« 拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその1開封編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた | トップページ | 史上最大の作戦カラーライズ版 for VHS 1990年 »

拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその2パーツ周辺機器編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた

Braavaですが、昨日は本体を紹介したので、パーツ並びに周辺機器を紹介します。

20170712_194708

充電ステーション。
380Jには、ドックが搭載されています。その下のモデルはACアダプタを本体に直刺します。
充電中のようす。

20170712_194722

Braava本体の状況。
充電中は赤表示になっています。

20170712_202048

満充電になると青くなります。

R0053678

下がドック。
上がウエット用の給水タンク付き本体。

R0053677

こちらが裏面。

R0053679

ACアダプタはルンバに比べるとちょっと小さいというか、スマホ用のみたいな感じ。

R0053680

こちらが掃除用の布。
青はウエット用。

R0053681

白はドライ用。

R0053676

上がBraava本体。
下がドライ用の土台。
ここに布を挟んで使います。
どっかのクイックルワイパー(R)と同じです。

R0053682

交換用の導水キャップも付いてます。

20170715_124210

こちらが、司令塔のNORTHSTARキューブになります。
ルンバの場合、こっから来ないで~みたいなバリアでしたが、こちらは案内誘導用の送信機になります。
写真は上から。

R0053685

単2電池2本用。

20170715_124218

こちらが可動用ランプ

20170715_124223

こちらが反対側にある電源ボタン。
敢えてこれをオンオフしなくても、Braavaを起動させると、シンクロすると思います。

20170715_124321

監視中は青くなります。

R0053687

Braava本体横から。正規品はちゃんとシールが貼ってあります。

R0053686

チョイアップ。

というのは、Amazonほか通販では輸入品(にせ物ではないです)を併売しているので、正規品と断りのフォログラムシールを貼ってあります。

お掃除編に続きます。

 

« 拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその1開封編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた | トップページ | 史上最大の作戦カラーライズ版 for VHS 1990年 »

その他の小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/65556980

この記事へのトラックバック一覧です: 拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその2パーツ周辺機器編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた:

« 拭き掃除ならお任せBraava 380Jブラーバその1開封編(iRobot) #iRobotアンバサダー #iRobot体験してみた | トップページ | 史上最大の作戦カラーライズ版 for VHS 1990年 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ