« プレピー・プレジール改造 | トップページ | ライトニングヘッドフォンジャックアダプタを試してみた(Apple) »

プラカラー用小瓶の使い道(タミヤ)

本来は、プラカラー(タミヤカラー、グンゼほか)を調合して新色というか、プラモデル指定メーカー調合色を作ったときに保存用として使う容器なのですが(^^;

密閉機密性が良いため、万年筆用のインクをみんなで交換する時に重宝されています。

R0049949

こちらの瓶です。

万年筆を好きになると、インクも増えてきて一人では消費仕切れなくなるので(笑)
万年筆仲間で交換をすることになります。
そのための瓶として丁度良いサイズになります。

密林ではぼったくり価格になっているので。お近くの模型店や大型家電量販店でプラモデルを扱っている店などで購入することが良いです。
一本100円(税別)ですが、お安い店では72円位で入手可能です。

« プレピー・プレジール改造 | トップページ | ライトニングヘッドフォンジャックアダプタを試してみた(Apple) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

この小瓶に入れてボトルインクを持ち歩いています。
ちなみに密閉と気密と密封には違いがあります。
ぼくは違いがわかる男です(笑)

ポッポさん
あは、違いましたね~
なおしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142852/64243591

この記事へのトラックバック一覧です: プラカラー用小瓶の使い道(タミヤ):

« プレピー・プレジール改造 | トップページ | ライトニングヘッドフォンジャックアダプタを試してみた(Apple) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

みんぽす

無料ブログはココログ

おすすめ