いのか本体が悪いのか動かなかったので放置。
パッドは1回位替えたかな?

R0053938

デザインも機能も昔と大きくは変わっていません。
液晶画面が付いただけ(^^;

R0053939

あとは、ハイパーとかじっくりボタンが付いたくらいか?

R0053940

こちらが裏面。
クリーム色ではなくて、経年変化による日焼け(^Д^)

R0053942

輸入元が三重県だったのが、製造販売元として京都府になった。
因みに製造は中国。
日本製もあるようですが、日本製は2倍くらいお高い。

R0053943

古いマシンも昔は白でした(^^;

こちらが紹介したもの

こちらが今まで使っていたもの。

低周波治療器Elepuls HV-F900-JE4(オムロン+エディオン)

手首が腱鞘炎ぽくなっていたくて動かせないので、以前使っていた低周波治療器を見たら壊れていたので急遽保護。
そもそも、世間も病院もたぶんお盆休みと言うこととで保護したというのと、仕事が詰まっててなかなか病院に行けないという事情もあり。

R0053928

ほぼ同じ製品で純正(オムロンの正規版だと5~6000円)に比べて、エディオンオリジナルだと4割引っぽい価格なので、機能が同じでパッドが良いものが付いているのならこっちの方が安いしお得ということでこちらに。

R0053930

こちらが裏面。

R0053933

内容物一式。
懐かしい感じ(^^;
どういうのかというと、整形外科などで電撃をやる奴の簡易版。

R0053934

今までの安い奴は、液晶非常がなかったのですが、こちらは時間が出るのであとどのくらいで終わるかがわかるのが良いです。

R0053935

シール剥がしたとこ。

数回やっただけで、手首の激痛は減ってかなり楽になりました。

こちらが紹介したもの

こちらが今まで使っていたもの。

廉価版ぽいケドお高い。

もっと凄いのもある。けど取りあえずは紹介したもので十分す。

疲れ目にVロートPREMIUM、効きます(ロート製薬)

先日はスライムボトルを紹介しましたが、こちらは本格的な方です。

R0053013

箱からしてプレミアムです(^0^)

R0053014

裏面(^^;
効く、効くって書いてありますが、嘘だと思ったら試して見て下さい(^0^)

R0053016

入れ物もお高そうです。実際高いけど。

朝会社で目薬するとほぼ1日持つと言っても過言ではありません(^^;

前は夕方は目を開けているのも辛かったのですが、こちらを導入してからはけっこう夕方まで頑張れます。
辛かったら、午後にもう一度挿せばバッチリです。

R0053020

スライムと並べてみたとこ。

 

このくらいお高いですが、マジ効きます。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ