« 廉価版でもしっかり使える電動歯ブラシ オーラルドクターSP | トップページ | ムービーリボルテック ノーチラス号 その2比較編(海洋堂) »

ムービーリボルテック ノーチラス号(海洋堂)

物心が付いた時、父親に連れて行ってもらったたぶん初の洋画が、ウォルトディズニーの海底2万マイルでした。
海の美しさもさることながら、ノーチラス号に魅了されて、昔から好きでした。
その後、すぐだったと思いますが、プラモデルを買って・親に作ってもらって、風呂で遊んでいた記憶があります。

R0054174

箱です。

R0054177

裏面。

R0054187

本体です。
リボルテックの箱に入っているので、小さいです。
左側面から

R0054186

右側面から。

惚れ惚れするくらい美しい造形です。
このデザインがあったからこそあれだけヒットして、今でも語り継がれている名作になったと思います。
これが普通の潜水艦デザインならここまで人気にはならなかったでしょう。

R0054188

操縦席部分。

R0054189

側面窓。

R0054190

ハッチが開きます。てゆうか、ここランプのスイッチ。

R0054191

こちらは、底面のハッチを開けてオンオフするスイッチ。

R0054192

反対から。
でも明るすぎ(^^;)

因みに、残念ながら

R0054193

ヘッドライトが綺麗に点きません。

R0054182

台座にはちゃんとディズニーのロゴがあります。

R0054183

おまけのオーナメント。
別になくても良いかなと思うけどヾ(^ )コレコレ

R0054184

反対側

R0054185

上から。

比較編に続きます。

これ、予約時に完売してしまって、一時期ぼったくり価格(転売価格)になっていましたが、また再入荷したようで定価より少し安いです。
すぐに売り切れて転売価格になると思いますので、興味がある方は店頭で探すか、定価より安ければ早めにぽちるのが良いと思います。
昨晩時点で残り14コでしたから(^^;)

同じく昨年出た海洋堂のメガソフビ、これも高いですね。

因みに


« 廉価版でもしっかり使える電動歯ブラシ オーラルドクターSP | トップページ | ムービーリボルテック ノーチラス号 その2比較編(海洋堂) »

玩具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/65780782

この記事へのトラックバック一覧です: ムービーリボルテック ノーチラス号(海洋堂):

« 廉価版でもしっかり使える電動歯ブラシ オーラルドクターSP | トップページ | ムービーリボルテック ノーチラス号 その2比較編(海洋堂) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ