« 電脳小物の再来。GPD Pocket その4 起動編 | トップページ | 電脳小物の再来。GPD Pocket その6 電脳小物比較編その2 »

電脳小物の再来。GPD Pocket その5 電脳小物比較編その1

恒例の比較編です。
この中には懐かしい者が沢山出てきます。一つを除き全部動きます(^^;

VS PT110(IBM)

R0054844

懐かしのウルトラマンPのパームトップ110です。
なんとなく大きさは似ています(^0^)

R0054845

キーボードは無理矢理TP-230CSと同じ配列にしてあるので、かなり密度が高いです。

VS CASSIOPEIA FIVA(CASIO)

R0054849

当時としてはかなり小さく、でも、並べると大きい。

R0054850

こんな感じ。

R0054847

まだ動きます。
たまたまFB見てたら、ちょうど1年前にもあるデータが見たくて動かしていたという(^^;
パームレストがおおきいだけで、キー配列はなんとなく似てる。
壁紙がVAIOなのはご愛敬。

R0054848

この当時、は絶妙なキーピッチと配列でした。

VS VAIO U(SONY)

R0054828

電脳小物の当時の真骨頂 VAIO U
横幅がほぼ一緒だったのにはびっくり。
(残念ながらリブレットは全部処分)

R0054829

重ねたとこ。
レンズ収差があるものの、ヒンジ部くらいが出PPAっている感じ。

R0054830

横に並べてみました。

R0054832

こちらもまだ動くのだよ(^0^)
壁紙がレアロなのが(笑)
VAIO Uは左右ボタンとスティック、ジョグダイヤルが後ろにあってその部分場所が圧迫されていますが、これはこれで当時はサクサク動かせていたので。

R0054833

重ねてみたところ。
やはりVAIO Uも日本語キー配列なのでキーが多い。

VS sigmarion 3(NTT docomo)

R0054839

ハンドヘルドコンピュータを絶滅に追いやった張本人(^^;
横幅が一緒。

R0054838

奥行きも一緒。
マジすか!
嘘だろ的なくらい一緒(^0^)

R0054834

画面の大きさやバックライトの色合いが若干違いますが。

R0054835

当時会議の場でこれで高速タイピングしながら議事録打ってましたからねぇ。
絶妙なサイズっす。

長くなったので続きます。


« 電脳小物の再来。GPD Pocket その4 起動編 | トップページ | 電脳小物の再来。GPD Pocket その6 電脳小物比較編その2 »

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/66057796

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳小物の再来。GPD Pocket その5 電脳小物比較編その1:

« 電脳小物の再来。GPD Pocket その4 起動編 | トップページ | 電脳小物の再来。GPD Pocket その6 電脳小物比較編その2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ