« 進化したオレンズ、オレンズネロ(ぺんてる) | トップページ | 話題のiPhone名前認証アプリAipoly Visionで遊んでみた。その2 »

進化したオレンズ、オレンズネロその2(ぺんてる)

先端の形状について

R0052160

開ける時に芯が折れちゃいましたが(^^;
一般的には中の機構がゆるいカタチになっているのでシャープペンシルの芯が折れることはないのですが

R0052161

口金部分がしっかりしているのと、先端の部品の形状(ねじ切り)が一般的なシャープペンシルとは違うようになっています。

R0052162

指で押してみましたが、かなりの力を入れないと奥に入り込まないような感じです。
本体が樹脂と書きましたが、この写真で一体成形部分の線が見えると思います。

R0052163

押したら、ユニットが出てきましたがこれ以上は戻せなくなると困るので(^^;
そのまま元に戻しました。
先端部をしまうのもけっこう力が要りました。

R0052164

シャープペンシルの芯を保護しつつかつ、ニードル部分(パイプ部分)を紙から上げるとすぐに先端まで芯が出てくるということで、少し立てぎみにして書いた方が書きやすいです。

R0052165

元祖オレンズと。(写真白0.2mm)
因みに、黒の0.3mmを買ったのはそれしか残っていなかったから(笑)

R0052166

やはり0.2mmは細いっす。

この辺は、世界で始めて1980年代後半に0.2mmの製図芯を出したぺんてるの面目躍如というところ。

R0052167

元祖オレンズには、JAPANろごがあります。
ネロには入っていませんが。

R0052168

その代わり、余分な文言は入っていません。


« 進化したオレンズ、オレンズネロ(ぺんてる) | トップページ | 話題のiPhone名前認証アプリAipoly Visionで遊んでみた。その2 »

鉛筆・シャープペンシル・メカニカルペンシル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64951301

この記事へのトラックバック一覧です: 進化したオレンズ、オレンズネロその2(ぺんてる):

« 進化したオレンズ、オレンズネロ(ぺんてる) | トップページ | 話題のiPhone名前認証アプリAipoly Visionで遊んでみた。その2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ