« 短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー »

短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー

BenQさんからお借りしているプロジェクターを設定したので紹介します。

Dsc_0019

設置を始めようとしたら、電源入れちゃったので(汗)

Dsc_0020

ちょっと見にくいですが、まず最初にどういう形で設置するか設定します。
天井に吊すのか、背面から投影するのかなどです。

Dsc_0021

初回のみ言語設定を聞いてきます。
さすがワールドワイドのメーカーBenQさんです。
かなりな言語設定ができます。

Dsc_0022

初回は、枠がちゃんと出てくれるのでキーストーン(台形補正)が楽にできます。
画面幅は2.2m位。概ね99インチ相当(汗)惜しい。

Dsc_0023

自動ソース探知。デフォルトではオンになっています。
基本的には自動で良いと思いますが、スタンバイからの復帰など結構切り替えられたり、ディスク読み込みなどでオンオフが頻繁になったりするので、邪魔と思う方は手動で設定した方がよいと思います。

Dsc_0026

ぼけてますが、色々な設定ができます。

Dsc_0028

システム設定ほか全部で5つのメニューがあります。
一度設定してしまえば特に見るものではありませんし、設置時のデフォルト設定でほぼ満足がいく投影ができるので、あまり見ることはないと思います。てゆうか見なくても良いし。
会社などで、頻繁に持ち歩くのと、投影する場所がホールや会議室などを行き来する人は設定を変える必要があります。

Dsc_0031

基本的にはHDMIだけで使えます。
右側は外付けスピーカー端子ですが、昔に比べて、音を小さくすることができるようになったので外付けスピーカーは不要です。
左右のドット部分がスピーカーになります。
左右とも製品購入時にはフィルムで保護されていますので、使用時にははがしてご使用ください。

試聴編に続きます。

« 短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64895921

この記事へのトラックバック一覧です: 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー :

« 短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー | トップページ | HT2150ST その3空の大怪獣ラドンBD編 #BenQアンバサダー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ