« アルミのタブレットスタンド(LOMICOOL) | トップページ | 4K再生プレーヤー UBP-X700(SONY) その1本体編 »

TRUE WIRELESS単体3.5時間のTrueFree(soundPEATS)

soundPEATSさんから、低遅延、クリアボイスコール、ロングプレイのケーブルレスイヤフォン(TRUE WIRELESS)が出たので導入しました。

R0059377

表面(ちょっとピンボケ)

R0059378

箱裏に特徴が書いてあります。最初の行に書いた通りです。
しかも単体で連続3.5時間(従来2時間弱)、未使用時収納バッテリーケースを使うと最長15時間使えます。

R0059384

soundPEATSさんのTRUE WIRELESSにしては珍しく、蓋が付いていません。
逆にある意味斬新です。

R0059382

同梱品は、充電ケーブルmicroUSB_Bタイプ。とイヤピースが4種類。本体装備がMサイズで、予備がXS、S、Lとなります。

R0059381

取扱説明書は、日本語もあるので安心です。

R0059385

こちがバッテリーケースの背面になります。

R0059388

本体を引き出した所。
磁石が内蔵されているため、近づけると定位置に上手い具合に吸い付けられて、充電が開始されます。

R0059390

従来のsoundPEATS製品とほぼ同様ですが。デザインが一回り小さくなっていると思います。
耳への収まりは良いですし、耳に装着すると密閉性も高まります。

R0059392

背面はマット調で、soundPEATSロゴがあります。
周囲と境目があるのは、電源オンオフ、受話、終話、音楽再生停止などに対応しているためです。
また、この機能はLR各チャンネルで相互に機能します。

R0059393

横から。

R0059397

右が満充電になったところ。左は充電中。

R0059399

バッテリーケースを充電しているところ。
緑色のLEDが光ります。満充電になると電気が消えます。

ペアリングの仕方ですが、最初にR(右)チャンネルを外して、使いたい本体とペアリングします。
その後L(左)チャンネルを外すと自動的にRチャンネルとペアリングになります。
右チャンネルだけ、左チャンネルだけでも使うことができるので、運転中の待ち受けなどにも最適です。
音は、クリアですが、ドンシャリとか高音のみ、低音のみではなくて中音域なのでオールラウンダーっぽいでしょうか?


« アルミのタブレットスタンド(LOMICOOL) | トップページ | 4K再生プレーヤー UBP-X700(SONY) その1本体編 »

音楽」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRUE WIRELESS単体3.5時間のTrueFree(soundPEATS):

« アルミのタブレットスタンド(LOMICOOL) | トップページ | 4K再生プレーヤー UBP-X700(SONY) その1本体編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ