« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その1開封編 | トップページ | スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 »

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その2本体編

R0056869

スイッチ類。
左はボリューム(増減)
右は、スピーカー出力をするか(左)、ヘッドフォン(含むイヤフォン)(右)か選択するスライドスイッチがあります。
中立でオフになります。

こちら側を向けた時には自立しないため手で持って撮影しています。

R0056870

反対派、充電用microUSBコネクタ、その横は、充電用インジケーター
下(右)に向けて湾曲しています。

R0056871

片方はイン。(音源から差し込む奴)
普通のミニジャック(3.5φ)になります。

R0056872

反対側は出力側になります。スピーカー等です。

R0056874

内容物。
左から取説、USB充電ケーブル。入力用ケーブル。XROUND本体。収納袋となっています。
本体以外は、紙の箱の方に入っています。

R0056875

イン用のオーディオケーブル。
金メッキでよさげです。
気に入らない方は、専用のオーディオケーブルを用意しましょう。

R0056876

こちらは本体充電用microUSB
microUSB側がL型アングルになっているので、支障を来さないと思います。

R0056877

装着したとこ。

R0056882

充電中のようす。
ケーブルの向きが違うのは、SONY用のが付いてるから(^^;)

R0056883

別アングルから。
充電中は赤いインジケーターがが点きます。

R0056878

多国語の取説があります。
同梱されていたのは、英語、中国語、日本語バージョン。

R0056879

こんな感じで、2色刷されているので、不安な方は一読されると良いかと思います。

R0056880

バッテリー使用は約7時間となっていますので、(実測は不明:使い方やボリュームによりますし)アウトドアでも利用ができます。
また、充電しながら使用することもできるようです。

R0056881

こちらね。
因みに、電源がない場合は、外付けバッテリーを使うと言う手もあります。
まあ、プロジェクター等を使う場合は、電源がどこかにあると思いますので、USB用ACアダプターがあると安心かもです。

重量その他編に続きます。

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その1開封編 | トップページ | スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 »

オーディオ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66804562

この記事へのトラックバック一覧です: スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その2本体編:

« スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その1開封編 | トップページ | スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ