« 以前紹介したSONY Readerのロック解除されていないマシンの使い道 | トップページ | 元祖ひらくPCバッグ その2比較編 »

元祖ひらくPCバッグ

出た時に気になっていたのですが、まあ日本未発売海外通販購入のTUMIメッセンジャーバッグがあるから良いかなと思っていたのですが、長く使っていて、ジョイント部の革の縫い目がちょっと怪しくなってきたのと、カバン自体が重いというのもあって、誕生日プレゼントにいただきました。

日本未発売のTUMI メッセンジャーバッグ TUMI ARPHA 22174DH (TUMI)
TUMI メッセンジャーバッグ TUMI ARPHA 22174DH その2(TUMI)

2011年に紹介しているのでかれこれ7年近く経つのか(^^;)良く持ってます。

R0055829

とは言え、既に発売当初に買って、いろんなサイトで紹介されているので、こちらではあっさり。
その後、MINIとかnanoとかでていて人気のバッグです。

R0055830

特徴はこのおにぎり型。
三角形とすることで、まず直立する。上の空気を持ち運ばずに効率的に荷物を収納できる。
というもの。

R0055831

ショルダーベルト部。
こちらもしっかり縫製されています。

R0055834

ジッパー部

R0055835

ボトム部。
撥水加工されているようです。
でも、四隅などに鋲がないため、床に直置きになります。
まあ肩に掛けるか、椅子にもたれかけさせれば問題ないです。

R0055836

こちらがひらくPCバッグの由来。
ペンケースなどにある縦にして使えるという形状。
従って、インナーポケットは、内側にあり、あくまでも開いて折り曲げた状態で使用するようにジッパーは内側にあります。
これを閉め忘れると中の小物がボトム部にぶちまけられます(^_^)

R0055837

背面には、MBA13インチなども余裕で入る設計となっています。
あと手前はタブレットなども。

R0055838

カバンの左右にはペンホルダー等小物入れがあるので、ボイスレコーダーや万年筆、多機能ペンなどが収納できます。
小さめのスタンド用三脚ならこちらに入ります。

  

左からひらくPCバッグ、中ひらくPCバッグmini、右ひらくPCバッグnanoとなります。
用途に合わせて欲しいものが選べるようになっています。


« 以前紹介したSONY Readerのロック解除されていないマシンの使い道 | トップページ | 元祖ひらくPCバッグ その2比較編 »

鞄・ケース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66416894

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖ひらくPCバッグ:

« 以前紹介したSONY Readerのロック解除されていないマシンの使い道 | トップページ | 元祖ひらくPCバッグ その2比較編 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ