« 特撮のDNA 蒲田展 その3 平成~ミレニアム期 | トップページ | 伊福部昭 百年紀 5 CD »

特撮のDNA 蒲田展 その4 図録+補完編

各コーナーには、作品に携わった関係者の説明パネルが貼ってあります。

20190106_122449

特撮と言うことから、本編監督などの紹介はないです。
日本の特撮を世界に紹介した円谷英二。

20190106_122435

ゴジラのデザインを作った利光貞三さん

20190106_122440

元祖ゴジラのスーツアクターとして、世界中に知られていて2017年に亡くなるまで、精力的にゴジラ映画の宣伝と普及に尽力してくれた。

20190106_122905

有川貞昌キャメラマン。
初期の円谷作品をとり続けたカメラマン。

20190106_123111

中野昭慶特技監督、円谷英二の愛弟子で、特に爆破の中野と呼ばれたほど過激な爆破シーン、炎上シーンを得意とする。
低予算時代にあっても、爆破による迫力でカバーできている作品も多い。

20190106_123543

川北紘一特技監督
円谷英二、中野昭慶らの助手を土目、その後特技監督として多くの先品に関わる。
特にミニチュアやモーションカメラなどの技術を使い、リアルな描写の作品を世に出した。
引退後も特撮の普及繁栄に尽力してくれたが、72歳の若さで2014年に急逝。

R0059494

ここからは図録を紹介。
展示内容が面白かったので、普段は簡易のものを買うことが多いのですが、しっかりしたものを購入。

R0059495

表紙が1954ゴジラなら裏が2016ゴジラ。
図録もかなり丁寧に作られています。

R0059496

表紙。

R0059497

コンテンツ。

R0059499

何が良いというと、前段がかなり濃い。

R0059501

単なる図録と言うよりも、解説やら歴史などが丁寧に書かれています。

R0059502

あまり見たこと無い写真も入っています。右の写真は初めて見たような。(当社比)
それか見たとしても小さく見たかも。

R0059492

特撮のDNAは1月27日まで蒲田で行われています。
この記事で興味を持たれた方、ぜひ足をお運び下さい。


« 特撮のDNA 蒲田展 その3 平成~ミレニアム期 | トップページ | 伊福部昭 百年紀 5 CD »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特撮のDNA 蒲田展 その4 図録+補完編:

« 特撮のDNA 蒲田展 その3 平成~ミレニアム期 | トップページ | 伊福部昭 百年紀 5 CD »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ