« 海外版ダーティハリーコレクションその2閲覧編 | トップページ | 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー »

短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー

BenQさんの新型プロジェクター、ホームシアタープロジェクター(短い距離で大画面を実現できる短焦点タイプ)HT2150STのモニターに選ばれたので、暫く使ってみましたので紹介します。
本記事はBenQアンバサダーモニターに参加して紹介しています。
選択肢はいくつかあったのですが、あまり遠くにプロジェクターを設置できないために短焦点タイプのHT2150Sを選びました。

R0051938

箱はでかいです。

MHL:アンドロイド用の高品位出力対応
Cinema MasterAudio:DTSなどの映画館などで使われている高品位音声出力対応。

R0051940

10w×10wスピーカー搭載
1.5mで100インチ相当
とまあ、凄いマシンです。

R0051944

お高い版なので、鞄が付いてきています。

R0051945

前面ポケットの内容物。
左から、肩掛けベルト、電源、リモコン、取説とCD類
となります。

R0051946

こちらがリモコン。
汎用かな?最近のBenQプロジェクターに付いてくるものとほぼ一緒だと思います。

R0051947

リモコン拡大1
電源、ライトというのは後述
各種設定。

R0051948

本体と同じ機能が使えます。
キーストーン(画面補正)やボリュームなど。

R0051949

リモコン機能。
下段は明るさやモード変更、コントラストなど各種調整ができますが、ほとんどデフォルトで良い感じで写るので特に設定するとしたら、明るい場所などでの輝度アップなどでしょう。

R0051950

こちらが、ライトを点灯させた状態。
暗闇でもどのボタンかわかるバックライトなので、わかりやすいです。

R0051951

上からみたとこ。
全体的に丸みを帯びたデザインになっています。

DLP方式(デジタル・ライト・プロセッシング)で、映画館の投影にも採用されているとのこと。

R0051953

リモコンとほぼ同じで、特に操作体系にはコマラナです。
以前は9つボタン方式でしたが、使い勝手が良くなっています。

R0051954

背面コネクタ。

R0051955

右側にはAUX端子があり外付けスピーカーが使えます。
但し、以前に比べてスピーカーの音を小さくすることもできるようになったので、使わなくても良いと思います。

R0051956

パソコンのアナログ端子、ミニB、USBもあります。
3Dにも対応しているようですが、家に3Dを出力できるマシンがないのでわかりません。

R0051957

HDMIが2つあり、うち1つはAndroidの出力ができるMHL対応となっています。

R0051960

正面から。
シンプルな構成になっています。
写真左側は放熱ファン用のスリット。

R0051961

会社の廉価版マシンと比較。
大きさが全然違います。

R0051963

ぼけてますが、少し前のBenQプロジェクターのボタン類はこんな感じでした。

 

こちらが今回紹介しているもの。

こちらが会社で持っている物の後継機。

« 海外版ダーティハリーコレクションその2閲覧編 | トップページ | 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64895857

この記事へのトラックバック一覧です: 短焦点で大画面HT2150ST その1開封編 #BenQアンバサダー:

« 海外版ダーティハリーコレクションその2閲覧編 | トップページ | 短焦点で大画面HT2150ST その2設定編 #BenQアンバサダー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ