« 高音から重低音までそつなくこなすBluetoothヘッドフォンA1 Pro(soundPEATS) | トップページ | 懐かしのSONY Readar その2 PRS-650(SONY) »

懐かしのSONY Readar その1 PRS-350(SONY)

電子書籍のReaderストアはまだやっていますが、とっくに製品事業から撤退している、ごきゅあきゅなSONY Readerシリーズですが、低価格で買えるので保護しています(^^;)
手に入らないと困りますからね。
というのも、E-Inkが目に優しいので、小説や場合によってはコミックを読むのに丁度良いのです。
目が疲れないし。

と言う訳で、シリーズ化して歴史的な面も含めて紹介します。
いずれも当時2~3万もしたものですが、1000円前後で(物によっては)入手可能なので、歴代の物を集めてみました。

R0055190

本体、ほとんど使った形跡がないものと、タッチペン。
色がケバいのはご愛敬(^^;)
黒や紺などは高いので。
誰も見向きもしないものだと入れておけば、ほぼ最低価格で朝起きたら落ちているという。
まあ競り合うことがあるものでもないので。

R0055186

こちらが裏面。

R0055187

ボトム部。リセットボタンと充電やデータをやりとりするUSBコネクタ。

R0055188

上はパワーボタン。

R0055207

ちゃんと起動します。
こちらは何が良いかというと、5インチで小さい。下手するとジャケットのポケットに入るという小ささ。

まあ、他のは基本的に6インチなのでそれは無理ですが。

R0055208

ご覧のように何も入ってません。
残念ながら拡張コネクタがないので、内蔵メモリのみ。
テキストだけならそれほど気を遣う必要はなく沢山入れられます。

R0055209

こちらが下段。

R0055210

オプション画面。

R0055211

一般設定。なんと2010年1月1日。
今から8年も前の物です(^^;)

R0055213

内蔵メモリは、1.5GB。
マンガなど入れよう物なら、あっという間になくなりますね。

R0055214

新しい物に付いていたかどうか、画面回転。

R0055215

何の意味があるかわからない(^^;

メニュー等は一貫して同じですね。T2を主に使っていますが。

R0055172

こちらが一緒に付いてきた、照明付きカバー。

R0055173

このカバーを付けることで、一回り大きくはなりますが

R0055175

こんな感じで、ライトが出てきます(^Д^)

R0055182

こちらは、ライト無しカバー(^0^)

R0055183

この頃は、本みたいになってたのね。

楽天やKindle、BookLive!などのマシンは、基本的に専用の書籍しか使えないという融通の悪さですが、SONYのシリーズのみなぜか汎用のものも使えるという優れものです。
と言う訳で、紀伊国屋書店などから買った電子書籍も読めるし、PDFも読めるし、自炊したデータや、青空文庫などのテキストデータも読めるという優れもの。

« 高音から重低音までそつなくこなすBluetoothヘッドフォンA1 Pro(soundPEATS) | トップページ | 懐かしのSONY Readar その2 PRS-650(SONY) »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66269964

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのSONY Readar その1 PRS-350(SONY):

« 高音から重低音までそつなくこなすBluetoothヘッドフォンA1 Pro(soundPEATS) | トップページ | 懐かしのSONY Readar その2 PRS-650(SONY) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ