« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 | トップページ | 浴室のブラインドを変える »

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その4音響効果編

色々なシチュエーションで試して見ました。

20180618_203456

まず、(天井映画館として使っている)プロジェクターのイヤフォン出力で、一体型スピーカーを使ったら、音響効果は今ひとつでした。
次に、昔使っていたウーハーにツイーターをケーブルで分けるもの(写真)にしたら、かなり効果が出ました。
普通に音楽聞くにはかなり音が悪いので使わずにほこりを被っていましたが。
出番が(^_^)

R0056896

次に、Amazon プライムビデオ+イヤフォン。(写真はガルパン(^_^))
イヤフォンだとあまり効果が感じられません。
逆に、ヘッドフォンの方が如実に効果が現れます。

R0056905

(写真は、ダンケルク)
効果が高い映画は、戦争映画や、アクション映画、SF映画など、音響効果を意識して作られている映画ほど、サラウンド効果は高いです。
この辺は、あえて5.1chモードでなくても、XROUNDマシン側で、位相性を分離して出してくれるからかも知れませんが、特に、戦闘機や、銃撃など、あるいは後ろから声をかけられるシーン、背面からリロード(撃つ時に弾を込める)する音など、背面から聞こえてくる感じがします。

逆に効果が低い映画。
ドラマや会話重視のあるいは、クラシック音楽(作曲家)の人生などを表現する映画では、シネマモードにしても、ミュージックモードにしてもそれほど大きな変化は感じませんでした。

使用する映画に応じて使い分けるのが良いかも知れません。

これらは、iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットでも良いし、テレビでも、プロジェクターでも効果は出ます。
ただ、上に書いたように、イヤフォンよりもヘッドフォン、一体型スピーカー(BOSEなど最近の箱形)よりも、LRを離して設置できるスピーカーの方が音響効果は出やすいです。

私はゲームをやらないので、その辺は良くわかりませんが。

« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 | トップページ | 浴室のブラインドを変える »

オーディオ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66843003

この記事へのトラックバック一覧です: スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その4音響効果編:

« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 | トップページ | 浴室のブラインドを変える »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ