« 低価格で高音質のケーブルレスヘッドセットMove (MUSON) | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その2 設定編 »

進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その1開封編

以前紹介したVANBARのアクションカメラが、2000万画素になって登場したので、紹介します。

R0017242

こちらがケース。

かなり豪華でしっかりしています。ちゃんと持ち手のハンドルが付いていますので、あんしんして使えます。

R0017243

しかも、ジッパー部が赤になっているので、かなり目立ちます。ワンポイントとしても、良い感じです。

R0017244

開けたところ。左側がケースの下部分に当たります。カメラ本体やジョイントパーツ類が収納されています。

右部分がふたの部分に当たります。主にケーブル類が収納されています。

R0017245

ボトム部に入っているもの。

左から、カメラ本体(防水ケース同梱)、すぐ下は交換用蓋(こちらにすれば音も録音できます。但しスリットがあるので水中には入れられません。

右側にあるのがほとんどジョイント用のコネクタになります。真ん中の上にあるのが自転車用クランプになります。

左下は、リモコンスイッチ(単独で使う場合は、録画、停止などのボタンになります。)但し、スマホ(iPhoneやAndroid)でアプリを使う事で、こちらのリモコンよりも色々な設定が可能になります。

下段中央は、三脚用の穴が付いたオープンケース。みぎの丸いのはヘルメットなどに固定するアタッチメント

R0017246

絵が上下逆ですが、リモコン。赤がカメラ。グレーがビデオになります。

それと予備のバッテリー。こちらは1350mAhあります。アクションカメラが出た頃には、900mAhだったのが、1100mAh、1200mAhと徐々に進化して、今は1350mAhと大容量化されました。(バッテリーの大きさは類似のアクションカメラメーカー共に共通だと思います。

従って、別売の急速充電器でも充電が可能です。

こちらの特徴としては、新たにヘルメット(含む帽子)用のアタッチメントが同梱されたこと。これによりオプションを買わずに済みます。

R0017248

こちらが、上蓋がわの同梱品。

主には、シールや面ファスナー(ビービーさせて貼って剥がせるものなどがあります。

取説は日本語なのであんしんして使えます。カメラの絵は、一つ前のモデルですが。操作体系は共通なので気にしなくても良いでしょう。

中央にある長いものが、USBケーブル。それにアタッチメントが付いていますが。これをそのまま繋げることで、バイクのバッテリー(加工が必要)やモバイルバッテリーを使う事で、バイク用のドライブレコーダーにもなりますし、天体観測や雲の動きなどをタイムプラスで記録するなど、外部バッテリーを繋げて、長時間色々なものを記録することができます。(注:メモリーの容量に寄って記録できる時間などが決まってきます。もちろん、ループ録画を設定すれば、メモリーが満タンになっても最初の動画を上書きすることでドライブレコーダーとしても使う事ができます。

R0017249

本機のもう一つ良い点は、東芝製の32GBのmicroSDカード(外国ではTFカードと言います)が同梱されていること。

これで、購入して、バッテリーを充電すればすぐにアクションカメラとして使う事ができます。

長くなったので、画面設定編に続きます。

« 低価格で高音質のケーブルレスヘッドセットMove (MUSON) | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その2 設定編 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低価格で高音質のケーブルレスヘッドセットMove (MUSON) | トップページ | 進化する4K2000万画素アクションカメラ(VANBAR)その2 設定編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ