« スペイン顛末記 その7 ひまわり畑編 | トップページ | スペイン顛末記 その9 グラナダ宿泊・スーパー編 »

スペイン顛末記 その8 ミハス編

ミハスの町は、スペインの南端にあり、海を挟んで向かいがアフリカという場所にあたります。

到着直後に遅めのお昼。

P5280565

ステーキハウスと言いながら・・・・

20180528_142815

冷たい野菜スープ。

Dsc_3146

カジキのグリル。

P5280564

アイスクリーム
となります。

P5280562

店はこんな感じのオープンテラス。

Dsc_3135

MIJASと書いて、ミハスと読みます。
別にミハス美智也とは関係ありません(゚゚ )☆\ぽか

Dsc_3139

町の入り口にある広場。

Dsc04668

ミハスは移動手段が、なぜかロバタクシー(歴史的にあるらしいけど、忘れた(゚゚ )☆\ぽか)
でも、なんか大人が乗ると可哀想

Dsc04676

ロバの銅像(記念撮影も可)もあります。

Dsc_3209

ロバは可哀想だと言う人には、馬車もあります。

Dsc04679

帰りにみんな買っていったローストアーモンドのおっちゃんのお店。
何故か3つ買うと、1つ無料(^_^)作戦だな。

Dsc04686

白い壁とオレンジの屋根が特徴のミハスの町。

Dsc04701

お土産屋さん。

Dsc04714

おしゃれな消火栓。

Dsc04716

ロバタクシー。
乗ってる人は観光客。

Dsc04720

イタリアもそうでしたが、銀行のキャッシュサービス

Dsc04721

道路に面して剥き出しだけど、豪雨とか大丈夫なのかな?

Dsc04730

なだらかな坂。撮影ポイントらしい。

Dsc04739

上を見た方。

Dsc04740

こちらが郵便局。

Dsc04749

カフェ

Dsc_3170

個人宅だけど、綺麗にしている。

20180528_154059

町全体が美しいです。

Dsc_3174

丘の上の公園と教会。

Dsc_3177

海。
こちらは、ジブラルタル海峡(右手)
対岸はアフリカ。(残念ながらもやっていて、見えません)

Dsc_3187

各町にあると言われている闘牛場。
ミハスの町は円形。他のは方形と、色々あるらしい。

Dsc_3200

椅子に座っているおじいちゃんが、ピカソ。

Dsc_3207

大坂の地震があったあとだと、このようなレンガ積みの家って大丈夫かなとか気になる(^^;)

Dsc04816

小さな町なので、意外と町の構造がわかりやすい。

20180528_155646

商店街の中心部。
道路と道路の間に小広場がある。

20180528_155654

小物とか売っている店。

20180528_155700

噴水。

P5280618

ダリもおる。

P5280620

ミハスの美術館。

その9 グラナダ宿泊・スーパー編に続きます。

« スペイン顛末記 その7 ひまわり畑編 | トップページ | スペイン顛末記 その9 グラナダ宿泊・スーパー編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66893434

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン顛末記 その8 ミハス編:

« スペイン顛末記 その7 ひまわり畑編 | トップページ | スペイン顛末記 その9 グラナダ宿泊・スーパー編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ