« 懐かしのGショックEXILIM EX-G1その1本体編(CASIO) | トップページ | キングコング対ゴジラ画質比較 その1 »

GショックEXILIM EX-G1その2本体2編(CASIO)

昨日の続きです。

R0056453

上から、レンズ側が細くて、グリップ側が膨らんでいる独自の形状でした。

R0056454

左から、ベストショットボタン。これ昔のは設定メニューから選んでいましたが専用ボタンになったようです。てゆうか、この時期に出ていたものって何故かBSボタンという物がついてますね。
たぶん売りにしたかったんでしょうね。

R0056455

Gショックというか、ヘビーデューティっぽいのがこちら。
時計の竜頭(りゅうず)っぽいダイアルがあります。
これを回すと。

R0056456

メモリーとデータ転送用のケーブルユニットが開きます。
当時の(あ、今もか)デジカメにしては珍しい、microSDカード仕様。
たぶん小型化で普通のSDカードを入れるのが面倒だったんでしょうね。

R0056457

バッテリーはボトム部にあります。

R0056458

開けても、バッテリーが落ちないようにストッパーが付いています。「

R0056459

薄いです。
因みに昔から持ってる同じカードサイズカメラのEX-FS10の方がバッテリーが20mAh(720mAh)多いです。

R0056460

プロテクションユニット

R0056461

横から。
これは、万が一落下させたときにカメラ本体に直接衝撃を与えないような役目をするユニットです。

R0056462

プロテクションユニットを外したところ。
ちょっと弱っちぃ(^_^)

R0056464

別途ネジがついていて、プロテクションユニットを外したあとの穴に蓋をするネジがあります。
因みにこの部分もゴム状になっています。

R0056467

別のユニットをはめた感じ。
ちょっと大きくなりますが、エッジ部分も守られる感じになります。

R0056466

斜めから

R0056465

正面から

R0056470

デフォルト(たぶん前の使用者が)で付けてあった電話風ユニットと。
見た目は前に付いていた方がカッコイイですが、幅広の方が安心かも知れません。

R0056473

2009年版でした(^^;)

比較編に続きます。


« 懐かしのGショックEXILIM EX-G1その1本体編(CASIO) | トップページ | キングコング対ゴジラ画質比較 その1 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66627002

この記事へのトラックバック一覧です: GショックEXILIM EX-G1その2本体2編(CASIO):

« 懐かしのGショックEXILIM EX-G1その1本体編(CASIO) | トップページ | キングコング対ゴジラ画質比較 その1 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ