« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

ゆくこもの、くるこもの2016

今年も色々紹介しました。
でも、年末恒例の激務のため、ゆっくりまとめている時間がないので、今回は月別に(笑)
雰囲気わかると思います。
あ、例年のようにジャンル分けしている暇ないし、適当に書いてあるので漏れもあるかも。

今年はsoundPEATSさんのモニターが意外と多くてびっくり。それ以外でも低価格ヘッドフォン、イヤフォンなども自分で買って(笑)意外とヘッドフォンやヘッドセット、イヤフォンの低価格クラスでも、嘘みたいにクリアで伸びが良いものが多いものが増えたなという印象です。
昔は3000~7000円クラスだと安かろう悪かろうの商品が多かったのですが、aptX(Bluetoothヘッドフォンで音の劣化が少ないコーデック)を搭載している、重低音重視からドンシャリ系など多用なイヤフォンが増えました。

あと当社(笑)的に多かったのが、DVD/Blu-rayやサウンドトラックCDの紹介が増えたこと。
まあ懐かしい映画がBlu-ray化されたり、デジタルリマスターやHDリマスターされたので、つい保護してしまうという。たぶんこの辺は来年も続くんでしょうね。
例年通りにはDVDやBlu-rayを買っていますが、他の大物の紹介が減った分目立つ感じになりました。

1月

KRS35 カネゴン(ACRO)
Power Port2(ANKER)
七色に変化するアロマディフューザー(soundSOUL)【モニター】
コピック平型ケースB
LED温湿度電波時計C-8344(ADESSO)
くるくる回るUSBポート付きACタップ
LEDスピーカーDREAM SPEAKER(soundSOUL)【モニター】
マーフィーの戦い デジタルリマスター版DVD【映画】
SIMフリー ルーターAir Card 785(NETGEAR)
QY9(soundPEATS)【モニター】
LAMY2000 Black Wood ボールペン(LAMY)
LAMY2000 Black Wood デスクセット(LAMY)
工房Qカラフルクリップペンホルダー
工房Qペン型インクカートリッジケース
工房Q革のペン置き
低価格キーボード

2月

サクラボールサイン4+1(SAKURA)
ジェットストリームスタイラス限定赤(三菱鉛筆)
KRS35ガラモン (ACRO)
メカコレクション1ジェットビートルと2ウルトラホーク1号(バンダイ)
飾り原稿用紙アソート(あたぼう)
レーザーポインター(サンワサプライ)
車幅灯LED(プリウス)
マウスCapClip(ELECOM)
幻のペンナイフ(北星鉛筆)
グラマン J2F6ダック 1/72 (エアフィックス)
DIAMINE ブルーブラック
海外版microSDHC 32GB UHS-I 超高速48MB/s(東芝)
プロジェクターHT3050(BenQ)【モニター】
デハビランドモスキート FB Mk.VI/NF Mk.II 1/48 (タミヤ)
ピュアループ
ルンバ980体験【モニター】

3月

4.8A DUAL USB Car Charger(AUKEY)
Dragontrail X液晶保護ガラス(Logitec)【懸賞】
科学特捜隊 特殊潜航艇S号(メカコレクション)
エルバントラディショナルインク小瓶(HERBIN)
uni-ball AI(三菱鉛筆)
ゴジラ デスクトップアイテムズ(ダイドードリンコ)
mineo SIM(mineo)
DIMEスマホレンズ【付録】
カシオメモプリMEP-T10(CASIO)
Q11(soundPEATS) 【モニター】

4月

チビマル66式メーサー殺獣光線車(FUJIMI)
セブンイレブン限定スマホレンズWith日経トレンディ【付録】
水拭きで消せるマッキー(ゼブラ)
書いた文字が貼れる、もじピタ!(ゼブラ)
TomoeRiver PAPER PAD(栄紙業)
A4サイズの巨大なジョッター パンチングレザージョッター(アシュフォード)
007スペクターSPECTER Blu-rayDVD【映画】
KITTE3周年記念セット(東京中央郵便局)
東京中央郵便局限定マステ第3段?東京02(東京中央郵便局)
by LOFTが面白い。SKETCH BOOK(LOFT)
SEEDの消しゴム、新シリーズGRAPH×SEED(SEED)
飾り原稿用紙に新色、初夏らしい碧翡翠(あたぼう)
スパッ!紙がキレイに切れるアルミ定規(笑)(クツワ)

5月

スターウォーズフォースの覚醒 Blu-ray(DISNEY)【映画】
XF 10-24mm F4 R OIS(FUJIFILM+東京カメラ部)【モニター】
ワイヤレスDVD LDR-PS8WU2VBKW(Logitec)【モニター】
BluetoothスピーカーP2(soundPEATS)【モニター】
hosomiのハサミ(コクヨ)
1/35快獣ブースカKRS35(ACRO)
片耳ヘッドセットC1(SoundBeats)【モニター】
Kindleペーパーホワイト(Amazon)

6月

VRグラスで3D動画体験 本体編(SoundSOUL)【モニター】
エアブラシにスプレーブース(3M)
懐かしのD703iを使う(笑)
懐かしのガラケーシリーズ(笑)D703i
懐かしのガラケーシリーズ(笑)So902i
懐かしのガラケーシリーズ(笑)L-04B
MONTANA/モンタナ オイルドレザー(ビルケンシュトック)
防水スピーカーP3(soundPEATS)【モニター】
ジッパー型イヤフォン付きDIME(小学館)【付録】
うなぎペン(笑)正式名称はペン習字ペン(PILOT×ブングボックス)
B10(soundPEATS)【モニター】
Xperia Z3 Tablet Compact SGP621(SONY)

7月

中国から来た、怪しいリモコン風コントローラー(メーカー不詳)
サファリ2016ダークライラック(LAMY)
高級ヘッドフォンを試す。KH-KZ3000(KENWOOD)【モニター】
資料的価値が面白いシリーズ ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.1(講談社)【映画】
エーデルシュタイン アクアマリン
Kindle Fire (AMAZON)
ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.2キングコング対ゴジラ(講談社)【映画】
カプリコン1 CAPRICORN ONE Blu-ray【映画】

8月

ペットの不安を抑えるシロップギャバロップ(TAURUS)
WALL・E/ウォーリー ウルトラディテールフィギュア
オーバンド可愛い限定缶GG-040 (共和)
見た目も音も素晴らしい低価格イヤフォン1MORE Piston Crassic(1MORE)
高音質・オートスイッチ、進化するBluetoothヘッドセットQ20(soundPEATS)【モニター】
スターウォーズの可愛い水筒(ドウシシャ)
プレジール2016限定ノバ・オレンジ(プラチナ)
ロディア スクリプト ボールペン オレンジ (ロディア)
モスラ対ゴジラ ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(講談社)【映画】
ファンが静かなPCクーラー F1(MUSON)【モニター】
シン・ゴジラ音楽集(キングレコード)【CD】
Dr.スランプDVDBoxインポート(フランス)版【映画】
Dr.スランプ劇場版(US版)【映画】
オリジナルスコア バルジ大作戦(インポート)【CD】
空軍大戦略Blu-ray【映画】
BLUE MAX サントラ(インポート)【CD】
USB -TYPE-C対応の高速転送USBハブ・カードリーダー D1 (MUSON)【モニター】
Type-CをUSBに変換するアダプター(COWEEN)
fireTVstick (Amazon)
Chromecast2世代目(Google)
多面的に使えるスマートフォン用スポーツアームバンド超薄型(MUSON)【モニター】
ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.4三大怪獣地球最大の決戦(講談社)【映画】
ゴジラ ライブ・シネマ形式全曲集 (和田薫 指揮 日本センチュリー交響楽団)【CD】
簡易ドライブレコーダーB1(MUSON)【モニター】
ポーチにinしみクリーナー(呉竹)
日本ではあまり手に入らないクロスブルーブラック瓶入
TWSBI DIAMOND580AL (TWSBI)

9月

プランジャー式モデルのTWSBI VAC 700 (TWSBI)
鳩三郎のチャーム
TWSBIインク瓶DIAMOND50(TWSBI)
ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.5怪獣大戦争(講談社)【映画】
美術品のようなヘッドセットD2(soundPEATS)【モニター】
インク工房謹製 越前和紙 道楽(セーラー万年筆)
インク工房で作ったもの・・・・
BB-8レゴキーホルダー(LEGO)
アクションカメラC1(MUSON) 【モニター】
アウトドアに災害時にソーラーバッテリーチャージャー
日本語取説がついたBluetoothヘッドセットQY7(soundPEATS)【モニター】
WALL・E/ウォーリー Blu-ray/DVD(ディズニー)【映画】
スーパーマン・モーションピクチャー・アンソロジーBlu-ray
LAMYサファリBROWNEdition(LAMY×LINE)
プチッガイ チャチャチャブラウン(BANDAI)
日本語対応版Bluetoothイヤフォン・ヘッドセットQY7アゲイン(soundPEATS)【モニター】
鳥獣戯画文具
藤子不二雄Aデスクトップアイテムズ ダイドーデミタスプレミアム(ダイドードリンコ)
合計出力7.2AのUSBカーチャージャーH1 (MUSON)【モニター】
少し軽く(笑)Aukey Ultra Slim Cace For iPhone6/6s(Aukey)

10月

妖怪マスキングテープ ゲゲゲの鬼太郎(水木プロ)
筆ペンで描く鳥獣戯画
科学特捜隊専用車 メカコレクション07(バンダイ)
背面磁石がついて取り回しの良いイヤフォンタイプヘッドセットQ12(soundPEATS)【モニター】
親指の爪サイズのモノラルイヤフォン・ヘッドセットD3(soundPEATS)【モニター】
プレピー極細0.2(プラチナ)
プラカラー用小瓶の使い道(タミヤ)
ライトニングヘッドフォンジャックアダプタを試してみた(Apple)
かわいいデザインのヘッドセットQ15日本語対応(soundPEATS)【モニター】
来年の手帳も、HOBONICHI TECHO Plannerで(ほぼ日刊イトイ新聞)
ほぼ日週間手帳(ほぼ日刊イトイ新聞)
ダビデ像 テーブル美術館(Figma)
有線と無線が使えて低価格で高音質のヘッドフォン T2S Turbine 2(Bluedio)
高音質オーディオケーブル(ANKER)
自動開閉折り畳み傘(MUSON)【モニター】
ショート万年筆用ミニヨーロッパタイプコンバーター
ミロのヴィーナス テーブル美術館(Figma)
[まとめ買い] ワイルド7全50巻(Amazon Kindle)
トラックボールEX-G M-XT3DR(ELECOM)
開田裕治怪獣イラストテクニック(玄光社)
スマフォクランプ GRIP PRO2 UNIVERSAL DASHBOARD Car Mount(MPOW)
車載ホルダー エアコン吹き出し口取り付けクリップ式 (TaoTronics)
史上最大の作戦Blu-ray【映画】
パンナムカスタマイズステッカーセット2017ダイアリー(ミドリ、デザインフィル)

11月

マッキー限定文具(ゼブラ)
テーブル美術館 考える人 石膏Ver.(Figma)
静岡限定Ain(ぺんてる)
コールマン加圧式ボールペン(クツワ)
100円万年筆が絶妙な件(ダイソー)
パットン大戦車軍団Blu-ray【映画】
静岡県民手帳2017(静岡県)
NFC搭載ワイヤレスヘッドフォンM04s(AUSDOM)
ゴジラ全映画DVDコレクターズボックスVol.10海底軍艦(講談社)
Bluetooth対応トランスミッター&レシーバーMK1(MUSON)【モニター】
遠すぎた橋Blu-ray【映画】
Be-Pal 手帳2017週間ページも搭載(小学館)
機動戦士ガンダムフタ留めフィギュア(セブンイレブン・日清食品)
出っぱらない超小型microSDカードアダプタ(サンワサプライ)
ポータブックXMC10(キングジム)
サンダーバード ジェットモグラ トミカ(タカラトミー)
4KアクションカメラMC2(MUSON)【モニター】
NIGHTINGALEイヤフォンEJ-101(GGMM)

12月

戦場にかける橋Blu-ray(吹替洋画劇場版)【映画】
ケーブルレス ステレオヘッドセットQ16(soundPEATS)【モニター】
カヴェコ AC Sport (KAWECO)
カヴェコ 交換用ペンユニット(KAWECO)
DSC-RX100V(SONY) 【モニター】
掛け心地が素晴らしく、音が良いスポーツイヤフォンQ25(soundPEATS)【モニター】
巨災対トートバッグ(シン・ゴジラ)
ソーラーセンサーライト SOLAR Motion light (MUSON)【モニター】
パワフルシャワーヘッドZAAVA(KVK)【モニター】
カラーマネジメントディスプレイSW2700PT【モニター】
TUMI DELTA018620D(TUMI)
VAIO BUSINESS オリジナルカレンダー非売品(SONY)【懸賞】
Cross of Iron 残念な邦題は戦争のはらわた Blu-ray【映画】
高音質のQ24(soundPEATS)【モニター】
SNS時代の新感覚メモ帳「したたメモ」100文字(ぷんぷく堂)
ありそうでなかった画期的な、ふたふで箋(あたぼう)
ミレニアムファルコン ビークルモデル006(バンダイ)
レオナルド・ダ・ヴィンチの有名なウィトルウィウス的人体図 テーブル美術館(Figma)
DIAMOND mini (TWSBI)
小さくても高音質の立体音響スピーカーP4(soundPEATS)【モニター】
キッチン回りの大掃除にアストニッシュお試しセット
DIAMINE 150周年記念インク(DIAMINE)

1/3位は色んなサービス提供サイトからの体験でなんとか1年持ちました(汗)

よいお年をお迎えください。

追記:
普段カウンターなんか気にしてないのですが、なにげに見たら1200万アクセス超えてました。
重ねてお礼申し上げます。

DIAMINE 150周年記念インク(DIAMINE)

普通の方にはあまりなじみのない名前ですが(汗)

R0050962

マスドロップさんで非常に安かったので保護しました。(日本で買う金額の半値くらい)しかも送料も日本の宅配便くらいのお金。
とは言え、11月くらいのヤツですが(汗)

R0050963

万年筆用インクなので、こんなにがっちりしたヤツで送られてきました。
これなら多少エアポケットに入って揺れても大丈夫かな?

以前privatereserveインクの赤を買ったら、キャップがひび割れていて、インクがかなり漏れて、流血事件になってもう一度送って貰ったことがあった(笑)

R0050966

1864ブルーブラック
ここで改めて、ダイアミンは、イギリスの万年筆インクメーカーさんです。
日本でもAmazon(の出入り業者)やごく一部の通販メーカーが扱っていますが、なんせ元が高い上に、送料が高いということで、時々アメリカのAmazonから買ってました。
そっちの方が数段安いので。

R0050967

上から

R0050968

すごい派手ですねぇ~

R0050969

もう一個も青(笑)リージェンシーブルー

R0050971

記念インクなので、特殊な形状をしています。
というのは

R0050972

こんな感じ。
8本併せると、ホールケーキというか、ピザというか(笑)
1つの丸い形になります。

R0050973

こんな感じね。


R0050974

こちらがブルーブラック

R0050975

こちらがリージェンシーブルー

どんな色かというと・・・

R0051565

こんな感じ

注:モニターの色で雰囲気が変わりますのでご承知下さい。

一般的に知られているのはこの80mLという大きな瓶。

お試し用というか持ち運び用というか、30mLのがこちら。

紹介したのがこちら。

でも海外からなので2本で1本分で(笑)

インクの色は凄く沢山あるので、好みの色を探して貰えればと思います。
あと、リンク先には送料が掛かると思いますのでご注意下さい。

インスタント用袋麺をレンチンする入れ物(笑)

年末年始何をするにも面倒くさいてゆうか色々忙しいので、つい楽をしたく(゚゚ )☆\ぽか
買ったのは一月ほど前ですが。
スーパーで108円で売っていたので騙されたと思って買ってみました。

20161203_190014

以下にも怪しげな(笑)

20161203_190030

パッケージを剥がすとこんな感じ。

20161203_190044

フタ開けたとこ。

20161203_190937

まず袋麺(インスタントラーメン)を入れ、スープは入れない。
内側の線までお湯を入れます。

20161203_191114

空気穴のフタを開けて、レンジで500~600Wで3分。

20161203_191343

丁度良い感じにふやけてるので
注:この時点でかなりお湯が減っていて、スープが濃くなるので線までお湯を足すと良いかも。

20161203_191453

スープを入れて、お好みの具を入れればあっという間に出来上がります。
ガスや鍋を使わずにできる。
でも味気ない場合はラーメンどんぶりに移して、糊やなると、卵、チャーシューなどをトッピングしてください。

この応用として、やってないけど玉麺(そばやうどん)もできるかも。
でもレンチンしている時に吹き出すかも知れないのでご注意下さい。


Amazonにもあった(笑)何でもあるな。
送料がとられるので、100円ショップかスーパーで見かけたら買う程度でよくね?的な

評価は酷評ですが、いちゃもん付けてるみたいなコメントだな。
写真の通り線はちゃんと見えるし、ぬるま湯だと書いている人は、水からやったと思う。
水からとも使用法に書いてありましたが、ここはお湯からやるでしょう普通。

キッチン回りの大掃除にアストニッシュお試しセット

年末ですな。
どうせ変わらないからと簡単に窓ふきと壁をケルヒャーするだけですが。

R0046581

昨年買ったまま放置してた(゚゚ )☆\ぽか
アストニッシュなるものを開けてみましたヾ(^ )コレコレ

R0046582

とりあえずお試しセットと言うことで。
キッチン回りの大掃除と茶渋取り、襟汚れ石けんがセットになったもの。

R0046583

こちらが取説。

R0046584

箱がいかにも、某どことは言わないテレビショッピングみたいな怪しげなキャッチフレーズ風(笑)


R0046586

粉のステインリムーバー、要は茶渋取り。
うちの子とかみさんはほぼ毎日ポットを持っていくので、たまにポット内の戦場をもとい、洗浄をせねば。

R0046588

こうやって見るとちと怪しいですが、意外と取れます。
家族4人がたいがいポットを持っていきますが、ステインがけっこう付いちゃうのね。と言うわけで、先週末につけ置きしたら、取れる取れる。
漂白剤でも良いのですが、これ嘘みたいに綺麗になりました。
漂白剤みたいに匂いもないし、急須の中に網が張ってあってなかなか綺麗にできないのですが、一晩おいたら新品みたいに綺麗になりました。

R0046589

もう一つは石けんタイプ。洗濯石けんって感じ。
エリや袖口の茶色っぽい汚れ。

R0046592

でもこれ置くところ間違えると顔や手を洗われそうで(汗)
まあ小さい子はいないので。

R0046593

一番重宝したのがこれ。

R0046594

練り物状で油汚れをごしごし落とす。
これと、コストコの強力(笑)キッチンペーパーで、ガスレンジ回りが綺麗になりました。

って、本体だけで綺麗になった絵を撮るのを忘れたという落ち。
とゆうか、掃除に必死で撮ってる暇がががが。

お試し版は安いです。
自分が買ったときは、送料無料で980円でした。
送料がかかるので、少しお高いかも。

  

とは言え、出入り業者なので送料が掛かるので、お近くのホームセンターなどで見かけたら保護してみてください。


小さくても高音質の立体音響スピーカーP4(soundPEATS)

最近日本でも結構売れているせいか、説明書からパッケージから日本語対応してきたsoundPEATSさん。
P1から進化してP4と音も進化してきました。

R0051571

アウトドアでも対応できるので、布張りにこだわる必要はないのですが、高級感はあります。

R0051573

主な特徴。
ハンズフリー通話も可能です。

R0051574

スリーブを外すとお高そうな箱。

R0051577

こちらが、P4本体と左が周辺パーツ類。

R0051578

外周のローレット部分が、ボリュームコントローラー。
右にぐるぐる回すとボリューム上げ、左に回すと下げ。
真ん中の青いドット部分、タッチパネルになっていて、右にスライドさせるとスキップ。
左にスライドさせるというかタッチするとリバースになるという優れもの。

R0051579

下側には充電コネクタと有線用のAUX端子があります。

R0051580

こんな感じね。

R0051582

電源は底にあって、長押しでオンオフ。初めて接続させる時は、電源長押しのまま暫くするとペアリングモードに移行します。
技適もちゃんと取ってあります。

R0051583

横から見るとこんな感じで手前に少し曲がっているのでパネルは見やすいし、前後がどちらかわかりやすい形状になっています。

R0051584

附属ケーブル。

R0051585

取説

R0051586

取説も音声も日本語になっています。

因みに、Amazonサイトにも上がっていますが、初期モデルは、とにかく大音量でコマンド音声が流れますので、その辺はお気を付け下さい。
「電源をオンにします」「1台目のデバイスと接続しました」「ペアリングします」みたいなヤツ。
これが大音量だわ(笑)

注:これから出荷するバージョンは、音量を下げたものが搭載されているので静かになると言うことでした。

私が入手したのは、大音量版(笑)

R0051588

充電中は、赤。

R0051593

満充電時は緑。

音源と接続時は青になります。

R0051592

ご覧のように、外側がメッシュ地(布)になっていて、手触りが良いです。(笑)
でも防滴機構4だし。ちと水滴が付いたら気になるけど。
キャンプやバーベキューでも活躍するかも。

R0051589

以前モニターした、カラーLEDのスピーカーと比べるとかなり小さいです。
鞄に入れても気にならないかも。

20161223_0901


iOSのみ、接続すると右上にバッテリー残量が表示されます。
ハイレゾ音源もそつなくこなしています。
非常に音の精度・クオリティ・解像度が高いです。

写真では見えませんが、左右にスピーカーが搭載されているので筒状ですが、モノラルではありません。
ステレオで再生されます。
また、無指向性で音が広がるので、通常の箱形に比べるとスピーカーの横や後ろにいても音がこもることはありません。

音楽は著 作 権のためにだめになるかもですが(汗)
音楽に聴き入るビクター犬ニーナさん

音は、Uボートのサウンドトラック。
著 作 権にひっかかったら、フリーのBGMに変更します。

  

この中では、一番良い音です。
クリアで低音がはっきりしているし。


Fire スターウォーズフェイスキャップ付フィギュアコレクション(KIRIN)

R0051599

これ、12月中旬に出ていたらしいのですが、知ったのは一昨日FBで知り合いがアップしてたのを見て(笑)
とゆう訳で、出かける用事があったので、25日にセブンを数件回りましたが影も形もない。
でもって、子ども2号が映画館まで行くと言うことだったのでローソンならあると思うということで依頼(笑)
無事ほぼコンプ(笑)

R0051601

缶も、ダークサイドとライトサイドで絵が違う。

R0051603

チープな人形でした。
左からR2-D2、ダース・ベイダー、ストームトルーパー

R0051604

R2-D2

R0051606

ダース・ベイダー

R0051607

ストームトルーパー

このほか

20161225_175746

C3-Poとボバ・フェットは子どもが。(ベイダーとストームトルーパーも)
マスター・ヨーダだけが見入手(笑)

店によっては既に完売と思いますが。
ローソンの遭遇率は高いと子どもが言ってました。

DIAMOND mini (TWSBI)

なぜか知らない間に増えているTWSBIの万年筆(笑)
お値段のお安さというのもありますが、メンテの楽しさとゆうか、分解できちゃったりするのも面白かったりします。
しかもお値段の割に作りがしっかりしている。
最初からクリア軸中心に展開しているというのも良いです。

とゆうわけで、先月末に送って頂いたのが。

R0051217

ミニです。

R0051220

フタ開けたとこ。

R0051221

裏ね。

R0051223

裏には分解用ツールとピストンリングの油。
こういう細かい気配りが良いです。

R0051224

こちらが本体。

R0051225

ミニだけど、キャップを付けると良い感じの長さになります。

R0051226

安定のB(笑)

R0051227

イリジウム大盛り。

R0051228

リングにはminiって刻印(レーザープリント?)もあります。

R0051230

尻軸には、キャップがはめられるようにネジが切ってあるので良いです。
こういうのはセーラーのプロフェッショナルギアミニと一緒で良いです。

どのくらい長さが違うかというと

R0051231

こんな感じ。

R0051232

元祖ダイアモンドと

基本的にがちニブなんですが、何故か使いたくなる万年筆です。

Amazonのリンクを貼ろうと思いましたが、高いので(汗)
ブングボックスさん、とみやさん、などから買うか、直接TWSBI当たりから買った方がお安くなります。


レオナルド・ダ・ヴィンチの有名なウィトルウィウス的人体図 テーブル美術館(Figma)

今日はクリスマス、良い子のみんなはサンタさん来たかなぁ~?

久々のテーブル美術館です。

R0051547

中学や高校の美術の教科書というより、数学の教科書に載っている方が有名かも。

R0051537

箱だと良くわかりませんね(^^;

R0051538

横から。
ベートーヴェンみたい。

R0051539

阿修羅さんみたいに手が4本(阿修羅さんは6本、軍荼利明王さんは8本)なので、こういう残像っぽいことも。

R0051540

どや顔もできます(笑)

R0051542

右上なんか阿修羅さんですからね。
左下は、赤塚不二夫のお巡りさんとかハタ坊の絵ですし。

R0051544

初めて見た。
てゆうか、元々はレオナルド・ダ・ヴィンチの絵ですからね。
後ろはデザイナーさんの想像でしょうね。

R0051548

可動キャラとしても使えるように腕1本と足も替えることができます。

R0051549

手も4組ありますので、結構遊べそうです。

R0051559

ギャグアニメの走る姿(ぉぃ


   

既出(がいしゅつ:わざと)の作品

 

これから出るもの。

いずれの商品も、Amazonが発送する場合は送料無料が多いですが、出入りの業者さんだと送料が掛かりますので、その点ご注意下さい。

DSC-RX100V その5美しい動画編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

紹介から時間が空いてしまいましたが。
DSC-RX100Vの動画を紹介します。

品川駅スローモーション動画

17920-862-296869

噴水のスローモーション動画

アクアパーク品川のイルカショー導入部
これようつべ(youtube)だと画質が落ちるかも知れないけど、本物は凄い描写力です。
3分位あるので適当に終わって下さい。


動画も凄い。
画像編集を前提にすれば、解像度が低いビデオよりも高品位カメラ、最近のデジタル一眼レフカメラでもステレオ動画可能なものが増えているので、カメラで細切れに撮って編集しても良いですね。
確かにビデオと違って録画時間の制限があるので、野球やサッカー1試合とか録りっぱなしにするのは無理だけど、高画質だしフルハイビジョンや4K対応だし。
これもありだと思います。

17920-862-296869

SoundPeatsさん、年末ブログ読者限定値引きです。

いつも製品のお試しを提供頂いていますSoundPeatsさんが、本ブログ読者限定で、12月23日〜27日まで、期間限定で割り引きサービスとなっています。

リンク先から商品を購入するとしてクリックして、その後決済する時に、下記の商品に書いてあるクーポンをコードに入れると割引で買えます。

興味のある商品をクリックするとリンクに飛べます。

1、SoundPEATS Q11ワイヤレスイヤホンの価格が2000円で、
  弊社は特価クーポン PJMXQO73 を提供して、1200円 割引になって、 800円 で購入できます。

詳細な記事は、
音もデザインも進化したBluetoothヘッドセットQ11その1開封編(soundPEATS)


音も見た目も良くなったBluetoothヘッドセットQ11その2本体・試聴編(soundPEATS)

2,SoundPEATS Q9Aワイヤレスイヤホンの価格が 1800円 で、
 弊社は特価クーポン Z9UVI4UW を提供して、1000円 割引になって、800円 で購入できます。

詳細な記事は
自然な掛け心地で、スポーツにも最適なBluetoothヘッドセットQ9A(SoundPEATS)

以前から売られている息の長い商品です。最近のは音が改善されているのでこちらもかなり良い音です。

どちらもオススメですが、どっちか選べと言われたら、個人的にはQ11の方がかわいくて好きです。
かけ心地もいいです。


ミレニアムファルコン ビークルモデル006(バンダイ)

既にスターウォーズファンの方は、ローグ・ワンをご覧になったと思います。
残念ながら仕事が忙しくて土日もない状態なのでまだ見ていません(T-T)

R0051551

と言うわけで、ミレニアムファルコンが来ましたが、ネットでの模型の知り合いの多くは一晩で完成させていますが、こちらもなかなか手が付けられないので本体のみ紹介(゚゚ )☆\ぽか

R0051553

小さい模型なので、菓子付き玩具のように箱裏に設計図があります。

R0051554

パーツはこんなものですので、素組だとあっという間に完成します。
そんだけでもやっておくか(汗)

R0051555

使う気は全くないですが、59もシールがあります。
これ貼っていくより、塗った方が断然楽(笑)

500円位のプラモですですが、

R0051556

このクオリティ。
モールドがすごいです。

R0051557

何これ~

R0051558

さて、いつ作れるか(T-T)

  

Amazon本家は一時的に品切れのようですが、すぐ入ると思います。
また、次回はタイファイター2機セットo(^-^)oワクワク

ありそうでなかった画期的な、ふたふで箋(あたぼう)#あたぼう #飾り原稿用紙 #ふたふで箋

春先に、スライド手帳(とリフィル)で有名なあたぼうさん(こちらもひとり文具メーカーさん)から、飾り原稿用紙が出て、本ブログでも何回か紹介しました。
こちらの飾り原稿用紙は、日本文具大賞という栄えある栄冠を受賞したすごくすごいヤツです。

ということで、満を持して。第二弾。

R0051492

ふたふで箋。

最近は万年筆ブームというか手書きブームになってきた影響もあって、あいさつや何かを送るときにも一筆箋(いっぴつせん)でひと言添えるのが流行っている(自分だけかも(笑))のですが、それだけでは書き足りない。
かといって、A4フルで400字を書くほどではない。という方向けに出してくれたそうです。

R0051493

取りあえず、蔓葡萄(つるぶどう)と

R0051494

波抹茶(なみまっちゃ)
の2種類が出ています。

R0051495

開けたとこ。

R0051497

常用している飾り原稿用紙と並べると、一回り小さいのがわかります。

R0051498

汎用の一筆箋と並べるとこんな感じ。

R0051500

因みに、半分に折ると、ほぼ日ウィークスと同じ大きさになりますので、・・・

R0051501

ほぼ日ウィークスや、トラベラーズノートなどを愛用している人は、半分に折って収納しておいて、いざというときさっとメモをして渡すとか、封筒に入れるなどすれば、相手先や客先に好感度アップ間違いなし。

という。

因みに、監修は小日向京さん、デザインはTwitter仲間のhoririumさん、お世話になっているあたぼうさんという最強のタッグチームの作品です。

これで2017の文具大賞取らないかな(今年出たわ)

個人的には、飾り原稿用紙と同じ色で作って貰って、アソートモデルも出して欲しいと思いますが・・・
大人の事情なのかな?
みんなが買ってくれれば、ラインナップしてくれるかも。

残念ながら今は、一部の飾り原稿用紙を扱っているお店でしか入手できませんが、近いうちにはAmazonにも出るかも。

SNS時代の新感覚メモ帳「したたメモ」100文字(ぷんぷく堂)

毎回やばい(欲しくなる)ものを作ってくれるぷんぷく堂さん。
秋頃にはAmazonにもお店を出してくれたので、ますます買いやすくなって困ります(笑)
は置いといて。

R0050410

おやぢギャグみたいなメモ帳。
1日を100字にしたためアップする。
もう、まんまSNS時代のメモ帳。

R0050411

最近は万年筆も流行ってきてるし、ここ5~6年、メジャーな文具メーカーから、ぷんぷく堂さんやあたぼうさん、文具王(高畑さん)、ベアハウスさんなど、ひとり文具メーカーさんなど、百花繚乱の文具業界。

こういうの好き。

R0050412

丁度100文字分か書ける、雰囲気的にはポストイット的な感じ。

これにうだうだ言いたいことを書いて、Instagram(いんすたぐらむ、イングラムではない)にアップすれば、何を書いたか見えるし、日記として利用しても良いかも。

R0050413

手書き風ロゴがかわえ。

R0050414

ばらばらのメモではなくて、ちゃんと固定されているので気持ちよく剥がせる。

R0051322

太字好き~のZEAKさんは、主に使っている万年筆が、BやBB、日本で言うと太とか好きなので(^^;
でもちゃんと書けるのが良い。


 

こちらが紹介したしたたメモ

 

こちらが最新作の、あなたの小道具箱。
むかし小学校低学年や保育園年長などで使ったお道具箱のもっとしっかりして大人向けに作ったヤツ。
それほど大きくないので何個か積み重ねるとか良いかも。

 

こちらが一部の筋では人気の過保護袋(笑)
良いわ~これ。

と言うわけで、千葉までは遠いぜよ、と言う方、夜しか開いてないなら行けないぢゃんという人。
Amazonで頼めるので安心して下さい。

てゆうか、これ人気で時々品切れになる場合がありますが。
そこはそれ、ひとり文具店なので、印刷屋さんや製本やさんなどに追加発注をしていてもロットが合わないと納品できないという裏事情もあるので、気長にお待ち下さい。

高音質のQ24 その2比較編(soundPEATS)

比較編です。

R0051524

ほぼ同一のコンセプトで作られて、以前紹介したQ12です。
左がQ12、右がQ24

R0051525

ちょいとアップ。
Q12のハウジング(ケース)は樹脂出できています。
Q24はほぼアルミ削り出しっぽい金属。

R0051527

双方とも磁石でくっつく形になっているので付けてみました。
左がQ12、右がQ24
Q12は樹脂なのでハウジングからケーブルのジョイントまで一体的に作られています。
こうやって見るとQ24は一回り小さいことがわかります。

R0051528

背面。
左がQ12

R0051529

スピーカーユニット。
Q24の方が音の出口は一回り大きいです。

R0051531

リモコン部
奥がQ24
手前がQ12
Q12もリモコンボタンが離れていたので使いやすかったですが、従来品はほとんどが、+と-の間にマルチファンクションボタンが付いていたので、さっと盲牌(もうぱい(笑):見ないで触ること)しても指で探っていかなければならないので、新しく出たQ24の方が盲牌でも間違えることがないので良いです。

R0051532

リモコン裏面。
上がQ12、下がQ24
あっさりしていてデザインがカッコイイのがQ12。
技適までプリントされているのがQ24(笑)
この辺は好き嫌いが分かれるところ。

R0051533

肝心の重さです。
Q24が15g

R0051534

Q12が14gなので、
金属製のハウジングをつかって1gに押さえたのは凄いです。

それによって、エコーというか、音響の広がりや深みが増した効果はでかいです。

R0051535

もう一つ。こちらはQ12の前に紹介したQ20(現行で売ってます)。
こちらも15gと言うことで双方そんなに重量的には差が無いと言う結果になりました。

R0051536

左上から
Q24
Q12
Q20となります。

音はQ24が最高です。
使い勝手の良さを考えると、個人的にはQ20も捨てがたいです。
というのは、最初に背面に磁石を付けて出したのが、Q20。
これの優れた点は、LRのイヤフォンを磁石でくっつけるとパワーオフ、両者を剥がすとパワーオンになること。
これによって、仕事中に集中したいときの音楽や会議録を取っている時に、電話が来てすぐに左右を併せることで電源が切れること。
また、電車などでの移動先で降りるときに耳から外して首にくっつけておいておくだけで自動的に電源が切れる。
いちいちマルチファンクションボタンを長押ししてパワーオフしなくても対応ができる。
でも、Q24と比べると使い勝手は良いが、微妙に音がねぇ(悪くはないが)Q24聞いてしまうとって感じ(笑)

あとは皆さんは興味の有無や目的などで選べば良いと思います。

   

似たデザインだけど、微妙に違ってそれぞれが個性的なラインナップです。

音重視で選ぶならQ24で間違いないです。


洗練されたデザインと金属製ハウジングで音が良いQ24(soundPEATS)

最新のsoundPEATSさんのQ24を試す機会がありましたので紹介します。

R0051512

重厚でもそれほど重くない金属製のハウジングです。
注:最近SNSにアップすると画像が選べなくて最初の写真がサムネイルになっちゃうので(笑)

R0051506

昨年暮れ頃から子のお高そうなケースを使っています。
商品を間違えないように紙シールで封印されています。
こういうの良いですね。

R0051508

ケース付きというのと、取説が日本語になっている(あ、音声も日本語です)のが良いです。
安心して使えます。

R0051509

内容物一式。

R0051510

イヤピースと、USB充電ケーブル。汎用のものがあればこれは鞄に入れて緊急充電用に使っても可。
あと、イヤピースの下にあるwwはケーブルの長さを調整するクリップになります。

R0051511

耳フック(BOSEでもこういうのを採用していますが)は、SMLの3種類。
デフォルトではMが入っています。
普通の方にはMで充分かと思います。助成や耳の形状というか耳にあるひだひだが小さい人だとSでも良いかも。
私は耳でかいですが(笑)Mで丁度良いです。
ちゃんとLRの表記があるので安心です。
というか。これ平型のデザインではないので。LRはわかりやすくできています。

ということで、

R0051512_2

最初の写真の再掲です。
耳フックの形状が左右違いますので、間違えることはないし、ちゃんと耳のひだひだのカーブに沿って違和感なくはめることができます。
ハウジングは金属(たぶんアルミ削り出し)ですが、低価格で良いです。

R0051514

スリーブから外したとこ。
ちょうど耳から少し下にリモコンがあり、リモコンにマイクが着いているので、通話がしやすくなり、声も拾いやすくなっています。

R0051515

音が出る口の部分。
音の良さは、ハウジングが金属製になったのも影響していると思います。

R0051516

背面。金属の上、中に磁石が入っており、以前紹介したQ12の後継機であることが伺えます。(別途記述予定)

R0051517

従って、左右のイヤフォンを使わないときはくっつけて首にはめておくことができます。

R0051518

リモコンの形状が変わりました。
今までは、+と電源スイッチと-でしたが。こちらは。
ボリューム上げ下げ(含むスキップ・リバース)が近接し、電源オンオフ、と受話・終話ボタン+ペアリング(soundPEATSさんによると、マルチファンクションボタン)が離れて設置されています。
これだと、音楽を聴いているときに電話がかかっても、受話ボタンをさっと押しやすくなりました。
その上は充電やペアリングのLEDランプ。

R0051519

こちらが裏面。
小さい穴がマイク。
議適マークもプリントしてあります。

R0051521

リモコンの所に充電のコネクタがあります。

R0051522

充電中は赤く光ります。


R0051523

満充電になると、青く光ります。
参考までに、電源オンのままボタンを外さずに長押しするとペアリングモードになり、青と赤のランプが交互に点滅します。

R0051550

取扱説明書も、本体内の音声も完全日本語化対応なので、安心して使えます。

比較編に続きますが。
本編のみ参考にされる方に、音質等の説明を書いておきます。

特徴は
今までになく高音質で、かつ無線(Bluetooth)であることを意識させない素晴らしい音です。
以前から音の良さに定評があるsoundPEATS製品ですが、今回また良い物を出してくれました。
低音から高音まで全般的にカバーし、音の広がりを感じさせてくれます。
静かな所で聴いていると、アコースティックギターソロの演奏の時に、ピッキングというか、ギターの弦を指で滑らして弾くというか次のコードに行く所なども聞こえるときがあります。
管弦楽のクラシックを聴いたときにも、ライブ音源だと会場の空気感が伝わっていきます。
いままでいくつもsoundPEATSさんのイヤフォン(ヘッドセット)を体験してきましたが、ここまで広がりのある音は聞いたことがないと言っても過言ではありません。(笑)
たまに音が平板とは言え、2000円クラスの製品や、同梱されているイヤフォンなどと比べると段違いに音が良いのですが、下の値段を知らないで、音楽を聴かせて、これ幾らくらいすると聞いたらたぶん3000円とは言わないでしょうと言うくらい凄い良い音がします。


この値段で高音質というのが信じられない素晴らしいBluetoothイヤフォンです。

こちらが併売モデルのQ12です。

定期的にタイムセールなどをやってくれて、数日前なんか紹介している製品が1980円位になっていました。
興味がある方で早い方が良いと言うことでしたらすぐに。
じっくり様子を見てという場合でしたら、タイムセールをしっかりチェックするのが良いです。

Cross of Iron 残念な邦題は戦争のはらわた Blu-ray

ワイルド・バンチ、ゲッタウェイ、コンボイなどで、撃たれた瞬間に倒れる人々を、スーパースローモーションで映す彼の美学というか、悲惨さなどで一躍有名になったサム・ペキンパー監督の名作。
主には西部劇を中心とした作品が多いのですが。

20161205_202428

初めて劇場で見たときオープニングで、いきなりぶったまげたのが「幼いハンス」童謡は日本でも有名な・・・・
そこからペキンパーのどろどろした血なまぐさい映画が始まるとは誰も想像できないでしょう。

敗戦の色が濃いドイツ軍のロシア戦線のお話です。

20161205_203322

主人公のシュタイナー伍長(ジェームズ・コバーン)これがまた渋いんだわ。

20161205_203614

プロイセンの貴族シュトランスキー(マクシミリアン・シェル)
彼は、遠すぎた橋ではめっちゃ良い役をやっていたんですけどね。
この映画では道化役です。
貴族で上官なのに、貴族として立場が上になっている割に、何もできない。更に身内に自慢したいために鉄十字勲章(Cross of Iron)を欲しがるだけの男。
しかも、シュタイナーをなんども裏切り窮地に立たせる。

何故か、ブラント大佐:ジェームズ・メイソンとキーゼル大尉:デヴィッド・ワーナーには、シュタイナーを気に入っている。
まあ愛想は悪いけど現場たたき上げの部下だからねぇ。

撤退すると言う命令をシュトランスキーに、シュタイナー伍長にも伝えるようにと何度も言いながら、連絡しないでという失礼なヤツ。
その割に、シュタイナーに我が軍が優位に立った事案を証明して鉄十字勲章の申請にサインをしてくれという浅ましいヤツ。

20161207_205150

何故かドイツ軍は戦車もなく、T-34だけが暴れまくるという。

20161207_205153

それに、敵戦闘機は米軍たぶんコルセアらしきものが爆弾を雨あられのように降らしている。
という不思議な映画。


ちなみに、Facebookの知り合いの所にこの写真をアップしたら、その友人(たぶんアメリカ軍OBだと思う)人がコメント(英語だけど)くれて、この写真でCross of Ironは良い映画だ。とてもリアルな描写をしている。
と言ってきて、この続編的な映画にスターリングラードがあるので、これもかなりリアルな描写で実践に即した映画なので見た方が良いと勧められました。アメリカの戦争映画のようにカッコイイばかりではない作品だと。(知ってる範囲では、ドイツが作った映画で作風はCross of Iron に似てロシア戦線の話なのよね。
あまり暗すぎて、日本ではヒットしなくてレンタルにもないという。

あと、沖縄の米軍キャンプで見た日本映画の野火(1959年版の方ね)は素晴らしかった。
これ見たことなければ、一度見た方が良いとも。
済みません、スターリングラードも野火も作品はあったことは知ってましたが、見たことないです。
今度どちらも見てみます。

20161207_205433

T-34が強いんだわ。
まあそもそも歩兵しかいないので蹴散らすのは簡単だけどね。

という。
未見の方は、戦争の悲惨さ、無情さが上手く描かれている作品なので、一度見ることをオススメします。

R0051312

それにしても、戦争のはらわたってちとタイトルで残念な映画。
もう少しマシなタイトル、見出しみて見に行きたいって思わせなければ。

R0051313

でもまあ、描写がめっちゃリアルなのでちと残酷なシーンはあります。
特にBlu-rayなので隅々リアルなので。
爆発した瞬間に身体が半分になりそうな人とか。兵員輸送車の移動時に死んでいる兵士を踏んで走って行くとか(T-T)

R0051314

それでも、カッコだけで威張り散らす上官と、現場たたき上げの部下で、みんな信頼して付いていく的な。
ビジネスモデルでは無いけど、人を掌握して適材適所で上手く使うというのも参考になったりします。

 

Blu-rayとDVDの差はあまりありません。
残念ながら、本編のみでメイキングとか予告編、監督インタビューとかはありません。

VAIO BUSINESS オリジナルカレンダー非売品(SONY)

今年も頂きました。

SONYというかVAIOビジネス卓上カレンダー

R0051488

表紙。

の前に・・・

R0051487

商品保護シートが・・・
丁寧だ。

R0051489

こんな感じです。
両面宿儺(りょうめんすくな)多面の仏像というか昔の化け物(違
どっちでも使えます。

何が良いかとゆうと・・・

R0051490

自分はあまり気にしないですが。
六曜が入っていること
六曜って、大安とか仏滅、赤口とか言うヤツね。
某高島易断などで、月の運行と二十四節気とか色々書いてあって、それによって何をするには何日が良いとか言うヤツ。
自分は気にしてないですが(笑)
親は結構気にしていた。例えば、大きい買物をするとか、車の納車とか、引っ越しとか。
案外信じている人とかは多そうですが。

かみさんはそこまでは気にしないけど、お祝いなどは大安を選んで持っていくとかしてます。
かみさんの母親は、もうそんな時代ではないと言いますが。

R0051491

反対側も横書きのカレンダーになっています。

どうせかみさんに取られちゃうというか、あげるんだけど。
どうも会社では、向かい(反対側)に座っているおじさん(たぶん上司)がこっちの面に自分の予定を電話で話ながら書いていると言ってた(笑)

でも席替えしちゃったらしいからどうなるのか(笑)

たぶん、これと同じのがまた時間差で送られてくるはずだからあげても良いのだ。


少し早いクリスマスプレゼントTUMI DELTA018620D(TUMI)

今まで使っていたTUMIのコインケースがぼろぼろになってきたのと、家か鞄のどこかにあると思いますが、見当たらなくなったので(^^;
お財布と鞄類をTUMIで揃えてあるので・・・

かみさんと子ども2号がボーナスが出たので(うちはない(T-T))早いけどクリスマスプレゼントということで買ってくれました。

R0051360

箱がおしゃれになった(^^;

R0051361

DELTAシリーズなので、外はナパレザーになっています。

R0051362

TUMIのロゴはメタルロゴです。


R0051363

ボタンは黒。

R0051364

内側がバリスティックナイロン。
前は外と前が逆でした。


カラーマネジメントディスプレイSW2700PT その2画面比較編 #BenQアンバサダー

BenQさまよりお借りしているモニターを比較してみます。
とゆうのは、会社に買わせたモニターもBenQの安いヤツでGW2760Sというもの。

R0051428

デフォルト(初期状態)で設置したら、会社のモニター解像度の1920×1080になりました。

色比較です。
SW2700PTは、リモコンでAdobeRGBとsRGB、B&W(モノクロ)モード切替ボタンを持っています。

R0051456

こちらがAdobeRGB

R0051461

こんな感じで色切り替え毎に表示されます。


R0051457


こちらがsRGB

R0051458

こちらがモノクロ。
ももクロではない(゚゚ )☆\ぽか

R0051465

個人的にはどうもSW2700PTの画面が赤みがかっているような気がしますが、発色が良いのでそういう感じになっているだけかも。

たぶんモニター品なので、調整して出荷してくれてあると思うので。

Gamen1

とゆう訳で、SW2700PTの画面を本来の解像度である2560×1440のフルサイズに設定してみました。

参考までに画像サイズの呼称を
4K       4096×2160
WQHD     2560×1440(これが本機)
2K       2048×1080
HD       1920×1080(フルハイビジョン:最近の高解像と言われるモニター)
ハイビジョン  1440×1080(こちらが一般的な地デジハイビジョン)
DVDサイズ   720×・・・(映画等のサイズによる、昔のテレビだと544、ワイド映画だと288とか)
(パソコンのモニターで、ノーマルサイズでDVDを再生すると画面の1/4サイズになります)

なので、ようつべ(youtube)などの4K動画(特にドローン空撮など)を本機で見ると、葉っぱの1枚1枚まではっきりくっきり見えるのがやばいです。
それを従来の1920×1080(フルハイビジョンサイズ)で見るとぼけ~っとした状態になるので、モニターは高解像でなければとか思う次第で(^^;

R0051469

画面ちっちゃ(笑)
てゆうか、表示細か!(汗)

R0051470

上の写真と同じ大きさを普段使っているGW2760Sに持ってくると(笑)
画面一杯になります。

R0051471

SW2700PTと同じようにすると、Excel画面がファイルがめんで見えなくなります。

R0051472

一番上の写真のアイコンが・・・
こんなに細かくなりました。

R0051475

ニフティのページ。
こちらは普段使っているGW2760Sの画面。

R0051476

同じものがSW2700PTではこのサイズ(笑)
慣れてしまえば問題ないし、非常に画面が広いので、1モニターでも複数画面を開いて作業するにも楽です。

R0051455

1920×1080で開いたPhotoshopの起動画面。

R0051504

2560×1440で開いたPhotoshopの起動画面。
こんだけ解像度が違うので細かな作業がしやすいです。

少し時間空くと思いますが、モニター体験はまだ続きます。


カラーマネジメントディスプレイSW2700PT その1開封設置編 #BenQアンバサダー

先日BenQアンバサダーでセミナーとタッチ&トライを紹介しましたが、モニターのモニター(笑)が来ましたので紹介します。
あ、これ買ったりもらったりしたものではなく、お試しした後お返しするというものです。
特に商品体験のみで、金銭授受はありませんので、自由に書いております。

ということで、本ブログの定番、開封からセッティングまでを紹介します。

R0051326

普通のモニター(ディスプレイ)より一回り大きな箱できて、びっくり。
というのも、会社に送って貰ったのですが、・・・
まず自宅では開封するスペースがない(汗)そもそも自分の部屋がない。(子どもに占領されている)
いつぞや40インチ超えのテレビを体験しましたが(汗)
会議机に載せましたが、大きさが想像できると思います。
パイプ椅子から想像してね。

R0051329

外箱外したとこ。
27インチだけど、けっこう大きな感じがします。

R0051331

MAC対応だし。MACはアプリ毎に色調整をする必要がないということで、MAC向けかもしれません。
別の機会にやってみようっと。

R0051333

厚みがあります。

R0051336

箱に入っていたのは遮光フード。
光の影響をふせぐために、普通のモニターにはないフードが搭載されています。

R0051338

モニターの支柱(上)と台座(中央)
左ケーブル類
右調整用アプリと取扱説明書、その下にはケーブル類(こちらはUSB)
右上の箱は画質切り替え用リモコン。

R0051345

モニター背面。
あ、そうか、この四隅のネジを使えばアームに固定できるんだ。なるほど。

R0051346

主電源コンセント

R0051347

コネクタ類。
左から、
リモコン用コネクタ。
スピーカー用端子
デジタル用コネクタ
HDMI
うちには縁が無い端子(゚゚ )☆\ぽか
モニターに付いているUSB用端子。

R0051349

こちらが、モニターの位置を記録するレバー。

R0051350

レバーを自分が一番見やすい位置に置いておけば、縦横替えても大丈夫なようになっています。

R0051351

背面にはめたとこ。
モニター付け根にも角度を確認するメモリがあります。

R0051353

土台はそれなりの重さがあって、安定しています。

R0051354

こんな感じで縦横回転させることも可能。
写真や書籍編集などには縦で作業するにも良いかもです。

R0051355

遮光用フードを組み立てているところ。
内側はベロアっぽい布が貼ってあり、光が乱反射しないように配慮されています。

R0051357

会社用のWindowsパソコンですが、自分が使っているMACの壁紙を(゚゚ )☆\ぽか
壁紙も濃いめに出ます(てゆうか、こっちの画面が合っている)

R0051358

Yosemite(笑)

設置作業はここまで。
また機会をみて、比較編を。

ちと値上がりしちゃいましたね(T-T)
少し前は6万円台(確か69800円位でしたが。
その時買ってれば良かった。残念(゚゚ )☆\ぽかカウノカ


パワフルシャワーヘッドZAAVA その2比較・使用編(KVK) #KVK #ZAAVA

比較・使用編です。
あ、因みに、うちのシャワーヘッドです。

Dsc00463

家作ってから、変更してない(^^;
阪神淡路大震災の年に完成したので今から21年前のものです。

Dsc00462

正面から。
随分汚れてる(汗)

Dsc00464

裏側

Dsc00465

並べてみました

Dsc00466

てゆうか、このシャワーヘッドもKVKぢゃね?的な。٩( ᐛ )و
これなら、アタッチメント噛まさずにダイレクトに繋げます。

浴室に持っていって、お試しです。
あ、ヌードはなしよヾ(^ )コレコレ

Dsc00468

出します。
あ、その前に

Dsc00470

こちらの真ん中に黒い穴がありますが、そこを塞ぐと通常のシャワーになります(汗)
この穴から空気をとりいれて、空気と共に噴出すればじゃばじゃば~ってなって、チョー気持ちいい~ってなるわけ。

動画を見て下さい。
ちとダサいけど。

従来家を買ったときに使っていたシャワーヘッド(KVKさんのです)

こちらが今回紹介しているZAAVAのようす。
慣れてしまえば音は気になりません(^^;
上の普通タイプのシャワーヘッドと同じ位のお湯を出していますが、結構来ます。
しかも、お湯が当たる面積が大きくて、お湯の量は従来の半分か2/3で済むという。

家族からも非常に好評です。


低価格で明るいソーラーセンサーライト SOLAR Motion light (MUSON)

MUSON(soundPEATS)さまより、新しい商品が出たとのことで、お試し紹介します。

R0051414

こちらが本体。

説明書(英語版)、固定用ネジ、本体になります。

R0051413

ソーラーパネルで充電して、LEDライトを照らすエコセンサーライトです。

R0051416

横から。

R0051417

ちとぼけてますが(^^;
左の小さい黒いのが電源ボタン。
白い丸の部分が人感センサーになります。

ご覧のようにLEDは16コ付いてます。

R0051419

最初というかスタンバイ時は、LEDが薄く点いていて。

R0051420

人などが来るとフル点灯します。

20161211_084653

壁に止めたとこ。

20161211_0847021

ちゃんと点灯するか試すには、電源を入れたあとに、手のひらでソーラーパネルを塞いでみると点くかどうかわかります。
固定する前に試してみた方が良いです。

20161211_084706_hdr

薄暗い状態で確認。
淡くライトが点いてます。

20161211_0847061

手を振るとフルで光ります。

20161211_084724

上にセンサーライトは付けてありますが、ご覧のようにツバメの巣というか、ツバメの居場所になっているため、コンセントは常時外しています。

20161211_104040

残念ながら、冬なので光が届きませんが(^^;
たぶん反射光が届くと思いたい。ダメなら一段下げて固定するか。
あまり低く設置するとセンサーが反応しないようなので。

20161207_183832

他のセンサーライトと違って、一晩中微光モードで点いているので、良い感じです。

20161211_175537

フルで点くとまぶしくて直視できない位なので、夜バイクや自転車で帰ってくる人には良いかもです。


お値段はこのくらいなので、防犯上を考えると家のあちこちに付けておくのも良いかもです。

省エネだけどパワフルシャワーヘッドZAAVA その1開封編(KVK)

シャワーや水回りの商品を作っているKVKさんのモニターキャンペーンに応募したら、当選したので紹介します。
注:本記事は商品提供を頂いておりますが、報酬等はなく、自分の感想を自由に書いております。

まず、パッケージングがかっこええ。

Dsc00439

最初なんかのオーディオ機器(Bluetoothスピーカーとか)の箱かと思いました。
そんくらい、カッコイイ。
隙間から見える銀色とか。
開ける瞬間からo(^-^)oワクワクさせるマシンです。

Dsc00443

ZAAVA(ザーヴァと読みます)。
端っこにはTM(トレードマーク)ならぬ、KVKさんのメーカーロゴ。
この辺もシャレオツです。

Dsc00444

開けてびっくり(^^;
こういうパッケージング良いですね~、家電メーカーにも見習って欲しいわ。
いきなりご本尊が拝めるんですよ。
天下のSONYも頑張っていますが、これ日本のルールかわかりませんが、始めにお読み下さいを始め、多数の注意書きからマニュアル、ユーザー登録カードまでがフタ開けた時に出てくると、またこれかぁ。
ってなる。
それが、iPhoneとかiPad、MacBookProやAirなど、開封の儀まであるくらい、開けるときにo(^-^)oワクワクする。
こういうのを考えなければメーカーダメぼ。

つい熱くなってしまったヾ(^ )コレコレ

そんくらい、開けた時にカッコイイ。おお~ってなります。

Dsc00445

上の黒い箱を外すと全体が出てきます。
オプションパーツは両側に。

取説なんかも端にあって、自己主張していないんですよぉ~ちょっとぉ~
他のメーカーさんヾ(^ )コレコレ

Dsc00446

箱から出したとこ。
油漉しです(゚゚ )☆\ぽか(違
シャワーが出る部分は黒くなっていて経年変化でも持ちそう。
グリップ部分は銀メッキされています。

手前がオプションパーツのO(オー)リングと他社用アタッチメント。

Dsc00447

横から。
こんな感じで前傾姿勢になっていますが、これはほぼどこのメーカーも同じ感じ。
持って使いやすく、かつ壁のフックに引っかけても良い感じでシャワーが降ってくるというもの。

Dsc00448

裏側。

Dsc00450

注意書き。
空気が云々書いてありますが、このシャワーヘッドのパワー増強の秘密がこれ。

Dsc00454

シャワー用ホースとのコネクタ部分。

Dsc00455

正面から。

Dsc00456

こちらが他社のシャワーヘッドとの互換性を持たせてあるジョイント部
結構重量があって凄いです(^^;

Dsc00457

こちらが紹介しているシャワーに繋がる方。

Dsc00458

こちらが既存のシャワーホースに接続する部分になります。

Dsc00459

アタッチメントを付けたとこ。

Dsc00460

大きな方。

接続・使用編に続きます。
あ、ヌードはなしよ(゚゚ )☆\ぽか

KVKさんのシャワーヘッド、残念ながらAmazonさんにはなかったっす。


巨災対トートバッグ(シン・ゴジラ)

シン・ゴジラの巨大不明生物特設災害対策本部用のロゴ、「巨災対」謹製のバッグが出るとあったので、予約。

R0051300

こんな感じで来ました。

R0051302

安っぽいだろうと思ったら、布地が意外としっかりしています。

R0051305

渋いっす。
映画を見て知っている人しか知らないロゴwww

R0051304

マチもけっこうあるので、打合せなどの資料を詰め込んでいけます。

R0051306

初めて知った、パキスタン製(@@;

縦40cm
横48cm
マチ15cm

20161202_070200

A4紙ファイルと並べてみました。


発売募集時に定価で買えましたが・・・

こんなぼったくり価格になっています。

コカコーラ大容量ボトルにクリスタルオーナメント(日本コカコーラ)

昨年も出ていたと思いますが。

R0051451

クリスタルオーナメントがありますた。

R0051453

全5種類。
スノーマン、サンタさん、ボトル、ツリー、白熊(たぶん)
です。

R0051454

他のはどうでも良かったというか、これ1コしか残ってなかったので(笑)

スーパーなどで残っているところもあると思います。


掛け心地が素晴らしく、音が良いスポーツイヤフォンQ25(soundPEATS)

soundPEATSさまより、新製品が出たということで、お試しさせて頂きました。

今までもイヤフォン(ヘッドセット)を色々試させて頂きましたが、今度はかつて出ていたモトローラの9シリーズのような、イヤバンド風のものです。

R0051392

いつもは長めのケーブルで、いかにもBluetoothでもイヤフォンっぽい感じでしたが、これは見ての通りしっかりした形をしているので、掛けやすくなっています。

R0051379

あ、箱が日本語になっています。
しかも、お高そうな箱。

R0051380

こちらが裏面。9カ国語で示されていますが、周りの説明は日本語です。

R0051386

豪華だったので写真撮っちゃいました。(笑)
えーと、箱開けるのに磁石になっていて、開け閉めが楽です。

R0051387

箱の脇に技適証明番号が付いてます。

R0051388

フタ開けたとこ。おお~ってなります。(笑)

R0051389

パッケージングも格好良くて、硬めの樹脂カバーがあります。


R0051390

カバーを外したとこ。
うーん、渋い。
くろすさせて収納していますが。良い感じです。

でもって、トップの写真になります。
ヘアバンドのようにがっちがちの固さではなく、かといって普通のケーブルのように軟らかくはないという絶妙な形の素材です。

この前紹介したケーブルレスのヘッドセットも斬新で良かったですが、こちらのかけ心地も良いです。

R0051394

こちらが右側。付け根にRと書いてあります。
イヤピースは一体型になっています。

R0051395

右側部分が操作ボタンになっています。

R0051397

ちょい見やすくしました。
操作は全部共通で、
真ん中のボタンがマルチファンクションボタン。
長押しで電源オン、初めて使うときは電源オン(パワーオンと言います)のまま更に長押ししておくとペアリングモードになり、ペアリングしたいマシンでQ25と出れば使えます。
終わるときはまた長押し。
基本スマフォでは通話したことがないのですが、電話がかかってきたら、チョイ押し、終話もチョイ押しで対応できます。
写真だと反対側を向けて撮っちゃったのでわかりにくいですが。イヤフックがある方。写真左側がボタン軽押しでボリューム上げ、長押しで次の曲にスキップとなります。
また写真右側、装着すると耳の方はボリューム下げとリバースになります。
今回こちらの商品は日本語マニュアルが入っているので、英語が苦手な方でも安心して使えます。

R0051398

全体がイヤピースになっているので・・・・

R0051399

ハウジングユニットが大きめのヤツになっています。
これが音の良さにも影響しています。

R0051400

送信ユニットの下側にはマイク(左の丸い穴)と充電コネクタになります。

R0051402

充電中のようす。赤くなっており、満充電で青くなります。


R0051403

ヘッドセットの下側には、USB充電ケーブルとイヤピース。
大きいときのゴムフックがあります。

R0051407

箱にも書いてありますが、ノイズリダクションのCVCも搭載されています。
1.5時間充電で7時間連続運用はできます。

上の方にも書きましたが、装着しやすいのと、全体的に音が良い(ドンシャリと言うより中音域が幅広くなっている感じで、低音や高音とかに特化しているわけではなく、オールラウンダーという感じです。
あと、カナル式ではないので耳奥まで挿す必要はなく聞こえるのが楽で良いです。
また、深く挿せば外部の音が聞こえにくくなるし、かといって全く遮断される訳でもないので、スポーツのトレーニング(ジョギングやウォーキング)にも最適です。

ロン毛の方とかパーマ等で髪が膨らんでいる人には厳しいかも知れませんが、個人的には

DSC-RX100V その4撮影編2(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

天気が悪かったのですが、東京に行く機会がありましたので撮ってみました。

Dsc00099

品川駅

17920-862-296855

Dsc00107

11月下旬なので、紅葉がそろそろ終わりの頃。

Dsc00122

駅の反対側、SONYを撮る。

Dsc00142

Dsc00146

SONY手前はコクヨ。
どっちもまた入ってみたい。

Dsc00192

東京タワー

Dsc00200

NTTのビル

Dsc00416

紅葉


17920-862-296855


カヴェコ 交換用ペンユニット(KAWECO)

昨日紹介したAC Sportと同時に保護したのが・・・・

昨日も掲載しましたが。

R0050738

交換用ペン

R0050739

14KのBニブです。
注:ペンユニットはこのシリーズだと回せば外れるので簡単に付け替えできますが、そうなると保証対象外になるので、その際は自己責任でお願いします。
KAWECO商品取り扱い店舗で交換して貰って下さい。

R0050740

金金してる(笑)

R0050741

別アングルから。

R0050742

こちらがデフォルト(標準)で装備されていた鉄ペン。
因みに、金ペンはユニットだけで1マソ円します。ので、万年筆はペンの料金が半分と言われていますが、カヴェコはそれ以上します(笑)

R0050743

これぢゃあ面白くないので・・・

R0050735

黒で。

あと金ペンは、ノーマルスポーツに。
但し、ノーマルスポーツはユニット交換できないので、ペンとペン芯を抜いて挿し替えています。

こちらも自己責任でお願いします。


カヴェコ AC Sport (KAWECO)

地味だけど、最近頑張ってるカヴェコの新色(少し前ですが)を保護しました。

R0050728

はみ出しているのは別のユニット。

R0050730

ケースです。
ブリキの渋い缶。

R0050731

開けたとこ。

R0050732

本体。
ACとは、
A=アルミ
C=カーボン
アルミとカーボンのコラボレーション

R0050733

天冠にはカヴェコロゴ。

R0050734

デフォルトではペンが黒ではなく、シルバー(鉄)です。
交換してもらったというか、別途ユニットを保護。

R0050735

BBっすよBB(笑)

R0050737

一応、ヨーロッパタイプのカートリッジが使えます。

R0050738

他に保護したのは、BBニブのブラックと14KのBニブ

R0050742

デフォルトではこんな感じなので、黒でよかった(^^;

R0050743

こんな感じ。

R0050744

以前から愛用しているノーマルスポーツにオプションのクリップを刺したヤツ。

R0050746

ノーマルスポーツは金メッキの鉄。

R0050748

これはこれでとてもふにゃふにゃしていて書きやすいです。

 

こちらが紹介したもの

こちらが下で出てきた前から持っているもの。

DSC-RX100V その3撮影編1(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

お借りしているDSC-RX100Vで、いつもの撮影をしてみました。

Dsc00034

由比の薩た峠付近からの富士山
子ども2号撮影

Dsc00040

同東名由比PA付近
場所は国道1号側です。

17920-862-296850

Dsc00048

富士川河川敷、ワイド端

Dsc00050

テレ端(銀塩フィルム相当70mm)

Dsc00051

旧国道1号富士川橋新トラス
昔台風で橋が流されちゃった後付け替え。

Dsc00063

こちらが大正末期に作られたトラス。
渋いっす。

Dsc00065_1

富士山テレ端

Dsc00068

富士市岩本山公園より。
紅葉(遅いけど)と富士山ワイド端

Dsc00074

テレ端

Dsc00077

梅園からの富士山テレ端

Dsc00076_1

JPG等倍切りだし

Dsc00081

紅葉

Dsc00085

紅葉

Dsc00093

市街地

Dsc00095

パノラマ撮影

Dsc00096

テレ端

Dsc00096_1

等倍切りだし

さくっと撮っても、失敗がない(あー厳密に言えば手ぶれとかあると思いますが)カメラです。
良いですね~

普通に撮影する以外に色々な機能がありますので、それはまた機会を設けて公開します。
するのか?しなければ(^^;

17920-862-296850

カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その2モニター比較編 #BenQアンバサダー

撮影の作例はまた、モニターを体験する機会に提供するとして。
みんなが撮ってきたものをモニター比較で見ました。

Dscf5974

プロの方が撮ったもの。
右がSW2700PT、左がノーマルモニター。(以下同じ)

Dscf5965

こちら、横から見ると色の違いが良くわかります。

Dscf5968

色によってそれほど差が無いものもあったりしますが。

Dscf5976

全体的に、右が濃くかつ高精細に見えます。右の絵が本当の絵。
左のモニターで、見えた時のイメージで調整すると濃くなってしまうと言うことでした。

Dscf5982

工事用のコーンを上から見た絵。
右の方が濃いめに出ています。

Dscf5986

花の絵。

Dscf5990

イルカショー

Dscf5993

ウミガメ

Dscf5996

イグアナ?

Dscf5999

イソギンチャクマクロ

Dscf6005

イルカジャンプ

Dscf6008

イルカジャンプ

このように、普段見ているモニターは全体的に明るめに映るので、だいたい脳内イメージで上の比較モニターにあるように濃いめにしちゃうのですが、そうすると更に暗くなってしまい、黒飛びやアンダーになってしまって使えなくなっちゃうという感じになる恐れがあります。

Dscf5565

モニター調整中のようす。

そう言えば簡易版だけどうちの会社にもなんちゃってのキャリブレーション調整マシンがどこかにあったような気がする。
でもそれはWindows98位にADOBEかなんかで貰ったヤツだからたぶんもうアプリが非対応なんだろうな。

Dscf5564

後ろから、
まず支柱からして持ち手が付いているかどうか。
画面が回転するかどうかなどで違いがあります。

モニター体験で来たらその辺は詳細に紹介してみたいと思います。

カラーマネジメントディスプレイSW2700PTタッチ&トライ その1 #BenQアンバサダー

会社に買わせたモニターもBenQだし、ハイビジョンプロジェクターもBenQですというくらい、うちの周りに普及していますが。
BenQさんのアンバサダーとして、カラーマネジメントディスプレイSW2700PT体験会(平成28年11月27日(日)に開催されましたので、どのようなものか、かいつまんで紹介します。

Dscf5584

企業説明:洞口さん(BenQスタッフ)

BenQは、台湾のメーカーですが、親日家ということもあり、日本を大切にしてくれている国で、アジア系の中でも友好国としても知られています。特に東日本大震災を始め、各種災害時には真っ先に支援をしてくれるし。
日本からも台湾各地で発生する地震の時にも支援を行っています。

Dscf5600

BenQグループは全部で15社。10万人という大企業です。

Dscf5608

今一番注目されているのは今回紹介するカラーマネジメントディスプレイでしょうね。

Dscf5618

アンバサダープログラム説明:下平さん(BenQ)

BenQの良さを広めていくために、アンバサダープログラムを今年2016年8月に導入しています。
その一環として、今回のイベントとなりました。

Dscf5619

どういうことかと言うと、なかなか店頭に展示用として置いて貰えない。
そういう紹介する機会がないと言うことから始めようということのようです。

Dscf5622

BCNアワード(液晶ディスプレイ部門最優秀賞を昨年と今年2年連続第一位という栄えある栄冠を受けているが、なかなか認知度が少ないということ。

Dscf5625

24インチディスプレイではAmazonで第一位をキープ。
ということで、もっと皆さんに知って欲しいということから今回のアンバサダーとなっています。

ここからがカラーマネジメントディスプレイとは何かについて、・・・
カラーマネージメントモニターの重要性について:中原さん(studio9)より解説頂きます。

我々というか、ある程度カメラ好きの人(私は底辺ですが(^^;)が持っているカメラ(Raw現像できるヤツ)って、カメラが持ってるポテンシャルというのが凄く高いのですが、見たり編集に使用するモニターが今一だと、その性能が活かせないということです。

Dscf5638

プロジェクターなので、100%その良さが出せないのですが・・・

Dscf5639

先ほどの水族館の写真、青色の一部を分解すると、一般的なsRGBの表示領域が内側だとすると、AdobeRGBが外側、更にSW2700PTではそれ以上の解像度を持つディスプレイです。

プロでもない限りあまり気にしないのが、・・・

Dscf5651

モニターに映った画面の色と、光沢紙などにプリントアウトしたときの色の違いです。
モニターは直接光っているものを見ていますが、プリントしたものは光の反射により認識されるので色が違います。

Dscf5653

それを一緒にすることを「キャリブレーション」と言います。
注:モニターもプリンターも厳密に言えば頻繁に画質調整が必要になります。

Dscf5657

ではどの様にしたら良いかと言うと、まずどの媒体を使っても良いようにするために「ICCプロファイル」という、わかりやすく言えばパスポートのようなもの。どこの国に行っても日本人であると言う証明(笑)
詳しく知りたい方は、ADOBEの解説

もう一つがCMS(カラーマネジメントシステム)、こちらは翻訳システムみたいなもの。
この2つがどこのマシンに行っても、情報が一緒なら、理論値として、同じ品質(同じ色)のものが再現できると言うことです。
自宅のモニターでも、プロの印刷所やデザイン会社でも、家のカラーインクジェットプリンタでも、写真屋さんの印刷でも同じというわけです。

この違いは、後に示すので、そっちの方がわかりやすいと思います。
百聞は一見にしかずですね(^^;

Dscf5666

色範囲が広いので、AdobeRGBとsRGBでは色指定が同じでも、このように挿している場所が違います。

MAC使いの方は、ハードウエアレベルでも対応しているのでそのまま特に調整しないイデ良いとのことです。
調整が必要なのがWindows。
特にダメダメなのが、たまに客先の人に写真を頼むと、なぜかワードやExcelに貼って送ってくる人がいますが、この写真使い物にならなかった経験が多いのですが、カラーマネジメントに対応していません(^^;
もしWindowsで使うなら、少なくともAdobeのPhotoshop必須です(^^;
それ以前に、モニターを買うとCDが付いてきますが、そのCDのアプリで画質調整をする必要があるそうです。

製品の説明は製品説明:Chris Baiさん(BenQ)
凄くわかりやすくゆっくり説明頂きました。英語でもこれならわかるレベルです。
同時通訳もしてもらいましたが。

Dscf5695

今の写真の流れというのは、写真を撮ってそれを編集加工して、SNSにアップすると言う動きがある。

Dscf5698

なるべくなら同じ色を世界中のみんなに見て貰えるようにしたいと言う発想。

Dscf5713

モニター購入者にどのような理由で選ぶか聞くと。
第1 モニターの大きさと省電力。
第2 色合い。
第3 ハイレゾ(高詳細)
第4 低価格
だそうです。

Dscf5723

カラーと白黒変更とか。

Dscf5724

OSDコントローラーが搭載されていて、デフォルト(基本設定)では。
AdobeRGB
sRGB
B-W(白黒)モード
と切り換えられるようになっています。
これで、色の崩壊や解像度などを確認することができます。

Dscf5748

このほか、縦構図の写真も編集できるように画面を縦に回すこともできます。

ここからは、ブロガーでありライターであるユーザー代表:中山さん(ブログ「エアロプレイン」)の、なんでSW2700PTを買ったかについて。

Dscf5772

色に対する基準が欲しい。

Dscf5776

高解像度でしか見えないもの。
ピンぼけですな。従来のモニターに比べて。すごく良くわかるらしいです。

Dscf5779

24形を使っていたのですが、ほぼ同じ幅で収まった。
あと角度や高さなどが自由自在に調整できる。

Dscf5782

コスパ最高(笑)
カラーマネジメントディスプレイって、某EI*Oさんのってめっちゃ綺麗で欲しいけど高いですよね。
それがめっちゃ安く買える。
しかも外部からの販社を押さえるフード付いてる。

ということで、ここからは撮影タイム。
自分が撮ってきた作品をみんなで見ながらどっちが良い的な評価をするもの。

まず、雨が降りそうな中、品川シーズンテラスでの撮影。子どもたちで賑わうアクアパーク品川で撮影を行いました。

Dscf5785

その前に、こんなお高い食事が出ました(@@;
アクアパークと併せると一人3500円以上費用が掛かっています(汗)

因みに、モニターの紹介はまた別の日に短期間ですがお借りできるので、それのレポートもお待ち下さい。

体験タッチ&トライに続きます。


   

こうやってみるとほぼ半額近い。LGは31形なのでちと大きいですが。

ケーブルレス ステレオヘッドセットQ16(soundPEATS)

最近、iPhone7の発表に併せてコードレスのイヤフォンAir Podsが紹介されました。
似たような商品が出たので紹介します。

R0051281

いつものsoundPEATSさまより、オススメの新商品が出たのでぜひ試して欲しいということで、体験してみました。

R0051276

商品名というか型番はQ16。

R0051277

箱裏です。
ちゃんと日本の技適取ってますので安心して下さい。

R0051279

取説は全部英語です。
そんなに難しくはないので大丈夫ですが。アレルギーがあるひとには敷居が高いと思いますので、説明の中でわかりやすく紹介します。

R0051280

開けたとこ。
右が本体。左がイヤピースとUSBケーブルが入っています。

R0051282

こんな感じ。

R0051283

左右のイヤフォンに給電をしなければならないため、二股USB充電ケーブルがあります。
他のにも使えると思いますが、以外とこういうの面白いです。
でも、危険なのでこのマシン用として使った方が良いと思います。

さて、マシンの紹介です。

R0051284

耳かけ式のイヤフォンになります。

R0051285

ボタンは中央がメインボタン。
ボタン長押しで電源オン、電源オンのまま更に長押しすることでペアリングモードになります。
長押しで電源オフ。1回押すと停止、更に押すと再生。
写真
左側が短押しでボリューム上げ、右側がボリューム下げ
左側が長押しで次の曲(スキップ)、右側が前の曲(リバース)。
となります。

左右のチャンネルの電源オンで、特に何もしないでもステレオとして認識します。
仮に右側しか音が出ない場合は、もう一度中央のボタンを押せば子機としてペアリングできます。

R0051287

裏側には充電用のmicroUSBコネクタと丸い穴はマイクになります。

R0051288

左側は黒いボタンになりますが、機能は一緒です。

R0051292

充電中のようす。

R0051294

満充電になると青くなります。

20161201_074343_2

一番下Q16で、認識したようす。
上の情報バーの所にもiPhoneだけですが、Bluetoothロゴの横に、Q16のバッテリーアイコンが出るので、そろそろ電池がなくなるなどの状態がわかります。

肝心の音ですが、透明感がありかなり頑張っている音作りをしていると思います。
ハイレゾ音源でもMP4でもそれなりの音がして、良いと思います。
聞いたのは、クラシック、ジャズ、クラシック系サントラなどなので、アイドルやJpopなどはそもそも持ってないのでその辺の評価はできませんが、聞いていて疲れない音が出てくれます。

あと問題は、耳掛け式なので、メガネをしていると干渉しやすい感じがしますが、そこまで目くじら立ててじゃまというほどのものではありません。

左右のシンクロですが、タイミングが悪いと右耳しか音が流れない場合がありますが、その場合は左の耳の中央のボタンをチョイ押しすればすぐにシンクロしてくれるのでステレオ音声で聞こえてきます。

Amazonサイトの絵で見ると、マシンを右左をペアでシェアすれば、二人で同じ曲(厳密には右Ch、左Chですが)しシェアして聞くこともできます。

欲を言えば、以前紹介した親指大のヘッドセットがステレオでペアリングできれば、元の音が良いので良いなと思いますが、回路の問題とシンクロユニットをどうするかと言うことがあるので、取りあえずsoundPEATSさんに要望は出しておきました。

アップルのAir Podsはカッコイイですが、この3倍以上のお値段でしかも無くしたらと思うと、あれですが、このくらいのお値段で無線(ケーブルレス)ならかなり良心的だと思います。

戦場にかける橋Blu-ray(吹替洋画劇場版)

中学の頃に映画館で見たのはたぶんリバイバル放映だと思います。

20161112_182632

その後テレビやビデオ、LD、DVDで見て。また買ってしまいました。

20161112_182646

日本語テレビ放映時吹き替え版は、テレビと同様オープニングはシネラマ風の上下カット版でしたが、ここから画面が切り替わって、16:9になって、本筋が始まったときには画質が落ちたので辞めて(笑)
結局通常版にしてしまいました。
たぶん頭の中には当時の声で吹き替えを変換していたから。

20161113_081433

そもそもこういう兵器がアメリカやイギリスのものだし。

20161113_085940

原作者が戦時中に日本の捕虜になって、この話や猿の惑星を書いたので、本来日本人としては面白くないのですが、まあそれは置いといて。
早川雪洲の指揮官としての苦悩が表現されてたし、アレック・ギネスの大佐の意地と、技術者としての意地で通す話が面白いです。

20161113_104219

こんなの作っちゃうしね。
まあ泰緬鉄道は、あまりイギリス軍捕虜をこのように虐待しながら作らせたものでもないとの話もあるし、いまだに主要鉄道として使われていたりするので、これは架空の話としては面白くできています。

それにしても、Blu-rayで気になったのが、当時映画館で見たりテレビで二週に分けてノーカットで見た時に、オープニングで一羽だった鷲が、エンディングで二羽になっていたのですが、これ当時テレビの解説でも説明していたのを鮮明に覚えていますが・・・
Blu-rayには出てこなかったと思う。カットされたのかな?それとも見逃したのか?
また見てみようっと。

けっこう長い映画だけど、見入ってしまうと言うのも事実。一体何回見たことか。

音が悪いだのと評価が余り良くなかったようですが、2枚組ということと標準版とそれほど金額が変わらなかったので保護してみました。
まあ時間があったら画質は抜きにして、当時の音声を楽しみたいと思います。

R0050821

こちらが表。

R0050824

スリーブ外したとこ。

R0050826

こちらが本体。

R0050828

こちらが裏側

R0050828_2

中身。
左が日本語吹替(テレビ放映版)、右が通常版。

 

左が紹介したもの。

 

この前まで1枚のものもありましたが消えちゃいました。

と言う訳で、興味がある映画等がありましたらBlu-rayが安くなっているうちに保護されることをオススメします。
先週紹介した「遠すぎた橋Blu-ray」も私が買ったら無くなっちゃったし。

DSC-RX100V その2比較編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

比較するまでもないのですが(^^;
みんぽす/WillViiさまよりお借りしているDSC-RX100Vです。

R0051092

上が元祖DSC-RX100、下がDSC-RX100Vです。
あ、元祖にはグリップシール貼っています。
基本的に一貫したデザインが統一されているのが良いです。

R0051093

元祖で唯一残念なのがシール(^^;

17920-862-296831

R0051094

2以降は彫り込みのスリットに、樹脂ロゴが貼ってありますから。

R0051098

上から見たとこ。
基本デザインは同じですが、厚みが全然違います。

R0051099

レリーズ、ダイヤル類もほぼ同じ。あ、ロゴや内容が違います。
スローモーションなどは元祖ではできません。

R0051101

背面レイアウトもほぼ同じ。

R0051102

可動式液晶になったので厚みが増えています。

R0051104

ストロボと液晶ビューファインダーをあげたとこ。

R0051106

こんな感じ。

コンデジなので、あまり液晶ビューファインダーは要らないような気がしますが。
これはこれで、しっかり構えることができるようになるので、手ぶれが防げて良いと思います。
コンデジもスマホも手を伸ばして撮影するスタイルが多いので、厳密に見ると手ぶれしちゃうのね。

まあそういう意味では、三脚でカメラを固定してNFCでリンクさせてスマホでシャッターを切るというのも、リモコンレリーズ代わりに使えるのでそれはそれで良いかもです。

R0051113

設定時にアプリをコードからダウンロードできるようにするのも面白いです。

R0051114

この辺の背面設定は元祖と大きく変わらないので操作はしやすいです。

R0051116

液晶ビューファインダーは、ポップアップさせた後、少し手前(写真右側)に引っ張って初めて見えるようになります。
あと上に視度調節用のスライドスイッチがありますので、見やすいようにずらして設定しましょう。


R0051118

背面液晶の可動率

R0051119

ウエストレベルファインダー用。

R0051120

ハイアングル用

R0051121

自撮り用。

これだけバリエーションがあればたいがいのものが撮影できると思います。
これでもっと様々なアングルで撮りたければ、一脚に入れてスマホと連携させてリモコンカメラにすれば、テレビ局のハイアングルビュー撮影ができますので、それはそれでありかも。

って思ったので、今度試して見ます。

17920-862-296831

こちらが出たばかりのDSC-RX100V
けっこうお高い。

   

なんと元祖DSC-RX100からDSC-RX100IVまで微妙な値段設定でまだ普通に売られています。
フル機能まで要らないという方はDSC-RX100IIIかDSC-RX100IV辺りでも充分実用的です。
オススメ。
流石に10萬超えだと辛いです(^^;

進化し続けるフラッグシップコンデジDSC-RX100V その1開封編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY

みんぽす/WillViiさまより、最新鋭のSONY DSC-RX100Vをお借りしましたので、しばしお試し撮影をしてみたいと思います。
まずはその前に恒例の本体紹介です。

R0051079

こちらが本体。
丁度良い感じの画角構成とカールツァイスのVario-Sonnar T*

注:最近FB等のサムネイル表示用に本体を先に(^^;

17920-862-296829

R0051059

箱です。

R0051060

横から

R0051061

これでもかという位、機能てんこ盛りの欲しくなる仕様。
でも、年々高品質高価格になって、デジ一が買えるくらいのお値段に。

R0051063

反対側は主なスペック。

R0051065

開けたとこ。ちょっと残念。
あれ?最初のDSC-RX100って本体目の前ぢゃなかったっけ?
まあ、良いけど。

R0051066

取説類。
えーっとさくっと割愛。
そもそも読まないし。(注:しっかり読みましょう)

R0051068

まあ本体は小さいのであっさりしています。

R0051069

取説以外の付属品。
DSC-RX100と違うのはUSB用のACアダプターが付いたこと位かな?
両ストラップ用のカメラホルダー、とワンストラップ、バッテリー(バッテリーはシリーズ共通)
に充電用のmicroUSBケーブルとACアダプター

R0051073

バッテリーとSDカード用のスロット。

R0051075

実測重量
DSC-RX100Vは299g

R0051076

元祖DSC-RX100は242.5g
56g増ってところですか。
けっこう重くなった感じがします。
まあ、高密度のセンサーや可動式背面液晶にビルドアップの液晶ビューファインダーなどがついてますから。

R0051080

横から。
上のFINDERというのを下げると、ビルドアップ方式の液晶ビューファインダーが出てきます。
下にあるロゴはNFC(タッチセンサー)これにXperiaなどをタッチすると(あ、双方設定をオンにしておく必要があります)自動的にスマフォとリンクできて、リモコン的に使えるのと、カメラで撮った絵をそのままSNSにもアップできるという便利な機能。

R0051081

軍艦部
左から、液晶ビューファインダー、中央はストロボ(フラッシュ)左右にある点は、ステレオマイク。
ストロボ用スライドスイッチ、電源ボタン、レリーズ(シャッターボタン)、コマンドセレクトダイヤル。
とそれほど大きな変化はありません。
そもそも完成されたデザインですからねぇ。

R0051084

セレクトダイヤルアップ。アルミ削り出しで、回すときのクリック感が良いです。

R0051085

レンズ部のダイヤルも良い感じ。
これで、絞りやシャッタースピード、ピント合わせなどができるマルチセレクター。
これ意外と使い勝手良いです。

R0051087

背面。
可動式液晶とコマンドダイヤルボタン類。

R0051088

特にこの辺は大きな変化はないのでSONY(α)ユーザーなら違和感無く使いこなせると思います。

R0051090

カメラ右側は、マルチと書いてあるのはUSBコネクタ(充電やパソコンへの転送など)とHDMIミニコネクタ(ケーブル別売り)があります。

続く

17920-862-296829

こちらが出たばかりのDSC-RX100V
けっこうお高い。

   

なんと元祖DSC-RX100からDSC-RX100IVまで微妙な値段設定でまだ普通に売られています。
フル機能まで要らないという方はDSC-RX100IIIかDSC-RX100IV辺りでも充分実用的です。
オススメ。
流石に10萬超えだと辛いです(^^;


« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ