鞄・ケース

小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ その2比較編(K&F CONCERT)

スリングバッグと言えば、昔から使っているAmazonBASICのカバンがあります。
比較してみます。

R0055110

投影面積的には似た感じがします。

R0055114

背面から見るとAmazonBASICが一回り大きいです。

R0055115

厚みもこんなに違います。

R0055116

ボトム部
右がAmazonBASIC。ちゃんと床に置く部分にゴムがあります。
K&F CONCERTの方は、ナイロンになっているので、床が塗れているときには置くことができないと思います。

R0055118

上から見た所。
厚みが全然違います。

R0055111

AmazonBASICの方が大きめのデジ一を入れられます。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。

ミラーレス等小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ(K&F CONCERT)

カメラ周辺機器メーカーのK&F CONCERTさんの、お手軽お散歩カメラバッグです。
ワンショルダーのタイプで、英名はSling Shoulder Backpackという名称です。

R0055082

こんな感じ。
背面には三脚用のベルトがありますが、そこまで本格的に要るものかどうかは、何を被写体として撮影するかという感じがします。

R0055084

上から見た所。
かなり薄いです。
本当に気軽に使える感じのワンショルダーになります。
メーカータグによると、。223cm×14cm×37cmとあるので、本格的な撮影用ではなくて、やはり自転車やウオーキングなどをしながらちょっとした軽い機材だけで撮影するという感じに使うバッグだと思います。

R0055086

右側はペットボトルや折り畳み傘などを入れられるポケットがあります。

R0055088

左側のボトム部には、ジッパーがあり、ここからカメラを出すことができるようになっています。

R0055089

こんな感じ。
オレンジは、あとで(^^;)
蓋部分にはSDカードやバッテリーなどを入れられるミニポケットがあります。

R0055091

ポケットを開けたときに見えたもの。
以前大きめのバックパックにもありましたが、メンテナンスツールがあります。

R0055092

出したとこ。
左から、クロス、クリーニング液等を入れる霧吹き、レンズクリーニングペーパー、レンズクリーニングペン、ブロワーとなります。

R0055093

カメラが出しやすいようになっています。

R0055095

背中に当たる部分にもポケットがあり、・・・

R0055109

レンズなどを入れる仕分けがあります。
重量バランスから考えると腰部分に重いカメラを入れるのは理にかなっていると思います。

R0055098

トップ部をあけたとこ。
中に袋が入っています(レインカバー)

R0055099

レインカバーを出したとこ。
それなりのポケットになります。手前には2つのポケットがあります。

R0055101

ボトム部は、ベルクロ(ビービー(^0^))になっていて、外して全体を1気室(一体)として使う事ができます。

R0055106

前面の右側にもポケットがあります。
が、あまり大きくないので、Xperia Tablet4(10インチ)は入りません。

R0055108

Xperia Tablet3 Compact(7~8インチ)だと余裕で入ります。

R0016355

肝心のカメラですが、タイトルに小型レンズ交換カメラ用と書きました、上の写真は古いカメラですが、NikonのD7000ですが、これ入れるといっぱい一杯です(^^;
交換レンズは入りません。
なので、D750などフルサイズカメラだとソニーのα7シリーズ以外は厳しいと思います。

R0016354

FUJIのX-T1ですらこの状態なので(^^;

R0016356

SONYのNEX6ですら、交換レンズを入れるといっぱいいっぱいです(^^;

R0016357

こちらがX-T1とNEX6を無理矢理入れて見ました(^0^)

R0055102

シャワーキャップヾ(^ )コレコレ

R0055104

こんな感じで、背面を覆うことができるので、突然の雨でもカメラや周辺機器を守ることができるのは良いです。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。


おしゃれでかつ大容量のカメラバックリュックKF13.081(K&F Concept)

鞄スキーのZEAKさんです(^^;
中国のカメラ周辺機器メーカーさんのK&F Conceptさんのおしゃれカメラバックリュックです。
英名で言うとカメラバックパックサイズはXL

R0054472

大きいです。
但しリッター数(容量)記載はありませんが、キヤノンでいうと5D、7D本体とレンズ2本それにパソコン、Tablet周辺機器が入ると書いてあります。

R0054473

横から。

R0054474

反対から
本来はLサイズ(表記が逆だけど)の方が、大容量で、数泊の旅行にも耐えられそうなのですが、こちらの方がポケットが多いのと見た目の小洒落た感じが良かったので(^^;
金額的には1000円位の差なので後は収納と使い勝手と見た目の好みでしょうか?

R0054475

普通のデイパックのようなデザインだけどかなり大きいです。
あと、上に持ち手が付いているのもGOOD
電車待ちなどで床に置いておいても背負う時に引っ張れるから。
写真のように、上下に2つポケットがあります。

R0054477

上のポケット。
それほど沢山入る感じではありませんが、少々の小物は入ります。

R0054478

下のポケット、こちらはそれなりに入るので、手帳やスマホ、バッテリー、周辺機器、ケーブルなども入れられそう。因みに、オレンジに見えるジッパーですが。

R0054479

ブロワーなどのユーティリティが入っていました。
すげー

R0054498

こちらが同梱されていたメンテナンスキットです。
左からレンズブロワー、レンズクリーニングペーパー、上はたぶん液晶やレンズを吹くためのクリーニング液を入れるケース(空)
レンズクリーニングブラシ
クリーニングクロス。
これだけでも500円以上します。


R0054480

メインコンパートメント
かなり容量がありそうです。
下には、カメラの仕分け用ケースが付いています。
これ、多少上下にできそうなので、旅行用の着替えなど普段使わないものでを下に入れることもできそう。

R0054481

カメラレンズ用のケースは取り出せます。特にベルクロ(R)マジックテープ(R)(通称ビービー(^0^))では固定されていないので、撮影以外にこのバックパックを使う事もできます。

R0054482

たぶん、これで、レンズ2本とフルサイズカメラ1台という表記だったと思われます。
宿泊を伴わない旅行だと更にカメラやレンズなども入れられるので、もっと入ると思います。
(後日別途試して見ます)

R0054484

本体の手前側にポケット。
こちらはジッパー付きなので、パスポートなどの貴重品を入れることも可能。

R0054486

反対側にもポケットがあります。

R0054487

これではわかりませんが、背面(背負う側)と本体との間に、ノートパソコン(外国表記だとラップトップ)を入れるスーペースがあります。
前後をウレタン風のクッションがあるもので覆われているので、多少の衝撃には耐えられると思います。
カメラユーザーの場合、MAC Book Proを使う人が多いと思いますが、15インチくらいの物まで入りそうです。
但し、重くなるのは必至で、MBP13インチくらいまでが良いところかなと思います。

R0054488

あとは、左右にポケットがあり、予備バッテリーや・・・

R0054489

スマホやカメラの充電用の外付けバッテリーなどを入れられると思います。

R0054490

背中に当たる部分にもポケットがあった~っと思いましたが、こちらは、キャリーケースの取っ手に挟むようのスリットですた(^^;)
でも落とさないような大きめの物ならこちらにも入れられると思います。

R0054491

背当て部。
メッシュ地のクッション入りなので、背中には優しいと思います。
腰に係りそうな場所は余分にクッションが入っています。中間部分に見えるのが一つ上で紹介したスリットになります。
安定用の腰固定ベルトもあります。

R0054497

因みに、こちらがボトム部。
特に脚が四つ出ていると言う訳では無いので直に地面に置くタイプですが、ざらざらした防水系の素材を使ってあるので、長時間塗れた所に置かなければ大丈夫だと思います。

素材がスエード風ですが、防滴ナイロン風なので、ちょっとした雨には大丈夫だと思いますが、不安な用でしたらアウトドアショップなどで、バックパック用のカバーを買って付けると良いと思います。

収納編に続く予定(^^;

 

紹介した物。同リンク先にLサイズの大容量のものがあります。デザインは好みで。

 

同メーカーのデイパック風のカメラバック

こんな感じのものもあります。

MOBILE POUCH for SMART FIT (LIHIT LAB)

先日のZOOMシリーズ同様に投げ売りされていたSMART FITのモバイルポーチがあったので、可哀想だったので保護しました。

R0052672

表面です。

R0052673

こちらが裏面。
1300円が半額の650円(^^;
元値は1620円らしいので、もっと安かったか(^^;

写真にあるように、縦横自在に設定できる上に、カラビナというかフックが付いているのでぶら下げることもできそうです。

R0052674

ショルダーベルトにひっかけることもできるし。
おっさんになりますがベルトにひっかけることもできるようです。
これ自分的にはやだ(^0^)

R0052675

タグを外したとこ。考えてありますね。さすがリヒトさん。

R0052676

こちらが横設置版もしくは、ショルダーベルトに引っかけられる。

R0052677

YKKではなくて、ちゃんとスマートフィットって書いてある。

R0052678

中はちゃんともふもふが付いているので、スマホを入れてもOK。
iPhone6sは入ったけど、もしかしたらPLUSは厳しいかもです。
このほか、標準タイプの筆記具は問題なく入るので、メモ帳と多機能ペン、一部の万年筆を入れることも可能。
もちろんカードサイズカメラも入ります。

コーデュラーナイロンが使われているので多少は安心。

R0052698

よく見たら、限定生産て書いてあった(^^;
もし欲しい方は、お早めにどぞ~
と思ったら、赤が限定生産品だったのね。
それを投げ売りする流通系会社ってどうよ(^^;
まあなので定期的に保護しているんですが。σ(^^;


何故かナップサックがまた流行ってるらしい パンナム

いつもコメントを頂くあなろぐまさんから情報を頂き、連休に東急ハンズに行ってきました。
生憎、入り口はこどもの日や母の日用のディスプレイになっており、もう終わったかな~と思ったら、鞄コーナーにありますた。

R0052665

安い方のものが最後の一つだったので、展示品を買って袋に詰めてみたのでしわになっていますが(^^;

3WAY KNAPSACKとあります。

R0052666

こちらが裏面。

R0052667

再び開けたとこ(笑)
ただのナイロン袋なんですがwww
ナップサックと言えば、おじさんが子どもの頃の遠足と言えばこのような袋を遠足に使っていまして。
いつの間にか見なくなったと思ったら、うちの子達が小学校高学年の時の家庭科で、キルト地の布(まあキットですが)でナップサックを作って遊びに行くときに使っていました。

なぜか、ハンズだけでなく、靴や鞄の女性向けのコーナーにもあったし、当然山岳用のショップでもみかけたので、また流行っているのかも知れません。

R0052668

こちらが中身。
まあただの袋です。

R0052669

昔と比べて進化しているのは、サイドポケット。
昔はこんなのなかったです。

R0052670

こんな感じで、スマホやお財布などを入れるポケットとして活用ください的な。
たぶんiPhone プラスをケースに入れている人には厳しいかもです。

R0052671

航空会社としてのパンナムは潰れてしまいましたが、商標としては活きているらしく、ロゴが入っていました。

こちらは1,680円でしたが、静岡には1点のみでした。
ハンズ限定色というのがあって、黒と紹介した色の若干濃いやつ。が2400円位だったので、結構値段が違うので最後の一つを保護してきました。

と思ったら、(^^;

Amazonにもありました~しかも安いし(T-T)

😀あははもう笑うしかないですね。

海外旅行に最適のワイズウォーカーA4ショルダーバッグ AL-05(ノーマディック)

イタリアに行く前に、自分がいつも使っている鞄を持っていこうとしたら、その鞄貸して。
その代わりポイントで、別の鞄買うからと言われて、かみさんが買ったのが・・・
というのも、イタリアではスリやバッグをカットして中身を取り出すというくらい治安が悪いので、いわゆるブランドバッグを持ち歩くのは危険ということで、ラフなバッグを持っていきたいということらしい。
せっかく色んなブランドバッグを持っているのですが>かみさん(^^;

R0052316

こちら。
じぶんも使っているワイズウォーカー(ノーマディック)の鞄でした。
残念ながら、黒他は売り切れで、このワインのみ。
超安かったので。

海外旅行、特にイタリアは、寺院(大聖堂)に入るときに、デイパック(リュックサック)や大型の鞄の持ち込みが禁止されていることや、デイパックやワンショルダーだと、背中に荷物が行って、知らない間に中身をスリに抜き取られることが多いらしいので、そういう類いの鞄の代わりに。
これを持っていきました。

まず、何が凄いかというと、ワイズウォーカーの得意なもので、ポケットや仕分けが沢山あります。
写真1枚目のジッパー部分は、防滴加工がされているので、ちょっとの雨ではジッパー内に水は浸入しません。
おまけに、バッグに使用されている素材自体も防滴加工なので、雨を弾きます。

R0052317

肩掛けベルトも肩が痛くならないように厚みのあるクッションが肩に当たる部分にあります。

R0052319

鞄の膨らみを押さえるストッパー。

R0052320

横から見たとこ。
ドリンク用のメッシュシートですが・・・
500mLは入りません(^^;
ここだけが誤算。
現役で使っているものは入りますが。ネック部が硬い。
あと、たぶん350mLだと入ると思う。
この写真にあるように右側、ショルダーを下げて内側二ヶ所ポケットがあります。
こちらがメインコンパートメント盗まれにくい部分になります。

R0052322

とその前に。
こちらが外に面する部分。
昨日紹介した、伸縮自在のショルダーバッグのジッパーにも採用されていますが、防滴加工ジッパーです。
閉めるとふさがっている上にゴム加工がしてあるので、つなぎ目が見えないようになっています。

R0052321

ジッパーを開けたとこ。

R0052323

蓋を開いたとこ。
マジックテープ(R)(ベルクロ)になっており、ふいに蓋を開けられても、ビリビリ音がするので、わかりやすいです。
こちらには左右にポケットがあり、その後ろに、ジッパーのポケットがあります。
奥にメインの大きなポケットがあります。

R0052324

手前のポケットは特にジッパーはないので、ティッシュやガムなどを入れるのが良いかも。

R0052325

同じく右側。
こちらには、ノートを入れておき、使ったお金や、添乗員さんが言った予定の変更などを記載。
今回旅行記に後述しますが、航空会社のストライキで1日延泊になってしまったので、その宿泊代金のメモなどさっとだせてさっと書けるのが良いです。

R0052326

こちらがその上のジッパー部。こちらは上に蓋がされるので、防滴加工ではなく、普通のポケットになっています。

R0052327

開けたとこ。
ここには、旅行ガイドや行程などを入れておきました。


R0052328

メインの袋部分。
ここもジッパーがあるので、安心です。

R0052329

開けたとこ。
この中には、カメラやペットボトル。買った物などなんでもわさわさ入れられます。

R0052330

こちらがこのバッグの真骨頂。
腰というか腹というか内側に当たる部分です。
ここには2つのポケットがあります。

まず1つはペルクロ・マジックテープ(R)に固定されているポケット。

R0052331

この部分に、パスポートと財布を入れておきました。
内側にポケットがあるのはあまり気がつかれ難い点。あと、開ける時に非常に大きな音がしますので、重要書類(笑)などを納めていくのには丁度良いです。

R0052332

もう一つのポケットには、小分けの仕切りが沢山あります。
奥の人差し指部分にこちらもベルクロが貼ったポケット。
ここにはTabletを入れておきました。
写真に見える部分で3ヶ所仕切りがありますが、こちらにはWALKMANやiPhoneなどを挟んで置きました。

R0052334

右端にはナスカンてゆうか、鍵を引っかけるものがあるので、家の鍵でも車の鍵でも引っかけられます。
今回鍵類は海外旅行のため全部家に置いておいたので不要でしたが、ちょっとした旅行などには必要と思います。

R0052336

一番手前にもメッシュポケットがありますので、色々入れられます。(今回の旅行では使いませんでしたが)

R0052337

こちらも、防滴加工がされているジッパーを使っています。

R0052338

その上に蓋が付いているので、ちょっとくらいの雨でも大丈夫だと思います。

R0052339

説明用のタグ。

R0052340

こちらが裏面。

もしかしたら、もう廃番で在庫のみかも知れません。


 

楽天ではセールになっていますが、こちらもワインのみのようです。
たぶん同じ店(^^;
でも、在庫希少となっていますので、もしかしたら終わっている可能性もあります。
ご確認ください。


海外旅行やアウトドアにスマートショルダーバッグFITTING BODY BAG(Hmmm!?)

たまたま、イタリアに行く前に書店で発見したので保護してみました。

R0052417

箱です。

R0052418

横から

R0052420

開けたとこ。
普通のベルトみたいな感じですが。
左右に2つ部屋があります。

R0052421

内側は簡単に外せるようになっています。

R0052422

伸縮性のある素材の上に、ジッパー部分は防滴加工がされているので、ちょっとした雨なども染みこまないようになっています。

検索してもなかなか出てきませんが、どうも書店系の扱いグッズのようです。
大きめの本屋さんの棚に置いてありました。

オンライン書店のリンク先には、これでもかというくらい入る絵が載っています。

R0052424

取説には、ペットボトル、スマホ、音楽プレーヤー、お財布、鍵、ゲーム機、カメラなどが入ると書いてあります。

イタリアはスリが多い都市で、どこの観光名所のガイドさんも、この人スリですので気をつけてとか言ってきますので(笑)
腹にpassportと財布をしまうのに重宝しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Hmmm!?スマートショルダーバッグネイビー
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/10時点)


Amazonでは出てきませんでしたが、楽天でヒットしました。

陸上自衛隊エコバッグと卓上カレンダー(自衛隊売店?)

ネットのお友だちのまいあさん(懐かしい名前:今は実名でお付き合いさせて頂いている)のお友達が自衛隊員でしかもかなり上の方、戦車教導隊?もしかして、蝶野亜美一尉みたいな人か?ヾ(^ )コレコレ
から頂いたということで、送って貰いました。\(^o^)/ワーイありがとうございます。

Dsc_0630

こんな感じのもので、迷彩しています。

Dsc_0631

どういうものかというと、どちらか言うとお風呂用?エコバッグかな?
手前にポケットがあり。

Dsc_0632

裏には、間違えないように、ネームタグ(名札)が入るような窓があります。

Dsc_0634

こんな感じ。
ZEAKってタグ入れておけば、温泉に行っても間違えられないでしょう。

Dsc_0635

と書いたのは・・・・
見にくいですが、インナーにはちゃんと、耐水風の内袋が二重になっていて、お風呂で濡れたタオルもそのまま入れておかれる(らしいです)

Dsc_0636

上にインナーの袋を引っ張り出せば、中のものを見えなく縛ることもできます。

これ、かなり良いです。

ということで、某FBのミリ系のページにうpしたら、・・・

Air

こんなの持ってますって女性が。
どうも航空ショーで買ったとのことで。
空自と陸自では柄が違うんですね。

密林では、ぼったくり価格で空自のみ出ていました。送料無料にしても高いです。

本家のお値段は1500円+税っぽい。というのは、ネットで売っている店がありました。
リンクをクリックすれば同じものが出て来ます。
送料がいくらかはわかりませんが。

あと、陸自も空自も海自も広報のために、色々な祭り会場や、航空ショー、総火炎(総合火力演習)、観艦式や
各師団のイベントなどでも販売していると思います。
あと静岡ホビーショーをはじめ、アニメやゲームショーなどの会場にも出店することがありますので、ご覧下さい。

紹介が遅くなりましたが、
海上自衛隊カードカレンダーです。

Dsc_0639

ちょっとぼけちゃった(^^;

こちらのカレンダーの凄いのは、仕様や構成(編成)も解説されていること。

Dsc_0641

P-1の紹介には前の12月のページの裏側に哨戒機の変遷があります。

Dsc_0642

CH-101は、仕様などが記載されています。

Dsc_0643

あたごには仕様と大友昌司さんの怪獣図鑑みたいな、内部構造イラストがあります。

Dsc_0644

花形ばかりでなく、補給艦なども紹介されていて、結構勉強になるカレンダーでもあります。

他にも沢山あるけど紙面の関係で(ぉぃ
想像にお任せします。

大きなカレンダーに続きます。

因みに、頂いたカレンダー類は密林にはなかったので非売品なのかな?o(^-^)oワクワク


少し早いクリスマスプレゼントTUMI DELTA018620D(TUMI)

今まで使っていたTUMIのコインケースがぼろぼろになってきたのと、家か鞄のどこかにあると思いますが、見当たらなくなったので(^^;
お財布と鞄類をTUMIで揃えてあるので・・・

かみさんと子ども2号がボーナスが出たので(うちはない(T-T))早いけどクリスマスプレゼントということで買ってくれました。

R0051360

箱がおしゃれになった(^^;

R0051361

DELTAシリーズなので、外はナパレザーになっています。

R0051362

TUMIのロゴはメタルロゴです。


R0051363

ボタンは黒。

R0051364

内側がバリスティックナイロン。
前は外と前が逆でした。


マルチビジネスバッグ ブリーフケース

オレンジスキ~のZEAKさんですが、チープだけど、かなりでーはー(派手)な鞄があったので買ってしまいました(゚゚ )☆\ぽか

R0043891

オレンジです(笑)

R0043892

斜めから

R0043885

こんな感じでぱっくり開きます。
左と右に押さえがあるので・・・

R0043884

ThinkPad Tablet 2 は余裕で入ります。てゆうか、そもそも・・・

R0043893

MacBook Air 11inchを入れる用に保護しました。
いちお、12インチ用のケースです。(丁度10インチは売り切れてたw)

R0043894

誂えたように入りました。


R0043896

内側にはスリーブがあり、メモやチケット、ノートなどを入れることができます。

R0043897

こちらは、Xperia Z2Tabletを入れてみたところ。
すかすかですが(笑)

R0043900

インナースリーブにキーボードを入れたところ。

かなり使い勝手が良いのですが、唯一の問題は、ビニール臭いこと(笑)。
そういう、ボンドというかセメダインというか、揮発油系のかほりが好きな人には良いと思います(゚゚ )☆\ぽか

少し天日干しをすればかほりは飛びますがw

R0043890

黒が同梱されていたチープなベルト。
オレンジはオプションで買ったもの。
作りが全然違います。


13色展開されていますので好きな色があると思います。
お値段的に、かなりチープなので、(笑)ビジネスというよりカジュアル利用が良いかと。

10~18インチまでありますが、あまり大きくて重いものは持ち運びに厳しいと思いますので、てゆうかそれ以前に手が痛くなると思うw

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ