« DSC-RX100V その2比較編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY | トップページ | ケーブルレス ステレオヘッドセットQ16(soundPEATS) »

戦場にかける橋Blu-ray(吹替洋画劇場版)

中学の頃に映画館で見たのはたぶんリバイバル放映だと思います。

20161112_182632

その後テレビやビデオ、LD、DVDで見て。また買ってしまいました。

20161112_182646

日本語テレビ放映時吹き替え版は、テレビと同様オープニングはシネラマ風の上下カット版でしたが、ここから画面が切り替わって、16:9になって、本筋が始まったときには画質が落ちたので辞めて(笑)
結局通常版にしてしまいました。
たぶん頭の中には当時の声で吹き替えを変換していたから。

20161113_081433

そもそもこういう兵器がアメリカやイギリスのものだし。

20161113_085940

原作者が戦時中に日本の捕虜になって、この話や猿の惑星を書いたので、本来日本人としては面白くないのですが、まあそれは置いといて。
早川雪洲の指揮官としての苦悩が表現されてたし、アレック・ギネスの大佐の意地と、技術者としての意地で通す話が面白いです。

20161113_104219

こんなの作っちゃうしね。
まあ泰緬鉄道は、あまりイギリス軍捕虜をこのように虐待しながら作らせたものでもないとの話もあるし、いまだに主要鉄道として使われていたりするので、これは架空の話としては面白くできています。

それにしても、Blu-rayで気になったのが、当時映画館で見たりテレビで二週に分けてノーカットで見た時に、オープニングで一羽だった鷲が、エンディングで二羽になっていたのですが、これ当時テレビの解説でも説明していたのを鮮明に覚えていますが・・・
Blu-rayには出てこなかったと思う。カットされたのかな?それとも見逃したのか?
また見てみようっと。

けっこう長い映画だけど、見入ってしまうと言うのも事実。一体何回見たことか。

音が悪いだのと評価が余り良くなかったようですが、2枚組ということと標準版とそれほど金額が変わらなかったので保護してみました。
まあ時間があったら画質は抜きにして、当時の音声を楽しみたいと思います。

R0050821

こちらが表。

R0050824

スリーブ外したとこ。

R0050826

こちらが本体。

R0050828

こちらが裏側

R0050828_2

中身。
左が日本語吹替(テレビ放映版)、右が通常版。

 

左が紹介したもの。

 

この前まで1枚のものもありましたが消えちゃいました。

と言う訳で、興味がある映画等がありましたらBlu-rayが安くなっているうちに保護されることをオススメします。
先週紹介した「遠すぎた橋Blu-ray」も私が買ったら無くなっちゃったし。

« DSC-RX100V その2比較編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY | トップページ | ケーブルレス ステレオヘッドセットQ16(soundPEATS) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64514120

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場にかける橋Blu-ray(吹替洋画劇場版):

« DSC-RX100V その2比較編(SONY) #minpos #RX100 #camera #SONY | トップページ | ケーブルレス ステレオヘッドセットQ16(soundPEATS) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ