くるま

車載ホルダー エアコン吹き出し口取り付けクリップ式 (TaoTronics)

吸盤で接着させたクランプ式スマフォフォルダーを紹介しましたが、こちらは会社の車に取り付ける用に保護しました。

R0049314

箱です。

R0049317

こんな感じ。

R0049318

画面を縦横自在に変えることができます。

R0049319

R0049320

レバーを倒すことで、エアコン吹き出し口のスロットにガッチリ固定することができます。

R0049321

1か2にすることで、メーカーにより異なる吹き出し口の形状に合わせることができます。

R0049323

後ろのボタンを押すことで、スマフォを解除できます。
会社の車に使うのは、Bluetoothで音楽を流すためにWALKMANのNW-ZX1を固定する時に使っています。
逆に、Xperiaの場合、本体が熱くなるので、車のエアコン吹き出し口に挿しておけば、エアコンから冷気があたって熱暴走するのも防げるから良いかもです(笑)

iPhoneやAndroidスマフォも小さいものなら入れられると思います。
Tabletは不可。iPhonem*plusは厳しいかもです。

20160819_070755_hdr

Fit3の吹き出し口にウォークマンNW-ZX1をはめたとこ。
Bluetoothでリンクさせれば、ステアリング(ハンドル)の操作ボタンで音量の増減、スキップ、リバースができますが、接続完了時の再生などはカーナビの画面で行うか、NW-ZX1の物理ボタンで行うしかないので、その点Nは便利で良いです。

20160819_070758_hdr

横から見たとこ。
ちゃんと固定しておかないと、カーブを曲がるときにすっ飛びますのでご注意ください。

バーゲンで500円で保護しました。
以外と元値は高いようですが、まあ1000円以下のものでしょうね。
作りはしっかりしているので安心して使えそうですが、外車など車種によっては吹き出し口のスロットに入らないものもあるかもしれませんので、ご注意ください。


スマフォクランプ GRIP PRO2 UNIVERSAL DASHBOARD Car Mount(MPOW)

最近のiPhoneやAndroidスマフォ並びに関連アプリ(若しくは純正アプリ)の性能の進化は素晴らしく、たぶんゼンリン(住宅地図メーカー)と組んでいると思いますが、新しく道路ができると、以外と早くに対応してくれます。
一方、車用のナビは、秋に一度見直しを行う(メーカーによっては、月額契約1万位払えば都度更新)程度で、しかも2~3年単位で更新しなければ古いままと言うことになります。
と言う訳で、地図アプリ並びにナビ機能はiPhoneやAndroidスマフォが最適です
一部VICS(渋滞情報)非対応というのはあるため一概にはどっちが良いとか悪いとかは言えませんが。
おまけに、純正にしても社外品にしても10~30万円くらい普通にするので、今度車を買い替えるときは買わずに済まそうかなっと思っています。

ということで、前振り長かったですが(^^;

R0049338

バーゲンで安かったので。

R0049341

内容物一式。こんな感じです。
これ流石にTabletは入りませんが(^^;

R0049342

スライド組み込み式です。

R0049343

こんな感じで自在に形状を併せることができます。
貼って剥がせる吸盤なので、ダッシュボードには滑り止めというか固定用のベースが必要な場合があります。

20160815_074249

車に搭載してみました。

20160815_074253

別アングルから

20160815_074257

けっこうブーム(足)が長いので自由に位置を決めることができます。

別にカーナビに使っていないときには、助手席に向けて、データ落とした映画や国内版のAndroidだとワンセグを見ることもできると思います。


合計出力7.2AのUSBカーチャージャーH1 その2使用編(MUSON)

同時に3つはあまり使用することがないのであれですが、2つはたいがい使っていますのであまり気にするほど熱くはなりません。

R0050278

プリウスなので、足下の穴の所に電源を持って行っています。しかも拡張ユニットを貼ってあるので見にくくて済みません。
隣に見えているのはシガーソケット形状のUSBカーチャージャー(笑)こちらも1.0A+2.1Aタイプ。
通電すると青いLEDランプが点きます。
あー、USB挿してないので透けて見えてますが(^^;

R0050279

何も繋いでないとこ。

R0050282

電源入れる前の電池消費。

R0050283

電源入れたら1.31Aになった。
普通の1.0Aタイプのでは充電不可ですね。

R0050286

iPhoneを挿してみたところ。こちらは0.9A~1.0A程度なので汎用のものでも使えます。
Tabletやカメラなどの充電はやはりアンペア数が多い方が安心です。

合計出力7.2AのUSBカーチャージャーH1(MUSON)

最近の電脳小物やカメラはUSB充電に対応しているものが増え、それに併せてモバイルバッテリーも普及しています。
また、車での移動なども踏まえて、シガーソケット(タバコは吸わなくても、タバコを吸うためのヒーター)電源は搭載されており、簡易カーナビやドライブレコーダー、レーダーなど電子機器を使う用になっています。

soundPEATSさまより、自信がある商品ということで提供頂きましたUSBカーチャージャーH1を紹介します。

R0050268

安心の日本語説明。

R0050270

おまけに3コのコネクタそれぞれが、最大2.4A出力対応のうえ、急速充電対応。
という優れもの。
あと12~24Vまで可というから、バスやトラックでも使用できます。

その昔、カーナビが出始めた頃に、知り合いがバス旅行の時にバスのカーソケットに挿したら、一瞬でお亡くなりになりまして(-人-)合掌
という位、12V用と24V用では、日本の100Wと海外の240Wの違いと同じくらい一発でダメになります。
パソコンのACアダプターなどは100-240W対応なので大丈夫ですが。

R0050271

取説と本体。

R0050272

おお~3つとも2.4Aって書いてある。
これは安心。

R0050288

因みに、以前何かで貰ったヤツと比較。
長さが若干違います。

R0050289

OMAKERって書いてある。
見た目と作りが似ているので同じもの?って思いますが。

R0050292

MUSONの方は12-24V
5W-7.2A 36Wと書いてあります。

R0050293

もう一個の方は、12-18Vなので、トラックは使えません。
しかもDC5.0V=5.1Aなので、全然違います。

R0050294

見た目は白い方が外廓を金属で覆っているので高級感がありますが、何故か、下から1.0A、2.0A、2.1Aと小分けしています。
自分はiPadも充電するので、2.1AにLightningケーブルを挿しっぱなしにしています。(まつがえないようにね)
MUSONのH1だとどこに挿しても、安心できます。

実践編に続きます。

車での移動が多い方、行く先でレンタカーを使って移動が長い方など、カメラで充電忘れた~なんて人も急速なのでなんとかなると思います。

3穴のは少ないですね。


簡易ドライブレコーダーB1 その3録画記録編(MUSON)

録画記録編です。
私が住む静岡県は、東西で周波数が異なる県です。
富士川を挟んで、東側(東京方面)は、電力は東京電力、周波数は50Hz。
西側は、中部電力、周波数は60Hzと周波数が異なります。
この辺は、明治時代にドイツとイギリスの技術者を導入した結果東日本と西日本で周波数が変わってしまったというwww

最近ではあまり周波数を気にする必要がない機器が増えましたので、それほど気にする必要はありませんが、昔は時計、炊飯器、テレビなどが非対応で、引っ越しの際に必ず買い替えなければならないという非効率なシステムでした。
特に、照明(特にフリッカーが発生して非常に目が疲れる、ちかちかしてていう感じ)が問題で、店によってずーっとほわほわして落ち着いて商品が見られない、疲れちゃったり、ビデオを録るとずーっとぼわぼわしたりなど、周波数共用になってもいまだにそういう非対応のものもあります。
閑話休題

記録テストを紹介します。
パソコンではクリックするとたぶん大きな画面になると思います。
注:車で聞いていた音楽が著作権に当たる(と警告が出た)ので、youtubeフリーの音楽に替えています。なので、大きな音楽が出る場合がありますので、ボリュームは絞ってご覧下さい。

こちらは静岡県富士市側国道1号(昔で言うところのバイパスw)で撮影。
いわゆる50Hzエリアです。
普通の信号は大丈夫なのですが、LED信号が点滅して見えます。

こちらは帰りの状態(下り線)。
写り自体は特に問題無いです。
リンク先はHDで再生されると思います。クリックすれば大きくなります。またyoutubeサイトで見る事もできます。

今度は夕方の状況。
いつも撮影などでお世話になっている興津界隈です。子どもを迎えに行く予定が合ったので録ったヤツを確認してみました。
信号などで前の車両のナンバーですが、光があるところが見えにくくなっているのでそこがちょっと残念ですが、夕方でもこれだけ写れば良いかなと思います。

興津清見寺から興津駅までのようす。

夜のようす。
こちらは急に真っ暗になったので帰り道ですが、夜間と同じ感じだと思ってアップします。


雨天時のようす。国道1号清水IC前後の区間。朝、台風が来る前の雨です。
雨天はこんな感じで見えます。
上の方の富士方面50Hzの信号の点滅風に見える録画に比べ、60Hzの区域ではLEDでも点滅っぽく見えなく写っています。

まとめ
良い点
動画をご覧のように、高精細に録画ができるので、取りあえず事故など(駐車中の当て逃げ、夜間のドアのこじ開けなど含む)を記録するという本来の目的は達成できると思います。
動画自体は特殊なアプリを使わずにAVIファイルなので普通にパソコンに転送して保存しておくことができます。

残念な点
これはマシン本来の性能なので残念という訳でもないのですが。
高級なドライブレコーダーに搭載されているGPS機能が入っていないために、位置関係・座標が登録されません。
そのため、自車の車速(時速)も記録されていないのが残念です。
また箱にHDMI出力とありますが、そういうコネクタはありません。

音声録音されると書いてありますが、録音される音は小さいです。利用者としては気にならないのですが、事故時の音とか、あるいは当て逃げされたときにとっさに番号などを言ってはっきり記録できると良いかなと思います。ぼそぼそしゃべっている感じに録音されます。
あー、不都合なら音声はオフ可能です。


こちらが紹介したもの。

  

本格的なものだとこのくらいからあります。このクラスになるとGPSもちゃんと点いているので座標なども記録してくれると思います。

簡易ドライブレコーダーB1 その2設定編(MUSON)

設定編です。

Dsc06415

基本的にはデフォルトで良いと思いますが念のため
撮影モード1920×1080FHD、これは特に弄るより高解像で撮った方が良いと思います。
オート録画これは自動で録るヤツなので、そのまま
カッティング時間(ちょっとフォントがあれですが)、デフォルトでは3分。
ちと長い感じがするので1分でも良いかも。

Dsc06418

こちらが設定。
操作音、パワーオフ(これは常時液晶が点いているのではなく、2~3分したら自動でオフになるヤツ。
時計設定は時刻設定。
高級のものだとGPSで時刻合わせしてくれるのでお高いものを買った方が良いです。
あとは最近安いものも沢山出ているので、追突された時用に後ろにも安いヤツを設置しておくなんてのもありかもです。

Dsc06421

パワーオフは1分を設定。

設定モードはまだ下にあって。

Dsc06423

設定リセット、カードフォーマット、バージョンがあります。
取りあえず念のため、新しいカードあるいはどこからかカードを流用した場合はこちらでフォーマットをオススメします。

Dsc06427

参考までにハイをあけると、言語設定です。
デフォルトで日本語になっているので、弄らない方がよいと思います。

Dsc06428

部屋で電源を入れてみました、というのは逆さにして使えるか試して見たかったので(^^;

Dsc06429

ちゃんと絵はひっくり返りますが、記録の表記が逆さまになるので、普通に使った方が良いと思います。

Dsc06431

大きさ的にはこんな感じ。

Dsc06432

ぼけてますが(^^;
iPhone6sと並べてもかなりコンパクトです。

Dsc06435

設置時のようす。
赤いランプは録画中のもの。

録画記録編に続く

こちらが紹介したもの。

  

本格的なものだとこのくらいからあります。このクラスになるとGPSもちゃんと点いているので座標なども記録してくれると思います。

簡易ドライブレコーダーB1 その1開封編(MUSON)

soundPEATSさまより、モニター提供いただきましたドライブレコーダーの紹介を致します。
タイトルに簡易としたのは、マシン本体にはGPS機能は搭載されておらず、録画や、振動による撮影を行うということからそのような表記にしました。
本格的なものだと、GPSの北緯と東経の座標並びに自車の車速を記録して、それを見る事ができます。
しかし、このマシンでもちゃんと録画ができるという点では気がるに使えるものとしては良品だと思います。

Dsc06388

箱です。
けっこうおしゃれなデザインです。

Dsc06389

横から
スペック的には
解像度1080PフルHD30fps
2M画素CMOS
視野角135°(広角)
画面解像度960×240
2.7インチLCDディスプレイ
駐車中衝撃録画(バッテリー搭載)

Dsc06394

開けたとこ。
いきなり本体でしたが、安全のため袋に入っていました。

Dsc06397

内容物一式。
左からドライブレコーダー本体、取扱説明書(完全日本語)、USBケーブル(短いです)、車のシガーソケット対応電源ケーブル1.5mほど、窓ガラス貼り付け用吸盤。

Dsc06399

本体、魚眼風のレンズです。
ぱっと見カードサイズカメラ風で、小洒落ています。

Dsc06400

横から。
レンズ部が飛び出しています。

Dsc06401

裏面。ちょっとぼけてますが(汗)
右側の4つのボタンで設定をします。
上がメニュー、上下ボタン、OKが決定等

Dsc06402

左側、
電源スイッチ(特にオートなので、エンジンがかかると自動に起動しますが、常時液晶が点いているわけではないので、必要に応じ押せば絵は見えます)
下段は、記録をロックしておきたいときのボタン。

Dsc06408

上側、左からmicroSDスロット、固定ネジ、microUSB充電端子。

Dsc06409

32GBまで対応できるようですが、取りあえず使っていなかったカメラから16GBを持ってきました。
ドライブレコーダーの場合、サイクル録画(終わりまで行ったら、最初の方の絵を上書きする)対応なので、16GBでも良いかなっと。
因みに3分録画(これは設定で替えられる)で500MBと大容量を必要とします。

Dsc06410

起動時の絵。

タイマーが設定されていないとここから時刻合わせモード画面が出ます。

20160820_191947

2016年1月1日がデフォルトのようです。
上下ボタンとOKボタンで設定を変えられます。

Dsc06411

下が時間、上がモードゲージになります。
写真モードにもなるらしいですが。
録画中は赤いアイコンも出ます。

Dsc06414

設定は至って簡単。
この3つだけで、左から録画の設定、基本設定、ハイとあるのは言語設定。

設定編に続きます。

こちらが紹介したもの。

  

本格的なものだとこのくらいからあります。このクラスになるとGPSもちゃんと点いているので座標なども記録してくれると思います。


気休めだけど車の熱気を外に出す(笑)

以前紹介したソーラー充電パネルですが、ずっと車の荷物室に仕舞ったままでした。
ネットの知り合いがやってたのを見て参考にやってみました。

20160712_064815

知り合いはボディの上にそのままソーラーバッテリーチャージャーを置いてましたが、雨が降ったり盗まれるのがいやなので、ダッシュボードの上に置きました。

20160712_064819

あとは昔持ってた無印のUSB扇風機を繋げて終わり。

20160712_064824

回ってます。

20160712_064940

室内で撮ったとこ。

20160712_0649441

横から。
それなりに回ってます。

20160712_064957

このくらいの隙間を4つの窓で開けて、多少風がながれるようにファンを回しておくだけです。

ドアにはめてソーラーで強制排気するという専用マシンもありますが、サンバイザーが付いている車だと、あるいはそれ以外の車でも評価が低いモノが多く高い金だしてそんなものをセットしなくても気持ちだけでも80~90度になっている車内温度が少しでも下がればと思って使っています(笑)

20160712_065008

外から見たとこ。

  

こんなの。だいだい5000円前後です。

 

ソーラー排気用の専用


プリウスのヘッドライトカバーの白内障を手術する(笑)

09年の30系プリウスツーリングですが、会社の駐車場で南向きに駐車しているため、以外と早くにヘッドライトカバーが白内障になってしまいます。
2年前の車検の時に一度クリアにしてもらったのですが、また目立ってきたので今度は自分で挑戦(^^;

ネットで色々調べて見たら特に超お高いケミカル系のものを使わなくても簡単にできそうな(事を書いてあった)のでやってみました。

Dsc05972

呉ルックス何でも良しのスプレー缶、試しに買ってみました。

ソフト99のヘッドライトリフレッシュ(ネットで探すと、これを使っている人の割合が何故か高かったので)

耐水ペーパー(1000、1500、2000)

わんこ。何故か写真撮ってるとこの商品に興味津々でぺろぺろなめてくるので仕方なく(笑)

Dsc05975

耐水ペーパーもわんこにかかれば負けます(違

それと

Dsc05976

家にあった、金属磨きのピカール(笑)
一説によると、ピカール最強伝説なるものがあるらしい。

まあ、これらの商品って、ほとんどがコンパウンド(表面を少々削る素材)なんですけどね。

で、やりますw
あ、やっているとこ撮らなかった(゚゚ )☆\ぽか

Dsc05977

左目。
若干くすんでいます。

Dsc05979

正面から。
右二つのライトの前が白くなり始めています。

Dsc05978

こっちの方がわかりやすいかも。

Dsc05980

右目は完全に白くなっています。

Dsc05981

横などは真っ白です。

Dsc05982

車幅灯(スモール)も見えにくいし。

Dsc05983

角も真っ白です。

重症の方(右目)
耐水ペーパーの1000から1500、2000と徐々に細かなものにして、表面の白い部分を削っていきます。
あ、水を付けながら徐々にですよ。
その後、ピカールで軽く表面を拭いて

Dsc05985

ソフト99のヘッドライトリフレッシュのベースクリーナーで磨きます。

Dsc05987

こちらね。

その後、LOOXスプレー、ヘッドライトリフレッシュの仕上げ

左目は、軽いので・・・
耐水ペーパーは使わずに、ピカール、ソフト99のヘッドライトリフレッシュ、LOOXスプレー、ヘッドライトリフレッシュの仕上げ

Dsc05989

こちらが完成後。

Dsc05990

上から見たとこ。

Dsc05991

重症の右目も綺麗になりました。

Dsc05995

こんな感じで、正面は完全に曇りが取れています。

Dsc05993

上の銀の部分が若干残っていますが、言われなければわからないレベルなので良しとしましょう。

色々調べて解ったことは、半年ごとにメンテをすれば、いつまでも綺麗に見えるとのことでした。

この現象は、安い車だから発生するということはなく、クラウンだろうがレクサス、アウディなどお高い車でも発生します。
私的に前に乗っていたBIGHORNLotusは、ヘッドライトカバーがガラスだったので気にしたことはなかったですが、最近の車はほとんどが樹脂になっているので、中には高級車でも真っ白い目になっちゃった車を見る事があります。
ヘッドライトカバーだけ交換はできないようで、ユニット毎替えるととんでもない金額がかかるようなので、こまめにメンテを行った方が良いと思います。

真っ白くなってからだと大変なので、早めのケアを行いましょう。

 

近所のホームセンターやカー用品店で買えます。
耐水ペーパーはホームセンターじゃないと手に入らないか、カー用品店だと小さく切って品番がまとめられて入っているセットがあると思いますが、高くなると思うのでホームセンターで1枚60~80円位で手に入るのでホームセンターオススメです。


4.8A DUAL USB Car Charger(AUKEY)

バーゲンだったので買ってみました

Dsc05859

AUKEYのカーチャージャーです。

Dsc05860

ANKERに似たパッケージですね(^^;

Dsc05861

開けたとこ。
ANKERと違い最初に取説。

Dsc05862

こちらが本体。

Dsc05863

因みにAUKEYは日本語の取説もあります。
良心的ですね~

Dsc05865

なんと、両方とも2.4Aなので、タブレットを同時に充電することもできます。
こういうのは良いですね。

Dsc05867

こちらが型番と定格

20160207_133106

いつも使っているケーブルと(^^;
左が一番最初に買ったもの。1コ口になります。2.1A
白いのが大きいけど3コ口のもの。これは口によってAが違うので、停車中に確認して入れないと充電できないマシンが出たりします。(笑)

最近は、カメラ類もUSB充電対応になっている(ものもある)ので、仮に「いっけねぇ~、かめらの充電忘れた」って時も、移動先に到着するまでに充電できるのが良いです。

通常価格も安いですが700円位だったので(^^;

 

別のはこんなにお高いので、助かります。


より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ