« 2018年7月 | トップページ

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その3重量その他編

重量とありますが(^^;)

大きさを比較してみました。

R0056885

スペインで買ってきたホールズ(^_^)風邪引きそうになったので。
ほぼ同じ大きさです。
日本のものともたぶん同じかも

R0056886

クラウドファンディング発売当初のガジェットサイトでコメントされていたと記憶していますが、少し大きめのUSBメモリくらいと言ってましたが。
かなり違います(^^;)

R0056887

単3電池と。

R0056889

万年筆大好きッ子系では、カヴェコスポーツに近い大きさです。

とまあ、こんな感じですが。

R0056884

重さは、正味29.6gと非常に軽いです。

R0056888

さっき出てきた、eneloopが26.0gなので、電池よりちょっと重いくらい。

R0056890

カヴェコacスポーツは23.2gなので、やはり電池をイメージしてもらえると一番わかりやすいかもです。

その他ですが、本製品は、アーキサイトというキーボードや電脳小物周辺機器を扱っているメーカーが代理店になっているようです。
と言う訳で、買ったらオマケで頂いたものが・・・・

R0056851

こんな感じで送られてきました。

R0056852

2.5インチポータブルハードディスクケースです。

R0056853

こちらが裏面。
あー海外に行くときにこの箱があれば(^^;

R0056854

箱はソフトケースですが、たぶんウレタン樹脂で成形されているらしいので、強いです。

R0056855

開けたとこ。
外付けハードディスク用と言いながら、スリットが二つ付いて、ポケットが二つあるので、モバイルWi-FiルーターとXROUND本体ケーブル、小型モバイルバッテリーを入れればお出かけセットが完成です。

視聴編に続きます。(たぶん)

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

その他で紹介したケース(^^;)

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その2本体編

R0056869

スイッチ類。
左はボリューム(増減)
右は、スピーカー出力をするか(左)、ヘッドフォン(含むイヤフォン)(右)か選択するスライドスイッチがあります。
中立でオフになります。

こちら側を向けた時には自立しないため手で持って撮影しています。

R0056870

反対派、充電用microUSBコネクタ、その横は、充電用インジケーター
下(右)に向けて湾曲しています。

R0056871

片方はイン。(音源から差し込む奴)
普通のミニジャック(3.5φ)になります。

R0056872

反対側は出力側になります。スピーカー等です。

R0056874

内容物。
左から取説、USB充電ケーブル。入力用ケーブル。XROUND本体。収納袋となっています。
本体以外は、紙の箱の方に入っています。

R0056875

イン用のオーディオケーブル。
金メッキでよさげです。
気に入らない方は、専用のオーディオケーブルを用意しましょう。

R0056876

こちらは本体充電用microUSB
microUSB側がL型アングルになっているので、支障を来さないと思います。

R0056877

装着したとこ。

R0056882

充電中のようす。
ケーブルの向きが違うのは、SONY用のが付いてるから(^^;)

R0056883

別アングルから。
充電中は赤いインジケーターがが点きます。

R0056878

多国語の取説があります。
同梱されていたのは、英語、中国語、日本語バージョン。

R0056879

こんな感じで、2色刷されているので、不安な方は一読されると良いかと思います。

R0056880

バッテリー使用は約7時間となっていますので、(実測は不明:使い方やボリュームによりますし)アウトドアでも利用ができます。
また、充電しながら使用することもできるようです。

R0056881

こちらね。
因みに、電源がない場合は、外付けバッテリーを使うと言う手もあります。
まあ、プロジェクター等を使う場合は、電源がどこかにあると思いますので、USB用ACアダプターがあると安心かもです。

重量その他編に続きます。

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

スティックタイプのサラウンドマシンXROUND その1開封編

昨年夏頃に、クラウドファンディングで、紹介されたらあっという間に目標金額の数百倍の支援を受けたXROUND。
今年の春に発売されましたが、入手する機会がありましたので紹介します。

普通サラウンドシステムとなると、システムアンプ、巨大なウーハー、それに4~6個のツイーター(背後チャンネル用小型スピーカーが必要になります。
そうなると、5万以上しますし、持ち運びは難しいですね。
あとは、棒状のサラウンドシステムもありますが。それも結構重いです。
というわけで、流石に天井映画館には向いていません。なので、このようなものを保護してみたのですが。
果たして使えるかどうか。

R0056856

箱がカッコイイです。
細い線が入っていて、音楽の波みたいなのが見えるしくみになっています。

R0056857

ちょいとずらしたところ。

R0056858

こちらが英語版のイメージ解説。

R0056891

日本の正規代理店さんが張ってあるシール。
注意書きが、新ロットより本体にプレミアムロゴが入りますが、製品に変更はございません。とありますが、その下に書いてあるように、海外の旧製品と区別するために追加されましたとあります。

R0056860

横から。
どうも二つに分かれるようになっているようです。
封印もされています。
破れやすい素材なので、勝手に開けられたかどうかわかるようになっているかも。

R0056863

引き出すと、やはり音の波みたいな絵が出てきます。

R0056864

箱開けたとこ。
ちょっと上下が逆になっていますが。
何も説明なくても、あるいは日本語がなくても良くわかるパッケージデザインです。
下の紙ベースの所には周辺機器等。
上の樹脂ベースの所には本体が入っています。

R0056866

逆さにしてみました。
写真のように本体が収まっています。
取説を読まなくても、このイラストだけでわかっちゃうのが偉い。
上の〇は、後述しますが、なんにも点いてない状態ではノーマル音源がそのまま行きます。(バイパスと書いてあります)白丸(白いランプ)は、スタジオ(音源で言うところの、音楽)、赤い丸は、シネマとあるように、映画用モードになっています。

R0056867

上の樹脂を開けたとこ。
本体ちっちゃ(^^;)
なくしそうですね。
上にあったようにXROUNDのプリントロゴの上に、プレミアムロゴが浮き出しになっています。

R0056868

本体出したとこ。
単純に平らなデザインではなくて、斜めにカットされたデザインになっています。

本体編に続きます。

 

品番によって値段が違ったりしますが、概ねこのくらいの値段が相場です。

お高い物もありますが。
たぶん、同じ物だと思います。

海底軍艦の画像比較 日本映画専門チャンネルvs東宝Blu-ray

海底軍艦も日本映画専門チャンネルにてHDリマスター化されて8月に放映されたので、手持ちの東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションと比較をしてみたいと思います。
例によって、天井映画館です。日本映画専門チャンネルはBlu-rayに焼いたものをプロジェクターで天井に投影し、iPhoneで撮影し、ホームページ用にリサイズ圧縮(部分的には傾き補正)したものです。

最初に、日本映画専門チャンネル、後ろに東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションです。

20180803_190916

日本映画専門チャンネル、東宝スコープという表記が懐かしいです。

20180810_214652

いきなりの違い(^_^)
東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションは、ノーマルの東宝ロゴです。

20180803_191130

日本映画専門チャンネル

20180810_214826

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
特に色の差は見られません。

20180803_191510

日本映画専門チャンネル
真琴(藤山陽子さん)

20180810_215056

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
こちらの方が、服の様子、肌のメリハリ、髪の毛の具合など、詳細に映っているような気がします。

20180803_191810

突如発生した地震で倒れたポット
日本映画専門チャンネル

20180803_191810_2

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
メリハリの具合はこちらの方がはっきりしています。

20180803_191813

楠見のおじさま(元少将)が経営している光国海運
日本映画専門チャンネル

20180810_215305

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション
明るさは、日本映画専門チャンネル、メリハリは東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_193246

日本映画専門チャンネル
他のリマスターに比べて、こちらの新聞はラフにつくられているらしく、あまりメリハリがはっきりしていません。

20180810_220134

それは東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションも同様。

20180810_220307

なぜか地球防衛軍に登場するミステリアンの宇宙ステーション(^^;)
比較するまでもないので、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180810_220310

宇宙大戦争に登場するJSS3(日本の監視宇宙ステーション
こちらも東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_193547

MU人の潜航艇。
日本映画専門チャンネル

20180810_220337

こうやって見て行くと、そんなに大きな差が見られません。

20180803_193603

字幕が、日本映画専門チャンネルでは右側。

20180810_220352

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションでは下側。
個人的には右側の方が好きだな(^^;)
東宝特撮怪獣映画や、ガメラシリーズなどでは普通フィルム焼込型の字幕が多いのに、別インサート型のは珍しいです。

20180803_195745

海底軍艦の初登場シーン。
日本映画専門チャンネル

20180810_221501

若干、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションの方がはっきり映っている感じがしますが、どちらも良好に映っています。

20180803_195820

合成も上手くできているし。
日本映画専門チャンネル

20180810_221535

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_200214

有名な浮上シーン。
日本映画専門チャンネル

20180810_221929

東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクション

20180803_200230

飛行シーン。
日本映画専門チャンネルでは見えにくいですが、ピアノ線がちゃんと見えます。

20180810_221945

色合いも雰囲気もほぼ似ています。
微妙に、東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションではピアノ線が見えない位でしょうか?

過去にいくつか日本映画専門チャンネルと東宝特撮怪獣映画Blu-rayセレクションの比較をしてきましたが、今回のはオープニングの東宝ロゴ以外はかなり似ているフィルムの状態だと思います。


3TB外付けHDD EX-HD3CZ(I/Oデータ)

うちの子壱號が、Blu-ray録画機の拡張用に使っていた外付けハードディスクドライブが、録画番組数キャパオーバーで外付けHDDを買い替えたのは良かったのですが、古い録画機で購入機器が非対応だったので(^_^)
返品すると購入者の都合のために値段を下げて引き取られるため、私が代わりに買いました。
とは言え7月の話ですが(^^;)

R0057243

とゆうのも、私も写真等のバックアップで余分なディスクがなくなりつつあったので。
3回払いにしてもらって(^_^)

R0057244

最近はあまり外付けハードディスク(HDD)を買わなかったのと、少し前まではバッファロー(昔で言うところのメルコ)や、ウエスタンデジタル、トランセンド、ロジテックなどを買っていたので久々。
なかなかあっさりした良いデザインですね。

R0057245

横から。
スリムデザインです。

R0057245_2

正面はシンプル。

R0057247

R0057248

反対側から。こちらは立てて置ける様にゴム足があります。I/Oデータのロゴがあります。

R0057249

反対側。
こちらも同様、オート電源連動スイッチが搭載されています。

R0057299

何故か知りませんが、3TBだけど、特にアプリが入っているわけでもないのに267MB減って・・・2.7TBしかありません(^_^)

まあ、ええけど。

長時間使えるZeus Pro bluetooth ネックバンド型イヤホン(Dudios)

ちょっと前に、soundPEATSの長時間対応のネックバンド型イヤフォンを紹介しましたが、今度は、Dudiosブランド(soundPEATSとは姉妹品だと思います)のものです。

R0057776

DUDIOS Zeus Pro、おしゃれなパッケージです。特徴としては、ネックバンド+20時間再生+マイク搭載
写真は赤ですが、帯は金です。

R0057782

ケースはマット調、取説(日本語あり)、アクセサリー類。となります。

R0057784

収納は、ネックバンド(シリコン系)で巻いて収納されています。充電用USBも同梱されています。

R0057786

本体。

R0057787

左右の膨らんだ部分(付け根)の左右にバッテリーがあるため、長時間対応できるようになっています。
普通のイヤフォンタイプだと3~4時間程度。
本機はカタログ(取説・パッケージ)上では20時間(音量60%程度)となっています。

R0057788

リモコン部裏面。技適マークを取ってありますので安心して使えます。

R0057789

リモコン部は以下のようになります。
+(音量増、長押しスキップ:次の曲へ)
▲(マルチファンクションボタン、長押し=オンオフ、電源オン+そのまま長押しでペアリングモード、再生・一時停止、通話・終話)
-(音量減、長押しリバース:曲頭へ戻す)
となっています。
穴はマイクになります。感度は良好で通話音声は良好です。(通話音声ノイズキャンセラ)

R0057790

イヤフォン部は、磁石でくっつくようになっているので、ネックバンドで使わない時は自然に吸着するので落とすことはないと思います。

R0057791

耳から見えるところはDUDIOSロゴがあります。またジョイント部にはLRロゴがあります。
但し、R(右)チャンネルはリモコンがあるのでわかりやすいと思います。

R0057792

充電時には赤いランプ。

R0057793

満充電時には青いLEDが点きます。

R0057783

予備のイヤピース、イヤフック類は豊富にあるので、ほとんど方の耳穴や耳ひだの形状に合うと思います。

R0057796

iPhoneとシンクロさせた所。

R0057797

iPhoneの場合のバッテリー表示、Androidでも表示可能なのですが、20時間とロングバッテリーなので、下手すると一週間に1~2回の充電で間に合う人もいるかもしれません。

肝心の音ですが、Apt-x対応(たぶん、iPhoneではAACコーデック対応だと思う)なので、音は良いし、遅延もありません。
全体的にバランスが取れた音源の再生に対応できています。(低音から高音までそつなくこなせるマルチ音源対応というイメージで間違っていないと思います。)
主に聞く曲は、クラシック、ジャズ、サウンドトラックですが、ロックなどでも音は良いです。
全体的にバランスが取れたマシンで、価格の割に音は良いのでオススメです。


こちらがDudiosブランドのもの。

こちらがsoundPEATSブランドのもの。

低価格でも高解像ドライブレコーダーNOTE4その3接続&画像編(MUSON)

まずは接続。

R0016880

リアカメラです。最初、前に使っていたのと同じ形状だからそのまま使えるかと思ったら、映らないので張り替えました。

R0016873

こちらね。左が電源、右がリアカメラ。

R0016881

Priusなのでハッチの上に貼ります。
本当は、サブウインドウでも良かったですが、ケーブルの長さが必要なのと収まりが・・・

R0016882

赤はバックモニター連動ケーブル。
バックモードにすると、自動的にリアカメラが大きくなるという寸法。(えっと、リアランプに接続します)

R0016883

右上に見えるのがリアカメラモード。

本当は運転者じゃなくて助手席の方が良いのですが、前からケーブルをこちらに付けておいたので(^^;)
まあ、車検で何か言われたら変えればイイやっと。

R0016877

右のアイコンは、監視カメラモード。
静止しているときに揺れたら録画する奴。但し、バッテリーはそんなに大きなものを積んでないので、すぐにバッテリー切れになりそう。

R0016878

エンジン連動なので、エンジンを切ると10秒後にシャットダウンされます。
右下にあるように、バッテリーゲージは半分(設置前にフル充電したのですが、そんなに持ちません)

どのくらいの画質で撮れるか試して見ました。

リンク先はもっと綺麗に大画面ではっきりくっきり見えます。
また、説明の方にも書きましたが、家は60Hzなのでその設定にしてあります。
この動画は富士方面で録画したものなので、50Hzで録っています。そのため、信号機の再現性がイマイチだと思います。

こちらは、同梱されていたリアカメラ。
リアカメラは、画質もイマイチで、あくまでも参考程度、おまじない程度でしょう。
本格的に、安全対策として綺麗な画像を取り入れたかったら、フロントカメラとおなじものを使って録画するのが一番だと思います。

豪雨時のフロントカメラの様子。雨の量が多いとあまり綺麗に映りません。

こちらが後部カメラ。ワイパーしていないので見にくいです。
Priusなので荷物が窓に反射してしまっています。

朝のフロントカメラの様子。60Hzエリアで60Hzモードで録画。
清水IC付近。
60Hzモードなので、ちゃんと信号機が表示されています。

こちらは同じ時間帯のリアカメラのようす。
逆光なので黒潰れが目立ちます。

結論から言うと、フロントカメラは、このクラスでも十分。
リアカメラであおり運転をバッチリ録りたいのでしたら、同じフロントカメラクラスを用意して録るべきです。
その際は、延長ケーブルが足りないのでそれぞれの形状にあった延長ケーブルを確保する必要があります。車種によっては、リアのボックス内にシガーソケットが内蔵されているものもあります。

スペイン顛末記  その24 機内~日本到着編

さて、機内です。これから13.5時間のフライトなので(^^;)特に今回は内側なので機内からの写真もなく。

20180601_134949

行きにはなかった、映画版ピーターラビットがあったので英語版ですが簡単な英語なのでわかりやすいので楽しめました。
これもう終わっちゃったんでしょうね。日本ではあまり話題にならなかったっぽい。

20180601_143523

チキンでした。左のサラダっぽいのは来る時と同じものだ。スペインの人って好きなのね。
白ワインが美味しかったです。

20180601_193723

ちょうど真ん中くらいの時に、軽食が出ました。
まるでブロイラーのようです(^^;)

P6021372

今回はおにぎりはなく、有無を言わさずテーブルに置かれます。
サンドウィッチだから良いけど。

20180601_215446

ほぼ中間地点。

20180602_010332

日本海に出たくらいの所で、朝食が出ました。

Dsc_3959

行きと同じ構成だけど、キットカットが着いてた。
モモゼリーはかみさんにあげました。(^^;)

Dsc_3998

日本に近づいてくると、ローマ字ですが地名が出てきます。
静岡が出てない(^^;)

Dsc_4001

あと9分。

Dsc_4005

成田の手前でカクッと曲がります(^_^)

これだけで1日分になるので行程が8日になってしまいました。

Dsc_4007

到着。

成田はそれほど混んでいませんでした。

Dsc_4011

手に持つ受取。
私のは早くに出てきましたが、かみさんのが一番最後(T-T)

Dsc_4012

到着。

Dsc_4013

かみさんが、使わなくて余ったユーロを日本円に両替をしてもらうように、出発ロビー(到着ロビーには両替所はない)に向かっていったら。

P6021426

なんと、ロシアワールドカップに出発する、日本代表を偶然見る事ができました。
茶色い頭が本田圭佑。

P6021427

これね(^^;)

成田から東京までの間に渋滞したため、使いたかったバスに乗れずに・・・
結局、直行便ではなく、名古屋までの高速飛び飛びタッチダウン便13:40位のに乗ったため
16:00位に家に着きました。

以上報告終わり(^_^)

今回の反省点というか、次回もし海外に行く予定があるときのためにメモを書いておきます。

その1 パソコンについて
イタリアの時は丁度年度末を挟む関係で、仕事もありパソコンを持っていき現地でメールを送るのと、写真のバックアップなどを行いましたが、今回はパソコンを持っていったけど、ほとんどタブレット(Xperia Z3TabletCompact)で事足りたので、次回からはパソコンを持っていかなくても良いと思った(^^;
必要とすれば、高速入力用にキーボードがあれば良いかな的な。

その2 USB充電器について
最近のマシン、カメラの充電やGoproみたいな動画撮影機、モバイルバッテリー等、ほとんどがUSB充電器のため、4コ口、5コ口の充電器が2つ位ないと、就寝中に多様な機器への充電ができないと思った。

その3 海外用変換器について
持ち歩く機器(充電器等)のほとんどが、ワールドワイド100~240V対応なので、日本専用の100~120Vのものを持っていく必要がない場合は、重い変換器を持っていく必要がない。
秘境などでホテルにドライヤー非装備意外は不要だと思われる。

ということで、極力行きの荷物を軽くしていった方が楽だなと。

今回も活躍したのが、

 

こう言う奴。
貨物預けの荷物の場合、一人2つスーツケースは預けられます。但し1週間くらいの旅行では荷物はだいたい1つになるのが多いです。
そうしたときに、夫婦や親子で1つの人もいます。今回のツアーの人も居ましたが、スーツケース一つあたり23kgそれを越えると余分にお金がかかります。
旅行者二人でもスーツケースが23kgを超えて良いと言う訳ではありません。

と言う訳で、帰国前に1つのスーツケースがそれぞれ23kgに収まるように計って調整する必要があります。
空港搭乗カウンターで慌てることがないように事前の準備が必要になります。

最悪の場合、手荷物用に鞄を一つ増やしてその中に余分なもの(但しお酒などの水類は不可)を入れて持ち込みという手もあります。

参考までに。

低価格でも高解像ドライブレコーダーNOTE4その2メニュー編(MUSON)

起動してみました。

R0016848

アイコンなど表記もわかりやすいです。

R0016849

オートパワーオフ(モニター画面を消す)にしても、こちらの青いランプが点いていれば起動録画中であることがわかると思います。

R0016850

IPS液晶を使っているらしく、高詳細です。
若干中国語が混じっていますが、昔のほどではなく、わかりやすくなっています。

R0016852

特に前の画面は、高解像にしておいた方が良いのでフルサイズにします。
因みに、対応microSDは8~32GBなので、それ以上を買っても使えないと思います。

R0016856

画質もファインにしておいた方が、ナンバープレートなどが見やすいです。

R0016857

ISO感度は自動で良いと思います。

R0016863

設定上は、スクリーンセーバーとなっていますが、オートパワーオフです。
オフにしておけばずっとモニターがつきっぱなし、あるいみ安心ですが。
私は1分でオフにするようにしています。

R0016867

ここが、周波数設定。
これ、昔はオートがあったのですが、50Hzか60Hzしかなくなっちゃったのが残念です。
というのは、静岡県は富士川を挟んで、東部が50Hz。中部以西が60Hzなのです。
ですから、下手すると信号機(特に最近のLEDの奴)が消えて映っている可能性もあります。
そうなると、事故の時にどっちが悪いかわからなくなります。

R0016868

タイムスタンプ設定。

R0016870

新しくカードを入れた時にはフォーマットしておきましょう。

接続&画像編に続きます。

スペイン顛末記 その23 さらばスペイン編

行程7日目
最終日の朝です。

20180601_060359

6:00だとまだこの暗さ。

P6011342

奥が私。皿2枚。
手前がかみさん、皿4枚(^^;)パンはなかったらしいですが。

20180601_073811

食事をしている間に、後光が射してきました。

Dsc_3908

レストランから見たホテル入口

20180601_094154

バスで空港に向かいます。
電柱に貼られている、マドリードのペナント。

20180601_094530

バス停。
バス停のデザインは、バルセロナと似ています。

20180601_094725

所々で見られる石造りの建物。

20180601_094806_hdr

渋いっす。

20180601_094941_hdr

凱旋門みたいな門。しかも普通に車通ってるし。

Dsc_3926

これはまた別の門。

Dsc_3924

日本と違って道幅が広い。

Dsc_3925

しかも信号なくて、ラウンドアバウトで中噴水だし。

P6011357

あっという間に、マドリード空港へ。

20180601_100950

スペイン到着した時。バルセロナから来たとき。と帰る時の都合3回目か。
結構慣れた(^^;)

20180601_110903

階層深く潜っていきます。
出国ロビーが、ごった返していて、効率の悪さというか、適当にみんな広がっちゃって誘導もないので大騒ぎ。しかも時間が無い人とかもう焦っているし、飛行機に間に合わないって必死で走るし大変。

20180601_120146

トイレの乾燥する奴がDyson(^_^)

20180601_120143

宣伝しているし。

20180601_120201

デザインが違う電話

20180601_120213

トイレが綺麗かきくアンケートみたいな奴(^^;)

20180601_120245

オーディオやスマホの周辺機器を売っている自販機。
SONYやカシオ、APPLEなどもありました。ヘッドフォン、イヤフォン、USBメモリ、充電器、充電ケーブルなど。

20180601_120312

こんなのね。

20180601_1220011

空港で子どもが飽きないように遊び場があるのが良いですね。

20180601_122838_hdr

登場を待つ。

Dsc_3934

アナウンスが日本語表記もあったんだ。知らなかった(^^;

Dsc_3938

搭乗手続き開始です。

20180601_125352

飛行機の種類はわからないですが(^^;)

その24 機内~日本到着編に続きます。

後部カメラも付いて低価格でも高解像ドライブレコーダーNOTE4(MUSON)

今まで、ミラー組み込みドライブレコーダーを使っていましたが、サイクル書込がないので、頻繁にフォーマットをしなければならないので、新しいマシンを導入してみました。

R0016824

しっかりした箱に入っています。

R0016828

開けたところ
4インチなので、意外と画面が大きいです。

R0016829

同梱品。
左からバックカメラ、電源(コネクタはUSBmini、画面固定用吸盤。

R0016835

バックカメラは、今付けてあるものとそっくりでしたが、使えなかったので、こちらを採用。

R0016836

正面から。
一般的なカメラです。

R0016837

レンズ部分が大きいです。
1200万画素でF1.8と明るいです。

R0016839

こちらが裏面。保護フィルム貼ってありますが、ミラー仕様みたいになっています。
アクリルカバーが付いている感じで、背面はしっかりしています。
反射して上手く取れないので、こちらで説明。
右側上から、モード、アップ、電源ボタン+OKボタン(但しエンジンオンと同期して起動するのでオンオフは不要)、下ダウン、メニューとなっています。

R0016841

ちょい拡大。

R0016843

こちらが選択ボタン。
押しやすいです。

R0016844

別アングルから。これだと、裏面のモニター部分がアクリルで覆われているのがわかると思います。

R0016845

元祖ドライブレコーダーと。全然大きさが違います。

R0016847

裏面。元祖は2.5インチだったと思います。
進化ですねぇ。しかも値段は安くなっていると思うし。

起動編に続きます。

スペイン顛末記 その22 ハイクラスホテル?編

今回のツアーで、一ヶ所だけ、ハイクラスのホテルに泊まる予定とあったところ。そのほかはスーペリアクラス。

20180601_093356

ホテルは、マリオットという日本にもある上のクラスのホテルですが・・・(^^;)

20180531_174228

中は普通(^^;)
しかもキモイおじいさんが裸で船漕いでいる絵。

Dsc_3891

反対側。
絵の右の方では、動物がHしている絵まで書かれている。どういう神経してこの絵を置いてあるのか?

しかも五つ星ホテルというのは立地環境だけぢゃね?的な。

Dsc06243

事件は浴室で起こっているんだ!会議室ぢゃねぇ~。
事件その1
まず、部屋に着いたから一日中歩いて疲れているぢゃんね。最終日前日だし。
でもって、普通顔洗ってうがいしますよね。

Dsc06244

洗面台の栓が開かない。
水が溜まったまま。
しかも、バスルームに温水が出るか試したら、今度は足拭きマットが本来なら上に置いてあるはずのものが、浴槽内に落ちていて、水没(^_^)

買い物行くからと修理依頼をして、直らないかも知れないよ、替え置きのバスマットなんかないかもとか言われて。
まあ、ショッピングから帰ったら、直っていたわけですよ一応。

Dsc_3897

例の自販機風ジュースサーバーでスーパーから買ってきたヤツ。
小さいのは、量り売りのケーキ(^_^)

P6011336

ホテルで夕食。
サラダ。塩とビネガーはあった。

20180531_204116

固くて美味しくなかった肉。5つ星ですよ(^^;)

20180531_210622

デザート。
これだけはそれなりの味。因みに何でマリービスケット?(^^;)

ところが、悲劇はここで終わりではなかったです。
焦っていたので写真撮らなかったけど。

風呂入ろうとお湯溜めるぢゃないですか?

浴室に行ってみたら、風呂が茶色(^^;)
え~と思って一回全部抜いて。張り直し。

因みに、洗面台にお湯を張ってみたら、やはりこちらも茶色。

それでも茶色だったので、こんなものかと思って入った訳ですよ。私が。
でも、あまり気持ちの良い物ではなかったので、早々に出まして。

一度風呂を抜いて、また湯を溜めました。
そしたら、若干透明になったので、ゆっくりかみさん入りました(^_^)

その23 さらばスペイン編に続きます。


スペイン顛末記 その21 マドリード後半編

サンミゲル市場がことのほかよかったので、後の内容が全く記憶にない(^_^)

20180531_161148_hdr

とゆうことで、マドリードの街並みをつらつら(^^;)
てゆうか記憶が・・・

20180531_161237_hdr

こんなとこです。

Dsc_3876

美術館なのですが、ちょっと前衛過ぎて私には(^^;)

20180531_161619

横に映画館があるのですが、リアルシネマって何?

20180531_161856

こちらがレンタサイクルマシン。

20180531_161902

貸出申請端末。

20180531_161904

電動アシストチャリなんですが、充電はどうなっているのかな?

Dsc_3871

タクシー

Dsc06183

観光三輪車。
これ狭いところで曲がれるのかな?
あ、狭いところには行かないか(^_^)

Dsc06190

何故か日本料理店。
意外と大きめの町には日本料理店見かけました。

Dsc06207

日本にもあるサンドウィッチ屋さん。

Dsc06215

ちょっとした広場にはだいたいカフェがあります。

まあこんなもんだな(^^;)

その22 ハイクラスホテル?編に続きます。

終戦に向けて「HDリマスター 日本のいちばん長い日」岡本喜八版Blu-ray

DVDも持っていますが、中古で安かったのでBlu-rayリマスター版保護しました。
好きな作品の一つです。毎年終戦近くなるとつい見てしまいます。12月にはトラ・トラ・トラ!、年末は大脱走か七人の侍。恒例行事になっています。

R0057545_2

こちらが表。

R0057546

こちらが裏面。

20180723_200303

東宝創立35年記念作品ということで、かなり力入ってます。

20180723_200444

7月26日海外からポツダム宣言を受諾するように勧告が受信されます。
そこから8月15日までのお話です。

20180723_200520

翌日閣議が開かれます。

20180723_200558

阿南陸相は、世界の三船。三船敏郎。もう、この人が出てくるだけで締まります。

20180723_200645

時の総理は、鈴木貫太郎(笠智衆)似ています。

20180723_200701

昔の新聞ですが、リマスターなので字が読めるくらい綺麗に見えます。

20180723_200656

但し、当時の新聞を使っていますので、フォントが潰れているものもあります。

20180723_200703

市ヶ谷陸軍省

20180723_200734

阿南陸相に問い詰める若手将校。
中丸忠雄と黒沢年雄がまた鬼気迫る名演技をしています。

20180723_200901

日本からの返事がない、黙殺されたということで・・・

20180723_200930

原爆が落とされます。(一部の節によると、別に落とさなくても日本は疲弊していたので遅かれ早かれ降伏するだろうという意見があり、せっかく原爆ができたんだから、脅しの意味と実用的かどうかと言うことで落としたという意見もあります。また広島と長崎は種類が違う、プルトニウムとウラニウムの原爆なので、相次いで落としたという話もあります。)

20180723_200944

と同時に、日露不可侵条約が結ばれていたにも関わらず、どさくさに紛れて満州へロシア軍の侵攻。
併せて、樺太、北方四島を実効支配しちゃったし。

20180723_200959

8月9日地下防空壕で、天皇への意見を仰ぐ会議を開いているときに、

20180723_202306

2発目の原発が長崎に落とされます。
これで、日本は息の根を停められます。

20180723_202942

と、ここまでがプロローグ。約30分(@@;

20180723_203107

たぶん、日本の映画では一番タイトルが遅く出ている作品では?

20180723_204014

本田組と黒澤組の常連、土屋嘉男

20180723_204205

平田昭彦

20180723_205604

ここからはないしょ。
玉音放送、天皇陛下の終戦の詔(みことのり)を放送するのを察知した、徹底抗戦組が8月14日にクーデターを起こそうとし、様々な妨害工作を行おうとする1日の話。

20180723_213852

玉音版の録音。

20180724_204536

予告編に出てきたオールスター。
本当にそうそうたるメンバーです。

 

製品版は、Blu-rayとDVDで、今時点ではそれほど価格差がないので、見られる環境があればオススメです。

また、私が中古で安く買ったのは初期ロット版なので、ポツダム宣言の文言が消えています。
多くの方のクレームによち重版版(改訂版)を出したんだそうです。
本当は、初期ロット購入者については、今年の1月~5月まで無償交換してくれたらしいのですが、入手したのが最近なので仕方ない。本当は期間を定めるのはおかしいと思いますが。

皇帝のいない八月Blu-ray (松竹)

某*天ポイントが切れそうだったのと、密林で高くなっていたので保護しました。

R0057009

皇帝のいない八月Blu-rayです。
昔から小林久三さんのファンで、まず小説から行って、映画化されたので劇場で見て。
つまらないという意見もありますが、この尺の中で上手く収めたなというイメージと、当時はまだあったブルートレインを使った、テロ(クーデター)の話です。
個人的には、東映の新幹線大爆破と共に好きな映画です。

R0057010

表紙は、当時のポスターです。

R0057011

こちらが裏面。
そうそうたる出演者です。

R0057012

なぜか復刻版ロビーカード(映画館に貼るすちーるみたいなの)も入ってました。

R0057014

どんだけ好きかというと、DVDも持っています(^^;)

20180624_201203

まず、自衛隊の各方面隊から、決起したグループが東京を目指すという所から始まります。

20180624_201208

岩手県。

20180624_201349

画質はDVDに比べるとかなり良いです。

20180624_201420

文字はフィルムに焼かれていますが、Blu-rayになったぶん解像度が上がっているので見やすくなっています。

20180624_201443

興味がある方はレンタルまたは、・・・・
ぢつは、サントラも持っています(^^;)


スペイン顛末記 その20 サン・ミゲル市場編

少し自由時間があったので、サン・ミゲル市場に寄ってきました。

Dsc06146

小さいけれど可愛い建物で、中には一坪ほどの店が集まって市場みたいな形をなしている店舗です。

順不同です(^^;)興味がある方は直接行ってみて下さい。
逆に、ここだけでゆっくり食べ歩きする時間が欲しい市場です。

P5311242

市場のように、普通に野菜や果物。

Dsc06180

魚や

P5311293

魚介類の加工品

Dsc_3806

イベリコ豚の生ハム

Dsc_3809

スペイン地元の料理、ピンチョス。
オリーブなどの漬物みたいなもの?

20180531_153354

かみさん買って食べた奴。

Dsc_3845

イカリングフライやげそフライ

P5311300

こんな感じで食べ歩きできるように売られています。

Dsc06151

市場内はロの字の店舗構成で、バーがあったり甘味処があったり混沌としていて楽しいです。

Dsc06174

観光客だけでなく地元の人も買ってますし。

Dsc_3840

立ち飲みですが。ワインやビールなども飲めます。

Dsc_3828

もちろん、ケーキやアイス、チョコレートなども打っています。

見ていて飽きない市場です。
イメージ的には近江町市場とか京極みたいな感じでしょうか?

Dsc_3853

日本の練り物や寿司なども売っていました。

P5311295

日本のビールやお酒、お餅、枝豆、どら焼きなども売っています。

P5311264

うちのかみさんお気に入りのヨーグルト。

P5311270

美味しかった。

P5311269

なんでかというと、店員がカッコイイ兄さんだから(^_^)

その21 マドリード後半編に続きます。

ハイクラスルンバ980 その2無線操縦編(iRobot) #アイロボットファンプログラム #ルンバのある生活

ハイクラスルンバのもう一つの特徴というか、便利な点がiPhone(Android)のアプリで管理ができます。


20180728_0745

まず導入すると、居住地の設定になります。

20180728_0748

続いて、ルンバの設定。

20180728_0748_1

ルンバを探します。

20180728_0748_2

づづけてホームベースの設定。
これは、基本充電基地となるので、無線が届きやすい場所に置きます。

20180728_0749

続けて無線LAN(Wi-Fi)に繋げます。

20180728_0750_1

iPhone(Android)とルンバをWi-Fiで同期させます。

20180728_0750_2

左右のボタンを同時押しでルンバを起動させます。

20180728_0751

これで、iPhone(Android)とルンバが同じ無線内でリンクするようになりました。

20180728_0754

因みに、外(出先)からもルンバをアクセスすることができて、遠隔操作が可能となります。
まあ、家に居るときは、そのまま、ルンバのスタートボタンを押しちゃいますけど(^^;)

20180728_0755

アプリを開いて、クリーンボタンが緑になると遠隔操作が可能になります。

20180728_0755_2

オプションで、名前も付けることができます。

遠隔操作で動くかについては別の機会に紹介します。


スペイン顛末記 その19 マドリード市内観光前編

空港からマドリードの中心部に向かいます。

Dsc06055

王宮

Dsc06054

とにかくでかい。

Dsc06062

たくさん歩く(^_^)

Dsc06075

マドリードの街並み。

Dsc06077

アルムデナ大聖堂

Dsc06094

街並み

Dsc06101

くまちゃんは、マドリードの紋章だとか。

Dsc06105

何か忘れた(゚゚ )☆\ぽか

Dsc06135

マヨール広場

Dsc06137

その2

Dsc06126

サン・ミゲル市場

その20 サン・ミゲル市場編に続きます。


イヤフォンと首元スピーカーで楽しめる新感覚音響体験SeoBiog(seo best)

SeoBiogという、首元スピーカーを搭載したマシンを使ってみました。

R0057751

ケースはロハス仕様ですが、見出しが、ホームシアターを貴方の耳にと書いてあります。

R0057752

箱は全部英語ですが、・・・

R0057755

取説は日本語になっているので安心して下さい。
まあ、この手のBluetoothイヤフォンやヘッドセット、ヘッドフォンは仕組みがほぼ一緒なので使い方も問題ないと思います。
同梱品は、本体に、SとLのイヤピース、ビニールに入っているのがmicroUSB充電ケーブル。それと取説になります。

R0057756

こちらが日本語の取説とパーツ名称、仕様になります。
イヤフォンで30時間、スピーカーで3時間とやはり外に音を出すのと大音量になるので違うんでしょうね。
因みに900mAhのバッテリーを搭載しています。

R0057757

こちらが本体。

R0057765

イヤフォン部は収納されています。(磁石でくっつきますのでぶらぶらしません)

R0057766

引っ張るとカチカチとテンションがかかって、引き出すことができます。
ちょっとケーブルが華奢なのが気になりましたが、私的にはネックスピーカーとして使いたいので(^^;)

R0057758

スピーカー部。
音の解像度は高いです。またクリア系の音がします。

R0057759

首にかけて左側にマイクがあります。
音楽を聴いていて不意に電話(やLINE電話、メッセンジャー電話)がなっても対応できます。

R0057760

首から見て左側には、ボリュームボタン+-と充電コネクタがあります。
充電はmicroUSBです。

R0057761

スピーカー部は首に当たる部分もあります。

R0057762

首から見て左側の内側には、電源ボタン、ホチキスの針みたいなアイコンは、受話ボタンになります。

R0057763

首から見て、右側の外には、スキップ(曲飛ばし)、リバース(曲頭出し)ボタンが独立しています。

R0057764

首から見て、右側の内側には、再生、一時停止ボタンと、写真の右側には、イヤフォンとビルトインスピーカーの切り替えボタンがあります。

本体重量は実測100gですが、首にかけていて音楽を聴いてもそれほど負担になる重さではないと感じました。
また音ですが、スピーカーとして聞きましたが、イヤフォンと違って開放的なので、疲れずに聞くことができるという点。小さいスピーカーですが、イヤフォンに比べるとかなり音が良いので、低音から高音までそつなくこなせるのが良いと思います。
但し、クラシックなどバイオリンなどの細かな音を聞くのにはちょっと適さないかも知れません。

ボックス(箱の)タイトルにあるように、夜などで映画を見るのには最適だと思います。
そういう使い方をする分には最高のマシンかも知れません。

興味がある方でほしいなと思った方、(いつまでやっているか分かりませんが)本文中の下段に500円のクーポンがあるので、購入時に押せば割引になります。
購入後に押しても、効きませんので事前にポチって下さい。

スペイン顛末記 その18 バルセロナ~マドリード空港編

スペイン6日目 バルセロナホテルの朝です。

Dsc_3706

6:30やっと夜明け。

Dsc_3710

朝食。
今度はドレッシングがありました。
写真はかみさんの。

Dsc05984

この小さいのがお墓。

Dsc05987

ヨーロッパはどこの町も落書きが多いです。

Dsc_3728

バルセロナ空港です。

20180531_093059_hdr

空港。9:30

20180531_093852

受付カウンターの液晶画面(^_^)

20180531_093900

え?WindowsXP、しかもエラー(^_^)

Dsc_3730

便名案内

P5311172

11:15発マドリード行き。

Dsc_3735

国内便なのでかなり小さいです。

Dsc_3736

いよいよ出発。

20180531_131010

羽の上だった(^^;)

Dsc06010

海の上を飛んできます。

Dsc06022

やはり陸は畑だらけ。

Dsc06026

マドリードの町に近づいてきました。

20180531_131406

到着。

20180531_132201

マドリード空港は二度目ですが、国際ターミナルではないので、無人列車に乗らずにそのまま横付けでした。

20180531_132619

掲示板。

Dsc06035

空港の中も外も。同じデザインぽい。

荷物をピックアップして、マドリード市内観光見学に向かいます。

その19 マドリード市内観光編に続きます。


ハイクラスルンバ980 その1開封・本体編(iRobot) #アイロボットファンプログラム #ルンバのある生活

アイロボット ファンプログラムの企画でモニターが当たったので、暫くハイクラスのルンバと、元祖に近いルンバとの共生する状況を時折紹介していきます。
まずは本体編です。

現時点で最高クラスのルンバ980です。興味がある方は、本家サイトの980にどうぞ。

因みに、iRobot社は、今でこそルンバやブラーバのメーカーとして有名ですが、日本にルンバが始めて入った頃は、どちらかというと軍用のロボットというイメージが強い会社でした。

2010年9月の
iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その1)」をご参照ください。
iRobot社のRoomba(ルンバ)セミナー(その2)iRobot社の商品群
関心がありましたら、それ以降にありますのでぜひご覧下さい。

また、ルンバの体験が良かったので、(自己責任で)海外版(輸入モデル)のルンバを家にも買ってしまいました(^_^)という記事は、「ROOMBA 560 CD-R560rifa-set その1開封編(iRobot)」になります。

R0016770

こちらがパッケージ(でもモニターなので、製品版とは違うと思います。)

前回も、同じ型番のものを体験した記事がこちらになります。
最新型ルンバ980を体験 その1開封編(iRobot)
やはり、パッケージがシンプルになっているというか、モニター用かもです。

R0016773

あけたとこ。
上には取説、左には本体。右は周辺機器になります。

R0016775

R0016775_2

上の写真の右側部分を抜き出したところ。
左側が、ホームベース(戻って充電するところね)と言われているものと、電源ケーブル。
右側の小さいのがバーチャルウォール機能(というもの)

R0016777

こちらがホームベース。昔と基本的には変わっていませんが、アダプターが内蔵されたので、外部パーツは電源ケーブルのみというシンプルになりました。

R0016778

こちらがバーチャルウオール(疑似壁)というもの。
昔は単2×2本と大きかったのですが、凄く小さくなりました。
イラストにあるように、ルンバが勝手にそれ以上行かない様にするためのものです。
右のイラストにあるように、ペットフードやペットの水飲みなど、ルンバってパワーがあるので、勢いでどんどん押していって、床が水浸しにならないようにするための擬似的なバリアみたいなものです。

R0016780

同じ形状ですが、上のイラストの様に、スイッチを上に上げると、そこから先は行かせないようにするモードと、下段にすると、ワンコのご飯などをまき散らさないようにする半円ブロックになります。

R0016783

モニターと言っても、綺麗なものが来ています。

R0016785

開けて見ました。
黄色いベロみたいなのは、バッテリーが通電しない用の端子カバー。
基本構造は、大きく変わっていませんが、掃除ユニット部分は変更されています。
ペットなどの毛が絡まりにくく、かつ吸い取りやすいように作られています。
(うちの子たちが、ほしいほしい言って(^_^))

R0016787

通電させたとこ。
Wi-Fi等も管理できるようになっているため、技適マークも取得してあります。
写真右側の穴はフロアトラッキング用のセンサーになります。
これがあることで、カーペットなどを判断して、強吸引モードに自動的になってくれるので、元祖ルンパでは中々撮れなかったカーペットに絡みついた微細なペットの毛まで取ってくれるようになりました。

R0016788

上側、上側は至ってシンプルです。
真ん中のクリーンボタンを押すことで、自動的に掃除が始まります。
左側のボタンはホームボタン。これを押すことで、自動的にホームベース(ドッキングステーション)まで戻っていきます。

R0016789

こちらが空間認識用のモニター。
昔のは、座標で何度も往復して掃除が終わったかどうかを判断していたので、同じ所を何度も移動してというイメージが強かったですが、最上級マシンはちゃんとモニタリングして掃除の様子を判断しています。

R0016792

充電中の様子、というか通電された時に表示されるもの。

アプリ編に続きます。

  

左から980、961、960
大きな機能は変わらないので、安いものでもオススメです。

スペイン顛末記 その17 夕食~ナイトツアー編

ホテルを出発し、夕食の場所までバスで移動します。

Dsc05713

遠くに見える、サグラダ・ファミリア

Dsc05724

バルセロナにもトラム(路面電車)がありました。

Dsc05732

巨大な「ばかうけ」(違 

Dsc05737

サグラダ・ファミリアに近づいていきます。

Dsc05739

名前忘れた。
マクドナルドではない。(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_3637

夕食は、イベリコ豚の店。昔始めて聞いたときに、脳内変換でイベリコ豚ではなくて、イベリ子豚だと思っていましたヾ(^ )コレコレ

Dsc_3635

イベリコ豚とは、どうもどんぐりをおもに食べて育った豚の総称を言うらしいのですが、自然のどんぐりを食べて育った正統派(ブランド豚)は、ごくわずかなんだそうです。

Dsc05777

お高いお店らしい。

Dsc05778

店内のようす。

Dsc05786

生ハムカットマシン(^_^)
どおりで、どこのスーパーも豚足を売っていたんだ。

20180530_200729

スペインでメジャーな水 ソラン・デ・カブラスというらしい。

20180530_201131

前菜、この上に見えるのがイベリコ豚の生ハム。
どうも霜降りみたいに、どんぐりの粉みたいなのが浮いているらしい。(説明聞いたけど、わからなかった)

20180530_203013

豚さんのソテー?
まずくはないけど、固かった(^^;)

20180530_205404

フルーツミックス。(名前知らん)

夕食後は、ナイトツアーに。

Dsc05789

因みに、店員が料理を持って頻繁に外に行っているのを見たので、出前?と思ったら。

Dsc05795

外の通りにテントがあって店が出ていました。
店内より外の方が賑わっていました。
道路を挟んで両側に店があるので、写真左を歩いている人が終わった食器を持って帰る所が偶然映っていました。

Dsc05803

夜のカサ・ミラ
ライトアップされています。

Dsc05806

ちょい寄ったとこ。

Dsc05813

この時間でも見学客がいます。

Dsc05814

電気が付いて、しかも歩いて始めてわかりましたが、室内もガウディしていました。

Dsc05829

こちらは、カサ バトリョ

Dsc05859

ハードロックカフェ

Dsc05897

ピカソの絵。

Dsc05906

別の大聖堂

Dsc05911

夜のバルセロナも良い感じです。

Dsc05916

こちらも、世界遺産に指定されているカタルーニャ音楽堂

Dsc05917

美しくライトアップされています。

Dsc05923

音楽堂角の彫像。

Dsc05941

夜のサグラダ・ファミリア
この時間は閉まっていて、内部の見学はできません。

Dsc_3687

サグラダ・ファミリア前にある公園の水に映っている逆さサグラダ・ファミリア(^_^)

Dsc_3691

逆さサグラダ・ファミリア

その18 バルセロナ~空港編に続きます。

スペイン顛末記 その16 バルセロナのホテル~海辺編

一旦ホテルに着いて、夕食~夜景ツアーがある前に集合時間まで若干時間があったため、海まで歩いてきました。
いかん、ホテルの外観を撮らなかった(^^;
記念写真はあるけど非公開案件です。

Dsc05692

ホテルの部屋の入り口方面を見た通路。通路が長い(^_^)

P5311050

こちらが部屋。
こちらも本当にビジネスホテルっぽい部屋。

Dsc05693

窓から外見たら、お墓(^_^)
集合時間まで少しあるので、歩いてビーチまで行ってきました。

P5311057

こちらが歩行者からみたゴミ箱(^_^)
黒い部分が投入口。
みんな歩きながら瓶などの空を押し込んでいるので、普通に捨てていいんだと思いました。

P5311058

道路に停めてある車やバイクはその駐車スペースを、月単位で買って停めているとのことでした(現地案内の人)

P5311061

ビーチに行くらしいカップルの後を付いていきます。
隣にいるのはたぶん飼い犬。
前にも書きましたが、スペインは犬を飼っている人が多く、多くの犬が中~大型犬で、ミックス犬を多く見かけました。
しかも、飼いなれているせいか、紐(は別に持っている)なしで、普通に同行しています。

Dsc_3622

普通に歩いているし。

Dsc_3623

とても大人しいです。
イタリアやフランスだと、わんこのうんちはそのまま放置する人(どんな紳士でも、どんな綺麗な人でも)が多く、有名な広場とか、宗教施設(大聖堂)の広場などでも、ぼーっとして歩いていると落とし物を踏んでしまいますが、スペインではうんちすると、かなりの割合で飼い主が取っていました。

20180530_191447

マックの先が海。
この橋の下は道路。

Dsc_3627

19:00だと言うのに、多くの人が普通にビーチで遊んでいます。

Dsc05697

走っている人。

P5311066

セグウェイの人など。

Dsc05700

右の奥の方がお昼食べたとこ。
位置関係がわかりやすいです。

集合時間になったので急いで、ホテルまで戻りました。

その17 夕食~ナイトツアー編に続きます。

旅行用に折りたたみボストンバッグ H0002 スター・ウォーズ(ハピタス)

旅行記の途中ですが(^^;)
キャリーバッグのハンドルに引っかけて持ち運びできる安いものがないかな~って思っていたら、たまたまアウトレットのプラザ(昔で言うところのソニプラ)で、期間限定半額ということで売られていたので保護したのが、・・・

R0057429

ほかにも多数合ったけどほぼ女性向けだったので(^^;)

R0057431

こちらが裏面。

R0057432

箱からだしたとこ。
小さく折りたたまれたケース上の物体。

R0057434

イラスト。

R0057435

使い方。
因みに、容量は23L(あ、デイパックなどでの表記と同じね)カタログ値は395g

R0057437

ダース・ベイダーベースですが、ストームトルーパーだと白なので汚れるかなと(^^;)

R0057438

ジッパーを開くと逆さに開きます。
インナーポケットもあるわ。

R0057439

取ってや片掛ベルトも出します。

この後、ひっくり返せば

R0057441

ボストンバッグになります。
ちょっと、刺し子みたいで目立たないからよくね?的な。

R0057440

旅行用スーツケースの取っ手に差し込めるように、キャリーオン機能が付いています。

R0057442

中はスター・ウォーズロゴでグレーです。

R0057444

ジッパーがデススター(^_^)

R0057446

けっこうの容量、入りそうです。
旅行用の持ち運びように、荷物が増えて23kgの容量を超える場合の機内持ち込み袋に、色々使えます。
今回のスペイン旅行には、以前紹介した、ある方から安く譲って頂いたThinkingPowerのボストンを持っていきました。

R0057448

全部開けた内側。

買ったのはこちらのリンクにあるスター・ウォーズのダース・ベイダー柄。
色々な色や柄。、マーベルやディズニーなどもあります。お好きなものをどうぞ。

 

スヌーピーなどはお高いです。

ここリモ その4機器接続編(中部電力) #ここリモモニタープログラム

さて、昨日はここリモのセットアップまで行いましたので、続けてiPhoneで家電を操作できるようにしてみます。

20180728_155058

今後も拡張していくと思いますが。
ここリモでは現時点で、赤外線を使う機器。
主には、照明器具、テレビ、エアコンの管理・使用状況のモニターができるようになっています。

20180728_155142

ここが結構面倒くさいかも知れない(^^;)
というのは、まず、エアコン。
メーカーを選択します。うちは、パナソニックの古いのですが、選択すると候補がつらつら出てきます。

エアコンやエアコンのリモコンの品番とか型番ではありません。
候補01(#1363)、候補02(#1986)という感じで、たぶん赤外線の信号がマシンによって違うので、それを探し出す作業をします。(汗)
うちは12番目で動きました(^_^)

20180728_155217

エアコンの場合、室温、冷暖房、風量に、オンオフが設定できます。

20180728_155454

と言うことで、温度を28度から27度に下げてみました。
すると、エアコン側で、受光した旨の「ピピッ」という音がします。
コマンドを受け付けたという音(メーカーによって違います)

20180728_155605

エアコンを見ると登録済(211)となっています。

ここリモが見える範囲のものは動く可能性がありますが、隣室とかだと、赤外線の信号がそこまで届かない可能性があるので、ここリモを見える場所に設置する必要があります。

20180728_155622

エアコンに次いで、テレビを登録しました。
ただし、うちの場合、同社(テレビも安かったのでパナ)の32インチと40インチ(プラズマ)を並べて置いてあるので、設定はできましたが、同時にオンオフ、同時にチャンネル変更ができてしまいます(^_^;
テレビのリモコンの場合、替えたいテレビに向けて信号を送れば操作できますが、2台並んで居ると同時に操作されてしまうようです。

暫く使ってみて、またその後の顛末を紹介します。
ここリモ第1弾はここまで。

低価格で高音質のヘッドフォン A2 (soundPEATS)

先日、長時間持つ首掛け式ヘッドセット(イヤフォン)や、ゲーミングヘッドセット(ヘッドフォン)を紹介したばかりだと言うのに、これまたコスパ高いヘッドフォンがでてきましたので紹介します。

以前紹介したsoundPEATS A1Proの後継というか廉価版だと思いますが、デザインが異なりますので別物と思って下さい。

R0057665

soundPEATSの各シリーズに共通しますが、こちらもBluetoothが搭載されたヘッドフォンになります。
マイクが搭載されているので厳密にはヘッドセットですが。
本機の特徴としては、箱の右上にあるように連続視聴時間20時間以上というのが売りだと思います。
ただし、本当に20時間ずっと聞き続けることはあまりしないと思いますので、忘れた頃に充電すればイイや的な。

R0057666

箱裏です。
こちらの特徴は、40mmドライバー搭載。
約25時間連続再生。
ハンズフリー通話。
耳に軽快にフィット。
ワンプッシュ低音増強。(いわゆるバスブースト)
って所でしょうか。

R0057672

こちらが本体と収納袋、取説になります。
取説は日本語が入っているので安心です。

R0057673

コマンドボタン類。コマンドボタン類は、Rchだけにあります。
右から、バスブーストモードボタン(低音増強)・・・かなり重低音になります。
でも、元の音域表現が広いので、敢えて増強しなくても問題ないと思います。
あとのボタン類は、soundPEATSのBluetoothイヤフォンと同じです。
+(ボリュームアップ、長押し次の曲にスキップ)
▲(マルチファンクションボタン、長押しでオンオフ、電源オンのままホールドしておけばペアリングモードになります。電話が来たらこのボタンを押せば通話ができます、終わるときには又ボタンを押します。再生中にボタンを押すと一時停止になります。)
-(ボリュームダウン、長押しリバース:曲頭に戻る)

R0057675

ヘッドフォンは、アラウンドイヤー(オーバーイヤー)型なので一般的なヘッドフォンになります。
ちなみに、イヤーパッドはとても柔らかで、耳への負担はありません。
(但し、夏場でしかも外で聞くには蒸すと思います(^_^))

R0057677

頭頂部に当たる部分も非常に軟らかいために、こちらも楽です。

R0057678

横から。
外から見るとこんな感じになります。

R0057676

LR表記は、ヘッドフォンの内側のジョイント部にあります。
但し、リモコンボタンがある方がRchなので、間違えることはないと思います。

R0057679

表記が前後しますが、巾着の中に、microUSBの充電ケーブルと有線ケーブルがあります。
いずれも便利に使えるものですので、うまく使い分けて下さい。

R0057663

充電中は、LEDが赤くなります。

R0057664

満充電になると青く光ります。

R0057680

iPhoneでの接続の様子。A2というのが今回紹介しているもの。

R0057687

20時間というと忘れるくらい充電が必要ないと思いますが、iPhoneの場合は、ヘッドフォンのアイコンと電池マークがでます。これを目安にしておけば大丈夫だと思います。
因みに、LO(Empty)からフル充電で3時間(取説)なので、寝る前に充電しておけば大丈夫だと思います。
流石にバッテリーが大きいので充電も時間がかかります。

R0057684

A1とA2、右がA1、左がA2。

R0057686

横から。左がA1、右がA2

R0057681

重さはA1が177g

R0057682

A2が191g
となります。

R0057685

ただし、A2がオープンイヤーなのに対し、A1はオンイヤー(耳へ当てる)方式なので、重量差はそれほど感じないと思います。

肝心の音ですが、こちらもsoundPEATS特有の良い音がします。
エイジングをしなくても、いきなりから、重低音かつクリアな音がするのは良いです。
エイジングしたら、全体的にまろやかになると思います。
この前紹介したsoundPEATSのゲーミングヘッドセットと比べるとドンシャリするような音が尖っている訳では無く、全体的にバランスが良い音作りがされていますので、長時間聴いても疲れないと思います。

この値段でこの音は素晴らしいです。ちょっと見た目はチープですが、価格を考えると全然違いますから。
逆に、この値段でこれだけの音が出ると、もう高いヘッドフォンぢゃなくても良いぢゃンとか思ったりします(^_^)

 

これですよん(^^;)
A2は左の方。A1は右の方になります。

 

但し、Amazonで検索すると高いものがでてきますので、興味がある方は上のリンクからご購入下さい。
製品は同じものだと思います。

ここリモ その3接続編(中部電力) #ここリモモニタープログラム

それでは、ここリモが動くように設定します。
まず、iPhoneアプリで、「ここリモ」を検索するか、箱にあったQRコードでスキャンして、ここリモアプリをiPhoneに入れます。(近日にAndroidアプリでも使えるようになると思います)

20180728_153950

ダウンロードし、アプリを起動すると、利用規約がでてきます。まあ、この辺はお約束なので「同意する」を押して次へ。

20180728_153955

すると、オープニング画面になります。
中電のカテエネに加入している人でしたらIDとパスワードを入力することで、電力管理ができるようになります。
うちも静岡県なので中部電力ですが、まだ移行してない(゚゚ )☆\ぽか
最近は電力自由化なのでドウしようかなと(゚゚ )☆\ぽか

ちなみに、中部電力以外の方、あるいはカテエネに入っていない人でも、下段にあるログインせずに使用と言うこともできます。

20180728_154003

手順は順次表示されるのでそれを見て行けばセットアップはできると思います。
まず、赤外線リモコンをセットアップ。

※ここで注意が必要なのは、このマシン並びにアプリが2.4GHzのみ対応ということ。最近のWi-Fi機器は、更に高速の5GHz帯も使えるようになっているものが多いので、両方ともWi-Fiのパスワードを入れておくと優先的に5GHz帯になってしまうので、その際は、2.4GHzだけ接続できるようにしておきましょう。

20180728_154349

無線LANアクセスポイントで、赤外線リモコンとリンクさせます。
この辺の操作は、Amazon EchoやGoogle Homeなどと同じ感じになります。

20180728_154403

iPhoneの場合。
無線LAN(Wi-Fi)の設定を開くと、家庭内のWi-Fiに繋がっていると思います。
暫くすると、CEPCO_なんちゃらというのが見えますのでそれに繋げます。

20180728_154417

次はどのようにするかというと、家庭内のWi-Fi(ルーター)と、ここリモを接続する(覚えさせる)という作業をします。

20180728_154615

これでしばらくすると、接続が開始されます。

20180728_155050

正常に接続できました。となります。
複数台を使う事もできますので、場所名を設定できます。
まずは1台。

これで基本的なセットアップ(接続のための作業)は終了です。

機器接続編に続きます。


スペイン顛末記  その15 サグラダ・ファミリア(聖家族教会)編

バスの市内観光を終えて、バルセロナメインの見学スポット、サグラダ・ファミリアに行きます。

さすがに、施設横付けではなくて、離れた所から降りて歩いてきます。

Dsc05509

以前は教会の周りの道路は普通に車が通ることができていたようですが、数年前の自動車暴走殺人事件(テロ)があってからは、次に狙われるのがサグラダ・ファミリアではないかという話もあり、通行禁止にされたそうです。

Dsc05496

歩行中に見つけたキオスクみたいな書店。

Dsc05507

ぬぉ~サグラダ・ファミリア(聖家族教会)。
一度は見ておきたいですから。2026年(ガウディ没後100年)までに完成させようということで、頑張って作っているということでした。
因みに、ガウディは、着る物も含め全く関心が無かったので、交通事故に遭ったときに、浮浪者同然の格好をしていたので、手当が遅れたという話でした。
もしガウディとすぐにわかっていたらもしかしたら延命できたかもということです。

Dsc05527

いまだに工事中のサグラダ・ファミリア。

Dsc05530

入り口直下から。

Dsc05534

増設されているところは色が違います。
でも同じデザインで作られています。

Dsc05535

好き嫌いがはっきりしそうな、どちらかというとおどろおどろしい感じに見える人も居れば、聖なるものと見る人もいる、そんな施設です。
ましてや、大勢の建築家や彫刻家が関わっているので、キリストの話を色々入れていますが、その都度顔が違うので、説明を受けてもすぐになるほどとなりません。また少しすると忘れてしまいますヾ(^ )コレコレ

Dsc05544

正面から。

Dsc05575

教会内。
普通の教会(大聖堂など)はこんなに明るくないのですが、ガウディの発想で明るい教会にしたいということで、高さがあるのですが、周りにはステンドグラスにより灯りが取り入れられているため、全体的に明るいです。

P5301006

こんな感じや

P5301007

夕陽を浴びて赤くなっています。

Dsc05624

反対側。
あまりテレビや記念写真、ネット写真などでもこちら側からの絵は少ないのあれですが、こちらは新しく作られているため所々色が違っていたり、デザインが今風だったりします。

Dsc05623

道路側にはみ出しているところね。

本当はもっと大量に撮影してきましたが、これから見に行きたい人も居るのでしょうから、今日はこの辺で許したるわ(゚゚ )☆\ぽか

その16 バルセロナのホテル~海辺編に続きます。


ここリモ その2比較編(中部電力) #ここリモモニタープログラム

設定の前にやっちゃう比較編。とは言っても、大きさね。

R0057605

左から、ここリモ(中部電力)、Amazon Echo Dot(アマゾン)、Google Home mini(Google)になります。
この他にAmazon Echoも持ってますが大きいので。
大きさ的にはAmazon Echo Dot近い。

R0057607

重ねてみました。
Google Home Miniはでかい。

R0057608

上が、ここリモ、下がAmazon Echo Dot

R0057609

下が、ここリモ、上がGoogle Home Mini

R0057610

実測。
114gと最も軽いのがここリモ

R0057611

次いで、161gがAmazon Echo Dot

R0057612

大きさ(容量)の割には10gしか違わなかった172gのGoogle Home Mini

現時点では、Amazon Echoしかリンクしていないらしいですが、もうすぐGoogle Homeもリンクできるのではと思います。

接続設定編に続きます。

スペイン顛末記 その14 バルセロナ観光編

昼食の後、まずはバスで市内観光に行きます。車窓から。

Dsc05411

ガウディの作った、カサ・ミラ(世界遺産)

Dsc_3532

カサ バトリョ、こちらもガウディ。(世界遺産)
人があふれているところ。

Dsc05462

こちらも世界遺産。
サン パウ病院(ドメネク・イ・モンタネールの作品)

Dsc05391

ユニクロ(^_^)

Dsc05446

日本と違うところ。交差点の四隅が斜めに切られていて、駐車場になっている。

Dsc05449

町のあちこちに、大きなゴミ箱が置いてある。
クレーンみたいなのが付いたゴミ収集車で、箱ごと持ち上げてひっくり返してまた元に戻す。
これはイタリアでもやっていた。

P5300920

一応リサイクルもされている。

Dsc05480

町のあちこちに、オープンテラスがある。

P5300923

道の広さの割に車の量が少ない。

P5300931

こちらとか。

P5300933

こちらとか。

Dsc05476

所々から見え隠れする、サグラダ・ファミリア(聖家族教会)

P5300940

町の中にも、ラウンドアバウト(ラナバウト)がある。

その15 サグラダ・ファミリア(聖家族教会)編に続きます。

iPhoneと連携して、家電が管理・操作できるここリモ その1機器編(中部電力) #ここリモモニタープログラム

中部電力が開発、発売したここリモを体験する機会がありましたので、紹介します。
まずは、ここリモってなに?って言うのは、こちらの本家サイトの方が詳しいので、一緒にご覧下さい。

現時点ではカテエネ(中部電力が売り出しているPR)のカテエネWEB商店でのみ購入可能。でも、中部電力圏内でなくても使えるので安心して下さい。

R0057576

パッケージです。
イメージ的には、AmazonEchodotみたいな感じ?って言えばその大きさはイメージできると思います。
できることが書いてありますが、主な特徴は3つ
家電コントロール。
電気代予測
音声コントロール
このうち、電気代予測は、たぶん中部電力でないとだめかも?
アプリケーションは、7月時点ではiPhone(IOS)のみで、8月中にGoogleというかAndroidにも対応するらしい。
なので、Androidの人は少し待って頂きたい。

R0057580

こちらが裏面。
特徴がわかりやすくまとめてあります。

R0057582

開けたとこ。
丁寧にラッピングされています。

R0057583

ラッピングをはがしたとこ。
うん、ピアノ塗装風の本体。あとは電源用のmicroUSBと、取説という結構あっさりした構成。
私のように、電脳小物(ガジェット)マニアなら問題ないのですが、万人受けするように考えた場合は、USBACアダプターも同梱されていた方が良いのではないかな~とか思った次第。

R0057584

こちら本体横。ボタンは、WPS(えっと、無線LANを同期させるボタンと言えばわかりやすいか?)バッファローで言うところのAOSSみたいな奴。マシン名とかパスワードとか入れなくても自動でシンクロできるみたいな。
と兼用がリセットボタン。

R0057585

こちらが裏面。

R0057586

取説が小さいけど、わかりやすいです。

R0057587

こちらが裏面。

R0057575

リビングと寝室用にわけて使えるために

比較編に続きます。

Amazon Echoとも連携できるので、Amazonでも売っています。
少し安い。

スペイン顛末記 その13 バレンシアからバルセロナへ編

行程5日目。バレンシアの朝です。

20180530_070901

こちらが私チョイス。

Dsc_3460

こちらがかみさんチョイス。
やはり量が多い(゚゚ )☆\ぽか

でも、今までほど、フレッシュサラダとか今回なかったっす。

Dsc_3461

楽しかったのは、例のフレッシュジュースサーバー。

20180530_073051_hdr

7:30だとまだ夜が明けたばかりという感じ。
車もほとんど走ってないですし。
スペインって宵っ張りの朝は苦手みたいな感じかも。
昼寝(シエスタ)の時間も長いし。

ちなみに、パリの朝は真冬で真っ暗でも5:00頃から渋滞しますから、勤勉なんでしょうね。

20180530_073055

反対側見ても車いない(^^;)

20180530_113755

運転手さんの規定で、定期的に休憩を取らなければならないと言うことで適宜ドライブインに寄ります。
このバスがほぼスペイン2/3行程をずーっと連れて行ってくれたバス。

20180530_112712

チップス。

20180530_112834

何故かMIKADOという恐れ多いネーミングのポッキー(グリコ謹製)もあちこちで見ます。

20180530_113527

何故かお菓子やスナック、ドリンクが混ざった自販機。
参考までに、こちらはキットカットとオレオなど日本でもなじみのあるお菓子が多く見られました。

20180530_113537

ここにもミカド(^^;)

20180530_113604_hdr

ガチャガチャ
イタリアでは見かけなかったので、日本びいきかも(^^;)

P5300891

フルーツや

P5300892

野菜も売っています。

Dsc_3476

スペインの道路沿いには、左上にあるような中世の城跡を結構見かけます。

Dsc_3491

教会とかも多く見かけます。

P5300895

いよいよバルセロナの港に入りました。
バルセロナは地中海の貿易港や観光地であるため、港の規模は大きいです。
奥に見えるのは豪華客船。地中海クルーズなども多くあるので。
個人的にはトップヘビーなので、大波が来たらひっくり返りそうで怖いのですが(^^;)

Dsc05332

こちらはコンテナ船。

Dsc05337

バルセロナは、オリンピックをやったことで、港周辺の再開発が進みました。

Dsc05339

スペインの前半は、田舎の町(昔ながらの歴史の町)が中心でしたが、バルセロナとマドリードは都会になります。
写真はレンタサイクル。

Dsc05346

黒黄の車はバルセロナのタクシー

Dsc_3507

マリーナベイというパエリアレストランで食事。

20180530_140507

ここは、それなりに有名なレストランぽくて、クリントンやマイケルムーアなども来所しているらしくて、階段に有名人の写真が普通に貼ってありました。
サインや手形はないです(^_^)

Dsc_3501

ビールとレモネード。

Dsc_3502

前菜、ピクルスやパプリカなどの酢の物?(料理名しらね~)

Dsc_3504

メインはパエリア。あこれはグループ分ね。

Dsc_3505

かみさんは美味しいって食べたけど、私的にはもっとぱらっとしたパエリアの方が好き(^^;
べちょべちょ~って感じ(人により感想は違います)

Dsc_3506

こちらは、クレマ・カタラナ?スペイン版クレームブリュレ?。
表面は固いけど中がとろとろの甘い奴。
これは美味しかった(^^;)

Dsc_3513

ボールが乗っているみたいなのが食事をした店。

Dsc_3526

クジラのオブジェみたいなのもあります。

Dsc_3529

カジノもあります。

その14 バルセロナ観光編に続きます。

« 2018年7月 | トップページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ