« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

懐かしのBENホビー

知名度がないのか、たまたま、入札する人がいなかったので安く落とせたのが・・・

20180119_132519

未組み立てのベンホビージェット機シリーズ。
被っているものがありますが、6機(全8機)

これ、タミヤの1/100ジェットシリーズの金型を使って、作られたもの。
この辺当時シリーズの場合、各社がやめたり、事情があって金型を貸し出すなどして使い回しをしているものが多いらしくて。

R0055643

好きな、サーブドラケン、デカールは使えるかわかりませんが、デカールもオリジナル。

R0055683

下がタミヤの。

R0055682

タミヤのと比べると成型色が違う。
上がBENホビー、下がタミヤ。比べてみると同じ金型から作られているのがわかります。

R0055644

こちらは、米軍のイントルーダー、こちらもタミヤのものと同じ。
デカールは別。

R0055646

ソビエトのイリューシン、IL-28 ビーグル。

R0055647

こちらもソビエトのMIG-21フィッシュベッド

R0055648

フランスのLightning(ライトニング)
増槽やミサイルなどが黒いのはタミヤも同じ。

R0055642

因みに、ロッキードF104は、何故かタミヤのものが同梱されていました\(^O^)/

左がタミヤ、右がBENホビー、こちらもパーツ配置などから同じ金型で作られていると思います。


SONYの電子辞書比較編

だから何って感じですが(^^;)
EBR-120MSとEBR-500MSを比較してみます。

Rimg0007

左の面取りしてあるのが、EBR-500MS、右が昨日紹介したEBR-120MS

大きさはほぼ同じ。当時のSONY曰く、はがきサイズ。

Rimg0009

上がEBR-500MS、音声表記に対応しています。イヤホンコネクタとボリューム
下がEBR-120MS

Rimg0010

上がEBR-500MS
下がEBR-120MS(比較して初めて知った、MSの蓋がない(^_^))
あと、ヒンジ部の処理が微妙に違います。

Rimg0011

正面から
上がEBR-500MS
下がEBR-120MS
下側のEBR-120MSは、ロックボタンが付いています。

Rimg0012

裏面
上がEBR-120MS
下がEBR-500MS
EBR-120MSはあっさりしています。

Rimg0013

開けたとこ。
左が、EBR-500MS、右がEBR-120MS
EBR-500MSの方がキーのロゴがイタリック風になっています。ボタン楕円だし。

Rimg0014

ちょっとぼけちゃった(^^;)
EBR-120MSのキー。決定と戻るボタンが右側にあります。

Rimg0015

こちらが、EBR-500MS
スピーカーがあり、多国語会話の勉強や単語の発音などにも対応しています。
それ以外に、MP3も聴けます。但しMP3を聞きながら操作することはできません(^^;)

Rimg0016

昔から使い慣れているせいか、こちらの位置にある戻る、決定とジョグダイヤルはこっちの方が使いやすいです。

Rimg0020

辞書のメモリースティック
上が、EBR-120MSに付いてきたもの。28種類の辞書などとなっています。
下の赤いのは、EBR-500MSに付いてきたもの。


予備用SONYの電子辞書EBR-120MSを保護

既にEBR-500MSとカードサイズEBR-8MSを持っているのですが、500円と安かったので保護してしまいました。

Rimg0001

デザインは、前モデルのEBR-120MSと、EBR-500MSはそれほど違いはありません。

Rimg0002

裏面。

Rimg0004

開けたとこ。

Rimg0005

BBEB-D010Sとは、辞書データが入ったメモリースティックROMです。

Rimg0006

ほとんど使った形跡がない綺麗なものですが(^^;)
左側のメモリースティックの蓋がありません。

ま、予備ましんだから良いけど。


懐かしのメモリースティック

最近、Reader(電子書籍ビュワー)、やSONYの電子辞書を使っている関係で、大昔保護した手持ちのメモリースティックが足りなくなってきたので(^^;)

R0055864

二つで300円。てゆうか、メモリースティックやDUOって、使う人がいない関係か。
安いです。

これで、Readerと電子辞書がまた使えるようになりました。

カヴェコとゆかいな仲間たち

昨日紹介したカヴェコとそのなかまたちを

R0056138

上からパケオ、カヴェコACスポーツ、カヴェコスポーツ(金ペンすげ替え版)になります。

R0056139

ペンはシュミュット(たぶん)ですが、左のパケオと、ACスポーツではペンの形状が微妙に違います。

R0056140

パケオの方がエラが張っています。

R0056141

ペン芯もデザインが違います。
カヴェコの良い所は、鉄ペン(ステンレス)でも軟らかいこと。
非常に弾力があり、書いていて気持ちよく書けます。
しかも価格が安い。


 


 


こちらがACスポーツ。欲しい方は、早めに。
輸入版は5万から9万円になっています(^^;

低価格でも書きやすいカヴェコ パケオ

最近、万年筆を紹介していませんが(^^;)
久々に落ちてしまいましたo(^▽^)o

ぷぅこっこ姐さんとお奉行さんが、静岡文具の旅に遊びに来たので、県東部から中部にかけて、色々な文具店を案内したのですが、最後に(^^;)

R0056129

この色使いに負けました~(^^;)
2,000円(税抜き)だし、20%オフセールだし。

R0056130

天冠は、ちゃんとカヴェコロゴがあります。

R0056131

キャップにもカヴェコロゴがあります。

R0056132

こちらのベースカラーが、なんと「まずい(不味い)」という日本名(^_^)
英名というかドイツ名というか、Bad Taste(^0^)
でも綺麗な色合いだから許す。

R0056133

しかも、ペンはこのカラー(不味い(^0^)黒赤)とインディアンサマー(芥子色)は黒。
ピンク軸の、コットンキャンディ(ピンク白)とオールドシャンブレー(青白)はシルバー

R0056134

キャップを開けると、ダミーが入っていて、その後ろに1つブルーのカートリッジが入っています。

R0056135

ちゃんとカヴェコのブルー

R0056136

でも、おじさんは、石丸さんに頼んだというかそのまんまの色(マゼンダ)を入れて貰った(^0^)
ピンクを入れます。
コンバーターは、ヨーロッパタイプなので、10本350円(今しらね)の中華コンバーターを使用。

R0056137

当たりです。
書きやすい。
Fだけど、日本のM位。

これ昨年秋発売のもの。
なので、置いてある店ばかりではないと思いますが。
こまめに探すか、ネットからご購入下さい。

 


 

キングコングの逆襲 その2

キングコングの逆襲の続きです。

R0056142

とりあえず手持ちの。
昔はVHSもLDもありましたが、そもそも再生マシンがなくなっちゃったので。
左から、デアゴ版、ゴジラ全映画版、日本未発売US公開版Blu-ray(日本語無し)

R0056143

こちらが裏面。

R0056144

ディスク面。
デアゴ以外は至ってシンプル。

なんでこんなに沢山持っているのかというと、まあ、円谷英二さんと本多猪四郎さんが好きというのもありますが、特に、フランケンシュタイン対地底怪獣、フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ、キングコングの逆襲は、円谷英二さん晩年の円熟期の作品で、しかもゴジラシリーズとは違って、スケールが1/25という大スケールの作品のため、ミニチュア建造物(東京タワー、増上寺他)や、船舶、ヘリ、飛行機、戦車などが大きめかつ精巧に作られている作品だからという理由もあります。

これ以降は、テレビに押され予算も削減され、作品的にも子ども向け怪獣映画となっていくし、円谷英二さんが亡くなったのも大きいですね。DNAは受け継がれていきましたが。
というわけで、このくらいまでが私の許容範囲の末期。

実際円谷さんは、この作品1967年の2年後、1969年日本海大海戦を撮影が遺作となっています。
それ以降、東宝も特殊技術課を廃止して行きますので、残念なのですが。
まあ円谷英二さんのDNAを受け継いできた方たちが今のゴジラ映画を色々な面で継続して作っているのが素晴らしいと思います。
でも、個人的には、CG全盛期の作品よりも手がかかる、ミニチュアによる作品が愛着があって好きです。

US版Blu-rayに興味がある方は、一年ほど前に書いた
US版キングコングの逆襲KINGKONG ESCAPES Blu-ray(日本未発売)
をご覧下さい。

DVDのぼんやりした画像とは違って、メリハリのあるきっちりした絵となっています。
音楽も他の一部の作品に比べてちゃんと伊福部昭さんの東宝版がそのままつかわれていますし。
一部、映像が違う部分がありますが、そこはUSの事情というか。
個人的には日本版の編集の方が好きです。

キングコングの逆襲 ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL45

めっちゃ久々に保護。1年ぶり?

R0056116

DVDはどうでも良いけど、復刻ポスターやパンフレットが目当て(^^;)

R0056118

こちらがパンフレット。

R0056120

併映は、ウルトラマン(編集合体版)

R0056121

こちらがおまけのDVD

R0056123

こちらが当時のポスター復刻版。
次回のスピードポスターと映画の紹介アニメゴジラ。

なんで全部買わないかというと、お金が無い(^^;
あと、デアゴのCompleteしているということ、それに加え、円谷英二の特撮系が好きなだけなので。
更に、最近のは海外版Blu-ray2作品組をほぼ持ってるので。
それ以外には日本版でもBlu-rayを持っているという理由もあります。

  

エナージェル限定カラー(ぺんてる)

某FBでお世話になっている「お奉行」さん(^_^)から、紹介されて保護。
たまたま、某文具店でバーゲンだったのでラッキー。

R0056124

色が綺麗とオススメのがターコイズブルー。
オレンジは押さえなきゃでしょうという訳で、こちらも保護。

R0056125

綺麗なデザインです。

R0056126

乾燥保護用の球(^_^)が付いています。

R0056127

色はこんな感じで、オレンジでも見やすいです。

R0056128

文字のみ。


EWINキーボード比較

一昨日紹介したEWINキーボードですが・・・

R0056099

以前紹介したBluetoothキーボードと。
同メーカーです。
上は、iPhone6s

R0056100

下は、ThinkPadキーボード

R0056101

キーの間隔は、先日紹介した方が広くて打ちやすいです。
タッチパッドの反応は、どちらも同じ。
上のは、親指で操作ができるのでどっちもどっちか。

ゲーム機のパッドみたいにして使うなら、手前が良いカモ。左右キー付いているし。

夏に向けてGreen Convenience 遮光サンシェード

いつもはフロントウインドウだけしかしてありませんが、そろそろへたってきたというか。
たまたまタイムセールで安かったので保護。

R0056094

いかにも中華風。

R0056095

たいへんCompactな袋に入っています。

R0056098

開けると戻すのが面倒なので(゚゚ )☆\ぽか

R0056096

丁寧に写真入りの説明書も入っています。
日本語がおかしいですが(^^;)

61tzcr4gw5l_sl1000_


ネットより
こんだけ入っています。
こんだけあれば四方八方窓にはめられるでしょう。

61qqh2aw7rl_sl1000_

数値はこんな感じ。

また春先になって暑くなってきたら、紹介しましょう(^^;)

タイムセールで750円位だったので(^^;)


タッチパッド搭載ミニワイヤレスキーボード(EWIN)

寝ながらプロジェクターでパソコンのモニター代わりに使おうとヾ(^ )コレコレ

R0056073

タイムセールで、1300円位だったので買ってみました。

R0056074

本体と同梱品。
USBケーブルは充電用。取説と丁寧に保証書があります。

R0056075

こちらが本体。ちょっと光っちゃってますが、
ジェスチャー機能も付いているタッチパッド。
上にちょこっと見えている出っ張りが、マウスで言うところの左クリックや右クリック。

両側でホールドして使うという感じなので、昔懐かしいHP200LXの親指打ちみたいな事も可能。
もちろん、このように机上に置いて入力も可能。

R0056076

大きさは、なんとThinkPadキーボードの1/4位。

R0056077

充電中は赤く光ります。

R0056078

ここね。

R0056079

Bluetoothキーボードではなくて、2.4GHzの無線タイプ。
なので、ドングルが付いています。これをUSBで挿せば、余計なセットアップなどをしなくても即入力ができます。
ちなみに、右の白いのがバッテリー。
もしかしたら、バッテリーがへたっても、電池替えれば復活するかもという感じです。
下段のスイッチがオンオフスライドスイッチ。

少し使っていますが、特に文字の取りこぼしもなく、動作もサクサク動くので良いカモ。

Bluetoothと悩みますが、安かったので(^^;)

元値は1980円もしたのね。

Bluetoothキーボードは、少々お高い。

以前紹介した、こちらを持っているので、すぐ上のBluetoothキーボードは要らなかったというのが答え。
こちらは、スティックタイプのAmazonStickTVと接続して使っています。

原付用L型空気入れ延長ユニット(バイク用エアーバルブ 90°エクステンション )

以前、HPゲージ(加圧量計)が付いた自転車用空気入れを紹介しましたが、バイクでも対応可能という事でしたが、ご覧のように原付だとケーブルというかジョイント部がはまりません。

20180303_130411_hdr

こんな感じで手も入れられないし(^^;)
因みに、ガソリンスタンドでも原付に空気を入れてくれる部品があるところが少ないです。
結局、バイク屋さんか、バイクを扱っている自転車屋さんでもないとやってくれません。

20180303_130515_hdr

とゆう訳で、バイク用エアーバルブ 90°エクステンション

20180303_130529_hdr

こんなL型の部品をはめるだけで、自転車用空気入れからも空気を入れることができます。

 

どちらも同じだと思います。

バイクに空気を入れるのは、チャリに空気を入れるよりも大変なので(^_^)
フットポンプの方が良いかもです。


こっちの方が有名なジョン・ヴォイトの「チャンプ」 (DVD)

昨日紹介したものよりも、こっちの方が有名ですね。

R0053718

安かったので(^^;)レンタル落ちの(^^;)

R0053719

落ちぶれた元ボクサーのチャンピオンが、子どものためにまた復活して勝負に挑む。
という、元祖ロッキーみたいなお話。

1931年に公開された作品のリメイク版(おじさん的には元の作品を知りません)
奥さん役が当時有名なフェイ・ダナウェイそれこそ大物女優、スティーブマックイーンを始め多くの大スターと共演している言わずもがなの名女優。
彼女と離婚して、男手一つで8歳の子育てをしているチャンプ。
フェイ・ダナウェイは、ファッションデザイナーとして成功して名声を得ている中、惨めなチャンプ。事件を起こしたりまあ荒れますよね。
子どもを母親の方に行かそうとするけど、父さんの方が良いと戻ってきてしまうし、父ちゃん、子どものために過去のチャンピオンだった時の名声を再びと、戦う訳ですよ。

まあ、ストーリーは単純で、ロッキーに通じるものがある、男の復帰のための映画みたいな感じですが、エンディングが涙無しでは見られない作品として好きな映画の一つです。


 

ジョン・ヴォイトの名演が光る コンラック先生(DVD)

特に大スターとしてのオーラというかインパクトがないので、認知度が少ないかも知れませんが、好きな俳優に地味だけど良い作品に色々出ているジョン・ヴォイトがいます。
黒澤明原作の暴走機関車、オデッサ・ファイル、チャンプ、真夜中のカーボーイなどに出ている俳優さんです。

R0053694

学生時代に、ジョン・ヴォイド祭り(^_^)で見た一つが、コンラック先生。
目当ては、何度目かの「オデッサ・ファイル」でしたが。

R0053695

アメリカの黒人が中心の小島に赴任となった先生の物語。
実話を元に作られているらしいですが、字も書けない子どもたちに、触れあっていくうちに心が通い合うという作品。
感銘を受けたのが、音楽の時間にある曲を流すのですが、それを説明するのが、子どもたちに伝わる所。

破天荒な先生の指導を受けながら、子どもたちは徐々に先生に心を開いていくのですが、今と違って昔は黒人差別の時代だったので、コンラック先生がやがて邪魔になるというか、ある事件をきっかけに島から去らなければならなくなるのですが、このエンディングがまた良いです。

画質の良いブルーレイで見たいのですが、残念ながら今のところDVDでしか出ていません。
また、レンタルもマイナーな作品なので扱っていないところが多くて(^^;


リチウムイオン電池で強力照射LEDライト

ぢつは最初にこれを買ったのですが(^^;

Rimg0032

厳重な箱に入っています。

Rimg0033

6箇所も留め具が

Rimg0035

開けたとこ。
先に紹介した二つのライトよりも一回り大きくてずしりと重いです。

Rimg0039

こちらが同梱品。
ライト本体+電池(内蔵)
ストラップ
リチウムイオン電池充電用アダプター
USBケーブル。

Rimg0038

先に紹介したライトに比べて、フレームが肉厚なので、車に入れておけば、万が一の水没などで窓ガラスを割ることができそうです。

Rimg0041

リチウムイオン電池(ピンク)と単3電池の比較。
大きさや太さで1.5倍ありそうです。

Rimg0042

こんな感じでセットします。

Rimg0043

LithiumIonCHARGERって書いてあります。

Rimg0045

microUSBコネクタです。ちと安っぽいので発火に注意ですが(^^;)

Rimg0046

充電中は赤く光ります。

Rimg0081

満充電になると、緑に光ります。

とにかくまぶしい(^^;)
でも一昨日紹介した単3電池1本のLEDライトも結構明るいので、まあこれぢゃなくても良いかな的な。

こちらをタイムセールで1600円で保護。

大きさや用量は違いますが、単独で買ってもこのくらいするので、充電池も込みで上記値段なら許容範囲かと思います。


紫外線UVライト

こちらもタイムセール祭りで

Rimg0025

箱潰れてますがまあ、中身はそんなにやわではないので。

Rimg0026

写真の上が昨日紹介したもの。
下が紫外線UVライト
たぶん箱(ケース)自体は類似のメーカーで作っているのかなみたいな。

Rimg0028

クリップ部を見ても似てますね~

Rimg0027

左がLED、右がUVライト

Rimg0029

左がLEDライト、右のつるつるしているボタンがUVライト

Rimg0031

ご覧のようにUVライトは光が出ません。

20180302_183409

試しに色々照射して見ました。
こちらは、洗剤(^^;)
こぼれているところが意外と光ります。

20180302_183443

台所マット。
白い部分が発光してます。

20180304_203840

トートバッグ
無漂白は本体ね。タグだけ妙に光ってます。

20180304_203914

コンセントの差し込み口のみ光ってます。

20180304_203921

シェーバーの洗浄液のキャップだけ発光。

20180304_203931

MAC系アダプター(MBAとMBP)は何故か発光(^^;)

本来は、ペットのにょーチェック用に買ったのですが、決まったところ(シート)でしかしないのと、漏れてもちゃんと拭き取っているので、その部分を照射しても反応しませんでした。
もしかしたらにゃんこだけかも(゚゚ )☆\ぽか

紹介したのはこちら。
これは単3電池1本で使える(それを条件に検索して発見)
一般的にLEDライト系は単4電池3本が多いのですが、それだとコスパが悪いので。

ルパン三世フィギュアコレクション(ダイドー)

昨晩、残業の帰りにコンビニに寄ったら発見(^^;)

R0056080

12日に発売されたばかりだったのでまだ大量にありました(^^;)
そこの店(某セブン)は、こういうドリンクのオマケの時は大量に仕入れてディスプレイまでする変わったセブンなので(^^;)

R0056082

全五種類。

R0056083

レギュラーメンバーです\(^O^)/
言わずもがなですが、
石川五ェ門、ルパン、峰不二子、銭形警部、次元大介

R0056084

こんな感じで使うっぽい。

R0056085

斬鉄剣がちと曲がっちゃってて格好悪いですが。
石川五ェ門だけは普通の所に置けます。

R0056086

不二子ちゃわ~ん

R0056088

銭形のとっつぁん
こんなポーズするわなって感じ。

R0056090

次元もカッコイイです。

R0056091

ルパンのブレザーが青。以前は、緑、赤などでしたが。

R0056092

チョイアップ。

R0056093

ルパンのブレザーの色が違うと思ったら、4月から新シリーズが始まるのね。
納得。
さて、こちら(アニメ不毛地帯)でも同じ時間帯でやるんでしょうか?

低価格だけど明るいワンコ散歩用LEDライト2コパック

タイムセール祭りで買いました(^^;

Rimg0021

めっちゃ怪しいんですが。

Rimg0022

2台入り

Rimg0023

袋から出したとこ。

単3電池1本で、めっさ明るいです。
ズーム機能もあって、全体照射から点照射まで可能。

あと、点滅(フラッシャー)、強、弱と変える事ができます。

Rimg0031_2

左が照射したもの。
結構まぶしいです。
ワンコ等お散歩の際には直接目に入らないようにしてあげてくださいね。


タイムセールでなくても明るいです(^^;
1コあたり500円しない。


Think Aero Speed Bag エコバッグ(Thinking Power)

Think Aeroシリーズの別バージョンです。
保護フィルムで有名なビサビ(ミヤビックス)さんの商品。

R0055937

こちらは白しかないバージョン。
小袋に入っています。

R0055938

引き抜いたとこ。

R0055939

広げたとこ。
うん、結構大きい。

R0055940

マチも意外とあります。
以前の商品と違って、こちらはタイベックそのものなので、インナーの布はありません。

R0055942

24g

R0055941

小袋込みでも25gなので、カバンの中にいれておけば、荷物が増えても大丈夫。
仕事帰りにスーパーによって特売品(^_^)を買っても、レジで袋を5円はらわなくても安心。


残念ながら、Amazonさんでは扱っていないようです。
ビサビ直か楽天。もしくは稀に、ヤフオク辺りに出てくるかも知れないので、あまり知られていないのかも知れませんが、良い商品です。
メーカーさんでも送料無料なので本体のみの料金で買えます。

R0055936

ビジネスバッグと、普段使いバッグの中に入れてあります。

サウンド・オブ・ミュージック Blu-ray

言わずもがなのミュージカルの名作

R0055360

こちらが面面。

R0055361

こちらが裏面。

20180303_221039

オープニングは、美しいアルプスの山々からはじまります。

20180303_221149

解像度が高いので奥まで綺麗に見えます。

20180303_221252

超有名なシーン。

20180303_221346

画質はかなり良いです。

20180303_221521

ロゴは昔っぽいですが。
そもそも1965年すから。

20180303_221735

設定は、1930年代後半、これからナチスが台頭して第二次大戦に突入しようとする頃のお話。

20180303_222953

本能のままに生きている修道女マリア(ジュリーアンドリュース)だが、修道院ではこの子は向いていないと判断し、リクエストがあったオーストリア軍退役大佐?大尉?の家の家庭教師に向かいます。

20180303_223048

オーストリアの街並みですが、ドイツもスイスも今も似たようなものです。
なので、渋い感じが良いです。

20180303_223641

礼儀や起立を軍隊式に厳しく子育てしている大佐?大尉?の元に勤め始めるのですが。

20180303_223804

こんな具合。
子どもたちはいたずらが大好きというか、父子家庭なので母親の愛情に飢えているというか。
イタズラばかりして家庭教師を数時間で何十人も追い出してしまっていて。

20180303_225952

嵐が怖くてマリアの元に来る子どもたち。
この時の歌が、JR東海の「そうだ京都に行こう」の曲(^_^)

20180303_230528

親父がいないうちに、持ち前の明るさで子どもたちを教育するマリア。

20180303_230627

また行きたい広大なアルプス。

20180303_230742

こちらが有名なドレミの歌。
但し、ご存じのように日本の歌詞とは全く違います。

20180303_230809

英語で聞くとよくわかります。

あとは、徐々にドイツの台頭が厳しくなって・・・・
ということで、この先は見てのお楽しみ(^_^)

  

なんやら一杯あって(^^;どれがどれやら。

王様と私製作60周年記念版Blu-ray

小さい頃に見て以来のものです。

R0055324

こちらが表面。

R0055325

こちらが裏面。

因みに、最近の若い人は、日本映画の「シャル・ウィ・ダンス」が本物だと思っている人も居るかも知れませんが、こちらが元祖です。

20180303_193410

この作品がシネマスコープ55として初期の頃に作られた作品だそうです。
当時、テレビが出始めた頃で、テレビに押されて映画館から人が減ってしまったことに危機感を抱き。
ダリル・F・ザナックらが関係して考案した、ワイド画面。
テレビなんかよりも大迫力の映画が見られるという触れ込み。

20180303_193417

Blu-rayだけあって、画質が良いです。

20180303_193426

ユル・ブリンナーの当たり役。
相手は、美しい女優さんのデボラ・カー

20180303_193600

1800年代のタイ(当時の呼称はシャム)のバンコクを舞台にした話。

20180303_193657

全体的にクリアに見えてます。

20180303_194356

ロケというか、屋外セットは、英語教師として赴任するデボラ・カー(母子)が港から王室に移動するまで。
あとはほとんどセット。

20180303_194435

その代わり、セットは豪華です。

20180303_194706

国王は早く国際社会に馴染むために英語の勉強を子どもたちに教えると言うことで、教師をイギリスから受け入れたという設定。

デボラ・カーがまたしっかりした役なので、馴染んできた頃に補佐官的なアドバイスもするという(^^;)

20180303_201043

一夫多妻で(^^;)
100人くらい子どもが居るという設定。

20180303_211440

名曲、シャル・ウィ・ダンスは映画の後半に。

20180303_211624

因みに、ユル・ブリンナーは晩年まで舞台の王様と私のミュージカルを世界中で公演していたというから、文字通りライフワークとなったんでしょうね。

若い人達にも見て貰いたい素晴らしい作品です。

 

DVDの方が高いという逆転現象(^^;)
Blu-rayの方が断然画質が良いのでオススメです。安いし。

THINK AERO シリーズ比較(Thinking Power)

現行品が3つ揃ったので(^^;)
比較してみました。

R0056026

横から。
左から、ブリーフケース、トラベルタウン、ボストンになります。
微妙に厚さや大きさが違うのがわかると思います。

R0056027

上から。

R0056031

並べてみました。
微妙に大きさが違います。

R0056029

たぶん普段使いをするであろう、ブリーフケース左とトラベルタウン右。
大きさは似ていますが、作りと安定感はトラベルタウンの方。ちょっと高いだけあります。

R0056030

トラベルタウンとボストン。


THINK AERO TRAVEL TOWN(Thinking Power)

Think AeroシリーズCompleteしちゃいました(゚゚ )☆\ぽか
これ結構お高いのですが、期間限定ポイントと日付限定商品券と累積ポイント使って1,100円位で(^^;)

R0056011

大きさ的には、前に紹介したThink Aeroブリーフケースと似た感じのものですが、マチがあり幅で1.5cm大きくなっています。
この結果、ブリーフケースに比べかなりの容量が入るようになりました。あと、厚みがあるのと、ボトム部に樹脂のシートが入っているおかげで、安定しておくことができます。

シリーズカラーは同じ。ダークブラウン。

R0056012

前と後ろにポケットがあります。

R0056013

ビジネスバッグ風というか、トートバッグ風というか。
全体的に厚みがあるので、多少大きめの資料などを入れても安心して持ち運びできます。
補強ベルトの終わり部分のスリットがポケットになっています。(前後)

R0056014

持ち手を出したとこ。
ブリーフケースは一体縫製だったのですが、こちらはジョイント部が金属になっていて、グリップ部が太めになっています。

R0056015

こんな感じでショルダーベルトも付いています。

R0056016

こちらがインナー部。
ポケットが両側に、こちらは真ん中で一箇所。写真左手に二箇所計3箇所のポケットがあります。

R0056017

反対側はメッシュポケット2室になっています。
でろ~んてなっているのが蓋。

R0056018

蓋を開けると、骸骨おじさん(ThinkingPowerロゴ)が出てきます。
写真左に、キーフックがあります。

R0056019

蓋部分。
完全に閉まるわけではなく、左右に隙間が出ています。
なので、豪雨の時にはここから浸水する可能性が(^^;)
但し表面は撥水系のようです。

R0056020

基本重量が実測で563g
箱は、カバンがふにゃっちゃうから(^_^)

R0056021

因みにベルトだけで100gもあります。

ということは、・・・

R0056022

本体のみで(あ、中敷き)458gなので軽いです。
まあ、Think Aeroブリーフケースの200gには負けますが、中の作りの細かさというか厚みやマチ、持ち手の進化などを考えたら適度な重さだと思います。また、普通のカバンに比べたら半分~1/3以下ですから。

Think Aeroブリーフケースに比べると荷物量も1.5倍以上入れても安定しています。


  

左が今回紹介したもの。中が一つ前に紹介したもの。右が最初のボストン。

THINK AERO ブリーフケース(Thinking Power)

ボストンバッグがよかったので、(^^;)
ポイントがあったから半額で保護したのが・・・

R0055944

こちら。ブリーフケースです。パンツを入れるケースではありません(゚゚ )☆\ぽか

R0055943

ちょい拡大。
外側にはポケットがあります。
相変わらず紙袋っぽいです。

R0055945

ブラウンは後発のケース。
あとジッパーが真鍮カラーなので、浮いていません。

R0055946

横です。
幅は9.7mmとか。

R0055947

こちらが底面。
底面には隠しポケットがあります。
中央部分のスリット。
ここに、スイカとか入れておくと、いちいちカバンからパスケース出さなくても、ぴってなります。

R0055949

内側部分、インナーはベージュの色です。
左右にポケットが3つずつ、メッシュと見えない用。
右側に見えるのがキーフック。
鍵類が底に落ちて探すのが大変にならないようなものです。

こちらの重さは・・・

R0055952

なんと199g
iPhone+やBlackBerry keyoneより軽いです(^_^)

R0055955

ボストンバッグと。大きさ的にはボストンバッグが一回り大きいくらいで、打合せなどに使うには良い大きさです。
普段はTUMIの定番を使っていますが、バッグだけで3kg位あるので(^^;)
こっちにしたら楽になりました。
パソコン入れても大丈夫だし。

  

左から、紹介したボストンバッグ、ビジネストートバッグ、ブリーフケースになります。

THINK AERO TRAVELのボストンバッグ(Thinking Power)

数年前に出たのは知っていました。当時は買いませんでしたが、ある文具関係で有名な方から、使わないので安くお譲り頂けると言うことでお迎えしたのが・・・

R0055899

和紙ではありません(^^;)
タイベックというデュポン社が独自開発した高密度ポリエチレン不織布です。

R0055900

Think Aero(Thinking Power)シリーズのものです。

R0055902

ボトム部。

R0055903

横から。

まあ、どう見ても紙みたいにしか見えないのですが(^0^)

どういう所に使われているのかというと、シン・ゴジラのヤシオリ作戦で主人公や自衛隊の人達が来ていた放射能防護服と言えばわかると思います。
通気性があるのに、外から中には雨等を侵入させないというすごいもの。
また、破れにくいというのも防護服で使われている理由だと思います。

R0055905

中は、ナイロン系素材のインナーが付いているので、特に違和感がない普通のバッグです。
両側に2つずつ仕切りがあり小物類が入れられます。

R0055906

片方はメッシュポケット。

R0055907

もう片方は普通の見えないポケットになっています。
飛び出ているのは肩掛け用ベルト。

R0055908

ベルトを出してみたとこ。

R0055913

持ち手(グリップ)部分はしっかりした布でカバーされているので、手が痛くなることはありません。

R0055912

外側にはポケットが左右にひとつずつあるので文庫本やiPad mini/Xperia Tablet 3Compactなどが入れられます。

持ち手からUの字(別名ハの字)に補強されているので、型崩れしたり、バランスが崩れることはありません。

R0055915

この腕章みたいなのは、別に売っているThink Aeroシリーズのブリーフケースを丸めて入れられるストッパーになります。

R0055935

何が凄いかというと、これだけ大きなボストンバッグで、重さなんと478g(^^;)
iPad 1個分くらい。

R0055930

Think Aeroホルダーが21g

R0055931

ベルトは全面布なので113gあります。

  

左から、紹介したボストンバッグ、ビジネストートバッグ、ブリーフケースになります。


超低価格の割にバランスが良い Zeus Wired イヤホン(Dudios)

以前、DudiosのBluetoothイヤフォンを紹介しましたが、DudiosはsoundPEATSの別ブランドだそうです。

もっと安くて、音が良い有線(普通)のイヤフォンを試して見ました。

R0056032

相変わらずパッケージングが美しいです。
写真撮影に反射してしまうので、透明樹脂ケースは外して撮影。

R0056034

裏面はパッケージングの内容。

R0056037

こちらが同梱品。
取説、イヤピースやフック類。イヤフォンポーチ(メッシュ地)、本体となります。
本体は、音を止めたり通話したりするマイクとリモコンが入っています(個人的には不要ですが)

R0056041

こちらが大量にあるイヤピースやフック類。
フック類は二種類、耳のヒダに引っかける奴と耳穴の横に引っかかる奴。
それぞれSMLと3種類あります。うち中側の小さいフックは本体にMが一つ最初から組まれています。
また、イヤピースもXS、S、M、Lとあり、それに襟に止めるクリップがあります。

R0056042

本体上から見たとこ。
左右で内側に傾斜しているので間違えないと思います。
あとリモコンがある方が右。

R0056043

背面。Dudiosというロゴがあります。こちらは背面に磁石はついていません。

R0056044

リモコン部。
単純で、再生中は、ワンクリックで再生、停止。
電話が来た時は、ワンクリックで通話、終話。出たくない場合は長押し2秒でキャンセル。
となります。

R0056045

音が出るところ。
意外と口径は大きいです。

R0056046

湾曲しているところは樹脂です。
本体背面は金属

R0056048

内側から。

R0056049

外側から。

音質ですが・・・
高音も低音もバランス良く出るので、聞いていて疲れません。
音がこもることはなく、このクラスとしてはかなり良い音が出ていると思います。
主にクラシックとJazzを中心に聞きましたが、なかなか聞こえにくい弦の音が聞こえるのは良いです。
これだと長時間かけていても、耳が痛くなることもないですし、NCはありませんが、カナル式で
しっかり耳奥まで入れれば音楽に集中することもできます。
耳のしわ?ひだ?にひっかかる形にもなっているのでジョギング等軽い運動では何もフックがない物に比べると落ちにくいのも良いです。
フックは二種類あるので、どちらか安定しやすい、かつ引っかけていて疲れないもの落ちにくいものを選べば良いと思います。

このお値段ですよん。

プレデターBlu-ray

元祖ターミネーターは随分昔に紹介しちゃったので。
こちらも、画像入で紹介するまでもない作品なのであっさりと。

R0053041

色々なバージョンがあるのであれですが、画質が良いものです。

R0053042

こちらが裏面。

R0053043

プレデターも、シュワちゃん以外に有名な人結構出てますね。

きっかけは、ゲリラに誘拐された政府要人を救援しに行った特殊部隊なのですが、じつは地球を探査しに来たエイリアン(こっちは悪意あるもの)がいて、次々に襲われて、というお約束の映画。

CGが今ほど発達していない、そもそもMS-Dos主流の時代、1987年(昭和62年)に作られた割には、良い感じの映画です。

コナン・ザ・グレート Blu-ray

超有名な作品なので中身は言わずもがなです。
知らない人の為に補足すると、シュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)のメジャーデビュー作。
その前には名前が違って出ていますけど。

R0052648

表紙はカッコイイですが。
演技がなっていない。素人っぽい感じが。そもそも上に書いたように、メジャーデビュー作ですからねぇ。

R0052649

原作のコナンシリーズが好きで、あ、宮崎駿の未来少年コナンも好きだけどそっちぢゃないです。
魔法と冒険の世界の方ね。
それが映画化されるとなって、期待して初日に行った訳よ。

まあ、そっちの筋では色々酷評されたけど。
私的には、あの壮大な世界観をよくうまくまとめたなという方が凄いなと思った。

R0052650

こちらが中身。

で、なんで素人同然のシュワちゃんが選ばれたのかというと、ただ単に筋肉(^_^)
シュワちゃん、全米のボディビルダーで優勝したことがあるくらい筋肉ムキムキ。
というわけで、物語の主人公を演じるには筋肉ムキムキでないとということで選ばれた。
別に難しい台詞がある分けでもないし。

共演者は、なんと、当時世界的に有名なサーファー、ジェリー・ロペス。最近の若い人は全く知らないだろうな。
おじさん達には、ビッグウエンズデーなどでも出ちゃってるサーフィンの神様。
おじさんはサーフィンより、ダイビングやウィンドサーフィンの方だったけど。

もう一人の有名人が、魔道士訳のマコ岩松。人を喰ったような役でしたが。
これもおじさん的には超有名人。そもそも砲艦サンパブロで、スティーブマックイーンに可愛がられた中国人役をやって、その後にもトラ・トラ・トラ!や地球の頂上の島なんかにも出ていた伝説の人。

また、敵がジェームズ・アール・ジョーンズという有名なおっさん。
なんとダース・ベイダーの声をやっていたのよ。
レッドオクトーバーを追えとかパトリオットゲームなどでは、ペンタゴンやCIAなど政府の役人やら渋い訳をやるし。
この時はすごく憎い敵役をやったのですが(^_^)

というわけで、シュワちゃんが芋でも、周りを固めるのがスゴイ人だったので、なんとか見られる作品に仕上がったという訳。

1982(昭和57)年の作品ですが、シュワちゃんデビュー出世作としてみれば。
その前からも名前無しでちょい役やっていたんですけどね。
でもって、この2年後に、後のシュワちゃんの代名詞となるターミネーターをやるようになって。
まあ、第1作も殺人マシンなのでしゃべることは「アイル・ビー・バック」くらいなんすけどね。



SONY Reader T1/T2 用ライトカバー

少し間が開きましたが。

電子書籍ビュワーカバー兼ライト(^_^)
Kindleは、フロントライト付きなのでこういうのは要りませんが、結局SONYのReaderはライト内蔵したモデルを出さなかったのでこういう小手先のものを。

R0055667

安っぽいけどカバーです。

R0055668

左下が電池ホルダー。上がフレキシブルライト。

R0055670

収納状態。

R0055671

ある程度までは点きませんが。

R0055672

ここまで開くと点灯。

これで安心して最新刊とか読めます。

今までライト付き持っていたのは350と650だけだったので(^^;)

因みにT3は背面からスライドするライト一体型カバーなのですが、T3自体あまり売れなかったのか、結構高く推移している(新品と中古)ので、買えません。

レシーバー・トランスミッターMK2実践編

接続編です。

好きなヘッドフォン(Bluetooth非搭載)をBluetoothで使えるようにする。

R0056000

いつも使っているUEのヘッドフォンとMK2(レシーバーモードで使用)

R0056001

こんな感じでも使えますが、たまに肩に当たりますから。

R0056005

RXがレシーバーモード。

R0056006

レシーバーモードでは青く光ります。
ペアリングは青が点滅。

R0056003

こちらは、トランスミッターモード。
音を飛ばす時に使います。
緑に光ります。


R0056007

マシンは、2台同時にペアリングできます。
最初に一つのマシン(写真だとiPhone6s)とペアリングします。

R0056008

その後もう一つのマシンにペアリングします。
写真はiPhone6sとBlackBerry keyoneと同時にペアリングしたとこ。

R0056009

流石に二曲同時に再生しても、音は1曲しか鳴りませんが(^^;
でも、どちらか交互に再生すると、双方の音が聞こえます。

どういう使い方をするかというと、個人用のiPhoneと会社支給のAndroidスマホの双方をペアリングしておいて、レシーバーで音楽再生していれば、どちらかに電話がかかってくれば受けられるというものです。
もちろん、MK2にはマイクも搭載されているので、マイク非搭載のイヤフォンやヘッドフォンを使っていてもちゃんと話をすることができます。

R0056010

肝心の音ですが、AptXも対応しているので、ワイヤード(有線)とそれほど差がない(個人的には)ように思います。
ということで、好きなヘッドフォンやイヤフォン(お高いものでBluetooth非対応でも)このMK2で全て賄えます。

こちらがsoundPEATSさんの。

MUSONさんの方がお高いです。たぶん同じものですが。


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ