パソコン・インターネット

コンパクトで持ち運びしやすいバスパワー拡張USBコネクタ(Favoridol)

ブログタイトルにあるように、私的電脳小物遊戯ということで、電脳小物が好きです(^Д^)
小型化、軽量化しているノートパソコンは、例えばMBA(MacBook Air)11インチ、DELL XPS13インチなどは本体左右に2つUSBコネクタがあるだけです。
また、超小型のGPDに至っては、USBコネクタが1つしかありません。
そうなってくると、外付けUSBとかHDDにプリンター(これはめったにありませんが)など、また、ロジクールのトラックボールを同に使う事ができません。
まあ、GPDではスティックもそれほど使いにくい物ではないので、普通に使いますが。

と言う訳で・・・

R0057252

USB3.0高速転送タイプの小型ハブを導入してみました。
英語のみの説明書と、簡易ブリスターパックですが、この小ささだと持ち運びにも便利なので、大げさなパッケージングは不要です。
(撮影用に反射しないようブリスターパックからは出しています)

R0057253

裏が取説(仕様では、Windows XP Vista 7 8とありますが、表紙には、Windows2000にMac OS(10.X)、Linuxもeiあります。
また、Windows10でもやってみましたが、問題なく動きます。
カタログ上は15gと軽いので、一緒に持ち運びしても負担になるような重さではありません。

R0057256

こちらが本体。

R0057257

4コ口共に、USB3.0です。

ちなみに・・・

R0057258

パソコン側へのコネクタも、ちゃんと3.0になっていると思います。(たぶん)

というのも・・・・

GPDに付いてきたオマケのUSBは・・・・

R0057259

見た目は、USB3.0なのですが・・・

R0057260

コネクタが、USB2.0になっています(^^;)
と言う訳で、画像データ等、外付けHDDとのやりとりなど転送速度を重視する場合には、必要だと思います。

R0057292

よく使うマシンが、GPDという小さいもの。

R0057293

こちらは、コンパクト化してある分、USB3.0ですが1コ口しかありません。
と言う訳で・・・

R0057294

接続すると、ブルーLEDが点灯します。

R0057296

横だと見にくいですが、(^^;)

R0057297

USB3.0なので、外付けHDDとのやりとりも安心です。

R0057299

つなげているとこ。

Fire TV 4K対応版その3接続編(Amazon)+#BenQアンバサダー #BenQ使ってみた #BenQ #HT2550

接続編です。

R0057188

こちらは、2Kモニターで設定している様子を撮影。
まず電源のオンオフスイッチはないので、電源をつなげたFire TV 4K版のHDMIをHDMIモニターに接続します。

R0057189

すると、リモコンを探してますとなります。

R0057190

放置していると、多言語が繰り返し回ってくるので、日本語になった時に、下の意味がわかると思います。
要は、家(ホーム)マークをタップ(押)して、リモコンと本体をペアリングして下さいということです。

R0057191

上の文字すらどこの言葉?的な(^^;)
まあ、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語とか出ているので、リモコンの丸マークをスクロールさせて、下に行きます。

R0057192

スライドさせていく間でも、見出しが「おまえの言葉を選べよ」的な言葉になります。
日本語が出てくるので、それを選びます。

R0057194

次にネットワークの設定になります。
ネットワークに接続で、自分の家で使っている無線LANの名前を探します。
下手すると、隣の家の方が電波が強い場合がありますが、(^^;)
自分のものを選びましょう。

R0057195

自動リンクボタン(AOSSなど)があれば、それを押すことで、マシンと無線LANが自動でリンクすることができます。
例えば、階下など遠くて面倒くさい場合などは、大変でもリモコンでパスワードをちまちま入れてあげる必要があります。

R0057196

暫くするとネットワークに接続されます。

R0057197

Amazonから買う場合は、Fire Tabletも、アレクサもそうですが、自動的に購入者の情報が入ってきます。
プレゼントなどで上げる場合は、購入時に選べたと思います。
それを気にせずに買って、手元に来たものをプレゼントすると、購入者のIDで色々買物ができますのでご注意ください。(^_^)

ここからは、BenQさんにお借りしているHT2550でも設定してみました。
その画面を示します。でもぼけてる(^_^)

R0016621

こちらは、プロジェクターでの設定のようす。

R0016625

無線LANのパスワードを入れているところ。
画面小さいけど、めっちゃ高詳細で綺麗です。

R0016629

各種メニュー(たぶんこちらは4Kではないけど)見やすいです。

R0016631

Fire TVオープニング画面。

R0016641

リモコンの絵。

R0016633

どーんと出てくる4Kの画面。
ここから自動でオープニングモニターが流れます。
結構大音量なので、夜中とか、会社でいじると大変なことになるかも(^_^)

R0016649

たぶんこれも4Kでないと思います。

R0016646

スマホ用のFire TV 操作アプリもあります。

R0016650

ここまでが一連のプロモーション。

R0016652

設定メニュー。

R0016653

ニュースやWebブラウザ。因みに、Amazonは某サービスと喧嘩して(^_^)ようつべ(YouTube)アプリが標準で入らなくなってしまったので、火狐(Firefox)からなら入れると言うことです。


VAIO Fit15Eのメモリを増設する

先日紹介した、Windows7のメモリ(増設)効果が凄かったので、(1週間後くらい)にVAIO Fit15Eも増設してみました。

20180512_144519

デフォルトは、Windows8.1だったので、4GBは搭載されています。
まあ、あまり常時使うものではないというか、MACも併用しているので(^^;)
今まではそれほど気にしていなかったのですが、アップデートする度に動きがもっさりしてきて。

なかなか起動しないので、FirefoxやEXCELを連打すると、しばらくして20個くらい開いたり、ストレス満載になってしまったので、

R0016570

因みにどういう物かというと。
これです。廉価版、ちなみにSONY時代の製品です。

R0016571

裏面です。
普通のノートPCなので、増設や変更は簡単にできています。
左側はHDD、こちらはSSDに変更可能。
右がメモリ。

バッテリーを抜いて、あと、体内の静電気を除去して(^^;)

R0016573

開けるとこのようになっています。

R0016574

絶縁フィルム?を上げると、メモリスロットが1つ空いています。

R0016575

どれが良いか値段はほぼ同じだったのと、評価がどれもなかったので。てきとーに探しました。

R0016577

開けたとこ。

R0016578

こちら裏面?

R0016579

斜めに差し込むと、かちっとはまるところがあります。

R0016580

すんません、暗いところで撮ったので手ぶれが(^0^)

R0016582

あ、見にくい?

R0016583

アップしました。
8GBになっています。

起動も、動作も全体的に体感できるくらい早くなっています。

このくらい4,000円ちょっと(物によっては、8000円とか1万円超えもあったりするので気をつけて)で買えます。

 


Windows7マシンのメモリを6GBにして快適にdynabook T551/T4EW

私のではなくて、かみさんのですが(^^;)
ノートPCって、基本2GB×2の4GBのメモリが入っているのですが、非力な(当時は良い方)マシンの上に、パソコンは使うだけのかみさんが、起動から含めて、遅いというので、取りあえず4GBのメモリを購入。

20180502_181003

まあ、いずれにしても古いのですが(^^;)

20180502_181201

こちらが追加したメモリ。

20180502_181307

東芝のdynabookは、メモリ交換しやすいから楽だわ。
まず、金属に触って、放電させてから左右の爪を外します。

20180502_181348

新しいメモリを奥に差し込んで。

20180502_181406

はめるだけ。

20180502_181713

今まで、起動するだけで時間がかかり、かたつむりのイラストだったのが、スポーツカーになりました(^^;)

20180502_181817

エクスペリエンスのスコアは変わっていませんが、メモリは6GBになりました。

自分のもそろそろ増設するか?

 

古いマシンなので、評価もありませんでしたが、左側のを注文しました。
特にもんだいないし、早かったので良しとしましょう。


今年も買った海外用SIM Three.co.uk 3GB

昨年4月にイタリアに行った時に使ってみて、特に問題がなかったのでさくっと買ってしまいました。
細かな設定等は、過去リンクをご参照下さい。

海外用SIMを買ってみたThree.co.uk 3GB海外用SIM Three.co.uk 3GB その2開通編

前の方が、ちゃんと印刷した紙が入ってて、わかりやすかった(^^;)

R0056675

イタリアなど欧州では一般的なイギリスのプリペイドSIMのブランド。
本当に町のあちこちにこの店がありました。

R0056676

裏には番号が書かれています。
電話番号とSIM番号。

R0056677

今回は、本当にいい加減もとい、コピーで簡単になっています。
因みに、種類によっては日本では開通できない物もあったり、デザリング不可とか、Wi-Fiルーター使用不可というものもあるので、昨年購入して安心感がある同じものにしました。

因みに、うちのボスが一週間先にドイツに行くのでSIMを教えてあげたら、同じ物ではない3(Three)ブランドを買って、日本では開通できませんでした。
現地で繋げると言ってましたが、どうなったのか?

R0056678

使うのはSIMフリーWi-Fiルーター。これも日本製ではないので、海外でも安心して使えます(使えたからまた今年もというものです)

R0056679

ぼけてるけど、So-netの500MBまで無料の0SIM(^^;)
NanoSIMを下駄履かせてmicroSIMにして使っています。

R0056680

取りあえず、UKサイトに入って登録。(過去リンク見てね)

R0056681

スマホのSIMの大きさに合わせてカットできるようになっています。

R0056682

指で簡単にカットできますが、自信がない方はカッターかはさみで。
指でやりましたけど(^^;)

R0056683

起動させます。

R0056684

SIMが変わったので再起動しれ!と言ってきます。

R0056685

再起動すると、SIMの設定を探しています。

R0056686

少しすると、docomoの4Gを拾ってくれました。
ボスがやったときには認証してもらえなかったっぽいので、SIMの種類が違うのではと思います。

この、!マークとメールマークは、ネッドギアのアプリ(iPhone版、Android版あり)で、ログインして必要なパスワードを設定することで、!マーク並びにメールマークを消すことができます。
まあ、メールマークは、Threeが使えるようになったよ、とか国際ローミングなので、お金かかる場合があるよ~などのお知らせをしてくれています。
注:全部英語です(^^;)

このほかに1GB、9GB、12GBなどもあるようですが、昨年イタリアに行ってみたら、かみさんと共有して使って移動中にちょっと見たりSNSに情報発信するなどで、ホテルは遅いけど、ほとんどフリーで使えた(一部有料を除く)ので、2GB位しか使わずに、日本に帰っても1GB余ってて、期間終了まで使った経験などから、ま、いっかみたいに思って。
足りなくなれば現地で買うという手もあるし。

頻繁に海外に渡航する人、あるいは、ビジネス、ゲームなどで常時大量のデータをやりとりしなければならない人などは、こちらをオススメします。

私的には、メールの確認・返信、SNSチェック程度なので、日常日本でも月1GB使うかどうかということなので、まいっかな。

Amazon Echo dot その4アタッチメント編

Amazon Echo dotですが、以前から気になっていたのが、一体型ユニット(たぶん3rdパーティー製)。
タイムセールで安かったので買ってみました。

R0056546

箱です。ちょっと怪しい。

R0056547

別に難しい構成ではありません。
取説、ショートタイプUSBケーブル、収納ケース(アタッチメント)になります。

R0056548

横から。
3Dプリンターとか、CADの技術があれば簡単にできそう。

R0056549

Amazon Echo dotとケース。
実はケーブルが結構長くて難儀していた(^^;)

R0056550

こんな感じ。
収まりが良い。
ケーブルも短いし。

R0056551

横から。

R0056552

反対側から。

R0056553

上から。

もし、Amazon Echo dotをお持ちでしたらオススメです。

普通でもそれほど高くはないのですが、タイムセールで更に安かったので(^^;)


10年前のプリンターをメンテナンス

新しく買えば良いと思いますが、プリンター(コピー機)は別途あるので・・・(^^;)
数日前、前の日まで普通にプリントアウトできたMP630が、翌日突然プリントアウトできなくなるという事案が発生。
まさかネタになるとは思わなかったので、試しプリントで、やっても何にも出力できなかったをとっておかなかったのが残念ですが。

最初やったのは、本体に付いているヘッドクリーニングと強力クリーニング。
全くなおらない(^^;)
あとB200というエラーが多発。(プリンターヘッド類の異常?)

ネットで見てみたら、湯煎すればなおったと言う人もいたので、まずはお湯でヘッドを洗浄。
その後、超音波洗浄機に入れて見て、それなりに綺麗になったので、またインクをセットしてプリントアウトしてみましたが、どうもだめ。全く印刷されませんでした。

ネットで調べると、ヘッドクリーナーなるものがあること。また、FBでもリンクを教えて貰い。

R0056554

色々あるが、水アカStrongBubbleが最高という書込を見て・・・
買ってみました。
その前に、ヘッドクリーナーをぽちったのですが、効果はあまりないというのを見てキャンセル(^^;)

R0056555

車にも使えますしね(^^;)
製品の書込でも、ヘッドクリーニングのために購入しましたという書込も見られました。

R0056556

横の説明。
虫汚れ、鳥の糞も除去、ガラス油膜やアルミホイール、ヘッドライトや樹脂パーツにも。
とあるので、何でも使える(^^;)
因みに、ヘッドライトにやってみたら、樹脂から黄色い汚れた液が出てきたという(^^;)

20180427_072036

まず、ヘッドを外します。いまのはわかりませんが、当時のCANONはヘッドが外せる(交換ができる)からという理由で買った気がします。
それをイチゴのパックにおきます(^^;)
偶然、大きさ的に合った。

20180427_072040

これを使うんだぞ~的な紹介用比較写真。

20180427_072204

背面に印刷用の基板があるので、それには液がかからないように5つのカセットに液体をプッシュします。
手荒れがする(らしいので)ビニールあるいは、樹脂手袋が必要です。

20180427_075141

一旦泡が引くと、まず上のメッシュ部が綺麗になります。
下の受け皿が真っ黒になっているのが確認できます。

20180427_080413

下の汚れたインクを処理して、上の穴部分が綺麗になるまで2~3回スプレーします。

この後夕方まで出かけてしまったので、帰宅後、乾燥していたので洗浄もせずに(^^;)
インクをセットして印刷してみました。

20180427_194044

全く印刷できなかったのが、一通り印刷できるようになりました。
魔法の液体です(^^;)
気持ちムラがあるものの、新しくプリンターを買わなければならないと思っていたのでラッキーでした。

20180428_132743

スカパー!などで録画した映画のタイトルをプリント。
白いまま置いとくとm何が何かわからなくなっちゃうので。
これだけ印刷できれば御の字です。

いやぁ、まじ感謝です。

ウイルスセキュリティがMACにも対応したので入れて見た(SAUCENEXT)

たまたま、3年?5年?入れていた、Kasperskyが先月末に終わってしまって、まあ、MACだから大丈夫か?と思っていた所。
ウイルスセキュリティがMACやiOS、Androidに対応したというメールが来たので、キャンペーンで今なら的なものがあったために、買ってみました。

というのも、フィッシングやらスパムやら最近はウイルス以外の脅威も増えてきたので、MACも安心していられないかなと思って。

R0056386

ウイルスセキュリティ for Macとなっています。

とその前に、Kasperskyを殺さなければいつまでもうるさいので、アンインストーラをDLして、消します。

続けるにして・・・

R0056387

使用許諾契約を確認して、続ける。

R0056388

あっという間にセットアップは終了して、その後、アップデート(最新のシステム)にする必要があります。
MACらしく、アイコンがちゃんと出ます。
因みにMBAだとMBAのアイコン。

R0056389

初回は怖いので念のため、検査をします。

MAC4台持ってるので、全部に入れました。

必要に応じて、1台用、5台用があります。
また、既存ユーザーはキャンペーン等もあると思いますので、メールか、サイトを見て下さい。
割引率が全然違います。
私的には、キャンペーンのメールが来ていたので、そっちから注文。5台で3300円くらいでした。
ネット直で調べたら、4700円位?でした。

もしかしたら既にキャンペーン終わっているかも。


もう一つのAIスピーカー、Google Home Mini その2設定起動編(Google)

昨日は、本体と箱の説明をしたので、今日は起動するまでを紹介します。

Img_20171217_1145204

昨日書いたように、電源のオンオフはありません。
USBコネクタに挿して、電源に繋げると自動に起動します。待機状態ね。
最初4色で点灯したのですが、すぐに白くなっちゃったので(^^;

まず、GoogleアプリをAndroidスマホまたはiPhoneにあるGoogle Home用のアプリをインストールします。

Img_20171217_1145276

はじめに、Homeへようこそという画面が出てきます。
写真はiPhoneでの設定。(基本的にAndroidでの設定も同じだと思います。

Img_20171217_1145459

基本、書いてある通りに進めて行けば、簡単にセットアップは完了します。
Bluetoothをオンにして、Google Home MiniとiPhoneを紐付けさせます。

Img_20171217_1146508

デバイスを検出しています。

Img_20171217_1146594

少しするとGoogle Home が見つかりました。このデバイスをセットアップしますか?と出ますので、iPhone画面下部の次へを押します。

Img_20171217_1147151

Google Home Miniに接続しますとなります。

Img_20171217_1147170

音が鳴るので、聞こえたらはいをクリック。だめなら左端の再試行をクリック。

Img_20171217_1147332

どこで使うか聴いてきます。
たぶんこれはマイクの感度などを調整するんだと思います。

Img_20171217_1147435

初期設定が終わると、今度は無線LAN(Wi-Fi)の設定になります。
あ、そうだ(^^;)、AmazonEchoもGoogle Home Miniも無線LAN環境がなければ使えません。

Img_20171217_1149540

ご自分の家又はオフィスの無線LANのAP(アクセスポイント)のパスワードなどを入力します。

Img_20171217_1149575

接続されると使えるようになります。

Img_20171217_1150002

説明がさらっと出てきます。

Img_20171217_1150088

次にアクセス情報の許可を行う設定になります。

Img_20171217_1150176

どういうことかと言うと、住所の設定。
これは、天気や電車バスなど公共交通機関の遅延情報などを正確に探って、案内するためのものです。

Img_20171217_1150277

音楽は、いくつかのアンリミテッド系で登録ができます(有料)

Img_20171217_1150372

ここまで来たら、アップデートの確認とダウンロードが始まりました(^0^)

Img_20171217_1151031

これには若干時間がかかりますが。

Img_20171217_1152218

アップデートが完了すると、これで晴れて使えるようになります。

Img_20171217_1152278

チュートリアルです。

Img_20171217_1152361

調べるとか。

Img_20171217_1152394

Googleカレンダーを使っていれば、スケジュールの確認、予定の変更。今日の予定など一通りできます。
朝起きたら、おーけーぐーぐる。今日の予定は。とか言えば、いちいちアプリを起動してみたなことをしなくても服着替えながら今日の予定を確認できます。

Img_20171217_1152426

何時に起こして、とかタイマーをセットしてとかもできます。

Img_20171217_1152555

一通り設定し、チュートリアルが終えると即使えます。

Img_20171217_1153529

AmazonEchoのアンリミテッドと同様、Google Musicも、ほぼ同じ曲が使えます。
Amazonプライムだと最新のアルバムは聴けませんが、AmazonMusicアンリミテッドやGoogle Musicだと、発売されたばかりのアルバムも聴くことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 

紹介しているのは左のチョークという色。チャコールだと黒そうだったので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home グーグル スピーカー
価格:12500円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


店によって値段が違いますので色々調べて見て下さい。

残念ながらライバルのAmazonでは(^0^)取り扱っていないというか、あっても出入り業者で高いです。

もう一つのAIスピーカー、Google Home Mini その1本体編(Google)

以前、AmazonEchoを紹介しましたが、某所で半額セールだったので買って見ました(^^;

R0055306

ミニサイズなので、小さい箱です。

R0055311

お饅頭(まんじゅう)みたい(^^;

R0055312

箱から出したとこ。
こちらも至ってシンプルな作りになっています。
電源スイッチはないです。
左のスイッチらしき物は、マイクのオンオフ。
右は、microUSBコネクタ。

R0055313

付属品は薄い説明書(カード)と電源ケーブルのみというシンプルな構成。

R0055307

箱の説明に行きましょう。
基本はAmazonEchoと同じ。
テレビのCMでやっているのと同じ、Androidスマホへの声かけと同じで、「おーけー、ぐーぐる」「オッケー、Google」でも反応します。
〇〇について調べて。〇〇は何?みたいに質問するだけ。

R0055308

調べ物、アラームの設定、予定変更、Google Play Music(登録が必要:月額980円)から音楽再生が可能。
今時点では、家には対応電化製品がありませんので、あれですが、将来的には、電気を点けるとか、エアコンを付ける、施錠を忘れたのでしといてとか、風呂に湯を溜めて、みたいな色々可能性が高い物です。

R0055309

対応アプリが出ています。

基本は、GoogleHomeもAmazonEchoも同じ。AI搭載と言っても、現時点では出来ることが限られています。

設定編に続きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 

紹介しているのは左のチョークという色。チャコールだと黒そうだったので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home グーグル スピーカー
価格:12500円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


店によって値段が違いますので色々調べて見て下さい。

残念ながらライバルのAmazonでは(^0^)取り扱っていないというか、あっても出入り業者で高いです。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ