« 特撮のDNA 蒲田展 その2 円熟期~低予算期 | トップページ | 特撮のDNA 蒲田展 その4 図録+補完編 »

特撮のDNA 蒲田展 その3 平成~ミレニアム期

第三弾です。一旦終了し休養期間をおいたあと、復活した84ゴジラから紹介します。

20190106_123212

84ゴジラとハイパワーレーザービーム車

20190106_123305

ビオランテの触手。

20190106_123336

メーサータンク

残念ながら、首都防衛機スーパーX1とスーパーX2はありませんでした。

20190106_123440

モスラ対ゴジラだったか?93式ツインメーサー機

20190106_123527

二代目(MG2を入れると三代目)メカゴジラのヘッド。

20190106_123711

二代目モゲラとスペースゴジラのヘッド。

20190106_123555

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃のいわゆる白目ゴジラとバラゴン。
でもなぜかバラゴンの名前はタイトルに出ず。護国三聖獣と言われた中に入っていた。

この辺は、うちの子どもたちの世代。最初の頃は小さかったので一緒に行ってあげたが、後に自分たちでいくようになったので、メディアで見ものが多い。

20190106_123739

デザインが一新されたミレニアムゴジラの上半身。

20190106_123929

東京SOSに出てきた、砂浜に打ち上げられたカメーバ

20190106_124024

第三世代メカゴジラ

20190106_124204

この辺になるとまったくなじみのない流星人間ゾーンというテレビ番組のコーナー。
良くわからないです済みません。

20190106_124323

関係者のサイン。結構知っている方のサインが多い。
どれだけわかりますか?

20190106_124404

映画のオープニングタイトルに使われた、キングギドラのおなかの部分。

20190106_124412

小松崎茂先生による、地球防衛軍のドーム基地

20190106_124418

ミステリアンの宇宙ステーション

20190106_124427

モゲラの初期デザイン。
これだとあそこまで人気がでなかったと思う。
当初は四足歩行怪獣の設定だった。でもちゃんとしっぽから土を吐き出すので、地底工作機械という位置づけの想定は間違っていないかも。

続きます。


« 特撮のDNA 蒲田展 その2 円熟期~低予算期 | トップページ | 特撮のDNA 蒲田展 その4 図録+補完編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>流星人間ゾーン

仰向けな感じに写っている所為か「昭和48年に静岡放送でも夕方のアニメ&特撮タイムに放送されたじゃん」とふてくされているように見えますね

あなろぐまさん
やっていたのは知っていますが(笑)
あまり見た記憶が無いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特撮のDNA 蒲田展 その3 平成~ミレニアム期:

« 特撮のDNA 蒲田展 その2 円熟期~低予算期 | トップページ | 特撮のDNA 蒲田展 その4 図録+補完編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ