« 背面磁石がついて取り回しの良いイヤフォンタイプヘッドセットQ12(soundPEATS) | トップページ | ワゴンセールのショットノートを保護 »

インイヤー耳かけ式イヤフォンタイプヘッドセットQ12 その2比較編(soundPEATS)

昨日の後半にちょっと書きましたが、iPhone7になってイヤフォンジャックがなくなり、Lightningケーブル経由のアダプタが同梱されたらしいですが、いろんなネットで、音質低下とか音が平面でという話を見かけますし、持っている人に聞いてもあまり良い評価はありません。

音にうるさい人に言わせると、そもそもiPhoneは音楽を聴くように作られていないという意見が大半です。同意ですが(笑)
私もiPhoneだったらWALKMAN NW-ZX1を使います。まあiPhoneのバッテリーを持たせるというのもありますが。
それ以外でも、少し前のモデルですがXperia Z3 Compactを音楽用に使っています。こちらはWALKMAN譲りの高音質でそのままでハイレゾ音源も再生できます。
それ以外ではXperia Z4 Tablet SGP771やSony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621でも音楽は聞きます(笑)
まあそれは置いといて。

類似のヘッドセットの比較をします。
同社のものです。

R0050327

左が今回紹介しているQ12。
右が以前紹介したQ20です。
両方とも磁石により固定できるので、聞いている途中で外す必要が出たら、ネックレス同様にはめておくことができます。

右のQ20は、背面の磁石で電源がオンオフできるので、ある意味便利なのですが、鞄に入れた状態でふとした拍子に外れてしまうと、電源が入ってしまう恐れもあり、iPhoneやAndroidスマフォなどにペアリングしていると、勝手にシンクロして、音は外に出なくなり、電話や通知がわからないなどという可能性や、バッテリーが無くなってしまうという恐れもあるので、一長一短です。


R0050328

リモコン部。
左が今回紹介しているQ12。
右が以前紹介したQ20です。

リモコンの作りが良いのは、Q12の方です。
また、見ずにタッチした感じも三つボタンがあり、わかりやすいです。
Q20の方は、そういう意味ではタッチの感じがわかりにくいです。

R0050330

大きさ的には、Q20の方が小さくて短いですが、直線的な形状になっています。
一方、Q12は若干耳手前の部分が傾斜しているため、耳に挿しやすいというメリットがあります。
但し、写真のように耳から筒(ハウジング)部分が飛び出した形状になっているので大きいです。
ヘッドセットをしていないように見えるのはQ20、しっかり挿しているとわかるのはQ12です。

R0050358

首掛けして、マグネットを固定した状態
こちらがQ12

R0050359

こちらがQ20

R0050360

同時に並べて見ました(笑)
Q20の方がかなり長いです。
かといってQ12が息苦しくなるほどの短さではありません。
猪首の私でも余裕はあります(笑)
並べて見ると、左右のケーブルが3~4cm位短い程ですから。

同じくらいの音質でしたら再生スイッチ長押しで電源が入るQ12の方が安心かも知れません。
カタログ値では、電池の持ち時間は
Q12が6時間
Q20が5.5時間
ですので、それほど時間差は気にしなくても良いと思います。誤差の範囲です。
あと、時々オフにすれば、ほぼ6~7時間は大丈夫だと思います。通勤通学の行き帰り程度でしたら充電しなくても大丈夫です。
私的にもまあ、私の場合色んなイヤフォンで聞いてますので参考にはなりませんが、2~3日に1回充電すればどのイヤフォンでも充電せずに普通に聞けます。

肝心の音ですが、どちらも良い音がします。
個人的に好き嫌いを言うと、Q20の方が小さいな音、バイオリンや弦楽器などの音が聞こえるかどうかの音の再現性が良いように思います。
いずれにしても、両方ともクリアな音で、エイジングをする前からクリアで高音から低音までバランスの良い音が聞こえます。

聞いた音は、クラシック、ジャズ、サウンドトラックにロックなどで、普通の人が聞く音楽とは異なると思いますが、クラシックやジャズなどはバリエーションが豊かな分、細かな音まで持っているので、再現性はバッチリだと思います。
ライブ音源などでも、拍手の音、会場の空気感、静かな時の観客の咳払いなどもちゃんと聞こえているので、Bluetoothで音楽なんてと思っている方、騙されたと思って好みのヘッドセット聞いてみて下さい。

待受などでも使えますし、通話も可能です。

 

左が今回紹介しているQ12
右が以前紹介したQ20
雰囲気は似てますが、機構が違うので次回比較します。

こちらも以前紹介したQ11です。こちらは、耳かけ式なので、ランニング中に落とすことはありません。
ただし、メガネをかけているひとは、ひっかけ辛いと思います。

音についてはいずれも文句の付けようがない高品位の音です。


« 背面磁石がついて取り回しの良いイヤフォンタイプヘッドセットQ12(soundPEATS) | トップページ | ワゴンセールのショットノートを保護 »

オーディオ」カテゴリの記事

電脳小物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64284011

この記事へのトラックバック一覧です: インイヤー耳かけ式イヤフォンタイプヘッドセットQ12 その2比較編(soundPEATS):

« 背面磁石がついて取り回しの良いイヤフォンタイプヘッドセットQ12(soundPEATS) | トップページ | ワゴンセールのショットノートを保護 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ