« 2018年6月 | トップページ

スペイン顛末記 その4 ラ・マンチャ地方の旅編

次の移動先、コルドバに向かう間にお昼になるので、移動の途中で食事タイム。

Dsc04213

行けども行けども、オリーブかアーモンド畑(^^;)

Dsc04218

飛行機から見えた景色が、緑と茶色だったのがこれなのね。
因みに、オリーブオイルと言えば、イタリアの方が有名ですが、スペインの方が収穫量が多いとか。

Dsc04250

でもって、バスが突然オリーブ畑に曲がったと思ったら。
畑の中に食べ物屋さんが出現。
絵にあるように、この辺一帯がラ・マンチャ地方と言われます。
ラ・マンチャ地方と言えば、映画ラ・マンチャの男(ある人はミュージカルで、ある人は映画)で有名な、知らない?
おじさん的には、ピーター・オトゥールがドン・キホーテ(安売りの店ではない)、彼女がソフィア・ローレン、相棒のサンチョ・パンサがジェームス・ココの名作。
ドン・キホーテの物語とされる場所。

Dsc04249

何故か日本語(^^;)

Dsc04237

あちこちにドン・キホーテの造形物が。

Dsc04234

奥がレストラン。

20180527_121625

前菜。なんか春雨スープみたいな。でも檄しょっぺー(塩辛い)

20180527_122357

肉野菜の煮込みみたいな(^^;)
でも怪しい物体も少々。
お世辞にも美味しいとは・・・(あくまでも個人的な感想です)

20180527_123710

デザート。
超絶油っこい(^^;)

ちょっとここのお店は苦手かも(^^;)

因みに、手作りのお土産で、乾燥イチジク(ドライフルーツ)のチョコレートがけみたいなのがあって、かみさんが買っていました。(ばあちゃんほかお土産用)

距離が遠いので、途中でドライブインで休憩。

P5270267

左はかみさんのフルーツ盛り合わせ。
飲む用のコーラ、夜のホテル用のビール(^Д^)


その5 コルドバ編に続きます。


スペイン顛末記 その3 トレド(Toledo)編

明け方5時に静かになってもそんなに寝られませんからねぇ(^^;)

20180527_065929_hdr

とゆうわけで、トレドの夜明けです。

20180527_072014

食事のところから、朝食後に行くトレドの町が見えます。

Dsc_2852

手前は、ホテルのプール。

Dsc_2853

スペイン1日目、具体的には2日目の初めての食事です。
バイキング方式(今回全部朝食はバイキング)
因みに、手前の3皿が私の。奥の6皿がかみさんのお皿(^^;)
かみさん絶好調(^_^)
まあ、私はいつもこのくらいしか食べないし。

Dsc04036

車で約15分位の所にあるトレドの町の対岸のビュースポットから見た所。
既に多くの観光バスがいろんな所に止まっていました。

Dsc04047

ちょい右。川は、タホ川

Dsc04056

トレドは、小高い丘全体が城壁都市みたいな感じで作られているので、麓でバスを降りて、エスカレーターで中心部まで上がっていきます。
街中は狭いので、多くの観光客は、ここで車を置いて行きます。

20180527_092952

まず最初に、トレド大聖堂(カテドラル)に向かいます。
空に黒く見えるのは、イワツバメ。

20180527_093154_hdr

大聖堂の正面に向かっています。

Dsc_2869

入り口。(今回は入りませんw)

20180527_093537_hdr

回り込んだところ。
この日は、トレドの町のお祭りがあった翌日と言うことで、なんかマラソン大会が開催されるようで、大勢の人が走る準備をしていました。
手前の骨組みはイベント用ブース。

20180527_093922_hdr

こんな感じっす。

20180527_093928_hdr

巨大なコカコーラの飾りもあります。

20180527_101956_hdr

目的は、サント・トメ教会にあるエル・グレコのオルガス伯の埋葬。イタリアと違って、撮影禁止(^^;)
なのトメさんの教会の外観。
朝一なのに結構混んでいます。

20180527_101947

こちらが教会の前。

20180527_102011_hdr

日本で言うところの郵便ポスト(黄色)と緑も郵便局の関連物体。

20180527_103458

教会の前にあったトレドの町のレリーフ。

Dsc_2889

ちなみに、トレドのサントトメ教会が、トレド名物「マサパン」とやらを発明したらしくて、それはどういうものかというと、日本で言うところの焼き菓子みたいな奴。
スペインではアーモンドが沢山採れるので、その粉と小麦粉などを練って焼くみたいな。
興味がある人は調べて(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_2888

ここでまたみんな買うのよ(^_^)

20180527_101411

私は、店の中にあった妖怪ウォッチのチョコエッグが気になったのですが(^Д^)
妖怪ウォッチってまだ流行っているんだ的な。

20180527_101718_hdr

それと店の前にあったビールの人形(^^;)

Dsc04144

それと近くにあった、チュロス売りの修道女のゆるキャラ。ゆるキャラ?なのか?

Dsc_2896

トレドの街並みは、どこに行ってもだいたいベージュというかオレンジっぽい色の壁で統一されています。
だいたいスペインはどこも似たような色味の街並みが多かったです。

Dsc04078

奥に見える、コロッケの看板は、日本のコロッケを売っているところらしい。

Dsc04085

出窓やバルコニーの下側は焼き物がある家が多いです。
でも室内で寄りかかかるのは怖いなきっと(汗)

Dsc04087

建物が密になっているのは、スペインは地中海に面しているため、日差しが強烈なので、少しでも日陰を作って涼しくしようという工夫だとか。
これで温度差がだいぶ違うらしいです。
因みに、どこを見ても無粋なエアコンの室外機はあまり見かけませんでした。
ホテルには空調があるけど。

Dsc04091

車1台がやっと通れそうな道。(まあ、昔は馬でしたので)

Dsc04095

トレドのゴミ箱。

Dsc04097

道幅があるところでは、上空に日よけの布があるところもありました。

Dsc04107

デザインされた石畳。
イタリアもそうですが、スペインも、道路を掘り返してということがないのかな?
日本みたいに、ガス管とか通すときに掘り起こしてその後はアスファルトで埋め戻すみたいな無粋なところは見かけませんでした。

Dsc04130

まちの所々には、広場みたいになっていて、飲食ができるようになっています。

P5270209

イタリアの時も思いましたが、看板並びに道路標識、あるいは表示が、すごく見やすいと思ったら。
メートル法を使っているんですね。

P5270216

わかりやすく色分けしてある標識。アイコンなどもついていて直感的に移動できる。

P5270217

サントトメ教会の関連駐車場まで50m
じつになじみのある距離感(^Д^)
これが、ヤードとかマイルとか言われると参る(゚゚ )☆\ぽか

その4 ラ・マンチャ地方の旅に続きます。


スペイン顛末記 その2 マドリード空港~ホテル編

20180527_010343


飛行機の通路から空港へ移動します。

マドリード空港ですが、到着ロビーには人が誰もおらず、まずトラム(無人運行列車)があるところまで移動しなければなりません。

20180527_012350

スペインの人も多く乗っているので、ツアー以外で訪れる方は、ぞろぞろ移動する人の後を付いていけば行けると思います。

P5270066

飛行機から降りてきた、トラムの入り口の時間は18:23。

20180527_012339

こんな感じでゲートというか窓がしまっています。
日本時間では5月27日深夜1:23(^^;)
スペインは日本から7時間前。

20180527_012413

電車が入ってきました。
完全に無人です。

P5270067

こんな感じ。

入国手続きを行って、日本人旅行者はあっという間に通過(^^;)
何も聞かれなかった。

20180526_184514

こちらが、機内預け荷物の受け取り場所。

20180526_194945

会社のボスが直前にドイツに行ってきたのですが、ほとんど使わなかったからと言って貰ったSIM入れたら、マジで80MBしか使っていなかった(^^;)自動で地元のネットを拾いました。(旅行5日目くらいまで問題なく使えた(^_^)

Dsc03970

迎えのバスに乗り、マドリードから宿泊地トレドに移動します。
この時間で19時なのですが、完全に昼間ですね(^^;)

Dsc03975

道路は高速道路でもないのに3車線の大きな道路です。
でも車もあまり通っていません。

所々に大きな建物が出てきます。

Dsc03983

通過する道路もほぼ高速並みの道路。

Dsc03986

見にくいですが、スペインAmazonの物流拠点。ほぼ世界制覇ですな。

Dsc03988

街中らしきところを少し過ぎると、あとは延々農地です。
所々赤く見えるのは。ポピーの花畑。

P5270076

道路の路肩にはこういう黒牛の看板らしきもの。闘牛の国。

20180526_205005

1日目(行程的には2日目)のトレドの宿、ホテルベアトリスです。

Dsc04006

リゾートホテルっぽい感じで、ロビーも広いです。

Dsc04007

パーリー(パーティー)の支度がされています。

Dsc04008

品の良いホテルのようです。

20180526_205007

プールもあるし。
なんか若者が大量にいて、ダンスなのか結婚式なのかわかりませんが、2ヶ所でパーリーが始まるようで、ドレスアップした人が次々集まってきましたが、時既に現地時間で21時(^_^)

20180526_205259

この明るさです。
月も出てるけど。

20180526_210357

ホテルから、明日行く予定の、トレドの町も見えます。

Dsc_2817

ホテルの部屋。
テレビはサムソン(^^;)日本製に比べて安いからね。

P5270085

ベランダからは、トレドの町を流れる川(タホ川)が見えます。

20180526_213137

夕食はないので、日本で買ったおむすびを着陸直前に食べ(^_^)
日本で買ったビールと家から持ってきた柿ピー、飛行機で貰ったクッキーで(^_^)

パーリー、どんちゃん騒ぎしてるな~と思いつつ眠りに落ちましたが・・・

深夜の1時過ぎてもズーっとどんちゃんどんちゃん、しているのが耳について、眼が覚めてしまいました。
時々、知っている曲が流れてきていたし、結婚式で使ったヨーロッパのファイナルカウントダウンが流れるわ、ボン・ジョヴィの曲は流れるわ。
その都度、かみさんは興奮してベランダに行って録画するわ(笑)

結局朝5時まで大騒ぎ。
どうも、翌日添乗員がホテルの人に聞いたことによると、どうも、建国というか、町ができて60周年か何かの創立記念日に当たって、朝まで大騒ぎしていたんだそうです。
おかげて、ほぼ36時間ほど(所々まどろみはしたが)起きていたという・・・

その3 トレド編に続きます。


スペイン顛末記 その1 出発~機内編

昨年、結婚30周年イブで、伊太利亜に行ってきましたが、30周年ということで、西班牙(スペイン)に行ってきました。忘れないようにその顛末をまとめてみます。
てゆうか、もう一ヶ月以上前だし(^^;)

20180526_032730

集合が成田空港9:30というとんでもない早い時間なので、前泊するかそれとも車で行くかとなりまして。
昔は静岡から成田空港まで行く深夜便があったのですが、調べて見ると3月の春休みと8月のお盆休みしか運行していないというていたらくでした。
たまたまヒットしたのが、富士市発成田便というのがあって、無事予約できましたが、出発が3:40(^_^)
ということで、土曜日だったのでうちの子2号に新富士駅まで送って貰いました。
ドライバーさん曰く、首都高が渋滞すると困るので休憩無しで行きますとのことで、沼津、三島と通って
到着は7:25でした。

まあ早く着いたので、持ってきたおむすびを食べ、先行して機内預け(登録)をしてから団体カウンターへ。

Dsc_2755

こちらが空港のあちこちにあるモニター。

Dsc_2761

こちらが出国ゲートにある表示板。

20180526_103242

95番ゲートって遠いわ(^_^)

Dsc_2777

飛行機の種類はわからね~(^^;

P5260013

ちょいアップ。

P5260017

うちのかみさんが、売店で買ってきた白い恋人ソフト(^_^)

これから14時間近く飛行機に乗らなければです(^^;)

20180526_121633

成田からマドリードまでは10,795km、ローマよりちょっと遠い(^^;)

20180526_121653

こんな感じで色々見る事ができます。

P5260031

たぶん長野方面だと思いますが、まだ雪が残っていますね~。

20180527_003617

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない  宇宙の営みを告げています。by城達也
違う、まだ明るい(^_^)

20180526_125133

最初に出たのがお昼。
機内食はコンパクトにまとめられて、旨いというのが良いですね。
最近は樹脂のカトラリーですが、アリタリア航空は珍しく金属製でした(安っぽかったけど)
ビールはスペインでしたが、食べ物や調味料などは日本製。
たぶん現地調達なんでしょうね。

P6021372

途中で出て来た間食。おむすびかサンドウィッチと言われて、サンドウィッチに(^^;)

あとで、かみさんがバックヤードに運動に行ったら、おむすびがたくさんあったからと貰ってきました。

Dsc_2797

夕食?軽食?到着前に出て来たもの。
果物、サンドウィッチ、ヨーグルトとジュース、珈琲となります。
いずれも美味しかったです。

Dsc_2799

機内では映画が多数あったけど、たいがい見たことがあるものばかりだったので(^^;)
映画の新しいものとしては、グレーテストショーマン、ブレードランナー 2049、スター・ウォーズ最後のジェダイ、アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン位。あとは凄く沢山あるのですが、昔のものばかりだったので。
途中まで見ても、寝ちゃうので(^^;)

P5270053

スペインが見えました。
どこまで見ても農地が広がります。

P5270054

所々住宅地

P5270056

結構な面積が畑です。

P5270059

そろそろ着きます。

続きます。


色んなメーカーが混ざったF-14、F-15 1/100プラモデル(サンショウ)

あるとき、入札していたら誰も落とさなかったので落ちてしまっていましたo(^▽^)o

R0057226

サンショウ製のものですが、どちらのイラストも見たことがあるもの。

R0057229

横から

R0057228

短編方向。

R0057227

Mig25とミラージュ

R0016709

と思って、見てみたら。万年(まんねん)のものとイラストが同じでした。下はサニー

R0016711

イラストの順番は違っていますが。
上から、サンショウ、万年、サニー

R0016712

サニーのトムキャットのイラストとは違うようです。

R0016715

翼端の形状は左がサンショウ、右が万年。万年のデザインは、試作機のF-15。
なので、形状はサニーのものに非常に近いです。

R0016717

デカールは、上が、万年。下がサンショウなので、同じデカールです。

R0016719

F-14は、サニーと同じ金型を使っていると思います。
ということで、全部コンパチブルの模型のようです。
詳しいことが分かる方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。


宇宙大怪獣ドゴラ ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL53

以前、本ブログでも紹介した、HDデジタルリマスター版の宇宙大怪獣ドゴラがメディアとしてあるので、あれですが(^^;)
地味だけど凄く好きな作品なので、ポスター他グッズ集として、ポイントを使って保護しました。

以下のリンクは、日本映画専門チャンネルを録画して天井映画館として、撮影した写真を紹介しているものです。
特に、最初は、DVDでしかない作品でしたので、HDリマスター(Blu-ray)と比較する意味で載せてありますので、興味がある方は、併せて閲覧確認ください。

宇宙大怪獣ドゴラ 映像比較(東宝・日本映画専門チャンネル)

宇宙大怪獣ドゴラ その2 気がついた点(東宝・日本映画専門チャンネル)

R0057471

こちらが表紙。
このシリーズの特徴として、表紙(あるいはDVDのジャケット)が、今まで使われていないスチルをベースに構成されていること。
これだけでもある意味価値があります。

宣材というか、イメージで良く言われる奴ですが、9大コレクションと言いながら、混ざっちゃっているのでそんなに多い点数のようには感じない(^^;)

R0057472

こちらが裏面。

R0057473

開けたとこ。
左がパンフレットと下におまけのDVD(^_^)
右側がメインの色々な当時もの復刻版印刷物。印刷復刻されたものなので、希少性はあれですが、見たこと無いものとかポスターとかおじさんにとっては貴重。

R0057474

パンフレットに何故か隼号と鳳号が(^^;
ドゴラのこのポスターや雑誌の口絵などでは凄くイメージが良かったのですが、残念ながらメインは、ダイヤ強盗団と、Gメン、警視庁、宇宙開発研究所などが複雑に絡まったサスペンス風の話が中心。
なので、当時としては酷評されましたが。
私的には、上手く特撮が絡まった面白い映画というのが好きな理由。

R0057475

9大付録のごにょごにょは。
こういう所にも使われている宣伝材料

R0057477

パンフレットの裏面とか。

R0057479

おまけのDVDに姉御(若林映子)のスチル。

R0057480

今回も、下2つが、クリアファイル。これだけでも以下略
上から、半裁ポスター、東宝ニュース×2、次回のマタンゴのスピードポスター。
これだけだと6大付録なので、やはりさっき出した宣材類もおまけに入っているんでしょうね。

 


Full HD4Kに対応したアクションカメラPro2 その5 外部バッテリー充電器編(Vemico)

アクションカメラPro2を使うに当たって、過去のカメラのバッテリーが共有できるのですが、本体で充電すると時間がかかる上に、その間使えないので、色々なメーカーが出している中で、比較的安く、かつ評判が良かったマシンを導入してみました。

R0057333

色々あるのですが、不具合が多いとか中国から配送なので時間がかかるとか色々書込がある中で、すぐ届けてくれるのと、不具合の対応がよさげなこれにしてみました。

R0057334

箱裏です。
入力5V 2A 出力:4.2V 800mA
となっているので、モバイルバッテリーでも充電できそうです。

R0057335

内容物一式。
何が良いかと言うと、1,050mAhのバッテリーが3つ入っていて、上記の値段と言うこと。
これは良いです。

R0057336

構造的に小さい上に軽くて安っぽいですが、アクティブスポーツなどで、アウトドア使用を前提とする人には最適です。

R0057338

端子は、microUSBなので、汎用のものが使えます。
(評価の中には、同梱ケーブルよりも他で使っているケーブルの方が安定して充電できるという書込もあります)

R0057340

通電すると、両方とも青いLEDが点きます。

R0057342

バッテリーを置くと、充電する側は赤くなります。

R0057344

2つ同時に充電も可能です。

R0057345

満充電になると青くなります。

R0057346

左が本機に同梱されていた方1,050mAh、右が前から使っているMUSONアクションカメラのバッテリー900mAh。
同じ仕様です。たぶん

R0057347

左が同梱されてきたもの、右が元祖4Kのもの。ロゴ以外は一緒なので、提供元は同じ会社だと思います。
但し、バッテリーについては、個体差や製造ロットなどで(特に中国産セルの場合)不具合や容量が不安定なものもありますので、クレームいうより、買い増しした方が良いくらいの価格だと思います。
気にせずに(^^;)

Full HD4Kに対応したアクションカメラPro2 その4 画像品質チェック編(MUSON)

比較編です。

まずは、車載カメラ風テスト。今回紹介している4K アクションカメラPro2です。
サイズは3840×2160になりますので、4Kサイズです。フレームは29.97フレーム/Sになります。

国道1号バイパス上り(藤枝付近)
上のと反対側。

国道1号バイパス上り(静岡市安倍川付近)
時々カクカクしているのは画面の向きを変えたりしているからだと思います。

こちらだと画面が小さいので、リンク先を見てくれると差がわかると思います。

御殿場プレミアム・アウトレットにて、固定撮影。4K Pro2
こちらの方が、全体的には落ち着いた色合いなので、自然な感じの色だと思います。

こちらが、元祖MUSONアクションカメラ 4K(前モデル)
明度、彩度とも強めに録画されるようです。

MUSONアクションカメラ4K Pro2のスローモーションモード。このモードにすると2Kサイズ1920×1080になります。フレームは14.98フレーム/S。

MUSONアクションカメラ4K タイムプラス機能。1分刻み撮影。車載カメラ風テスト。以前のモデルは、カメラ機能でタイムプラス撮影を行い、自ら編集しなければできなかったけど。今度のは、録画モードに搭載されています。自動でタイププラス動画が作れるのは良いですが、残念ながら再生時間の調節は不可。

カメラモードでの1ショット撮影。

Img180101003635f

こちらはMUSONアクションカメラ4K Pro2の20MPモードで撮影。サイズは5,120×3,840、解像度300DPI
但し、ブログアップ用に、1280×960にリサイズ圧縮しています。

Img180101003635f_2

こちらが等倍切りだし。
300DPIと言うほど解像度は良くないです。やはりカメラの代用は厳しいと思います。録画に徹した方が良いかな。

Fhd0006

こちらは、元祖4Kの方なので、最大12MP(上限)。サイズは4,608×2,592 解像度72DPI
全体的に明るく、見ていて楽しくなりそうな画質です。
但しPro2を擁護すると、基本設定で撮影しています。今度のPro2は明度、彩度等調整が可能なので、好みの色調整ができると思います。

Fhd0006_2

等倍切りだし。
うん、解像度はそれほどでもないですが、見た目はこっちの方が好感が持てる色合いかと。

逆に言えば、好みの問題だと思いますが。4K画質のモニターでも使わないと、その良さが分からないかも知れません。

Full HD4Kに対応したアクションカメラPro2 その3 比較編(MUSON)

比較編です。比較編は元祖4Kとです。

R0057367

上が新型のPro2
下が元祖4K。ロゴなどは下の方がよさげですが。
モードボタンが小さくすっきりしました。

R0057369

右側
上が新型、下が元祖、差はわかりません。

R0057371

左側。上が新型でも差はありません。

R0057372

上から、左が新型。でも差がありません。

R0057370

背面、上が新型。下が元祖4K
ロゴが入っている差はありますが、特になくても問題ないです。

R0057393

設定メニュー。左が元祖4K、右が新型。選択メニューがわかりやすくなっている上に、画面の解像度が精細になっているような気がします。

R0057394

それがこれ。左が元祖4K、右が新型。
も画面表示の文字時点で全然違います。

R0057396

重ねてみました。

その4 画像品質チェック編に続きます。
撮影時には雨が続いていたのであまり良く映っていないと思いますが。


Full HD4Kに対応したアクションカメラPro2 その2 起動設定編(MUSON)

起動設定編です。

R0057373

前のボタンを長押しすると起動します。
このロゴは従来と一緒。

R0057374

日付はあれですが、デフォルト(標準設定)で、4K30fpsに設定されています。
上の右のアイコンは、無線LANの状態、TFはmicroSD、バッテリーインジケーター・
したの左は日付(デフォルトでは2018/01/01なので修正が必要です。
2:11:52は録画残量。(32GB:但し、録画サイズや解像度により大きく変わります)

R0057376

設定メニュー
設定メニューが従来のものと比べ選択肢が多くなり、日本語が流ちょうになりました。以前は、中国語日本語でしたので、大進化です。
この画面はビデオ解像度、ループ画面、タイムプラスの各種設定になります。
階層は録画用の設定メニューでは1/2あるということで、右側の上下ボタンで選びます。
アイコンは、録画や各種設定など4つあります。最初がビデオ設定アイコン。

R0057377

ビデオ解像度、何故か4K30が2つありますが、これはもしかしたら60と30の違いなのか、それともどちらも同じなのか不明です。あとは、2.7K30フレーム、1080P60フレーム等が選択できます。

R0057379

ビデオの設定が、スローモーション、音声録音などもオンオフできます。
以前に比べて細かな設定ができるようになりました。

R0057380

静止画用の設定(カメラアイコン)です。
画像解像度、セルフタイマー、連写

R0057381

デフォルトでは1,200万画素、最高で2,000万画素まで行けるようです。

R0057382

三本線のアイコン。一般設定用。
無線LANオンオフ、ボリューム、操作音を出すかどうか等。

R0057383

システム設定(レンチのアイコン)は、原語、ドライブモード(ドラレコにも使える)、自動電源オフ(使わない時にオートスリープ)

R0057384

階層2は、日時設定、日付の表記、日本だと年月日ですが、日月年なども選べます。タイムスタンプ表記をオンオフ。

R0057386

周波数、これは東日本が50Hz、富士川を挟んで西日本が60Hzなので、選択します。但し、私は静岡なのでオートに(^^;)
どういうことかというと、蛍光灯がフリッカー現象(チカチカ画面が点滅したり、ドライブレコーダーとして設定するときは、信号が真っ黒(どれも点滅していないで撮れる場合があります)
天井吊りなどで使う場合の画面回転。スクリーンセーバーというのは、バッテリー使用の場合のバッテリーを温存するために画面をオフにするもの。

R0057387

以前はオフ一分三分でしたが、今回は30秒も設定ができます。
オフにするとモニターが点等しっぱなしになるので、入れておいた方が良いと思います。
ただし、ドライブレコーダー代わりに使う場合は、電源を繋げて使う事もありますので、オフでも構いません。

R0057388

階層4は、microSDのフォーマット、各種設定のリセット、バージョン確認となります。

R0057389

新しく使う場合は、フォーマットしてから使った方が良いと思います。

R0057390

こちらがバージョン確認画面。

比較編に続きます。


Full HD4Kに対応したアクションカメラPro2 その1 開封・本体編(MUSON)

以前4K対応のアクションカメラが出ましたが、上手く4K設定が出来なかったように思います。
今度は、かなり進化したものを出してきたので、試して見ました。

R0057349

元祖の頃から使っていますが、少し前まで、いろんなパーツが大量に入っていました。
今回は、スマートウォッチくらいの小さい箱で来ました。その分価格はかなり安くなっています。

たぶん、パーツキットが色々なメーカーから低価格で出ているからだと思います。

R0057350

横。
主な特徴、ウルトラHD(中身は分解していませんが、SONY製センサーを搭載したらしいです。これも好評価)
無線LAN対応(これは前の4Kからもあります)
広角170°レンズ(こちらも前からですね)
大容量バッテリー(今まで900mAhだったのが、1,050mAhに容量アップしました)
てなところが主な所。

R0057352

無線LANが付いているので、iPhoneなどのスマートフォンと連携できるアプリで操作ができます。

R0057354

スリーブを外すと、ますますスマートウォッチみたいな箱だ。

R0057355

開けたとこ。防水パッケージに入っています。

R0057357

こちらが、内容物一式。

左から、カメラPro2本体。ヘルメットなどへの貼付できるユニット(上下2つ)、充電ケーブル、アタッチメント、右端自転車やバイクなどのハンドルに固定するユニット。
下段、取説、一つ飛ばして、音声も録音できるフレーム用ケース(非防水)、クリップパック。
とまあ、以前は説明するのが大変なくらいの色々なアタッチメントがありましたが、最近はあっさり系ですね。
最低限のものしかありません。

まあ、こういうキットを買えば問題ないということですね。

R0057358

まず防水ハウジングから見ていきます。
レンズ保護用のシールが貼ってあります。(使用時には剥がさないとピンボケ動画が撮影されます)
前のボタン長押しで電源オン。

R0057359

背面。
こちらは防水ハウジングなので、音は拾ってもこもった感じで取れると思います。
傷防止用のフィルムが貼ってあるので使用時には剥がしましょう。

R0057360

ハウジングでも操作しやすいボタンになります。

R0057361

こちらが、本体。
レンズに保護フィルム貼ったままですが。
本体のデザインは従来のパッケージングを踏襲しています。
電源ボタン、長押しでオン。また長押しで動画、静止画、連射、タイマー、メニューなどのファンクションボタンも兼用しています。
たぶん、Go-Proもほぼ一緒の機能が付いていると思います。

R0057362

左側、microUSBコネクタは充電用。下のコネクタは映像出力(持ってないけど、別売りであると思います)
それとmicroSDスロット。

R0057364

右側、メニューから上下選択ボタン。

R0057363

上から、録画、レリーズ、あるいはメニュー決定ボタン。

R0057365

バッテリー表面。

R0057366

裏面。1,050mAhです。

その2 起動設定編に続きます。

孤独のグルメ 猪之頭五郎 松重豊バージョン(figma)

ずいぶん前に申し込んで、キャンセル期間を忘れちゃって届いたのが・・・

R0057261

孤独のグルメ 猪之頭五郎役の松重豊バージョンです。

R0057264

それにしても、すごく似てる(^Д^)

R0057270

箱から出したとこ。
以前は、アニメキャラやロボット、怪獣などが中心でしたが、少し前から、仏像や美術品など、かなりリアルに作られるようになってきて、すごいです。

R0057271

手のパーツは、標準に加え、オプションで4(左右2つ)に・・・

R0057273

メンチカツを食べ歩きするシーン用のものが1つ。

R0057272

こちらが、紙袋(^^;)すげ~細かい。

R0057275

箱から出したとこ。

R0057276

この造形と塗装具合が凄い。

R0057277

figmaなので、ポーズも色々変えられます。

R0057278

小道具のコードバン風の鞄。

R0057279

コバ処理の感じがすごい(^^;)

R0057281

上から。

R0057282

鞄を持たせたとこ。

R0057283

横から。

R0057284

立たせたところ。

まんま、松重さん、いや、猪之頭五郎(^^;)

  

残念ながら上がっちゃってますね。店頭ではまだ安いかも。
知りませんでしたが、別バージョンもあったんだ。めっちゃお高いですが。

 

こちらはマンガ版。どちらもお高いですね。(;。;)

iPhone8 ProductRED その2フィルム・ケース・設定編

基本的に、ケースやフィルムなどにはこだわりがあまりないので。
たまたまタイムセールで安かった奴を保護。どちらも(^_^)

R0056924

フィルムやケースは消耗品と思っているので。
500円しなかった。

R0056942

怪しい、いかにも怪しい(^_^)
高いから割れないと言う訳では無いので。

R0056943

ま、いっか。

こちらもタイムセール(^^;)

R0056922

気にせずにいたけど、アンバーでした。

R0056936

機動編です。

R0056944

既にフィルムとケースを貼ったとこ。

R0056945

んちゃ。

R0056946

一番上に日本語。

R0056947

日本語選んだやん(^^;)

R0056948

日本を選択。

R0056949

面倒くさいのでバックアップからそのまま復元させた。
画面はMACのね。

R0056950

復元の実行中、

R0056951

バックアップからの復元ちう。

R0056961

こちらもバーが進んでいきます。

R0056965

その後、アップデートが始まりましたが、何故か何度やっても予期しない理由で終了(^^;)

R0056975

データの回復を試みています(^^;)
ぉぃぉぃ、買ったばかりで文鎮か?

と思ったら、マシン側でアップデートしたらあっさりできました。

昔みたいに珍しいものでしたら引っ張りますが、iPhoneやAndroidは普通に普及しているので簡単に(^_^)

あれ?なぜかiPhone8ががが、しかも赤

スペインには、iPhone6sを持っていきましたが。そろそろバッテリー的にどうかなということで。
新しいのが出てからでもという意見もありますが、新しいのが出てもすぐに赤は出ないだろうというのもあって。

R0056918

iPhone8です。赤バージョン。
あ、Xでも良かったのですが、お高い。金額にしても1.5倍くらい違うし。そこまで要らないかなとゆうことで。

R0056919

持っている人があまりいないだろうと言うことで、箱の横です。
あ、そう言えば、アップルからなのでSIMフリーです。

R0056920

短い方。
リンゴが赤リンゴです。

R0056928

開けたとこ。(^^;)

R0056929

注意書き等と、、赤いマシンの説明。

R0056930

ご対面。
いつやっても開ける時にわくわくするのは、アップルが一番上手いですね。

R0056931

中は、イヤフォン(有線)とACアダプター。

R0056933

イヤフォンの下にUSBケーブルがあります。

R0056934

7からイヤフォンコネクタがなくなったので、マルチコネクタとして併用できるLightningケーブルが付いています。

R0056937

まだフィルム付いていますが、この色が一番見た目の色に近いです。

R0056939

フィルム剥がしたとこ。
どうも露出補正しても引っ張られちゃうので(^^;)

フィルム・ケース等次に続きます。


Qi認証済Powermix 6000mAhモバイルバッテリー(cheero)

うちの子が限定だから早めに買った方が良いということで、保護したのが。

R0057315

モバイルバッテリーでは定評のあるcheero(チーロ)の非接触型充電Qi対応のモバイルバッテリー。
Ankerと双璧ですな。

R0057317

特徴は、ワイヤレスQiとUSB同時充電が可能。しかも、Auto-IC機能搭載急速充電(マシンにあった電力提供を自動で分配する機能、例えば、1.0Aと2.1Aなどを判断して的確に充電するもの。

因みに、Qi対応のモバイルバッテリーは多様なメーカーから出ています、しかも10,000~24,000mAhと大容量のも多いですが、いずれのものも大きくて重いのが難点。
値段は安いけど、安全性とか安心度もあります。

R0057320

裏面の説明部分

R0057339

仕様部分

R0057322

薄さというか厚さというかは、15mm、モバイルバッテリーって大きいセルで重いというイメージがありますから。

R0057324

内容物一式。
左から日本語取説、滑り止めシール、充電ケーブル、本体となります。

R0057325

マシンによっては、Qiに置いても滑ったりずれちゃう可能性もあるので、ってときに貼る奴ですね。

R0057326

充電ケーブルがUSB-C。
最近、AndroidがUSB-C主流になりつつあるため、と言う観点から増えていることは望ましいです。

R0057328

こちらが本体。丸の部分Qiというのがコイルがある場所でしょう。
一つ気になったのが、このマット調塗装。
これ、経年変化で、加水分解してべたべたになるやつなので、大丈夫なのかなと。
まあ、そんなこと言っても、面白い充電器がでるとほいほい買うので、使い倒すまで使わないうちに新しいものが(゚゚ )☆\ぽか

R0057329

USB-Cは入力(充電専用)、普通のUSBコネクタ部分が2.1AまでのAuto-IC搭載。

R0057331

仕様では180gとありましたが実測は177g軽い方が助かります。

R0057332

いつもは満充電に近い形で送られてきますが、今回は半分。なので、充電しています。

限定500コが2580円なので、もしかしたらもう値上がりしているかもです。


コンパクトで持ち運びしやすいバスパワー拡張USBコネクタ(Favoridol)

ブログタイトルにあるように、私的電脳小物遊戯ということで、電脳小物が好きです(^Д^)
小型化、軽量化しているノートパソコンは、例えばMBA(MacBook Air)11インチ、DELL XPS13インチなどは本体左右に2つUSBコネクタがあるだけです。
また、超小型のGPDに至っては、USBコネクタが1つしかありません。
そうなってくると、外付けUSBとかHDDにプリンター(これはめったにありませんが)など、また、ロジクールのトラックボールを同に使う事ができません。
まあ、GPDではスティックもそれほど使いにくい物ではないので、普通に使いますが。

と言う訳で・・・

R0057252

USB3.0高速転送タイプの小型ハブを導入してみました。
英語のみの説明書と、簡易ブリスターパックですが、この小ささだと持ち運びにも便利なので、大げさなパッケージングは不要です。
(撮影用に反射しないようブリスターパックからは出しています)

R0057253

裏が取説(仕様では、Windows XP Vista 7 8とありますが、表紙には、Windows2000にMac OS(10.X)、Linuxもeiあります。
また、Windows10でもやってみましたが、問題なく動きます。
カタログ上は15gと軽いので、一緒に持ち運びしても負担になるような重さではありません。

R0057256

こちらが本体。

R0057257

4コ口共に、USB3.0です。

ちなみに・・・

R0057258

パソコン側へのコネクタも、ちゃんと3.0になっていると思います。(たぶん)

というのも・・・・

GPDに付いてきたオマケのUSBは・・・・

R0057259

見た目は、USB3.0なのですが・・・

R0057260

コネクタが、USB2.0になっています(^^;)
と言う訳で、画像データ等、外付けHDDとのやりとりなど転送速度を重視する場合には、必要だと思います。

R0057292

よく使うマシンが、GPDという小さいもの。

R0057293

こちらは、コンパクト化してある分、USB3.0ですが1コ口しかありません。
と言う訳で・・・

R0057294

接続すると、ブルーLEDが点灯します。

R0057296

横だと見にくいですが、(^^;)

R0057297

USB3.0なので、外付けHDDとのやりとりも安心です。

R0057299

つなげているとこ。

4KホームプロジェクターHT2550を試す その3 4K写真閲覧編(BenQ) #BenQアンバサダー #BenQ使ってみた #BenQ #HT2550

4Kというか、高解像度で撮影した写真をプレビューしてみます。

手持ちのノートパソコンのHDMI出力に繋げて、外部モニター出力にしたら・・・・

R0016723

アイコンちっちゃ(^^;)
近くでも見えないこりゃ8Kか?ってゆう位アイコン小さすぎ。

R0016724

右端の表示方法選択(ミラー画面、出力のみ、サブ画面)も見えません(^^;)

R0016725

これが離れて全体を見たようす。これでは、そもそもマウス(タッチパッド)を動かして、目標のアイコンを選択するのが大変(^_^)

R0016726

スタートメニューを出してもこの小ささ(^Д^)

とゆうことで、4Kモニター状態になっていることから、4Kで撮影した写真を表示してみます。

R0016727

ノイシュヴァンシュタイン城

R0016728

ホーエンシュバンガウ城

R0016729

ローテンブルクの街並み
いずれも高精細で、プロジェクターがここまで進化しているのかというのを感じさせてくれる体験でした。

4KホームプロジェクターHT2550を試す その3映像見本編(BenQ) #BenQアンバサダー #BenQ使ってみた #BenQ #HT2550

映像見本編です。

動画がないので、4Kの壁紙で(^^;)

20180624_205144

びっくりするくらい高詳細です。
これが4Kの絵か!と言うくらい鳥肌。
しかもモニターではなくてプロジェクターですよ。

20180624_205150

こちらも。

R0016657

遠くから。

R0016661

投影状態。

R0016665

ちゃんと4Kで出ているかも確認できます。

R0016666

デフォルト(標準設定)では、自動になっていますが、HDRと指定することも可能です。

R0016673

自動でも左上に現状の画面状態を確認することができます。
見にくいですが、4K出力になっています。

ここからは、著作権保護の関係でぼかしが入っていますが、例の4K対応Fire TV 4K版で、2Kのプライム・ビデオを見た所。
動きが激しい映画(テレビドラマ)なので、元々ぶれて映っていますが、絵は2Kプロジェクターで見るよりも数倍美しく映すことができます。

R0016686_2

プライム・ビデオのバンド・オブ・ブラザース(テレビシリーズ)の1シーン、そもそもプライム・ビデオでもHD画質なので、DVDよりも数倍綺麗です。(イメージ的にはBlu-rayです)

R0016688_2

ノルマンディー上陸作戦以降のパラシュート降下部隊の活躍の話なのと、スピルバーグ・トム・ハンクスが監修したので、プライベート・ライアン風のドキュメンタリー調で作られています。
なので、カメラワークも手持ちカメラで一緒に走っている風になっていて、かなり動きの激しい絵です。

R0016688_2_2

字幕が綺麗なのはHDならではです。

R0016691_2

ぼかしを入れなくても、激しい動きで、ぼけちゃいます(^_^)

R0016694

ぼかしを入れなくても、ぶれてます(^_^)

まあ、個人的に手持ちのBlu-rayの美味しいシーンを適宜チョイスして再生しても、素晴らしい映りであると言うことは、言えます。

個人的に、気になったのは投影面積がかなり距離を下げないと大きくならないと言う点。
そもそも、画質容量が普通の2Kテレビの4倍の大きさなので、私がよく使っているBenQ GS1の天井映画館に投影すると、1/4サイズしか出ません。でも画面が綺麗なので、それで見ると、マジすか!てなるくらい綺麗です。

20180624_194855

SONYのHDプレーヤーを投影したようす。

20180624_194721

自動で表示すると1080Pと表示されます。

うーん、早く4Kサイズを投影できるマシンと、再生プレーヤーが欲しいなぁ。
あ、うちの子が使っているものが4K再生は可能ですが。録画予約が多くて下手に接続できないという。


妖星ゴラス ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL52

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOXですが、51話で終わったはずなのですが、継続されることになりました。
私は通算でも10枚も買っていませんが・・・これからのラインナップは超絶まずい展開です(^^;)

R0057235

日本映画専門チャンネルで、HDデジタルリマスターを録画してあるので、映像目当てではありません(^^;
そもそも、歴史的価値という意味で、メインのものが欲しいと言うことでつい買ってしまいました(^_^)

R0057236

こちらが裏面。

R0057237

開けたとこ。
次号は、ドゴラか、ぐらぐら(^^;)

R0057238

こちらが復刻版パンフレット。

R0057239

時代を感じさせる、いすゞのトラック。エルフは現在も続いていますが、ボンネットタイプのエルフィンって名前知らなかった。車は見たことあるけど。

R0057240

こちらは、メインのものですが、左のてかっている2枚は、なんとクリアファイル。普通に買っても良心価格で350円、普通だと500円位で売られているので、これだけでも結構良い(^_^)

それ以外は半裁ポスター、東宝ニュース等冊子類。あとドゴラのスピードポスターなど良いわ~。

R0057241

とりあえず、このシリーズの全容を見るだけでも凄い(^^;)

R0057242

ちょい拡大。
なんと、〇妖星ゴラス、〇宇宙大怪獣ドゴラ、マタンゴ、〇ガス人間第1号、〇宇宙大戦争、〇美女と液体人間、〇緯度0大作戦、〇電送人間、日本誕生、透明人間。
とまぁ、やばいマジでやばい。
因みにこの〇印は、日本映画専門チャンネルでHDデジタルリマスターで今後放送されるラインナップなので、映像以外興味が無い方はそちらをお楽しみに。
歴史的な価値という意味で資料を保存したい方はぜひご購入下さい。

発売されて少し経っているので、書店で売り切れているか、定期購読者以外受注購入しなくなっている可能性もあるので、無い場合は注文下さい。
これ以降はまだ密林には出ていませんが。

« 2018年6月 | トップページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ