« オランダ・ベルギー顛末記 その10 風車保存地区 キンデルダイク (四日目) | トップページ | オランダ・ベルギー顛末記 その12 オランダアムステルダムホテル編(四~五日目) »

オランダ・ベルギー顛末記 その11 キューケンホフ公園(四日目)

スペインの時にも思いましたが、春先の欧州は夜が遅いです。

キューケンホフ公園に着いたのも15:00くらいだったか。日本ではこの時間に入園するとほとんど帰るお客さんが多くて哀しくなりますが、こちらは次々バスや乗用車が来ます。

20190512-180757

こちらが国営公園のキューケンホフ公園メインエントランス。

流石に世界的に有名な観光施設だけあって、世界中からお客さんが来ています。写真を撮ってると、東南アジア系の人から日本語で撮りましょうと声をかけられたり(その人は、トヨタで働いていたことがあるそうで日本語堪能でした。)、別の家族連れは横浜の人だったり。

五月蠅いグループは大陸人やケバいファッションは半島人など、すぐにわかります(^_^)

20190512-153310

このような珍しい品種のチューリップがあったり、

20190512-155701

定番のチューリップがあったり。

20190512-161308

定期的に植え替えているらしいのですが、周りのチューリップ畑を見ても、もうそろそろ終わりかな的な。

20190512-170354

でも、ぎりぎり間に合ったか的な。

20190512-153110

日本の茅葺き屋根風のお土産屋さんや。

20190512-172122

本格的なお土産屋さん、ディックブルーナの生誕地なので、ミッフィーも売ってます。

20190512-172127

なぜか集めている、アヒルさん(家族ではガー子と言ってます)、海外に行って発見すると必ず保護(^_^)

20190512-172226

レジにはオランダ名物の焼き物キス人形が。

Dscf8158

広大な平地に植えられている砺波のチューリップ公園と違って、キューケンホフ公園は、巾着田みたいな森の中にあります。

Dscf8165

自然が豊かなので、普通に公園内にカルガモ親子が歩き回っています。

Dscf8170

こちらも。春の出産シーズンです。

通る途中の牧場では、子ヤギや子羊、子狐などをみかけましたし。

久々のちゃんとした夕食(^0^)

20190511-180828

前菜

20190511-183024

鶏のソテー?

20190511-184901

ワッフル

これ前日の(リクエストがあったので追加)

アムステルダムのホテルに向かいます。

« オランダ・ベルギー顛末記 その10 風車保存地区 キンデルダイク (四日目) | トップページ | オランダ・ベルギー顛末記 その12 オランダアムステルダムホテル編(四~五日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダ・ベルギー顛末記 その10 風車保存地区 キンデルダイク (四日目) | トップページ | オランダ・ベルギー顛末記 その12 オランダアムステルダムホテル編(四~五日目) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ