« サンデーモデラー向け簡易エアブラシHCP-100(高儀 EARTH MAN) | トップページ | Androidスマートウォッチのバージョンアップで更に使いやすく(Google) »

フライデー・トーキングフィギュア その3塗装編(増田屋)

漂白して、色が元に近く戻り、べたつきがなくなったので、塗装に入ります。

R0016997

下地の色は手持ちのMr.ホビー(旧グンゼ産業)のスプレー缶のシルバーを使います。
昨日、エアブラシの所で書いたように、自分の部屋がない。室内での塗装ができない(^^;)ということで、晴れている日の無風状態の時に、庭で塗装します。

R0016998

本体のみならず、パーツも同時に吹きます。

R0017002

さくっと吹きます。

R0017000

こちらも。

最初に軽く吹いて、暫くしてから2回目吹きます。
都合3回吹きました。

R0017005

腕部も吹きます。
知らぬ間に凄く増えたマスキングテープを流用(゚゚ )☆\ぽか

R0017009

こちらが吹いた方。

R0017009_2

まだ吹いてない方。
色の違いがわかると思います。

R0017011

何度か吹いては乾かして。という感じでやります。

R0017013

拡大。

R0017022

下地のシルバーが乾いたら、余分な部分に塗料が付かないように、マスキングします。
大きいところは不要なチラシで(^_^)

R0017023

ここで、昨日紹介したエアブラシが登場。
あ、エアブラシ置きはこんな感じ。

R0017024

こちらは、水性ホビーカラーを使用。
こちらも数回吹きます。

20181013_113819

横。

20181013_113829

反対側。

20181014_092711

あとは、パーツ類を塗装して完成。
青が目立たないですが、指定色で塗りました。
若干補正が必要ですが、これでほぼ完成。
隣にある小さいのが、同じ時に発売されたゼンマイで歩行するフライデー(増田屋)
それも合わせて塗り直しました。
左端は、アメリカ製のキーホルダー型のトーキングフィギュア。

以上現場からお伝えしました。

« サンデーモデラー向け簡易エアブラシHCP-100(高儀 EARTH MAN) | トップページ | Androidスマートウォッチのバージョンアップで更に使いやすく(Google) »

玩具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/67279730

この記事へのトラックバック一覧です: フライデー・トーキングフィギュア その3塗装編(増田屋):

« サンデーモデラー向け簡易エアブラシHCP-100(高儀 EARTH MAN) | トップページ | Androidスマートウォッチのバージョンアップで更に使いやすく(Google) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ