« カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その1 #BenQアンバサダー | トップページ | DSC-RX100V その3撮影編1(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY »

カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その2モニター比較編 #BenQアンバサダー

撮影の作例はまた、モニターを体験する機会に提供するとして。
みんなが撮ってきたものをモニター比較で見ました。

Dscf5974

プロの方が撮ったもの。
右がSW2700PT、左がノーマルモニター。(以下同じ)

Dscf5965

こちら、横から見ると色の違いが良くわかります。

Dscf5968

色によってそれほど差が無いものもあったりしますが。

Dscf5976

全体的に、右が濃くかつ高精細に見えます。右の絵が本当の絵。
左のモニターで、見えた時のイメージで調整すると濃くなってしまうと言うことでした。

Dscf5982

工事用のコーンを上から見た絵。
右の方が濃いめに出ています。

Dscf5986

花の絵。

Dscf5990

イルカショー

Dscf5993

ウミガメ

Dscf5996

イグアナ?

Dscf5999

イソギンチャクマクロ

Dscf6005

イルカジャンプ

Dscf6008

イルカジャンプ

このように、普段見ているモニターは全体的に明るめに映るので、だいたい脳内イメージで上の比較モニターにあるように濃いめにしちゃうのですが、そうすると更に暗くなってしまい、黒飛びやアンダーになってしまって使えなくなっちゃうという感じになる恐れがあります。

Dscf5565

モニター調整中のようす。

そう言えば簡易版だけどうちの会社にもなんちゃってのキャリブレーション調整マシンがどこかにあったような気がする。
でもそれはWindows98位にADOBEかなんかで貰ったヤツだからたぶんもうアプリが非対応なんだろうな。

Dscf5564

後ろから、
まず支柱からして持ち手が付いているかどうか。
画面が回転するかどうかなどで違いがあります。

モニター体験で来たらその辺は詳細に紹介してみたいと思います。

« カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その1 #BenQアンバサダー | トップページ | DSC-RX100V その3撮影編1(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

カラーキャリブレーションセンサーはゼラチンフィルタを使っているものが多いので
フィルタを交換できないものは数年で正しい結果を検出できなくなりますcoldsweats01

あなろぐまさん
マジすか!
それは知らなかった(^^;
でもお高いですよね。
買い替えるのも大変だ。
まあ、大きなデザイン会社や広告代理店だと
買い替えれば済むけど、弱小企業だと厳しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64576491

この記事へのトラックバック一覧です: カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その2モニター比較編 #BenQアンバサダー:

« カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その1 #BenQアンバサダー | トップページ | DSC-RX100V その3撮影編1(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ