« 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その4サンダ対ガイラBD編 #BenQアンバサダー »

HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー

BenQプロジェクターのモニターで、色々試してみています。
今回は映画を早朝から朝日が昇るまでの見え方についてどんな感じになるかやってみました。

R0051897_2

試したのは、東宝特撮Blu-rayで数少ない高評価を得ている、空の大怪獣ラドンのBlu-rayです。

R0051898_2

こちらが裏面。
ラドンとフランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラは、Blu-ray化で綺麗になったので評価が高いです。
他の作品は今一ですが、それは追って紹介します。

Dsc_0035

こちらが設定画面。
フルサイズ表記ですが、私が産まれる遙か前の今から61年前の1956(昭和31)年の作品なので、テレビサイズというか4:3風の画面です。

Dsc_0038

四隅が切れているので中央のみの映画です。
61年前の作品とは思えない綺麗な映像。

Dsc_0041

うん、これだけ綺麗に投影できれば満足です。

Dsc_0055

前半はサスペンス調の映画で、誰が殺人犯かというのが主題で、全体的に暗い画面の中で連続殺人が続きます。
犯人は、こやつ「メガヌロン」と呼ばれる怪獣。

この辺くらいから外がピーカンになってきて、画面が薄くなってしまいました。

Dsc_0085

中盤から、ラドン出現。ここからは明るい映画になります。
ちと薄いですが、そもそも、プロジェクターに光が入っているように。
カーテン越しに結構光が入っています。
リビングなので、完全遮光カーテンではないので。

Dsc_0090

60年前の主力戦闘機はセイバーF86F、米軍が朝鮮戦争で大活躍した戦闘機。

Dsc_0309

同じような絵をモニターで再生して撮影。
これだけ明るくて綺麗です。

Dsc_0094

佐世保の街並み。
結構賑やかです。

Dsc_0303

同じ絵をモニターで撮ってみました。
別の日に、暗い中再生したのですが、それだとこのくらい鮮やかに映りました。

夜試聴編に続きます。

こちらが紹介したもの。


復刻版DVD名作セレクション。

« 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その4サンダ対ガイラBD編 #BenQアンバサダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64895991

この記事へのトラックバック一覧です: HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー:

« 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その4サンダ対ガイラBD編 #BenQアンバサダー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ