« あと4060人で1,300万人 | トップページ | 進化したトラックボールMX ERGO MXTB1sその3比較編(Logicool) »

進化したトラックボールMX ERGO MXTB1sその2接続設定編(Logicool)

Yuni

UNIFYING(使っている)場合、パソコンにインストールされたUNIFYINGアプリを起動します。
こちらはMAC OSでもアプリがあります。

Elgo01

電源を入れると自動で認識し、登録してあるマウス類が出てきます。右側も使っている。

Elgo02

セットアップ(カスタマイズ)です。

Elgo03

アニメで角度が出て来ますが、そこまで微調整できないと思います。

Elgo04

精密モードボタンなる物があって、これを押すことで、トラックボールの動きを制約する事ができます。
どういうことかと言うと、CADやillustrator、Photoshopなどで細かな部分の微調整を行うときに、行き過ぎないように動作を遅くすることができます。
逆にこのモードになっていると、4Kモニターの端から端に行くまでに相当時間がかかります。
普段は通常というか高速モードが良いと思います。
初めて使う人はかなり疲れると思いますが、2~3日使う事で、ボール(マウスポインター)を思う場所にさっと移動させることができるようになります。
そうなるとマウスを使うよりも疲労度が減りますので、ぜひオススメです。

Elgo05

こちらがカスタマイズ可能なボタン。
左利きの人だと使いにくいかも。

Elgo06

ポインターの速度やスクロールの早さなども調整可能です。
自分は早めに設定していますが、ひとによってはゆっくり動いた方が見失うことがないので人に合わせて調整すると良いです。

Elgo07

こちらが左右のパソコンを同時に操作できる設定モード。
右下に、バッテリーの状態とUNIFYINGの状態が出ています。

R0058767

初めて使う時、あるいは朝初めてパソコンと繋がったときに、ちょっとだけ光ります。

たいしたことはないですが、比較編に続きます。


« あと4060人で1,300万人 | トップページ | 進化したトラックボールMX ERGO MXTB1sその3比較編(Logicool) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化したトラックボールMX ERGO MXTB1sその2接続設定編(Logicool):

« あと4060人で1,300万人 | トップページ | 進化したトラックボールMX ERGO MXTB1sその3比較編(Logicool) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ