« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年に紹介した小物たち(映画編)

一番多く紹介したのが、Blu-ray・DVDソフトですね。
毎年色々なものを保護していますが、ここまで多く紹介した年は無かったです。
と言う訳で、ブログエントリした順ではなくて、初回放映年次順に紹介します。
あ~、ディレクターズカットとか、シリーズ組版については、第1回目の紹介年次を書いています。

【洋画海外購入版Blu-ray】
1953年 日本未発売 シェーン デジタルリマスターフランス版Blu-ray日本語付き(インポート)
1958年シンバッド七回目の航海 1963年 アルゴ探検隊の大冒険 1973年シンドバッド黄金の航海 1977年シンドバッド虎の目大冒険 日本未発売 ハリーハウゼン4作品パックBlu-ray(インポート)
1966年 日本未発売 バルジ大作戦 Blu-ray (インポート)
1968年 日本未発売 太平洋の地獄 HELL IN THE PACIFIC Blu-ray(インポート)
1974年 日本未発売 ジャガーノート Blu-ray(インポート)
1975年 日本未発売 ヒンデンブルグ Blu-ray(インポート)
1975年 インポート サブウエイパニック Blu-ray(掲載時は日本未発売)
1971年 インポート ダーティハリーコレクションインポートBlu-ray
1976年 インポート ロッキーヘビー級コレクション6枚組Blu-ray
1976年 インポート MIDWAY (ミッドウェイ)Blu-ray(掲載時は日本未発売)
1977年 日本未発売 フリードキン版 恐怖の報酬SORCERER Blu-ray(インポート)
1979年 日本未発売 メテオ(METEOR)Blu-ray(インポート)
1984年 インポート 完全版ワンス・アポン・ア・タイム(イン・アメリカ)Blu-ray

【洋画Blu-ray】
1953恐怖の報酬、1955悪魔のような女、1957スパイ(フランスの巨匠アンリ=ジョルジュ・クルーゾー傑作選Blu-rayBox)
1955年 汚れなき悪戯 HDマスター Blu-ray
1958年 シンドバット七回目の航海 Blu-ray
1959年 ベン・ハー 吹替の力版 Blu-ray
1961年 地球の危機 Blu-ray
1966年 天地創造 Blu-ray
1966年 ブルー・マックス Blu-ray
1966年 砲艦サンパブロ Blu-ray
1971年 栄光のル・マン Blu-ray
1971年 夕陽のギャングたち Blu-ray
1974年 大地震 Blu-ray
1972年 ポセイドン・アドベンチャー Blu-ray
1973年 パピヨン Blu-ray
1974年 タワーリング・インフェルノ Blu-ray
1974年 タワーリング・インフェルノ 吹替の力版 Blu-ray
1975年 サブウェイパニック HDリマスター Blu-ray
1976年 カサンドラクロス Blu-ray
1976年 ミッドウェイ 海戦75周年記念 Blu-ray
1977年 未知との遭遇 Blu-ray
1977年 オルカ デジタルリマスター版 Blu-ray
1977年 放映40周年記念 戦争のはらわた最終盤 キングレコード Blu-ray
1978年 ワイルドギース リマスター版HD Blu-ray
1979年 エイリアン Blu-ray
1979年 地獄の黙示録 Blu-ray
1979年 1941 Blu-ray
1980年 レイズ・ザ・タイタニック Blu-ray
1982年 E.T Blu-ray
1983年 ライトスタッフ Blu-ray
1984年 アマデウス ディレクターズカット Blu-ray吹替の力版
1984年 DUNE 砂の惑星Blu-ray
1984年 2010年 Blu-ray
1998年 プライベートライアン Blu-ray
2001年 スターリングラード Blu-ray
2003年 リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い Blu-ray
2015年 ガールズ&パンツァー劇場版 Blu-ray
2017年 モアナと伝説の海 Blu-ray+DVDノーマル版(ディズニー)

【洋画DVD】
1953年 イブ・モンタン版恐怖の報酬 Le Salaire de la peur(1953年)
1953年 恐怖の報酬HDニューリマスター版DVD
1967年 誇り高き戦場 原題COUNTERPOINT DVD
1971年 八点鐘が鳴るとき DVD
1975年 ヒンデンブルグ DVD
1977年 黄金のランデブー特別版 DVD
1985年 暴走機関車+サブウエイパニックコンボパックDVD
1990年 史上最大の作戦カラーライズ版 for VHS 1990年

【邦画Blu-ray】
1950年 羅生門デジタル完全版Blu-ray(KADOKAWA)
1954年七人の侍、1957年蜘蛛巣城、1958年隠し砦の三悪人、1961年用心棒、1962年椿三十郎(AKIRA KUROSAWA SAMURAI COLLECTION(Blu-ray リージョンB)
1955年 ゴジラの逆襲(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1956年 空の大怪獣ラドンBlu-ray(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1957年 地球防衛軍(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1961年 モスラ(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1963年 海底軍艦 Blu-ray(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1963年 マタンゴBlu-ray(東宝)
1964年 三大怪獣地球最大の決戦 Blu-ray (東宝特撮Blu-rayセレクション)
1964年 モスラ対ゴジラ(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1965年 フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン Blu-ray(東宝)
1965年 怪獣大戦争(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1966年 サンダ対ガイラBlu-ray(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1967年 US版 キングコングの逆襲KINGKONG ESCAPES Blu-ray(日本未発売)
1972年 US版 ゴジラ対ガイガン Blu-ray
1973年 日本沈没Blu-ray(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1974年 ゴジラ対メカゴジラ(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1975年 新幹線大爆破Blu-ray(東映)
1981年 連合艦隊 Blu-ray(東宝特撮Blu-rayセレクション)
1984年 US版 84ゴジラ Blu-ray
1989年 US版 ゴジラ対ビオランテ Blu-ray
1999年 US版 ゴジラ2000MillenniumBlu-ray
2001年 US版 ゴジラ対メカゴジラ・大怪獣総攻撃 コンパチBlu-ray
2003年 US版 東京SOSとゴジラファイナルウォーズ コンパチBlu-ray
2016年 シン・ゴジラ Blu-ray

【雑誌DVD】
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.18 地球防衛軍
1965年 ゴジラ全映画DVDコレクターズBOXVol.20フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン(講談社)
黒澤明DVDコレクション1号 用心棒
黒澤明DVDコレクション2号 七人の侍

【CD】
サイレントランニング サウンドトラック(インポート)
オルカ オリジナルサウンドトラック(インポート)
ジャガーノート サウンドトラック(インポート・世界1000枚)
パリは燃えているか?Ost: Is Paris Burning CD(インポート)2016版
サブウェイパニック サウンドトラック(インポート)

なんと、洋画72作品、邦画(主に特撮)31作品の計103作品を紹介しています。
あ~、ボックスは作品ごとにカウントしています。

なんでここまで増えたかというと、結構未発売の作品(日本ではないもの)があったり。あと昔の作品でもHDリマスター化されたり、4Kリマスタリングから2Kにダウンした物。
特にモノクロ版でも、DVDのようにマスターが傷で雨が降っていたり、ぼやけたものが中心だったのが、海外のリマスター技術に加え、日本でも更にリマスタリングしたなど、なんか不思議なものがけっこう出たというのもあります。
あとは、日本のはあれですが、海外版だと一枚1000円しないで、保護できるというのもあったのかも知れません。
万年筆1本買うのに、Blu-rayが22枚くらい買えますから(尺度と価値観が違う)

というわけで、映画に始まり映画で終わった2017年。
あ~、まだ紹介していない映画も沢山あります(^^;)
随時来年も紹介していきたいとおもいますので、よろしくお願いします。

2017年に紹介した小物たち(電脳小物・玩具編)

電脳小物と玩具編です。
珍しく、大トリを飾らない(^0^)
常駐・巡回されいてる方はよくわかっていると思いますo(^▽^)o

【電脳小物】
ポメラDM-200(キングジム)
Fire HD8(Amazon)
Sony Xperia XZs Dual G8232(SONY)
BlackBerry KEYone BlackEdition(BlackBerry)
GPD Pocket(GPD)
BenQ GS1(ハンディプロジェクター)
BDP-S1700(SONY)海外版リージョンフリーBlu-rayプレイヤー
Amazon ECHO(Amazon)
Google Home Mini(Google)
FITTNESS TRACKER(中華系活動量計)

【電脳小物周辺機器】
Android用CDプレーヤー(ロジテック)
KKmoon Bluetoothキーボード
自転車用ユニバーサルアクションクロー
ThinkPad Keyboard
USB-Cケーブルセット(Royal Flag)
マルチタイプの怪しげなYOMODA カードリーダー
手のひらサイズのキーボードEWIN MINI
スマホ・タブレット分解キット
microUSBに挿すUSB-C USB 3.0 変換アダプタ(Roiciel)
スマホタブレットスタンド(LOBKIN・Ecandy)
タブレットスタンド(Unique Spirit)

【その他の小物】
公式ミラノショップ ヘルメット(ミラノ市)
GN56のフラッシュKF-882(K&F CONCERT)
ハンディアイロン&スチーマー
室内用フラットアンテナ(ECANDY)
怪しげなドライブレコーダーリアビューモニター付
ブラウン目覚まし電波時計BNC008BK RC
ブラウン目覚まし時計BRAUN3864AB314vsl
ブラウン目覚まし時計BRAUN3864AB314sl
電波時計DQD-805J-8JF(カシオ)

【バッグ類】
ワイズウォーカーA4ショルダーバッグ AL-05(ノーマディック)
海外旅行やアウトドアにスマートショルダーバッグFITTING BODY BAG(Hmmm!?)
MOBILE POUCH for SMART FIT (LIHIT LAB)
カメラバックリュックKF13.081(K&F Concept)
スリングバッグ ミラーレス等小型レンズ交換カメラ用(K&F CONCERT)
パンナム・ナップサック

【模型・玩具類】
ウルトラ警備隊 ポインター メカコレクション(バンダイ)
ウルトラ警備隊 ウルトラホーク2号 メカコレクション(バンダイ)
ウルトラ警備隊 ハイドランジャー メカコレクション(バンダイ)
ウルトラ警備隊 ウルトラホーク3号 メカコレクション(バンダイ)
TIE ADVANXEDx1&TIE FIGHTERセットビークルモデル(バンダイ)
松本零士戦場まんがコレクション2
ムンクの叫び Figma テーブル美術館(グッドスマイルカンパニー)
金剛力士吽形 リボルテックタケヤ
風神 リボルテックタケヤ(海洋堂)
雷神 リボルテックタケヤ(海洋堂)
不動明王(黄不動)タケヤ式自在小物(海洋堂)
不動明王 タケヤ式自在小物(海洋堂)
ムービーリボルテック ノーチラス号(海洋堂)
2001年宇宙の旅SPACESUIT(ボーマン船長風モデル)
2001年宇宙の旅SPACESUIT(フランク・プール飛行士風モデル)
よつばと!フィギュアコレクションVol.2
MAFキングジョー限定スーツカラーバージョン(メディコムトイ)
超合金魂版キングジョー(バンダイ)
シンドバッドシリーズ&ムービー・クリーチャーズフルセット(フルタ)
ロボット兵 創造ガレリア(バンダイ)
ショッカー戦闘員(フィギュアーツバンダイ)
三面宇宙人ダダ S.H.Figuarts(バンダイ)

Mr.ニッパー(ミスターホビー)
模型づくりや電脳小物調整に精密ピンセット

【体験・モニター】
HT2150ST(BenQ)
GS1(BenQ)
セキュリティ対応型HDD LHD-PBM10U3BS(ロジテック)
Braava 380Jブラーバ(iRobot)
新型DELL XPS13(DELL)

【自宅生活系】
車 PIXIS Joy Crossover(TOYOTA)
VL-SWD210Kモニター付きインターフォン(パナソニック)
低周波治療器Elepuls HV-F900-JE4(オムロン+エディオン)
ニーナさん(わんこ)のリードが壊れたのでURPOWER伸縮リード(URPOWER)
(わんこ)用の水飲みとご飯ケース(URPOWER)
ネット通販ボックス(アイリスオーヤマ)
おっさん用クリップ式偏光サングラス
ペットの抜け毛が部屋に散らばるのを減らすグローブ
歯ブラシ除菌用ケース
オーラルドクターSP(電動超音波歯ブラシ)
単3電池用LEDライト(メーカー不詳)

なんと言っても、一番大きいのが軽自動車(^^;
まあ、これはかみさん用ですが。

電脳小物では、タブレットはFire 8しかないですね。
全部異色の、ポメラDM200、BlackBerry KeyOne GPD Pocketなど変化球電脳小物が目立ちます。

最後を飾るのが今年本ブログの多くを占めた映画編に続きます。
すげ~沢山っすよ(^^;
しかも60~80年代中心だし。

2017年に紹介した小物たち(文具・オーディオ関係編)

皆さん、今年も残すところあと3日となりました。
かつては、年に2台ほどデジカメを新調したり、電脳小物系を保護したり、万年筆なんて、年何本買うんだという位まで行きましたが(^^;
特に今年はネタもモニターも減り、給料も減り(T-T)まあ、なんと、経済的なというか怪しい小物の発売も減った関係で、それほど散在しなくて済むという、お財布に優しい時代となったのでたすかりました。

とゆうわけで、順不同ですが、今年紹介した小物たちリストをアップします。
興味があるものがありましたら右上の窓から検索して見て下さい。

【万年筆】
プロフィットジュニア透明軸4本(セーラー)
透明カクノ(パイロット)
カランダッシュ849万年筆蛍光オレンジ(カランダッシュ)

【文具】
オレンズネロ(ぺんてる)
ZOOM L104(廃盤)(TOMBOW) 
ボールぺんてる45周年限定モデル(ぺんてる)
キャップを少々忘れても乾かない油性マーカーパイロットパーマネントマーカー100(PILOT)
水性ペン(万年筆)で書けるマスキングテープ(MARK'S)
Object202(廃盤)(TOMBOW)
手帖に挟んで使える定規、スケジュールルーラー(西敬)
BE-PALに野帳風ダイアリー2018年版(小学館)
プレイカラードット(トンボ鉛筆)
県民手帳

【オーディオ関係】
WALKMAN NW-A35HN(SONY)
HA-FW03木製イヤフォン(JVC)
T2+ Turbine 2(Bluedio)ヘッドホン
Q29ケーブルレス ステレオヘッドセット(soundPEATS)
Q1000スポーツヘッドホン(soundPEATS)
D4通話用ヘッドセット(soundPEATS)
D3(soundPEATS)
B20木製ハウジング(soundPEATS)
B50イヤフォン(soundPEATS)
B30イヤフォン(soundPEATS)
P5アウトドア対応スピーカー(soundPEATS)
Ground Loop Isolator(AUKEY)
CP-IE300Hハイレゾ対応イヤフォン(campino audio)
DA変換器(ヘッドホンアダプター)(BLUPOW)
ヘッドホンフックHEADSET HOLDER EHB001(ENERMAX)
AmazonBASICの光ケーブル

【通信系・電池交換等】
海外用SIM Three.co.uk 3GB
海外対応USB4台用充電器
懐かしのガラケー So902i wp+(SONY)
ルンバ560の電池を替える
Xperia Z3Compactのバッテリーを替える
Xperia Z ULTRAのバッテリーを替える

【アプリ】
ZEUS PLYER(ハイレゾから4KまでPCで再生できるアプリ)
ネットラジオレコーダーver7

なんと、今年は珍しく万年筆を7本しか紹介していません。
特に、雑誌の付録に至っては何本か出谷も関わらず、ネタでしか使えないので(^^;)
買いませんでした。同様に文具系ムックも紹介せず。

でした。
電脳小物・玩具編に続きます。

今年も貰ったSONYカレンダーと静岡県民手帳(^0^)

数年前まで、毎年多数の手帳を買って、ブログネタとして紹介していましたがヾ(^ )コレコレ
昨年や今年は、ある程度安定してきて、常時使う手帳が静岡県民手帳(統計協会会員のため無料で(^0^))メインになりました。
それと、毎年アンケートで頂いているのが。

R0055305

SONYのカレンダー(^^;

R0055304

普通の卓上カレンダーです(^^;

県民手帳は、毎年うpしているので、まいっか、(゚゚ )☆\ぽか

アマデウス ディレクターズカット Blu-ray 吹替の力版

当時見て、凄くインパクトに残った作品がモーツァルトの生涯を描いた、アマデウスです。
アカデミー賞を何個も取りまして。

R0055046

ボックスに入っています。

R0055047

裏面。

ディレクターズカットにして、当時の吹き替えをした人たちが変更された分を吹き替えてというのが話題になりましたが。

基本原語で見るのであまり関係無いですが。
ディレクターズカットは、見たことが無かったので新鮮です。

20171210_182503

選択メニュー

20171210_182639

冒頭から衝撃の展開で始まります。

20171210_182848

ちゃんとディレクターズカットと記載されています。

20171210_183147

宮廷音楽家のサリエリが自殺未遂を起こして、精神病院に入院し・・・

20171210_183136

牧師(神父)が、対面に行く所から始まります。

20171210_183512

サリエリは、自分より才能があるモーツァルトを憎んで、死に追いやろうとしたという回顧から物語が展開します。

20171210_183608

目隠しでピアノを弾いたり。

20171210_183649

厳しい父親の元で育てられた。

20171210_183912_2

一方、苦労して宮廷音楽家となったサリエリ。
しかし、音楽才能は生まれもった物で、書き換えなしで一発で完全な楽曲を作るモーツァルトに嫉妬して、不遇の運命に誘導していくサリエリ。

20171210_184307

20171210_184311

という展開です。
物語の端端に有名な曲や、オペラがでてきますので、クラシック好きの方には飽きることはないです。

見たことが無い方は、最後の最後が衝撃的ですので、ぜひご覧下さい。

R0055048

開けてないけど、カードや

R0055049

縮刷版ポスターも入っています。

R0055050

こちらがケース。

R0055051

裏面。

R0055053

劇場公開版も付いていますが、残念ながらDVDでした。なんでBlu-rayにしなかったのかな?

  

日本語吹き替えも劇場公開版も不要という方は、安いディレクターズカット版で良いと思います。


もう一つのAIスピーカー、Google Home Mini その2設定起動編(Google)

昨日は、本体と箱の説明をしたので、今日は起動するまでを紹介します。

Img_20171217_1145204

昨日書いたように、電源のオンオフはありません。
USBコネクタに挿して、電源に繋げると自動に起動します。待機状態ね。
最初4色で点灯したのですが、すぐに白くなっちゃったので(^^;

まず、GoogleアプリをAndroidスマホまたはiPhoneにあるGoogle Home用のアプリをインストールします。

Img_20171217_1145276

はじめに、Homeへようこそという画面が出てきます。
写真はiPhoneでの設定。(基本的にAndroidでの設定も同じだと思います。

Img_20171217_1145459

基本、書いてある通りに進めて行けば、簡単にセットアップは完了します。
Bluetoothをオンにして、Google Home MiniとiPhoneを紐付けさせます。

Img_20171217_1146508

デバイスを検出しています。

Img_20171217_1146594

少しするとGoogle Home が見つかりました。このデバイスをセットアップしますか?と出ますので、iPhone画面下部の次へを押します。

Img_20171217_1147151

Google Home Miniに接続しますとなります。

Img_20171217_1147170

音が鳴るので、聞こえたらはいをクリック。だめなら左端の再試行をクリック。

Img_20171217_1147332

どこで使うか聴いてきます。
たぶんこれはマイクの感度などを調整するんだと思います。

Img_20171217_1147435

初期設定が終わると、今度は無線LAN(Wi-Fi)の設定になります。
あ、そうだ(^^;)、AmazonEchoもGoogle Home Miniも無線LAN環境がなければ使えません。

Img_20171217_1149540

ご自分の家又はオフィスの無線LANのAP(アクセスポイント)のパスワードなどを入力します。

Img_20171217_1149575

接続されると使えるようになります。

Img_20171217_1150002

説明がさらっと出てきます。

Img_20171217_1150088

次にアクセス情報の許可を行う設定になります。

Img_20171217_1150176

どういうことかと言うと、住所の設定。
これは、天気や電車バスなど公共交通機関の遅延情報などを正確に探って、案内するためのものです。

Img_20171217_1150277

音楽は、いくつかのアンリミテッド系で登録ができます(有料)

Img_20171217_1150372

ここまで来たら、アップデートの確認とダウンロードが始まりました(^0^)

Img_20171217_1151031

これには若干時間がかかりますが。

Img_20171217_1152218

アップデートが完了すると、これで晴れて使えるようになります。

Img_20171217_1152278

チュートリアルです。

Img_20171217_1152361

調べるとか。

Img_20171217_1152394

Googleカレンダーを使っていれば、スケジュールの確認、予定の変更。今日の予定など一通りできます。
朝起きたら、おーけーぐーぐる。今日の予定は。とか言えば、いちいちアプリを起動してみたなことをしなくても服着替えながら今日の予定を確認できます。

Img_20171217_1152426

何時に起こして、とかタイマーをセットしてとかもできます。

Img_20171217_1152555

一通り設定し、チュートリアルが終えると即使えます。

Img_20171217_1153529

AmazonEchoのアンリミテッドと同様、Google Musicも、ほぼ同じ曲が使えます。
Amazonプライムだと最新のアルバムは聴けませんが、AmazonMusicアンリミテッドやGoogle Musicだと、発売されたばかりのアルバムも聴くことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 

紹介しているのは左のチョークという色。チャコールだと黒そうだったので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home グーグル スピーカー
価格:12500円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


店によって値段が違いますので色々調べて見て下さい。

残念ながらライバルのAmazonでは(^0^)取り扱っていないというか、あっても出入り業者で高いです。

もう一つのAIスピーカー、Google Home Mini その1本体編(Google)

以前、AmazonEchoを紹介しましたが、某所で半額セールだったので買って見ました(^^;

R0055306

ミニサイズなので、小さい箱です。

R0055311

お饅頭(まんじゅう)みたい(^^;

R0055312

箱から出したとこ。
こちらも至ってシンプルな作りになっています。
電源スイッチはないです。
左のスイッチらしき物は、マイクのオンオフ。
右は、microUSBコネクタ。

R0055313

付属品は薄い説明書(カード)と電源ケーブルのみというシンプルな構成。

R0055307

箱の説明に行きましょう。
基本はAmazonEchoと同じ。
テレビのCMでやっているのと同じ、Androidスマホへの声かけと同じで、「おーけー、ぐーぐる」「オッケー、Google」でも反応します。
〇〇について調べて。〇〇は何?みたいに質問するだけ。

R0055308

調べ物、アラームの設定、予定変更、Google Play Music(登録が必要:月額980円)から音楽再生が可能。
今時点では、家には対応電化製品がありませんので、あれですが、将来的には、電気を点けるとか、エアコンを付ける、施錠を忘れたのでしといてとか、風呂に湯を溜めて、みたいな色々可能性が高い物です。

R0055309

対応アプリが出ています。

基本は、GoogleHomeもAmazonEchoも同じ。AI搭載と言っても、現時点では出来ることが限られています。

設定編に続きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 

紹介しているのは左のチョークという色。チャコールだと黒そうだったので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home グーグル スピーカー
価格:12500円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


店によって値段が違いますので色々調べて見て下さい。

残念ながらライバルのAmazonでは(^0^)取り扱っていないというか、あっても出入り業者で高いです。

サブウェイパニック HDリマスター版 Blu-ray

地味だけど、放映当初から好きな作品が、サブウェイ・パニックとジャガーノート。たぶん1974年前後の作品。

R0055200

なんてったって(^0^)日本版DVDと、日本版Blu-ray(今回紹介の)が出る前に、USAmazonから日本語比搭載版(中央のブルールの奴)買っちゃうと言う(^0^)

R0055201

左がアメリカ版。右が日本版。レイアウトは同じにしたようです。

R0055202

裏面は、使っている写真が似ています。

20171202_200908

原題は、ペラム123(電車の番号)乗っ取り

20171202_201424

乗っ取り犯が誰かわかりにくいように、みんな似たようなファッションをしているのが当時見た時の衝撃。

20171202_201531

ロバート・ショー(ドイツ戦車軍団の指揮官へスラー大佐・またはサメ退治のプロ漁師・または、ロシアの殺人マシングラント)

20171202_201638

マーチン・バルサム

20171202_202420

この頃の地下鉄の管理所って、ロックンローラーみたいなマイク使っていたのね。

20171202_203903

鉄道公安本部長のウォルター・マッソー

20171202_204359

地下鉄車両を1両だけ切り離して、地下鉄ジャック。

最後の最後まで手に汗を握る作品です。
犯人と公安の駆け引きが面白いです。

肝心の画質ですが、例のオフサイド7やレイズ・ザ・タイタニックみたいに、動画ずれはなく、フィルムゲイン(放映当時のフィルム感)がうまく残されていて、更にクリアな画質となっています。

残念ながら、自分がテレビ放映時に音声を録音したテープ。(昔はテープしかなかったのよ)
に比べて、音声が所々欠けていて、その部分は英語になっていますが、脳内ではちゃんと日本語になっている。

  

DVD単品だとお高いです。できれば画質が良いBlu-rayをオススメします。
そこまでは要らないと言うのでしたら、暴走機関車(黒澤明原案)とカップリングの作品をオススメします。

三面宇宙人ダダ S.H.Figuarts (バンダイ)

当時、お子さまの私的には、なんだかめっちゃ怖かった人間標本5.6。
村松キャップ(おやっさん)が活躍する回でした。

R0055028

今見るとかわええ~(^0^)

R0055029

この美しいダダイズムのデザイン。シュールです。

R0055030

三体入っている訳では無く、お顔を交換するだけという。
本当は、当時の発想として、阿修羅イメージで顔が回転して3人分となる想定だったようですが。
上手くいかなかったようで、このようなお面を変えて3人分を演じるという形になったようです。

R0055032

出したとこ。
見事な線です。

R0055031

人間縮小器(ミクロ化器)

R0055035

こんな感じで外せます。

R0055036

やっこさん風(^0^)

R0055038

武田鉄矢風ヾ(^ )コレコレ

R0055040

ダメージバージョン。
でもなんか鼻水たらしているみたいにかわいいです。

R0055041

夜中に、こんなでかい顔して、こんなシュールなデザインの服着てたら、怖いですってば(^0^)

凄く高くなっていますね~。

気休めだけど、思ったより正確なFITTNESS TRACKER その2機能・計測編

まず、取説に書かれているQRコードからアプリをダウンロードしてきます。

000kihon

デフォルト画面は、中央の各種データが出ているもの。

画面を左からスライドさせると(左画面)個人情報や各種設定ができる画面になります。
LINE、Facebook、Instagramのレスなども受信設定したければこちらでできます。

お高い林檎時計などのように、スマートウォッチだけで電話の受話はできません。
マシンによっては、リモートカメラのシャッター(レリーズ)になったり、音楽の再生スキップ、ボリューム上げ下げなどもできる物もあるらしいですが、こちらはそういう所までは付いていません。
シンプルに体調管理(ライフログ)だけ。そこも良い。

右側から左に画面をスライドさせると計測画面が出てきます。
これ、正時ごとに測定ってしておけば、10:00などに自動で計測をしてくれます。
その時に計測したかったら、白い丸の部分をタップすると計測してくれます。

001hokou

歩行モード。
何もしなくても歩行することで歩数がカウントされます。
歩数計と一緒に利用してみましたら、だいたい合っていましたので、目安にはなると思います。
別の麻疹もとい、マシンだと、ランニングモードとか、サイクリングモードなども設定する物があるので、運動中心の方はそちらを選ぶのも良いと思います。
因みに、字が間違っていますが(中国メーカーだし)、一日の歩数状況、週(下の表示は周ですが)、月と行動パターンがグラフ化されたりします。
因みに、二つグラフの伸びが多いのは、現地調査で、初日が8~9KM歩いたとき、2週目が16KM歩いたとき。
この時は3万歩超えました(^^;

注意文がありますが、これも日本語としておかしな表記がありますが、たいがいわかると思いますので大目に見ましょう(^0^)

そもそも、本格スマートウォッチは2~5万円位するので。

002suimin

睡眠データ。
どうやってカウントしているのかわかりませんが(^^;
睡眠時間は概ね合っていると思います。
熟睡したかどうかは別。
iPhoneで睡眠アプリを入れて枕元に置いてありますが、熟睡できたーとか、あまり寝られなかった~とか思う感覚は睡眠アプリの方が正しいかも。
そもそも、深い睡眠が2分とか12分ではあり得ないし(^^;)

003shinpaku

心拍数。
私的には、何故か心拍数が高い(多い)方なので、なるほど的な感じ。
日の心拍数で5時30頃高いのは、わんこと猛ダッシュ散歩をしたから(^0^)

003shinpaku_2

週では概ね平均的。

004ketsuatsu

血圧
どうやってカウントしているのかわかりませんが(^^;
そもそも腕に巻いて測るわけでもなく。
でも、近い時間に血圧計で測った値と比べても大きく変わらないので、そんなに大きな差はないと思いますので、こちらもなんとなくあってる感じ。
ピーク値などは、激しい運動をしていたり、歩いているときにタイマーでカウントされちゃっている時だと思います。

005sanso

血中酸素
こTらわよくわからん(^^;
そもそも、これがどうなるのか、何を元に計測しているのかもよくわからないです(^^;

006hiro

疲労状態
これはなんで疲労しているのかカウントしているかわかりませんが、
月間表示の2つを見て貰うと二つグラフの伸びがあるのがわかると思います。
上に書いたように、10~16km位現地調査で歩いたとき。
この時の表示を見たら、疲労していますという表示が出たのでこちらも、おお~よくわかってるぢゃんみたいな。

2000円ちょっとで、このようなマシンで健康管理ができるとすごいと思います。

意外と良いものでした。


  

まあ色々見て、自分に合った物があれば買ってねというレベル。
半分まじない(呪い)みたいなもんだし(^^;)

自分が買ったのは、左端のいっちゃん安い奴。


気休めだけど、思ったより正確なFITTNESS TRACKER その1本体編

そもそも、時計重いし(ダイバーだし)面倒だし。と言う訳で、普段会議以外に腕時計をしないZEAKさんです(^^;
スマートウォッチが出始めた2014年頃から、ライフログマシンとか、SONYのなんちゃらバンドSWR10~12などを始め、各社から類似の体調管理マシンが多数出て来ましたが、いずれも2万前後というものでしたので、なかなか手が出ませんでした。(出さなかったとも(^^;))
某所でタイムセール2200円だったので、騙されたと思って買って見たのが・・・・

R0055054

今色々なメーカーから出ている健康管理器具、箱見ると、スマートウォッチとか書いてあるけど。
名前はFITTNESS TRACKERと言うらしい。
でも、これ類字の物がいろんな会社(主には中国の各社)から同じ物が名前を変えて出されているらしい。

R0055057

内容物一式、スマートウォッチらしきもの(本体1)、ぐるぐる巻きなのがUSB充電器。
それと日本語(誤植多いけど)取説。

R0055062

リンクしないとこの状態で時間が出ます。デフォルト。

R0055061

横から。

R0055063

時計のデザインはほかに、これと

R0055064

これと

R0055065

これがあります。

あと、ネット(アップルストアかGoogleプレイストアのみ対応)から、アプリを落としてきて、Bluetoothでシンクロさせれば、時間も合うという仕組み。

R0055070

試しに上の白い丸をタップすれば、計測が始まります。
心拍77、血圧121/80,血中酸素98%、疲労度状態が良好と出ました。

R0055058

充電は、この特殊なUSBなので、長期旅行や出張に行かれる方はこれも持っていかないと困ります(^^;)

R0055081

充電中のようす。

R0055205

どうやって計測するかと言うと、時計の反対側にセンサーがあって計測時には光が出て計測する(らしい)


  

まあ色々見て、自分に合った物があれば買ってねというレベル。
半分まじない(呪い)みたいなもんだし(^^;)

自分が買ったのは、左端のいっちゃん安い奴。

続きます。
機能・計測編に続く

ネットラジオレコーダーver7

常時使っている訳では無いのですが、随分前からスマートフォンなどでもラジオが聴けるようになっています。
でも、必ずしもその時間に聴ける環境にあるわけでもないので。
結局タイマー録音をしてしまいます。

また、某NHKFMでは、時々今日は一日〇〇三昧という、これがアニソンであったり、映画音楽であったり、Jazzであったりします。
流石に一日中、たいがい午後から深夜までというのが多いのですが、それもずーっと張り付いているわけにもいかず。
取りあえず録ってみて、必要ならHDDや音楽プレーヤーに保存すればいつでも聴けるし、用があるときには止めておけるので。
と言うことで、数世代前から使っています。

R0054598

アップグレード版が、めっちゃ安く買えたので。保護。

R0054599

こちらが裏面。

R0054601

海外のラジオも聴けるオマケCDが付いてきました。

Radico6_1

こちら前のVer6。
でもアップデートして7相当になったので、本当は要らないのですが。
うちにパソコンが複数台あるので、というのと、WindowsとMACどちらでも3台入れられるので。

上は6
 
 

こちらが7、右は既に何かしらのネットラジオレコーダー古いバージョンを持っている人向け。

PIXIS Joy Crossover その2内部編(TOYOTA)

ピクシスジョイクロスオーバーの内装編です。
CAST、ダイハツキャスト アクティバの内装と一緒です。

20171126_070222

一つ前のモデルでは、2.5万位のオプションでしたが、何チャラパック(忘れた)にすると全部入りのものになって、オプションがほとんどなくなるという美味しいパックになりました。
内装カラーが、ボディカラーと一緒になります。
ドア部分。
因みにドアの肘掛けに当たる部分が、ピアノ塗装になっているので、指紋が目立ちます。
ここは、マット調(つや消し)の普通のものでよかったと思います。
下にはスピーカーとドアポケットがあります。

20171126_070229

フロントシート。
前モデルは全部布でしたが、周辺部は合皮?で豪華そうに見えます(^0^)
因みに、軽なのにベンチシートになっています。
意味あるのかな?

中央にあるのが倒せるアームレスト(肘掛け)

20171126_070321

こんな感じ。
でも、アームレストを倒すと、シートベルトをしにくくなるので、アームレストは要らないかなとか思ったりします(^^;

20171126_070343

後部座席。
後部座席は昔と違ってスライドシートになっており、

20171126_070402

多少前後できます。

20171126_070409

荷室を倒してフラットにするためには、こちらまでスライドさせるとか、色々遊べそうです。

20171126_0704181

スライド用のアームがここまで伸びます。

20171126_070509

後ろまで延ばしたとこ。
箱はレイン対応用ドアミラー。袋は、ボディコーティングメンテナンスキット。

20171126_070531

シートを倒したとこ。

20171126_070558

後席シートはここまでスライドさせることができます。
これだけ荷室あれば良いかな的な感じ。

20171126_070352

因みに、背面のシートは低いので、ヘッドレストを延ばさないと座り心地が良くありません。
後席に人が乗らないときには、このように収納しておいた方が良いと思います。

20171126_070708

助手席の背面に、このようなものがありますが。

20171126_070713

倒す事で、レジ袋などを引っかけておくことができます。

20171126_070726

後席のドアポケットは、ドリンクホルダーがあります。

またフロントに向かいます。

20171126_070248

助手席から見た感じ。
左側のスリットはカップホルダー、小物入れのポケット。エアコン吹き出し口にもポケットがあります。

20171126_070255

カップホルダー

20171126_070300

エアコン吹き出し口

20171126_070907

運転席側の集中コンソール部分。
写真左は、ドアミラーの視界調整。ドアミラー折り畳み手動と中立にすると・・・

20171126_070943

電源をオフにして、外に出て、ドアロックをすると自動的にミラーが折りたためる機能が付いています(^^;
しゃらくせー(^0^)

20171126_070925

上は常設のカップホルダー

20171126_070930

下部分にはエンジンスタートボタン
プリウスはステアリングの左にあるのでつい左側のボタンを押してしまいます(^^;

下のボタンは、路線逸脱警告、自動エンジン停止キャンセラ-、右端は手動ライト向き調整ダイヤル。
因みに、この車種にはオートハイビーム機能が付いています。しゃらくせーヾ(^ )コレコレ

下段には、ETCカード(これ、前のミラから移植したもの(^^;)

20171126_071030

チェンジレバーはフロント側に付いています。普段Dにしたままで良いのですが、なかなか慣れません(^^;
左側はオートエアコン。しゃらくせー(゚゚ )☆\ぽか

20171126_071034

標準のカーナビ。
でも、一丁前にBluetoothが搭載されているため、ハンズフリー通話や音楽プレーヤーとリンクさせることで、音楽を聴くことができます。
でも、なかなか、認識の時間がかかります。一度エンジンを切って、再び点けるとそこでも認識に時間がかかるので、それなら、AUXコネクタにそのまま有線で繋いだ方が楽です。

ハザードランプと、エアコン吹き出し口。
下には見えにくいですがポケットがあります。

20171126_071045

なんと、デフォルトで運転席、助手席のシートヒーターが搭載されています。しゃらくせー

20171126_071055

ステアリングは、革風になっています。持った感じが良いです。
吉野家マーク(^0^)

20171126_071059

ボリュームコントローラー(上下)とモード変更レバー(左右)しゃ(゚゚ )☆\ぽか

20171126_071102

ノンターボで非力なのですが、この「パワー」ボタンを押すと、追い越しなどで加速力が増します。

20171126_071119

オートにしておけば、自動でハイビームとロービームになるという優れもの。

20171126_071130

サイドブレーキではなく、左側にフットブレーキがあります。

20171126_0801491

エンジンルーム。
めっちゃ綺麗(^0^)
バッテリが-大きい。(まあディーゼル四駆ほどでは無いですが)
ミラに比べると床が見えない。

20171126_081404

エンジンをかける前は、真っ暗で見えません。

20171126_081346

えんじんかけたとこ。
タコメーターもあります(^^;)
昔のミラにはなかったので。
外気温、平均燃費、距離計などをボタンで選択できます。
が、ボタン多すぎ(^0^)

20171126_070335

ドアの開け閉めは、この部分を押します。
ロックするときもこの部分を押します。
まあリモコンでやっても良いのですが、カバンに入れておけば、ここを押すだけなので便利かな。
運転席と助手席、後部ハッチにオンオフがあります。
プリウスやFitだとグリップを握れば解除できるので、なかなか慣れません(^^;)

因みに、自分が運転したら21~22km/L位。
家族が運転しても18~19km/L位は最低限行くので、良い燃費だと思います。
但し、渋滞している処では、アイドリングストップが頻繁に発生するのがいやなので、その時にはオフにした方が良いと思います。
また、ダイハツのアイドリングストップは、完全に停止する直前にエンジンが止まってしまうのでその辺の癖に慣れればならないと思います。

PIXIS Joy Crossover その1外観編(TOYOTA)

久々の車ネタ。
とは言え、今年の春先に、うちの子がミニクーパー7SDを500万円で購入したのですが(^^;

20171126_063122

横から。
本当は、夏頃にかみさんが車を某公共施設の駐車場のポールにぶつけてへこんでしまい。それを修理するのに20万以上かかると言われ、もう14年乗っているのと、修理して何年乗るのか、それなら新しいの買った方が良くね?的な話になって。
でも、秋には衝突安全性が格段に向上したスマートアシストIIIが出るのでもう少し待った方が良くね?的な話になって。
それまで情報収集をしまして。

20171126_063306

後ろから。
因みに、こちらはダイハツCAST ACTIVAというもののOEM。

20171126_063428

バックモニターとドアオープナーと生意気にも、ドアロック解除ボタン。

20171126_063524

正面から。
朝露が降りていて目が曇っていますが(^^;)
あーナンバープレートは、ホルダーに入れようとして外してあります。
フォグランプは、標準装備(真ん中のクラスです)

20171126_063529

下から。

20171126_063731

うちの子のミニ7と

20171126_063747

アルミホイル標準装備。

20171126_063758

タイヤサイズは、165/60R15という、薄っぺらいタイヤ(^^;

20171126_063803

サイドウインカー部分。チェッカーはオプション

20171126_063806

ドアミラーのチェッカーもオプション
しかも、軽のくせに(^0^)エンジンを止めて、鍵を閉めると自動でドアミラーが畳まれるという。
プリウスにもミニクーパーにも付いてないぞ(^0^)(注:うちの子が前に乗っていたミニクーパーには搭載されていた)

20171126_063812

フロントのテープもオプション

20171126_063824

後方のパネルにもチェッカー(^0^)

20171126_063817

スマートアシストIIIの新機能。
ステレオカメラになって(IIの時はシングルとセンサーのみ)、駐車場に止めて店に突っ込まないとか、歩行者などへの反応もするという優れもの。
(完全ではありませんのであくまでも自己責任で)

20171126_063840

TOYOTAはPIXIS(ピクシス)シリーズが軽の名称で、Joy(ジョイ)がCAST(キャスト)、Crossover(クロスオーバー)が、ACTIVA(アクティバ)に当たります。

20171126_063846

吉野家マークヾ(^ )コレコレ

20171126_063901

前も吉野家マーク
因みに、スマートアシストIIIが付いたマイナーチェンジモデルは、グリルがハニカムデザインから横の3本バーになりました。

内装編に続きます。
流石にAmazonや楽天には商品リンクが出てこないだろうな(^^;)


ショッカー戦闘員(フィギュアーツバンダイ)

旧バージョンなので、非常に安く売ってました。

主役のライダーや怪人よりも、こういう脇役の方が好きということでo(^▽^)o

R0054728

ショッカー戦闘員です。

R0054729

裏面。
いったい、悪の組織だけど、すぐにやられちゃう戦闘員の給料はいくらなのか?と子供心に思った(゚゚ )☆\ぽか

R0054776

こちらがパーツ類。
ナイフみたいなのと、棒と。あと手の形が何種類か。

R0054777

デフォルトではグーですが。

R0054779

イーというポーズも取れます(^^;

万年筆紹介などに頑張ってもらいたいと思います。


こちらが紹介したもの。

こちらが新しいもの。
顔つきは、こっちの方がイケメンです(^0^)

ロボット兵 創造ガレリア(バンダイ)

今年の春先に募集があって、たぶん二次募集ですが(^^;)
結局o(^▽^)o

R0054754

でも、バージョン1って?

R0054758

こちらが裏面。
いろんな形に変えられます。

R0054760

パッケージの中は、天空の城の文様デザイン。

R0054761

こんな感じに収まっていました。
右側は、飛行状態にするときに使用する手。

R0054762

出してみました。
関節が腕時計の金属ベルトみたいなっているので、かなり自由度が高いです。

R0054765

飛行状態にしたときに、置く台座。
こちらも天空の城の文様デザイン。

R0054766

こちらが手。

R0054768

収納?格納?されている時に、エネルギーの供給源というか固定?見たいになるケーブル類。

R0054769

シータを救助する時に(映画版だと片手はとれちゃってたけど)、胸に手をあてるロボット兵

R0054771

チョイアップ。

R0054772

ムスカの指令で、兵隊をかり出しに行くときのポーズ。

R0054773

横から。

R0054774

足の裏にもラピュタのデザインが。

 

売ってるんだ。少々高い感じがしますが。

プラモデルの方が安いです。

こちら以前紹介したもの。
随分高くなっています。

青バージョンもありました。


電脳小物の再来。GPD Pocket その6 電脳小物比較編その2

この頃になってくると皆さんも知っている者が出てくるかと。

VS VAIO TypeP

R0054855

VAIO TypePです。

R0054852

これはどちらかというとポメラの方だな(笑)

R0054853

比較するまでもないのですが。
デザインや思想は似てます。

VS VAIO P

R0054840

Typeが消えた、バイオP
ただ単にマイチェンしただけですが。

R0054841

キーの入力のしやすさは絶妙なので、GPD Pocketの中身をこちらに移植してくれれば言うこと無いマシンが生まれそう。
SONYさん、もとい、VAIOさん、また作って。
TypeP同様全体的にもっさりしていたので出番があまり無かったです。
たぶん今の技術で作れば、サクサク動くマシンができそう。SSDで128GBとか入れて。

VS LinuxZaurus C-860(シャープ)

R0054858

勢いがあった時代のシャープ製品。
まあ比較するほどでもないのですが、こちらでもそこそこタイピングができたので。
とは言え、議事録と言うより、簡単なメモと、スケジューラくらいかな。

R0054859

上下が逆ですが。

VS PRTABOOK(キングジム)

R0054862

発表時に10万円位で売られたポータブック。
その値段じゃ売れないだろうと思ったら、昨年暮れに販売後半年もしないうちに20,000円台に値崩れしたのを保護。でも、結局あまり使わない(^^;)
重宝したのはOffice365だけという(゚゚ )☆\ぽか

R0054864

この辺のキーボードのギミックはIBMのバタフライに通じるものがあって好きなのですが。
マウスはThinkpadのNEWキーボードと同じすてぃっくではなくて、センサー式。
私は嫌いではないが、どうも人気が悪かった。

VS 7インチKindleFire(Amazon)

R0054882

7インチということで、手持ちのAmazon KindleFire

R0054884

液晶画面の大きさ感はほぼ一緒。
解像度はGPD Pocketの方が高解像

VS iPad mini3rd

R0054885

縦横比が違いますが、雰囲気的には似ています。

R0054887

iPad mini3rdは、昔のマシンなのでエッジ部分が厚いのが気になります。

電脳小物の再来。GPD Pocket その5 電脳小物比較編その1

恒例の比較編です。
この中には懐かしい者が沢山出てきます。一つを除き全部動きます(^^;

VS PT110(IBM)

R0054844

懐かしのウルトラマンPのパームトップ110です。
なんとなく大きさは似ています(^0^)

R0054845

キーボードは無理矢理TP-230CSと同じ配列にしてあるので、かなり密度が高いです。

VS CASSIOPEIA FIVA(CASIO)

R0054849

当時としてはかなり小さく、でも、並べると大きい。

R0054850

こんな感じ。

R0054847

まだ動きます。
たまたまFB見てたら、ちょうど1年前にもあるデータが見たくて動かしていたという(^^;
パームレストがおおきいだけで、キー配列はなんとなく似てる。
壁紙がVAIOなのはご愛敬。

R0054848

この当時、は絶妙なキーピッチと配列でした。

VS VAIO U(SONY)

R0054828

電脳小物の当時の真骨頂 VAIO U
横幅がほぼ一緒だったのにはびっくり。
(残念ながらリブレットは全部処分)

R0054829

重ねたとこ。
レンズ収差があるものの、ヒンジ部くらいが出PPAっている感じ。

R0054830

横に並べてみました。

R0054832

こちらもまだ動くのだよ(^0^)
壁紙がレアロなのが(笑)
VAIO Uは左右ボタンとスティック、ジョグダイヤルが後ろにあってその部分場所が圧迫されていますが、これはこれで当時はサクサク動かせていたので。

R0054833

重ねてみたところ。
やはりVAIO Uも日本語キー配列なのでキーが多い。

VS sigmarion 3(NTT docomo)

R0054839

ハンドヘルドコンピュータを絶滅に追いやった張本人(^^;
横幅が一緒。

R0054838

奥行きも一緒。
マジすか!
嘘だろ的なくらい一緒(^0^)

R0054834

画面の大きさやバックライトの色合いが若干違いますが。

R0054835

当時会議の場でこれで高速タイピングしながら議事録打ってましたからねぇ。
絶妙なサイズっす。

長くなったので続きます。


電脳小物の再来。GPD Pocket その4 起動編

始めにお断りしておきます。
色々なサイトでも注意書きがありますが。
初回起動時には、コルタナ(おっけーGoogleや、へい!尻もといSiriみたいなもん)が大音量でしゃべりますので、ご注意下さい。

R0054732

電源を入れると、最初横向きのGPD Pocketのロゴが、盾になって青い画面に続きます。

R0054733

ちょっとお待ち~ってなって。

R0054734

言語剪定になります。
日本語を選びますが、英語以外の言語を選ぶと、設定を戻すのに何が何やらわからなくなりますので、ご注意下さい。

R0054735

安心して下さい、たまにある輸入版Androidみたいに、怪しい中国語混じりの漢字ではありません。
右下のはいを押します。
タッチパネルでタッチしてもよし、Enterキーでもよしです。

R0054737

ちょっとまてや( ゚Д゚)ゴルァでなくて。
次の瞬間・・・

R0054738

大音量でしゃべり出しますので、心臓の悪い方、仕事中にセットアップする方、ご注意下さい(^0^)

R0054740

日本語を選択しているのに、地域から始めましょうとは(^^;)

R0054741

マイクロソフトの使用許諾の確認。
良ければ右下の同意ボタンを。

R0054744

ネットワーク設定があって、これは無線LANを選ぶ奴ね。
再起動して。

R0054746

マイクロソフトアカウントでログインが設定されます。
初めてこのマシンを買う人は下のアカウントの作成(無料)
既にある人はログインIDを入力。

R0054747

またちょびちょび凝る棚(コルタナ)が出てくるので、欲しい方ははい。
聞きたくもない人はいいえを選択して下さい。

R0054749

デバイスプライバシーの設定。
これは、例えばパソコンがこっちは悪くないのに、裏で悪さしているアプリが固まった時とかに情報を勝手に送る様に設定するかどうか。というのをチョイスするチェック。

私的には全部邪魔なのでオフにしています。

R0054750

あと少しです。

R0054751

こちらデフォルト画面ですが。
少しすると、自分が設定している画面やレイアウトになります。
既に、スタートメニューが自動で上に行ってますから。

R0054753

スティック(青い丸のぽっち)を操作中に、ふにふに滑ることが判明したので、同梱されていた赤いぽっちに変えちゃいました。

20171108_182944

たまたま出張中に利用した新幹線の中で起動中のようす。

20171108_183149

ネット接続してメールのチェックをして、必要な返事を書いて。
そんなのが朝飯前です。
但し、私的にはキャリア(docomoやau、SB)などのスマホをつかっていないので、新幹線に搭載されている無線LANは拾わずに(そもそも、ほぼ同時にログインしているので、遅い場合が多いため)、モバイルルーターを使用しています。

R0054789

因みに、乾燥重量は517gなので、ちょっとしたシステム手帳くらいの重さで十分持ち運びは楽です。

R0054790

こちらが、当時98,000(税別)で全く売れなかったポータブック(2万になって保護)。でもキー入力は良いけど、液晶画面が汚いし暗いので、たまにしか出番がない(^^;
が、820g下手なミニノートパソコンくらいある。

その5マシン比較編に続きます。

たぶん紹介したものがこれだと思います。

  

本当にお値段はピンキリなので、オマケが合った方が良いのか、それとも単品で価格が安い方が良いのか。
但し、色々欲しくなる可能性もありますので、トータルで幾らになるかもお考え下さい。

電脳小物の再来。GPD Pocket その3 液晶保護フィルム編

ネットの評判で、同梱されている液晶保護フィルムは品質がイマイチと言う書込が見られたので、こちらのガラス版を保護してみました。

R0054683

めっちゃ外が過保護になっていますが(^^;

R0054684

でかい樹脂ケースから外して撮影。

ガラスなので自然に張り付いて終了(^^;

写真撮るの忘れてた(゚゚ )☆\ぽか

こちらが紹介したガラスの液晶保護フィルム
導入して一ヶ月くらい使っていますが、タッチパネルもちゃんと反応するし、心配していたキーボードの跡も付かないし、傷も付きにくいし良いと思います。


電脳小物の再来。GPD Pocket その2 本体編

本体編です。

いけね、上蓋撮るの忘れてた(^^;
まあ、既に春先に購入した人が多くレポートしていますのでまあ軽めに。

R0054685

コネクタ類は、正面向かって右側に集中しています。
左から放熱ファン、USB-Cコネクタ、microUSBコネクタ、イヤフォンコネクタ、USB3コネクタ(たぶんですが)

R0054686

ちょいと拡大してみました。

R0054687

正面から。

R0054688

左端。
すっきりしてます。

R0054689

裏側。
一応、ゴム脚があります。
左下、吸熱口だと思います。

R0054691

なぜかゴム脚が一ヶ所だけピンクになっていました。

R0054692

日本の技適も取得しています。
中国製造と書いてありますが、こう見ると小物づくりも中国でもしっかりしてきたたなと思います。

R0054694

開けたとこ。
手前のThinkpadに似た青ぽっちが気になります(^^;
上の白いのは、液晶保護用の不織布
キーが最低限の配列なので、記号類は上段に追いやられています。
この辺は慣れが必要。

R0054695

画面は縁までではなく、前後左右1.5mm位黒い部分があります。

R0054752

充電中は、電源スイッチの左側が赤くなります。
満充電になると

R0054682

左側は消灯します。
起動並びに満充電時には右端の電源だけ色が付きます。

多くの人が書いていますが、本機の液晶は7インチタブレット用なので、時々画面が横になっていることがあります。

R0054731

こんな感じ。
充電アイコンもAndroidみたいな感じ。

保護フィルム編に続きます。

たぶん紹介したものがこれだと思います。

  

本当にお値段はピンキリなので、オマケが合った方が良いのか、それとも単品で価格が安い方が良いのか。
但し、色々欲しくなる可能性もありますので、トータルで幾らになるかもお考え下さい。


パピヨン Blu-ray

パピヨンと言っても、わんこでもチョウチョでもありません。
スティーブ・マックイーンが渾身の演技をしている作品。

R0054592

こちらもリマスター版ですが、ぼったくりではありません。

R0054597

でも、日本語吹き替えが2種類のテレビ版から入っているのでかなりお得。
日曜洋画劇場とゴールデン洋画劇場版。
それ以外に1時間くらいのスティーブ・マックイーンのドキュメンタリーが入っているなどかなりお得。

20171117_183116

性格が全然違うスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの二大スターの作品。
中学くらいに見たのかな、結構ショックでした。

20171117_183143

フランス本土から、囚人をフランス領ギアナの離れ小島に島送りにされるシーンから始まります。
フィルムゲイン(粒子)を残した感じで、再現されているので、当時の映画館の雰囲気が出ています。

20171117_183423

凄く大勢。

20171117_183713

ハンモックで寝るのですが、内部で殺人事件も起こるし。

20171117_184842

マックイーンは、殺人のぬれぎぬを着せられて有罪。
ダスティン・ホフマンは、偽造で社会を大混乱に陥れた関係で有罪。
ダスティン・ホフマンは、マックイーンに命を守ってくれるよう依頼して、こんな感じで独房に。

20171117_184853

Blu-rayだけあって、画質は良いです。
但しちょっと派手目に映る傾向があります。

20171117_184916

どこに送られるか不安に思っている囚人達。

結局楽な仕事をお願いし用として賄賂を渡しても、所長がダスティン・ホフマンの偽造した国債で大被害を被ったと言うことで、最悪の島送りにされてしまいます。
ここからがもうすごい。というところで、気になる方は、ぜひご覧下さい。

 

Blu-rayもDVDもお値段があまり変わらないので、Blu-rayの方をオススメします
まあ、なんども廃盤、再発となっていますのでお早めに。

今見ても良い作品DUNE 砂の惑星Blu-ray

1984年なので、古ぼけたというイメージがありますが、若い頃のスティングも出ているという。
原作が好きで小説は石ノ森章太郎さんがイラストを描いていたので、それが頭にこびりついていて、当時映画館で見た時には違和感がありましたが。
あの時間で良くあそこまでまとめたなという感想でした。

R0054867

2年前にリマスター版が出たのですが、なかなか値段が下がらずに(^^;
でも、某所でポイント+期間限定ポイントがなくなっちゃうので破格の値段で保護。
更に、日本でもリマスタリングして、高画質になっています。

R0054872

劇場公開版とテレビ放映当時の音声入り。
自分は映画館でも、LDでも英語版で見たのでそっちの方が印象に残っていて。

20171118_193446

オープニングは、お姉さんのモノローグで歴史的な経緯が話されます。

20171118_193635

四つの惑星が近くにあって、そのうちのDUNEにだけ、特別な香辛料があってそれの利権を争う話です。

20171118_195132

宰相たちと、王子
いろんな有名人が出ています。

20171118_195339

こちらが、良い方の王様(^0^)

予言の凄い人が目覚めるという話で、魔女が査察に来た。

20171118_200059

耐性テスト(^^;)

20171118_200716

いかにも敵っぽい。右が若い頃のスティング。

20171118_201146

クラシック風の宇宙船。
ワープはします。

20171118_201604

統治先のDUNEに行きます。

20171118_202715

香辛料を採種するのですが、それを守る巨大なミミズがいるので絶えず戦い。
まあ、腐海を守る王蟲のような感じと言えばわかりやすいかも。

20171118_204002

首脳部の裏切りでシールドが破壊されて、敵に攻められて、王が殺されて、脱出した王子がDUNEに住んでいる人たちと協力して逆襲をするという話。

20171118_211559

これがポスターにあるシーン。
ナウシカみたいな役ね(^^;
500mくらいあるミミズを言うとおりに操り、敵を撃破するというお話。

興味がある方はレンタルでも良いので、ご覧下さい。

R0054873

本編ディスクと、

R0054874

テレビ公開版(ロングバージョン)が付いています。
これはまだ見ていないのであれですが(汗)

けっこう高くなっています。
DVDも廃盤なので、同じくらいします。

英語版(日本語字幕なし)で良ければ、破格の値段で買えます。
但し劇場公開版のみです。


電脳小物の再来。GPD Pocket その1 紹介編

2000年初頭の頃まで、PDA(パーソナルデザインアシスタント)と言われるものや、モバイルパソコンなどが、世界中のメーカーで提案されて、数々の名機と言われるものが発売されました。
本ブログは2005年頃という少し遅めの開始ですが、その頃もまだ活発に電脳小物は様々なOSで発売されていました。
ちょこっと言うと、1980年代後半に、電子手帳が発売され、その後手のひらサイズのマシン、当時はパソコンと言うよりワープロ中心のマシンとして、オアシスポケットなども出て、その後ザウルス、HP100~200LX、IBMからはThinkpad 220や230CS PT110(俗に言うウルトラマンP)、少し経って、PALMが誕生し、同時期にWindowsCEが出てハンドヘルドコンピュータと呼ばれる、者が沢山出てきました。
と言うガジェット好きにはたまらない時期でした。
ところがその辺がシグマリオンが出て、販促品代わりに投げ売りされてしまうと、15万前後で売られていたCEマシンが売れなくなってしまい、誌上から消えてしまいました。
今のスマートフォンを生み出す繋ぎとして日本では大ヒットしたのが、こちらもシャープのW-ZERO3という、Windowsマシンでした。こちらはマニアには売れたのですが、アプリストアが発達しなかったために、後発のiPhoneに大きく水をあけられてしまい、続いて出てきたGoogleのスマートフォン、こちらもアプリストアが充実していたため、結局WindowsPhoneは市場から消えてしまいました。
この辺の話は比較編に続きたいと思います。

ところが、昨年暮れというか今年の春先に、中国メーカーがクラウドファンディングで、手のひらサイズのパソコンを発表したところ、この手のマシンがなくなっていた所に世界中のガジェット好きが投資して大人気となりました。

ちょっと様子見をしていたのですが(^0^)

R0054656

怪しいパッケージで来ました(^^;
というのも豪華〇点セット付録みたいな。
深夜や明け方の怪しいテレビショッピングみたいな感じ。
単品売りのものもありますし、セット品のものもあるし、更に、扱っている店が多くて。
ほぼ似たような価格帯なら、評価コメントと販売店側の対応が良くて、後から追加をしなくても良いかなという感覚で選択。

R0054663

こちらが、所謂豪華〇大付録という、昔の少年漫画雑誌みたいな構成o(^▽^)o
上から、怪しげなマウス、キャリングケース(この中に右下二つのものが入ってた)
GPD Pocket本体プラス周辺機器。USB拡張ユニット、HDMI出力ケーブル、SD,microSDカードスロット。
という感じの構成。

R0054661

開けたとこ。
USB-Cの充電ケーブルとACアダプタ、それに怪しげななんとなく数世代前のiPhoneに似たイヤフォンと液晶保護フィルムが入っていました。

R0054662

反対側にはGPD Pocket本体。

R0054664

薄っぺらい取説と、フィルムと保証書みたいなの。
白いビニールは本体ね。

週明けに(^0^)本体編に続きます。

たぶん紹介したものがこれだと思います。

  

本当にお値段はピンキリなので、オマケが合った方が良いのか、それとも単品で価格が安い方が良いのか。
但し、色々欲しくなる可能性もありますので、トータルで幾らになるかもお考え下さい。

 

Amazon ECHO その2設定・使用編

AmazonEchoですが、セットアップにはスマートフォンが必要になります。
スマートフォンからアプリをダウンロードします。
最初iPhoneで設定しようとしましたが、iPhoneの評価が★★と殊の外低く、iPhoneで設定が上手く行かなかったので、BlackBerry(Android)から登録しました。こちらはすんなり(^^;

R0055274

まず、アプリを立ち上げて、先にAmazonEchoのWi-Fiと接続します。
写真は撮っていませんが、時々接続が切れてしまうことがありますので、その場合は。

20171203_115248

写真右側の〇を長押し(5秒位)して、セットアップ(もしくは再セットアップ)をする必要があります。
たぶん接続が切れちゃったのは、会社に置いてあって、家でAmazonEchoアプリを開いたからだと思います。

R0055272

AmazonEchoに接続しましたと出ます。
その後、今まで使っていた無線LANと繋ぐ必要があります。

R0055273

こちらね。

R0055275

するとセットアップが完了します。

オッケーGoogleみたいに、聴き取り準備をする言葉として「アレクサ」と呼びかけて、「〇〇して」と続けます。

「アレクサ」と呼びかけると。

20171203_115248_2

青水色にリングが光ります。
この状態で、聴き取り準備ができます。(写真は再掲)

「アレクサ、今日の天気は?」と言うと、さっと調べて。
音声で答えてくれます。

R0055269

アプリでも表示されます。

「アレクサ、フラッシュニュースは?」と言うと、
直近のNHKニュース(たぶんラジコから)を拾ってきて、NHKアナウンサーがしゃべってくれます。

R0055276

「ビートルズかけて」「ボン・ジョビかけて」とか色々好きな曲を再生してもらえます。
アバウトに言うと、適当にオススメの音楽を再生してくれるので、仕事し流れでもBGM的にながすことができます。

R0055271

取りあえず1か月は無料でアマゾン、ミュージックアンリミテッドが聴き放題。
でもって、こちらのメリットがAmazonEchoバージョンだと月額380円?だっけ?で利用できます。
ミュージックアンリミテッド個人用だと980円なので、これはオススメかも。

現時点では一部の電子機器しか対応していませんが、そのうち「電源を点ける」「エアコンをつける」などができるようになるので、可能性は高まります。

今時点では、クックパッドのレシピや料理の作り方を教えてもらう。渋滞情報、交通情報など、ラジオだと決まった時間で聴くしかないですが、パソコンやスマホを見ながら調べることなく、こえをかければ音声で案内してくれるのは良いと思います。

Amazon ECHOがやってきた

今年は、日本ではAIスピーカー元年(海外では数年前から)となっています。
11月に、AmazonEchoが買えるけど、欲しかったらエントリして、そのうち招待するから。
というメールが来て、忘れた頃に「Amazon Echo」買う権利は24時間以内ね?という脅迫メールが来て、その日は放置したら、またメールが来て、あと3時間で買えなくなるけどどうよ的な(^0^)
なんか、全国的に欲しい人がいるらしいのですが、招待メールすら来ない人もいるということで、先行入手していた知り合いの「のぽりん」(家電女子ネット)に聴いたら、遊べるよ~、流行だし~という愛の背中押しをされて(^0^)。
のぽりんさん、ありがとうございます。

R0016358

箱です。

R0016361

スキルと言って、色々なメーカーが情報提供しているものとリンク(意識せずに)できます。

R0016365

入っているもの、AmazonEcho本体(スピーカーみたいなのね)
これは中級クラスのもの。薄っぺらい取説。電源ケーブル。になります。

R0016366

黒なのか、チャコールなのかよくわからん色だな(^^;

R0016367

こう見るとチャコールですよね。

R0016368

背面はしっかりしたゴムになっていて、滑ることはないです。

R0016369

電源コネクタ部分(左)とAUX出力。

R0016370

手動操作部分はほとんどありません(^^;
右端のがリセットボタンみたいなもの。
黙っていても、ボリュームの上下は指示すれば勝手にやってくれるし。
但し、突然電話が来たりするときには、ミュートボタン(左端)を押せば黙ります。

小さい穴7ヶ所は、マイクになっています。
大きな部屋ではどうかわかりませんが、10~14畳くらいのリビングでも声が届くということです。

R0016373_2

なんと21w

R0016376

コネクタはしっかりと刺さります。

R0016377

ケースは抜いて、気分でグレーなどに替える事ができます。

R0016378

スピーカーはドルビー対応の360度マルチスピーカーになります。

R0016379

soundPEATSの立体音響スピーカーと並べると一回り大きいです。

R0016380

上から見たところ。

  

左が紹介したAmazon Echo(標準クラス)、Amazon Echo Dot(普及クラス)、Amazon Echo PLUS(上級クラス)
Echoプラスになると、家電とのリンクもしやすいです。
電気を消す、点ける、エアコンを付けるなど対応機器とのリンクが可能です。


小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ その2比較編(K&F CONCERT)

スリングバッグと言えば、昔から使っているAmazonBASICのカバンがあります。
比較してみます。

R0055110

投影面積的には似た感じがします。

R0055114

背面から見るとAmazonBASICが一回り大きいです。

R0055115

厚みもこんなに違います。

R0055116

ボトム部
右がAmazonBASIC。ちゃんと床に置く部分にゴムがあります。
K&F CONCERTの方は、ナイロンになっているので、床が塗れているときには置くことができないと思います。

R0055118

上から見た所。
厚みが全然違います。

R0055111

AmazonBASICの方が大きめのデジ一を入れられます。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。

ミラーレス等小型レンズ交換カメラ用スリングバッグ(K&F CONCERT)

カメラ周辺機器メーカーのK&F CONCERTさんの、お手軽お散歩カメラバッグです。
ワンショルダーのタイプで、英名はSling Shoulder Backpackという名称です。

R0055082

こんな感じ。
背面には三脚用のベルトがありますが、そこまで本格的に要るものかどうかは、何を被写体として撮影するかという感じがします。

R0055084

上から見た所。
かなり薄いです。
本当に気軽に使える感じのワンショルダーになります。
メーカータグによると、。223cm×14cm×37cmとあるので、本格的な撮影用ではなくて、やはり自転車やウオーキングなどをしながらちょっとした軽い機材だけで撮影するという感じに使うバッグだと思います。

R0055086

右側はペットボトルや折り畳み傘などを入れられるポケットがあります。

R0055088

左側のボトム部には、ジッパーがあり、ここからカメラを出すことができるようになっています。

R0055089

こんな感じ。
オレンジは、あとで(^^;)
蓋部分にはSDカードやバッテリーなどを入れられるミニポケットがあります。

R0055091

ポケットを開けたときに見えたもの。
以前大きめのバックパックにもありましたが、メンテナンスツールがあります。

R0055092

出したとこ。
左から、クロス、クリーニング液等を入れる霧吹き、レンズクリーニングペーパー、レンズクリーニングペン、ブロワーとなります。

R0055093

カメラが出しやすいようになっています。

R0055095

背中に当たる部分にもポケットがあり、・・・

R0055109

レンズなどを入れる仕分けがあります。
重量バランスから考えると腰部分に重いカメラを入れるのは理にかなっていると思います。

R0055098

トップ部をあけたとこ。
中に袋が入っています(レインカバー)

R0055099

レインカバーを出したとこ。
それなりのポケットになります。手前には2つのポケットがあります。

R0055101

ボトム部は、ベルクロ(ビービー(^0^))になっていて、外して全体を1気室(一体)として使う事ができます。

R0055106

前面の右側にもポケットがあります。
が、あまり大きくないので、Xperia Tablet4(10インチ)は入りません。

R0055108

Xperia Tablet3 Compact(7~8インチ)だと余裕で入ります。

R0016355

肝心のカメラですが、タイトルに小型レンズ交換カメラ用と書きました、上の写真は古いカメラですが、NikonのD7000ですが、これ入れるといっぱい一杯です(^^;
交換レンズは入りません。
なので、D750などフルサイズカメラだとソニーのα7シリーズ以外は厳しいと思います。

R0016354

FUJIのX-T1ですらこの状態なので(^^;

R0016356

SONYのNEX6ですら、交換レンズを入れるといっぱいいっぱいです(^^;

R0016357

こちらがX-T1とNEX6を無理矢理入れて見ました(^0^)

R0055102

シャワーキャップヾ(^ )コレコレ

R0055104

こんな感じで、背面を覆うことができるので、突然の雨でもカメラや周辺機器を守ることができるのは良いです。


 

スリムで使うようでしたら、紹介しているK&F CONCERTのスリングバッグ。大きくて、色々なカメラを入れるのでしたらAmazonBASICでしょうか。


日本版マクベス 蜘蛛巣城(黒澤明フランス版Blu-rayBOX)

少し前に紹介したリージョンB(日本では普通では見られない)黒澤明SAMURAIBlu-rayBOXの映像です。

20171028_193429

こちらが多少リマスターしたものだと思います。

20171028_193435

選択メニュー

20171028_193525

まず出だしは綺麗です。

20171028_193825

蜘蛛巣城跡という史跡表示から始まります。

20171028_193935

相変わらずセットがすごい。

20171028_195244

三船敏郎と千秋実の二人が、殿の一大事ということで馳せ参じる所、山でもののけの老婆に出会い、予言を受けるところ。
まあこれもちょっと違和感ありまくりですが。
その話を信じて、とんとん拍子に出世します。

20171028_200012

殿様から、褒美の太刀を拝領する三船敏郎
出世して、側近の一員となる三船敏郎と千秋実

20171028_201721_2

殿様が少しの家来を連れて、訪問した際に、千載一遇のチャンスとして、奥さんの山田五十鈴(昔から老けてたのね)が三船敏郎を今なら殿を殺せるとそそのかして・・・

ここからが、例の最後のシーンに向けて動き出すというか。
疑心暗鬼というか。
まあ未見の方は、ぜひご覧下さい。

 

Blu-rayもDVDもそれほど金額に違いはありません。

最後のシーンは、大学生の弓道部が本物の弓を射って撮影したので、三船敏郎が、俺を殺す気か!という逸話もある真に迫った作品です。

羅生門デジタル完全版Blu-ray(KADOKAWA)

最近、何故か黒澤明や三船敏郎の特集が組まれたりしていますが。

R0054821

羅生門デジタル完全版Blu-ray命名が凄い(^^;)

R0054822

こちらが裏面。

例によって、天井映画館です(^^;)

20171112_192624

オープニングの大映マーク。
めっちゃ綺麗になっていました。

20171112_192633

映画のタイトルと言うよりも。門の看板から始まります。

20171112_192641

雨のクロサワという訳では無いですが、雨のシーンが良い感じで使われています。

小さい頃は、なんか全然意味がわからない映画で、こんなのが日本初のヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞したというのが、よくわかりませんでしたが。大人になって見てなるほどという感じの映画です。

20171112_192807

セットにしても、良い感じの寂れようの羅生門。
この辺も作品へのこだわりのある黒澤明です。

20171112_193053

そもそも、有名な映画なのであれですが。
雨宿りする志村喬と千秋実の二人に、後から来た上田吉二郎が、二人の会話に入って来るシーンから始まります。

20171112_193844

それぞれの視点である事件を思い出して語るだけの話なのですが。

20171112_194020

リマスターだけあって、フィルムの傷による雨は降っていないし、DVDでは眠かった映像が凄く綺麗になっています。

20171112_194253

三船敏郎の言い分。

20171112_195812

京マチ子が、シーンシーンで、めっちゃかわいく見えるときと、

20171112_202305

妖艶に見えるときの変化が面白いです。

個人的には年を取ってからよく知っているのであまり好きな人ではないのですが。
この頃はキュートです。

20171112_203614

三船敏郎は、粗暴で、ぶっきらぼうで、少し前のオーディションに応募したのですが。
本来は、親が写真館をやっていて、戦時中も軍のカメラ指導を行っていた関係で、キャメラマン志望だったのですが、復員後仕事がないということで、オーディションに応募。
しかし、役というよりも、野生児という表現が当てはまるほど、ギラギラした人だったので、オーディションでも真っ先に外されそうになっていたのですが、それを黒澤明が説得して、この粗暴な人を見事に世界のミフネにまで育て上げたのが黒澤明だそうです。

20171112_205652

リマスター前と後の比較が特典映像として同梱されています。

20171112_205814

写真ではわかりにくいですが、再生すると一目瞭然です。

20171112_205856

三船敏郎。左が修復後

20171112_210328

汗の感じと顔の表情、眠そうな映像がはっきりくっきりしています。

機会がありましたら、一度ご覧下さい。

 

左がBlu-ray、右がDVD

クライテリオンでも独自に修復しているので、比べてみても良いかもしれません。

フラッシュKF-882その3比較編(K&F CONCERT)

比較編です。
外付けストロボ(フラッシュ)って、NikonのF3用とNikonのSB-700しか持ってないのですが。

R0054953

収納思想の違いですね。
左が、SB-700、Nikonは昔からストロボとかフラッシュとか言わずに、スピードライトと呼称しています。

R0054956

さっきの小型バッグの中に、こんだけ入っています。

R0054958

正面から。ガイドナンバー(GN)は28と小ぶりです。

R0054963

一回り、ちっちゃいのがSB-700
液晶画面も小さい。

R0054964

横に向けたとこ。
これだけ見ると、そんなに小さい感じはしませんが。

R0054965

発光部分がNikonの方が一回り小さいです(SB-700:GN28)(KF-882-N:GN56)

R0054967

立てても短いのがSB-700

R0054983

ちなみに、こちらが、SB-700の液晶画面。
TTL自動調光ほかMやGNなどはスライドボタンで設定できます。
また、調光(照射状態も右のスライドボタンでできます)

R0054984

フラッシュ照射ボタンはオレンジ(赤?)
この設定だと24mmのレンズになっています。

R0054985

レンズの焦点距離によって発光を変えられるのはこちらも同じ。

R0054987

R0054987_2

フィルターの設定や

R0054988

リモートシンクロなどの設定もアイコンでわかりやすくなっています。

銀塩フィルムカメラの時には、後半ではTTLが搭載されましたが、絞りとシャッタースピードと発行量などをダイヤル式の調光計算尺みたいなやつで調整しなければならなかった時代を考えると、楽ですねぇ。

 

比較したのは右側
ってまだ売ってるんだ(^^;)

純正品を考えると、嘘みたいに安いですね~。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ