« 予備用SONYの電子辞書EBR-120MSを保護 | トップページ | 懐かしのBENホビー »

SONYの電子辞書比較編

だから何って感じですが(^^;)
EBR-120MSとEBR-500MSを比較してみます。

Rimg0007

左の面取りしてあるのが、EBR-500MS、右が昨日紹介したEBR-120MS

大きさはほぼ同じ。当時のSONY曰く、はがきサイズ。

Rimg0009

上がEBR-500MS、音声表記に対応しています。イヤホンコネクタとボリューム
下がEBR-120MS

Rimg0010

上がEBR-500MS
下がEBR-120MS(比較して初めて知った、MSの蓋がない(^_^))
あと、ヒンジ部の処理が微妙に違います。

Rimg0011

正面から
上がEBR-500MS
下がEBR-120MS
下側のEBR-120MSは、ロックボタンが付いています。

Rimg0012

裏面
上がEBR-120MS
下がEBR-500MS
EBR-120MSはあっさりしています。

Rimg0013

開けたとこ。
左が、EBR-500MS、右がEBR-120MS
EBR-500MSの方がキーのロゴがイタリック風になっています。ボタン楕円だし。

Rimg0014

ちょっとぼけちゃった(^^;)
EBR-120MSのキー。決定と戻るボタンが右側にあります。

Rimg0015

こちらが、EBR-500MS
スピーカーがあり、多国語会話の勉強や単語の発音などにも対応しています。
それ以外に、MP3も聴けます。但しMP3を聞きながら操作することはできません(^^;)

Rimg0016

昔から使い慣れているせいか、こちらの位置にある戻る、決定とジョグダイヤルはこっちの方が使いやすいです。

Rimg0020

辞書のメモリースティック
上が、EBR-120MSに付いてきたもの。28種類の辞書などとなっています。
下の赤いのは、EBR-500MSに付いてきたもの。


« 予備用SONYの電子辞書EBR-120MSを保護 | トップページ | 懐かしのBENホビー »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66543799

この記事へのトラックバック一覧です: SONYの電子辞書比較編:

« 予備用SONYの電子辞書EBR-120MSを保護 | トップページ | 懐かしのBENホビー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ