« 2018年10月 | トップページ

10年使ったMP630からTS8130に(CANON) 

以前インクジェットヘッドのエラーで出力できなくなり、何度か(水アカ取りで)洗浄・復活を繰り返して使っていましたが、エラーが頻発するために、買い替えました。
丁度10年です(^^;)
一般的に言われているプリンターの寿命が、5年ほどなので倍くらいは持っていたのですが。
年に一度、年賀状でしかプリントアウトしない家庭では、プリンターヘッドが詰まって、毎年買い替えているというお話も聴いたことがありますが。

また、2014年に交換用インクジェットカートリッジよりも安く買えたMG5630はまだ現役ですが、メディア(DVDやBlu-ray)のプリントアウトができないので、こちらを保護。
こちらも、前に言った家電店リニューアルオープンのための閉店セールで格安に保護。

20180917_172249

昔に比べて随分小さくなったのはよいのですが、用紙が収まらないとか・・・
でも、Wi-Fiプリントはできるようになったし、ま、いっか。
注:最低1台は有線で接続しないと上手く行かないという例がありますので、まあ昔使っていたケーブルでセットアップを。

20180917_172624

真っ黒けです。あ、ピアノブラックなので指紋やほこりが目立ちます。
でも、白だと日焼けして黄ばむので。どっちもどっちか。
因みに、以前あった液晶パネルがトップ面には無くなりました。蓋だけです。
その分小さくなっていますが。

20180917_172721

設定等は、前にある蓋にモニターが付いていて、色々設定できるようになっています。
但し、昔あったボタン類が電源ボタンを除き全部消えて、タッチパネルになりました。

20180917_173432

蓋を開けたとこ、カートリッジはこれから入れます。

20180917_173446

電源を入れるとCANONロゴが出ます。

20180917_173727

セットアップが始まります。

20180917_173849

CANONへ情報を送信するかどうかについて。

20180917_173855

本体情報は後から可能。

20180917_174045

CANON 得意のICチップ管理(^^;)

20180917_174050

最初のセットアップ時に、プリントヘッドの調整が必要になります。

20180917_174512

ヘッド調整用のテストパターンを出力。

20180917_175119

出力されたテストパターンをスキャナー面に置きます。
右端にあるボタン類が、普通のストップ、モノクロコピー、カラーコピーとなります。

20180917_182011

PC側でセットアップをします。

20180917_182138

まずは有線で接続します。(少なくとも1台はUSBでの有線接続があるとよいです)
その後は、Wi-Fi設定すれば問題ないです。

20180917_182643

これでいつでも出力ができます。
但し、オート(パソコンやスマホなどから印刷指示を送ると勝手に電源が入る、いわゆる待機)にしておくと待機電力が発生する可能性があるので、うちではその設定はしてありません。

プリント用のアプリもいくつか入っているので必要に応じて入れましょう。

 

紹介しているのは前モデル、新しいのとの差ががが(^^;)

ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】([Blu-ray)

あまり綺麗になっているとは思えないけど、中古で安かったので保護してしまいました。
(個人的には、元祖ゴジラから怪獣大戦争までが円谷英二監督作品が好きなので)

R0058110

ちゃんとスリーブにも入っていたし、シールも付いていました。

20180922_201659

良く写真を撮りに行くところ。
1970年代とあまり景色が変わっていないわ。

20180922_201737

この頃、公害が問題になりはじめていた時期です。

20180922_201836

今とっとけば、凄くお高いのに、この子(主人公)は、普通に掘っ立て小屋にソフビ吊して、砂場で遊んで(^^;)
もったいない(゚゚ )☆\ぽか

20180922_202310

海洋科学者の父さんが海に調査で潜っている間にこの子もへドラに遭遇。

20180922_202825

この、いかにも本物っぽいヘドロの海を再現しているのは、今は亡き築地市場から新鮮な魚を大量に買ってきて、作った(中野特技監督談)そうです。
いつもなら、撮影が終わってみんなで食べちゃうらしいのですが、流石にこれは食べられなくてもったいなかったと(^_^)

20180922_203506

なんと、南海の大決闘に出てきた、ヤーレン号が田子の浦港に係留してあった。

20180922_203608

スモッグを食料にするへドラ。

20180922_205104

昔懐かしい遊園地は、富士山の反対側の富士急ハイランド。
位置関係がわややですが。

20180922_205333

予算がない中でも、中野特技監が頑張っています。

20180922_205424

いろんなものを付けすぎて、自分では歩けなくなってしまったというへドラ(あ、立ち回りの時ね)

20180922_205457

よく見るとかわええ~へドラさん。

20180922_205656

うちの実家があったところ(富士駅前:この当時は中学生かな。)は、被害エリア外だから大丈夫(違

20180922_212421

予算の関係で、自衛隊(防衛隊)が出てくるのは、最後のシーンだけという(^^;

R0058110_2

昭和40年代後半以降はお子様向けというイメージが多い中で、結構マニア(海外含め)なファンが多いです。

R0058112

中古でも、シールが付いていた。

 

DVDとの差は1,000円位か。
私は中古で1,000円で保護しましたが(^^;)

まあ、普通にレンタルでもあるので。そちらで充分かと。


ケーブルバイト 和編

今年のヒット商品にも入って、以前も紹介したものですが。

20181104_191525

かみさんがオトナ買い(^_^)
和編は、下の3コいる、芝わんこ。
上左から、キツネ。狛犬、タヌキに、買わなかったけどキンギョがあります(あまり可愛くなかった)

R0058583

こちらが芝わんこ。
風呂敷を首に巻いています。

R0058584

横から。

R0058587

出したとこ。
横から。

R0058588

前から。

R0058589

尻の穴部分に紐が通ります。

20181105_053722

かみさんは、こうやって並べています。
以前あげたパンダだけだとどこにケーブルがあるかわかりにくいけど、これだけ並んで居るとすぐにわかります(^_^)
もう一匹の芝わんこは、ガラケー用の充電ケーブルに挿してあります。

密林と楽天では出てこなかったのでどこかの限定かも。
こちらは、御殿場プレミアム・アウトレットのプラザで保護しました。


自然災害が増えている昨今充電ラジオTY-JKR5(東芝)

地震や噴火、何度も同じ所に降る豪雨災害。繰り返し襲う台風や、強風など、毎年のように全国各地で大規模な災害が発生しています。
最初SONYの防災ラジオを予約したのですが、最初1ヶ月待ちだったのが3ヶ月になり、入荷未定というか、生産が間に合わず来年春になるという連絡も来てそれだけ予約が立て込んでいるのだというのも時代を反映しているというか。
別に生産中止になったわけではなく。対応仕切れない受注を抱えているとのこと。
逆に在庫を持っている店や中古店、個人では3倍くらいで売られているというのが現状。

ほぼ同じ時期に別の店舗で頼んだのが、今回紹介する東芝のTY-JKR5。
あJKと言っても、女子コーセーではないので念のため。

R0058328

SONYのよりもかなり小さいポケットラジオ風の大きさです。

R0058332

箱から出したとこ。
まあ、それなりのラジオって感じがします。
デザインや見た目は、SONYの方がそれっぽいかな的な。
でもそんな事は行ってられませんね。

災害時の放送にも対応できるワイドFM。

R0058333

お年寄りにはわかりやすいけど、外国人には優しくない、ユニバーサルデザインではありません。
でも、ダイヤル類は回しやすいです。

R0058334

裏面には充電用の手回しハンドル。
下には単4電池2本用となっています。
あとFM用のロッドアンテナも搭載。

R0058335

上には、左側はLEDライトの入切スイッチ。
右側にはFMとAMラジオの切り換えスイッチがあります。

R0058336

こちらがmラジオの電池。
たぶんラジオ本体が小さいので、単4電池2本になったのかなと思います。

R0058338

手回しハンドルを上げたところ。
乾電池と充電池の切り替えハンドルがあります。

あ、いけね。
LEDライトとケーブル類の写真撮らなかった(^^;

R0058331

懐かしいガラケー(私は現役で使っていますが)用のコネクタと汎用microUSBのBタイプのケーブルがあります。
できればこれも収納できるようになっていればもっとよかったと思います。
たぶん無くす。(^^;)

R0058329

説明が前後しましたがパッケージの後ろには簡単に説明が。

R0058330

取説が入っています。

本機の特徴としては、SONYの防災ラジオが、ニッカドもしくはニッケル水素電池を使っているのに対し、本機では、コンデンサーに直接手回しハンドルで発電した電池を貯めてラジオが聞こえるようにするもの。
なので、SONYのように完全放電すると充電ができなくなるのに比べ、TY-JKR5は長期保管でも対応ができるというのが優れものとなっています。

私は5000円しないで保護できましたが、やはり高くなっているようですね。


楽天でも同じくらいの値段になっているので、高騰しているようです。


ジムニーSJ30コレクション ガチャガチャ(青島文化教材社)

好きだけど買えないジムニーですが(^^;)
ガチャガチャだと買えます。(゚゚ )☆\ぽか
と言う訳で。

R0058718

白のジムニーSJ30
青島文化教材社だけあって、造形はかなりリアルです。
ロゴシール(デカール)も這ってあるし。
ヒンジ部の処理とか、ドアミラーとか、ホイールとか結構リアルです。

R0058719

正面から。
中々良いお顔をしています。
バンパー部分にはちゃんとジムニーロゴがあります。

R0058720

斜め後ろから。
バックドアのグリップ、ウインカー、タイヤカバーのしわの感じとか。

R0058721

右側から。
給油口もあります。

R0058722

オリーブドラブもあります。

R0058723

裏側のラダーフレームや、マフラー、ガソリンタンクや四駆の状況など、作り込みが半端ねぇっす。
普通こう言う部分て、平面モールドが多いのに何これ。

R0058726

オリーブドラブのフロント。

R0058725

シルバーのフロント。

R0058727

ちゃんと中も作り込んであります。
シートの状況、

R0058728

ステアリングの状況なども再現されています。
ということで。

R0058724

きゃ~(゚゚ )☆\ぽか
フル昆布。ヾ(^ )コレコレ

R0058716

上から。
上の再現性も良いです。

R0058717

やはりジムニーSJ30は(あ、新型も)カッコイイです。

ちなみに、先日保護したJB23と並べて見ました。

R0058731

同じガチャガチャでも、JB23は一回り小さいです。

R0058732

横から。

R0058733

正面から。

究極の違いは・・・

R0058734

裏側(笑)
JB23がトミカ風の裏側に対して、流石青島文化教材社のSJ30。
もう次元が違います。

 

店頭で見かけない方。こちらで買えます。



送料がかかる場合があります。

私は早割で頼んだので、送料込みでガチャやる価格以内で保護できました。


小サイズのモバイルバッテリー比較編

昨日紹介した、RAVPowerのバッテリーと、ANKERのバッテリーを比較してみました。

R0058378_2

まず見た目の大きさ。RAVPowerの方が5mm位短いです。

R0058375_2

バッテリーは6700mAh

R0058379

ANKERの方は、5200mAhなので、丁度1500mAh少ない感じになります。

R0058385

重さは、129gがRAVPowerの方。

R0058386

Ankerは120.4g

9gの差で1500mAhの容量差は大きいです。

R0058387

厚みはほぼ一緒。RAVPowerの方が1~2mm程度厚いかなという感じ。

R0058388

コネクターの配置は左右違います。
ANKERの方が小さいけどIQ搭載(適正な容量に調整して転送してくれる)

まあ、どっちもどっちだとは思いますが。

最小最軽量6700mAhのモバイルバッテリー(RAVPower)

2018年7月時点で、最小最軽量と言われていて、某マツコの知らない世界でも紹介されて大ヒットのモバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーは沢山持っているし、このブログでも何度も紹介しているので当初買わないと思っていましたが(^Д^)

R0058368

数量限定タイムセールで嘘みたいに安かったのでつい買ってしまいました。(゚゚ )☆\ぽか
スゲー小さいです。
あまり小さいので、普通の封筒(CDとか送られるプチプチの)みたいなのに入って送られてきました。

R0058370

開ける時も楽しいパッケージ。真ん中は電源ボタンみたいになっています。

R0058372

同梱品一式。
バッテリー、充電ケーブル、袋。

R0058371

うわ、ちっちゃ。って開けても思った(^Д^)
開けたとこ。

どのくらい小さいかというと。

R0058373

こんなもの。
あ、私人より指短いですから余計小さく見えるかも。

R0058374

小さいので、出力コネクタは、1コ。右は充電用コネクタ。汎用のmicroUSBのBタイプ。

R0058375

ちゃんと6700mAhと書いてあります。

R0058376

充電中のようす。
バッテリーインジケーターは4つあります。ドットが小さいので目が高齢化している方は見にくいかも。

R0058378

いつも使っているというか、カバンに入れてあるAnkerのもの。
アンカーの方が丈が長い。

比較編に続きます。

時代は128GB? (シリコンパワー)

たまたま、タイムセールで安かったのでついぽちってしまいました。

R0058390

この前1,000円でドラレコ用の32GBのmicroSDカードをかったばかりと言うのに。(^_^)

R0058392

なんと3500円位だったのですよん。
しかもブランド品。永久保証版。正規品

これで、SSDパソコンの拡張用メモリが確保できたわん。

そうでなくても、色々安くなってきているようです。

 

でもやはり3100円前後の商品は、並行輸入品などと書かれているのでやはり怖いですね。

相場はまだ4500円位なので。


イヤフォンジャック内で折れたアクセサリーを外す

以前から度々出てくる、復活Xperia Z ULTRAですが、先日動画を見ようとイヤフォン挿そうと思ったら、「そう言えば昔かみさんが使っていた時に、イヤフォンジャックアクセサリー(イヤフォンジャックにぶら下げる奴)が折れたって言っているのを思い出しました。

100均でminiドリルを買うという技、針を熱して刺して、冷えたら引き抜くなど色々技があるようです。
残念ながら身近な所の3店舗の100円ショップを回りましたが、miniドリルがなく。
仕方ないので、近くのホームセンターで保護。

R0058211

まあ、模型工作でも使えるしね。
1.0mmの細めのドリル。
と電動ドリル。高性能の奴を使うと、回転が速すぎて壊すと怖いので。

R0058212

ご覧のように、中にプラスチック片が詰まっています。

R0058214

1.0mmのでしたら余裕で入ります。

R0058215

樹脂片の中に入っていく感触があるので適度なところで回転を止めて、そろそろと引き出したら。
上手いこと引き抜けました。

R0058217

これでまた動画や音楽を聴くことができます。

助かりました。

  

メーカーは違いますが、こんな感じのもの。
ものによっては送料がかかったり、まとめ買い対象商品となるのでなるべく地元のホームセンターで購入されるとよいです。

 

別に機械を使わなければ手動用でも安く手に入ります。
たまたまホームセンターにこういうのが無かったので(^^;)

天井映画館 ジャン・ポール・ベルモンド版ダンケルク(1964)

数年前、リアル描写音響再現とIMAXサイズのワイド画面で話題になった、ダンケルクですが、おじさんが小さい頃テレビで見たのがほぼ同じ頃に発売されたので保護しました。

R0058077

周囲をドイツ軍に包囲され、イギリス軍が撤退する時に、周囲を守っていたフランス軍のお話。

20180911_200823

オープニングは、最近のダンケルクと同じ。
ドイツ軍がビラを撒いて、降伏勧告をしているところから始まります。

20180911_201036

200km徒歩で逃げて、部隊がバラバラになったジャン・ポール・ベルモンドがダンケルクに来た。
その壁に貼られていたリゾート地の名称がズイドコート。

20180911_201126

原題は、ズイドコートの週末という名称。

20180911_202001

色んな所から、ダンケルクに集められた(逃げてきた)車で溢れかえっています。

20180911_202218

最後の防衛線という感じ。

20180911_204527

制空権は完全にドイツ軍なので、容赦なく攻撃してきます。

20180911_205111

当然、海にはイギリスから救援に来た様々な艦船や漁船、プレジャーボートなどが集結。

20180911_205147

最近のダンケルクよりも人が多いかも。

20180911_205242

次から次に集まってくるイギリス兵。

20180911_205345

この辺も最近の映画と似た展開。

20180911_205500

戦闘機は、BF109メッサーシュミット風。

20180911_205518

下から見たとこ。

20180911_205829

空撮もあります。

20180911_210456

逃げずに家を守るカトリーヌ・スパークかわええ~
でも、兵士に襲われたりしちゃいます。
そこを守るのがジャン・ポール・ベルモンド

20180911_211456

イギリス軍が逃げる姿は、同じだな。

20180911_212034

英語もしゃべれると言うことで、撤退を指揮するイギリス大尉(もしかしたら少尉)に気に入られて、撤退本部から乗船許可をもらって乗り込むジャン・ポール・ベルモンド

20180911_212740

しかし、案の定ドイツ機に攻撃されて沈没。・・・

視点が、フランスの話になっているので、2017版ダンケルクとの比較ができて面白いです。

私は、価格が安くなっていたときに購入しましたが、また元に戻っているようですね。

天井映画館 ユーゴスラビアの戦争映画、ネレトバの戦いリマスター(DVD)

小さい頃たぶんテレビ見て、凄く印象に残った映画。当時は誰が出ているとか、ストーリーとかあまり気にしなかったと思う。

R0057548

デジタルリマスター版とインターナショナル版のコンパーチブルセット。
でも、インターナショナル版は、スタンダードサイズ(昔の4:3テレビ画面)

R0057549

とにかく戦いに次ぐ戦いという(解説によると全編のうち8割が戦闘)凄い映画です。
1970年度のアカデミー外国語映画賞にノミネートされたというほどのもの。

20181014_192423

T-34がドイツ軍戦車。案外パンサー(パンターをイメージしているのかも)

20181014_192232

なんちゃってタイガーI型(T34-85に張りぼて)。
など最新鋭戦車のドイツ軍、イタリア軍(所々にタンケッテらしきものが出てくる)、クロアチア独立国(ウスタシャ)軍と、セルビア王党派(チェトニック)の混成チームで、総勢15万人もの兵。

20181014_192126

迎え撃つのは、ユーゴスラビアのパルチザンとその国民3万人。という一方的虐殺ぢゃね?的な。

20181014_193043

どうみても、ソ連戦車っぽい。

20181014_190907

前後しましたが、オープニングタイトル。
言語はセルビア・クロアチア語。

20181014_191300

こちらがドイツ側、クルト・ユルゲンス。この人が出ると締まります。

20181014_191414

ドイツ軍と言えば、ハーディ・クリューガー。
戦争映画の出演率高いっす。

20181014_191742

パルチザンと敵対する勢力のチェトニク(チェトニックとも)。評議員は、オーソン・ウェルズ
(現セルビア・モンテネグロのとこらへん)

20181014_193149

工兵部隊の隊長は、ユル・ブリンナー。この人どの国の役もできるという凄い人だ。(シャムの王様とか、ロボットとか)

20181014_194212

小さい頃から好きだったシルヴァ・コシナ。かわええ~

20181014_192044

フォッケウルフ風?
60年代の戦争映画のドイツ軍戦闘機。ユーゴスラビア製SOKO 522練習機。
戦略大作戦にも出ているとか。

20181014_194012

対空機銃で迎え撃つのは、砲兵隊長役のセルゲーイ・ボンダルチューク。
スーパーマンみたいな人。

20181014_194013

射撃して。

20181014_194016

撃たれて墜落するところは、模型。写真ではわかりませんが、主翼が短くなったのと、釣っている糸が見えた。

20181014_194025

こちらがほんものですから。

20181014_201607

逃げるのに使った、この橋を爆破し、ドイツ・イタリア連合を欺いて。反撃するというすごい嘘みたいな作戦(実話)

20181014_204807

こちらはタイガーI型風

20181014_204928

横からもそんな感じで、これは良い感じで解像してありますが。

20181014_205041

これなんか、まんまM4シャーマンすからねぇ(^_^)

20181014_205927

対するパルチザンは、奥さんも使って、人海戦術。
砲が焼けないように、みんなで冷やしているところ。

とまあ、凄い映画です。
人によっては、冗長、つまらないという意見もありますが、個人的には小さい頃から好きだった映画です。

こちらが紹介した2枚組。

こちらはリマスター版1枚組。


合掌 2拝(ガチャガチャ第二弾という意味ね)

SNSで流れて来た画像に負けて(^_^)

R0058521

合掌シリーズの第二弾を保護してしまいました。

R0058456

横から見たとこ。

R0058457

上から見たとこ。

大きい順に。

R0058458

象さん、お耳がかわええ~

R0058460

パンダさん、言わずもがなだな。

R0058459

サーバルたん(サーバルキャット)
なんで入ったかと言うと、某擬人化アニメで人気を博して、動物園でも大人気となったからだと思います。

R0058461

うさぎさんは、言わずもがなですね。

R0058462

一番欲しかったのが、アマガエルさん。
可愛いでしょ~。

R0058463

アマガエルさんの、ガチャ混入率が低いらしく、手に入りにくいという情報から。
良心価格のお店でしかも送料も安いと言うところからオトナ買いしました(゚゚ )☆\ぽか


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

合掌 GASSHO 2拝 全5種セット
価格:880円(税込、送料別) (2018/11/1時点)

楽天で購入

店によっては、送料が高い場合もありますので、その辺は自己責任でお願いします。


Androidスマートウォッチのバージョンアップで更に使いやすく(Google)

iPhoneをメインで、サブにBlackBerry keyoneを使っています。
なので、情報はHUAWEI Watch W1で受信していたりします(^_^)

久々にアップデートが来てアップデートしたら。

R0058529

こちらはあまたある、Watchフェイスで適当に入れたもの。
以前はこの画面の上下のみが使えたのですが、今度は左右からも情報が表示されるようになりました。

R0058530

右側からスライドさせたもの。
運動系が表示されます。

R0058531

左側からスライドさせたもの。
マイクを押して話すと、「OK Google」が時計でできます(^_^)
「行け!ジャイアントロボ」と言うことができます(ぉぃ

それ以外は日付や天気、気温、あと予定を教えてくれます。
凄く便利です。
階層も下から上にスライドさせることで情報が次々出てきます。

R0058532

上からのスライドは、各種設定バッテリー表示など、こちらは前からあるもの。

R0058533

下からのスライドは、各種通知類。こちら個人情報保護の関係で削除してあります。

いわゆる、Androidでアプリの表示、お知らせを設定してあるもの全てを通知してくれます。SNS(Instagram・Twitterのレス、Facebookのコメントなど五月蠅いくらいなのでこれはオフ)、あと、ヤフオクの終了間際の通知なども連絡してくれます(^_^)
そのほか当然、電話、メッセージ(ショートメール)、メッセンジャーなどの連絡も入ります。
消さない限りは、下から上にスライドさせることで、通知が来た内容は一通り見る事ができます。

こういうのは、ノキアのSteelにはできないことです。通知のみお知らせありますが。

フライデー・トーキングフィギュア その3塗装編(増田屋)

漂白して、色が元に近く戻り、べたつきがなくなったので、塗装に入ります。

R0016997

下地の色は手持ちのMr.ホビー(旧グンゼ産業)のスプレー缶のシルバーを使います。
昨日、エアブラシの所で書いたように、自分の部屋がない。室内での塗装ができない(^^;)ということで、晴れている日の無風状態の時に、庭で塗装します。

R0016998

本体のみならず、パーツも同時に吹きます。

R0017002

さくっと吹きます。

R0017000

こちらも。

最初に軽く吹いて、暫くしてから2回目吹きます。
都合3回吹きました。

R0017005

腕部も吹きます。
知らぬ間に凄く増えたマスキングテープを流用(゚゚ )☆\ぽか

R0017009

こちらが吹いた方。

R0017009_2

まだ吹いてない方。
色の違いがわかると思います。

R0017011

何度か吹いては乾かして。という感じでやります。

R0017013

拡大。

R0017022

下地のシルバーが乾いたら、余分な部分に塗料が付かないように、マスキングします。
大きいところは不要なチラシで(^_^)

R0017023

ここで、昨日紹介したエアブラシが登場。
あ、エアブラシ置きはこんな感じ。

R0017024

こちらは、水性ホビーカラーを使用。
こちらも数回吹きます。

20181013_113819

横。

20181013_113829

反対側。

20181014_092711

あとは、パーツ類を塗装して完成。
青が目立たないですが、指定色で塗りました。
若干補正が必要ですが、これでほぼ完成。
隣にある小さいのが、同じ時に発売されたゼンマイで歩行するフライデー(増田屋)
それも合わせて塗り直しました。
左端は、アメリカ製のキーホルダー型のトーキングフィギュア。

以上現場からお伝えしました。

サンデーモデラー向け簡易エアブラシHCP-100(高儀 EARTH MAN)

エアブラシは、昔から絵を画く時に使っていまして。今は亡きオリンポスというメーカーのものですが。
ボンベを使っているので、ガスを買うのが面倒ということで。
大量のポイントがあったので、無料でもらいました。

こういう簡易なのにしたのは、そもそも、自分の部屋がない。屋内でやるとかみさんに怒られる(^_^)
揮発系の匂いが苦手らしい。

R0050073

怪しいです。(てゆうかこれ、数年前に買ってなかなか紹介できなかったので)

R0050074

プッシュボタン式。
前から使っているのは、トリガー式。
個人的にはトリガー式の方が加減がしやすいので好きですが。

R0050079

ケースが付いています。

R0050080

上手く収納されています。

R0050081

こちらが同梱品。
上からエアブラシホルダー、エアブラシコード、電源ケーブル。
エアブラシ本体。白いのがコンプレッサー

R0050082

汎用のものだと思います。
左下にあるのが、予備のニードル(針)

R0050083

ニードルとは、エアブラシの塗料吹き出し量を加減するための針ですね。
この辺の調整や加減は、慣れないと難しいかも。

R0050084

こちらがコンプレッサー

R0050085

上から。
左の上の白い穴が、エアブラシを使わない時に置いておくホルダーを差し込むところ。
左下は電源。
右端がエアケーブルをはめるところ。

R0050088

メイン電源。
こちらを押しても、エアブラシを押さない限り動かないという優れもの。

因みに、連続使用は15分らしいですが、ちょっと吹いては、ちょっと開ければそれなりに対応できます。

塗装編に進みます。

紹介したのはこちらですが、リンク先にはバッテリー駆動のものもあります。

« 2018年10月 | トップページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ