くるま

先日紹介した全方位サンシェードを付けてみた

3月21日に袋だけ紹介した、夏に向けてGreen Convenience 遮光サンシェード ですが、暑くなってきたので設置してみました。

20180331_0903111

いずれも付属の吸盤は使わずに止めることができました。
サイドウインドウ前後。
左右とも同じなのでうまく収まります。

20180331_090317

フロントウインドウは、ちと小さいので前から使っている方が良いかも。

20180331_090326

リアウインドウ。
うまくはまりました。


夏に向けてGreen Convenience 遮光サンシェード

いつもはフロントウインドウだけしかしてありませんが、そろそろへたってきたというか。
たまたまタイムセールで安かったので保護。

R0056094

いかにも中華風。

R0056095

たいへんCompactな袋に入っています。

R0056098

開けると戻すのが面倒なので(゚゚ )☆\ぽか

R0056096

丁寧に写真入りの説明書も入っています。
日本語がおかしいですが(^^;)

61tzcr4gw5l_sl1000_


ネットより
こんだけ入っています。
こんだけあれば四方八方窓にはめられるでしょう。

61qqh2aw7rl_sl1000_

数値はこんな感じ。

また春先になって暑くなってきたら、紹介しましょう(^^;)

タイムセールで750円位だったので(^^;)


ドライブレコーダー用GPSアンテナをもらう

以前紹介して、昨日も紹介したドライブレコーダーですが、AmazonにレビューをするとGPSアンテナ(1,790円)か16GBのmicroSDがもらえると言うことで頂きました。

R0055865

製品版です。

R0055866

YAZACOさんの新品。

登録すると、GPSを読み込んだデータが読めるPC用アプリのリンクを教えてもらえるので(たぶん汎用)そこからダウンロードして使えば。どこの画像か座標もわかるようになるという便利な代物です。

20180225_1125281

左のボタンみたいなのは、光センサー(オートライトのセンサーね)
右がGPSアンテナ。

20180225_1125531

まずは昨日紹介した、買い直したドライブレコーダー設置しました。
この時点で注意して欲しいのですが、右側が電源昔のタイプのUSB-Aでかいコネクタの方。
左の上が、GPSで、下がバックモニターになります。これ逆さに付ける人が多いということで、ご注意下さい。

20180225_112601

取りあえず、ちゃんと映っているようです。
因みに、GPSと連動として設定すると右下に速度(時速)が出るようです。


かみさんのなんで、めったに乗らないから、GPSでの座標が確認できるかまたやってみたら紹介したいと思います。

別途買っている人もいるようですが。
使い勝手などをアップすれば無料で頂けるので良いです。

こっちは、GPSアンテナも同梱されているようです。

ドライブレコーダーアゲイン(^0^)

以前トヨタピクシスジョイクロスオーバーに、ドライブレコーダーを付けるをアップしました。
その後もちゃんと映像は、撮れていました。
なので、感想をアマゾンにアップして、GPSアンテナをもらいました。
さて、接続しようと思ったら、なんと画面がホワイトアウトしています。

買って1ヶ月経っていない。(メーカー保証は1年)だったので、メールやりとりをしている中国メーカーにメールして、これではGPSの設定ができないのでどうしたらよいかと聞いた所。
返品して返金するので、もう一度新たに買い直して欲しいと言われ(^^;

ちゃんと接続時は映っていたので大丈夫だろうと思って、箱も周辺不要パーツも捨てちゃって(^^;
オマケに、ケーブル類は車体に見えないようにマウントしたので、ケーブル外すのも大変だけどどうしたらよい?
と聞いてみたら、本体のみ返品してくれれば良いということだったので、送り返して。
たまたま、またタイムセールだったので、うまいこと買い替えることが出来ました。

R0055967

パッケージデザインが変わりました。
前は、白っぽいあっさりしたデザインだったのですが。

R0055968

横のデザイン。

R0055969

保証書。(てゆうか、エントリしてね、そしたら補償するから的な)
基本中国系のメーカーは、販路がAmazonちゅうしんなので、Amazonの購入番号(履歴)がわかれば、補償してくれます。

R0055970

本体。

R0055971

下のパーツ

R0055972

同梱品。

R0055973

動作確認。と設定。
レイアウトや色が若干良くなったような気がします。
相変わらず所々が中国語日本語ですが。

暫く使ってみたいと思います。

とは言え、かみさんってあまりこういうメカ気にしない人なので、いつごろホワイトアウトしたのか気にしたことがないということで、たまたまGPS(ドライブレコーダー連動型GPS(座標等を記録する奴)を取り付けようとして発見したから良いものの。下手すると1年以上(まあそれはないけど)知らずに終わってしまうなんてこともあり得そうなので。
時々チェックします。

メーカーの対応は良いので、安心です。


かみさん用のトヨタキャスト(違)に前後部用ドライブレコーダーをつけるその2

設置編です。

まずリアカメラ。

R0016465

うちの軽はハッチバックなので、リアウインドウのほぼ中央に差し込み、隙間にケーブルを差し込んで固定しました。

R0016466

取説では、車の上側を這わせて固定して下さいみたいな表記でしたが、そもそも天井が白っぽいのと隙間がないのと、軽自動車なのでボトム部の床を這わせる方が美しく配線できるので下段に持っていきます。

R0016467

こんな感じで接合部の隙間にケーブルを差し込んでいきます。

R0016469

最近の車は、衝突防止機構(スマートアシスト3・他社ではアイサイト)が付いているので、バックミラーの前に大きなステレオカメラが搭載されています。
このため、仕方ないので(^_^)横に貼りました。
反対側の方が視覚を妨げないので良いのですが一人で運転している時に操作(停車して)できないので、こちらに貼りました。(ケーブル長のもんだいもあります。)
写真のようにカメラ部はぐるぐる回ったり上下できるので、見やすい(録画しやすい)位置にすれば良いと思います。

R0016471

こんな感じで録画(されます)というか、エンジンかけると起動しちゃう(^_^)

R0016472

オートパワーオフまで1分(設定で替えられます)なので起動しています。
あと少し上から下げておいたのは、ボタン操作ができるようにということと、SDカードを出す関係です。

こちらが紹介した物。
但し、窓ガラスが傾斜しているものだと設置しにくいというか設置できても良い方向に向かないという意見もあります。そういう車に乗車の場合はご注意下さい。


 

こんなのもあります。フロントだけで良ければ安くて済みます。


かみさん用のトヨタキャスト(違)に前後部用ドライブレコーダーをつける

最近増加しているというか、目立つようになってきた煽り運転とか、駐車場などでの当て逃げなどが多発しているので、昨年秋に買ったトヨタPIXISJoy CROSSOVER用に買ってみました。

R0055714

暮れのセールで買う予定だったのが、タイムセールの台数があっという間に埋まってしまい(^^;)
今回になりました。
箱はめっちゃシンプルです。

R0055715

横から
特徴が書かれています。

R0055719

同梱品一式。
保証書、日本語取説、取り付けユニット、電源ケーブル、上が本体、中央はUSBケーブル、右端は後部用カメラ。

R0055720

本体横から。
USB(昔のタイプ)コネクタになります。

R0055721

背面。

R0055723

設定ボタン類。
一番右側のボタンは、何かやばそうなシーンを見たら保存する用。
例えば、UFOが落ちてきたりとか(違、事故の瞬間が撮れてた時とかにとっさに記録を保護するボタンです。
TFはmicroSDスロット。

R0016449

手元にあった32GBの奴を入れてみます。
因みにドラレコは動画なので、class10推奨。

R0016452

通電すると右上に3つのランプが点きます。
因みに、ボタンは記録中は録画、音声録画などを調整する用、設定時は上下セレクトボタンになります。

R0016453

電源を入れると1年前の日付です(^^;)
モニター画面自体は昔のデジカメクラスなので2.5インチくらい?

R0016455

取説を見なくてもだいたい感で操作できます。

R0016456

ループ記録(カードが一杯になったらまた最初から上書きされる)なので、解像度は最大のままにしておきます。
てゆうか、最初からその状態に設定されています。

R0016457

モニター表示モードは、前カメラのみか後ろカメラのみか、ピクチャーインピクチャーにするかが選べます。

R0016458

ループ録画は、1分、3分、5分となっています。
ネットにアップするなら1分辺りが良いです(違

R0016459

時々訳のわからない日本語が出てきます。
こン中国語測とか。
録画な音声とか(^^;)

R0016460

衝撃により録画をロックするためのセンサー感度の設定です。
まあ中くらいで良いと思いますが。

R0016461

日付は時々見直した方が良いと思います。時間が結構進んだり遅れたりすると思いますので。
肝心な事故の瞬間の日付がずれていると困りますから。

R0016462

念のため。フォーマットします。

R0016463

あと、記録方式をNTSCに設定しておかないと日本では見る事ができなくなりますのでこれは必須です。
PAL方式は主に応酬で使われているビデオフォーマットになります。

R0016464

もう一点、フリッカーの設定を調整します。
50Hzか60Hz(これ機械によってはオートもありますが)
なんのことかと言うと、静岡県の富士川を挟んで北(関東方面)は50Hz、富士川以南(静岡市や名古屋、大阪など)は60Hzと、明治時代にドイツの技術か、イギリスの技術で導入したので周波数が違います。
これを主に使う所の周波数で併せておかないと、信号が真っ黒だったり、ちらつきが起きていて、どっちが青で侵入したかというのが映らない場合があります。
と言う訳で、お住まいの地区の周波数に設定しておいた方がよいと思います。
尚、私は静岡市に住んでいて、実家や親戚が東部にあるので、一番困ります(^^;)

設置編に続きます。

こちらが紹介した物。
但し、窓ガラスが傾斜しているものだと設置しにくいというか設置できても良い方向に向かないという意見もあります。そういう車に乗車の場合はご注意下さい。


 

こんなのもあります。フロントだけで良ければ安くて済みます。

PIXIS Joy Crossover その2内部編(TOYOTA)

ピクシスジョイクロスオーバーの内装編です。
CAST、ダイハツキャスト アクティバの内装と一緒です。

20171126_070222

一つ前のモデルでは、2.5万位のオプションでしたが、何チャラパック(忘れた)にすると全部入りのものになって、オプションがほとんどなくなるという美味しいパックになりました。
内装カラーが、ボディカラーと一緒になります。
ドア部分。
因みにドアの肘掛けに当たる部分が、ピアノ塗装になっているので、指紋が目立ちます。
ここは、マット調(つや消し)の普通のものでよかったと思います。
下にはスピーカーとドアポケットがあります。

20171126_070229

フロントシート。
前モデルは全部布でしたが、周辺部は合皮?で豪華そうに見えます(^0^)
因みに、軽なのにベンチシートになっています。
意味あるのかな?

中央にあるのが倒せるアームレスト(肘掛け)

20171126_070321

こんな感じ。
でも、アームレストを倒すと、シートベルトをしにくくなるので、アームレストは要らないかなとか思ったりします(^^;

20171126_070343

後部座席。
後部座席は昔と違ってスライドシートになっており、

20171126_070402

多少前後できます。

20171126_070409

荷室を倒してフラットにするためには、こちらまでスライドさせるとか、色々遊べそうです。

20171126_0704181

スライド用のアームがここまで伸びます。

20171126_070509

後ろまで延ばしたとこ。
箱はレイン対応用ドアミラー。袋は、ボディコーティングメンテナンスキット。

20171126_070531

シートを倒したとこ。

20171126_070558

後席シートはここまでスライドさせることができます。
これだけ荷室あれば良いかな的な感じ。

20171126_070352

因みに、背面のシートは低いので、ヘッドレストを延ばさないと座り心地が良くありません。
後席に人が乗らないときには、このように収納しておいた方が良いと思います。

20171126_070708

助手席の背面に、このようなものがありますが。

20171126_070713

倒す事で、レジ袋などを引っかけておくことができます。

20171126_070726

後席のドアポケットは、ドリンクホルダーがあります。

またフロントに向かいます。

20171126_070248

助手席から見た感じ。
左側のスリットはカップホルダー、小物入れのポケット。エアコン吹き出し口にもポケットがあります。

20171126_070255

カップホルダー

20171126_070300

エアコン吹き出し口

20171126_070907

運転席側の集中コンソール部分。
写真左は、ドアミラーの視界調整。ドアミラー折り畳み手動と中立にすると・・・

20171126_070943

電源をオフにして、外に出て、ドアロックをすると自動的にミラーが折りたためる機能が付いています(^^;
しゃらくせー(^0^)

20171126_070925

上は常設のカップホルダー

20171126_070930

下部分にはエンジンスタートボタン
プリウスはステアリングの左にあるのでつい左側のボタンを押してしまいます(^^;

下のボタンは、路線逸脱警告、自動エンジン停止キャンセラ-、右端は手動ライト向き調整ダイヤル。
因みに、この車種にはオートハイビーム機能が付いています。しゃらくせーヾ(^ )コレコレ

下段には、ETCカード(これ、前のミラから移植したもの(^^;)

20171126_071030

チェンジレバーはフロント側に付いています。普段Dにしたままで良いのですが、なかなか慣れません(^^;
左側はオートエアコン。しゃらくせー(゚゚ )☆\ぽか

20171126_071034

標準のカーナビ。
でも、一丁前にBluetoothが搭載されているため、ハンズフリー通話や音楽プレーヤーとリンクさせることで、音楽を聴くことができます。
でも、なかなか、認識の時間がかかります。一度エンジンを切って、再び点けるとそこでも認識に時間がかかるので、それなら、AUXコネクタにそのまま有線で繋いだ方が楽です。

ハザードランプと、エアコン吹き出し口。
下には見えにくいですがポケットがあります。

20171126_071045

なんと、デフォルトで運転席、助手席のシートヒーターが搭載されています。しゃらくせー

20171126_071055

ステアリングは、革風になっています。持った感じが良いです。
吉野家マーク(^0^)

20171126_071059

ボリュームコントローラー(上下)とモード変更レバー(左右)しゃ(゚゚ )☆\ぽか

20171126_071102

ノンターボで非力なのですが、この「パワー」ボタンを押すと、追い越しなどで加速力が増します。

20171126_071119

オートにしておけば、自動でハイビームとロービームになるという優れもの。

20171126_071130

サイドブレーキではなく、左側にフットブレーキがあります。

20171126_0801491

エンジンルーム。
めっちゃ綺麗(^0^)
バッテリが-大きい。(まあディーゼル四駆ほどでは無いですが)
ミラに比べると床が見えない。

20171126_081404

エンジンをかける前は、真っ暗で見えません。

20171126_081346

えんじんかけたとこ。
タコメーターもあります(^^;)
昔のミラにはなかったので。
外気温、平均燃費、距離計などをボタンで選択できます。
が、ボタン多すぎ(^0^)

20171126_070335

ドアの開け閉めは、この部分を押します。
ロックするときもこの部分を押します。
まあリモコンでやっても良いのですが、カバンに入れておけば、ここを押すだけなので便利かな。
運転席と助手席、後部ハッチにオンオフがあります。
プリウスやFitだとグリップを握れば解除できるので、なかなか慣れません(^^;)

因みに、自分が運転したら21~22km/L位。
家族が運転しても18~19km/L位は最低限行くので、良い燃費だと思います。
但し、渋滞している処では、アイドリングストップが頻繁に発生するのがいやなので、その時にはオフにした方が良いと思います。
また、ダイハツのアイドリングストップは、完全に停止する直前にエンジンが止まってしまうのでその辺の癖に慣れればならないと思います。

PIXIS Joy Crossover その1外観編(TOYOTA)

久々の車ネタ。
とは言え、今年の春先に、うちの子がミニクーパー7SDを500万円で購入したのですが(^^;

20171126_063122

横から。
本当は、夏頃にかみさんが車を某公共施設の駐車場のポールにぶつけてへこんでしまい。それを修理するのに20万以上かかると言われ、もう14年乗っているのと、修理して何年乗るのか、それなら新しいの買った方が良くね?的な話になって。
でも、秋には衝突安全性が格段に向上したスマートアシストIIIが出るのでもう少し待った方が良くね?的な話になって。
それまで情報収集をしまして。

20171126_063306

後ろから。
因みに、こちらはダイハツCAST ACTIVAというもののOEM。

20171126_063428

バックモニターとドアオープナーと生意気にも、ドアロック解除ボタン。

20171126_063524

正面から。
朝露が降りていて目が曇っていますが(^^;)
あーナンバープレートは、ホルダーに入れようとして外してあります。
フォグランプは、標準装備(真ん中のクラスです)

20171126_063529

下から。

20171126_063731

うちの子のミニ7と

20171126_063747

アルミホイル標準装備。

20171126_063758

タイヤサイズは、165/60R15という、薄っぺらいタイヤ(^^;

20171126_063803

サイドウインカー部分。チェッカーはオプション

20171126_063806

ドアミラーのチェッカーもオプション
しかも、軽のくせに(^0^)エンジンを止めて、鍵を閉めると自動でドアミラーが畳まれるという。
プリウスにもミニクーパーにも付いてないぞ(^0^)(注:うちの子が前に乗っていたミニクーパーには搭載されていた)

20171126_063812

フロントのテープもオプション

20171126_063824

後方のパネルにもチェッカー(^0^)

20171126_063817

スマートアシストIIIの新機能。
ステレオカメラになって(IIの時はシングルとセンサーのみ)、駐車場に止めて店に突っ込まないとか、歩行者などへの反応もするという優れもの。
(完全ではありませんのであくまでも自己責任で)

20171126_063840

TOYOTAはPIXIS(ピクシス)シリーズが軽の名称で、Joy(ジョイ)がCAST(キャスト)、Crossover(クロスオーバー)が、ACTIVA(アクティバ)に当たります。

20171126_063846

吉野家マークヾ(^ )コレコレ

20171126_063901

前も吉野家マーク
因みに、スマートアシストIIIが付いたマイナーチェンジモデルは、グリルがハニカムデザインから横の3本バーになりました。

内装編に続きます。
流石にAmazonや楽天には商品リンクが出てこないだろうな(^^;)


怪しげなドライブレコーダー その4バックモニター連動編

さて、最初に書きましたように、別系統で、赤と青の電源風ケーブルが付いていました。

R0053739

このケーブルね(^^;

それをバックランプに直結してみました。
それだけでバックモニターになります。

20170805_125619_hdr

こちらは、昨日紹介したものと同じ形の映り方。
メインカメラの部分に日よけカバーをはめてあるので、こんな形に映っていますが。

20170805_1256261

こちらが、リバースモード(バックギア入れる)にすると、画面が大きくなって、駐車線が入ります。

怪しげなドライブレコーダー その3リアカメラ編

リアカメラ編です。

R0053741

こちらがリアカメラです。

接続は、特に面倒ではなく、ドライブレコーダーのジャックに挿して、ケーブルをずりずりと床を這わせて、(ドア下の樹脂を剥がして)後部席まで延ばして行くだけです(^^;

20170801_180616_hdr

こんな感じで、右上に小さく映りますバックカメラの映像が。

20170801_180639

ドライブレコーダー(ミラー本体)の矢印ボタンを押すことで、画面が背面中心に切り替わります。

20170801_180644

画面を半々に表示することもできるようです。(ゆがむけど)

20170801_180649

後ろだけ表示することもできます。

20170804_180109

うしろの車のナンバーはそれなり。
上の雨でバックワイパーを付けても見えにくかったので。
プリウスなので、下のガラスの方にカメラを移動させてみました。
このため、熱線部分が横に線となって映っています(^^;

バックモニター連動編に続きます。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ