« iPhone8(iOS12)を古いMACのiTunesに認識させる方法 | トップページ | USBで充電できる懐中電灯(Woputne) »

災害時にLEDを使ったIPX5の懐中電灯(KOEVE)

最近気象変動が激しい状況で、うちはなんとか大丈夫でしたが、県西部の浜松他多くの都市が台風に伴う停電になり、長いところでは5~7日も停電するという事態が発生しています。

パソコン類は多数持っていても、懐中電灯などがあまり本数がないので予備として密林祭りで安く出ていたのでいくつか保護してみましたので紹介します。

R0016991

まず第一弾が、防滴対応の強力タイプ。

R0058230

単4電池3本と、リチウムイオン電池の18650の種類で使用できるもの。
こちらには電池は搭載されていません。

R0058231

スライドさせると、面的に照射されるCOBと呼称しているもの。(チップの使用方法での違い)

R0058233

もう一方が普通の懐中電灯のもの。
手前が湾曲しているのは、例えば車に入れておいて、水没した場合、懐中電灯のエッヂを窓ガラスにぶつけることでガラスを割って外に出られるという機能も持っているらしい。

R0058234

スライドさせることで照射範囲をズームすることができて、表示上は500mまで照射できるとか。(本当か?)

R0058240

車にも固定できるようにグリップ末が磁石になっています。
但し、うちの車プリウスなんで、ボンネットがアルミなんだよな。

R0058241

こちらが標準照射(ワイド)

R0058245

こんな感じで照射できます。

R0058242

ズームしたとこ。(望遠ズームレンズで言うところのTELE端)

R0058246

写真ではわかりにくいですが、左上にある四角い物体。

R0058243

面照射できるCOBというもの。
直視するとまぶしいですが、全体を照らすことができるので、ランタン風にも使えます。

R0058244

もう一段押すことで、赤い点滅にもなります。

例えば、瓦礫に埋まって(たまたまこのライトを持っていれば)点滅させることで、夜間救助を求めることができます。
あるいは、山の中で遭難したなどでも使えると思います。

通常価格でもそんなに高くないと思います。

但し、単4電池3本だと辛いので、個人的には18650という型番のリチウムイオン電池の使用をオススメします。

 

安心のパナソニック製はやはりお高い。

こちらは充電器込みでしかも電池が4本付いて、ちょっと評価は怪しいですが、ライトの点灯だけなのでオススメです。


« iPhone8(iOS12)を古いMACのiTunesに認識させる方法 | トップページ | USBで充電できる懐中電灯(Woputne) »

その他の小物」カテゴリの記事

コメント

この手の中華ライトはカタログスペック値は表記の1/10で見た方が正解です。
そしてその実際のスペックも乾電池では出ずにリチウムイオン電池を入れた場合の
値がほとんどです。
そしてリチウムイオン電池を入れて点灯すると強烈に熱が出て短期間で自壊しますcoldsweats01

あなろぐまさん
了解です。まあそういうものとして認識していますし、
そもそも、バッテリーが凄く怪しいものばかりですので(^_^)
それなりでしょうね。
1,000円位だから、しかたないかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/67259821

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時にLEDを使ったIPX5の懐中電灯(KOEVE):

« iPhone8(iOS12)を古いMACのiTunesに認識させる方法 | トップページ | USBで充電できる懐中電灯(Woputne) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ