« 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その1開封編 | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その3 作例編 »

進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その2 設定編

各種モードの設定を紹介します。

R0017250

レンズ横の電源ボタンを長押しすると、起動画面が出てその後録画状態の画面になります。

画面左側の赤いランプが充電中の状態、青いランプが使用可能な状態。

上にある28.8Gが残量になります。左のアイコンはビデオモード、右の絵の白いのがマイク(音を拾う)、斜めにスラッシュが入っていると録音はしない(設定メニューで変更可能)右の赤いのがバッテリー状態。(充電中は赤で稲妻マーク)バッテリー運用だ白のゲージになります。常時オンにしなければ結構持ちます。

下段の左から、再生確認、録画(ここをタップすることで、録画メニューが出てきます。歯車マークは各種設定。

電源ボタンを押す度に、ビデオ、カメラ、再生、設定モードに変更できます。

R0017251

こちらが最初の設定メニュー。動画解像度は初期設定で4K30FPS(4K画質で30フレーム秒ということです)になっていますが、そこまで解像度を求めなければ2Kや1080P(ハイビジョンサイズ)でも十分だと思います。

ここに、音声録音するかどうかのチェックがあります。またタイムプラスを設定することで、静止画の場合、秒単位などで記録ができます。(タイムプラスは、花の開花や、雲の動き、正座の動きなど、肉眼では中々動きがわかりにくいものを0.5秒、1秒、5秒、10秒、60秒単位などでコマ撮りをするものです。)

R0017252

最初に設定するのは、各種設定メニューの中の(microSDカードの)フォーマットと、時間の設定です。

R0017256

こちらは、周波数設定(東日本は50Hz、西日本は60Hz:静岡県の東部富士川を挟んで東が50、西が60になります。)基本的に自動で良いと藻いますが、蛍光灯や信号などがちらつく(フリッカー現象)場合は、お住まいの地区の周波数に合わせることをお勧めします。

R0017257

こちらは車載モード。この設定をすることでドライブレコーダー代わりにも使えます。

R0017262

こちらでは、ループ録画(メモリーの終わりまで録画したら、最初の記録を上書きする)、スローモード、手ぶれ補正機能などの設定ができます。

R0017264

こちらは、無線LANの設定。

R0017265

こちらの上ボタンを長押しするなどで、無線LANが起動し、スマホ(iPhoneやAndroid)に対応XDVアプリ(無料)を入れることで、遠隔操作が可能になります。

またアプリからでも、録画の設定やカメラモードへの変更などもできますので、ミニ三脚などを使う、あるいはヘルメットや自転車のハンドルに固定して、iPhoneなどで録画の開始、停止、やカメラへの切り替え、露出補正、タイムプラスなど各種設定が変更できます。

録画編に続きます。

« 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その1開封編 | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その3 作例編 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その1開封編 | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その3 作例編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ