« 天井映画館 怪獣総進撃 【ゴジラ60周年記念版】(Blu-ray) | トップページ | ハイスピードHDMIケーブル(アマゾンベーシック) »

天井映画館 何度見ても涙を誘う名作、砂の器(Blu-ray)

放映時以前に、原作時から好きだったのが松本清張の砂の器です。
これほど、色々な状況が複雑に絡まって最後に一つになる。松本清張の真骨頂。の作品しかも、それを見事に作品化した野村芳太郎監督。
松竹系オールスターというのも良いです。

20180903_194019

冒頭から美しい映像です。

20180903_194218

放映自体が1974年の作品なので、リマスターされていても、ロケ映像は嘘みたいに綺麗にはなっていないのも良い所だと思います。
始まりは、目撃者(飲み屋のスタッフほか)の証言から、東北弁で話をしていたということから、それらしい地区に手がかりがないか捜査に行く所から始まります。

20180903_194509

千葉県知事がまだ巡査(違
特段手ががりもないなか東京に戻る。

20180903_194845

回想シーンで被害者の経緯、なんで東北に行ったかが簡潔に話される。

20180903_200213

さりげに見た新聞から、疑問を持った知事、もとい巡査が新聞社に問い合わせる。

20180903_200257

記者は、先日亡くなった保住隆信。

20180903_200410

紙吹雪を巻いたのは、。島田陽子

20180903_200726

捜索願から、殺された人が浮かび上がる。
養子になった息子役は松山省二。

20180903_201815

ズーズー弁のかめだという言葉が、唯一出雲地方にズーズー弁が伝えられている亀嵩とわかり、また捜査。

20180903_202122

なんか、70年代はのんびりしていて良いなと思ったり。

20180903_202747

殺された元巡査(緒形拳)を知る人を聞いて回る。
御前さま(違 笠智周

20180903_203359

千葉県知事(違 巡査が汗をかいて探した紙吹雪から、ルミノール反応で被害者の返り血であることが判明。(当時はDNA鑑定はなく、人の血かABOくらいしかわからないが)

20180903_204653

今度は、伊勢旅行に行ったという殺された元巡査(緒形拳)の足取りを探るべく自費で捜査に。
寅さん、ぢゃなくて、映画館の店主。渥美清。

まあ、ネタバレになるのでこの辺で。
特に前半と後半で、本当に涙無しでは見られない、素晴らしくまとめられた作品です。

普通、名作としての小説を映像化すると、こんなはずではというものが多い中。
こちらの作品は良くも143分の中に上手く収めたなという。編集の上手さが光っています。
未見の方はぜひこの機会に。

 

左が、紹介したBlu-ray、右がDVDそれほど価格差がないので、Blu-rayをオススメします。
また、Amazonプライムでもあると思うので、未見の方は一度見た方が良いです。

« 天井映画館 怪獣総進撃 【ゴジラ60周年記念版】(Blu-ray) | トップページ | ハイスピードHDMIケーブル(アマゾンベーシック) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/67397398

この記事へのトラックバック一覧です: 天井映画館 何度見ても涙を誘う名作、砂の器(Blu-ray):

« 天井映画館 怪獣総進撃 【ゴジラ60周年記念版】(Blu-ray) | トップページ | ハイスピードHDMIケーブル(アマゾンベーシック) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ