« イタリア顛末記 Vol.4カプリ島 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.6ポンペイ »

イタリア顛末記 Vol.5ソレント~アマルフィ海岸

カプリ島から、別の高速船に乗って今度は、ソレントに向かいます。
案内のおばちゃんが間違えた所を教えて、港の先端の大型船で待っていたのですが、出港5分前になっても人が乗る気配もなく(;゚ロ゚)
添乗員さんに、この船ぢゃないのでは?と言ったら、慌てて、別の船まで走って行って(汗)
私より年配の方が多いのですが、みんな必死で走って、添乗員さんがまとめて乗るから待ってて~と先に行って、押さえておいてもらったので、無事数分遅れで全員乗船できました(汗)

船に乗ることおよそ、20分。
ソレントに到着です。

Dsc_0173

こちらも小洒落た港というか町です。
入り江なので、波もないし。

写真に見えるように、断崖の上に町があります。

Dsc_0179

町の上までバスで移動。
そこから、アマルフィ海岸方面に移動するために、日本で言うところのマイクロバスに乗り換えます。

この城壁風の物もかなり歴史があるらしいです。

Dsc_0185

ソレントって書いてあります(^^;

Dsc_0203

ソレントの面白いのは、街路樹にみかんが使われていること。
静岡もミカン産地なので、街路樹に使わないかな?

江戸時代には、橘(たちばな:みかんのような実がなる木)が東海道の一部で使われていて、旅人の喉を潤したという記載もあるので、どうなんでしょうね?

Dsc_0211

こちらがアマルフィ海岸の展望台から見られる街並み。
それまでの工程やそれ以降の工程も、かみさんと話をしていましたが、どうみても熱海の海岸(゚゚ )☆\ぽか
いや、熱海から伊東に抜ける道路というか、錦ヶ浦みたいなところもあれば(゚゚ )☆\ぽか
まあ家が違いますけど。

Dsc_0212

こんな感じで美しい海が広がりますが。
伊豆半島の南端、下田の方に行けばこんな感じの景観と海の色を見る事ができます。ヾ(^ )コレコレ
まあ家が違いますけど。

20170330_142651

アマルフィ海岸の展望台にいた看板犬。

P3300338

たぶんこちらの子も看板犬。

20170330_143621

フルーツや

20170330_143624

香辛料が売ってます。

それ以外に。

Dsc07017

おっちゃんがその場で絞ってくれるフレッシュジュース。
人気なのは4ユーロのザクロ。
うちは2ユーロのレッドオレンジにしましたがさっぱりしていて美味しかった。

そこからず~っと走って行って、アマルフィ地区に入っちゃって、でも止めるとめっちゃ高いらしくて(^^;
そもまま降りずに回転して、ナポリに戻りました。

Dsc07104

ナポリはサミットで発展した町ということで、アッパータウンとダウンタウンの違いが凄いです。
綺麗なビル群は比較的新しい都市。
食事をしたのはダウタウン(駅近く)でした。

続きます。

« イタリア顛末記 Vol.4カプリ島 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.6ポンペイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/65140787

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア顛末記 Vol.5ソレント~アマルフィ海岸:

« イタリア顛末記 Vol.4カプリ島 | トップページ | イタリア顛末記 Vol.6ポンペイ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ