« Fire HD2016モデルに足した物 液晶保護フィルム(ミヤビックス) | トップページ | いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その3GS1見学編 #BenQアンバサダー »

いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その2GS1概要編 #BenQアンバサダー

さて、いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1の紹介です。
今まで、大小のメーカーから、手のひらサイズとかバッテリー駆動のとかいうプロジェクターが沢山出てきましたが、全体的に暗いとか解像度がという話を良く聞きます。
今回のGS1もあまり明るくないのではないかという風に思っていましたが、まずはどんなものか、どういう所で使うのかなどをスライドで紹介します。

Dscf6169

まず持ち運びしやすいようにということで、非常に小さいです。
本体重量は表示にあるように570g(本体のみね)なので、大きめのシステム手帳1冊分です。

Dscf6170

シガーバッテリーからも充電できるので、出かける前に充電忘れたっとなっても、仮にキャンプ場に行くまで3時間くらいかかるのでしたら十分充電できます。

Dscf6171

バッテリーを合体させて、約3~3.5時間連続再生が可能です。
なので、普通の映画などでは1本十分に閲覧可能になります。

尚、BenQさんはバッテリーユニットの別売を考えているとのこと。

Dscf6172

もう一つの特徴として、Bluetoothや無線LAN機能を搭載しているため、外付けスピーカーや、キーボード、マウスなどをリンクさせて使う事もできるとのことでした。

Dscf6174

三脚穴(カメラと同じ)も搭載しており、屋外のみならず自宅などでも設置場所を考えずに自由に配置できるというのが便利です。

Dscf6175

UBSメモリに入れた写真や、撮影した動画などもその場で投影できるため、昼間旅行で撮った写真や動画などを旅先で壁に投影してみんなで確認するなどもできます。

もう一つのメリットは、プロジェクターのバッテリーを使って、スマートフォンの充電が可能と言うこと。

Dscf6179

当日も直接落下テストをしましたが(滝汗)
同梱のシリコンラバーケースに入れておけば60cmの高さから落下させても、壊れることはなく投影できます。
但し、落下の衝撃を感じると、電気が遮断されて、また再起動させる必要はあります。
あとラバーケースで小雨程度でしたら本体を守ることもできます。

この商品の発売の経緯は・・・

Dscf6189

1位 欧州のキャンプ場30,000 3.5億人
2位 アメリカキャンプ場19,600 4.1千万人
3位 オーストラリア   2,600 2.3千万人
4位 日本         1,500 7.5M(単位わかんね~)
という潜在需要があるんだそうです。

まあ、それ以外に欧州やアメリカ、オーストラリアなどは、キャンピングカーなども普通に持っていますからねぇ。

Dscf6192

想定される顧客層だそうです。
そう考えると、未婚率が増えているにほんではどうかなと思いますが。
私の知り合いの家族連れはたいがい年中キャンプに行っているので、需用はあるかも。

※せっかくアウトドアするからそこでもネットや映画ってどうかな~的な思いもありますが。
(注:個人的な感想です。)

でも、バッテリー駆動で映画見えちゃうのなら、小さな飽きやすいお子さんに動画見せておいて、親御さんは料理を作るというのもありかも。

Dscf6193

こちらが仕様というか特徴。
1280×720(HD)が良いです。このクラスだと800×600(480)当たりが中心なので。
HD画質ならそこそこ解像度も良いわけで。
まあ、この手のひらサイズにハイビジョンはちとバッテリー的に厳しいと思います。

お試しもあるということで、できれば色々体験してみたいとおもいますので、お待ちください。

Dscf6195

大きさと重さ。
バッテリーを加えると、1kg弱。ということは、概ねノートパソコン1台分なので軽いかな。
モバイルバッテリーでも給電できるらしいですが、これも試してみたいと思います。

Dscf6197

なんと1mで60インチ。
テントの壁に投影するのもよしです。
2m離れると120インチ、にゃはは~
寝ながら映画を見られる(^^;

見学編に続きます。


« Fire HD2016モデルに足した物 液晶保護フィルム(ミヤビックス) | トップページ | いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その3GS1見学編 #BenQアンバサダー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/65321634

この記事へのトラックバック一覧です: いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その2GS1概要編 #BenQアンバサダー:

« Fire HD2016モデルに足した物 液晶保護フィルム(ミヤビックス) | トップページ | いつでもどこでも使えるプロジェクターGS1セミナー その3GS1見学編 #BenQアンバサダー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ