« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

オランダ・ベルギー顛末記 その13 運河の町ヒートホールン(五日目)

アムステルダムのホテルから125kmほどなので、途中で汽水湖のドライブインでトイレ休憩。

運河の町ヒートホールンです。

20190513-112056

団体旅行なので、屋形船みたいなもので移動します。この町自体が道路は歩行者のみで、外周に道路があるだけで、移動はボートになります。

(一部、生活の車は写真の様に止められますが、外部の車は進入禁止となります)

20190513-112259

従って、メインの出入口は運河に面しています。

とはいえ、運河と言っても、小型船がやっとすれ違えるくらいなので、幅員は6mくらいか?

20190513-112651       

この町の特徴としては、茅葺き屋根。キューケンホフ公園にもありましたが、昔ながらのオランダの家は、茅葺き屋根が中心とのこと。

20190513-112701

普通にカモさんが泳いでいます(^_^)

20190513-113017 

運河は縦横無尽にあるので、あちこちに家庭用の舟が係留されています。

20190513-113232

人が通っても、カモさんは動じません(^_^)

20190513-113403

 運河が通路なので、お店屋さんも運河沿いにあります。

20190513-113412

店の船着き場。

20190513-113615

良い感じの景観です。個人観光用は小さい船。もしかしたら小型船舶の免許不用かも?

20190513-113822

こちらの舟が団体用屋形船(^_^)

20190513-113829

こちらの向きの方が綺麗にみえます。

20190513-114035

小グループは運転手さん付き。

20190513-115443

道路と一緒で、運河が交差しているところも多いので、カーブミラーがあります(^_^)

20190513-123342

お昼は、コロッケとオランダ名物?日本でも飲めるハイネケン(^0^)

20190513-124312

四人がけでシェアするので、前菜みたいなの。

20190513-124649

ビーフシチュー

20190513-131622

アイスクリームとゴーフレット。

ユトレヒト編に続きます。

オランダ・ベルギー顛末記 その12 オランダアムステルダムホテル編(四~五日目)

キューケンホフ公園からホテルに向かいます。

20190512-183407

ホテルは、空港まで約20分位の郊外のホテルでした。

P5130532

キングサイズ?クイーンサイズ?の広々としたベッドで、とても広い部屋です。

20190512-185416

別アングルから。ブリュッセルのビジネスホテルに比べたら倍の広さくらい(^^;)

20190512-185534

浴室と洗面所も広々していて綺麗です。

20190512-202800

部屋からは、緑地帯に緑の先には電車が通っています。

20190513-064313

朝食はビュッフェ。こちらが私の。

Dsc_6543

こちらがかみさんの

あまり知られていない、運河の町ヒートホールンに続きます。

 

オランダ・ベルギー顛末記 その11 キューケンホフ公園(四日目)

スペインの時にも思いましたが、春先の欧州は夜が遅いです。

キューケンホフ公園に着いたのも15:00くらいだったか。日本ではこの時間に入園するとほとんど帰るお客さんが多くて哀しくなりますが、こちらは次々バスや乗用車が来ます。

20190512-180757

こちらが国営公園のキューケンホフ公園メインエントランス。

流石に世界的に有名な観光施設だけあって、世界中からお客さんが来ています。写真を撮ってると、東南アジア系の人から日本語で撮りましょうと声をかけられたり(その人は、トヨタで働いていたことがあるそうで日本語堪能でした。)、別の家族連れは横浜の人だったり。

五月蠅いグループは大陸人やケバいファッションは半島人など、すぐにわかります(^_^)

20190512-153310

このような珍しい品種のチューリップがあったり、

20190512-155701

定番のチューリップがあったり。

20190512-161308

定期的に植え替えているらしいのですが、周りのチューリップ畑を見ても、もうそろそろ終わりかな的な。

20190512-170354

でも、ぎりぎり間に合ったか的な。

20190512-153110

日本の茅葺き屋根風のお土産屋さんや。

20190512-172122

本格的なお土産屋さん、ディックブルーナの生誕地なので、ミッフィーも売ってます。

20190512-172127

なぜか集めている、アヒルさん(家族ではガー子と言ってます)、海外に行って発見すると必ず保護(^_^)

20190512-172226

レジにはオランダ名物の焼き物キス人形が。

Dscf8158

広大な平地に植えられている砺波のチューリップ公園と違って、キューケンホフ公園は、巾着田みたいな森の中にあります。

Dscf8165

自然が豊かなので、普通に公園内にカルガモ親子が歩き回っています。

Dscf8170

こちらも。春の出産シーズンです。

通る途中の牧場では、子ヤギや子羊、子狐などをみかけましたし。

久々のちゃんとした夕食(^0^)

20190511-180828

前菜

20190511-183024

鶏のソテー?

20190511-184901

ワッフル

これ前日の(リクエストがあったので追加)

アムステルダムのホテルに向かいます。

オランダ・ベルギー顛末記 その10 風車保存地区 キンデルダイク (四日目)

オランダといえば、風車。

移動中にもぽつぽつ見かけますが、今の主流はオランダ・ベルギーとも風力発電です。

Dsc_6415

オランダらしい天気と現地の方が言っていました。日本を出る前の週間予報では雨となっていたので、心配でしたが、傘をさす時はほとんどなく、ホテルの周りが雨でも、現地に行くと晴れるとか、この空に浮かんでいる雲一つひとつが雨降ったり。

20190512-112639

流石に運河の国です。あちこちに運河があります。

20190512-113836

懐かしい感じの舟(観光船)も走っています。

20190512-115644

オランダ特有の跳ね橋。色々な所に大小あります。

20190512-120001

風車の中にも入ることができますが、昔は小麦など粉をひくのに使っていましたが、今では地方でたまに使っているらしいです。

20190512-120957

風車アップ

20190512-121608

所々にある木靴。流石に木靴を履いている人はいませんが(^^;)

所々に、人が入って撮影できるものなどもあります。

20190512-121503

こちらに移動中も見かけましたが、牧草地には野生のキツネや野ウサギ(ピーターラビットみたいな)が普通に走り回っているのが、和みます。

20190512-123957

ご存じのようにオランダは、海抜0M地帯が多くこのように低地から高いところに水を揚げるシステムが発達しています。

20190512-124533

可愛いランチョンマット(紙だけど)

20190512-130035

野菜スープ

20190512-131606

メインディッシュは、コロッケとマッシュポテト。

20190512-133604

デザートは、アイスクリーム。

お昼を食べたので、(4月~5月しか運営していない)キューケンホフ公園に向かいます。

 

 

オランダ・ベルギー顛末記 その9 ドライブイン編(四日目)

オランダもベルギーも小さな国なので、隣り合ってもすぐに移動できます。しかもEUになってからは、特に越境するにもパスポートの定時などは必要なく行き来できます。

20190512-101804

近い場所と言っても、150km位あるので高速道路(たぶん無料)のドライブインで休憩です。

20190512-101807

ドライブインの各所にある、ドクターフーに出てくるロボット風の物体は、ゴミ箱です。

20190512-102114

こちらのオシャレなケースは、アイスクリームボックス。

20190512-102121

オランダだけあって、木靴がお土産で売られています。

20190512-102138

オランダの名物焼き物のグッズ。

20190512-102149

ドリンク類。

20190512-102157

雑誌類。

日本でも見かける様な本が結構あります。

20190512-102314

フレッシュジュースやスムージー類。

20190512-102326

オランダもベルギーもフルーツは美味しいです。

20190512-102408

これ一つで2ユーロだったかな?

20190512-103251

因みに、マック(大阪弁でマクド)は、入り口前のモニターで注文するっぽいです。

さて、キンデルダイクに向かいます。

オランダ・ベルギー顛末記 その8 ホテル近郊編(三・四日目)

翌日はオランダに移動するのでベルギーブリュッセル二日目のホテルです。

20190511-173950

ベルギーもオランダも電車は多いです。

いわゆる日本の電車も多いですが、このような街中を走るトラム(日本でいうところの路面電車)が縦横無尽に走っています。

20190511-175113

ブリュッセル市街地にある世界でも珍しいデザインのスターバックス。

 20190511-193253

EU本部周辺のEU関係ビル群

20190511-193330

こちらも失念しましたが、教育関係のビルだったかと。(違ったらコメントお願いします。)

P5120352_2

オランダもベルギーも、結構遊び心がある国で、信号にこんな仕掛けがしてあります。

P5120353

青になるとラブラブ(^_^)

20190511-195141

こちらが、宿泊していたホテル。名前がEUって(^_^)

20190512-072022

翌朝の天気。

なんと、ブリュッセルが4℃、アムステルダムが6℃

寒いわけです。

オランダの水車のある歴所存地区、キンデルダイクに向かいます。

 

 

 

オランダ・ベルギー顛末記 その7 ブルージュ編(三日目)

スペインやイタリアと違って、国が小さいので、移動がコンパクトに済みます。スペインやイタリアなどは移動に7時間とかかかるし(汗

という訳で昼前には美しい街並みで有名なブルージュに到着。

20190511-122354

運河の町ブルージュです。まち全体が世界遺産の歴史地区に指定されています。

20190511-123703

ブルージュに行くには、離れた場所でバスを降り、徒歩で行かなければなりません。

地元車と観光用の車は通行可能

20190511-124504

町全体が世界遺産というのがわかる気がします。

20190511-124923

どこを歩いても美しい街並みです。

20190511-125308

この日は、通路でのみの市が行われていました。(時間の関係で通過するだけでしたが)

赤い取っ手のホルンみたいなのは、郵便屋さんが昔その地区に行って、郵便が来たとお知らせするためのホルンです。

現在では欧州各地の郵便局のロゴにその名残があります。

20190511-125550

ここが良く観光パンフレットで使われる運河クルーズの待合所になります。

 

20190511-130759

尖塔を持つ市庁舎。尖塔は展望塔にもなっていています。

20190511-131442 市庁舎の尖塔に行く待合所。

フランスのノートルダム大聖堂が火災になり消失しましたが、内部はこんな感じの木造になっています。

20190511-134826

一人降りると一人上れる人数制限があり、人一人がやっと通れる階段をひいこら言って上った綺麗な景色。

少し先に見える尖塔は、修道院のもの。

20190511-135012

上から見ても、美しい街並み。運河クルーズも見えます。

20190511-135036

尖塔の上は鐘があって、時間になるとすごく大きな音が鳴ります。見ている時にも鳴って死にそう(^^;)

20190511-135314

とんでもない綺麗な街並みです。

20190511-135446

下に見えるはマルクト広場。

20190511-141008

こちらのフライドポテト。別のところではフレンチフライと言いますが、フライドポテトの発祥地はベルギーだそうです。

プレーンでも凄く美味しいです。

20190511-145120

街中を通るのは馬車が多いです。

オランダに移動します。

 

 

オランダ・ベルギー顛末記 その6 アントワープ編(三日目)

朝一で、アントワープに向かいます。

P5110171

バスの駐車場は、運河沿いの広場。横にある古い建物はかつての市場あと。(現在は乗用車の駐車場に)

遠くに見える観覧車の下がトイレ。ヨーロッパのトイレは、基本的に有料になります。

特に、オランダ・ベルギーのトイレの入り口には、受付がいて、50C(0.5ユーロ)になり8ます。これは、デパートでも一緒。

飲食店などでは、お金を払って食事をする場所でもあるので、無料のところが多いです。

P5110183

目的のノートルダム大聖堂が開いてないので、市庁舎前広場(たぶんフルン広場)で、オープンを待ちます。

銅像は、忘れた(゚゚ )☆\ぽか

P5110188

別アングルから、ノートルダム大聖堂んも尖塔を見る。垂れ幕があるのは補修中。

P5110209

こちらがマルクト広場。(マルクトとは、英語のマーケット=市場みたいなもの)
銅像はルーベンス。

P5110248

ノートルダム大聖堂礼拝堂。以前は撮影禁止だったらしいですが、フラッシュ(ストロボ)撮影さえしなければ良いということになったらしいです。

20190511-101330

小説フランダースの犬でネロが見たかったと言われているルーベンスの絵キリストの昇架。

20190511-102339

もう一つキリスト十字架降架。

ちなみに、フランダースの犬は、イギリス人の作家が書いた小説だそうで、ある時期から日本人が大挙してくるのに、ベルギー政府もアントワープ市民もびっくりしたそうです。それもこれも、あまり知られていない小説がアニメの原作として使われ、大ヒットしたということが不思議だったそうです。

逆に、アントワープ市民にとっては、「市民はあんな酷い仕打ちはしない。」と大変不満のようです(^^;)

Dsc_6273

その関係か、数年前にネロとパトラッシュの像(変だけど)が作られたそうです。

後ろにあるベルギーチョコレートの店もネロって書いてあるし。

Dscf7896

ノートルダム大聖堂内で開かれていた、作品展の一つ。

貼り付けにされたイエス・キリストにかぶせられたと伝えられている棘(いばら)の冠をイメージした作品。厳かかつ神々しかったので撮影。

ブルージュ編に続きます。

 

オランダ・ベルギー顛末記 その5 ホテル編(二日・三日目)

ホテルです。連泊します。

ホテルは、市街地のビジネスホテルっぽい感じ。徒歩でEU本部まで10分なので、本当にビジネスホテルでしょう。

逆に言えば、わいわいうるさい大陸人や半島人がいなくて静かに過ごせるのが良いです。

20190510-191326 ビジネスホテルですね。日本のホテルほど狭くないのが救いです。

20190510-191249

こちらがバスルーム。

たしかシャワー室だけだったと思います。なぜか洗面代が二つ(^^;)

20190511-063411

こちらが食堂。街中のホテルの割に、結構広いです。やはりビジネスや国際会議などで利用する人が多いのでしょう。

20190511-065134

私の朝食。

P5110152

こちらはかみさんの朝食。

20190511-072120

スペインやイタリアにもあったフレッシュジュース絞り器。コップを置いてボタンを押すと、上にあるオレンジが回転して、カッターで二つにされ、絞り器で絞ってくれるという、大変ビジュアルにも楽しいオレンジジュースです。

20190511-072621

ホテルのあちこちにある、情報端末。

メインニュースとその時間の気温と天気が示されます。

緯度が高い関係か、5月というのに、寒いです。(その後、夏近くになって40度越えと死ぬほど暑くなったのは有名な話)

アントワープ編に続きます。

 

オランダ・ベルギー顛末記 その4 ブリュッセル市内観光編(行程二日目)

ここからがやっと顛末記のメインディッシュw

ブリュッセル市内観光になります。

過去に紹介してきたヨーロッパ半周(ドイツ、スイス、フランス、イギリス等)、イタリア、スペインなどは、ほぼ毎日滞在都市が変わっていたため(1回位連泊)、同じホテルに泊まることがなく毎回荷造りが必要でしたが、今回のツアーは、ベルギー、オランダとも連泊という大変楽なツアーです。

とは言え、空港についてすぐに市内観光というのはしんどい(^_^)

Dscf7539

空港から市内に向かう途中の風景。絵に描かれたようなベルギーブリュッセルの街並み。

 Dscf7577

ちなみに、ブリュッセルはEUの真ん中ということで、EU本部があります。

ホテルの近くがEU本部なので、ホテルも多様なビジネスマンを多く見かけました。

Dsc_6226

こちらが最初に寄った、サン・ミッシェル大聖堂。ヨーロッパに色々行っていると、どこがどこの大聖堂やら良くわからなくなっちゃいます(^_^)

20190510-150516

こちら、大聖堂内部。

Dsc_6235

世界遺産のグランプラス

広場全体が渋い感じです。

Dscf7663

右側

Dscf7634

戦隊的には茶系の可愛い建物が多いです。

Dscf7667

建物上部にある滑車は、荷物を上げ下げするときに使用するとか。

グランプラスの近くにあるのが・・・

Dsc_6239

有名な小便小僧

でもこれ、世界三大ガッカリの一つだそうです(^_^)

20190510-153316

ちょっと引いたところ。

20190510-153308

もっと引くと(^^;)

ちっちゃwww

いつもは、保存会というか、管理人が季節にあった服を着せているのですが、たまたま素の小便小僧が撮れました。

それにしても客の多いこと。(ロミオと)ジュリエットの家とされている所も凄く人が多かったですが。

これとは別に小便少女というストレートな銅像も見てきましたが、検閲にひっかかるため割愛(^_^)

Dsc_6250

ブリュッセルにはもう一つ世界的に有名な人物が。

それがタンタンの冒険で有名な、タンタンです。(グッズ沢山買ってきてしまった)

Dsc_6251

ベルギーと言えば、ワッフル。もう凄く沢山店がwww

個人的には脂っこいので、あまり好きではありませんが、同行していた人達は、けっこう食べていました。

プレーンだと安いのですが、このようにトッピングしていくと結構お高くなります。

Dscf7676

もう一つ有名なのが、ベルギーチョコレート。これがまた、行く先々で有名な店があって、しかもお高い(^^;)

まあ、日本に普通に来ているものは買いませんでしたが。このほかの名物と言えば、ムール貝料理だそうです。

20190510-155300

グランプラス近くの映画館では、「未来のミライ」をやっていました。

ホテル編に続きます。

 

長さ3mのながらiPhoneに便利なL型アングルの充電・シンクロケーブル

R0060990

うわ、大きいと思ったら。

R0060992

3mのLightningケーブルが3本入っていました。

R0060993

Lightningケーブル側と

R0060994

USB側双方がL型アングルなので、

R0060995

充電の際も

R0060996

充電しながらの使用の際も、便利に使えます。

R0061000

iPhoneやiPadでネット配信動画を見る際や、ゲームをやるときなども持って使うのに便利です。

注:但し、充電しながらゲームや動画を見る行為は、iPhoneやiPad本体、バッテリーなどに高負荷を与える可能性があるので、使用には自己責任でお願いします。

オランダ・ベルギー顛末記 その3 ベルギーブリュッセル空港編(行程二日目)

トランジットで行くと、ほぼ24時間(一日)の間に4食食べることになります(^^;)

完全にブロイラー状態。

Dsc_6209

昼食か?もはや時間も曜日も感覚が(^^;)

始末に負えないのが、iPhoneなどのスマートフォンは、現地の時間に勝手に合わせてくれるので、写真が輻輳することです(^_^)

あ、食事は、取りのソテーとマッシュポテト、豆料理と、やけに甘いケーキ、クッキー、水とドリンク類。

20190510-144734

ベルギー(たぶん)の上空。

20190510-145436

イタリアやスペインに比べると緑が豊かです。

20190510-131746

ブリュッセルの空港に着きました。

今回の乗機は、ボーイング777でした。近場だとこういう小さい飛行機なのね。

20190510-131754

シンプルな空港。

20190510-132111

到着。

入国手続きは、日本人だとあっという間に入国できます。

20190510-132621 13:26空港から出ました。

20190510-135817

空港出口付近の電話機。

20190510-140641

こちらがバス待合所。どっちが表か裏かわかりませんが(^^;

直行便では、だいたい現地に夕方着いて、ホテルに直行、ゆっくり休んで翌朝から本格的に行動開始になりますが、トランジットだと昼に到着するので、ホテルには行かずにいきなりブリュッセルの市内観光になります。

 

ブリュッセル市内観光編に続きます。

 

オランダ・ベルギー顛末記 その2 ドバイ空港~出発編(行程二日目)

昨日は、成田からドバイ国際空港到着までを紹介しましたので、何をするわけでもないのですが空港内を紹介したいと思います。

20190510-055246

こちらが空港ターミナルの店舗

20190510-065654

夜中の4時だと言うのに(^_^)人が多いです。

20190510-070603

二階からみたところ。

Dsc_6188

空港が長いので、中に電気自動車が走り回っています。たぶん、トランジットなどで搭乗口が遠かったり、間に合わない人用でしょう。かなり高速で右往左往しています。

ドバイは物価が高いと言われていますが。

Dsc_6193

コカコーラなどの炭酸系ジュースは安いです。日本円で115円位。

Dsc_6195

逆に水は高いです。500mLで290円。

トイレ事情(^_^)

20190510-051719_20190817123401

男子 トイレ小のセンサーと便器はTOTO製品(さすがお金持ちの国)

20190510-055059_20190817123401

エアータオルは、Dyson。

これは、スペインやイタリアなどでもそうでした。

いよいよ、ベルギー(ブリュッセル)に移動します。

20190510-081817

管制塔など、外観は地域の建物風に作ってあります。

20190510-082519

エミレーツ航空のビル。オシャレです。

20190510-082648

こちらが、さっきまでいた国際線ターミナル。(エミレーツ航空専用w)

本当に沢山の飛行機が駐機しています。

20190510-082820

こんな感じね。

20190510-091802

飛んですぐに出てきた朝食。

クロワッサンとイチゴヨーグルト

もうおなか空いてないよ(^^;)

ブリュッセル編に続きます。

 

 

 

 

オランダ・ベルギー顛末記 その1 出発~ドバイトランジット編

公私ともに色々忙しくて遅くなりましたが、春に行ってきた旅行記をうpしますね。

さる5月上旬、オランダ・ベルギーに行ってきましたので、遅くなりましたが恒例の顛末記を紹介したいと思います。

今回は珍しく、トランジットのある便ということで、実質は少ない日程です。

夜中出発ということで、かみさんは午前中会社に。昼の高速バスで東京へ、そこから成田にも高速バスで向かいました。

Dsc_6109さて、どれでしょう?ヾ(^ )コレコレ

なんと、ほぼ最後のフライト(^^;)

20190509-203719

エアバスA380です。ジャンボジェットがなくなったあと、唯一の巨大な飛行機になります。

20190509-212925

流石、お金持ちの産油国す。機内の装飾が豪華です。

今回、なんと最後部の座席。(今まで色々行きましたが、最後部は初めてです。)これならシートを思い切り倒しても大丈夫(^_^)

20190510-062745エアバスなので二階建て。

最後部で、ひそかに上がっていったら、クルーの席でした(^_^)

20190509-214150

登場すぐに配られるアメニティキット。

エコノミークラスにも配られるとは。恐るべしエミレーツ航空。

袋に入っていたのは、機内用靴下、アイキャップ、耳栓、歯磨きセットです。

袋は色々な色があって、行きはオレンジ(ほかに、緑や、青など)でした。

20190509-225750

唯一の楽しみは(^^;)

機内食。メインが牛焼き肉入り焼きそば、パン、ツナサラダ、ティラミス、コップにあるのは水。お酒はスーパードライ(^^;)

20190510-082702

朝食?

オムレツとチキンのなんちゃら、パン、フルーツ、イチゴヨーグルト、水、オレンジジュース

映画の数は、他航空会社に比べるとかなり豊富です。面倒だから見なかった(^^;)

約10時間ほどでドバイへ到着。

20190510-093238

いきなり文字がミミズの字なので読めません。

今回格安ツアーで行ったので、添乗員にトランジットで時間があるから、ドーハのタワーまで行きたいと言ったら、拒否られました(T_T)

20190510-093243

さすがお金持ちの国、かつハブ空港。国際線は24時間眠らないようです。

続きます。

 

 

 

 

 

 

低価格で防水機能IPX8等級、かつ音が良いQ35+(soundPEATS)

soundPEATSから、IPX8等級という最強の防滴機能を持ったヘッドセットが低価格で出たので保護してみました。

 

R0060978

本体の見た目は従来の各社Bluetoothヘッドセット(イヤフォン)と一緒です。若干ハウジングが大きい感じです。

R0060979

リモコン+バッテリー部もほぼ一緒です。右側にリモコンが来ますのでわかりやすいです。また、ボリュームアップが上に、再生や停止、通話、終話、電源ボタンオンオフとペアリングが真ん中の三角マーク、ボリュームダウンは下側にあります。立体化されているので、見なくても触った感じでわかります。

R0060980

従来品は、横にあったmicroUSBやUSBCコネクタがなくなり、裏側に充電用の端子があります。

これにより、ヘッドセット(イヤフォン)史上最高のIPX8等級という水没してもある程度大丈夫の性能を持つ事ができました。

R0060981

防滴機能と引き換えになりますが、専用のUSBケーブル(同梱)が必要になりました。こちらを無くすと充電等ができなくなりますので、紛失の注意が必要です。専用ケースも小さくなったので、一緒に入れておけば安心です。

R0060982

充電中は、赤く表示され、満充電になると青くなります。その横にあるのは通話用マイク。

R0060983

充電の様子。磁石で自然に吸着されるのと、固定用の突起があるのであんしんして使えると思います。

R0060987

こちらはXperia1と同期した状態。バッテリーの残量表示も確認できます。また、説明書によると連続12時間使用が可能と言うことですので、通勤時に2~3時間かかるとして、往復で聞いたままでも、十分バッテリーは持つと思います。

R0060989

再生中のようす。

R0060974

取扱説明書は日本語もあるので、初めて使う方でも安心して使えると思います。

肝心の音ですが、まず起動から同期事の「パワーオン」「ユア ヘッドセット イズ コネクティッド」の音声が非常にクリアになっています。音質も3000円未満のヘッドセットとは思えないハイクオリティです。

(ハイレゾ音源には非対応らしいですが、ハイレゾ音源も再生して聞くことは可能です)

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ