« HT2150ST その9 E.T. BD編 #BenQアンバサダー | トップページ | 進化したオレンズ、オレンズネロその2(ぺんてる) »

進化したオレンズ、オレンズネロ(ぺんてる)

以前、オレンズが出た時には廉価版でしたが、進化して高級メカニカルペンシルのネロシリーズが出ました。
某安売りの店に行ったら、最後の1個があったので保護(笑)

R0052140

パッケージもカッコイイです。

R0052141

横から。設計デザインをそのままパッケージにした意欲作。

R0052143

裏面。
こちらも設計図が下地になっています。

普段0.7とか0.9、1.3、2.0と変態的な太字芯や鉛筆が主ですが(笑)

R0052144

特徴は、
芯を出さずに書けるので、芯が折れないというなかなか簡単には説明ができない、オレンズシステム。

紙面からパイプを離す度に芯が出てくる自動芯出し機構。
が搭載されています。

ちょっとお高くて、3000円+税です。某所で65%(35%オフだったので保護)

R0052146

ハコから出したとこ。

R0052148

取説。
初めての方は、ちゃんと見て下さい。

R0052150

全体的に重量感があり、持ったときのバランスが良いです。

R0052151

普及クラスのオレンズが10.1gに対し、ネロは17.4gなので、かなり安心感とゆうか安定感があります。

R0052152

あちこち、デザインがカッコイイです。

R0052153

ぺんてるロゴの刻印

R0052155

クリップ部。

R0052158

消しゴムには芯出し用のスチールニードルが付いていません。
折れない自信があるからか?

ノック部は樹脂ではなく金属のようです。

本体は金属風ですが、樹脂です。

R0052159

予備芯は2本
たぶんHB。
自分はすぐに2Bに替えちゃいますが。

長くなったので続きます。

 

なんと0.2mmが転売屋価格になっています(@@;
こういうの取り締まって欲しいわ。
まあ、人気で品薄というのはありますが、失礼ですよね。

普通の文具店でも品切れのところが多いかもですが。
色々回ってみて下さい。

« HT2150ST その9 E.T. BD編 #BenQアンバサダー | トップページ | 進化したオレンズ、オレンズネロその2(ぺんてる) »

鉛筆・シャープペンシル・メカニカルペンシル関連」カテゴリの記事

コメント

以前ORENZでコメントしましたが、今回は見た目も同じ「ぺんてる QX 0.5」 [PN305]にそっくりにcoldsweats01
QXは一般的なノック機構が無いので、出すぎた芯を戻すのが大変でした。

あなろぐまさん
案外意識しているかも知れませんよ。

それにしても、今3万近いってのが嘘みたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64946954

この記事へのトラックバック一覧です: 進化したオレンズ、オレンズネロ(ぺんてる):

« HT2150ST その9 E.T. BD編 #BenQアンバサダー | トップページ | 進化したオレンズ、オレンズネロその2(ぺんてる) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ