« イタリア顛末記 Vol.1 ローマ市内編 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.3ナポリ港~青の洞窟 »

イタリア顛末記 Vol.2 ヴァチカン市国編

ローマ市内にあって、唯一別の国として存在するのが、ローマ法王がいるヴァチカン市国(バチカンとも)です。
ユーロ圏内なので、郵便物を除けば別にパスポートが要るわけでも、入国審査がある訳でもないですが。

Dsc06863

これがヴァチカンの境界の城壁。

Dsc06867

ヴァチカンの入り口
坂があって、長蛇の列なんですが、予約してあるツアーは別の入り口なので列に並ばなくても入れました。
逆にフリーで遊びに行ったり、終日フリーツアーの人は、さっきの城壁の所から並ばなければ入れません。

Dsc06870

エントランスに入っても人人人。
こちらも耳にイヤフォンを付けている人がいますが、たいがいツアーの人達は、現地ツアーガイドが説明するためにイヤフォンガイドを持ち歩いています。
特にヴァチカンは専用の説明用のイヤフォンガイド(FM受信機みたいなの)を使わなければらならないルールになっているため、面倒です(^^;

20170329_1427101

こんな長いエスカレーターに乗って、上階に行きます。

20170329_143112

まず最初に、ツアーガイドさんが(ヒデとロザンナみたいな人(笑))が、大聖堂内は話禁止なので、聖堂内の絵の説明をしてくれます。

20170329_143136

天井画の説明をしてくれました。
意外だったのが、キリスト教以前の旧約聖書に縁の絵も書いてあること。
アダムとイブや出エジプト記、モーゼの十戒とか、バベルの塔やカインとアベルなど、まあ映画の世界ヾ(^ )コレコレ
どこの絵が誰とか言ってましたが、とにかくイタリアは大聖堂が多いので、すぐ忘れちゃいますけど(゚゚ )☆\ぽか
誰がどれ的な(゚゚ )☆\ぽか
こちらにも最後の晩餐の絵があります。てゆうか、あちこちに最後の晩餐の絵があるし。

切支丹ぢゃないので、よくわからないし(゚゚ )☆\ぽかあほ

20170329_150831

サン・ピエトロ大聖堂に入るまでがまた凄い。
このような廊下を延々歩いて行かなければなりません。

20170329_151551

こちらも絨毯に描かれた最後の晩餐だし。
あちこち本物だし、撮影可能だし。(^^;

あ、サン・ピエトロ大聖堂内って、そこ聖ペテロさん、別名ピーターのお墓ね。(゚゚ )☆\ぽかバチあたるわ。

20170329_155023

すげーでかいのよとにかく。

Dsc06876

スケールが違いすぎ。
そもそも室町時代にこんなの作っちゃうんだから、やっぱ外国すげーわ。
特にローマ帝国凄いし。

Dsc06896

ペテロさんの足、スリスリすると良いことある。ということで、足が平らになっちゃっているんですけど。

Dsc06899

自分たちが入ったら終わりらしく、閉められちゃいました。
ラッキーです。

Dsc06906

神々しい光が差し込んでいく、礼拝堂。
良い感じだわ。

Dsc06908

渋いっす。

Dsc06912

時間があればゆっくりしたい所です・・・

Dsc06936

外です。
中央のバルコニーから、ローマ法王が手を振る所ね。
右側に見える建物が、住んでいる所とか。

20170329_154451

こちらが信者で溢れかえる広場。
右側に車があるところが、ローマ法王がミサを行う場所で。
当日の朝もやっていたらしいです。

Dsc06942

反対から見たとこ。

続きます。


« イタリア顛末記 Vol.1 ローマ市内編 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.3ナポリ港~青の洞窟 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当に昔の人ってすごいです。
重機もないのに、どうやって石造りのドームとか塔を作ったのか?
木造ならまだ分からなくもないのですが。
設計図だって、ラフなスケッチくらいで、現代的な精密なCAD施工図なんてないでしょうし…。
わかった、きっと巨人がいたんだ!
(>_<)★バキッ

onara出ちゃっ太(頽齢の貴公子)さん
そうですねぇ、高さが6階や7階建てとか60m
とか普通に言われてもですねぇ、最近の技術なら
なんとかなると思いますが。
そう言えば、ドームに壁画を描く時は、十字に足場を
組んで、棒を穴に挿して固定するんだそうで、どこ
の教会か忘れましたが(沢山見たので(^^;
その穴の後が残されているものがあり、近年の補修
にもそれを使って作業したと言っていました。
いずれにしても圧倒される施設ばかりです。
でも、一度に見過ぎて、どれがどれか、忘れちゃい
ましたけどね(゚゚ )☆\ぽか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/65140256

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア顛末記 Vol.2 ヴァチカン市国編:

« イタリア顛末記 Vol.1 ローマ市内編 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.3ナポリ港~青の洞窟 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ