« 4K再生可能 スカパー!受信用の録画機 BDZ-ZW1500(SONY) | トップページ | F-15 EAGLE 1/100 (万年・MANNEN) »

HDリマスター版空の大怪獣ラドン 私的比較その1

先に書きましたが、日本映画専門チャンネルで月2本、東宝特撮映画のリマスター版を放映することになったのが、スカパー!加入のきっかけになりました。
というのも、東宝特撮映画のリマスター版は、Blu-rayでもごく一部販売されていますが、評判があまり良くありません。
またBlu-ray化してほしい映画が未だにされていないと言うことを考えると、今回のラインナップを見る限り欲しいものばかりと言う(^_^)
同様のイベントは数年前にもあったようですが、その時はたいがいのものがBlu-rayになっていたのでま、いっかみたいな。
一つ、発見されたキングコング対ゴジラの4Kリマスター(2Kダウンコンバート)放映のみ、ネット仲間の方にお願いをして録画してもらったくらいです。

と言う訳で、手持ちのBlu-rayとどれだけ違うのか比較してみました。

 

因みに、こちらが初期の頃(2009)に東宝がデジタルリマスター販売したものです。
てゆうか、今見てみたら、結構値上がりしているものも増えてますね。
店によって値段が違いますが、東宝のBlu-rayってあまり値下がりしないどころか高くなる傾向にあるように思います。
紹介した二つの作品は、丁寧にリマスターしすぎる面があり、賛否両論あったものです。
一つは、特撮の時に使われた、吊り用のピアノ線を傷処理に合わせて、一緒に消してしまった。
彩度や明度を極端に上げて見やすくした。
など、この二つの作品はびっくりするくらい綺麗になっています。
DVDでは見られなかったものもはっきり見えちゃってるとか(^^;)

と結うわけで、画像比較をしてみたいと思います。

本当はパソコンなどで直接キャプチャすれば良いのですが、面倒くさいのもあるので。
条件としては、プロジェクターを天井に向けて、100インチ相当の大画面にして、それをiPhoneで撮影しているという単純な主砲です。
このため、写真が斜めになっている場合があったりすることをご了承下さい。
また、撮影したデータは大きいので、リサイズ、ブログ用に圧縮してあるので、かなり劣化しているものと思って下さい。普通は1データ3MB位あり、サイズとしては4000×3000位ですが、1280×845、80kbに落としてあります。
更に今回は並べているので、余計リサイズ、圧縮されているので原盤に比べると、コメントをみて、本当にそうなの?と思うものもあるかも知れません。ご了承下さい。

最初に書いておきますが、左が「日本映画専門チャンネル」右が「Blu-ray」です。

Bd001

Blu-rayの方が派手め(明るめ)に出ています。
この辺はほぼ一貫して同じだと思います。

右下の映倫マークは、どちらも見やすくなっています。
前段の事件は置いといて。
後半のラドンが出てくる辺りから。

Bd002

日本映画専門チャンネルの自衛隊(防衛隊)基地のレーダーサイトの壁ですが、黒潰れっぽくなっていますが、Blu-rayの砲ははっきりドアが見えています。
また、移動車輌も明るく見えます。
空全体も曇天ですが、明るくなっています。
これが一貫して明るめになっていると言われるゆえんです。

Bd003

基地のようす。
どちらの絵も四隅が光量落ちしています。この辺は当時の技術的というかフィルム特性であると思います。
色味や雰囲気に大きな差はありません。

Bd004

未確認飛行物体(国籍不明機)が、急カーブしうて追尾する当時の自衛隊の最新鋭機F86Fセイバーに向かってくる瞬間のパイロットのようす。
Blu-rayの方が明るめです。

Bd005

ラドンがいるらしいき場所を阿蘇方面に探索に行っているメンバー。
ポーズは違いますが(^^;)(タイムラグがあるため)
Blu-rayの方が明るめに。日本映画専門チャンネルの方がメリハリが効いた絵になっています。

Bd007

ラドンが出現するシーンと、探索隊のメンバーの合成。
こちらではそれほどの差はありません。

Bd009

ラドン発見を知らせに行くジープ(無線で言えよという突っ込みはなしで)
Blu-rayの方が派手めになっています。日本映画専門チャンネルの方が自然の感じがします。

Bd010

ラドンが飛翔するシーン、因みに走るジープの下の土煙は、空気を出して撮っていると聞いたことがあります。
明るめなのはBlu-ray。

Bd011

所々で実機の空撮シーンが出てきますが、こちらは、F86Fセイバーではなくて、F86Dセイバードッグと言われているもの。おまけに、米軍マークが(^_^)
所々で、日本機と米軍機が混在しています。
当時はここまでリマスタリング、デジタル化されるとは思っていなかったので、米軍機が混ざっていても瞬間的なものなので、気にせずに使っていたんでしょうね。

Bd012

こちらはミニチュア。
偶然同じタイミングで撮れました(^_^)
特に差は見られません。

Bd013

1950年代の佐世保駅のようす。

Bd014

こっちになると長崎っぽいですが、街並み。
道路が広い!
スモッグがすごい。

Bd016

ラドンを見上げる観光客?
文字やバスのリベットは、日本映画専門チャンネルの方がはっきりしているように見えます。

Bd017

教会とラドン。
でも、なんか絵っぽい。

Bd018

観光バス乗り場。

Bd019

店の中から。

Bd020

商店街。
解像度は、日本映画専門チャンネルの方がはっきりしていそう。

Bd021

長崎の西海橋、まだありますよ(゚゚ )☆\ぽか

長くなったので続きます。


« 4K再生可能 スカパー!受信用の録画機 BDZ-ZW1500(SONY) | トップページ | F-15 EAGLE 1/100 (万年・MANNEN) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66592303

この記事へのトラックバック一覧です: HDリマスター版空の大怪獣ラドン 私的比較その1:

« 4K再生可能 スカパー!受信用の録画機 BDZ-ZW1500(SONY) | トップページ | F-15 EAGLE 1/100 (万年・MANNEN) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ